無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【学校では絶対教えてくれない税に関する 「5棟10室ルール」について考えよう!】

2018 1月 30 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【学校では絶対教えてくれない税に関する
「5棟10室ルール」について考えよう!】

⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!!



さてさて、中国のアリペイのことを前号で書きました。

スマフォの中にある種の仮想というか、電子マネーをいれておいて、

そこにもう既に金利がつくようになっていて株式投資も

できるようになっている、ってのはすごいことですよね。


スマフォがもう中国では銀行代わりになってしまっているってことで

スマフォの中のお金に年利2%とか3%の

金利が発生する状況になっていると。


これは色々日本でも財務省なんかが情報統制しているから

マスコミでは教えてくれないことだと思いました。


それで、今日は件名を

【学校では絶対教えてくれない
「大人の5棟10室ルール」について知ろう!】


としました。


これは、仮想通貨なんかで儲かったという読者さんでも

不動産に振り分けるみたいな人もいたりして、


もう既に家賃収入があったりする方なんかも比較的年齢が

上の方でいらっしゃるわけだけど、


これはあまり民衆に教えられていない税の話というのがあって

「大人の5棟10室ルール」というのがあるんです。


以前ちょっと書いたのだけど今日はもう少し詳しく

憲法21条の言論表現の自由を根拠に、書きます。


世の中には知っておかないと損することってのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
沢山ある。
~~~~~~~~~

編集後記で!













【以下は私ゆうのPDFや音声で無料で学べるコーナーです。

全部「直リンク」です。

PDFは文字が大きいのでメールより読みやすいと思います。


(随時追加していく予定です。多くの日本の投資家がリスクや

世界情勢を俯瞰する知識がないまま

市場に入ってきますが、


私ゆうは以下のような知識は当然としてもって

その上で、投資戦略練って長期でリスクヘッジして長年やって

才能もない底辺派遣社員だったのに、


徐々に経済的には自由になって


念願の海外移住なんかも実現できたので、

参考になれば。)】



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
        <NEW>

【ついに1グラム5200円ほどに上昇してきた金=ゴールド】

私ゆうは金ゴールドに昔から注目してます。


世界を取り巻く金ゴールドに関しての分析レポートです。

金信者は必見かも?
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/gol……200yen.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
         <NEW>
私ゆうが中国上海にいて、どんどん豊かになる

中国経済を肌で感じながら書いた

投資で成功する2018年現在も私の資産を増やしてくれてる

考え方です。


株だけに限らず暗号通貨でも通用する考え方です。


【大投資家の竹田和平氏から学ぶ
「貯徳(ちょとく)」の精神について!!】

http://fxgod.net/pdf/money/tyotoku.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<NEW>

「仮想通貨ではFXのようにレバレッジをかけると超危険」
という話 (神レベルの人以外は)


⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……gerous.pdf




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【アメリカの政府閉鎖騒動と
ドイツが金地金=ゴールドを自国に集めまくってること ついて考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……n_gold.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【仮想通貨取引で「利益数倍になったら出金する重要性」とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……n_juyo.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【北朝鮮問題解決に動く韓国ムンジェイン大統領
とアメリカトランプ大統領とロシアと中国】


⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……dtrump.pdf

(現在なぜムンジェインがオリンピックのアイスホッケーで
北朝鮮と韓国の合同チームにこだわるのか?というのが分かると思います。

大きくはPDFで言うための流れを作るための布石です)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【金融兵器として存在するアメリカのジャンク債と
ビットコインの関係】について考える!

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……itcoin.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆうのPDFプレゼント】(投資で重要な資金管理の発展編)



欧米の億トレーダーたちの常識である資金管理を学ぶ!



⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/shikinkanri1.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  【今日の危ない?無料プレゼントです!】

PDFファイル【「私たちが洗脳されてきた平等思想は謀略思想である」
ということについて 考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ontrol.pdf

(自由と平等は両立する、という現在も行われているスローガンは
人類を奴隷化するための
大きな為政者の嘘であるかもしれない)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


韓国で2016年に廃止された(不倫罪である)
「姦通(かんつう)罪」と
日本の過剰な不倫報道の狙いについて考える

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ntuzai.pdf

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【暗号通貨ブームの裏でドルや円など
法定通貨がどんどん弱くなっていく、という話】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……andyen.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ゆうPDFファイル

【投資心理学を学ぶ!】「なぜ人間の脳みそは損失を出したとき
「誰かのせい」にしたがるのか?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/jik……eibias.pdf
(多くの投資家が陥る「自己防衛バイアス」について書いています)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル■投資心理学を学ぼう!■

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tou……hirule.pdf
(個人投資家の悩みとして「ルール守れない」というのがありますが
それを修正するのに役立ちます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


   【ゆうプレゼント音声】

「FXにおけるシナリオ構想について」

⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kousou.mp3




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   <NEW>【ゆう音声プレゼント】

「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

という音声です!


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


   音声プレゼントです!

「欧米のメディアで注目されはじめている
ビジネスや投資の考え方」について!


http://fxgod.net/onsei/busines……igdata.mp3


(癒し系音楽と共にスマートフォンでお聞きいただけます♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



「タクシーアプリ戦国時代」が到来してるマレーシア
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……vsuber.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【石油決済通貨がドルから⇒中国ロシア主導の
暗号通貨になる世界の流れを考える!】
http://fxgod.net/pdf/mailmagaz……_crypt.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【仮想通貨の「鬼」税制を決定した官僚たちの狙いを考える!】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……pantax.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【マレーシアには民衆に尊敬されてる9人の王様がいる、という話】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……anking.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【マレーシアには相続ぜいも贈与,,税も住民税もなく
固定資,_産税は日本の10分の1くらいという話】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ia_tax.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【2018年に激化しそうなビットコインキャッシュ
VS
ビットコインの戦いについて考える!】
http://fxgod.net/pdf/mailmagaz……vs_bit.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【ゆうプレゼント音声】


人生を「唯一」変える3つの方法とは??

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……eru3tu.mp3



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆうプレゼント音声】

「時間を買う人」がお金持ちになるという音声です。

この「時間を買う」という概念を理解すれば

収入は一気に跳ね上がるものなのでよければ学んでみてくださいね~



「時間を買う」という音声
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……wokau1.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうプレゼント音声】

価値がお金に換わる、という資本主義市場の法則について


【価値がお金に換わる】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……aokane.mp3

(これを理解していれば、株なんかではそういう「価値」を

作ってる企業が売り上げをあげるので株価あがりやすいよね、

という話にもなってくる。上の価値を分析する、ってことが

できるようになると

旅行しても消費しながら良い銘柄が見つかります。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【ゆうプレゼント音声】


投資やビジネスで結果出すための考え方です。

教材や塾で結果を出す人と出さない人に分かれるんですけど

それは個人の資質というよりは以下で語られているような

取り組み方の違いですので、知っておいてください。


「判断を繰り返す」


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kaeshi.mp3
(30分くらいです♪HIPHOP系の音楽付きです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆう音声】

マレーシアからの音声です。


マレーシアでの生活をしてみた感じだとか、

マレーシアの驚くべき物価とか、住み心地、さらには最近の世界の動き

そういうのをツラツラと話しています。



(ゆう音声)【マレーシアで生活してみて色々わかったこと】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……ialife.mp3
(スマートフォンでも再生できます♪音楽付きです)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      【ゆうPDFレポート】


「恐ろしきバルサラの破産確率」
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【ゆうPDFレポート】


【学校では教えてくれない「日本には所有権がない」という
驚愕の事実について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……oyuken.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     【ゆうPDFレポート】

「海外移住する日本人が過去最多を
どんどん更新することについて考える!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……saikou.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【さらに学校で教えてくれない資本主義を理解しよう!】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆうPDFレポート】



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     【ゆうPDFレポート】


【資本主義の「市場」には法則がある、と言う話】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_rule2.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【大投資家のバフェットに投資してもらう、という視点について考える!】
http://fxgod.net/pdf/money/buf……t_unyo.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【北朝鮮問題についての「ダブル凍結案」について考える!!】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……double.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    <PDFレポート>


アメリカの若者の間で勢いを増す

「リバータリアン思想」とは何か?

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ian_us.pdf



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










=============編集後記============

さてさて、今日は

「学校では教えてくれない5棟10室ルール」

について学びたいと思います!



これは私ゆうが日本にいるときに副島先生の金融セミナーに行った時に

聞いたのだけど、


私ゆうなんかは不動産投資はしていないのだけど

「うわ~~こんなことがあったのか」なんて

すごい勉強になったことだったんですね。



まあ勉強していると世の中ってのは本当に

「頭が良い東大出身の官僚たちに都合の良いように

ルールが作られている」


と分かってくるわけです。



それでこの「5棟10室ルール」ってのは税金についての

話なんだけど、


この税金についての話っていうのは私たちが義務教育で教えられるのが

「納税の義務が憲法であります!税金は何が何でも払ってください」

であります。


奴隷教育ですよね。


ちなみにこれは根本的なお話をしますと、

憲法というのは国家に対して民衆が義務を課しているものです。


国家ってのは歴史的に民衆から重税や徴兵制で

「カネと命」を奪ってきた歴史がありまして、


そこで近代憲法の考え方で

「この暴走する怪物化する国家=リバイアサンという怪物を

憲法でがんじがらめにしばりつけよう」


という意味で近代憲法というのが作られてるんですね。


だから民衆が国家に義務を課しているのが憲法でありますが、

ここでなぜか日本国憲法には

「国家が民衆に義務を課している」って問題があるんですよ。


知ってました?


だから本来の意味だと、この憲法の国民の3大義務というのも

議論を呼ぶものなんだけど、


ただその根本は小学校の社会での授業では絶対教えない

というのが日本の教育ですね。



ちなみにアメリカなんかだとその辺違って、

アメリカでは根本の思想=自由主義と民主主義があわさった

自由民主主義の近代デモクラシーの思想がありまして、


だから憲法に国民の3大義務はないけど政府に徴税権利はある

わけで、


そこでの民衆と国家との戦いがあるわけです。


そこでトランプなんかが税金を減らすといってるものだから

民衆がそれでもトランプを支持するわけですね。


だから日本人が当たり前と思ってる国民の3大義務は

世界では決して当たり前ではないわけです。



こういうのも学校では教えないということになっている。


それで、ビットコインとかの仮想通貨の思想ってのはまさに

こうやって統制してくる税金官僚たちに立ち向かうぞっていう

リバータリアン思想がありまして、


それを根拠にビットコインとかイーサリアムとかそういう

暗号通貨が出てきたわけですよ。


リバータリアン思想という。


それが「非中央集権」という言葉で表されるのだけど、

ただ私がびっくりしたのはコインチェック問題があって

多くの日本人が「仮想通貨取引所は (中央集権の権化である)

金融庁への登録は必須である」


なんて思いだしていることですよね。


これって不思議なことで、仮想通貨ってのはまさに

中央集権の権化がまさにアメリカのIRSとその配下の支店である

金融庁とかあるけども


それらの官僚支配に対抗するために出てきたのだけど

その仮想通貨トレーダーたちが金融庁への届出ができていない

取引所は危険だ、


と言い出してるわけで、

海外の暗号通貨トレーダーたちはこの動きを見て

ため息をつくかもしれません。


まあ日々考えさせられることがあります。


それで今日は「5棟10室ルール」について扱いたいけども

やはり世の中には知らないと損をするってことが多いわけです。



この「5棟10室ルール」なんかも今若い人が

30代40代になったら知っておいて損しない知識だと思いますね。


それでなるべく分かりやすい言葉で口語で中学生くらいでも分かるように、

この辺は説明していきたいと思います。



それでこれはずばり税金の話なんだけど、

税金というのは何を基準に課すことが近代国家においては

可能でしょうか??



これは答えを言うと当然のことのようだけど、

税金=Taxタックス っていうのは所得=Incomeインカムに対して

課すことが可能となります。


この辺は自営業者からしたら当たり前だけど

読者も全てが自営業者じゃないと思うので、知っておいたほうがいいことです。


所得っていうのは何??


っていうと

所得っていうのは総収入(総売り上げ)から

総経費を差し引いたものです。


ちなみに法人にされてる方の場合は総経費というのは損金

ですね。


近代国家においては

課税される所得ってのは10種類ありまして、

これは日本の税法なんかでも


「所得は10種類」と、決まってます。



その中で代表的なものが、これ「事業所得」ですね。


それで「俺は不動産投資はしてねーよ」っていう人も多いけど

これは事業所得の性質を知るために知っておく必要があって、


やはり近代国家における資産家っていうのは

不動産を貸し出している人という定義なんです。


これはピケティなんかが以前ブームになったと思いますけど

やはりこの不動産の考え方ってのが税法にはすごい

影響を与えているわけですね。


それで事業所得で代表的なのが、

大正時代の有名な判例があるんだけど


それが「5棟(とう)10室(しつ)」ってやつなんです。


これは今でいう最高裁の判例なんだけども、これが平成の今も

生きているわけですね。


ちなみに富裕層の多くってのはこの税法をめぐる裁判の

最高裁判例とかをみんな知っていまして、


例えば税の最高裁判例で有名なのは今回の話と違うけど

武富士の判例とかですよね。


こういうのはもう本当に金持ちたちはみんな知ってます。


そこで富裕層たちってのはメルマガとかにはまあ

書かないってのもあるのだけど


こういうのはみんな常識的に知ってるんです。



それでこの「5棟(とう)10室(しつ)」の「5棟」ってのは

どういう意味か、というと


5棟の貸家のことですね。


10室は10個の貸し部屋のことです。


それで今の税法の考え方だと、少なくとも判例によると


この「5棟10室」から上の収入規模が事業所得になるよ、


ってことになっているわけですね。


ちなみになんでこれを知っておく必要があるか?というと

世間のサラリーマンとかでこのルール知らないで


5棟10室未満なのに事業所得として税金払ってる人は

結構いたりするわけですね。


けどそれは最高裁判例を知っていれば、

それはまあ払わなくて良かったものかもしれません。


それでこれは税務署とかも実は知ってるんだけど

「こいつ阿保そうだから5棟10室ルールとか

教えないで税金とってやろ」

となるんです。


当然、そういう国家官僚の思惑があるから、

それは文科省なんかでも教科書には落とし込まないという

感じになってるわけですね。


日本では文科省の前川さんがマスコミなんかでも

すげえ持ち上げられていましたけど


彼が本当に民衆のためを考えて教育要綱作成において

ちゃんと活動していたのか??


というと私はこの辺の税法のことを色々調べていて

疑問を感じるところであります。

色々と日本の教育には問題があると思います。



だから読者さんがいずれ資産家になったとしたら

こういう話は資本主義における税法のルールだったりするから、

知っておかないといけないわけですね。


本当は義務教育で教えるべき内容なんだと私は感じましたけども。



それで、5棟10室のルールよりも下のルールとして

4室だけの小さなアパートとか、

あとは2軒の貸家からの収入ってのはこれは当然

「事業」なんていわなかったわけですね。


それは親戚とか子供に貸しているとかそんなものであって

また建築費とか色々な雑費がかかっているもんですから、


とても事業と呼べるものではないわけです。


そこから生まれるお金は事業所得じゃなくて生活費
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という考え方が近代国家の税法の考え方としてあるわけです。



それでこれは重要な考え方で


「これは生活費で家族内の経済行為のひとつであって、

そこに国家は不必要に介入してはならない」


っていうのが近代デモクラシーの原則です。


これが世界基準の考え方でもある。



だから、なんとなく自営業の読者さんも「事業所得」として

出してる人も多いけど


厳密に言うと、貸家5軒、アパート10室が目安で

それ以上の大きな規模を持つものを事業、というわけですね。


少なくとも近代国家においては。


ただここでなんとなく怖いから、

「5棟10室ルール以下でも」、すなわち

月30万円、年間500万円くらいのお金を


「これは事業所得だ、自分は事業主だ」と言わせるのが

日本の国家というもので、


最高裁判例というのがあるのだけど、それはなぜか無視しちゃって

民衆でも徴税されてる人は多いわけです。


だから、マレーシアなんかにいると

「俺は税金なんか払っていないよ」と平然と言う人が

結構多いのに気づくけど、


これは日本にいるとそんな人たちが世界にいるって信じられないと

思いますが、


これはあくまでマレーシアなんかが近代国家の課税ルールに

沿ってるだけ、でありますね。


逆に日本がちょっと異常なんです。


そういえば昔なんかはサラリーマンから税も徴収していなかった

わけですね。


だけど源泉徴収制度っていうのはヒトラーのナチス時代の

発明だけどそれが日本にも導入されてこのような状態になっている

というのはあんまり知られていない。


ただこれは副島先生のセミナーで聞いたけど

税務署ってのはこの最高裁判例を知ってるんだけど


あえて無知な人にはかまかけるわけですね。

「これはあなたの事業所得ですね?」みたいな感じで。


けどここで知ってる人たちは

「何言ってるねん、お前なめとんのか、

これは5棟10室ルール未満だろう、お前最高裁判例知ってるだろ」

ということで言うわけで


ここで彼らは「ちぇっばれたか」なわけです。


ちなみに私は副島先生のセミナーとか時々日本に旅行したときに

出るんだけど


そのときに副島先生ってのはこれ

こういうのを教えるセミナーを国税庁の真横のビルで行うわけです。


まあ面白い人ですよ、あの人は。


それで所得には10種類しかないわけですね。


これは実は世界でも大体同じなんですけど


1利子所得

2配当所得

3不動産所得

4事業所得

5給与所得

6退職所得

7山林所得

8譲渡(じょうと)所得

9一時所得

10雑所得


ですね。


ちなみに仮想通貨なんかはこの10番目の雑所得に

分類されることになりまして、


これは最高税率は55%ですね。


マスコミ系の記事だと45%と言ってるけど

住民税10%とかかかりますから


実質55%以上ですよね。


それでこれが決まってから強制利益確定のコインチェック事件が

非常に都合よく起こったというこの偶然・・・


実はこの辺の税法を知ってる富裕層たちは


「雑所得に分類されることが決まって

都合よくこの強制利益確定事件が起こったって怪しすぎる」と


影で最近みなコソコソと言ってるわけです。



それで所得はこの10個しかないわけですね。


あとは裁判とかで

「このお金はこの10個の所得のうちどれに当たるか」

っていうのを自営業者たちは闘争するわけで、



実際はここで裁判で自営業者たちと国家がモメるわけです。

それが近代国家の歴史なんです。


だからはっきり言いますと

国家官僚と自分で稼ぐ自営業者は歴史的に対立してきてる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
わけです。



だから企業経営者とか自営業者の息子娘たちってのは

ある程度大人のことを理解できる年齢になったら


税務署の前に連れて行かれて


「おい、おまえら、これが最もこの国の中で

悪いやつらだぞ。よく見ておけ」


と教育するんですね。



一方サラリーマンの子供たちってのは義務教育で

最近は間逆で

「職場見学」なんかで税務署に行くらしい・・・(笑)


こうやってまあ教育っていうのも

子供たちが官僚側の思想になるように、洗脳するために

職場見学させる場所なんかもしっかり文科省なんかで


工夫してるわけですね。


昔は職業見学なんかだと私のときは自営業の豆腐屋さんだったけど。

今はこれが警察署とか消防署とか税務署とかの

「署」に変わっておりまして、


ここで子供たちに官僚の論理を刷り込んでいくっていうのを

教育では行っているわけです。


洗脳教育です。


けど自営業者ってのは歴史的に国家官僚の横暴と

裁判を通して戦ってきたわけで


だから自営業者たちには経費(損金)が認められるわけでして。


ここでサラリーマンたちが「なぜサラリーマンには

経費が認められないのか」と言う人がいるけど当然で

裁判で戦っていないからですよね。


こういう本当の流れ、歴史っていうのがある。


国家というのは民衆の権利をことごとく奪っていくもので

そのために民衆は裁判で戦うわけでして、


だからちゃんとした経営者だったら行政訴訟するためにも

弁護代とかのお金はしっかり残してるわけです。


こういう本当の大人の話ってのはあるんですよね。


それで、この「事業所得の5棟10室ルール」ってのは

国家官僚たちは国民にわざと教えないわけです。


日本の場合は官僚たちなんかが

「少しでもお金が動いたらそれは全部利益活動だ。

だからそれに全部課税しちゃうのだ!!」

とやるのだけど


日本の場合は世界一サラリーマン比率が高い国家だから

この辺で「それはおかしいでしょう」という言論は登場しないように

なっています。


上のような話↑ マスコミで聞いた事ないですよね?


そうやって言論統制がされています。


が、副島先生なんかは偉くて、書籍やセミナーでこういうことを

読者に伝えていて、


それは憲法21条の(官僚たちの暴政に対しての)言論表現の自由



「 集会、結社及び言論、出版その他一切の
表現の自由は、これを保障する。

検閲は、これをしてはならない。
通信の秘密は、これを侵してはならない。」


ってのがあるのだけど


これを元に言論されてるわけですね。


ここで憲法21条ってのは非常に大事だ、と分かりますよね。

けどこれも学校では教えないのです。


ようやく私は早稲田の政治学科で勉強しているときに

この憲法21条の本当の意味を教授たちに教わったものだけど、

本当はそれって義務教育で教えないといけないものだろうと思う。


それで、あくまでも近代国家というのは前提として

「国民(民衆) VS 国家」を基本とするわけです。


国家官僚と民衆の利益は相反する、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のです。


これを基準に自由主義と民主主義があわさった

自由民主主義があるんですけども、


この根本を知らないと税金のことは分からないんです。



ちなみに、もっと書くとよく新聞やテレビで

「国に賠償命令」というのが時々聞かれますよね?


けど「国」って何だろう?とみんな思う。


国に賠償命令ということだからそれは

日本国に賠償命令みたいに聞こえるわけで


それはその賠償命令というのが私たち民衆にとって不利なように

聞こえるわけで、それを狙ってるんです。


けど「国」ってのは官僚や公務員のことですね、ここで言われるのは。


だから本当は


「国家官僚に賠償命令」とテレビは報道しないといけないのだけど

そうすると、民衆に


「そうか、民衆と国家の利益は相反しているのか」


と気づかれてしまうから、だからマスコミも気づかないように

そういう「国」といういまいち分かりづらい言葉を使ってるんです。


国、と言った場合は基本的には日本の為政者は官僚であるから


これは国家官僚のことを意味しますよね。


それで、この「5棟10室ルール」が事業所得判断の

最たるものなんだけど


これは学校では教えないとなっているわけだけど


じゃあなんでこんな為政者の官僚が税金とるのに

不都合そうな「5棟10室ルール」が大正時代の

最高裁判例(大審院判例)

として残っているんでしょうか?


不思議ですよね。


実はここも大人の話なんです。


実はこの「5棟10室ルール」ってのも

東大出身の官僚の論理でできていますよ。


戦前は官僚のことをちゃんと「官吏(かんり)」といったんですよ。


それで日本の高級官僚たちってのは

定年退職したあと何するか?というと

退職金みたいな恩給のほかに


上で問題になる貸家とか長屋から入る家賃収入で

それなりに豊かに生活するという「慣例」があったんです。



それで官吏を辞めた後の人間の元公務員の収入ってのが

問題になるわけだけど


ここで彼ら高級官僚たちが主張するのが

「おれら官僚様の所得が事業所得なわけないじゃないか!

そこで課税するなんておかしいじゃないか。

これを事業としたらみっともない」


という考え方をしたわけですね。


それで大正時代の裁判官も同じく官吏で

仲間ではありますから


「分かりました、じゃあ5棟10室は事業ではありません」


ということになったわけです。


んでここで自営業者たちはこの事情を知ってるから


「官僚の論理で5棟10室のルール作ったのに

ここで俺らだけに課税するとは何事だ」


と戦ったりするわけですよね。


だから日本はこう考えるともう明治以降は官僚国家なんです。


だから昔ドラゴン桜ってのがあって、

以前の黒田さんの暗号通貨の案件でも黒田さんがおっしゃってたけど


まさにそのドラゴン桜の先生が言うように


「東大(帝大)出身の官僚たちが自分たちを基準に物事を考えて、

彼らのために作ったルールで世の中は動いてる」


わけです。


だからそのルールを知らないと民衆は損するように出来ている

ってことであのドラゴン桜の先生がおっしゃる言葉は本当なんですね。



それで法律というのは民衆のためにあるわけではなくて

あくまで官僚たちがみっともない生活をしないようにするために

その基準で法律ができてくるわけで、


それが実態なわけです。


そしてこれが米日欧では共通していることでして

先進国地域でも共通していることで


ここで2016年くらいからこの反官僚の思想というのが

急激に現れだして


イギリスのEU離脱、トランプ誕生、みたいな動きになってきている

わけでして、


この反官僚思想をリバータリアン思想っていう。


それでそのリバータリアン思想を元に暗号通貨があるんですけど

分かりますかね。


だからサトシナカモトの本来の思想はリバータリアン思想です。


が、そのビットコインも乗っ取られつつあるというのが

2018年の状況で、ここでそのリバータリアン思想を元にした

暗号通貨なりそういうのが出てくるかどうか、というのが注目なわけ。


だから暗号通貨投資家たちがまさにその官僚の中央集権権化である

金融庁登録は必須だ、と言ってる状況はこれは

暗号通貨の思想とは相反してるわけですけど、分かりますかね。


本人たちは気づいていないだろうけど。


だから本来は5棟10室未満の収入で

「親戚や友達に貸している貸家から月10万円入ってるけど

これを事業収入として申告しないといけないのか?」


という問題を抱える人は多いわけだけど

これは判例を見る限り、その5棟10室未満の

家賃10万円は本来は事業所得にならないはずなんですね。


ただここで官僚たちは

「これは事業所得だ、だから脱税なのだ」と脅すんだけど

ここで大多数が屈服するわけだけど


じゃあここで「それは判例では5棟10室ルールがあるけど

じゃあ裁判しましょう」となれば


闘争になるけど、ここでもし判例が覆された場合、

それは退職後の官僚たちにも事業所得として課税義務が発生するから


彼らは知ってる人にはそこで折れるという対応をどうも

してるようですね。


この辺の知識は民衆には教えないとなっているようです。


だからこの5棟10室ルールも、実は

官僚たちが退職後に課税されないために、作られたルールである

ってことでして、


こうやって日本国ってのは回っているわけです。



それで、上に所得の分類を書いたけど

2の配当所得である株式の場合は


例えば100万円稼いだら、大雑把にいうと

20万円が税金でとられて

80万円が残るってことですよね。


これは証券会社が最近は自動で税金を取るようになってまして

サラリーマンの源泉徴収制度に近いですね。



それでここでキャピタルゲインである配当所得だったり


あとは1の利子所得もそうですけども


ここで株式で儲かった100万円から30万円も40万円も

税金を取るようになったら


これは自由主義国家とは言わないわけです。


ただこれを最近官僚たちは主張しているわけですね。


日本では民主主義とは何だ、という人はいるけど

官僚の暴政に立ち向かうための自由主義とは何だ


と言う人はいないわけですけど、


大きくは世論もこれまた扇動されてます。


自由主義と民主主義が合体したものが自由民主主義国家だけど

そしてこれを近代デモクラシーと言うのだけども、


この自由主義の部分だけが「ぽーん」と日本の右や左の人らの

言論から引っこ抜かれてるわけです。


一方アメリカでは「腐っても鯛」であり、

「自由主義とは何だ」というのを

大変重視する人々=思想家や言論人が

残っているわけで、


そこでリバータリアン思想として反官僚思想が出てくるわけで


それに支えられてトランプ大統領が出てきた、ってことです。


日本人からしたらトランプ大統領は金髪ゴリラの問題児に

見えるんだろうけど

実は彼の登場は自由主義と言うことを考える上で大変重要で、


だから彼が減税政策を言うわけで、

そこで強い支持があるわけです。


日本では右翼も左翼も増税を支持します。

右翼も左翼も官僚支持です。


だから、日本ではまだトランプみたいな指導者は現れる

土壌はないわけですね。


それで近代国家として、

どんなお金でも税金として取れるのは

限度は本来は1割から2割です。


よくて15%です。


国家官僚というのは本来は近代デモクラシーにおいては

民衆に監視される存在であるわけだから


本当はぺこぺこと頭を下げて、申し訳なさそうに

控えめに税金を取らないといけないわけですね。


最近は、公務員たちの窓口の人らはその辺に気づいてきて

そういう態度になっている。


が、彼らの上の東大出身の官僚たちは

「俺たちが正義だ、だから強引に税金を取れ」

と言ってくるものだから、


そこでも公務員組織でも末端と上部でのこう意識の違い、

窓口公務員から、上級官僚に対する反発というのは

徐々に生まれてるでしょう。


元々は国家というのは強盗団のようなものであって、

泥棒であるという考え方から、近代デモクラシーの考え方は

始まっている。

(だから哲学者ホッブスは国家を怪物リバイアサンとした)



これは日本人が一番分かってるはずで、

戦国大名が昔年貢を農民や商人から強制徴収していたわけで

そこで一揆が起こったわけですね。


5公5民と言う言葉があるけど

ここで100万円のうち50万円でも公務員に取られれば、

そこでは一揆が起こるといわれていた。


が、今の日本人はそこで声をあげることを忘れてしまったようで

これが骨抜きにされているわけです。



仮想通貨なんかの税制はすごいですよね。

「億り人」なんていわれるけど実質1億円稼いだ彼らの

手元に残るのは3000万円台とかだったりする。


リスクをとって1億円稼いだのに、

そこでなんだかんだ色々引かれて6000万円とか引かれて

その6000万円くらいが全くリスクをとらない官僚たちに流れて、


色々経費なんかもいれてそのリスクをとった人らに

3000万円ちょっとしか残らない

となると


一体この国家は資本主義とか自由主義と名乗っていいのか

という話になってくるわけですね。


昔の年貢の制度が「化けて」今の暗号通貨税制になった

ということです。


だから本来は資本利益をキャピタルゲインといって

100万円が1億100万円になったら1億円の儲けだけど

このキャピタルゲインに課税できる限度は最高でも15%であります。



ロシアなんかはその辺守っていて、一律16%課税とか

そんなものですよね。


税制を見るとロシアが自由主義国家に見えて

日本は共産主義とか社会主義のようなものですね。


ところが現在では「国家は国民に福祉を行うために存在してるんだ~」

となるわけで


それを福祉国家論というのだけど


これをですね、役人たちは公務員試験で洗脳されるわけですね。

けど実際はその社会福祉のための年金は減って、

生活保護も縮小していくわけで


逆に役人たちの給与はどんどんアップする(4年連続給与とボーナスアップ)

となっているわけで


この福祉国家論自体が欺瞞、嘘じゃないか!


っていうのがアメリカ人たちが2016年までに気づいたことです。


そしてその流れを副島先生なんかが説明しているんですね。

だから副島隆彦が「次のアメリカ大統領はトランプだ」と2016年最初に

本に出したんだけど


それが本当にその通りになったんだけど

大きくこの反官僚思想であるリバータリアン思想っていうのが


世界中で徐々に出てきてるわけです。


「キレイゴトを言わない思想」です。


ちなみにこの「キレイゴト」にうんざりしてるのは多くの民衆もそうで、


例えばこの数年 自分の意見をずばずば言う毒舌芸人とか

そういう人が流行してるのもその流れでして、


この民衆の「キレイゴトは私たちを貧しくする」っていう実感がですね、

文化芸能の世界にも反映されてるってことなんです。


それで文化芸能の世界でも「反キレイゴト」の流れがあるんだけど

これが金融や通貨の場面で出てきたのがビットコインなんかの

仮想通貨でして(といってもビットは最近乗っ取られてきてる感じはあるけど)



そこで国家統制による重税とか国家の壁を越えて国境線を越える

というリバータリアン思想の考え方があって、


そこで暗号通貨ってものが登場してきたわけですね。


例えば暗号通貨のリスクなんかのCEOのドイツ人の彼は

「非中央集権」と言う言葉を沢山使うけど、


日本人は「儲かるかどうか」の投機視点で見るけど

日本人以外の暗号通貨投資家は


「その暗号通貨にちゃんとリバータリアン思想の

非中央集権思想が反映されてるか」


を見るわけです。



だから暗号通貨が世界で流行していて、少なくとも

サトシナカモトの論文自体はリバータリアン思想のものだから

それは支持された、ってことですね。



この辺が分かると、暗号通貨の魅力は分かるわけだけど

当然それは国家との闘争になるわけで、


今回の取引所の事件もその中で起こってるような感じはして

少しきな臭い感じはあるんですね。


(実際にここで利益を得たのは課税できる国家や

取引所を統制化におく法律施行のための世論を作れた官僚たちだから)


だから5棟10室ルールってのは事業所得の区分けの話では

あるのだけど、


そもそも税制というのがそうやって官僚たちのキレイゴトで

出来ている欺瞞の塊のようなものであるから


ビッグブラザーからの監視に戦おうとするリバータリアン思想が根っこに

あって暗号通貨ってのが誕生してきた、っていうことであります。



この辺が分かると暗号通貨の意義は分かるかなって思います。


ただ今も暗号通貨の思想と国家というのが強烈な闘争を

繰り広げているわけで


ビットコインなんかは先物上場後に少し

乗っ取られている感はありますし


今は国家為政者側に押されているという感じはあります。



それでもうビットコインが1円とか10円のころから

「ガチホ」してる人たちってのはまさに上のような思想を理解してるから

何年間も、ガチホできる根拠があったわけです。



ということでこういう5棟10室ルールという

学校が教えてくれないことを知っておくと


色々見えてこないものが見えてきますね。



それでは!



ゆう




追伸・・・そして日本のマスコミが

「なぜ仮想通貨が流行するか」という部分で

絶対言わないのがその背後にあるリバータリアン思想です。


そこには「反官僚思想」ってのがあるってのを

かれらは 絶対に説明しないんだけど、


それは情報統制されてるわけですね。


そんで、テレビのコメンテーターや芸人たちも

官僚の犬で彼らに不都合なことは一切言わずに

プロデゥーサーなんかに「こういうことは言わないでくださいね」


と言論統制されていて、それに芸人たちも従順なのが

日本のメディアを見てると良くわかりますよね。


あくまでもテレビも新聞も民衆洗脳のための道具である

ってことです。


実際の税制の内情を見るだけでもこういうことが

分かってくるのですけど


こういうのを察知されたくないから

上の5棟10室ルールとかの話を民衆には教えないと

なっているわけです。


日本という島国で官僚たちが大きく情報統制して

人々を羊化しているのがよく分かります。



そして、2016年にリバータリアン思想に根拠を持つ

イギリスEU離脱騒動のあと、

トランプ大統領が誕生して、

その後また世界的に暗号通貨ってのがすごい流行しだしてる

ってのは


大きくは世界のリバータリアン思想の流れがあるわけですね~









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
        <NEW>

【ついに1グラム5200円ほどに上昇してきた金=ゴールド】

私ゆうは金ゴールドに昔から注目してます。


世界を取り巻く金ゴールドに関しての分析レポートです。

金信者は必見かも?
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/gol……200yen.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
         <NEW>
私ゆうが中国上海にいて、どんどん豊かになる

中国経済を肌で感じながら書いた

投資で成功する2018年現在も私の資産を増やしてくれてる

考え方です。


株だけに限らず暗号通貨でも通用する考え方です。


【大投資家の竹田和平氏から学ぶ
「貯徳(ちょとく)」の精神について!!】

http://fxgod.net/pdf/money/tyotoku.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<NEW>

「仮想通貨ではFXのようにレバレッジをかけると超危険」
という話 (神レベルの人以外は)


⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……gerous.pdf




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください