無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【なぜアメリカ金融界のCMEはビットコインの先物上場を ここまで遅らせたのか? について考える!】

2017 12月 19 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



【なぜアメリカ金融界のCMEはビットコインの先物上場を
ここまで遅らせたのか? について考える!】
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!


さてさて、この数日以下の内容のメルマガを流しました。

大きな世界の流れの中で暗号通貨の間でも


アメリカ帝国覇権 VS 新しいBRCIS多極的覇権


の戦い、金融戦争が起こっているという見かたですね。


んでやはりビットコインキャッシュなんかはこれ書いたときは

20万円でしたが今日は26万円まで上がったのは事実なので

といってもいつか暴落する感じもしますが

こういう大きな流れを勉強しておくといいかもしれません。



【石油決済通貨がドルから⇒中国ロシア主導の
暗号通貨になる世界の流れを考える!】
http://fxgod.net/pdf/mailmagaz……_crypt.pdf

【2018年に激化しそうなビットコインキャッシュ
VSビットコインの戦いについて考える!】
http://fxgod.net/pdf/mailmagaz……vs_bit.pdf



さて、それで・・・アメリカのCME先物にビットコインが上場と

なりましたが、

意外に世間で予測されて言われてたほどの暴落はまだ来ていない

という感じです。


それで、この見かたは個人的に仮説としてかなり

注目してるのだけど


どうもビットコインをNY先物に上場させるのをここまで

遅らせた目的というのはありそうですね。


編集後記で考えて見ます!








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   【超注目FX案件です!】

これ私ゆうが入ってるFX塾でして、

年間1億5000万円ほどFXで稼ぐ億トレーダーの案件です!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

彼は日本で唯一の

「ビットコインの暴落を3回も予言的中させた億トレーダー」です。


今回彼から読者さんに49万円相当のクリスマスプレゼントです!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【仮想通貨系案件です!】


【1年で2億円】言われたとおりにやれば稼げます!?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あなたは何もしなくても、

指示を待っているだけで・・・

半年で30万円が1000万円、
1年間で100万円が2億円になった方法です。

⇒  http://dc-afi.com/lp/16326/813918





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






==========編集後記===========

さてさて、12月は大きなイベントがありましたね~

それは12月10日からアメリカの2つの取引所で

ビットコインが対ドル為替の先物で上場したことです。


この動きはかなり多くのトレーダーが警戒していた動きだったと

思いますが、


蓋を開けてみたら、意外に大した暴落はまだ、来ていませんね。

(といってもいつ来るか分からないのが暴落だから

常に暴落想定は大事かと)




ちなみにこれは数日前に書いている内容ですけど


以下の内容を配信してましたが


このシナリオはやっぱり無視できないなと。


(2日前のメルマガより)

======================


ちなみに田中宇さんが書いていたこととして
注目だったのは
ビットコインが日本時間だと明日ですね
19日8時にCMEに上場すると。

んで、ここで意外に前回の上場と同じで安定するのか
暴落になるのかは
誰もわからないけど、

暴落なら分かりやすくチャート読める人なら逃げられるだろうけど、

一方、

田中宇氏なんかはもしここで意外に安定した場合、

あえてCMEが上場した意図は
ビットコインが他の小さめのヘッジファンド筋が売り崩させないために

ここまで先物上場を遅らせた、という判断になる、
とも言ってましたよね。

ここは短期的に私が見てる点で、

すなわちビットコインの時価総額が
1兆円もなければ売り崩してチャート動かせるんですね、
ある程度の金持ちだと。


ただ、いまはビットコインの時価総額が4000億ドルまで
膨れたのを見て上場させてますが

ここではあまり簡単に売り崩せない規模にはなっていると。

すなわちNY金融界の手下というかそのものがCMEなんだけども、
こいつらはビットコインに資金振り分けさせることで

ドル防衛したいという意図があるわけですね。

有事の金、というけどドルの信頼が失われて
ドルの敵である金にマネーが流れていったのが

リーマンショック以来のこの10年の流れです。

もしこのまま金にマネーが流れればドルは終わります。
具体的には金ドル価格が1500.1600ドル2000ドル突破とつけたらドルは終わる。

ここでまさに金が勢いを見せてきた頃に
ビットコインが明確に出てきた。



だからビットコインにポートフォリオ資金を流してると思われまして、
そこでビットコインの時価総額をかなり拡大させた上で
本来金に流れるお金がビットコインに流れてるわけですね。

私ゆうなんかも金信者なのに
金だけを買わず一部、ビットコイン買ってるわけだから。


ここで本当のドルの敵である金にはマネーが流れず
ドル防衛の観点から言えば
それでドルを延命していくわけだけど

ここで暴落すれば結局金にまたマネーが流れ込むわけです。


これを避けたいということで
CME上場を時価総額が空売りがしずらい額になるまで
遅らせてるだろうという見方もあるわけですね。



======================


以上です!


ということで意外に先物上場で安定している部分を見ると

上記の金殺しのために、ビットコイン相場を緩やかに

作り上げてるという見かたも無視できませんよね。



とかいってもそう思ってたら暴落してきた、

みたいのが相場だったりするので


なんともいえないのだけど


少なくとも

ビットコイン市場の魅力をある意味宣伝して

ドル防衛の敵である金地金にマーケットのお金が流れないように

ビットコイン市場が使われている


という流れはやはりありそうですね。


それで私はこの1週間くらいビットコイン市場が

先物上場でどういう反応するかみていたのだけど


とりあえず今は暴落していないと。

意外に安定していたわけです。


といってもまだ先物上場したばかりだから

今は判断するには時期尚早なので仮説の段階ではあるけど


どうもアメリカのNYウォール街の意図としては

これゆるやかなビットコインの右肩あがりを

演出するためにビットコインの先物市場をここまで

遅らせたのではないか

という疑惑は出てくるわけですね。



それで日本のネットではあまり議論されていない不思議は

あるけど


世界だと「ビットコインはもうすでに非中央集権思想なんか

なくなっていて中央集権そのものになっているのではないか」

というのが議論され始めてるけど


NYダウなんかとの相関見ると明らかに

ビットコインとNYダウに奇妙な相関が見出せるわけです。


すなわち2008年以降のQE=ジャブジャブマネー

のカネというのが


米国⇒日本⇒欧州の順番でジャブジャブされだしたけど

そのお金がNYダウに入っていたけど


それがビットコインにも流れ始めているというのが

おそらく2017年の大きな金融の流れとしてあるだろうと

思います。



それでビットコインの先物市場はアメリカの金融界が

自分たちの利益になるために作ったと考えるのが一番自然ですけど


彼らがいつもみたいに為替のように結託して

ストップ狩りを行って儲けるために

ビットコイン市場を創設したという見かたも多くの人に

言われてるけど


もっと大きく見るとドルの究極の敵は「金地金=ゴールド」

だけどもこの金地金とビットコインを戦わせて

消耗させて、それで金相場の上昇を抑止させるという


目的でビットコインの右肩上がりが演出されてる

っていう見方があって、私はこれが正しいと

判断しているわけです。


相場のチャートの相関見てみるとその見方で大方説明できて

未来の動きも今のところそれに沿ってます。



基本的に法定通貨の信頼性が失われたら

今まではマネーが金地金のゴールドに流れていたんですよね。


が、これがビットコインのすごさってのが

テレビや新聞で連日のように報道されるようになりまして


そこでもうまさに2013年の「アベノミクス」のように

ある種のプロパガンダのようにビットコインが宣伝されて


そして例えば日本人のお金が金地金ではなくて

ビットコインに集まってるわけです。


ここで法定通貨のドルの逃避先として

今までは金地金だったのに、

それがなぜかビットコインになってきてまして


結果として金地金への資金流入が抑制されてる、

という状況です。



ここで金地金に資金が流入すればこれ

米ドルは一気に危うくなりますから

その辺を防ぐためにビットコインの宣伝が大々的に


マスメディアでされるようになった、と言えそうですね。


ちなみに私はビットコインというのは非中央集権思想があったのは

おそらく2016年代あたりまでだったんだろうと

思っていて


ビットコインはリバータリアン思想の非中央集権を目指す人々の

楽しい実験だったろうと思いますが


どうも途中で乗っ取られているんだと。


ビットコインの思想としては中央集権の今までの

中央銀行なんかの人々に借金をさせる法定通貨システムが

おかしいから


ここで中央がいない新しい体制を、というものでしたけども

蓋をあけたらその中央銀行システムの擁護者である


マスコミなんかが2017年からはビットコインの宣伝を

大々的にしだしたわけでして


これちょっと変ですよね。


大きくはアメリカのNY金融界なんかがビットコインを

魅力的な投資先として宣伝して、そしてドルの敵である

金地金に向かうべき投資金のかなりの部分を


ビットコインに流すためにこのビットコインの上昇が

演出されてるのだろうなんて感じます。



それでこれが続くようだと、しばらくは金地金が

高騰せずに


またドル、すなわちアメリカの債券や株市場が

延命するわけですね。



それで「なぜここまでアメリカ金融界は

ビットコインの先物上場を遅らせたのか?」

という話ですけど


ビットコインの場合は対ドルの為替がとても低かったのが

これ創設期でしたよね。


日本円で言えば1BTCが

1円とか10円の時代はあったわけです。


この頃にビットコインを大量に保有した約千人ほどの

保有者がおりますが、


これがビットコインの発行済み総額の4割を保有しているわけです。


ちなみに以前も18000ビットコイン持ってる人が

日本でも表にちょっと出てきましたよね。


ただここで重要なのが彼らが一度に連合して

まさに為替で言うG7の協調介入と一緒で


一斉にコインを多額に売るとビットコインはこれ当然

需給バランスの影響で暴落します。


ちなみに、これはいつかの時点で起こることです。



ただここで先物市場を創設したことによって

この暴落の程度を抑えられるという利点はあるわけですね。



それでビットコイン相場が安定していくと商品を買うための

通貨として今より使いやすくなるのはありますよね。


2週間で2倍になったり暴落したり、みたいなものを

誰も通貨として使いたがりませんが


これがもし先物で比較的安定するようであれば

ビットコインが使える店舗とかネット通販店が増えてくるから


そこで「ビットコインがどんどん通貨として

使えるようになったよ!」


っていう宣伝は出来るわけです。


んでもしこのシナリオになったとしたら活躍するのは

アメリカ金融界(ワシントン官僚)や日本の官僚機構の手下である

マスコミであって



「もう金地金=ゴールドなんて古臭い、

これからの時代はビットコインだ」


なんて宣伝されるんだろうと思います。



以前はビットコインは金地金の代替になるかも?

なんていわれていたけど


2017年で明らかになってきたのは


「金地金の新しい敵がビットコインだった」


ということでした。


そしてこれはチャートではもうしっかりと

証拠のように出ていて、


もしビットコインが金の代替物であるなら


ビットコインVSドルのチャート



金VSドルのチャート


ってのは一定の相関を見せないといけないはずだけど


長期の日足、週足で見る限りその相関って

見出せないんですね。



んで逆にビットコインと相関してるのは

まさに金の敵であるのがアメリカドルだけど、

そのドルの強さと連携するNYダウってのがこれ

ビットコインと相関してるわけです。


ちなみに私が面白かったのは

日本のネットではこれを言ってる人が少数派なんだけど


それはきっと日本の証券会社でビットコインとNYダウの

チャートが同時に出せない仕様になっているから

気づく人が少ないんだろうけど


ネットで「ビットコインと相関する金融商品」

を探している人もいるんだけど


それはグーグルで検索しても見つからない仕組みになってます。

ちなみにグーグルもアメリカ金融界側の勢力でありまして

これはトランプなんかが以前大統領になる前に

グーグルがあまりにもヒラリーの味方するって

ディスってましたよね?



ちなみにこのグーグルの官僚側に付くという姿勢は変わっておらず

例えばグーグルで「トランプ」って検索してみてくださいよ。


そしたらトランプの写真でこの写真が右側に出てきます。



(写真)2017年12月19日時点でグーグルで
「トランプ」と検索すると明らかに変な顔のトランプの画像が
右側に出てくる。検索エンジンによる、印象操作である
http://universalbrothers.net/w……00×600.png


んでやはりこのビットコインとの金融相関探していても

グーグルではあえてそのページをヒットさせない仕様になっていて


そこでSEO上位で出てくるのが「知恵袋」ってやつで

質問として

「ビットコインに相関もしくは逆相関してる金融商品って

ないでしょうか」

というのがあって


その下のベストアンサーで


「そんなものないです」


みたいに終わってるのがSEOで上位で出たりしてるんですね。


明らかに2017年のチャート見たら

NYダウチャートとビットコインチャートの相関の疑いが

見出せるのに、です。


大きくはこの辺の情報操作がネット上でも行われてる

と私は見てますね。


それで世間の人はもしこれから相場が安定するようだと


「ビットコインは通貨として安定するようになったから

決済で使える!」


「資金逃避先として金地金は古い!
これからはビットコインの時代だ!」



と、考えるようになるかもしれませんね。


ちなみに面白いのがビットコインを買ってるほとんどが

日本人であるということでありまして、


やはり日本は

官僚や役人の代弁者であるマスコミが

ある種の最高権力者になりつつあり


人々は簡単に騙される構図というのがあるのだと、思います。


実は私メルマガやっていて感じるのがこの状況

2013年のアベノミクスとそっくりなんですよ。


あのときもアベノミクスで日本中があほみたいに熱狂したけど

今はそれがビットコインになってる。


といっても私もビットコインは持ってるけど

ただやはりアルトコインに力を入れてる。


それでビットコインはこれ一応建前としては

「中央銀行や国家に依存しない通貨」となっている。


けどその中央銀行や国家の傀儡であるマスコミがビットコインを

大々的に宣伝するようになっているという面白さがあります。


ただここで上に書いたように

ドルのライバルが金地金「だけ」である状況に比べると

そこにビットコインが現れることで資金流入が2股に分かれるわけで


となるとこれはドルは本当の敵である金地金に

資金流入が起こりづらくなるから延命できるという構造ですね。


それで私なんかは仮想通貨を結構やっていて

まあまあ利益が出てるけどその辺は結構ドライに見ている部分が

ありまして


まず金とビットコインの大きな違いはあるわけです。


究極の金融危機がそこまで遠くない時期に起こるわけですけど

その時点では金地金でもこれ金先物やETFは信用がなくなります。


「金を早く引き出したい」と言う人が増えますが

そこでおそらく本当の金融危機がこれば


「金地金の預り証」ってのはなんの意味も持たなくなりまして

おそらく現物が枯渇するので


地金ではなくてそのときのレートでのインフレする法定通貨での

交換になるわけです。


そしてさらに債券とか法定通貨の紙幣なんかは

物理的な価値を持つ原子的な野蛮な金地金には

かなわなくなります。


金地金の価値ってのはこういう究極の有事に強い、

という点であるから、だからまさに中国やインドやロシアの富裕層が

やはりこんな状況でも金地金を買いましてるわけです。



一方ビットコインにはこんな感じの有事的な強さはありませんよね。

普通に。


今みたいにNY金融界がジャブジャブマネーのポートフォリオを

割り振ってくれて


それでビットコインがあがって、


また同じくNY金融界は先物のスパイダーなんかで

金地金の売り崩しを数年間ずっと行っているけど


この現状が続く限りは金地金はドルにかないません。

今は。



ただこれはドルのほうがバブル崩壊をいずれ必然的に

引き起こしていくわけですけど


もうそのために原油のドル決済も徐々にこれから

変わっていくと思われるけど

(サウジアラビアの裏切りがある)


こういう覇権の後退が政治的に積み重なってくると

いよいよドルの機軸性に本当の疑問がわいてきて

バブル崩壊が起こるわけですが


そこで「金の取り付け騒ぎ」みたいになるわけです。


一方、ビットコインはこの物質的な価値が何もないわけで

例えば債券や株ってのは企業の価値が後ろ盾としてあるけど


ビットコインにはそれがありません。


あるのは「中央銀行や国家から自立した非中央集権システムだ」

という理念なのだけど


実はこの理念がもう2017年には壊れているのが

世界の投資家には見破られつつある。


それですでにビットコインはNYの金融界が

債券発行によって作ったジャブジャブマネーが

その吊り上げに使われてるのはほぼ間違いがありませんでして



となるとこれはビットコインは金の代替物であるどころか

「米ドルバブルの一部」だということになる。


それでこれはチャートの相関性の分析によって

私はこの数ヶ月ずっと相関分析行っていたのだけど


結構露骨に相関してるんですよね。


ということは来る時、それはいつなのかはなかなか

難しいところだけどドルのバブルが崩壊するときと

時を前後してビットコインの価値も急落する現象が起きる


というのはこれは容易に想定できます。


だからビットコインを「ガチホ」できた人々は

2008年とか2009年あたりから


そのビットコインの「非中央集権のリバータリアン思想」

に共鳴してそのブロックチェーン技術を根拠に

ガチホできたのだけど


今はその根拠が実はなくなってしまってるというところで

ビットコインガチホの根拠は消失してしまってると。


いつの時点でこうなったのか、は内部の人しか

分からないけど、ただどうも


ビットコインというのはドルのライバルのふりをした

ドルの傀儡である、というのが分かってきている。


誰も言わないけど。ただ田中宇さんだけはこれを

しっかり書いていたから私の読者でも見だした人が増えてるけど

田中宇の言論はやっぱし新聞代わりに見るべきですね。


私なんかは大枠を捉えたりシナリオ作成のために

かなり彼の分析は鋭いので

活用していて、どのメディアよりもおそらく彼の分析は

日本語圏で鋭いかもしれない。
https://tanakanews.com/



英語圏だと実はロジャーバーって人がツイッターで

この辺書いてるんだけど日本語だと田中宇氏が一番

鋭いと思う。

(ちなみにロジャーバーは日本の渋谷らへんにいる。

ランボルギーニ乗ってるから渋谷でランボ走ってたら

ロジャーバーかも。)


ちなみに上記ロジャーバーなんかはビットコインの

大口保有者の1人なんだけど


彼なんかがまさに「これからはビットコインキャッシュの時代だ」

ってずっと言ってたんだけど


彼のツイートは私はかなり重視してますね。


そんでまあ、ビットコインはNYウォール街に乗っ取られた

わけでして


乗っ取りが完了したから、日本の官僚たちもビットコインに対して

肯定的な制度を言い出してるんだろうと私は思ってますが


実際乗っ取りが完了したのだろうというのが2017年の

状況だったけどそこでマスコミのビットコイン上げが開始してます。


それでビットコインの総額は上限トータルが2100万BTCです。


1BTCが仮に2万ドルとしたらドル建て総額は

掛け算して大体4200億ドルくらいでしょうか。


ちなみに重要なのが金地金の総額はこれその

20倍の8兆ドル。


んで、アメリカの債券金融市場の総額はさらに大きくて

100兆ドルでありますね。


ということはアメリカの債券金融市場で

力持ってる 銀行たちが


ポートフォリオとして1%割り振るだけで

ビットコインの時価総額ってのは数倍に出来るわけです。



それでこのアメリカのNYウォール街の金が大きく流れて

ビットコインの価値が相当あがって


去年は1BTCが10万円前後だったのが

今は200万円くらいで20倍になってるけど


そこで「ようやく」先物市場開始してます。


相当綿密に準備してきたことが伺えますが

これは逆張りで刈り取りをして儲ける方法ってのが


金融相場ではありますが、NY金融界はしばらくの間は

このビットコイン市場にマネーを向かわせて

一方金地金にはマネーを向かわせたくないわけですから


そこで売り崩しで大暴落は避けたいというのが

どうもあるんだろうと。


だから時価総額として日本円換算でいえば40兆円から50兆円前後

まで急騰させて、


そこで先物上場させてる、ってのが重要ですね。


この時価総額があるとまあ売り崩しが来たとしても

対応ができる。


というのは

ビットコインの時価総額が各国の現金と比べて第6位になった

ってニュースありませんでした??


法定通貨のアメリカドル・ユーロ・元・日本円・ルピーの次に

ビットコインが総額の大きさとして6位にランクインしました。



このニュースが大体12月前半に出てますね?



そして


「偶然、法定通貨の主要通貨と同じくらいの時価総額になってから

CBOEとCMEで先物上場」


となっているわけです。




これ、「あまりにもシナリオが出来すぎ」

だと思うのは私だけだろうか?


要するに彼らNYウォール街としては

FXの法定通貨市場で為替の安定性?というか操作技法について

相当なノウハウを持ってますが


ここでビットコインに関しても取引総額について

法定通貨とまさに同じくらいの量にして、


その上で、先物上場させてるわけです。

「良く出来てるな~~}と思いますよね。


これは田中先生なんかは仮説と書いてるけど

上記の法定通貨と同じくらいの取引総額にして

そのタイミングで上場という日程からして


これちょっと偶然にしてはあまりに出来すぎですから

私は100%でないにしてもたぶんそうなんだろうと

今考えていますね。


と考えればCME先物上場の12月までに

なんとかして法定通貨たちの取引総額に合わせるように

うなぎのぼりさせてきた理由も良く分かります。


なんとなくNYウォール街の連中の意図が透けて、見える。



それでビットコインはこんな感じで明確に

アメリカの金融界に乗っ取られているシグナルが

バンバン出てるけど、


ここで役目としては「しばらくの間 金=ゴールドと

共食い」してほしい、という役目ですよね。



だから「なぜ中国がビットコイン規制を非常に早い時期で

やりだしたか?」


というのもすごい分かってきますが



これ、中国の諜報機関がやはりすごかったということです。


もう在野の分析者たちが気づくよりも数ヶ月も早く

中国の諜報機関はビットコインの背後の政治関係を

諜報機関で分析しており、


そこでいち早くNYウォール街の傀儡化してる

ビットコイン取引禁止というのを


言い出してるわけですね。


早いです。


ここで暗号通貨部門でも彼らは

ビットコインキャッシュとかイーサリアムとかがありますが

そこで中東なんかでは従来の石油の米ドル決済から

彼ら中露系の暗号通貨での決済方式を取り入れようとしておりまして、



【石油決済通貨がドルから⇒中国ロシア主導の
暗号通貨になる世界の流れを考える!】
http://fxgod.net/pdf/mailmagaz……_crypt.pdf



もう暗号通貨のビットコインVSアルトコイン

の闘争ってのがですね、


米国金融覇権のドル防衛勢力


VS


BRICSの新しい多極的覇権


の代替金融戦争に発展しているという状況が見て取れるわけです。


それでロシアや中国はそれぞれの自国通貨として

ルーブルと人民元があるけど


それらのルーブルと人民元建てのブロックチェーンの決済システムを

試験段階でその後本格化しておりますから


将来的にはここでビットコインではなくて

彼らの独自のブロックチェーン技術を使って


貿易決済を行おうとするシステムを模索しだしてますね。



ちなみに、アメリカ金融界の利権としては「SWIFT」という

送金システムがあるんですね。


これは海外在住ならみんな知ってる言葉なんだけど

海外送金するためには「SWIFT」を通さないと送金できません。


アメリカ金融界の利権となっている。


海外送金する場合はSWIFT番号ってのを必ず書いて

それで送金しないといけないんです。


んでこれがアメリカ金融界の利権であるから

中国ロシアなんかのBRICS諸国はそれを暗号通貨で

回避する送金システムを作り出そうとしているともいえまして



だから彼らは独自ブロックチェーン技術を取り入れだしている

ってことでもありますね。


だから将来的にこれから中国やロシアやインドやブラジルや

南アフリカなんかでBRICSの新通貨構想も出てくると思われまして


そこで5カ国の通過を加重平均して、それで新通貨を作るでしょう。


そこでそれを金地金や適正な暗号通貨なんかも

加重平均にいれる可能性があるけど

ブロックチェーン技術によって暗号通貨にしてしまいまして


それが貿易決済で使われる可能性がありまして、


だから大きくはこれ系の暗号通貨があるようだったら

それが伸びていくという想定はできます。



んでその新しい暗号通貨(それがBCHやイーサが組み込まれるのか

まったく新しいものになるかはまだ不明)


を通して中国は一帯一路のインフラ整備の送金に使っていく

というのが今見えている未来ですね。



ということでビットコインを取り巻く環境は2017年に大きく変化した

と分析できますので


その辺を知った上で大枠のマクロ捉えて

どれをガチホしていくのか、とかの選択眼を加えていくのが


これから大事になりそうですね。



なんにしてもビットコインというのが現在は

アメリカ金融ウォール街の傀儡になっておりまして


そして空売りが比較的吸収できる法定通貨と同じレベルの

取引総額になった上で準備した上で先物上場させたのは

とても興味深い現象だと思いました。


そして大きくは世界の金融は


米ドル防衛 VS 金地金(ゴールド)


を中心として動いておりまして、


その中にビットコインが米ドル防衛の傀儡として

台頭してきてるという見方が有効だと思いますので


この辺を知っておくといいかもしれません。


だから大きくはビットコインの取引総額が

法定通貨に次いで6位になったという時点で

先物上場したのは偶然ではないということですね。


よく出来てます。



ということで個人的にはビットコインというよりは

中国ロシア側の勢力がついてると分析できる

注目できる技術のあるアルトコイン

のほうが2018年は面白いんだろうなと思っていますね。


ただこのBRICSサイドのアルトコインも結局

上記の

ドル防衛側VS多極的なBRICS新覇権体制側


の構図で出てきてるものだから


やはり当然 アルトコインに資金が入ってこれば売り崩しも

入ってくるのは必然的ですから


その辺も注意する必要があるのかなって思います。

(実際に私が仮想通貨学んでる太陽さんなんかも

アルトコインがこれから売り崩されるシナリオに対して

警戒されてました。)



まあなんにしても、

暗号通貨も暗号通貨でこういう世界の大きな金融の枠組みの

金融戦争の中に位置しますから


マクロの情勢を独自に分析して

学んでいくことは大事ですね。


では!



ゆう



追伸・・・ちなみにビットコイン長者のロジャーバーなんかも

ビットコインを相当安値のときに大量に買っていて

現在の資産は数千億円といわれるけど


彼なんかが「ガチホ」できたのは

ビットコインの非中央集権思想=リバータリアン思想を

理解していたからガチホできたわけです。


要するにその本質を学んでいた人がチャンスをつかんで

大金持ちになったというのが本質的ですよね。


そう考えると今の「ビットコインが200万円になったから

これからガチホするぞ」という戦略は投資というより投機でして

そこにリバータリアン思想や非中央集権思想の根拠はないわけで


それは結局仮に10倍になったとしても

ロジャーバーほどの何万倍みたいな

リターンは長期的に生み出せないだろう

というのが私が見てるところです。


これはよく暗号通貨で儲けた人がいってるけど

「その暗号通貨の理念や思想や技術にほれ込むのが大事」

とおっしゃりますが


その理念や思想や技術を持ってる通貨がすごいパフォーマンスを

出してるのが暗号通貨だから


その辺を見ていくのが大事なんでしょうね、きっと。


ちなみに私は仮想通貨の塾に入ってこの数ヶ月学んでいたけど

例えば太陽さんなんかはその仮想通貨の技術にほれ込んだ

理念にほれ込んだからガチホしてたりするんですよね。



「これが上がるから」っていうのもあるだろうけど

それ以上にその開発者たちの理念や思想をすごい見てるってのは

私がこの数ヶ月暗号通貨長者たちから学んだことでもありましたので


これからやる場合はその辺を勉強してみていくのが大事なんだろうな

と感じますよね~





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【仮想通貨系案件です!】


【1年で2億円】言われたとおりにやれば稼げます!?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あなたは何もしなくても、

指示を待っているだけで・・・

半年で30万円が1000万円、
1年間で100万円が2億円になった方法です。

⇒  http://dc-afi.com/lp/16326/813918





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   【超注目FX案件です!】

これ私ゆうが入ってるFX塾でして、

年間1億5000万円ほどFXで稼ぐ億トレーダーの案件です!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

彼は日本で唯一の

「ビットコインの暴落を3回も予言的中させた億トレーダー」です。


今回彼から読者さんに49万円相当のクリスマスプレゼントです!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



«  【なぜアメリカ金融界のCMEはビットコインの先物上場を ここまで遅らせたのか? について考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください