無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「どうでもいい芸能人の不倫報道」を マスコミが流し続ける狙いについて考える!】

2017 12月 26 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【「どうでもいい芸能人の不倫報道」を
マスコミが流し続ける狙いについて考える!】


どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!



さて、前号で

【マレーシアには民衆に尊敬されてる9人の王様がいる、という話】

を書きました。


これは何気に政治学の話ではすごい重要な

これらの日本の未来につながるかも?な大発見?じゃないかな

なんて個人的には思ってます。


読みやすいようにPDFにしました。


PDF【マレーシアには民衆に尊敬されてる9人の王様がいる、という話】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……anking.pdf



【マレーシアには相続ぜいも贈与,,税も住民税もなく
固定資,_産税は日本の10分の1くらいという話】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ia_tax.pdf





さて、それで今日は

【どうでもいい芸能人の不倫報道をマスコミが流し続ける
狙いについて考える!】


としました。


というのはネットなんかで日本のニュースサイトとか見ると

とにかく不倫のことばかり流してますよね。


私はマレーにいるから日本のテレビの状況は分からないけど

たぶんかなりの頻度で芸能人の不倫のことについてやってるのだと

思います。



ただ、最近だと太川さんという人と藤吉さんという人がいらっしゃったようで

すごいニュースになってるんだな~~と思ったわけですが

ただ私この太川さんって言う人とか藤好さんっていう人のこと知らないので

私からしたら

「知らないおじさんの知らない奥さんが知らない人と不倫してるらしい」

ということでして、


正直言うと「どうでもいいことだな」なんて思ったわけです。


ただ日本のテレビメディアはこういう報道が「目的あって」
好きなようだから

興味持ってる人もいるのかな?と思ってると

「もう芸能人の不倫とかほんとどーでもいい」という人が増えてきてる

わけですね。



ちなみにそれでもテレビや週刊誌はこの不倫報道とかそういうのを

ずっと続けるわけです。


だから文春とかあとは新潮というのがこの辺ですごい

積極的にやってるけど実際は売り上げ部数もきついと。

しかし、それでも民衆に人気がない、不倫報道、浮気報道を

しつこくやってるわけですね。


私はこのメルマガでベッキーのこととかが話題になってたとき

「ベッキーのこととかどうでもいい」とか書いていたわけですが


あれは序章で最近はもう色々な不倫報道が展開されてるわけです。


が、ベッキーのときに盛り上がっていた人々も

「どうせ知らない人たちのことだしな」と冷めてきてる

という現状がどうも出てきてるわけです。


しかしそれでも、2009年に小沢鳩山つぶしを行ってきたメディアたちは

連合してこの不倫騒動や浮気騒動について流したがります。


「その目的は何か?」について今一度今日考えて生きます!


というのは売り上げも上がらずその上民衆から人気もない、

そんなものを経済媒体のマスメディアなんかが連合して行うのは

確実に何か目的があるといえまして、


というのは本当に経済活動をしてる企業や媒体であれば

もうそうやって人気がなくなってきた、売れなくなってきた

となれば、手を引くはずなのです。経済合理性で。


しかしそうじゃない、ということは何かあるわけですね。


今日はその辺を考えて生きたいと思いますよね。


それで、実はこれは以前見ていただいてる方も多いと思うけど




【韓国で2016年に廃止された(不倫罪である)
「姦通(かんつう)罪」と 日本の過剰な不倫報道について考える!】



という号を流してます。



実はそこである程度もう書いてるのだけど

基本的にはこの流れだと私は見てるんですね。


たぶん、視点はずれていないと思う。


むしろ最近の人気がなくて大衆たちが「もう不倫報道とかええわ」

となってるところでも流し続けてる点からして

正しい分析だったと思ってます。


それで・・・以前見たかたもいらっしゃると思うけど

やはりこれは「姦通罪(かんつうざい)」について知っておかないと

最低限の知識がないと、

おそらくこのマスコミの不倫報道の異常さは気づけないんです。



だから今日はそれを引用して、その後

またどういう狙いか考えていきます。


それで韓国では姦通罪(かんつうざい)ってのがあったけど

去年廃止された。

しかしその姦通罪は実は「大日本帝国がオリジナル」なんですよ。


この辺を知ってると実は芸能人の不倫報道ってのは

芸能スキャンダルに見えて、非常に政治色を帯びてると分かるわけです。


9月に流した号ですが新しい読者含め見てない方も

多くいらっしゃるはずだから

まずは見てみましょう





9月23日のメルマガ

【韓国で2016年に廃止された(不倫罪である)
「姦通(かんつう)罪」と 日本の過剰な不倫報道について考える!】

から引用
=========================


さてさて、私は今日本におりまして、日本に帰ってきて

どのメディアでも


「不倫不倫!!」と不倫という言葉を大合唱しているので


なんというかすげえ国だな~なんて思ってですね、


それで今号を書こうと思いました。


というのが私が住んでるマレーシアなんかだと不倫って

概念はあんまないようで


イスラム教の人は一夫多妻制も一応OKだったりするので

日本でいう不倫は結局第2夫人になることだったりするんですよね。

いきなりぶっとんだ文章で恐縮ですけど。


だから面白くて、マレーシアの私のコンドミニアムのプールの前の

広場があって、そこに夜とかみんな集まって

イスラムの格好した人たちがのんびりしてるんだけど、


そこに女性を4人くらい引き連れた

イスラムの男の人とか結構見るんですね。


んで謎に中華系のはずなのに奥さん?っぽい女性が4人いる

男性もちょくちょく見ます。

(よく私はそういうところで1人の男性と4人の女性が

遊んでるような夜のプールで泳いでるんです。)



だから私は日常でそういう風景が結構普通だったりする国に

いたりしたから


日本で「不倫不倫!!」とマスコミが騒いでるのを見てですね、

まあ色々考えさせられるわけです。



それで私がよくこれまたよくいる韓国の話なんだけど

韓国では以前に「姦通(かんつう)罪」ってのがあったんです。


これはもうついほんと1年半前まであったんですよね。

ただ2016年の2月26日にこの姦通罪が憲法違反だということで

韓国には憲法裁判所というのがあるんだけど
(日本にはそういうの実質ないですよね)


そこでまあ不倫行為を処罰する

韓国の刑法241条ってのがこれ違憲だ

ってことで姦通罪(いわゆる不倫罪)が、廃止されたんです。



ちなみに私は韓国語も結構独学でかなり勉強して韓国の法律のことも

ちょっと知ってるんだけど


まあ日本では韓国のことよく分からない人たち、

住んだこともない人たちが色々言ってるけど


韓国の場合、まだ新しい国ながらも結構近代デモクラシーの考え方を

欧州から取り入れてまして、



んでそこで憲法裁判所ってのがあるわけです。


これは近代デモクラシーのルールの

「支配の上下関係」というのがですね



<法>⇒憲法⇒法律 の順番なんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<法>ってのは法律とは違いまして、人類が伝統的に

培ってきた民衆固有の価値観、例えば

為政者は民衆を苦しめてはいけません、苛酷な税金いけません

とかそういう価値観でして、難しいかもしれませんが

近代デモクラシーの自由主義とか民主主義をあわせた

自由民主主義の思想、と言い換えたら分かりやすいかもしれない。


それを元に憲法が作られてるわけですね。

これが<法>です。法律じゃないですよ。<法>です。

分けるために<>をつけてます。


だから<法>に違反してる憲法は無効という考え方が

近代デモクラシーの重要な考え方になる。


んでだから当然 憲法に違反してる法律はこれもまた無効

になるわけです。


また<法>に違反する憲法も法律も無効ですね。


んでさらに日本だと法律の下に条例というのがあるけど

その上位の法律や憲法に違反する条例ってのもこれ

当然無効です。


ちなみに日本ではよく「○○条例」ってのがあるけど

あれは内閣法制局ってところがその法律が憲法に違反しないか

一応憲法裁判所みたいに考えて判定してるんだけど


そこで「これは法律にできないよ、官僚の○○さん」みたいに

なるわけ。


そこで「じゃあ法律は憲法違反で無理だけど条例ならグレーゾーンで

いけるでしょ」ってことで条例ってのが出来てるんですね。


だから実質条例のほとんどが憲法違反なんです、実質は。


だから私たち日本人は近代デモクラシーを考える上でこの

支配順番、

<法>(思想等)⇒憲法⇒法律 を知らないといけない。

だからもし法律違反である、となっても

その法律が憲法に違反してるならば

それは無効ではないか、という議論にもなって裁判になったりするわけです。


んで、

この考え方が近代デモクラシーの基礎的考え方として

存在しておりまして、


韓国なんかではここで官僚たちはどの国でも

好き勝手法律を政治家操って作っていくものですから


だからここで民衆が「憲法裁判」ってのができるように

なっているわけです。


国家が変な法律を、憲法違反と思われる法律を作っていたら

それを憲法裁判所という司法に裁かせるわけです。


これは近代デモクラシーの3権分立思想から来るわけですね。


んで韓国で2016年の2月26日に判決が下されたのが

刑法第241条ってやつで


これは簡単に言うと

「不倫したやつ処罰すんで!逮捕したるで!」

っていう法律です。


これが韓国憲法のおそらく自由主義精神に違反する
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ってことで違憲ということで憲法裁判所が判決を下したんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

要するに、憲法というのは、近代デモクラシー=自由民主主義

とかの考え方だと


「為政者、特に行政(特に警察検察)ってのは暴走する。

だから3権分立も作って、そして憲法で為政者である行政を

がんじがらめにしてこいつら行政が好き勝手できないように

しましょう」


っていう思想から来るわけですね。


だから姦通(かんつう)罪というのは民衆同士が不倫をしたら

その現場に行政の警察官が乗り込んで逮捕するってことですから


それは行政が不要に民衆に圧力をかけて自由を奪っている

という考え方になるわけでして


韓国の憲法裁判所はあくまで自由民主主義の考え方として

姦通罪は廃止、としたわけです。



(重要なのは誰かが不倫しても別に

他の人の自由を侵害するわけではないわけで

それは当事者で解決してくれ、という話です。

世間一般で言われる「被害者のいない犯罪」ですよね。

これを警察なんかが踏み込むのは違憲である、と

韓国の憲法裁判所は判定を下したということ。)


この判断は近代デモクラシーを重視する

私は立派だと考える立場です。


だから今までの韓国、それこそつい1年半前の韓国って

不倫を例えば会社の家庭ある上司と部下の女の子がしていたと

するじゃないですか?


そしてこの2人がホテルに入った。


ここで本当にホテルに警察官が乗り込んでそこで

逮捕、っていうことが起こっていたんですね。


韓国のドラマなんかでもそういうシーンが時々

出てきていたと思います。


だから韓国では不倫というのは本当に逮捕されちゃいますから

みんなコソコソとばれないようにやっていたんだけど


ただそれでもどの国でも男と女のやることってのは

同じでありますから


そこで不倫で逮捕される人も多かったわけです。



ただここで民衆が怒って、それで憲法裁判所で

ついに2016年の2月にこの刑法241条の姦通罪規定は

違憲だってことで、それで姦通罪はなくなったわけです。


それでこのメルマガは投資を扱ってるメルマガだから

株のことも書かないといけないのだけど


この姦通罪、通称 不倫罪の廃止を受けて

大上昇した株がありまして


それが韓国のコン,ドームの製造会社のユニダスの株とか

その辺がまあ上昇しましてですね、


まあ要するに「姦通罪廃止=不倫は実質黙認・自由

=ホテルに行く=コン,ドーム使うよね」


っていうことでそれでまあ

このコン,ドーム株が急騰したわけですよ・・・(笑)


これも面白いですよね、けどそれが株。


さらに緊急ピルや妊娠検査キットなどを製造する

メーカーの株も急騰したわけでして


やはり思うのは「株式投資家って面白いな~」なんて

ところでこういうところにも勝機を見つけると。


ちなみに日本なんかの投資家も面白くて

北朝鮮のミサイルのJアラートが鳴ったらそこで

一気にショート入れてスキャルで取るっていう手法が


実は結構前流行してまして、もうメルマガに書いちゃったから

知られちゃったのでさすがに使えないと思ってますけど


まあほんと投資家のこういう習性は面白いな~と。

私は扇動されないで冷静にこうやって他の民衆とは違って

感情を殺して

分析して株買える投資家が偉いと思ってます。


んで韓国なんかでは不倫罪の姦通罪が廃止される


違憲だ、となってここで


コン、ドームのユニダスの株価が

ストップ高まで上昇して

株価は同日午後2時の時点では2800ウォンほどに

とどまっていたが、姦通罪の廃止が決定した直後に急伸し、

ストップ高の3120ウォンまで上がったって感じだったんです。



だからここで気づかないといけないのは

近代デモクラシーの考え方で行政の不必要な民衆への

統制、命令ってのがひとつ韓国ではなくなったんだけど


そこで新しい経済圏が作られたのは事実である

ということです。誰もこれを韓国人も言わないんですけどね。


私はこれを以前研究していて気づいた。


要するに行政が民衆同士の様々な情事に規制をしているんだけど

これが経済萎縮の原因にはなっているということでして。


まあそれで、韓国ではこの姦通罪が廃止されて

人々はある意味自由に?不倫はできる状況になったわけだけど

(ただもちろん相手の奥さんに民事で訴えられたりというのは

残っています。)


ここで警察の仕事もひとつ減った=国家行政の弱体化ということですね。

そして新しい経済圏が作られたというのは事実なんです。


韓国では警察ってのが日本と比べるとずいぶん弱いんだけど

だから路上音楽とかがすごいどこでも聞けるんだけど、


それはこの辺の事情によるものでして


法律ってのがまあ世界のどこでも警察、行政の力の源、利権

になってるんだけど


それが韓国の場合は最近は近代デモクラシー論理で

憲法裁判所が機能して、おかしな刑法を廃止して


それで警察とかの行政が肥大化するのを防いでいるという

政治構造の分析ができるわけです。


だから日本も本当はこの憲法裁判所を持たないといけないんですよね。

が民衆はなかなか憲法裁判所を持たせてもらえないわけでして。


もし憲法裁判所なんてあったら年金保険「料」での差し押さえなんて

当然年金法なんて 憲法違反ですから

そんなことも行政はできなくなるんだけど


日本の場合は行政がアジア一強いですから

(だからアジア一、実質の税率が高い。実質の税率は
GDPの中での特別会計+一般会計の純計総額で割り出せます)


最高の独裁国家状態、官僚公務員国家に最近なりつつありますから


憲法裁判所がないという問題についても日本の政治学者は

韓国の政治学者に負けないように考える必要があると

私は思うわけです。





それで、上記廃止された「姦通罪=不倫罪」なんだけど

これは日本にはないわけですよね?


これはだから日本では不倫しても

警察に逮捕されたりの刑事罰を食らうわけではないわけです。


ただ、最近マスコミがなぜ「ゲス不倫がどうのこうの」

「あの議員が不倫してどうのこうの」

とやたら報道するか?という狙いも私たちは考えないと

いけなくて


日本ではこれ、姦通罪はないわけですから、

そういう意味では日本の法律は

韓国より近代デモクラシーに沿った

法律ということですよね、不倫に関しては。


それは日本の現状よいところなんです。


が、日本の自由性を「制裁・縮小したい」人たちがいて

これはまさに「センテンススプリング」=文春の略語

という週刊誌

なんかがよくやってるけど


これは芸能人たちは日本は韓国のように姦通罪があるわけでもないのに

ここで「社会的制裁」を受けるわけです。

これを私刑、と言いますね、欧州の中世でよくされていた。


日本もだから欧州の中世状態と政治としては変わらない。


あくまでこれは当事者同士の民事の話であるわけだけど

まるで「刑事罰であるかのように」不倫というのが

日本で扱われてるという特徴を私は発見したわけです。


これは結構大きな発見?かなと思う。


さあ、じゃあこの発見、すなわち刑事罰のように

まさに韓国の姦通罪が日本にあるかのように

センテンススプリングの週刊誌がやたら振舞い

マスコミ総出で「制裁」を加える理由は

なんだろう?というと


やはりこれは行政力の肥大化ということで韓国の事例を見ると

分かるんですよね。


韓国の場合は恐ろしかったんですね、

だって2016年2月まで違憲判決が下される前は


それこそ興信所が奥さんと共同して不倫相手を

尾行してですね、


んで、ホテルに入ったら警察に連絡して

警察がホテルに踏み込んでそこで旦那や相手女性を

逮捕していたわけです。


当然旦那は公務員だとそこで職を失うし

何かしらの社会的制裁を受けるわけだ。


恐ろしいですよね~けどほんと1年半前まではそういうことが

時々あったと。


だから民衆同士の不倫なんて日本だとワイドショーネタだけど

これは2016年2月までは

韓国では刑事罰とかそういう話にもなるから


そこで行政が民衆の個人的な恋愛とかの領域まで

踏み込んでたってこと。


だから行政の肥大化が進むとこれ不倫してたら

そこに警察が踏み込むという以前の韓国のような状況になる

わけだけど


まるでマスコミはその状況に持っていこうと

しているかのごとくなんです。


これはゲス不倫といわれた川谷さんが

「みんなそんな俺たちのことにかまわないで

自分のことやりなよ」といって炎上したらしいけど


少なくとも近代デモクラシーの憲法とか法律の支配のことを

考えれば確かに彼の言うとおりでその通りであって


日本の場合は韓国のように姦通罪があって

刑罰があるわけでもないし、


それは他人の話ですから、大人2人でベッキーさんと

奥さんでなんとかしてください、という話なんです。


はっきり言うと私にもあの2人が何しようと全然関係ないし、

大多数の人も関係ないことでして。


が、ここでテレビとかマスコミは「まるで刑罰のように報道する」

わけですね。


そこで「姦通罪が存在するかのように社会的制裁を加える」わけだ。


そう、だから実は不倫報道というワイドショーネタのように

思えるけど、ここには行政の肥大化を狙う動きというのが

私には見える。


これがエスカレートすると、本当にまずは条例化とか

そういう話になってくるわけでして


韓国の姦通罪事例を見ると分かるけどそれに近い状況

というのが生まれる可能性は見えるんですよね。


んでこれをおそらく「笑う」人もいるでしょう。

「そんなのないよ~ はっはっは」と言うでしょう。


が、私はさらに人に媚びないで闘争してきた人間なんで

もっと根拠をそういう「常識人」にぶつけさせていただきますが


この韓国の憲法裁判所で近代デモクラシー思想に違反する

とされた


不倫を罪とする姦通罪という法律・・・



これは「どの国発祥か知ってますか」

ということなんです。


私が学校の先生だったらこういうことを教えたいんですけどね

今の日本ではこういうこともタブーになっている。



そう、実はこれは韓国で植民地統治されていたのが

1910年代だけど、


このとき1912年代にですね、当時大日本の植民地だった

朝鮮において「朝鮮刑事令」ってのがあったんです。


んでこれが当時の大日本帝国によって制定されたんだけど

それが元になって「姦通罪」ってのが今の韓国、

当時の朝鮮で出来たんですよ。


そうだから「韓国の姦通罪は戦前の日本から来ていた」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ってことです。
~~~~~~~~~~~~~~~

実は日本では、というか大日本帝国ですね、そのときは。

そのときは結婚相手以外と関係を持った女性や

その相手を2年以下の懲役にするっていうですね


「姦通罪」があったんです。


それで当時日本の植民地にあった朝鮮にもこの

「姦通罪」が出来たという流れです。


それで日本は敗戦しましたからそこで1947年にですね

GHQの日本国憲法が出来まして、これは

やはり近代デモクラシーを基礎とする憲法であるから


そこで「姦通罪ってさすがにまずいっしょ。

警察がそこまで市民生活に干渉するってのは


近代デモクラシーの自由主義、すなわち自由主義と民主主義の

自由主義に合致しない」ということで


これはまあ姦通罪ってのは廃止されたわけです。


これはマスコミなんかは「男女平等を定めた新憲法だったから

廃止されたという嘘」を言うけど


実際の憲法学を学んでる人間からしたら


「男女平等とかじゃなくて 為政者が民衆の私的情事に

刑罰を科すという思想は


これ「為政者を民衆がしばりつける」という

思想の近代デモクラシーと逆行する

ものだから廃止された」というのが正しい論理です。


んでこの当時の敗戦後の日本と、そして新しい韓国という国

これは官僚たちが実のところつながってるんだけど


これはみな知らないけど本当に日韓の官僚はつながってるんですよ。


これは私は韓国の商法とか、その辺を翻訳して勉強して

また友人の韓国人でめちゃくちゃ頭いい日本語ペラペラ

日本の新聞もすらすら読めるやついまして


そいつにも教えてもらったけど

「韓国の商法は日本の商法をぱくってるんだよ」

と教えてもらったことがあります。


んで色々聞いたら

「韓国の法律とかその辺は官僚たちがどうも日本の

官僚たちに学んでいて、そこで連携して法律を作ってきた

過去がどうもあるとしか思えない。そうではないと

ここまで一致がない。日本の官僚と韓国の官僚はつながってるよね」


と言っていました。


だからこれは韓国で「住民登録番号」というのがあるけど

これは韓国の官僚たちが行ったものだけど


そこで日本の官僚も韓国と同じく「マイナンバー」をやった

わけですけど


この2つは奇妙なくらい、似ているんだけど

実は私が色々勉強して各国の語学身に着けて気づいたのは


「ほうほう、どうやら日本と韓国の官僚は

お互い戦うようにして連携してるのだな」


ということですよね。


これはもっと調べていくと面白いんだけど今日はあまり

書かないけど、以前韓国の大統領していたパククネのお父さんは

日本名「高木正雄」さんなんです。


大日本帝国の軍人だったのが、パククネ前大統領のお父さん。


だからまあ世の中闇が深いんだ。

だから韓国の人らが大日本帝国の高木さんの末裔の

パク大統領を引き釣りおろして、同時に大日本帝国の姦通罪を

廃止した、というのは大きく政治思想の流れとして捉える必要がある


んで、以前これは書いたことがあるから

今日はこの辺書かないけど、


当時 大日本ではこれ姦通罪ってのがあって

懲役2年としていたんです。


ただこれは「近代デモクラシーの思想からしておかしいから

廃止」されたわけです、本当のところは。


民間人が不倫だのなんだのいちゃついていて

そこに行政の警察が入ってくるのはおかしいでしょ、

という思想です。


ただじゃあなぜ当時「男女平等に反するから」という

嘘の理由が言われたのかということだけど


韓国の事例も見ると分かるんだけど

韓国も一応近代デモクラシーをアメリカに習って

導入した。


けどここで「男女平等に反しないように女性だけじゃなくて

男性も処罰対象にすれば姦通罪は残せるよね」


という経緯で韓国には姦通罪が残ったというのが

どうも正しい。


だから韓国の官僚たちも悪くて、日本で姦通罪が廃止されたのは

近代デモクラシー思想から外れるからなんだけど


そこで「男女平等思想からしたらおかしいから」と

理由をねじまげて


当時の大日本帝国時代から来る

姦通罪を朝鮮で韓国で、残したってことですね。


ここで当時の韓国の官僚たちはどうも利権死守した

という歴史があるようだ、ということです。


ただこれは最近の韓国が近代デモクラシー思想を教えてる

学者が増えてきていて、だからその影響もあって

行政が弱体化して民衆が強くなってきた流れで


姦通罪が廃止されたということでして

私はこの流れは良いことだろうと思ってます。



んで重要なのが「その韓国で廃止された

姦通罪=いわゆる不倫罪」ってのはこれ


「大日本帝国思想からきている」ってことなんですね。


んで面白いことに今の近代デモクラシーを破壊しようとする

官僚機構たちだったりこの官僚機構と利権をともにする

週刊誌やマスコミたちが


必死に「不倫はだめだ不倫はだめだ!」とやるのは

これどうも不思議であると。



日本では姦通罪は確かに1947年に死んだ法律であるはずなのに

なぜかマスコミが「社会的制裁」を加えるような形で


刑罰ではないけど社会罰ということで

それが復活してきてるような印象を私は受けるわけですね。


だから実はこの「不倫不倫!」とみんなが楽しくおかしく

騒いでるけども


憲法や法律の観点からすると、これはどうも

おかしな動きであるって話で


姦通罪復活はしばらくはないとは私も思うのだけど


今の感じだと芸能人たちは刑事罰はないものの、

社会的制裁をマスコミによって

加えられる流れが作られてるわけだから


実際の話は準姦通罪みたいな感じで社会に処罰されてる

と見えるんですね。


ゲスもベッキーもそうであって、ベッキーなんて

あの人その後仕事なかったわけじゃないですか。


刑事罰になったわけじゃないけどマスコミの「社会的制裁」

で実質刑事罰を課せられたに等しい。

となると日本の司法は裁判所になく、「マスコミが司法だ」

ということになる。これは問題です。



そして、日本で

この姦通罪が廃止された背景ってのは

日本国憲法が施行されてですね、


んで「近代デモクラシーってのは為政者を民衆が

しばりつけるものだから


そこで為政者が民衆の自由行動、それは恋愛分野においても

しばりつける姦通罪なんてのは許しません」


ってのが背景なんだけど


どうもこれを骨抜きにしようという大きな思惑は

今までの姦通罪の流れを日韓で比較してみると、

感じ取れますよね。



だから私が思うのは韓国の姦通罪というのは

まさに近代デモクラシーが存在しなかった


大日本帝国時代にですね、これ日本にも存在したもので

そのあと日本は敗戦してこの姦通罪は消滅したけども


それは刻々と、韓国で数十年間生き続けたわけでして


韓国ではこの不倫罪、姦通罪ってのは廃止になったけど


けどもまたこの官僚公務員天国であった大日本帝国時代の

姦通罪に準じる動きというのが


(韓国で姦通罪が廃止される時期と前後して偶然にも)

日本にも出てきているという動きですね、


これはちょっとみんな姦通罪の成り立ちを調べて

考えたほうがいいと思いました。


これを書くと「あなたは不倫を肯定するのですか」

と言われると思うんだけど


少なくとも私の考え方としては


「大の大人なんだからそんなのは周りの自由を

侵害しない程度で自由にやればいい。


けどそこで相手の人に損害を与えたときは

民事裁判で当事者たちがなんとかすればいいでしょ」


という考え方になります。



それよりももっとも恐ろしいことは

「不倫を肯定するのですか」という意見がおそらく

日本では9割以上です。


んでこれが「世論」となるわけだけど

じゃあその「世論」を作ってるのは誰か?といえば

この「テレビや週刊誌の視聴者本人」ではない。


あくまでも彼、彼女らはマスコミが提供する

芸能人の写真や映像を見せられて、そこで

色々なコメンテーターに意見を誘導され、


「不倫って最低だわ。社会的制裁を!」

と認識を強めてるだけであって


これははっきりいえば洗脳されているだけだ。


実はこれがプロパガンダの方法です。世論というのは元から

あるものではなく、近代デモクラシーがない国においては

為政者が作り上げるものです。


ただそれが実際の「世論」となるわけでして、

となるとここで「世論」ができるならば


「私が官僚であったならば」

準姦通罪みたいなそういうものを

作りますよね、当然。


だってそうすれば行政の警察の権限強化できるし

韓国がそうであったみたいに警察に民衆の情事まで

取り締まらせることができるのですから。


「社会統制」を進められると考えます、私が官僚サイドの立場ならば。



特に姦通罪はこれ昔の官僚独裁の日本から来てるもんですから

意外に馬鹿にできない話だと思います。


ただこのマスコミが作る流れに関しては

「どうも不倫報道ばかりおかしいぞ」と

思う人がかなり最近の日本に

増えているわけでして


単純にみんな「なんでだろう?」と考えてるのだけど

私は官僚たちの思考は見えますから


彼らの思考をみるためには姦通罪を

各国の情勢を政治哲学を利用して比較して調べてみれば

上記のようにすぐ分かります。


彼らの暗記しかできない思考は

ワンパターンですから、すぐ読める。


だから今の韓国の姦通罪廃止の動きと

一方近代デモクラシーから離れようとする

官僚公務員独裁国家になりつつある日本の、


姦通罪という言葉は出ないけども

不倫報道を過剰にして不倫を罰しようとする


準姦通罪のような動き、


これは比較していくと色々日本の官僚たちの

思惑ってのはこれ読み取れるわけです。



というのが一番上にも書いたけども

私がいるマレーシアとかだと、


日本に昔あったような

姦通罪とかってあまり人々は聞かない話であるだろう


と思いまして、


一夫多妻制がイスラムではありますからね、

姦通罪とか不倫というのであれば


第2夫人、という話になっちゃいますから、


だから日本ほどどうもイスラムの人は不倫に対しては

ナーバスになっていないんだと思います。


ちなみにもう少し言うと、日本の一夫一婦制度の苦しみ

ってのがやはりあるんです。


これはタブーなんでしょうけども、やはりそれを

次の世代は考えないといけなくて、


これは副島先生なんかがよくセミナーで言うんです。


副島先生は女の子と浮気したら奥さんが激切れ

しちゃったらしくて修羅場だったそうだけど・・・(笑)


だから副島先生は「一夫一婦制度が人間の苦しみを増長させてる」

と言うんですね。


これは会場がみんな笑うんですけどね。


んでフェミニストの会員がぶちきれるみたいな。


私はこれ笑っちゃうんです、すみませんけど。


んで私もこれを女性によく言うとですね、まあほんと

みんな怒るんですよ。怖い。

「男は勝手だよね!」なんていう。

女性は感情的な時は誰よりも怖いです。



ただ歴史を見てみるとこれ日本というのは

元から一夫一婦制度ではなく


大奥なんかでも知られてるけどやはり一夫多妻制度に

近いところはあったわけでして


それが「悪しき」明治維新があったわけですよ。

そのころから実は今の日本人を苦しめる官僚機構が

本格的に誕生しています。


ここで一夫一婦制度ってのをキリスト教カトリックの思想を

取り入れて日本も取り入れちゃってる歴史はあって


それが今の一夫一婦制度だ。


ここで一夫一婦制度なんかを基礎として上記の姦通罪とかの

話にもなってそれは朝鮮にも波及して戦後も

韓国に姦通罪が残ってるわけですけども、


もともとこの一夫一婦制度というのは

キリスト教カトリックとかの考え方であって


日本古来の伝統的な婚姻スタイルってわけではないです。


それでこの一夫一婦制度ってのはうまく回っているときは

良かったけど


今なんかは未婚のアラサー女子たちが多くいるわけで

ここで結婚できない!と婚活で欝になってるような子達も

沢山いるわけです。



「よいと思った男には妻や彼女がいる」となるわけで。


んで男としても 女を養ってやりたい力になりたいと

思ってもこれは一夫一妻であるから、


そこで女に関しては「なんとか他の人とやってくれ

ごめんな」

となるわけで、


女を泣かすことになるわけでここで泣いてる女と男

この大きな事象というのが社会のあらゆるところで

出てきてしまってるわけですが、これは明治以来の

一夫一妻という制度を堅持するというのが官僚たちの

思惑としてありますから


この結婚できず悲しむ女たちの存在は今社会で無視されてる。


が、さすがに無視できなくなってきているという

事情もあります。



私も「結婚したいけど結婚できない」と嘆いてる

30代前後の女性を何人も見てきたけど


この辺を社会制度としてどうするか?というのは

「議論することさえタブー」になってるんです。


だから私がこういうこと書くと沢山色々言ってくる人たちが

いるけど、そうやって議論ができない空気空間というのが

私は怖いと思ったりします。それこそファシズムだ。


なぜならばその「空気」は為政者や官僚たちが

報道を使って最近は作り出すから。


また私はもう何でも憲法21条の

言論表現の自由を武器に書くと決めてますが


1集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、
これを保障する。

2検閲は、これをしてはならない。
通信の秘密は、これを侵してはならない。


これを元に書くけども、


官僚たちは一夫一妻制度という制度を堅持したいと

思っているわけであって


それは彼らがやたら持ち上げる明治維新以降

それが日本に一時的に根付いたものだから


彼らもそれを堅持したいんだろうけど


私は海外の事例を結構研究してみたことがあるんだけど


海外の一夫多妻制、もしくは別に男女平等というなら

私は多夫一妻でも多夫多妻制でも議論すればいいと思うけど

(これならフェミニストの人も文句ないでしょう)



やはりイスラムだと一夫多妻制が多いわけです。


んで日本では「少子化問題」というのが議論はされてるけど

誰も怖がってびびって本質を言わないけど


実は多くの一夫多妻制を導入している国の出生率を

調べてみるべきなんです。


私はこれを一国づつ調べたりするけど

一夫多妻制度の国の出生率たるや平均的にすごい高いんです。



これをだーれもびびって、「少子化問題」として

言わないけども


これは一夫多妻制度導入国と出生率の相関を調べればいいだけ

なんだけど


これを調べると明確に一夫一婦制度は少子化を促進する

性質があると分かるんだけども


これをだーれも言いません。これは怖いからですけども。


が、それだと「為政者をけん制する憲法21条の言論表現の自由」

は機能しなくなるのです。


だからタブーはあってはならず、この辺はやはり

日本人がみなで考えて議論すべき時なのだろうと思います。


日本人はカトリック教徒ではない。

私も無宗教であるけどなぜカトリック教徒でない

日本人が一夫一婦制度で苦しんでいるのかとよく考える。




そしてすなわち不倫というのは

官僚たちの推進する一夫一婦制度への挑戦でありますから

だから問題になるのだろうけど


そこでその一夫一婦制度を破った芸能人とかが

血祭りにあげられるわけだけど


そもそもこの一夫一婦制度そのものが

情事好きな日本民族に適合している社会制度なのか?


ということですよね。


これを誰も言わないけど考えるのは大事だと思います。


江戸時代なんかは夜,,這い制度というのがあった。

赤松という人が研究して夜,,這いの民俗学ということで

発表していたけど


当時この日本の村で「出来ちゃった婚」でできた子供を

村全体で育てていたとか、こういうのが日本の本当の実態として

あったんだろうけど


それらの歴史って明治以降に官僚たちの思惑で

「なかったこと」にされて


そして官僚たちが良くわからないキリスト教カトリックの

価値観を日本に持ち込んだけどそれで苦しんでるのが


多くの日本の民衆の本当の姿ではないかと私は思うわけです。


そして過去人類史上もっとも偉大なニーチェという哲学家が

戦っていのがまさに

そのキリスト教カトリックの偽善であっただろうと思います。


「一夫一婦なんだから男と女は死ぬまで愛しましょう」


と言うけども。


もう男と女なんてのはこれ10年経ったらまあ

なあなあになることが多いわけであって

奥さんなんかは旦那のパンツでさえ洗いたくなくなるわけです。


もちろん愛し合ってる素晴らしいカップルもいるんだけども。


ただ現実はなかなか男と女ってのはそう理想的にいかないよね

ってのがあるわけですが


これを社会制度は一切関係なくやるわけです。


だからこの一夫一婦制度自体が

そもそもキリスト教カトリックだけど

大変大きな偽善=一生その男女は愛し合うのが普通

という価値観に基づいてるけど、


それが果たして日本民族の習俗として合ってるのか?

というのは誰も言わないけども

考える必要があると思いますよね。



ただですね、私がこういう話すると女性は

阿修羅のように怒るんですよ。

怖い話で。


男ってのは弱い生き物だな~と自分でその阿修羅のように怒る

女性に圧倒される自分を見て思いますけども

(そして男ってのはなぜ相手が怒ってるのか実はよく分かってない。)



まあけど一夫一婦制度で苦しむ女たちも多くいるってのは

これ無視されてるわけです。


「好きな彼氏には彼女(妻)がいた」という

悲哀が今も若者にも

おっさんおばはんにもあるわけでして。


が、これを政治は考慮しないで見てみぬふりしてるよねと。


だからニーチェのすごさというのもあって

ニーチェは数百年前から「人類の苦しみの根源には

キリスト教カトリックの欺瞞、偽善がある」

っていうことを言っていたわけだけど


それ今の日本じゃんと。


これはだーれも言わないし副島先生くらいしか言わないんだけど

けどもそろそろ考えてもよさそうだと思います。


そして姦通罪も不倫報道も考えていくとこの

キリスト教カトリック的価値観に行き着くわけでして


そしてそこの思想を根拠に権限拡大している官僚機構という

大きな枠組みは見えてくるわけです。


だから「少子化対策」とか言いますけど

だったらめちゃくちゃ出生率高い国の婚姻形態を

調べて検証すればいいだけですよ。


したら「あれ、一夫一婦制度の国はかなり多くの国が

一夫多妻制度の国と比べると最近衰退しちゃってるな。

これ相関はないんだろうか」

という仮説をどうしても考えないといけないわけでして


それを議論するというすさまじい社会的議論に行き着くんだけど

それを怖がって 表面上の対策しかしないから

なーんも解決しないわけでして


日本はこれ子供がいなければ当然国力は落ちて

貧困化は進むわけでして。



んで私が思うのは単純に選択できればいいんだと思いますよね。


これはマレーシアなんかは大体が一夫一婦なんだけど

インドネシアもそうだろうけど


ただそこで一夫多妻制度やる人もいるわけで。


これは別に選択できるならいいと私は思うんですけどね。

逆に国家が婚姻制度を「強制する」というのはやはり

近代デモクラシーの考え方からしても問題が生じるのだろう


と思います。


だって民間の家族形態、情事まで国家が乗り出すわけでして

それは近代デモクラシーの「国家行政がさまざまな民衆の自由を

しばりつけるから、憲法で行政をしばりつける」


という思想から逆行してます。


だから普通に民衆やそれぞれのカップルが

「選択」できるようにすればいいと

私は考えます。

欧州ではそういう制度を取り入れる国も出てきていて


多夫多妻制度を実質やってる人らも出てきてるし。


ただここで選択論を出されると一番困る人たちがいて

だから一夫一婦制度と一夫多妻どっちがいいのか?と戦わせる

わけだけど第三軸として「選択制はだめなの」というのも必要なわけです。


んでここで「いーや、国家が民衆の行動のすみずみまで

監視して管理して定めないといけないのだ」


というのがネットウヨたちの思想です。

このネットウヨは大体40代以上のおじさんです。

若い人も中にはいるけどどうも高齢者たちです。



ただこの

「いーや、国家が民衆の行動のすみずみまで

監視して管理して定めないといけないのだ」


というのは明確に自由主義と民主主義の合体した

自由民主主義の、近代デモクラシーの思想には反するわけで


だから彼らはちゃんと自分を国家社会主義者だ、と

名乗らないといけない。自白しないといけない。

思想はそうなのだから。


だから今もこの不倫問題とかにおいて背景にあるのが

やはり国家社会主義を進めたい人らと


近代デモクラシーの考え方でその辺はもう民衆で自由にして

問題が起こったら民事でけりつけさせなよ、


っていう立場の戦いはあるんでしょう。


私は立場としては後者ですね。


だからこの不倫報道とか姦通罪とかってのは

ワイドショーネタのように見えてまあ深い問題だ


という話です。


んで日本で今のように不倫とかおよび姦通のことが

問題になる前、まさに一夫一婦制度というカトリック思想が

導入される前の


江戸時代あたりの村の民俗習俗に関しては

文献として



夜,,,這,いの民俗学・夜這いの性.愛論
(赤松啓介著)

ってのがあります。


..とかの句読点はなんか最近メルマガ検閲がされてるので

入れてるだけなんだけど句読点抜かして検索すれば


アマゾンとかでも読めます。


こういうのを読んで日本古来の官僚機構が導入される前の

日本民族がとっていた婚姻制度というか

婚姻習俗に関しては 学校じゃ絶対教えてくれないけど


学んだほうがいいと思いますね。


そこで今は行政やその行政と癒着するマスコミや週刊誌が

すさまじく強いから


これらの議論はタブー化され、封印されてるけど


おそらく韓国でも姦通罪が去年廃止されたからそういう

議論がいずれ出てくるだろうし


日本も暴走する行政権力を数十年後弱体化させられれば

こういった議論が出てくるはずだから


今のうちに読んでおくといいと思いました。


それで最後に書くと韓国人たちが姦通罪に怒ったのは

要するに


「行政が民衆の自由な市民生活に介入するのはおかしいだろ、

それは行政の肥大化を阻止するという名目の

近代デモクラシーの思想からしたらおかしいよ」


ってところなんです。


これは、行政の思惑に沿って週刊誌にのせられて

不倫芸能人を一斉バッシングする人たちが多い

「欧州中世レベルの私刑が行われてる」日本では

受け入れられないものだろうと思いますが


やはり日本以外のアジア国は最近近代デモクラシー思想を

理解してそれで経済発展しているのは事実であるから


この辺の近代デモクラシー思想を私たちも

投資家として知る必要はあるのかなって思いますね。



それで最後に投資の考え方に戻りますが

こういう近代デモクラシーの思想が社会のあらゆるところで

しみこんでる社会、これが結局


近代デモクラシー体制では必須になる資本主義体制

を発展させるわけです。


(※政治における近代デモクラシー体制と、

共産主義的経済は両立しません。


これが今の日本の左派「リベラル」の人たちが薄々気づいてる

矛盾です。リベラルと左派は本来両立しない。

自由と平等とは両立しない対立概念であるから。)



んでそういった基盤があって、資本主義、純度の高い

資本主義が近代デモクラシーを基礎とする社会のうえで

成立して


そこで

爆発的な経済発展が起こるということです。


この辺を考えるのは大事かな~って私は思いますね。

少なくとも今の日本の

マスコミたちの扇動する不倫報道に乗せられて

1人の個人を集団リ、ンチして私刑にする社会では


経済発展は見込めないのでこの辺の基礎を作り上げる必要が

考える必要があると私は考えます。

それではまた!


============================



以上です!

それでこれを数ヶ月前に書いたのだけど、

いまだに日本のメディアにおいてこの不倫騒動のニュース扇動は

続いてるわけです。



ずばり言いますと、

おそらくだけど、おそらく不貞とか不倫とかもしくは

浮気まで、徐々に年数をかけて官僚たちは条例化しようとしてる。


私は言論をする人間だから

それをいち早く見破り日本の方々がさらに

追い込まれないように

言葉にして楔を打たねばならない。


官僚たちに警告だけども

この件において条例化なりで

警察に取り締まらせるというのは画策してるのは

もう気づいてる人は気づいてる。


生活保護の縮小のときに行われたマスコミ連動してでの

河本さんのときのスキームと一緒です。

当時は厚生労働省系の官僚が扇動スキームを作っただろうけど

おそらく韓国の姦通罪の件を見るに今回は警察官僚でしょうか。




しかし人々は最近「不倫報道とか誰が不倫しようが自分には関係ない。

どうでもいい。そんなの関係ない。」


と思ってきてるからこの不倫報道の扇動は失敗である。


小島よしおさんの「そんなの関係ねー」が数年前に

大人には面白くないのに流行したのは

実は彼が社会の大きな不満や流れを捉えていたからだろうと今思う。


お笑いとかでも何か1つのよく分からないもの、が流行してるとき

それは何かの社会情勢が基盤にあったりする。

最近のにゃんこスターなんかもそれだと思いますね。

(ちなみに両者とも早稲田でありまして

私は思想が分かるんだけど、それを狙ってるでしょう。)



それで

官僚たちが望む大日本帝国時代の以前と違うことがある。


それはもうネットの時代であってそう簡単には情報統制が進まない。

北朝鮮みたいに海外からの情報を遮断できるか?といえば

それは日本の国家体制上できません。

(したら、これはさすがにヤバい国だろ、

と、一気に日本の民衆は気づき騒ぐ)




それで思い出して欲しいのが

生活保護削減のニューズです。


しかし、この生活保護削減ニューズが出るまでに相当巧妙な

マスメディアを使ったプロパガンダが

展開されてました。


そうです、芸人の河本さんが生活保護の件で

不正だ不正だ、

となって、

官僚の配下のマスコミやネットウヨたちがこれを

扇動した。



しかし、彼らいわく不正なんだそうですが

当時それは「不法」ではなかったわけです。


これが大事、そのマスコミが取り上げる

芸能人関係のニューズは


「その行為が「憲法に矛盾してない法律」において
違法なのか?どうか?」

です。




河本さんは実際に逮捕されてませんが


しかしマスコミなんかが

不正だ不正だ、とまるで扇動するかのごとく

やった。



そして、民衆はまんまと乗せられた(洗脳された)のだけど、

そこで「洗脳された世論が形成されて」

官僚たちは


「それでしたら私たち立派な

国家様が生活保護を削減しましょう!」



とやったわけです。


それはついこの前ニュースになりましたね。

生活保護削減と。


私はもうこの河本さんの件はメルマガで当時扱ってたけどそこで

「ダマされるな」と書いてたけど故意に無視されてた。

結局

今月の生活保護削減までつながった。



さて、それでこの



1マスメディアを使って洗脳して、

2洗脳世論を作って


3それができたら
法律か条例化するというスキーム、




これは官僚とかマスコミや

あとは電通なんかも絡むのだろうけど

まあ彼らの戦略は、ワンパターンですよね。


そして不倫報道をやたら展開するということは

できれば法律化してそれを

取り締まりたい、



もしくは法律にすると

内閣法制局で憲法に合致しておらず

立法が難しいとなれば


次は憲法違反でもいける

「裏技である条例」化して取り締まりたい


という官僚の野心が見えてくる。






すなわち

社会統制 を進めたい、

ということだ。


官僚たちが進めたいのが金融統制、
及び社会統制であります。


それでこのやたらしつこい不倫報道は

大日本帝国時代の姦通罪、

のような社会統制を意図してるのは明白だけども


おそらく彼らは数年かけてそれを条例化したり

法律化したりしたいのでしょう。




このシナリオに早くから気づく必要があります。


大日本帝国時代のように姦通罪で不倫やら浮気で

これ警察が出てきて以前の韓国のように逮捕となれば怖い社会です。

既婚者はおちおちと異性と話せなくなる。

余計社会はギスギスする。


「最近の不倫報道とかどうでもよくね?」




という民衆の、本当の実感から来る感想というのは

大きくはこの不自然さをなんとなしに

みんな感じ取ってるわけです。



そしてこれは放置してると

生活保護削減のように


いよいよ怪物の行政が動き出す危険性があるし、誰も興味なく、

週刊誌の売り上げもみな飽き飽きして下がってるのにそれでも

そこに扇動のためのコストをかけてるのであるから、



ということはこれはプロパガンダコストを回収するために

生活保護削減の時と同じように、

条例化なり法律化を考えるのが行政だ。



だから事前にこの動きを人々が知るのは大事だ、

と私は思ってます



ただ官僚たちはとにかく上記

大日本帝国時代みたいに民衆の生活を、社会を統制したい。

絶大な力を得られるから。



その彼らの腐った野心を見抜くのが大事でありまして


その意味ではこの不倫報道に熱を入れて

不倫けしからん、なんて誘導されてる人は

まさに知らず知らずのうちに

国家の扇動に加わるメンバーになってしまってる。



なぜ、多くの人がどうでもいい
と考えてる不倫報道やら浮気報道を
ここまで執拗に

マスコミに流させてるのか??

というのは理由があるわけですね。

ただもう最近はネットの発達で


「こんな不倫報道とか浮気報道とか
どーでもいーよな」

という人が大多数をしめてきてるわけで
昔ほど扇動がうまく行ってないのも注目です。


奇しくもアメリカでトランプ大統領が現れ、

官僚が利権維持のために必要な在日米軍基地を撤退したがってるわけで


官僚の利権がこれから剥がされていく流れだけど

その中で、彼らの扇動もまた今までのように

うまくいかなくなってるのは興味深いですね。



さあ官僚たちはマスコミでプロパガンダを行なって今までのように

不倫報道や浮気報道を使って社会統制を

進められるだろうか?



注目です。



ほんと他人の浮気とか不倫報道とか

どーでもいいですからね。


私たちにとっては仮想通貨やICOやFXやNYダウの

値動きのほうが大事だったりする。



それで、日本の警察国家化は深刻です。

行政の肥大化がこの数年すごい勢いで進んでいる。


これを進めてはいけないと思いまして、


その警察国家化のために

最近は芸能人の不倫騒動さえも

利用されるようになってきてるから


私たちは騙されないようにするべきだと思いました。


それでは!

ゆう







追伸・・・

ちなみに大御所の芸能レポーターの井上さんが
太川・藤吉夫妻の不倫騒動に関して

「不倫報道に飽きている」と告白して

「正直どうでもいい」とまで言った。

が重要です。



すなわち芸能界を使ってでの

不自然なまでの扇動を彼は長年の職業人の勘で

気づいてるはずだ。



また太川さんが奥さんにかなり寛容であったことをうけて、

みんな
「うん、ほんとどーでもいーよな」
と思ってわけで

それは太川さんが世間の情勢をよく理解していたと思う。


ただマスメディアを通じてこの扇動を最終的には

社会統制につなげたい勢力からすれば

もっと旦那に怒ってもらわないと困るわけですね。



だからネットでは太川さんの寛容さに違和感とか、

逆に不倫されてる旦那を叩く姿勢な訳です。


夫があそこまで寛容なら民衆も

「不倫報道とかもうほんとどーでもいーよな」

ということまで繋がるわけですから。


だから不思議なことに

不倫報道の会見で夫の太川さんが叩かれてる不自然さを私は感じる。


官僚たちも広告代理店たちも

その大株主であるアメリカの大資本らも官僚たちも

イラついてることでしょう。


どうもこの不自然なまでの不倫報道、扇動は
政治的であり


最終的には条例化なりをしてでの

社会統制を狙うものであると分析できるから


日本の人々は自由主義思想が踏みにじられないように

きをつける必要がありますね。



近年の特徴として、

行政の暴走が芸能人利用なまでつながってきてるということですね。


ここでいよいよ大日本帝国時代にあった

姦通罪に通じる条例なり、法律なりを作成しようという

動きになるわけです。


それは憲法違反だけども。

明らかに常軌を逸した不倫報道であるけど

その「裏」には何があるのか?


を考えるのも大事ですね。


それでは!



ゆう




~~~~~~~~~~~~~~憲法を覚えよう~~~~~~~~~~~~~~

第二十一条
①集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
②検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください