無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【石油決済通貨がアメリカドルから⇒中国ロシア主導の 暗号通貨になる世界の流れを考える!】

2017 12月 19 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【石油決済通貨がアメリカドルから⇒中国ロシア主導の
暗号通貨になる世界の流れを考える!】
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【仮想通貨系案件です!】


【1年で2億円】言われたとおりにやれば稼げます!?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あなたは何もしなくても、

指示を待っているだけで・・・

半年で30万円が1000万円、
1年間で100万円が2億円になった方法です。

⇒  http://dc-afi.com/lp/16326/813918





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   【超注目FX案件です!】

これ私ゆうが入ってるFX塾でして、

年間1億5000万円ほどFXで稼ぐ億トレーダーの案件です!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

彼は日本で唯一の

「ビットコインの暴落を3回も予言的中させた億トレーダー」です。


今回彼から読者さんに49万円相当のクリスマスプレゼントです!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!



さてさて、前号にて

【2018年に激化しそうな

ビットコインキャッシュVSビットコインの戦いについて考える!】

という号について流しました!


私なんかはビットコインをかなり利益確定してまして

仮想通貨LISKを買い増ししてるのですけど
(LISKは600円のとき買いましたがもっと上がる期待値は
色々分析したらありそう)


これからはやはりアルトコインといわれるビットコイン以外の

通貨が2018年は大事になりますよね~


さて、それで今年はまさに暗号通貨の年だったけど

なんと石油決済が将来的には暗号通貨になりそうです。


ドル支配の石油決済が暗号通貨に・・・という流れは

あるから今日は簡単にまとめておきたいと思います。


編集後記で!











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


勝てないトレーダーがやってしまう2つのパターン


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



それで勝てないトレーダーがやってしまう2つのパターンというのが

存在していまして、


これ2つとも本質的に同じことなんだけど

おさえておく必要はありますね。



まず重要なのが


【その1=利益確定を急ぎ、小さくしか勝てない】
(チキン利食い)



ですね。



せっかく底値で買うことができたのに

少ない利益で決済してしまう「もったいない」

パターンです。



仮想通貨なんかでも例えばビットコインキャッシュを

3万円台で取得してるのに20万円で利益確定、

というのはこれちょっともったいないんだと

私は思います。


来年はもっと来る期待値は高いわけで、

「伸ばして伸ばして伸ばす」というのは基本ですよね。

(もちろん、暴落はあるかも、です。

けど来年はビットコインとビットコインキャッシュの

闘争の年になるでしょう。そして私はビットコインキャッシュが

勝つんじゃないかなというシナリオを見てます)


とにかく長ーく利益を伸ばす。これは大事ですね。




そして


【その2 早く損きりができず大きく負ける】



です。



これは損失を抱えて決済するのがいやで損きりが遅れて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結果マイナスが大きくなってしまうパターンですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ちなみに・・・FXでこの状態に自分がある、と自覚してる人は

間違いなくどんなに威張ってる人でも

「器」が足りていないということになるので


やはりデモなんかでこの癖は直していかないと

いけませんね。


それは損きりというのは痛みだけど

それをちゃんと受け入れられる器を作っておかないと

これは損きりってできないものでしょうから


やはりちゃんとパッパと損きる姿勢というのは

身に着けておくのが大事ですよね。


(ちなみに仮想通貨だと例えば

1000万円を33分割で30万円ずつ、

何かしらのアルトコインやICOに投資する、という

戦略を数ヶ月前から書いてるけど、


その場合はそのコインなりが

電子クズになったら、損失確定とする資金管理がありますが

そっちのほうが強いです。


なので仮想通貨の場合はちょっと損きりの考え方が

変わってきますね)




それでこの上の2つのある意味人間として自然な状態から

トレーダーという、人間としては不自然な状態なんだけど


「損きりを早く、利益確定をとにかく延ばす」


という行動を取れるようにするために

ダイスケさんの案件は役立ちますね。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/




それで「投資で負けてしまう人の全員」の特徴が

上にあるように


大きく負けて、小さく勝つ


というトレードをして消えていくわけです・・・



これ実は本当に全員レベルでみな

「コツコツ勝ってドカーンと負ける」で損するんです。


しかし勝つためにはその逆をしなければいけません。

つまり、、、


「小さく負けて
~~~~~~~~~~~~~~~
大きく勝つ」
~~~~~~~~~~~~~~


を徹底しないといけないわけですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いわゆる「損小利大」のトレードが重要になります。

そのためには、、、

まず大きな損をしないこと。
つまり損切りを徹底することです。

読者さんの思惑と

反して下がり始めたらさっさと損切りすること。

損切りは全く恐れることはありません。




むしろ損切りをせずにポジションを持ち続けることで
機会損失にもつながっていきますから早めにしてください。




それに「小さく負けて大きく勝つ」というルールからすると

早めの損切りこそがトータルで「利益」をプラスにする

近道なのです。




それでダイスケさんなんかがまさにこういうことを

教えてるのですけど


彼が言うのは




【損小利大という鉄則の前では勝率なんてどうでもいい】



ということです。


彼はここまで言い切ります。


そして年間1億円以上稼ぐわけです。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/




ちなみにFXの手法を教える人の中には、

「勝率90%」などと勝率が高いことを魅力として

見せる人がいます。



しかしここに落とし穴が潜んでいることをご存知でしょうか?




なぜなら9回勝って1回負ける「勝率90%」のトレードだろうと

トータルでマイナスとなる可能性が十分にあるからです。



例えば10回の取引中、


利益1万円が9回=「9万円の利益」


損失10万円が1回=「10万円の損失」


だとしましょう。



トータルで見ると「マイナス1万円」の赤字となるのです。




先程「小さく負けて大きく勝つ」というのが大事だと話しましたが


これだと「大きく負けて小さく勝つ」という

全く反対のことになっています。



それでは、

10回の取引中、


利益10万円が1回=「10万円の利益」

損失1万円が9回=「1万円の損失」

だとします。


10回中1度しか勝っていない(勝率10%)ですが

トータルで見ると「プラス1万円」の利益となるのです。



まさに「小さく負けて大きく勝つ」



損切りをいかに早くして、

損を小さくすることがどれだけ大事かということですね。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/



それでダイスケさんがよく言うこととして





「なんで俺らが儲かるか?

それは欲と恐怖にまみれてる素人たちから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ルールを徹底してる俺らにカネが流れてる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってことを言うんですね。


だからはっきりとFXの多くの業者は相対で

素人さんの損失が自分たちの生活費とか資産になってる

ってのをまず塾生に教えてます。


だからインターバンクに注文が流されて、それで

差益で利益取ってますとかうそは言わなくて


負けた素人の金が自分らの金になってる

ってのを普通に間接的に教えたりしますよね。


過激ですけど、本当のことなんです。



んで彼が言うのが


「勝ちたいならルールを徹底厳守すること。
負けたいならルールを守らずやってよし。

相場の世界にはこの2つしか選択肢はないのです。

なんだか厳しく聞こえるのでもしかしたら
「やっぱりFXで勝つのは難しそうだ…」と思うかもしれません。

でも大丈夫です。ご安心ください。

なぜならほとんどの人は「ルールを守ること」ができませんから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だからこそあなたがルールさえ守れば勝つ要素が十分にあるのです。」



こういうことを言うわけですね。



んで彼億トレーダーですので、講師としてブッキングするのも

大変だったと思うんですけど、


私が昔教えてもらっていた社長さんが今回ダイスケさんの

案件を担当しているのですけどこの社長さんの人柄もあって

今回講師をやってくれてるんですけど


だから結構バシバシ生徒さんに指導するんですけど


それもあって今成果が出てるんですね。


だから「本気で学びたい」みたいな意欲ある生徒さんに

すごい人気ある講師さんです。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/




それでこれからFXなり株なりあとは仮想通貨なり

色々な投資があるので読者さんもそれらに取り組むかも

しれないけど


一番大事なのはこれ上にあるように


「損を小さく、利益を伸ばしまくる」


ですね。



ちなみにこれは「ビットコインで百億円長者」になった

人たちも今年出てきているけど


彼らからも学べますよね??



彼らはもう10年近く前にビットコインが10円とか20円の

時にまさに「底」で取得しているわけです。



んでそこで「チキン利食い」はしないで

もう今は220万円くらいですけど

20万倍くらいになっているわけですよね。



当時10万円分ビットコインを買っていた人は

1万BTC持ってる計算になるから


今だと1BTC220万円としても

これ、220億円くらいになっている計算です。


この「利益確定を何年もしないで放置していた人」

がまあ結局億万長者になっているという現状はあるわけですね。



ただこれこの10年位前に1BTC10円で10万円分買っていた人でも

途中で10万円とかになって利益確定してる人も多いし


実際に今の段階まで保持してる人ってかなり少ないわけですね。


彼らはずーっと耐えてきてそれで利益を伸ばしてきた人でして

それが億万長者になっている、


という「大きな教訓」はあると思います。


多くの人は「ああ、10年前に買っておけばよかったな」

で終わるんだけど


そこから「教訓」が得られるわけで


「そうか、7.8年前にビットコインなんかダメだ

なんて声が多かったけど、

結局そこで彼らは大衆の声に逆らってコインをかって、


それをずーっと利益が伸びても保持し続けた。

その自立性のマインドが強かったんだな。


すなわち利益を極限まで伸ばしているのが彼らが

数百億万長者になることにつながったのだな」


というのは教訓として、分かるわけですね。


結局ビットコインの数百億円長者は

「利益確定を8年前後に渡ってずーっとしなかった結果

億万長者になった」

と言えると思います。



だから、利益を伸ばしていくのが大事。


これがおそらくだけど2018年からも非常に大事な哲学に

なるかと思います。


それで早く利益確定をしてしまうことを

「チキン利食い」とか言うんだけど


これはやっぱりもし読者さんがこれから

数十年の投資で利益を出していくためには


「矯正」が必要なわけですよね。


んで実は重要なことをおさえておく必要があって


上にちょっと書いたけど


「損失を早く確定して、利益確定を数ヶ月数年と遅らせる」


ということは人間にとってとても「不自然」なんですね。


要するにプロスペクト理論と言うのだけど

「人間の脳みそ」って性質があって


それが「痛いこと(損失確定)は先延ばしして、

気持ちいいこと(利益確定)を早くしたい」


というのがあるんです。


これは人間というか動物の性ですね。


私たち人間は動物と大して変わりません。



自分が立派な人間だと思ってる人ほどこれに気づけない。


私たち人間は欲望通りに動く動物と大して変わらないのです。


んで

「痛いこと(損失確定)は先延ばしして、

気持ちいいこと(利益確定)を早くしたい」

の原理=プロスペクト理論というけど


このプロスペクト理論通りに動く。


上のビットコインの事例が分かりやすいけど

ビットコインを8年前後保有した彼らはまさに


プロスペクト理論の反対の行動を取り続けた

「人間としては不自然な人」とも言えますね??


だから「トレードで勝つってのは人間として不自然なこと」

というのを覚えておいて下さい。


だから大多数が損するように出来てるんです。


ただ一部、

「トレードで勝つってのは人間として不自然なこと」


というのを「認識」する人たちがいまして


そこで「認識」して、それを変えていこうという人たちが

おります。


人間として自然な行動は

損きりできず、利益確定早すぎる、という行動なんだけど


これだと投資は損するわけです。


一方人間として不自然な行動として


痛みとしての損きりをバンバン受け入れて

利益確定の気持ちいいことは数ヶ月も数年間も「おあづけ」にする



というのがあるんですね。



ぶっちゃけいうとこれを出来る人が金持ちになるわけですね。


だから投資で儲かるってのはおそらく

人間として不自然なこと、なんです。


こういう本質をダイスケさんは生徒に教えてますね

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/



だからこの「人間として不自然な行動」として
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「損小利大」っていうのがあるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


んで私たちの脳みそには残酷なくらいに

「痛いこと(損失確定)は先延ばしして、

気持ちいいこと(利益確定)を早くしたい」


という機能がついてますからね、


これをコントロールする術を知らないと投資で利益が

出ないのですよね。


ちなみにですけど昨日コンドミニアムの話を書いたと

思いますが


私ゆうが住んでるマレーシアの自宅ですけど

家賃5万円台です。



んで一ヶ月の生活費はそれ含めて家族で15万円前後です。





正直言うと自分の収入は派遣時代とかの収入と比べて

数十倍になってるわけですけど


ただ今の生活費って派遣時代のとき以下なんですね。


私の場合日本にいるとき毎年の税金は数千万円とか

だったけど、けど毎年の自分の生活費は200万円台から300万円台

でしたね。


数年前、大阪のドヤ街のマンションに住んでるときも

すでに月収50万円~100万円は安定してたけど

マンションの家賃は2万円台だったわけで。



たぶん私のメルマガを見てるどの読者さんよりも

私の生活費が安いかもしれないです。

(といってもマレーシアではこの生活費でも十分

贅沢できます)


ただこれは私はすごい大事だと思っていて

バフェットなんかに私は学ぶけど


バフェットなんかはあの人資産数兆円なのに

あのオハマの300万円くらいの家に住んでるわけです。


資産数兆円なのに300万円くらいの家に住んでるって

明らかに人間として不自然です。異常です。


けど、だから彼は稼ぐんだと思いますよね。

消費しないのだから消費欲に脳みそやられていないから

逆にどんどん投資できるわけで。


だから私はこれを質素が良いとかそういう話をするつもりは

なくて


(だから「清貧」なんてものはない。

要するにもっと資産を大きくするためにその必須として

自分の投資行動コントロールが重要だから、

節制してるだけ、とも言えます。)


投資家の多くってのはこの辺の欲望とかに

脳みその機能に忠実に行動することが


資産増加につながらないって事実をよく知ってまして

だからあえて自制してるんですね。


もっというと日々の生活もトレーニングの一環、と考えます。


それでこれらの集積があると

「損きり早くして利益確定を伸ばすところまで伸ばす」


ってことがまあできるようになってくるわけですね。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/




ちなみに私がマレーシアに来てる大きな理由というのは

日本で生活費が30万円とかかかるわけです。


この生活費を圧縮したい、というのがありました。

「生活費を圧縮した上で生活のクヲリティが上がる国」

としてマレーシアがあったと。

本当はタイでもフィリピンでも良かったんだけど。


このように

相当シビアに私は生活費については考えていて

それはたぶん異常です。


ただこれは将来的にはさらに投資を加速させるから

良い影響があるだろうと思ってますね。


ちなみに重要なのが私の場合気づいたのが

人生において重要なものって大体無料なんです。


自営業の友達と話してペラペラ話してるときとか

私は最大限に幸せを感じるのだけど

(彼らと色々話してるとほんと新しい発見があり面白い)



マレーシアの人とタクシーの中でコミュニケーションとって

新しい発見があって、面白い、とか、


あとは日本の地方だと海や山や湖がきれいだけど

別に入園料をとられるわけでもなく、無料です。


そこで大いに幸せを感じられるわけですね。


あと、別にキャバとかいかなくてもその辺の路上で

ナ○パすれば普通に女性と遊べますよね。


(しかも、そっちのほうが自分好みの人が

彼女になったり結婚したりにつながりますよね。

これは海外だと当たり前だったりするけど。


昔の日本人の私たちのおじいちゃんおばあちゃん世代では

「道で迷ってじいちゃんがばあちゃんに話しかけて結婚した」とかが

普通にあったわけです。


私はだから現代の日本人が「婚活」をしているのを

マレーシアから見ていて不思議な気持ちになります)



まあだから人生で満足度味わうために多くのモノが無料なんです、

実は。


んでこういうのが哲学的に分かっていると

お金への大きな欲望ってのが薄れてきまして、


そうするとこれ投資行動として


「利益確定をとにかく伸ばす」って投資行動が自然になってくる

わけですね。


だって利益確定をしたとしても別にそれで

豪遊して快楽得るわけでもなく、


ただ数字が増えるだけですから、

要するに利益確定した数字と自分の快楽という感情が

リンクしなくなるわけですね。


意図的に多くの投資家はそのような状況を作り出してます。



だったらそれは当然利益確定しても特段気持ちいいわけでもなくて

数字が増えるだけなんですから


これは伸ばせて当たり前です。


私はバフェットの研究を数年前すごいやって

「ああ、この人がなぜ資産数兆円もあるのに質素かというと

その辺のプロスペクト理論通りにならない

欲望コントロールがその核心だ」


と分かりまして、


だから私もそれを単純に真似してるのだけど

やはりこれは長期で非常に良い資産増加への

影響がありましたね。



だから欲望をコントロールするとかこの辺も

投資家としては日々のトレーニングとして何気に

大事かもです。


んでダイスケさんの案件では

基本的なこの辺の


「損失を早く確定させて、利益確定を相当延ばす」

ということをするのだけど・・・



おそらくこのトレーニングをずっとやっていると

日々の生活も上のように節制するのが当たり前になってくると

思います。



たぶん脳みその構造が変わってくるわけですね。


「痛いことを積極的に受容して

気持ちいいことをどんどん先延ばしにする」


という行動になってくるわけです。


となるとリスクも果敢にとるようになります。


そして結果は・・・というとお金がもっと増えてくる

という循環に入るわけです。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/




ちなみにダイスケさんもそうですし野田さんもだし


強いトレーダーってとにかく質素なんですよ。


これ私が気づいたところで

「強いトレーダーはみんな質素」であるということ。



ちなみに私が教わった億トレーダーはアメリカ仕込のトレーダー

さんだけど


彼なんかは地方で確か家賃が私よりさらに安いです。


億トレーダーで資産はもうすごい量もってるはずですけど

けども質素です。


けど今もどんどん彼の資産は増えてると思います。

前も仮想通貨でモナとかで数十倍にしてる。



んでこれは別に彼らが清貧でお金を散財するのが悪いという

ことで考えているわけではなくて


それをすることによって投資のプロスペクト理論通りの

行動を取ってしまう危険性が人間の脳みそにはあるから


それに最大限注意して生活しているっていうことでも

あるわけですね。


BNFさんなんかもそうでしたよね。あの人資産300億円くらいあるのに

コンビニメシ食ってたと思います。



それで彼らはこの投資家として重要なプロスペクト理論とは

間逆な投資行動が取れるように、


日々の生活から気をつけてるわけですね。



だから実は「損小利大」って一言で言ってもすごい

実は深いんだけど、


人間の生き方までつながることでもありますね!

日々の生活の欲望コントロールってのが


投資行動における損小利大につながるってのも

知っておくといいかもです。


ということで、この辺の本質を学べるのがダイスケさんの

案件だから


1ヶ月2ヶ月そこらだと分からないと思いますが

長く彼のやり方学んでると 投資家としてのがっしりした

器はついてくるから学んでみるといいでしょう。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/






============編集後記============

さてさて、それで今年はまさに仮想(暗号)通貨の年でした。

億万長者がどんどん誕生したすごさがありますよね。


それでビットコインなんかがNYウォール街の「金=ゴールド殺し」

に使われだしたという新しい流れやそれに対抗する

中国やロシア側の仮想通貨との戦い、


この辺も興味深いですね。

(これは以前書いたけど、また今度詳しく書きたいです)



ただやはり大きくはこれからアメリカ帝国の覇権が崩れていき

中国やロシアなんかのBRICS新興国に覇権が多極的に分散されていく

流れになるのはほぼほぼ間違いないのだけど


それで今までの世界の流れってやはり「ドル」が強かったわけですね。


特に「ドル」が決済通貨として使われていた。


これは私たちはよく知ってるようにアメリカが

覇権の関係でよく経済制裁をする国があるけど


明らかに「産油国」が多いわけです。石油が取れる国。


これは大きな歴史の流れとして1970年代とかの

オイルショック、石油危機なんかが日本でもあったけど


産油諸国ってのはこれ石油を武器にして

アメリカ覇権に立ち向かおうとした、という歴史がありました。


ただここでもアメリカなんかは帝国でしたから

石油の産油国なんかに

「経済制裁」をしてつぶしてきたわけです。


そんでアメリカの属国にしていくっていうのがアメリカの

今までの覇権戦略でした。


ここでアメリカが「ドル」での石油決済を取り入れて

いたわけですけど


経済制裁として

「ドル決済をもう禁止する!」なんていって

それで経済制裁できたわけですね。


まさに米ドルってのは世界の基軸通貨でして、

それがアメリカの強さでした。


そしてドル決済禁止が相手国に「効く」のは

周りのみんながドルで決済しているから、


そこで「効く」わけだけどアメリカの覇権の力がある前提としては

そのドル決済が世界中に浸透しているってのが大事なわけですね。


ここでまあ日本の政治家なんかは独自で石油決済しようとして

つぶされた人も多いですよね。


それで「ペトロドラー」というのは覚えておく必要があって

この「ペトロドラー」っていう体制はアメリカとサウジアラビアが

協調してる体制です。


世界最大級の石油の産油国であるサウジアラビアが

石油を「必ず」ドル建てで売るわけですね。


んでサウジアラビアはドルを手にする。


そしてそのドル収入で米ドルが沢山手に入るから

米国債を買うわけですね。


んでこの動きが大事で産油国が石油を売ってドルを手にして

そしてそのドルがアメリカに還流する仕組みというのが

あって


それが結局米国債を買い支えるという仕組みがあったんです。


この米国債を買い支える仕組みがあるから

アメリカの債券市場がまあなんとか持っているというのが

1つの重要な要素としてありましたよね。


一番アメリカ政府が怖いのが米国債の長期金利が

3%4%と跳ね上がることなんだけど


これは重要なことで短期金利はまあ操作できる。

「利上げ」とか言ってますよね。


けど10年ものとかの長期金利の金利はこれは

なかなか操作できないってのが原則でして


コントロールが難しいっていうところだけど

アメリカの場合は上記ペトロドラー体制ってのがあったから


ここで米国債に産油国からお金が流れてくる構図があって

だからまあ今でも持ってるという見方もできるわけです。



んでこのアメリカとサウジの談合状態をペトロドラーとか

いいますけど


アメリカはサウジが米国債買ってくれるその代わりに

サウジを安全保障で助けてあげて、


サウジがだからアラブとイスラム世界の主導役になっていた

ということです。



それでこの米ドルを石油決済で使ってアメリカとサウジが談合する

ペトロドラー体制によってアメリカは逆らってくる産油諸国に

経済制裁して「お前らじゃあもうドル決済させねーよ!」ってことで


覇権が維持できたわけですね。


アメリカのなんというか「ジャイアン性」を象徴するのが

ペトロドラー体制。



んで実は今なんかはアメリカと日本と欧州が

先進国3地域で「ジャブジャブマネー」=金融緩和、QE

をやってるからこのペトロドラー体制がなくても


まあそのジャブジャブマネーがアメリカのリーマンショック以来

ぶっこわれてる債券市場を買い支えている状況ではあります。


だからペトロドラー体制は以前ほど重要じゃないんだけど

ただ今もこれ世界では大体の石油決済、99%以上がドル建てです。


ただ、もう今年の2017年から明確に出てきた動きがあります。


それが「各国のドルの石油決済離脱の動き」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



今まではこれアメリカのドル決済使わないと絶対にやばくて

ほんとここに逆らえば結構恐ろしいことになったものだけど


今なんかはあれです、トランプ政権になって

アメリカの身勝手さ、というのがすごい目立つようになってきましたよね?


というかトランプがあえて身勝手に「意図的に」振舞ってる

というのが正しいと私は分析してるけど


「なんだアメリカはいつも勝手なこと言いやがって!

じゃあ俺らは独自でドル決済じゃない石油決済するぞ」


みたいな流れが2017年明確に出てきつつある。


まあこれをトランプは狙っている。


トランプは

「アメリカファースト=アメリカの国内問題を優先する主義

=他国には介入したくありません」という主義だから。



それで最近の動きとしてはロシアとかイランとかベネズエラ

なんかのアメリカの敵国として言われる国々、

だから例えばイランに入国したらアメリカには私たち日本人は

パスポートにイランのスタンプ押されてると入国できないのだけど


こういう国々が中国なんかと組んでですね、

んで、石油決済をドル建てじゃないものにしようとしている。


んでここでアメリカは国際法違反の制裁行為をずっとやってきたけど

もしこのドルの石油決済がだめになってくると


それが無効になってくるわけですけど


大きくはこの動きが世界で出てきている。


それで・・・ここで出てくるのが「暗号通貨」です。


だから暗号通貨の需要、特に中国側とロシア側の暗号通貨需要は

当然に将来的に上がることが分かりますが



石油決済の「非ドル化」というのが2017年に

かなり明確に出てきたわけですね。


サウジアラビアのMBSの問題もその関係。



んでここでブロックチェーン技術と暗号通貨が

とても安く導入できる石油決済機能として 使われ始めてる

わけです。



ここでビットコインのブロックサイズ1Mじゃ足りない

って話も出てきます。


だからビットコインキャッシュの8Mのブロックサイズも

注目される。


んで、最近はロシアとベネズエラなんかが

ブロックチェーンによる自国の通貨建て暗号通貨を

創設してます。


もういち早くロシアなんかはドルを使わない暗号通貨による

石油決済システムを導入し始めてる。


だから暗号通貨ってのは大きくはこの米ドルに対抗する
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
装置として使われてる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という側面が強く見て取れます。



その流れを把握してうまーく儲けましょうというのが

日本の商人の考え方ですね。



それで重要なのがやはり中国の動きでありまして、

中国が今年か来年には人民元建ての石油先物市場を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上海ではじめます。
~~~~~~~~~~~~~~~~


んでここに同意してる国としては

イランとベネズエラとロシアとサウジアラビアです。


あれ?サウジアラビア??となりますが

アメリカの味方だったサウジアラビアはアメリカを

裏切り始めてますね。


この動きが大事です。


ちなみに日本も安倍首相がこの前日本の首相としては

15年ぶりに中国の建国記念日が中国の大使館で行われたけど

そこに出席しています。


安倍の場合は反中、反韓をあおって人気をあげたけど

実際の話はレーシストの人たちをうまく利用して

人気を獲得して、


田中角栄や小沢一郎に似た路線を踏襲するように

なってきたってのも2017年、誰も言わないけど

明らかに見られる傾向ですね。


当然これは日本の外務省官僚との闘争になる。


だから世界中で「アメリカをこっそり裏切って

中国ロシアと商売やっていく流れ」ってのが出来てきてて


それをトランプが意図的に乱暴に振舞って

促進させてるってのが面白いところ。


それでこれから中国で人民元建ての石油先物市場が創設されていき

ここでこれから人民元建てで売買される石油の価格変動による

損失があるけど


そのヘッジのために上海先物市場が使われるわけですね。


だから長期的に数年単位で保有するならこれ実は

人民元って結構悪くないんだけど


日本だと好き嫌いの問題で中国嫌いってマスコミの情報によって

洗脳されてるものだからこの話は出てこない。


ただ大きな流れを好き嫌い抜きに分析していくと

明らかに人民元が台頭してきます。


んで、人民元建ての石油取引はまだドル決済が主流だから

0.4%にすぎません。


けどこれからBRICSの暗号通貨なんかが出てきて

ここで人民元が絡んでいくけど


そこで人民元建ての石油先物市場が組み合わさってくるわけです。


となるとこれからはドル決済99%の状態が

2020年代にかけて大きく崩れていきまして


人民元建ての石油取引が増えていくのは既定路線です。


これはトランプ自体があえてそう振舞ってるから

それに沿ってるといえば沿っている。


トランプはだから確信犯的にペトロドラー体制を終わらせようと

してますね。



んでサウジアラビアなんかがアメリカと今まではタッグ組んできたけど

サウジ皇太子なんかがトランプに引っ掛けられて覚醒させられて

それでアメリカから離反する動きにいずれなっていきますが


となるとこれ石油決済でドルを使わないって流れが加速します。


当然ここでドルの基軸通貨としての機能が

喪失していく。



んで新設される上海石油市場の興味深い点があって

人民元だけじゃなくて金地金だけでも取引が

できるようになるんですね。


ということは今は金地金は先物で売り崩されて

ビットコインなんかに資金が向かってるから

なかなかさえない感じだけど


いずれこれ金は長期視点だと上記の政治の流れは

不可避であるため、大きく伸びるということです。



それを遅らせるためにビットコインをNY金融街が

相当宣伝して、そこにお金が流れてるっていう見方が

どうも正しいと私は思います。


んで中国なんかはいずれ上海で金価格もイギリスのシティと

合同で決めていきますからね、


そこで金価格を彼らが決めて、さらにそこで

石油決済に金を利用できるようになる、


という新しい体制が2020年代に顕著になってくると

思われます。

2018年、2019年はそのための準備だ。


日本のマスコミはあくまでも「ドル防衛側」だから

上の話は言わない、書かない、なんだけど。


ただ実際に起こってるのは投資家は知っておいたほうがいいかなって。


それで中国の狙いとしては人民元と金地金のゴールドを連携させる。


んでそこで金ゴールドの力を借りてそこに

人民元担保させて、人民元の国際性を押し上げようとしていますが

これは短期ではまだ時間かかるけどいずれ実現されるでしょう。



んで暗号通貨のうち、ビットコインで明確になってきたのは

これはアメリカの金融界NYウォール街に乗っ取られた

ということですね。


だから前号のビットコインVSビットコインキャッシュという戦いが

あって本当のビットコイン推進者たちのリバータリアンは

ビットコインキャッシュやイーサリアムなんかに注目しだしてる。


それでビットコインが面白いことに金の代替どころか

金の敵になっていて 本来金に向かうマネーが

何十兆円もこれビットコインに流れてるっていうところを


誰も言わないけど、留意しておく必要はありますね。


ただそれとは違って暗号通貨の中でも中国やロシアが主導する

非米諸国の暗号通貨はこれ

金地金を味方にして取り込んで 金地金と共闘して


ドルと戦おうとしてます。


だから暗号通貨というのがまさに通貨戦争の一環として

出てきたという大きな見方がおそらく


私たちには必要かなと思います。


んで、この金地金なんだけどアメリカにはゴールドってなくて

実際はもうほとんどが中国ロシアインドあたりに

あるんですね。


だから金地金があるところは金持ちになるって言われてるけど

これらの国がどんどん経済が活性化しているのは必然です。



んで日本のマスコミ見てると30年以上

「中国はバブルでいつか崩壊する」

とやっています。


その間に中国はGDPにて日本を追い抜いた。


実際は中国の習近平は明らかにバブルをつぶす戦略をとっていて

共産党内にはアベノミクスみたいにバブルを拡大させて

儲けたい勢力がいるけど彼らをつぶしている。


共産党内の腐敗運動の取り締まりというのもその戦いの中で

起こってますよね。


中国の場合バブルが拡大したらこれあとでアメリカの

バブルが崩壊していったあとにダメージが受けないように

早めにバブルをつぶそうという動きが顕在化しておりますね。


一方本当にひどいバブルはこれアメリカと日本と欧州の

バブルであるけどなぜかこれは日本のマスコミは言いませんよね。


もう民衆は株価がどんなにあがろうとも自分の暮らしは

良くならないとみんな気づいてるのに・・・です。


明らかに先進国のほうが実需を伴わないバブルなんだけど

まあそれは言ってはいけないことになってる。


けど崩壊したときに「あのときはバブルだった」と言える日が

来るでしょう。



んでこのバブルに関する戦略を見ると

明らかにこれからドル覇権が終わっていく時に


大ダメージを受けるのはアメリカと日本と欧州の先進国3地域であり

そこでバブルを意図的につぶしてきた中国が

早く蘇生すると思われます。


また同じく中国と絡んでるのがイスラム圏の国家で

マレーシアなんかもそうなんだけど


イスラム金融の特徴としてはバブルに強いってのが

あって金融レバレッジの過剰な取引にはかなり強い規制が

ありますから


イスラム金融を導入してる国はダメージは受けるだろうけど

米日欧ほどのダメージにはならないでしょう。


まず年齢が若い人が多いから復活も早い。


私はもうすでにこの状態に準備してマレーシアにいる

ってことでもありますね。



んでここで分かるのがいずれ不可避として起こるのが

ドルのバブル崩壊だけど


ここでアメリカの覇権喪失が起こるわけです。


もうその準備としてペトロドラー体制の終焉が出てきてまして、

ここに中国ロシア側の暗号通貨ってのが決済として

使われだす。


だからここで最終的に生き残るのは中国ロシアのほうでして

ビットコインなんかはアメリカのウォール街に乗っ取られてますから


となるとビットコインとドルなんかは時期のずれはあっても

バブル崩壊っていうのは大体の時期を同じくしていくだろう


というのが分かってきますね。


んでここで中国ロシア側の暗号通貨として

アルトコインのいくつかの通貨たちがあるけど


どうも2017年に分かってきたのは


数年単位ではアメリカ系の暗号通貨はまだ生き残りそうだけど

もっと長いスパンで2020年代というスパンで見ていくと


ロシアと中国系の暗号通貨がこれ結局生き残る形になる

ということが見えてきます。


だから私なんかはビットコインから他のアルトコインに

分散させてるけど


これはやはりビットコインに関しては「ガチホ根拠」

がファンダメンタル的に得られなくなってしまった

というところですよね。


昔ビットを長く持てていた人たちってのは

ビットコインの非中央集権思想に惹かれたわけで


それがガチホ根拠になったけど


今の段階だとそのガチホ根拠である非中央集権思想が

NYウォール街に乗っ取られてしまったわけでして


個人的にはガチホするならアルトコインの中の

中国ロシア系の暗号通貨だろうなという感じがしまして


仮想通貨塾でもやっぱりここまで言わないけど

ビットコインキャッシュだったりイーサリアムやったり

ネムをガチホしろ

という指示してる億万長者は多いです。


ネムなんかは最近はWECHATとの連携が知らされまして

爆上げしてるんだけど


上記の根拠とか世界情勢知ってるからガチホできる根拠が

あるとも言えますね。


んでSBIなんかが

口座数約165万の中国三大仮想通貨取引所Huobiが提携

というニュースも今月あったけど


やっぱり中国と絡んでいくところが暗号通貨にしても株にしても

強くなっていくという大きな流れがあります。



株なんかで言うとつぶれそうな日本の大企業が

中国系の企業に買われて株価が一気に上がっていく

っていうのは今年すごい見られた現象だけども


結局その辺が重要だなってのは感じますね。


と言うことで大きくは

アメリカの単独覇権から多極型のBRICS中心の覇権構造に

転換していくけど


その2極の戦いの軸として暗号通貨も存在している

ってことですね。


んで日本だとブロックサイズが1Mのビットコインにやたら

人々が集まり、


一方ビットコインキャッシュやイーサリアムは

ビットコインほど注目されていない


ってのはこれ大きくは報道なんかもコントロールされてるっぽいな

と感じます。


ちなみに私のいるマレーシアは??


というと実はイーサリアムの宣伝を結構見ます。


マレーシア人にはネット検索してる間に頻繁に

イーサリアム関係の広告出てきます。


ビットコインよりイーサリアムが多いな~と。


ちなみに仮想通貨の投資として利子がつかない

=インカムゲインがつかないってのが欠点としてあるけど


イーサリアム保持者には利子をつけていこう

という動きも出ていますね。


要するにファンドを創設してイーサリアム保持者の

イーサを集めて、そんで、仮想通貨を利しありで

貸し出して、


そこで利息得て、預金者っていうか預 仮想通貨 人

に利子を分配していくっていうプロジェクトとか

あります。


これ明らかに既存のNYウォール街の銀行家の利益に

反するものだけど


そういうのがイーサリアムベースで出てきてます。


大きくはここでイーサリアムなんかもそうだけど

米ドル機軸性をつぶしていくという方向が見て取れる。


こう見ると仮想通貨っていうけどその背景には

大きな


アメリカ金融帝国覇権

VS

BRICSの新興国の新しい多極的覇権


の勢力争いがあるのがよく分かりますから

面白いですよね。


いずれにしても石油決済もそうだけど

非米ドル化が今後10年スパンでどんどん進んでいきますから

大きく時代は変化していく。


その中で中国ロシアなどBRICS系の暗号通貨は

大きく伸びてくると思われますので


それが実は私が3万円台でビットコインキャッシュ買っていた

大きな根拠だったんだけど
(今は20万円くらいになった)


まあこの辺が見えるようになると暗号通貨投資も

比較的利益出しやすいかなと思いました。


では!



ゆう




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【仮想通貨系案件です!】


【1年で2億円】言われたとおりにやれば稼げます!?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あなたは何もしなくても、

指示を待っているだけで・・・

半年で30万円が1000万円、
1年間で100万円が2億円になった方法です。

⇒  http://dc-afi.com/lp/16326/813918





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   【超注目FX案件です!】

これ私ゆうが入ってるFX塾でして、

年間1億5000万円ほどFXで稼ぐ億トレーダーの案件です!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

彼は日本で唯一の

「ビットコインの暴落を3回も予言的中させた億トレーダー」です。


今回彼から読者さんに49万円相当のクリスマスプレゼントです!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……bitcoinfx/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください