無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【日本の銀行(主に地銀)はこれからアメリカと中国とヨーロッパに カモられていくという話】

2018 1月 19 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【日本の銀行(主に地銀)はこれからアメリカと中国とヨーロッパに
カモられていくという話】
⇒編集後記で


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【塾生に総額2兆5000億円を本当に稼がせたあの男の

新案件です】



リップル678倍、ADA821倍など、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
仮想通貨業界で多くの実績を残した泉忠司が、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リップル・ADAを超えるICO情報を無料で提供するということです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/

(ページに書いてありますが既に上場が決定しているとのことですので
見てみる価値はありそうです。


また私ゆうも登録してみましたがLINEアットで

動画ベースの特典15個くらいを無料でもらえました。

個人的には100万円?の価値は普通にあるように思いましたが

LPには書いていないけど、それも無料でもらえるようでヤバかったです。

泉さんが資産500億円前後あるから太っ腹すぎます。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……489/10/)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!!


さて、今日は

【日本の銀行(主に地銀)はこれからアメリカと中国とヨーロッパに
カモられていくという話】


をしたいと思います。


最近はもう正直言うと書きたいことが沢山ありすぎて、

キーボードをタイプする指が追いつかない・・・という状況なんだけど

だから書こうと思ってることが多すぎて

書きたいリストが貯まってるんだけど


それでもやはり全部は書ききれないという感じの毎日です。


それで「日本の銀行がこれから追い込まれていく」っていうのは

マイナス金利が以前に導入された時からずっと書いていたのだけど

それはもう実現してるように思います。


そしてこれから日本の銀行、主に地銀ですね、

これらがアメリカと中国とヨーロッパにバーゼル3なんかで

カモられていく、ってのが国際的に決定しつつありますね。


本当に考えさせられる。米国債をまた沢山日本の銀行が

買わされるんだろうなと。

編集後記で





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ADAコインで塾生にガチで

「総額2兆5000億円」稼がせた男とは?】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、今日はまた新しい仮想通貨のICO案件が登場です。


この泉さんですが今巷で話題になっている

「ADAコイン」を日本で一番最初に詐欺だ、と言われつつも

広めた人でした。


当時プリセール価格は0.2円ほどだったと思いますが

なんと・・・今そのADAコインは暴落してるにもかかわらず

59円です。


約300倍ですね。


当時100万円買った人は暴落後の今でも

3億円前後になってる感じですよね。



それでなんとこの泉さんが「次のADAコインはこれだよ」

っていうことで新しい案件を開始しました。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/




それではこちらの案件を担当している泉さんより

読者さんにメッセージです!



======================


【爆上げ情報】リップル→ADA→次は??



ある仮想通貨のICO情報が
無料で公開されています(期間限定)
最低でも1億円以上のリターンが期待できる通貨なので
お早目に確認してください。

http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/




リップル、カルダノADAを超える可能性が
非常に高い仮想通貨です。

※上場前に買えるのは今回のICOが最後のチャンスです。



どうやって買えばいいか、そもそも仮想通貨って何か
ということは仮想通貨はネットで出てきますが、


じゃあ実際に「何を買えば」良いのか

これは教えてくれません。


心構えだけでは仮想通貨で成功することなんてできません。
あなたに必要なのは「何を」「買えば」上がるのか

・具体的な仮想通貨の銘柄

です。


その「具体的な仮想通貨の銘柄」を
期間限定で公開中です。

http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/



・なぜ無料で公開してるのか
アジアの仮想通貨王と呼ばれる人間が関連しています。
彼はリップル・ADAコインなどの上昇を全て無料で公開していました。
今回はそれらを大きく超える可能性がある通貨とのことです。
詳しくはこちら

http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/

※上場前に公開されるのは今回のICOが最後です。お急ぎください。


====================


以上です!


ちなみにこの泉さんですが

知らない人はおそらくインフォ業界ではいないだろう

という方ですが、


当時2016年くらいに「ADAコイン」ってのを

業界でプリセールで売り始めた人なんですね。


んで私も含め多くの人が正直言うとそこでは懐疑的だった

わけです。


「これ、大丈夫?ひょっとして円天みたいな事態にならない?」

みたいにちょっと半信半疑で見ていた人が多かったと

記憶しております。


それでその後ADAコインは色々トラブルがあり、上場が先送りされまくり

結局買った人は「なんだこれ、全然上場されないだまされたのか」

みたいに言う人も出てきたくらいだったんですね。


ずばりADAコインは当時詐欺コインと言われていました。

しかしその後どうなったか??


ビットトレックスにADAコインはかなり遅れるも上場をしまして、

そしてプリセールで0.2円ちょいで買った塾生のほとんどが

数百倍の利益を得るという事態になったんですね。


ガチで・・・


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/



ちなみに今のインフォ業界は「ADAコインの反省」というのがあって

当時ADAコインを紹介していた人たちも

なんとなしに買わないでいたら、


紹介して買った塾生が本当にADAが吹いて

10億円以上とか稼ぎ出したんですね。

「うわーあの時買っておけばよかった」なんて人はすごく多かったのが

ADAコインだったんだけど


結局勝ったのは「詐欺だと言われてもそこで勝負した人たち」

だったんです。


これは教訓として本当にありまして、

当時怪しいなと色目で見ていた私も

これはすごい反省したんですね。



それで実際に私の知ってる塾の塾長たちに聞いても

ADAコイン買って億万長者になった塾生たちって結構いるらしくて


それこそ泉さんに紹介されたADAで

5億円・10億円稼いだけどどうしようか考えてる、

みたいな塾生が結構ちょくちょくいるらしいんですね。


なくなっても良いお金突っ込んでみたら本当に数億円になっちゃった

って言う人たちが大勢この業界にいるわけです。


ADAで儲かってお金が余ってるからとりあえずちゃんと学びたくて

FXとか学びたくて塾入った

みたいな塾生がほんと結構最近いるんだと・・・(笑)


だからこの泉さんが塾生に総額「2兆円以上稼がせた」ってのは

事実なんで、そして次は「第2のADAになりうる」ということなので

見てみるといいと思います。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/



それで今回はICO案件なので判断は読者さんにお任せしますが

結構金持ちの仮想通貨の塾長とかがこれ買ってるの私は知ってます。


私もだから買ってみようかなと今見てるところです。


期待値はあるのかなと思ってまして

それで今回LPに書いてますが


「今回のICOで締め切りです。以降は上場後にしか購入できません。
お早めにICO情報を受け取ってください」


ということです。


泉氏が絡んで実際にADAで塾生に大もうけさせたというのは

これはもう否定できない事実としてあるので

ひとつの情報としてみておくと良いと思いました。


2018年なんかはICO元年と言われてますが


もし読者さんがICOなんかに興味ありましたらぜひ

無料なんで

チェックしておいて下さいね~~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/










===========編集後記===========

さてさて、今日は


【日本の銀行(主に地銀)はこれからアメリカと中国とヨーロッパに
カモられていくという話】



というのをお送りしたいと思います。


これはマスコミでは報道されないけどもうほぼほぼ国際的に

この3週間くらいの動きを見たら決定しつつあるな

という感じです。


ちなみに「カモられる」と言う言葉はすごい分かりやすい

キレイゴトが無い言葉であると思いまして、


海外にいる在外邦人がみんな思ってるけど口に出したら

非難されるから言わない本音ってのがあるんですよね。


それが「世界でどうも日本人だけカモられてる」ってことなんです。


これは在外邦人の読者も多いから「うんうん、そうだよね」

と思ってくれる人は多いと思うんだけど


どうもやはり日本人だけカモられてるんです。


私は英語がちょっとは話せるから色々な国の人と話すんだけど

どの国の人も日本人ほど追い込まれていないんですよね。

明るい。なぜだ、となる。


だって日本人って言ったらGDP3位の国ですよ。

金持ちのはず。


けどなぜか どの国にいっても日本人が少し元気がない

っていうのを見るわけですね。


こんなに働いてる民族も他にはいないんです、間違いなく。

確かに仕事の効率は最近言われるように問題あるかもだけど。


けど一向に一人ひとりの生活は豊かにならないし

みんなが監視しあって、ネットなんかを見れば

もうなんか誰かが言ったらみんなで叩き合うってことを

してるわけですね。


これを海外にいると英語のサイトみて、日本のサイトみて

みたいな感じでどうしても比較してしまうんだけど


やっぱり精神的に日本の人たちがどうしようもない状況で

追い込まれてるのが感じ取れてしまうわけです。


ただそれを在外邦人がネットで言おうものなら

「謎の愛国者」が現れてめんどくさいんで、みんなネットには

書かない。


けど実際に日本人同士で会うとそういう話になるっていう。


それで、実は仮想通貨の話なんかもそうで

私はこの2日間、メルマガで前書いていたと思うけど

情弱たちが見てるYがつくニュースとかで

暴落記事が出たら買い時だってことで見ていたけど


まさに2日前の夜に記事が出たから、


一回利益確定して逃げて出金した利益分でまたそこで買ったりしてた

んですね。


元金はもう出金したままにして利益分だけ

下がったところで買い増して行くと


元金のお金は出金してるのに、持ってる仮想通貨保有量は一緒

という状態にできるわけです。


投資やってる人ならこの資金管理の意味分かると思う。


それで私の友人には結構すごいトレーダーとかファンドの人とか

がいて、色々聞いて知ってるんだけど


今回の仮想通貨なんかの暴落もやっぱり日本人がカモられた

んだと思いますよね。


これはアベノミクスのときに2014年に大暴落があって

やっぱり日本人が刈り取られたんだけど


当時書いていたけどそれを仕掛けたのが実はファンドの友人の

情報で


アメリカのユダヤ系の金持ちとあとは華僑系のタッグなんです。


これ実はファンド間ってですね、セキュリティで守られた

チャットみたいのがあって、


それでアメリカと香港とかで情報共有してるんですよね。


んでここで売り崩しすぞー、とか、ここで個人投資家刈り取った後に

買い上げるぞ~とか金持ちたちだったり金持ちの資金運用してる人らが

やってるんです。


んで彼らの資金がマスコミに入っていくんだけど

だから「マスコミが仮想通貨持ち上げると暴落して」

(暴落前日に、日本の某有名ななんちゃらステーション、が

仮想通貨特集したはず)



そんで「マスコミが暴落を報じるとその後仮想通貨が上がる」


って現象が起こるんです。


大衆をはめ込む手法ってのがあるんですよね。

これを私友人たちからよく聞いてまして。



こういうのを知ってる人はだから儲けやすいっていう

悲しい現状があるわけです。


こういう事実ってのは私はもう2013年くらいからですかね

かなりメルマガで扱っていたんだけど


当時は誰も聞いてくれなかったけど最近は

そうなのかもしれない、とみんな気づいてくれます。


そろそろ私たち日本人も

「カモからの卒業」をしないといけないと、思う。


ちなみにここに絡んで、

アメリカのYOUTUBERで私が好きなYOUTUBERなんだけど

ローガンポールって威勢のいい若者がいるんです。


けどこの前日本で炎上しちゃって、彼が富士山の樹海に

行ったんですね。


したら首吊り死体が見つかってそれをYOUTUBEで

あげちゃった。


「やべえ 日本の富士の樹海でリアルに首吊り見ちゃったよ」

みたいにYOUTUBEでやったら世界で炎上してしまった。


けど私は日本人として思うけど他国の人はローガンポールに

炎上して色々言うけども


これって世界に知らしめないといけないと思うんですね。


日本人が重税やら、長時間労働やら、圧政の中での圧迫された

生活やらで相当苦しむ中で捻出された税金があるけど


その税金で米国債が買われて今の世界金融市場が持っている

っていうのは薄々世界の人々も知ってるはずなんです。


私はこのことについてアメリカ人の友人に言ったんです。

「日本はアメリカの 米国債を沢山買っている。

だからアメリカはまだ延命してなんとか生活できてるんだよ。」

って言ったら最初すごい怒った。


けどその後自分で調べて米国債だから us bond 、us treasuryの事情を

自分で調べたみたいで


「そうなのかもしれない」と私に言ってきたことがある。


だからローガンポールが日本の悲惨な状況をたまたま

YOUTUBEにおさめて、それを世界で流して、


なぜかYOUTUBE側もそれを押しつぶして削除させたけど

こうやって日本人の大変さは世界では伝わらなくなっているんだろうと

思いますよね。



実際は多くの日本人が世界中のカモになってるんだろうと思う。


それで最近の金融の傾向としてはアメリカだけじゃないんです。

アメリカの金持ちたちはユダヤ系の人が多いけど

それだけじゃなくて華僑系の人らのカモにもなっていて

まさに米中2大体制みたいな世界の感じになってるけど


そのアメリカのユダヤ系の人と中国の華僑系の人、この2者のタッグで

カモられてる構図っていうのは知られていないけど

ファンド関係者の間ではコソコソと最近この数年言われてることなんです。


けどこういうのはコソコソ言われるだけで

活字にはならないんですけども。


それで・・・日本の地銀が次はこの流れでカモられるっていうのが

バーゼル3の本当の意味なんです。


バーゼル3というのはこの数週間でニュースが出てるから

表のニュースはそれを読めば分かります。


ただ裏側があるんですね。


それで私ゆうはアジア人同士戦わずという思想だけど

それは別に中国の奴隷になるってことではなくて


お互い主張していくと。


そこで中国が今かなり前に進んでるけど日本も発展を再度して

力つけてアメリカとも中国とも対等交渉できる力を持たないといけない

という考え方であるのだけども


どうも最近日本の銀行が徐々にこれは中国に負けてきている

という事情はあるんですね。


中国はとにかく金持ちが多くて、ここで中国の金持ちたちが

沢山日本の地銀を買いあさりに来てるんです。


実はこれが今の官僚たちの背後の戦いでもありまして、

ここでなんとかその防衛として2県に1行だけ残して統合して

日本の地銀を守るみたいな動きがあるんですね。


中国の銀行に日本の地銀を買われないために必死に防戦してる

事情というのがあると。


それで2県に1行っていうのはどういうことかっていうと

要するに統合させて集めて規模を大きくして

時価総額を大きくするんです。


そこで資産規模を大きくして買収なんかから身を守るって

ことでして。


ただここで重要なのは「バーゼル3」が今度

来るんです。


えっと「バーゼル3」が何かっていうのはネットで検索すれば
分かるから


ここでは書きません。


BIS規制とかで検索すれば出てきます。あとは私の昔のメルマガでも

説明しましたがネットで色々詳しい説明は出てくる。


要するに表向きは金融危機に銀行あちが強くなるように

自己資本をちゃんとしなさい、というお節介のような規制です。



それでこのバーゼル3ってのが年末から1月にかけて

実はニュースになっていて私も注目してみていたのだけど


これを見ていて分かるのが

「これから日本の銀行はアメリカと中国とヨーロッパの

カモになっていく」ってことなんですね。


すなわち、どういうことか?っていうとですね、

まずバーゼル3ってのは2つあると。


まず地銀のえらいところってのは書かないといけないけど

地方の地場産業がありますでしょ。


そしてその地場産業に根ざした会社たちってのが

ガンバってボロボロになりながらも地方経済を支えています。


がボロボロだから地方経済は日本はボロボロなんです。


東京人は分からないと思うけど

私は熱海伊豆に住んでましたからこの悲惨さは本当に分かります。


もう大手企業のコンビニとかファミレスくらいしか

夜は光がありませんで、


もう商店街は真っ暗でですね、悲しくなります。

幽霊が出そうで。


ちなみに東京はどうなのか、というと

東京でも新宿、渋谷、池袋あたりは夜は明るいんだけども

例えば渋谷の隣の原宿に行けば夜8時9時で本当に真っ暗です。


本当に大変な状況だと思う。


それで地方では地場産業とうのがあって

ここに地銀がなんとかカネ貸してこの地場産業の経営者たち

ってのがすずめの涙ほどの利益出してる構図があったわけですけど


このバーゼル3がこんど来るとどうなるかっていうとですね、

「地方の地場産業なんかに融資とか投資するんじゃね~」

と、ヨーロッパの偉い方々に命令されるようになるんですね。


背後はアメリカなんだけど一応表向きはヨーロッパです。


例えばタオルやら陶器やらの産業にばかり投資するんじゃない

と、言われるようになるんですね。


バーゼル3が来ると。


これはバーゼル3のポートフォリオ理論ってのがあって、同じような

産業が集積していてそこにばかり投資してるのはリスクが高い

とお節介に言われるようになるわけです。


地方銀行としては「そんなのは分かってる!けど俺らがいなくなったら

地方が死ぬぞ」と危機感持ってる人間も結構いるわけですね。


だから地方銀行だけを一方的に責めることもできない。


彼らは彼らなりに日本の地方に問題はあったけど貢献した

過去はあるわけだから。


しかしバーゼル3はそんなの許さない規制でして

「地場産業でタオル産業ばかりに投資や融資するって

ポートフォリオ的におかしいだろ!」


と来るわけです。


そして地銀としては「じゃあどこに投資して私たちは利益を

出せばいいのですか」となるわけだけど


ここでバーゼル3ってのは結局の話


「そうだな~その代わりに株とかデリバティブとか

仕組み債とか(債券ですね)そういうのに投資しなさい」


となるわけです。


「そしてこれがポートフォリオでリスク分散だ」


と、来るわけです。


んで地銀の支店長たちもこんなの嘘だと分かってるけど

大きな圧力には逆らえませんから


ここで結局「外債」とか言うんだけど実態は大体

米国債とかですよ、これを買わされる。


あとはNY地方債なんかもそうかもしれませんね。


こうやって日本の地場産業が今までつぶれていったんですね。


日本の地方の多くがゴースト街になってるのは

そういう金融政治が背後にある。


けどアメリカは嬉しいですよ、だって米国債とか債券買ってくれて

債券市場を日本の銀行、というか銀行に預金してる

預金者が支えてくれるのだから。


だからここで分かると思うけどアメリカの債券市場を支えてるのは

日本人の預金だったりするんですね。


よくできてる。構造的に。

そして日本人は誰もこの構図を勉強しようとしないから

怒ることもできない、とBIS規制とか仕掛ける側の

頭いい欧米の人らは理解してるだろう。


それでバーゼル3の特徴として上の構造をさらに進ませる

傾向があるんだけど

となるとこれから日本の地方の地場産業はより苦しい状態になる

ってことが分かる。


すなわち今地方の若者は苦しい人多いけどもっと

大変になるってことです。


その代わり、米国債だったりは日本人の預金で地銀が

買わされるから、だからアメリカの債券市場はここで

延命するわけです。


こういう金の仕組みを本当は小学校で

教えないといけないんだけども。


それでバーゼル3っていうのはその他にもあって

「株式はリスクがある、だから完全なるリスク資産だ」

とするわけです。


バーゼル3ってのは銀行の資本を健全化させるっていう

表向きだからだから銀行は 株式はリスク資産だ、と言われれば

ここで株式投資はできなくなるわけですね。


じゃあどうなるか?というと

「米国債をもっと買いなさい」となるわけです。


外債がいさい と言う場合大体米国債です。


ただ米国債とか言うとなんかアメリカというジャイアンに

買わされてるみたいで惨めだから


官僚も銀行マンもみんななぜか 米国債といわないで

外債と言うんですね。

不思議ですね。


私は以前大物政治家のアドバイザーの専門家に

「外債とは米国債ですよね?

みんな外債と言いたがる。不思議だ」


と言ったら絶句していた。けどみんな外債って言葉を

使いたがります。


それで「外債」投資しかバーゼル3で地銀とか日本の大銀行も

できなくなるわけですね。


要するに米国債ってのはアメリカの借金証書だけども

これを買わせるためにバーゼル3ってのがあるわけ。



これを日本のマスコミは絶対書きませんでしょ、

やたら難しく書く。


けど結局「米国債を買え」ってのがバーゼル3の意味ですよね。


だから日本の銀行や信用金庫なんかに資産保全のための

株式を買わずに米国債を買いなさいと統制するのが

バーゼル3の本質でありますよね。


それで今まで地場産業に対して地銀は融資とかしていて

もう借り手は少ないからちょっとだけしか保有していないだろうけど


その株式保有して金貸すとかそういうことも

これからできなくなっていくわけですね。


んでそのお金はどこに行くかというと

NY地方債とか米国債とかに回っていくのだということです。


ここで重要なのは日本国債も一応あるのだけど

そこで日本国債はマイナス金利でありますでしょ。

一方米国債は金利がついていて


ここで金利差が2%くらいに開くわけですね。


だからやっぱり米国債に投資するように地銀は

選択であるけども実質強制でそうやって促されるわけです。


んでこの金利差2%にするのがアベノミクスの本質であって

日本の金融緩和、ジャブジャブマネーの本質なんだけども


日本のマスコミはだーれもこれを書かないんだけど

ジャーナリズムは機能してるのだろうか。


こうやって多くの人が、特に地方の若者が追い込まれていって

就職先もない、就職したらしたですごい民間は大変で

それで行き場もなく富士の樹海で死んじゃうわけで


それがアメリカのYOUTUBERに映像で収められたり

しちゃうわけだけど

全てはなんというかつながってるんです。


それでだからこのバーゼル3なんかは

表向きは「金融危機で銀行が大変にならないように

自己資本規制をします~という詭弁」があるんだけど


実質は「日本のカネを外国に流出させるのが目的」であると

いえる。


カネの流れはうそつけない、みたいな。


ちなみに私は副島先生の学問道場でこういう部分も学んできたけど

このバーゼルにあるBIS規制のBISってのは

スイスにある都市バーゼルのことなんですね。


ここでヨーロッパの貴族様たちが集まっている。


んでここで高級ワインを本当に飲んでこういうのを

決めてるんですよ。


私はどうしてもこの貴族というのがダメであって、

私はやはり貧民出身であって弟も首吊ってますから


まあやはり考えさせられる。


いくら金稼いでもハングリー精神を維持するのは大事だと

いつも思う。から私はいくら稼いでも

マレーシアで月15万円くらいで暮らしてるんだけども。


本当に悔しいことでこうやって貴族たちに

日本列島全体が貧困化に追いやられている。


その構図に気づいてる人はどれだけ日本にいるのだろう。


それで日本の黒田なんかはここで日本代表でこの

ワインをすする貴族たちの仲間です。


まあワインは別にいいかもしれないけども、

なんとも日本はカモられてるんです。


それで、BISってのは Bank of International Settlemen,

でありまして国際決済銀行だ。


これはもともと第1次大戦に負けた敗戦国のドイツからの

賠償金があって


その賠償金をもとにして作られた国際機関です。


だから一応本拠地はバーゼルでヨーロッパに見えるんだけども

ヨーロッパもこれアメリカの属国であるんだから


アメリカ政府の言うとおりに動くわけですね。


ちなみに日本のバブル経済を過去つぶしたのは

何かというとやはり具体的には


1988年に日本に銀行にBISが課した

自己資本比率7%っていう規制=攻撃なんです。


規制とは攻撃のことだ。


これが日本のバブル経済をつぶしてそこから

失われた30年になった。



んで次はその第3波のBIS規制 バージョン3が

始まるのだけど


それがバーゼル3です、分かりますかね。


それで日本の金融庁というのがあるけどこれも威張ってるけど

結局の話元々は金融監督庁だったけども


アメリカの手先で作られたわけですね。


日本の金融庁はアメリカのIRSには逆らえるはずもない。


それでアメリカの財務省の言うとおりにやってるっていうのが

実態だろうけども、


日本の金融庁もヨーロッパの親玉の国際機関のBISが

言ってるのだから言うことを聞かないとまずい


ということで日本の地場産業が絶滅するのも分かっていながら

このバーゼル3とは戦わないわけですね。



だからこれはすごいんですね。

日本のまずは最初地銀だろうけど


アメリカ財務省とヨーロッパのバーゼル3で

日本の銀行がボコボコにされるんだけど


そのボコボコになった日本の銀行を中国資本が買い取る

みたいな計画になってるんだろうと思いますよね。


バーゼル3の結果はほぼ絶対そうなりますから。


だからもうここでアメリカと中国の利権調整として

日本の地銀が材料として使われてるんだろうというのも

こう私には見えてきてしまう。


だからこれから日本の地銀から最初に

次は大手銀行といった具合に


アメリカとヨーロッパと中国という大きな勢力に

カモられていくわけです。

だからここで大きな日本というカモをめぐっての

利権調整をアメリカとヨーロッパと中国でやってるわけですね。


だから中国なんかは米国債売ればアメリカつぶせるけど

それはしないんです。


こう、カネのことが分かると政治も良くわかるんですね。


だから日本の「自称」保守たちが言ってるように

米中戦争なんて起こるわけないって分かりますよね。


っていうか米中戦争になったら中国は米国債

全力ショートすればアメリカ経済ぶっ壊せるんですから。


アメリカが戦争するはずないわけです。

というか本当のところはアメリカの高官が中国を訪問してたり

するけどそこでされてる本当の会話は


「どうか米国債は売らないでください」なわけです。


「その代わり私どもの戦利品である日本の銀行なんかの

利権を最終的にはお譲りしますのでどうかその辺は

ご理解ください」


というのが実際の国際関係論としてあるだろうと思います。


だから今ってのは日本がアメリカと中国の大金持ちたちの

カモになってるっていう構図ですよね。


これがあると思います。


ここでは当然外資規制をしないといけないわけだけど

例えば株式保有率について実質の保有者が

経営権握れないように 法律を作る必要があるのだけど


そういう動きにはならない。


ちなみに外国株やってる人はご存知だろうけど

外国株だと時々「買えない株」ってのがあって

これは韓国の株なんかもそうだけど


「外資保有比率の規制」とかがあって

私が以前韓国株 買いたかった銘柄があったけど

もう49%以上売れてしまっていたから買えなかった

ってのがあったりした。


こうやって通常の国は自国産業を守るのだけど

日本は外資規制が緩すぎるんですね。


日本の大企業の株主を見てみてください。

なんちゃらトラスティとか、怪しい名前が沢山

実質の日本企業のオーナーとして並んでるけど


実際はこれは欧米の大金持ちたちにつながっていく。

まあほんと日本は植民地なんだと、思う。


それで日本の最も大きい赤い銀行も大変だという

話も聞くけども


この赤い銀行は今や内部の情勢としては

リーマンショックの後、リストラしまくって

そこで40代の社員がほとんどいないと聞きますよね。


国債のディーリングもほとんど実際は今やっていないとも言う。


銀行の機能もなくなってきているとも言われていて


だからここで最近は1月15日に読売新聞が


「銀行員の転職希望急増、収益悪化でリストラ不安」


という記事を出してます。


もう銀行内部にいる人らはいよいよ危機感を感じ取っている。


ちなみに私の大学生時代にも就職活動で

銀行に行きたがる学生がいたけど


彼らは「安定していてステータスがあって

給料が良いから」といって

銀行に入っていったものだけど


そこで日本経済に貢献するとかそういうのを本気で

思って就職する人なんかはほとんどいないわけですね。


まあそういう人たちが追い込まれているというのは

私は因果応報のようにも思うけども、


結局権威を信じた人はどんどん大変なことになってる

という教訓でもある。


とりあえず今大銀行でさえ、大変です。


ちなみにこの赤い銀行も本当は2008年の9月の

リーマンショックがあって、


ここでロックフェラー財閥のシティがやられちゃって

そのケツ拭きってのを彼らがやったわけですね。


ソロモンブラザーズとかの社員を全部東京で引き受けさせた。


こうやってとにかく日本の銀行もまた

アメリカに拠点置く大金持ちの

カモになっているのだと。


といってもこれはアメリカ人が悪いわけではなくて

一般のアメリカ人は気のいい人が多いですからね、


実際はアメリカに巣食うとんでもない人らがいまして、

彼らがアメリカ民衆も食い物にしてるけど


それ以上に日本人はもっと食い物にされているという現状は

あるのでしょう。


それでもっと言うと、日本の銀行の悲しい実態として

日本の銀行の資産とかポートフォリオっていうのは

完全に本来極秘情報であるはずじゃないですか??


だってポートフォリオばれたら攻撃されちゃいますよね。


けど実は日本の銀行の資産ポートフォリオって

全部ニューヨークで管理されだしてるんですね。


これは2年前から金利デリバティブとか為替デリバティブとか

それらの日本の銀行や生保なんかの関係の取引ってのは

全部ブルームバーグ上に載せられて


そんでここの取引をニューヨークで管理する、みたいに

なってるわけです。


これは日本の銀行も抵抗したのだけどみずほが

以前や、、くざ問題をマスコミに攻撃されましたよね。

みずほ銀行暴力団融資事件と検索すれば出てくるでしょう。


これを日本のマスコミが派手にやったわけだけど

日本のマスコミはこれをなぜ派手にやったか??っていうと


上の日本の銀行取引やポートフォリオをニューヨークに開示させる

ためにそれをやったわけです。


それぞれの大新聞の記者は無知であるから、

何も知らないで正義感でそれを書いたつもりなんだろうけど

実際はもっと大きな構図作ってる人間がいまして、


彼らNY金融界の人間が日本のマスコミを使って

みずほつぶしをしたんだと思う。


だから本当の日本人の敵は官僚だったりNy金融界だったりするけど

その代理人はマスコミなんです。


私たちが日本のマスコミになぜか強烈な抵抗感を感じるのは

その辺が理由です。


日本の正義感ぶってるマスコミが仮想通貨持ち上げたら

その後暴落したでしょ。


そして彼らが暴落を報道したら次に上がる、


これは偶然じゃないんですよ。必然。


ちなみになんでブルームバーグがニュースソースとして

「使えてしまう」のか、というとこういう裏があったりするから

だろうと思います。


だって日本の銀行のポートフォリオ知ってるんですから。


だから日本の銀行のポートフォリオが筒抜けであるわけで

それはもう恐ろしいことなんですね。


これは本当は官僚ってのが日本の国益にために存在するのなら

絶対にこれを阻止しないといけないんだけど


彼らは喜んで「どうぞNY金融界様、私たちの国の銀行の

持ってる資産やポートフォリオを開示します」


ですから、それはこの国貧乏になりますよ。


それで要するに日本の銀行の資産ポートフォリオが

NY金融界に報告されるということですから


だからここでバーゼル3が来てですね、

そこでもし米国債買ってなければ


「おいおい、○○銀行はなんで米国債買っていないのだ?」


というのがばれる仕組みになってるんです。



だからこうやって日本人のカネってのが

結局米国債に流れる仕組みってのがあるわけですね。


それでこれが大体毎年40兆円くらいは米国債を買ってるわけで

となるとこれが30年だと1200兆円くらいで

ひょっとしたらもっとあるかもしれないけど


これは表に勘定として表に出ない仕組みです。


これは日本で政府系銀行というのが7つくらいあって

ここに全部隠れているわけですね。


だから日本人がいくら稼いでも稼いでもそのお金ってのは

国内に使われるわけじゃなくて


結局米国債だったりの米国の債券市場買い支えるための

仕組みがあって


あとは残ったものが官僚や公務員の財布に入る仕組みなんですね。


んでさらに残ったほんの残りが社会保障になるって仕組みなんだけど

本当はその社会保障なんてアメリカも日本の官僚も

したくないですから


それは減らすっていうのが日本の本当の構造です。


特に生活保護なんて天下り先もないわけで

全然官僚にとってもおいしくないわけだから


てきとーに芸人の生活保護スキャンダルをマスコミに流させて

思考力ない大衆にその芸人叩かせて

そこでそれを世論にしてしまって


法律改正して生活保護は縮小していくわけですね。


ここで重要なのは社会保障が減らされることは民衆にとって

不利なことなのに

それに民衆が賛同するっていう狂気なんだけども。


ただこれがマスコミの本来の目的であって

扇動のためにマスコミってのはあるんですね。


何もエンタメを提供するために電波があるわけではなくて、

大衆を洗脳するために電波があるわけです。


だからこんな構造であるから

それはみんな貧乏になりますよね。


しかしこういった大きな構図は誰も教えてくれないし

マスコミはNY金融界と日本の官僚の代弁者であるから

当然そんな視点は流さないので


結局日本人の大多数は「なんでGDP3位の国なのに貧しいの?」

と疑問なわけです。



簡単に言うと上記のようなスキームで収奪されてるから

なんだけど少し複雑だから気づきづらいようになってるんですね。



それでバーゼル3がこれから実施されていき、

それを日本の銀行も強要されるわけですから


ますます米国債に日本のお金は流れていき、

貧乏化は進むでしょう。


そして当然米国債だったり

あとは日本の代理支配者の官僚や公務員の給与や人件費や

福利厚生のほうが


日本の奴隷扱いされる民間人たちの社会保障より優先される

構図であるから


当然、消費税があがったとしても

社会保障は減っていくだけで


増えるのは米国債購入額と、公務員の給与や福利厚生だけ

となることでしょう。



そして重要なのは例えば私がいた韓国では

このような政治の不正がちょっとでも見つかれば


韓国人たちは阿修羅のように起こってデモをするのですね。



これ。韓国の2016年の大晦日で撮った写真だけど

すごいですよ。




(写真)韓国のデモの勢い
http://www.fxgod.net/gazou/pic……demo21.JPG
(写真)韓国のデモの勢い2
http://www.fxgod.net/gazou/pic……demo13.JPG



それでまあパククネを支持する人も実際にはいたのだけども

今はムンジェイン大統領になってるわけですね。


ただ私はこの「ムンジェイン大統領支持者の韓国人」の

20代~30代たちに聞いたけど

結構みんな同じようなこと言っていて


「政治家なんてのは必ず腐敗して民衆をいずれ苦しめていく。


だからその「兆候」が見えてきたらすぐにデモして引き釣り下ろすし

ムンジェインも今はいいけど、いずれそうなってきたら

すぐ引き釣り下ろす」


と、言っていました。



ムンジェイン支持者がそう言っていた。



ちなみに「なんで韓国でパククネ大統領嫌いな人が多かったのか」

というのはたぶん多くの日本人の謎としてあったと思う。


けど、韓国に住んでる日本人はみんなたぶん知っていて

やっぱりパククネ時代は税金がずいぶん高くなったんですよね。


例えばだけど韓国人はタバコをよくすうんだけど

昔は2300ウォンだったタバコがこれが4100ウォンとかに

なったわけです。


2倍近くにタバコ値上げしてぶち切れてた私の友人は多かったですね。

私も韓国にいたらスパスパ安く吸えますから良いと思っていたけど

そうじゃなくなったと。


ちなみに警察も強くなった。警察がやたら幅を利かすようにも

なった。パククネ時代にちょっと韓国が警察国家っぽい雰囲気になったんです。

アメリカのオバマ時代のように。



んで当時パククネ大統領ってのは日本式の政治が好きな人だから

そこで日本式の「福祉を充実させたいから税金を上げたい」ってやったんです。


これは韓国内の年間給与所得が3450万ウォン(300万円ちょっと)の人たちに

とって実質増税であるから


みんなぶち切れたんです。


パククネ大統領は大統領選挙で

「福祉拡充のための増税はしない」と言っていたんですけど

そこで「やっぱり増税します」とやりだしたので


「ふざけるな、選挙前と言ってること違うじゃないか」

と韓国民は怒ったっていうのを

私はソウルに長くいたから

よく知っている。


「中間層に対する税金爆弾だ」っていう批判がすごかったわけですね。

韓国人は面白くて税金を爆弾に例えますからね、

良い表現だと思う。


日本も消費税が10%になるけど

「消費税爆弾」と言えば分かりやすいと思いませんか。


そしてそんな中起こったのがセヲル号の事件で

これがまあもう鬱憤たまった韓国民の怒りに火をつけたのだろうと

思う。


だからといって今ムンジェイン大統領だけど彼がやはりすさまじい

増税をするようになったら

(韓国内の官僚に譲歩するようになったら)




やっぱりムンジェイン支持者たちもムンジェインを引き釣り下ろす

ってことを考えてるようです。


だから結局税金、カネのところが重要なんだけど

マレーシアでもそうで、やはり税金の文句を言う人はとても多い。


マレーシアの話になったときに私は「マレーシアは良い国だ」とか

言うけど


この前話した人は

「日本のお前はそういうけど

マレーシア人はみんなマレーシアが嫌いだ」

と言っていた(笑)


まあそれは言い過ぎかもしれないけど、根本的に

政府や官僚を信用していないってのはみんな一緒なんですね。


渋滞が起こっていればたいてい警察官が飲酒検問で

道ふさいでいて、そこで小遣い稼ぎしているって

マレーシア人は私に皮肉を込めて言うんだけど


そこでイライラしているのを感じる。


まあだからここでマレーシアでは野党でマハティールが今

支持されてきているってことでもある。


こうやって国家の横暴とか暴政とかがあると他国では

民衆が怒ってそこで


政府の暴走を止めるというメカニズムが機能するのを

私は自分の目で見てるのだけど


けど日本は違うのですね。


どんなに米国債にカネが流れていても、

社会保障が削減されてるのにもかかわらず

官僚や公務員の給与や権力が拡大しても


みんなそれを粛々と受け止めるわけで

そうなるとどんどん増長する。民衆は貧しくなる。



私はいつもこれについて考えさせられます。


バーゼル3なんてのは国家主権が日本にないようなもので

完全に日本の富みが海外に流れるだけなのに、


それをマスコミは一切批判もせずに官僚もリベートキックバックが

あるのかもしれないけど粛々とそれを受け止める。


そして日本民衆は、特に地方の人間は地場産業が破壊され

もっともっと貧しくなる。


GDP3位の国なのに。


なんとも考えさせられます。



それでこれから大きな流れとして

日本の銀行(主に地銀)は

これからアメリカと中国とヨーロッパに

カモられていくのがバーゼル3導入されるってことで


この数週間で決定されたといっても良いと思います。


働けども働けども人々の生活は楽にならず、

そしてその人々はなぜ日本はGDP3位の国で豊かな国なはずなのに

自分たちの生活は苦しいのか、分からない。


これは大きな上記のような構図があるからです。


そろそろ私たち民衆は奴隷のような状況を理解して

この状況を真剣に考えても良いと思いますね。


ちなみに理解しないといけないのは大体の民衆にとって

不利な流れ、例えばバーゼル3みたいのが導入される時

マスコミは「キレイゴト」を言う。


「リーマンショックのようなことが起こっても銀行が大丈夫なように

バーゼル3で自己資本規制を」とか報道するけど

嘘ですからね、だまされちゃいけない。


本当はただ米国債に日本人のカネ流すだけで

そこで官僚たちも結託してるんだろう。


それで大きくは最近報道されてる

「銀行員の転職希望急増、収益悪化でリストラ不安」という

流れは


これから日本の銀行がカモられていく

前兆の現象のようなものです。



いや~なんとも考えさせられる。

バーゼル3なんて名前が付いてるから分かりづらいけど

調べていけば何のことはなくて


BISというアメリカ金融界の支配下にある表向きヨーロッパの機関からの


「米国債買いなさい

というドル防衛のための命令書」


がバーゼル3の本質です。


こうやって簡単に書けば誰にでも分かることなのに


それを分からせたくないからバーゼル3で検索すると

よく分からない難解な文章が続くんですね。

これからの時代、こういうのを見破れる洞察力は大事だと思います。


そろそろ私たちは「カモからの卒業」を考えたほうがいいと思う。


カモというのは空を飛べない鳥かもしれないけど

奴隷のカモとして貧困母子家庭で生まれ育った私は

空を飛ぶ夢を見る。


飛べないカモもちょっと意識を変えれば

少しくらいは飛べるようになるかもしれない。
(実際に飛べるカモもいるらしい)



それではまた!



ゆう















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【塾生に総額2兆5000億円を本当に稼がせたあの男の

新案件です】



リップル678倍、ADA821倍など、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
仮想通貨業界で多くの実績を残した泉忠司が、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リップル・ADAを超えるICO情報を無料で提供するということです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/

(ページに書いてありますが既に上場が決定しているとのことですので
見てみる価値はありそうです。


また私ゆうも登録してみましたがLINEアットで

動画ベースの特典15個くらいを無料でもらえました。

個人的には100万円?の価値は普通にあるように思いましたが

LPには書いていないけど、それも無料でもらえるようでヤバかったです。

泉さんが資産500億円前後あるから太っ腹すぎます。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……489/10/)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






«  【日本の銀行(主に地銀)はこれからアメリカと中国とヨーロッパに カモられていくという話】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください