無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【アメリカの銀行間で起こってる「信用収縮」について考える!】

2018 2月 15 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【アメリカの銀行間で起こってる「信用収縮」について考える!】
⇒編集後記で


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   【投資系の新案件です!】


【簡単3ステップ】
  ↓ ↓ ↓
月収50万円の受け取り方法

1)システムを起動
  ↓ ↓ ↓
2)音が鳴るまで好きに過ごす
  ↓ ↓ ↓
3)音が鳴ったら指示通りに発注

たったこれだけで月に50万円稼げる「非売品システム」を無料提供中です。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/

《実践者の成功率100%》


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!


さて前号ですが

【副島隆彦先生の最新言論から今の世界経済・政治の状況を学ぼう!】

という号を流しました。


またその前に

【ドル円が107円台にガッツリ突入しました】


という号も流しました。


それで今はシナリオ的に106円台前半までその後向かってる感じですが

今年は何気にこのNYダウとかドル円とかジャンク債とか金地金がやはり

面白いな~なんて思います。



それで前回の


【副島隆彦先生の最新言論から今の世界経済・政治の状況を学ぼう!】


の号でちょっとスペースの関係でかけなかったことがあって

それが「アメリカの金融ってもう実は崩壊してる」っていう話です。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今人気の無料案件


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、それで昨日のこちらの案件ですが

勝率100%、再現性100%、
月利100%という本物のノウハウを無料で完全公開して

更に高精度のツールも公開してしまうというキャンペーンでして

何気に人気ですね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



今日はこちらの谷口さんより読者さんにメッセージです!



========================

【85%が5年以内に倒産】






はじめまして。


谷口悟と申します。




突然ですが、読者様に質問です。




2017年12月に174万人という調査結果が出ました。




これは一体何の人数だと思いますか?




ピンとくるでしょうか?






では、一つヒントです。




これは総務省の労働力調査なのですが・・・




ズバリ答えを言いましょう。




これは、日本の完全失業者の数です。






いかがでしょう?




読者様の予想は当たりましたか?




事実、85%の企業が開業から
5年以内に倒産する
という統計結果まで出ています。




もちろんこれは、
大企業に限った話ではありません。




中小企業になると、
開業後3年以内に倒産する割合が
なんと7割とも言われているのです。




“現代の戦国時代”


とも言われている日本において、
読者様が生き残るためには
一体何をしなければならないのか?




出世しようと努力しても
その会社が倒産してしまっては
全く意味がありませんし、


起業するにも何をすればいいか
見当もつかないと思います。




もし、起業して失敗したら、
今の生活は愚か、膨大な借金を抱え、
自己破産までしかねないでしょう。






では、一体どうすればいいのか?




そんな現実の不安を跳ね飛ばし、
毎月手堅く50万円を稼げる
投資手法を公開しています。


しかも、勝率・再現性100%です。


http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/






もし、読者様が、


・日中忙しいサラリーマンの方でも


・家事や育児が忙しい主婦の方でも


・パソコン初心者の高齢の方でも


全く問題ありません。




なぜなら、このビジネスに必要な作業は
超簡単な3ステップだけだからです。




1)パソコンを開いて好きなように過ごす
2)アラートが鳴ったら簡単な発注作業
3)利益確定!


たったこれだけでのステップで
毎月の収入が50万円増えます。




読者様は素直にそれを
受け入れることができますか?




・会社に行くこともなく
・上司の機嫌を取ることもなく
・生活の不安を抱えることもなく


自動的に銀行残高が増えていく。




この信じがたい投資手法が
期間限定で公開されることになったので、
今すぐ読者様の目で確かめてください。




公開期間が限られているので、
今すぐ確認してください。


http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/
《完全無料です!》





■角田様(自営業)


私は以前までFXをやっていたのですが、
200万円あった資金が100万に減ってしまい、


「これはヤバイ…」


という状態で頭を抱えていました。


FXはどうしても感情に左右されます。


損をしたくない気持ちが影響して
決済タイミングを見誤ったり、
損をした時に取り戻したい感情が出てきて
メンタルが崩壊してしまうことも多かったです。


そんな時、谷口様のノウハウで
100%成功するという情報を知り、
すぐに実践してみることにしたのですが
あまりに簡単すぎて驚きました。


これなら誰でも簡単に実践できると思います。




もちろんメンタルとか全く関係なくて、
やり方さえ間違わなければ
100%確実に利益を得ることができます。


毎月40~50万円の収入になっているので
精神面でも本当に余裕ができました。


FXで失ったお金も全て取り戻せたので
本当に感謝しています。


http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




角田さま、ありがとうございます。


この方は、開始2ヶ月で86万円を稼ぎました。
※FXではありません。


もちろんこの方以外にも、
1ヶ月で月収50万円達成者が
多く誕生しています。


最低で1日1万円、多い日には
1日3万円程度を今のお給料にプラスできます。


しかも、成功率は100%。


実践者の全員が利益を出しています。


http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/






角田さまが実践された
新感覚の収益確定モデルを
今回読者様に特別公開します。


今すぐ詳細をご確認ください。


次回ご招待の予定は
今のところ決まっていません。


http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




===========================



以上です!



それで担当者さんいわく



例えていうなら道に落ちている1万円札をどこまでも
拾っていくかのような単純な作業を繰り返すだけ。

全4話の無料動画を見るだけで100%勝てるようになる。
あり得ないキャンペーンです。

投資に興味があっても無くても、なぜ利益になるのか、
どうすれば利益になるのかを分かりやすく解説し自動ツールも公開。

使う商品はバイナリー・・・・しかし、ハイローバイナリーとは違って
日本の金融庁からお墨付きの特別な商品を使います。

今まで何をやっても勝てなかった人も勝てるようになり、
「読者様の夢を実現できる」を実感してもらえるキャンペーンです。
キャンペーンに登録するだけで
全くの初心者でもわかる本物のノウハウを無料で完全公開予定です」



ということなので、ちょっと今までは表に出ていないやり方だと


思うので注目ですね~


http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



それで上に完全失業者の話なんかもされておりますが、

最近だと中小企業だけじゃなくて大企業でも人員削減の話なんかは

出ていますよね。


例えば今までエリートといわれた銀行員たちなんかは

最近はマイナス金利やAI化の流れもうけて、銀行の人員削減が

言われたものですから、



それを受けて銀行員も転職希望が急増しているということですよね。



また最近だと今までエリート大企業であったNECなんかも

3000人かの人員削減を発表しておりますよね。




NECなんかは先月に国内8万人のグループ社員のうち

3000人の希望退職を募ると発表しているのですけど


最近はやはり大変なようで、それで1段のコスト削減をしないと

業績が回復しないということです。



だから今まで安泰といわれていた大企業でさえも、

今は結構大変ということですから


これからの時代 自分で企業や国家に頼らないで稼ぐ力

というのは本当に大事になってくるわけですね。


http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




ちなみに私はこの前ある社長さんと話をしていて、

気づいたことがあるわけですが


「ネットで稼ぐ」っていうのは世間ではたぶん未だ?

すごいこととされているわけですね。



ネットで稼いで会社を辞めた、とか自分で自営でやってるって

結構普通の人からしたらあり得ない世界という認識の人もいらっしゃるようです。


それでこの辺の認識の前提っていうのが稼いでる人と稼いでいない人

では全然違うんだろうな、というのは感じた点で、



「ネットで稼いだ経験がある人」ってのはたぶんまだまだ結構少ない

わけであります。



ただネットで稼いでる人たちってのはもうネットで稼ぐのが

日常生活の一部でそれこそご飯食べたり排泄したりと同じレベルで


日常なので、そこに何のすごさも自分たちは感じていないわけでして、


最近はネットを使って自分で稼ぐのが当たり前と思ってる人(少数)





ネットで稼ぐのはなんかすごいこと、もしくはすごい怪しいよく

分からない世界の人(大多数)


と考えてる人で分かれてるんだろうな、と思いました。



ただもうこれからの時代、中小企業だけじゃなくて大企業なんかも

追い込まれていってますから


「ネットで稼ぐのは当たり前でしょ」くらいの感じで考える必要が

出てきているのかなというのも感じる点ですね。



http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



ちなみにネットで稼げるようになると気づくのが

「時給の違い」ですよね。


サラリーマンの頃ってのはそれこそブラック会社と戦いながら

なんとか会社にしがみついて、


それで毎日のように働いて、時間拘束されて

ようやく手取り20万円前後もらえたわけです。



が、「自分で稼ぐが当たり前になってくると」


時給ってのがどんどん上がっていくわけですね。


それこそFXとか投資なんかはうまくなっていくと

それこそ半日、もしくは一日でサラリーマン時代の月収を稼げる

なんてのも結構普通になってくるわけです。


会社で労働してお金をもらう

という行為は結局利益を株主に還元している行為でありますから


だから結局いくら働いても月収10万円台とか20万円台に

なっちゃうわけですね。



それが国家体制でもあります。



けど、「自分で稼ぐ」が出来るようになると

稼げない時もそれは自分の責任になるけど


その代わり、稼げるようになればこれは収入って青天井で

どんどん上昇していくわけで、



時給数十万円とか数万円とかそんなのは結構当たり前に

なっていくわけですね。


ちょっとお金の稼ぎ方を 「雇われる⇒自分で稼ぐ」に

変えるだけでぜんぜん人生で得られる収入は変わるものです。



http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/



ただそのためには検証とか学習とか、

まさに会社で仕事しているようなことを

自分で稼ぐためにしないといけないものなんですけど


その対価は大きいということですね。




それで世間の人っていうのは

「お金を稼ぐ=どっかに就職して労働する」ってのが

当たり前と思っているわけですけど


おそらくこれが奴隷思考なんですね。


国によっては「お金を稼ぐ=自分で何か商売なり投資をして稼ぐ」


ってのが結構当たり前の思考だったりします。


マレーシアなんかだと出稼ぎに来たバングラディシュの人たちがいて

彼らは中華系のオーナーが作ってるコンドミニアムの建設をしたり

しているのだけど


結局それも雇われて大した金額稼げないから

ある日「おれは商売して這い上がる」と決めてですね、



それで最近はバングラディシュ出身の人がマレーシアで

商売成功させて金持ちになるケースが増えてたりするんです。


結局の話、労働するのが目的ではありませんで

目的はやっぱりなんだかんだお金を稼ぐことですので、


そこでお金を稼ぐための方法は

雇用されて労働する以外にも

「頭を使って自分で稼ぐ」という方法があるわけですね。



http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




ちなみに労働者と、自分で稼ぐ自営業者では

「体で使う部分」ってのが違うわけです。



労働者というのはホワイトカラーであろうがブルーカラーであろうが、

大きな収益構造を自分で作るってことはしませんから


結局会社の経営者の人らが作ったマネタイズのモデルに沿って

それぞれの役割を果たすわけですね。



そこで「お金を稼ぐためには、その構造作るにはどうすればいいか?」

っていう思考は使わないのですね、


それでも生きていけるのが労働者。ただその代わり

大企業社員でもアッパーは1000万円ちょっとであって

給与はとても低いです。


(ちなみに自営業者だとその何倍か、この2ヶ月くらいで稼いでるのが

普通です)



けど自営業者ってのは「頭」を使うわけですね。


ここでマネタイズするために「頭」「思考力」を使うわけです。



だから労働者というのは体で主に使う部分ってのが

「首より下」なわけです。



首より下の手とか足を動かして、それで主に稼ぐのが労働者です。

時々頭や脳みそも使いますが、自営業ほどじゃない。



一方自営業者の人、自分で稼ぐをやってる人は

日々のお金を稼ぐ行為で


メインは「首より上」を使いますね。


首より上の脳みそ、思考力をフルに使うわけです。



そして首から下の作業とかってのは

お金=人件費=それは給料と呼ばれる


を使って、従業員とかアウトソースでやってもらうわけです。



この辺で実はお金稼ぎで「体で使う部分が労働者と自分で稼いでる人は違う」

っていう特徴はあると思います。



労働者は首から下を使って、

自分で稼ぐ人は首から上を使う。


http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/




なので自分で稼ぐためには首から上を使うってのがとても大事で

物理的にも脳みそに血をめぐらせる必要があるわけですね。



この辺の違いがあると思います。


それで首より上を使ってる人たちは自分で稼ぐというのが

当たり前、日常化してきて、


それでいつの間にやら労働者のときとは比べ物にならないくらい

お金を稼ぎ出したりするわけです。



ということで「体の使う部分が労働者と自営業者ではそもそも違う」

ていう話はあまり知られていないけど


大事なことだなと思います。



それで今回の案件なんかは

今のところ勝率・再現性100%でありまして、


そして1ヶ月で月収50万円達成者が
多く誕生していて、


全4話の無料動画を見るだけで100%勝てるようになる。
あり得ないキャンペーンということで、


投資に興味があっても無くても、なぜ利益になるのか、

どうすれば利益になるのかを分かりやすく解説し自動ツールも公開している


ということなんで、


興味ある方は学んでみるといいかもしれませんね~



情報を仕入れて考えながら精査したり検証したりするってのも

大事なことだったりするので


色々見てみるといいと思いますね~



http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/






=============編集後記=============


さてさて、それで市場の関心事はもうこの1週間くらいは

NYダウですよね。


一応前号の副島先生の記事にあったように2月5日に

NYダウが暴落。


これなんかは私はうまくショートで暴落で利益上がったんだけど

結構市場的には 楽観買いの米国株投資家も多くて


世界的に「ひえ~~」となった。


2週間で26000ドル台から23000ドル台まで

3000ドルのNY暴落があって、


そして今は戻して25000ドル台という感じですよね。


これで今日の2月15日なんかは市場は楽観している感じは

あります。



ただ一応私たちが知らないといけないことというのは

大きな金融崩壊っていうのはすでに2018年の最初から


目立たない形で起こっているということなんですね。


アメリカの銀行間で無担保短期融資市場というのがありまして

これをff市場とか言います。



このff市場の残高が今年最初からどんどん急減して

そしてこのff市場なんかも消失しそう、というのが実際は

あるわけです、報道されてないだけで。




それで、この無担保の短期融資市場 ff市場の急減って

どういう意味なの??


ってことなんですけど

これは銀行同士の信頼が喪失しているっていうことなんですね。



無担保で融資するってのは信用、信頼がないとできないけど

それを嫌う銀行たちが増えてきたということで


それがこのff市場の急減っていう意味です。


だから一言で「信用喪失が市場で起こってる」と言えますね。


ちなみにこの現象は2008年のリーマンショックの最中にも

起こってるんだけど


今はだからどういう状況か??



というとアメリカの銀行の中に「核爆弾」があるような感じです。


このような信用喪失というのが銀行内部である意味 爆発して、


それが起こると、広がると


次は社債とか国際の金利上昇とか、あとはNYダウ(あとはそれにつながる

日経平均)から資金が流出して、企業倒産の急増なんかの

現象が起こっちゃうっていうことですね。


いわゆるこの状況を金融危機といいます。



だからその金融危機の兆候というのは明らかにアメリカの

銀行経済で見えてきているっていう感じではあるわけですね。




それでNYダウの暴落の背景としてはあまり報道されていないけど

まず世の中には金を貸してる人と借りてる人がいるわけだけど


ここでお金を貸してる人が借りてる人を信用できない、という現象が

広くおきてしまうと、


ここで普通は融資とか債券の金利が上がるわけですね。


けど上のff市場みたいに、銀行間の融資市場というのがあるのだけど

そこで資金調達できなかったとしても


銀行に関しては政治とつながってますから通常は

FRB なんかからカネを借りられるわけです。


だから銀行間融資の市場が縮小していくことで終わるわけです。


だからここでそれが全体に波及しないわけですけど

実はこれはリーマンショックを当時予期して書いていた

田中宇先生なんかが指摘してるけど



やはりこの銀行間の信用喪失ってのは重要な、信用の収縮、喪失だ

といえるわけです。



ここで銀行間の信用喪失がこの前起こってそこで資金調達に困った銀行が

手持ち株を売ったっていうのが2月5日以降のNYダウ暴落の背景にも

ある、ということですね。



ちなみにこの辺の背景はやはり報道すると人々に

リーマンショックを想起させちゃうから


だから日本なんかでは報道されないわけですけど


今回の無担保短期融資市場であるff市場が消失しそう、というのは

実は結構大ニュースなんです。


本来マスコミが金融界に操られていなかったら

たぶんオリンピック無視して一面記事になってるでしょう。



それでこの「無担保短期融資市場が消失しそう問題」

は年末年始に起こってアメリカの銀行間でそれが起こったわけです。


年末年始からアメリカの銀行間で信用喪失が起こったってこと。



それで「じゃあなぜアメリカの銀行間の信用喪失が

2018年になって表にちょっとづつ出てきたの?」


というところも説明しますと、


これはやはり日本と欧州に原因があるんだろうということですよね。


今までアメリカの債券市場を支えていたのは誰でしょう??




そうです、私のメルマガ読者は勉強してるからご存知だと思いますが


日本と欧州、ですよね。



順番としてはアメリカでQE QE2 QE3とやって

そこでジャブジャブマネーをしてリーマンショックで崩れた


債券市場にカネを注入して買い支えしていたんです。



自分でカネを発行して買い支えれば市場の暴落は防げる、

簡単なことですね。


これを難しく大衆に分からせないために新聞やテレビがあります。



それでQEを続けてきたアメリカだけどQEなんてジャブジャブマネー

ずっとやっていたらドルは簡単に崩壊します。


ジャブジャブマネーをずっとやってる通貨を誰も持ちたいとは

思わない。



それでアメリカが健全性を優先して、その後

属国の奴隷国家日本に安倍と黒田を立てて


そこでジャブジャブマネー日本版をやったわけですが

これがアベノミクスですね。



だからアベノミクスによって日本⇒アメリカへの

資金還流を起こしたんだけど、


それがまあアベノミクスの本当の目的です。


ただ国内向けにはそれを官僚たちはいえないですからね、

安倍をフロントに立てて


「ジャブジャブマネーすると経済が回復します論

(インフレターゲティングだとか、リフレだとかそういうのが

出てきた)」



をやりだしたわけですが、まあ経済回復してませんよね?


どんどん貧しくなってる。これは当たり前で

そもそもアベノミクスの目的ってのは米日金利差広げさせて

銀行たちに米国債買わせたりして日本からアメリカへの


資金を還流させるのが目的だから、当たり前なんです。


それで日本のカネだけでも足りなくなってきたとなって

次は欧州のドラギにドラギノミクスで欧州にもジャブジャブマネー

させたと。



そこでアメリカ⇒日本⇒欧州の順番でジャブジャブマネーしていた

わけですが、それでアメリカの債券市場を買い支えていたのだけど


これで日本も欧州もきつくなってきたと。


日本のマイナス金利の影響なんかは結構大きくて

銀行の人員削減なんかの現象も出始めてますよね。


それで2018年元旦から日本と欧州の中央銀行、

日銀とECBですね、


これがQEを縮小しはじめたわけです。


QE縮小=債券の買い支えをやめてきた


わけですね。


さらに同時にFRBなんかも債券を市場で売ってしまう

勘定縮小を加速していまして、


ここで今まで一番のバブルは

アメリカと日本と欧州だったのだけど


特にアメリカがバブルだったわけだけどこのバブルが収縮する

という現象が年初から少しづつ見られるようになってきたわけです。



このバブル縮小具合ってのは以前ジャンク債の3年チャートを

示しているはずだけど、


ここでトレンドラインを上に抜けてリターンムーブ

して2016年2月から下降していたジャンク債金利が

5%から上昇しそうな形に変わってますが



この辺で分かってくるわけですね。


それでうまいトレーダーたちってのはその辺見て

アメリカの信用収縮を想定して、そこにテクニカルチャート的に

エリオットの調整波動である、abc波にそれを当てはめて

ドル円を売ってたりします。



それで、今の世界ってのは日本の新聞なんかは

中国がバブルだ、といいたがりますが、


「本当のバブルは、中国がバブルだ、と言ってる

お前なんだぞ」


ということで


実際のバブルはこれはアメリカや日本の市場だったりするわけですね。


米日欧の金融市場が本当のバブルです。

一方中国政府はバブルをあえて習近平が自分でつぶしてます。




実際は先進国の金融市場がバブルです。



が、そのバブルを支えるジャブジャブマネーがどんどん減ってきてしまって

そこでバブル収縮という動きが出てきているわけですね。


そこで体力の弱い銀行の格下げとか、あとは経営難というのが

起こりだすわけです。



だから・・・こんなことはまあ書きたくないんだけど

私が見えてる部分があって


まず日本の地方銀行も大量に米国債買い支えのために

米国債やNY市債とか買わされているのだけど、


これは結構損失を計上するはずなんですね。


その確率非常に高し、です。


だから早ければ今年2018年くらいから日本の地銀が

追い込まれていく現象が出てくると思います。


下手したら大手銀行も。



それでアメリカの大手銀行でも同じで、ウェルズファーゴなんかは

有名な大銀行だけど


これがS&Pに格下げされちゃってます。


2018年初頭からのジャブジャブマネー縮小、QE縮小によって

銀行間の信頼が失われてきている


ってのが実は今のアメリカの銀行界で見られる現象ですよね。


ってことでQEの縮小が今回の株の暴落の本質的な原因である

と言えますが、


この現象はだからしばらく数年気をつけないといけない

ということです。

(だから金地金を持っておけという話になる)




それで、一般の人たちが知らされていないだけで

金融システムの内部にいる銀行幹部たちってのは


今のアメリカの金融システムってのが各国の中央銀行の

ジャブジャブマネーによる資金注入によって買い支えられていて


それが低金利を維持して、債券価格を維持しているなんてのは

よーく分かってます。



知らぬは大衆だけ、になるように新聞とかで報道していないだけで

銀行幹部はそれをよくわかってる。


それで彼らはジャブジャブマネーがなくなっていくとこれは

金融界全体が崩壊していき、信用収縮が起こるって


よく分かってるんですね。


だから年初からのQE縮小でこれは必然的に

銀行間の短期無担保市場が消失してきてしまったということで


今アメリカの銀行たちは相当疑心暗鬼状態である

ということ。



それでNYダウの暴落が2月5日に起きました。



が、もっと重要なのはジャンク債の金利が上昇してきた

ってことでして、


金地金もこれまた今は普通だけど再上昇していく可能性は高い。


これからQEの縮小傾向が続く限りはこれは


銀行間の信用収縮はアメリカで進んでいくといえまして、


これがしばらく経過するとリーマンショック以上のバブル崩壊に

つながっていくわけですね。


それで、私なんかは予測とか予知とかそういうのは

相場では意味をなさないので、しないのですが


ただ今の現状把握としては


上の文章の通り、


QEを縮小していけばバブル崩壊は起こるし

QEを縮小しないで拡大していけばまだ金融システムは延命する


という状況ですよね。


ちなみに私は日本に今来ていて、状況を見てるけど

経済は死んでますよね。


これはもうみんな薄々と、10年前とか20年前の町の活気が

日本にはなくなってきていると気づいてるけど


これは実はアメリカでも同じでアメリカでも小売店がどんどん閉鎖して

アメリカの実体経済は良くないわけです。


一応それをアマゾンのせいにしてなんとかマスコミは

実体経済の悪化を隠すけど、


日々生活している主婦たちは経済悪化を

よく理解していると思います。



それでジャブジャブマネーをやってるのが

アメリカ、日本、欧州の3地域でして


この3地域では金融市場でバブルが起こってるけど

民衆は貧しい状態、


というのが進んでるわけですよね。


それでこのジャブジャブマネーのこれからの状況としては

まず欧州はジャブジャブマネーを拡大するつもりはないでしょう。


欧州はまだ欧州人たちが政治思想とか哲学とか考えられる人間が

多くて、日常会話でも社会問題をみんな話し合う国民性で


こんな大変な状況でオリンピックの話ばかりしてる国民とは

違うわけなので


そこで欧州の国民たちの思考力というのはまだ残ってるから

そこの圧力がありますから、


欧州はこれはジャブジャブマネーはあほらしいのでもう拡大しない

という方向性です。


オーストリア中銀の総裁なんかは


「市場が別に崩壊してもジャブジャブマネーで中銀は

(アメリカの債券市場を)救済しないぞ」


と言ってる。



それで欧州の盟主、主人公はドイツだけど、

ドイツは日本と同じ敗戦国なのに、やはり強くて、


民衆に支えられている左派のSPDがこの前財務相ポスト

取ってるんですね。


メルケルなんかはアメリカに従属する姿勢が強くて

けどどっちつかず、みたいな感じで韓国のパククネ前大統領にも

近い感じがあるけど


これが左派のSPDが最近ドイツで強くなってます。


左派のSPDはジャブジャブマネーなんてやらなくていい、

です、思想は。


左派のSPDは対米自立とEU統合とユーロ強化を進めたいわけです。


という状況だからユーロドル売りは私はしてないわけで

チャート的にもちょっと売れない。


それでこの ジャブジャブマネーなんてアホらしいという

SPDが財務相ポスト取りましたので、


ECBはQE縮小していくわけですね。



だからもうあとはアメリカと日本だけです。


それでトランプ大統領は全力で株を吊り上げたい。


それでFRBなんかはこの辺は一緒ですが

そこで


3つの対策があります。


これは田中先生なんかが分析されていたけど


1 ジャブジャブマネーで買った債券を売りまくって

資産圧縮する政策をやめていく



2短期金利の利上げはもう延期か中止


3 QE再開、すなわちQE4



です。



すでにジャブジャブマネーで買い込んだ資産である債券を市場で

売っていくっていうのはもうFRBはやめてきてる可能性が高いです。



FRBはどうもジャブジャブマネーで買い込んだ債券を売るどころか

買い込む方向に動いてきていると。


暴落しちゃいますから。




それでFRB議長が イエレン⇒パウエルになったんだけど

イエレンが人気最後にすかしっ屁のように

ここで大量の債券を市場で売ったわけです。


先月1月の段階で本当は6兆円近く債券うる予定だったけど

それやると暴落するから、


1月は3週目までで、1。5兆円くらいしか債券をFRBは

売れていなかったんだけど、


ここでイエレンが任期最後の1週間で、2.6兆円前後、

をこれを債券市場で売った。


そしたらまあこれはジャンク債金利は上がって、株価も2月には

暴落しちゃったよ、っていうことですね。


銀行たちも信用がどんどんお互いなくなってきて

混乱状態になった。


そこでパウエル議長が2月に入り、ここで債券を手放すどころか

買い入れはじめてます。


まあ今そんな状態でかなり不安定な状況ですね。


ここでアメリカの債券を買い増して行く傾向が続くのか、

もしくはさらに市場に放出するのか、という部分が


非常に重要になってくるわけですが


トランプの圧力としては、「市場に放出するな」であります、

今のところ。


だからこの数ヶ月はQEを拡大するのか縮小傾向のままで行くのか

の戦いであるわけですけど


その辺は理解して金融市場を見ていく必要ありです。


それでFRBがもしQEから遠ざかる傾向を翻した場合、

そうしたら日本の日銀もQEの縮小をしずかにやめていく


という選択になるわけですね。


日本の場合は欧州と違い、徹底的に対米従属ですから


ここでやはり日本は自分のところの経済がどれだけ崩壊しても

QEを拡大したい、という感じですから


この辺の日本の動きも注目になります。



それでトランプは株価をてこ入れしたいわけで

選挙公約であったインフラ整備のことも発表しましたよね。


政府予算を新しく組んだわけですがそれは財政赤字を増やす政策です。


それでトランプの考え方を知っておく必要があって

この人は本当はアメリカ金融を一度崩壊させたい人ですよね。



ただ今のところは短期では、バブルを延命する政策として

上記インフラ整備のことも言い出してるわけですが



実はこれは長期では政府の財政赤字がどんどん増えて

米国債発行残高がすごいことになりますから


ここでやはりジャブジャブに発行されてる米国債なんかも

中国なんかは買いたくないわけです。


世界中の国が米国債を敬遠しだす。


となるとここで米国債の長期金利が上昇していって、

金融バブルが崩壊していくということにいずれつながるわけでして


トランプはそれを狙ってるようにしか思えませんよね。


米国債の長期金利の危険水域は3%といわれますが

3%超えてきたらそろそろヤバいなという認識でいいと思います。


だから「財政赤字が増えると米国債の長期金利が上昇する(価格が下落する)」


ということなんですけど、


これをトランプ政権の予算局長のミックマルバニーが言ってしまった。


ということでトランプのやり方としてはこれは


短期的には株価上昇や経済成長を引き起こしてそこで

人気を保持して政策を優位に進めようとするわけですが


長期的にはトランプは任期終わりくらいには

金融崩壊が起こってもいいや、みたいな感じで政策を展開してるのが

分かるわけで、


これを確信犯といいます。


それでドルがトランプの任期中には崩壊していき、

そこでアメリカ帝国覇権⇒中国ロシアなんか中心の多極的世界体制

になっていくわけですが、


これはまさに「アメリカファースト」なんですね。


トランプのやり方は見方次第だと、よく出来ているんです。



それでQEがこれからどうなるか、は分かりませんが

実際はトランプとFRBなんかは戦ってまして


トランプはジャブジャブマネー再開したい

FRBは健全性とかいってQEを縮小したい


ですけど


ここでトランプが勝つとなんだかんだしばらく株価の高値が

続いていき(2020年大統領選挙あたりまで)


そこでトランプ政権が2期目になる2021年くらい、

だからちょうど東京オリンピックが終わったくらいですね、


ここでQE4の効果が切れて金融崩壊というシナリオは想定内に

しておく必要がありますね。



だから結論を言ってしまえば


金融崩壊は遅かれ早かれの問題で99.99%起きるんですけど

(私は100%という言葉はあまり使わないので100%とは言わないけど

99.999%かなと)



そこでそれを延命できるか、もしくはすぐ起こるかってのは


これからのQE4をめぐるトランプとFRBの戦いによって決まってくる

わけです。


ということで市場の状況はこういう状況ですので、

どっちのシナリオに転んでも、利益が出るように準備万端にしておくのは

大事ですね!!



それであといえば「短期」の視点で言うと


QE再開するか、このまま縮小するか、で結局の話

市場価格は左右されるわけですが


が5年とか10年の 長期単位で言うと

どっちにしても金融崩壊するんです。


実は中国とかロシアはこの辺を見てるわけですね。


超長期で国家運営を考えているのが中国やロシアであり

彼らの分析班たちはそれを見てるから金ゴールドを買い捲ってる

わけです。


そして金融崩壊するのは遅かれ早かれ必然なので

金とか銀のような実物資産を保有するのは大事だな~


ということになるわけですね。



逆に資産保全で長期でドル資産を保有するのはかなりのリスクをはらむ

ということです。

(短期売買するなら別にいいとおもうけど)


だから超長期で保有する実物資産の重要性は高いですね、

ということでもあるわけですね。



だから金ゴールドもしくは銀シルバーだ、という話です。


とりあえず今年は 銀行間の信用収縮が確認できておりますので

本当に金融崩壊は遅かれ早かれですので、


そしてトランプがそれを引き伸ばしてくれてますから

そのうちに対策しておくのが大事ですね。



それではまた!



ゆう





追伸・・・それで私が見てるのが

結局信用収縮してしまった場合、


ここで「戦争で経済を立て直す」という論理が出てきてしまうわけです。


そこで北朝鮮なんかの極東地域で戦争経済を、という話に

なってきてしまう。


だからなんとかトランプが金融市場を延命させて、

戦争経済を言う軍産が台頭しないようにする必要があって


それが実は今の政治の トランプとFRBの戦いの本当のところだと

思います。


すなわち金融市場の延命がうまくいかず危険になるにしたがって

北朝鮮リスクも上がってくるということですから、
(戦争で経済をなんとかする、という軍産の声が大きくなるが
FRBは実際この状況にしたい)


軍産と戦うトランプはなんとか北朝鮮問題が解決するまで

なんとか市場を維持したい、ということです。



だから非常に今の金融市場と政治は緊迫しておりまして、

金融と政治がくっついてるわけです。


だから政治と経済がくっついて 政治経済って言うんですね。


それでは!



ゆう




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   【投資系の新案件です!】


【簡単3ステップ】
  ↓ ↓ ↓
月収50万円の受け取り方法

1)システムを起動
  ↓ ↓ ↓
2)音が鳴るまで好きに過ごす
  ↓ ↓ ↓
3)音が鳴ったら指示通りに発注

たったこれだけで月に50万円稼げる「非売品システム」を無料提供中です。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/8/

《実践者の成功率100%》


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください