無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【スペイン中央政府の重税に対抗するカタルーニャの人々】

2017 11月 04 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【スペイン中央政府の重税に対抗するカタルーニャの人々】
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx2.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8時限目」をついに公開!(中級)


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!



さてさて、ここ最近ですが何かと耳にするのが

「カタルーニャ独立」の話だと思います。



このカタルーニャ独立の話というのは私ゆうもこの数ヶ月

興味を持ってみているのだけど


この前なんかはカタルーニャ州首相のプチデモンさんが国家に反逆した

ということで逮捕状が

スペイン裁判所によって出されたということで


これまたすごいニュースになっておりますね。


それで・・・おそらく多くの人が理解できないのが

「っていうかなんでカタルーニャ州の人はスペインから独立したがってるの?」

ってことだと思うんですね。


私がまず最初興味を持ったところがここだったのですけど

これ、色々最近背景なんかを調べていて分かったのが

結局これもリバータリアン思想としてカタルーニャ独立という

動きになっているのだ、ということです。


リバータリアン思想というのは反官僚、反中央集権、

反税金みたいなすごい強い思想でアメリカのトランプ大統領誕生の背景とも

なっている思想なんだけども


どうもこのカタルーニャ独立の背景もそれにありまして、

やはり住民の本音のところとして「重税にぶちきれた」というのが

本当のところだろうと。


ただこれ「重税にぶちきれたカタルーニャの人々」なんて

マスコミが報道しちゃうと日本でも重税にぶちきれる人が出てきてしまいますから、

まあよく独立の意味が分からないように報道されているな~なんて思って

見ていました。


ただ実はカタルーニャの状況って日本に似てる部分もあるんです。

また、過去には重税で農民が戦っていた時期もある。


編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【無料FX道場の「復習」をしよう!】(8時限目の復習です!)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





さてさて、告知ですが今事務局さんと用意しているのですけど

今度野田さんのFX道場がいよいよ公開できる予定です!!


こちら今まで無料FX道場の内容を10時限目くらい流してまして

まだこれからさらにハイレベルな内容が無料FX道場で続くんですけど


普通にFXで利益出すという

アメリカ人のトレーダーが4割くらい

できていることはもうこの無料FX道場でできるようになっておりまして

(だから想定としては毎月10万円~20万円前後稼げるスキルというのは

無料のFX道場で十分付くだろう、と思ってます。ただ日本の場合はFXで利益出す人が

全体の5%と言われてるのでその5%くらいはこの無料段階で達成できるだろうと。)


さらにもっと強くなりたい、すなわち毎月数百万円レベルで

稼ぎたいと言う人のために野田さんの1年間のサポートなんかも

付く道場のほうも今度公開するつもりなのでお楽しみに!




それで、昨日ですが

「追い込まれる銀行業の人々」という号を流しました。


本当にここ最近は時代が大きく変化してきている、と感じます。


ちなみに、仮想通貨の話なんかも書いたのですけど

おそらくですけど2018年くらいから本格的に仮想通貨でのFXトレードが

開花する年になると思うんですね。


それでその際、やはり儲けるのはこれFXのトレーディング技術を

身に着けた人だろうな・・・というのは私が感じてる点です。


私なんかも仮想通貨はビットコインとビットコインキャッシュと

ネムとリップルとイーサリアムで結構前からガチホしてるんだけど


仮想通貨の動きなんか見てると買いメインの戦略で抜いていくのが

基本になると思いますが


最近見ていてももろにテクニカル通用するんですね。

世間では仮想通貨はこれテクニカルはまだ通用しないと言われてるけど、

ある程度の分析をしているとこれ、普通に通用してるのが分かる。



なのでこれから本格的にトレードできる人がどんどん儲かっていく時代に

なるのは間違いないなというのは感じます。

また単純に面白いと思います。



それで法定通貨の取引をFXと言ったりしますが

実は野田さんのこのラインをゾーンで捉えるとか、


あとは、コンフルエンス(水平線ゾーンとトレンドラインゾーンが

重複しているところ)を狙ってエントリーしていく仕掛け方とか・・・


これってですね、実は仮想通貨FXトレードでも使える話ですんで

今から学んでおくとこれから2020年代にかけて強いです。



それで・・・そんな法定通貨以外でもFXでも株でも使えてしまう

今回の野田式の無料FX道場の内容なんですけど、


ちょっと駆け足で色々なプレゼントや動画や音声を流したので

また野田さんの説明していることがかなり高度かもしれないので


「全部見ることができてません!」と言う人も多いと思います。


ただ大丈夫です。


なので今日はその「復習」という感じでやっていきたいと思います。


すでに検証していただいた方は分かると思いますが

この10時限の内容だけで実は普通に利益出ちゃうんですよね。

(ちゃんと全ての知識、資金管理、マインド、分析方法などを完全に

総合的に落とし込めたら、です。)



んで当然のごとくFXや仮想通貨だけじゃなくて

株や先物なんかでもこういうやり方で利益は出せるわけです。



それでやはり今までの動画でもとても重要な内容が沢山あるんですけど

今号ではこちらを復習しましょう。


↓↓

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8時限目」をついに公開!(中級)


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




ちなみにですけど、何度も動画を見るのも大事だと私は思っていまして

私なんかも今回この案件やるにあたって野田さんの動画をマレーシアにて

よく見てるんですね。



なので重要なのはよく動画を見て、またできれば今回

ラインアットやメールにてサポート事務局が実際の有料のサービスと

同じようにサポートするっていうのも


やっていますのでそちらも今回の無料FX道場やってる間に

活用いただけますので


やる気ある人は是非自分でラインやゾーンなどを引いて

分からない点があれば事務局でも今回サポートなんかもやってるので

聞いてみてください!



【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal



それで今回の復習では

水平線とトレンドラインゾーンのあわせ技の8時限目の復習ですが


まず野田さんが説明されている


「現在価格の上下二つにとりあえず分かりやすい水平線ゾーンを

作っておく」


これがまず大事ですよね。


野田さんが書いていただいている通り、



<ポイント>


1)今の価格から上下2つほどのゾーンだけ注目する



2)一つゾーンをブレイクしたら、その次のゾーンを探す



となりますね。



なので現在価格の上下二つにとりあえず機能しそうな水平線ゾーンを

作っておいて、


できればトレンドラインゾーンもこれ緩やかなトレンドラインゾーンを

作っておく、と。


これがまず基礎になりますね。


ただ基礎だけどこれを教わっていない日本人トレーダーは多いわけで

だからアメリカなんかだと45%とかはトレーダーで利益出している

証券会社もあるわけですが


日本だとこれが利益出しているトレーダー比率が5%とかに

なってしまうのかなと思います。


なのでこの辺の基礎を身につけておくのはとても重要なので

この8時限目の動画は基礎としてしっかり身に着けるのが大事ですよね。



それで・・・野田さんがよくおっしゃる単語で重要なのは

「意識」という単語なんだけど


相場全体でどのあたりが「意識」されてるか、というのを

知っておく必要がありまして、


例えば上下で水平線を2つ引きました。


そして同じく緩やかなトレンドラインがありまして

それが重複している箇所というのが動画19分くらいから

説明されてます。




【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal



ちなみにこの重複箇所のことをコンフルエンスしているなんて

言ったりするんだけど


この辺をしっかり「見ることができている」ってのが

すごい重要ですよね。



それで動画後半(27分くらい)なんかで説明されていますが

また新しいチャートで上下に二つの水平線を引いて


そしてトレンドラインを引いて重複箇所(コンフルエンス)してる

部分を野田さんが説明してくれてますが、


ここで「イメージ」ができるわけですね。


「あ、これはもしここでチャートが下がってきたら

トレンドラインゾーン抜けてきたら


その後リターンムーブをつけてもっと下落するシナリオが

考えられるな」



みたいに考えられるわけです。



こういう「イメージ力」ってのをつけるために実は

水平線ゾーンとか、あとはトレンドラインゾーンを引くってことでも

ありますよね!


ちなみに野田さんがおっしゃっていましたがやはり

トレーダーに必要な資質としては「イメージ力だ」ということですよね。



これはその前の動画で野田さんが説明してくれてるんだけど

「シナリオ構想力」とか言ったりしてます。


「相場でシナリオを立てる技術」これが重要なんですね。


というのは相場って結局誰も未来は分からないわけです。


「不確実性」っていうのがある。


けどこれホリエモンなんかがよく言うことですけど

「想定内」とか言うじゃないですか?


あれなんです「事前に想定している」ってのがこれとても大事なんですね。


未来はあまりにも様々な

環境に囲まれていて不確実性が高いものであるのだけど


そこで私たち人間は「想定する」ってことくらいはできるわけですね。



これはシナリオ構想について、音声でも補足で話してます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【ゆうプレゼント音声】

「FXにおけるシナリオ構想について」

⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kousou.mp3




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【ゆうPDF】【「暴落を常に想定してトレードする重要性」について考える!】

http://fxgod.net/pdf/money/bou……soutei.pdf




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それで上の私のPDFで「暴落を常に想定してトレードする重要性」

についても語っていますが、


ここで「じゃあいかに暴落するだろう?」というところで

野田さんの今回の動画で説明されている


水平線ゾーンとかトレンドラインゾーンでのリターンムーブシナリオ

っていうのをトレーダーの多くは「イメージ」したりするんですね。



んで「事前に想定してた通り」そのシナリオが発動する場合ってのが

トレードしていると結構ありまして、


例えばこの動画の27分くらいで野田さんがおっしゃってる

トレンドラインを下ブレイクしてリターンムーブして


その重複した部分がサポートとして機能していたのに

それがレジスタンスとなって暴落していくことってのも

シナリオとして出てくるときが結構あるわけです。



【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal



それでこれが昨日対談音声2本目の話で

【トレンド初動を捉えるための「逆張りの発想のすごさ」とは?】

ということについて書きましたけど


ここも全部リンク=つながっている話になりまして、


ここで例えばそのシナリオになったら

売りを仕掛けるというやり方もあるわけですよね。


これは一般的にはまるで逆張りっぽく見えるけど

実際はリターンムーブつけて下落するシナリオを

一部の野田さんみたいなトレーダーは気づいてるのだけど、


それは世間一般では逆張りに見えてるけど

ちゃんとした根拠があって今までは上昇トレンドだったけど

下降トレンドに移行するまでの


「トレンドのど初動」である可能性はあるわけです。


こういうところで例えばショート打っていくというのも

戦略として考えられますよね?


それで、ここで疑問なのは、「重複しているところで

買いで拾えばいいんじゃないの?」というところがあるだろうけど


それってダウ理論の考え方として「トレンド初動を狙っていく」という

考え方とはちょっと違ってくるってのも押さえておくといいかもです。


この場合だと結構トレンドは長く上昇トレンドなわけで

「少し遅い」感じもしますよね。


だからこの下落した場合のリターンムーブのシナリオを狙うというのは

これはこれでありかな、と私は思うんですね。




例えば日足でこのような野田さんがおっしゃってるリターンムーブ

をつけていたとして、



4時間足とか1時間足に落としてみると

ここで上記の重複していた今までサポートとして機能していたところが

レジスタンスに変わって


そこで1時間足なんかで上髭長いピンバーが出ていましたとか。

もしくはプライスアクションのエンゴルフィンバーが出ていましたとか。

んでここで同時にMACDなんかでダイバージェンス出ていましたとか。


こういうところで仕掛けて例えばストップはそのピンバーのちょっと上

とか私はやったりするのだけど


これやると1時間足ベースではストップがとても小さくなるんですね。


が、日足ベースでそもそもリターンムーブつけて下落するシナリオが

描けているわけだから


思惑通りに下落したら・・・


「日足ベースで思惑通りに下落する」わけです。



となると損きりは1時間足で設定して50PIPSとかだったりするのに

日足ベースでガンガン暴落して300PIPS、400PIPS・・・と

利益が伸びたりすることもよくありまして


ここで例えばですけど「リスクリワード比率が高く、さらに勝率も担保されてる」

というおいしいとこ取りのトレードは可能になったりするんですね。


んで、「後から見たら」そのエントリー箇所はもろに下落トレンドに転換する前の

「完全な初動だった」ということはあるわけです。




これは「サポレジの説明動画」というのもありますから

こっちでも学んでみてください。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【番外編動画】
「億トレーダーから学ぶ「サポートレジスタンスの定義」とは?

⇒  http://nodafx.com/freedojo/supresi


PDF資料はこちらです!(サポレジの定義はPDF後半にあります)

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……/saporeji/

【PASS:Line Kiso2】間に半角スペース有り

※passをコピペして貼り付ける場合は、

必要のないスペース部分もコピーしてしまわないようにお気を付けください。


※1時限目から「基礎⇒中級⇒発展」とやっておりますので
もし見て分からない場合は1時限目から復習してくださいね!
1時限目~9時限目のリンクはページ右側にあります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




こういうトレードだけ積み重ねてもこれは負けないトレードを構築することが

可能でありまして、

このプランだけでも優位性があるプランになりますから


だからこの辺を検証すると私はとてもよいのではないかな?


と思いました。



だから、今まで10時限目まで色々野田さんの講義動画だったり

あとは音声プレゼントとかPDFとか流してますけど


理解してほしいのは「全ての知識が実は 「つながっている」」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っていうことですね。


頭が良いというのは学歴が良いとか勉強できるとか暗記力が高いとか

ではなくて


野田さんのように

これらの知識を全部総合力としてつなぎ合わせる力、

これがあることを頭が良いというのだと思います。



これをつなぎ合わせられるようになると投資とか投機の面白さ、

これを感じ取れるかな?と私は考えました。


野田さんの生徒さんは実はさらにこれ以上に高度な部分を

習得して実践されてたりするのだけど


だから生徒全員がこれ負けないで利益上がっちゃってるっていう

ところでもありまして、


やはりこの辺の戦略の作り方とかその辺がちょっと

野田さんはすごいところがあるんですね。


それであくまでも今回は基礎ではあるのだけど

その基礎自体、日本の投資教育で教えられていないので


これを見たら原理原則の1つが分かると思いますので

かなり勉強になると思います。


ということで今回の基礎の


上下にそれぞれ水平線ゾーンを2つとって、

そしてトレンドラインゾーンも作っていくということをすると


今まで見えなかったチャートの動きというのが

見えてくるようになるでしょうから


そして未来のチャートのシナリオもすごい立てやすくなりますから


是非ご自身でMT4立ち上げてこういうゾーンを描いて

シナリオ構想してみるというのをやってみてくださいね!




では!








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8時限目」をついに公開!(中級)


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







追伸・・・さあ、じゃあこれらのリターンムーブが起きる現象とか

水平線ゾーンを上下2つ引いて

そしてトレンドラインゾーンもこれまた引いて


そんでチャートを基礎的にマッピングする技術って

法定通貨取引のFXだけで使える技術??


というと違いまして、


これは株でも使えるし、仮想通貨FXトレードでも使えるし

先物でも使えるし、


実は売りと買いが存在する自由市場(フリーマーケット)で

チャートさえあればこれらの分析は金融商品問わず使えるわけです。

株なんかはPER PBR ROI ROEとかの分析も加えてより精度が

あげられるからより簡単かもしれないし、



それこそ原油や金チャートでさえ有効です。



だからこの辺のチャート分析手法を身につければそれこそ

FXだけではなくて仮想通貨とか株とか先物とか、どこでも

利益出せるわけでして


世界に無数にある市場で利益出すことが可能になるっていうすごさは

あるんです。


だから野田さんなんかはすごくて例えばビットコインなんかも

以前暴落した後、かなりの底で拾ってそれで「どうだ、おれ底で拾ったぞ」

と音声対談した日におっしゃってたんだけど



大衆はそこで売ってるけどそこで野田さんは拾ってるんですよね。

儲かるのはどっち?というと後者ですよね?



ということで今無料FX道場で学んでる内容、資金管理もそうだし




<資金管理>

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■野田式無料FX道場7時限目を公開します!(中級)


【投資でもっとも重要な資金管理についての動画です!】
⇒  http://nodafx.com/freedojo/shikin4

(※スマフォでも見られます、1時間くらいあるので
1度だけ見ても理解できないはずなので何度か見てください)


PDF資料はこちら!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/7/
【PASS:Shikin4】間に半角スペース有り

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   【ゆうのPDFプレゼント】(投資で重要な資金管理の発展編)



欧米の億トレーダーたちの常識である資金管理を学ぶ!



⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/shikinkanri1.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




チャート分析の方法もだけど

これらを知って実際の相場で活用できるなら、

まあお金を稼ぐという部分に関しては最強ですよね??



だから知ってほしいのは世間のパソコン一台で

投資とかビジネスで稼いでる人

これを新興富裕層と私は読んでるけど


彼らは「自分なりの確率を収束させる術」を持ってる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ってことなんです。


それで今回私が野田さんの案件をメルマガでやりたい!

と思ったのも理由があって


まず野田さんの人間性の「熱さ」がすごいのと

人を育てようという意識の強さと


そして「世界市場の中でも戦える世界基準の実力」を

持ってらっしゃるわけですよ。


野田さんはそのすごさがあるな~と思って私は尊敬できると

思ってるんだけど、


そして私の役目としてはそういうすごい人、

社会全体的に価値のある人物を世間に知ってもらうということだと

考えていますが、



今回その野田さんから原理原則を学べるということなので

また無料FX道場だけにあらず音声対談なんかも野田さんの

考え方、生き方、全般的に学ぶものがあると私は確信を持ってるので


是非がっつり学んで

読者さんのものにしてみてくださいね!



では!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8時限目」をついに公開!(中級)


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声1本目】をついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx2.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆










=============編集後記==============


さてさて、ここ最近ですが何かと「カタルーニャ独立」のことが

スペイン中央政府の横暴もあいまって結構報道されていますね。


ただこれ上にも書いたけど多くの人が「何で独立したいの?」ってところで

おそらく意味不明なんだろうと思った次第です。


というか日本の報道を見る限り、「分からないように」報道されてるな~

なんてのが私が感じた点なんですね。


一応マスコミの報道では「税の公平感に不満があって」

とかよく分からない財務省の官僚が言うような

言葉に直されて報道されてるものだから


見てる多くの人にとっても意味不明です。


「なんでだからカタルーニャの人は独立したがってるの??」


ってところですね。


今日はこの辺を私は調べていたので書きたいなと。


それでこのカタルーニャの独立の話なんだけど

結局の話やはり


「国家とは税のことである」


という見方が大事なんだけど、政治学ではこれ

国家というのは怪物リバイアサンであるという考え方がある

わけですね。


トマス・ホッブズなんかがそれを言った。


それでこの国家というのは恐ろしいものでまずは税金というもので

人々からお金を奪い取ると。収奪するってのがこれ今までの歴史の教訓です。

日本でもこの辺はそうですよね。


それで税金とかで取れるものが何もなくなったら次は

これ兵役なんかで命をとるというのが国家がやってきたことであります。



だからよく戦争が起こる過程で共通してるのが必ず経済が貧困化するという

現象が発生しまして、そこで国家が民衆から金を奪い取れなくなるんだけど

じゃあ次は軍事経済だ、ということで命を求めてくるわけでして


これは戦前の日本もそうだし、各国で多くの事例が見つかります。


んでこの見方を持ってカタルーニャを見てみると一発でなぜ独立したいか

分かりまして

「あ、重税にぶちきれたんだな」ってところですよね。


ここを見ないと何もこのニュースって分からないんだろうなとは思います。


ずばりアメリカでトランプが大統領となったのも

アメリカでは反国家、反官僚思想、反税金、反過剰福祉のリバータリアン思想

というのがアメリカ人の中で今急激に力を増しておりまして


ここでアメリカ人たちが軍産複合体やそれと癒着するワシントン官僚を嫌った

というのが根本にあるんだけど


これはリバータリアン思想のPDFで以前説明しました。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
アメリカの若者の間で勢いを増す
「リバータリアン思想」とは何か?

http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ian_us.pdf


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



 んでこの枠組みでカタルーニャ独立の動きを見るとですね、

これまさに反国家、反官僚思想、反税金、反過剰福祉という

この思想に沿ってる動きですから


やはり世界中に起こる

リバータリアン思想として必然的に出てきている流れだ

というのが分かります。



ただ日本のマスコミはこの背景をあまり日本人に知られたくないっぽくて

「よく分からない説明」がされてるんだけど


これは一言「カタルーニャの人々は重税にぶちきれたのだ」と

言えばみんな「あーなるほどね」と分かるのだけど

これを言うと日本にもその動きや思想が伝染するから、


まあこれを恐れてのよく分からないマスコミ報道となってるんだと

思います。


この辺はカタルーニャ州といえばバルセロナだけど

その辺に住んでる在外日本人のブログなんか見ると良くわかるんですけど


カタルーニャの州都は?といえば

バルセロナであって、あのサッカーで有名なバルセロナです。



それでカタルーニャというのはスペイン国内でこれ

稼ぎがいいわけですね。


んで税金も多く支払っているのだけど

一般的に言われるのが中央政府からの還付金が少ないわけです。

それでまたカタルーニャの人らはカタルーニャ人としての民族意識

はとても強いわけですが


そこで文化も押さえつけられてきた背景がありまして

ここで税制の不公平感 民族意識 が高まりそれで独立した

ってのが一般的に言われてることですね。


ただこれを見るといろいろ要素があるから分からないんだけど

やはり一番は「税金がくそたけーよ、ふざけるな」というのが

本当のところだろうと思います。



ちなみに実はこのカタルーニャとスペイン中央政府の

戦いってのは結構歴史があるんだけど


実はあまり言われていないけど17世紀にも似たことがあったんです。

17世紀にも同じようなことがあって

スペイン政府が宰相オリバレスの三十年戦争の

軍費の確保のため、カタルーニャに重税を課したんですね。


んでここでカタルーニャの人々は羊ではないですから

激怒しまして、ここで1640年から52年の12年間

農民の反乱が勃発したんです。


ここで私はカタルーニャの人々の気概を尊重するけど

収穫用の大鎌をですね、カタルーニャの人々は持って

それでスペイン政府と戦った。


だからその姿が農民が大鎌持って重税に戦う様子が

「収穫人戦争」とか言われたわけですね。


が、ここでカタルーニャ人たちの重税に立ち上がった反乱は

鎮圧された。



それでこのカタルーニャの人々が1640年から12年間戦った

収穫人戦争っていうのは、反乱のそのきっかけが


カタルーニャの農村部に駐屯していたカステーリャ軍の無法な振る舞いで

そこのトップの

カタルーニャ副王サンタ・クロマは毎日飲んだくれていて、

農民から重税ばかり巻き上げていたんです。


日本でも官僚公務員組織というのがこれとても贅沢に暮らして

大した仕事をしていない中、

ブラック会社勤めの民衆は貧しい、なんて光景にありますが


ここの感情に近いかもしれませんね。

「あいつら税金ばっかり取って何もせずのんびり暮らしおって」

という感情、これが1600年代のカタルーニャ人にはあった。



ここで重税ばかり取っていくスペイン政府に立ち上がったのが

カタルーニャの人々でありまして、


そこで「収穫人戦争」というのが起こったわけです。


それで今まさに報道されている「カタルーニャ独立」ってのは

だからこの「第2次収穫人戦争」と考えるととても分かりやすいですね。



ちなみにカタルーニャの人々は次々に課税されることに

相当いらだっていまして、



以前私のメルマガのほうで「宿泊税」について扱ったことがあります。

日本でもこれ宿泊税というのを取る流れなんだと。


これ実はカタルーニャでも同じなんですね。


日本と違う国なのに、似てるんです。



カタルーニャでは2012年11月より

宿泊税が課せられることになりまして、


・おおむね0.5~3ユーロ/1泊1人あたり
・ホテルおよびその他の宿泊施設全般が対象


みたいな税金が課せられているんですね。一例として。



日本人は税金に寛大で「もっと税金あげてください~」という

感じで、あまり怒るということはしないわけだけど

(私はよくこの重税に関しては声をあげますが。)


ただカタルーニャの人はこういう税金に関してはぶちきれる

性質があるわけです。


まあそれはそうです。自分ら民族の生活がどんどんその国家の横暴で

圧迫されていくのだから。



それで結構ネット上でも「カタルーニャ独立 なぜ」と検索する人が

多いらしいんだけど


ここで嘘が書いてあるわけで

カタルーニャの人の気持ちが私にはよく分かるんだけど

やっぱりリバータリアン思想というのが根底にあるんです。


それでこの「反過剰福祉」と言う言葉、これは日本では嫌われると

思うんですね。


やっぱり福祉はあってほしいと思うわけです、私たちは。


実は私ゆうも税金のことを色々書くけど最低限の福祉は必要ではないか

という考え方で特に生活保護叩きはおかしい、と思ってる人間です。


これを聞いてみんな「反過剰福祉を言ってる人が何言ってるの?」

とわけが分からないんだと思う。


実はこれカタルーニャの人もトランプ支持者のアメリカ人たちも

そうなんだけども


「国家というのは社会福祉を口実として税金を取り上げて

そこで「中間介入者」となってそして

「ピンはね」してそれを自分たちの人件費やリベートに使う」


と考えてるわけですね。



これは日本の事例を見たら分かりやすいけど

日本の場合一応表向きは収税の根拠としては「社会福祉のため」

だけど


例えば生活保護叩きが起こったけども生活保護の財政規模は

これ年間3.7兆円。


ただこれ官僚公務員、およびみなし公務員などの人件費や社会福祉

総額というのは特別会計を解体しないと正確な総額は出てこないけども

(ただ特別会計の中身は「誰も」知らない。国政調査権を使って

調べていた石井こうき議員は暗殺されてる)


一説には60兆円70兆円とも言われるしもっとそれ以上だ

という話もあります。


まあ誰も特別会計が明らかになっていないからその

支出の方法は知らないんですね。


だから生活保護の数十倍の例えば人件費が国家によって

使われていると言えるだろうけど


このように国家というのは「社会福祉を口実としてピンはねして

官僚公務員機構が増長していく」という性質があるわけです。


リバータリアン思想の人はそれを嫌うわけでして

要するに福祉そのものに対しては批判的ではない人も多いのだけど


が、国家が福祉というキレイゴトを言い出すと

必ず収税で民衆を苦しめて、国家の権限拡大につなげる

という歴史があったから


だから反過剰福祉という考え方になるわけですね。


だからここが多くの人が分からない点だろうけど

カタルーニャの人の本当の心情は

「スペイン政府がやたら福祉だなんだといって

税金を収奪していくけどそれは社会福祉なんてのは

欺瞞で嘘だ、それは本当はスペイン中央政府の官僚機構の

独裁維持のために税金が使われている」


と考えるはずです。


これは1640年からの収穫人戦争のときに

カタルーニャの人が怒ったロジックと一緒。




が、ここで日本のマスコミはこの「税金収奪には

必ず中間収奪者(官僚機構)がいる」

ということを報道したくありませんから



ここで「経済的に潤っているカタルーニャが貧しい地方の税を

負担するなんておかしいよ」というところだけ報道するんだけど


これだけ見るとカタルーニャの人が自分勝手のように思える。


けどそもそも貧しい地方にカタルーニャ人の払ってる税金が

使われてるなんてカタルーニャの人は信じていなくて


「それはスペイン中央政府の官僚どもの利権維持のために

使われてるではないか、貧しいもののために使われてるなんて

嘘を言うな」というものだろうと思います。



これをしっかり報道しないからカタルーニャの人々の独立志向に対して

いまいち私たちは理解ができないようにさせられてるんだけど


上のような感情を知れば私たちでも理解ができる。


それでカタルーニャのテレビでは


「カタルーニャが国だったら、国民の所得税は18%安くなる」



なんて報道されてるわけですけど

結局これは税金をめぐる民衆と国家の戦いと言えまして


ここでもしカタルーニャの税金が安かったら今回の独立には

なっていないわけでして


だからこのカタルーニャの独立問題の本質というのは

「中央政府、中央官僚機構が民衆から税金の収奪を過度に行うことに対しての

民衆からの蜂起」


というのが本質としてあるだろうと思いますよね。



ちなみに「マスコミ用語」として私が捉えているのが

「公平感のある税制」と言う言葉で

これがまあカタルーニャ独立でよく使われてます。


が、これは日本の税制でもよく使われる用語で

最近はサラリーマンの所得税の控除を引き下げるもしくは廃止で

見直し=サラリーマン増税というのが10月23日に

政府税調に発表されて


実質は

大体サラリーマンの年間の税金が10万円から20万円くらい

高くなっていくというのが報道されていましたが


ここで財務省が使った言葉が「公平感??」というロジックでした。


「最近は自営業として会社で働く請け負いが多いけど

彼らは所得控除がない。けどサラリーマンはある。


これは「税の公平感」の問題があるから見直しましょう」


というものですが


誰もその請け負いの人は「不公平だからサラリーマンの

控除をなくしてくれ」とは頼んでいないわけです・・・(笑)


むしろ彼らからしたら「俺ら請け負いも控除させろ」でしょうけど

なぜか官僚たちに「公平感」という単語を使わせると


「公平に控除をなくして両者とも重税」ということになっていく

わけでこの「税の公平制」という言葉は民衆騙しの

プロパガンダのような言葉として存在しております。


んでカタルーニャ独立でもそういうことが言われていた。


ただカタルーニャの人は「俺ら以外の地方の税金をあげろという

主張をしてるわけではなく」


単純に「俺らカタルーニャの民族から重税ばかり取るな」

と怒ってるわけですね。


ちなみにスペインと日本は実はすごい税制が似ていて

スペインの場合は国と地方に分けて税金を納めるシステムで

これは国と地方に所得税も分けて納められるシステムだと。


もっとも低い税率はスペイン移住のサイトなんか参考にすると


年間所得が少ない場合、国に15パーセント、

地方に3パーセントとなっているようです。

(ただ2017年のデータだと英語で探すと9.50 9.50%で

トータル19%になっている)



ちなみに所得が比較的高い人の最高税率なんかは40パーセントが国

8パーセントが地方となっていますが


また

英語圏の情報だと2017年時点のデータだと

トータル45パーセントという表記も見つけましたが

これ、所得が700万円後半あたりからもう

所得税率が45%になるわけですね。


いずれにしても最大税率はどうも40%台後半のようで

かなり多くの人がこの最大税率を課せられてると思われる。


ちなみに日本の場合はこれ最大税率は所得税だと

実際は住民税も加えて55%ですから日本よりは

安いと思われますが


ただ日本の場合は最高税率が課せられる額が年間4000万円あたり

ですがスペインの場合は最高税率になる累進課税の

アッパーがかなり低い位置に設定されていると見えます。



だからカタルーニャの場合は比較的所得が高い層

は普通でしょうから

おそらく所得税率は30%~40%前後が多いんでしょう。



それで日本のサラリーマンの場合だと所得税以外にも

住民税やら健康保険税やら年金税やら消費税やら

色々税金を払ってるけどあまりこういう重税に対して

立ち上がるという動きは出ないわけですが


これは自動税金引き落とし制度によるものですよね。


いわゆる源泉徴収制度といってナチスドイツから

日本が採用した制度ですね。


これが今でもサラリーマンの源泉徴収制度として

続いてるわけです。


ただサラリーマンでこの源泉徴収制度はナチスドイツから

来ているって知らない人も多いんでしょう。


これは納税している痛みを労働者に知らせない、

ということを目的にしているわけですが


結局、政治とは国家とは税のことであるから、

税金の痛みがあればあるほど政治に興味を持つわけです、人間は。


ここで政治に興味を持たせないというのを源泉徴収制度は

意図しているわけでやはりそういう意味でのナチスの狡猾さがありまして

それを日本政府もちゃっかり昔から採用してるんですね。



ただスペインの場合はこれは基本的には

日本の自営業と同じで確定申告なんですね。


だからスペインの人々の納税に関しての意識、痛みというのは

結構あるわけです。



一気にまとめて税金持ってかれるわけだから。


だからここでカタルーニャの特に自営業のような人たちが

特に怒って今回の独立騒動となっているのは


分かりやすいわけだけど


あまりこの辺の税金の背景までは日本のマスコミで報道されていないな

なんでだろう、というのは私が調べていて感じたところですね。



それで大きくは重税に怒って立ち上がったカタルーニャの人々

という構造がありまして


そう見ると今回スペイン政府が投票箱を警察官に取り上げさせたり

しているのが良くわかりますよね。


だって今まで沢山納税してきた奴隷的なカタルーニャが

自分らから独立したらこれはもう税金奪いとれなくなります。


それは困っちゃう。


それはなんとしてでも阻止したいというスペイン官僚機構の

思惑っていうのも良くわかりますよね。


だからやはり世界は大きくはリバータリアン思想の

反官僚支配、反税金みたいなところで動いているなと私なんかは

感じるところですが、この辺の動きを知られてしまうとまずい


各国のメディアはあまりこのカタルーニャの独立問題の背景に

重税問題への民衆の怒りがある、という扱い方はしていないですね。


ただこのように見ると結構よくカタルーニャ問題が分かるので

親近感もってみることができるので面白いとは感じます。



ちなみに世界中のマスコミの意見としては

これからもしカタルーニャがスペインから独立したら

そこでカタルーニャがEUに加盟しようとしているけど


それは認めないという論調ですよね。


そこでもし認めてしまうとEU内で分離独立を求める

多くの地域が独立してEUに入りたい、ということになってしまうから

だからといってカタルーニャみたいな独立した国を

EUにずっと入れないのも現実的ではないから入れざるを得なくなると。


が、そこで分離独立が増えていくと全会一致のEUの運営が困難になっていく

というのがマスコミでよく言われてることですね。


が、これはそうもならない可能性もあって


「カタルーニャが独立しても欧州で分離独立を問う住民投票を

近いうちに行うと決めてる地域はないから、カタロニア独立問題は

EUにとってそれほど大きな問題じゃない」


という声もノルウェーの学者から出ていてこっちが正しいのだろうな

という感じはします。



というのはこのノルウェーの学者が踏まえているのが

EUなんかはこれもう結構準備しているんだろうなと

思える節もあって、


EUで「多段階統合」というのがすでに

決定しているんですね。


これは野球とかサッカーにある

1軍2軍をイメージすると分かりやすいけど


これをEU統合に当てはめていってそれで欧州合衆国を作っていく

という発想です。


これはフランスのマクロン大統領が言ってる。


国家統合を早く進めるドイツとフランス主導の諸国が

1軍A組で


統合をゆっくり進める2軍のB組、C組、みたいのを作るという

ものなんだけど


例えばスペインがうまーくカタルーニャ問題を解決すれば

1軍、


そうじゃない場合はスペインと新カタルーニャ国が両方

2軍、みたいなそんな感じですね。


それでしばらくしてカタルーニャのほうが2軍の中で

なかなか素質がある優等生ということだったら


これカタルーニャは1軍昇格みたいな感じです。


こういう感じの新しい統合の仕方がEUの多段階統合体制ですけど


どうも今こういう方向で動いているということですので


当面は混乱するだろうけど、

意外にカタルーニャ独立に仮に動いてもなんとかなるように

マクロンやメルケルが動いているというのは感じるところですね。


だから意外にEU当局なんかはこのカタルーニャ問題については

すでに想定済みだったりするから


今回の問題をスペインの内政問題として考える傾向が

強くてあまり強く干渉していないってのはそこに理由があるのでしょう。




ということで、今欧州なんかもすごい揺れ動いていますけども

とりあえずカタルーニャの独立というのは大きくは

重税にぶちきれたカタルーニャの人々の


1600年代にあったカタルーニャの「収穫人戦争」の現代版なんだ

と見るとこれはこれで注目する点がありますね。



そこでこの欧州ですでに決定されてる多段階の統合制

がEUで進んでいくか?なんてのも注目だったりしますね。



今、重税化が進んでいる地域ってのがまさに

QE=ジャブジャブマネー=金融緩和を続けている


アメリカ、日本、欧州なんだけど


日本以外の国ではやはり重税に怒る自営業者たちの

反乱というのが大きくは見られて、政治を動かしているのが

感じるところでもありました。



まあなんともこれからどうなっていくか欧州も注目ですね。

それでは!



ゆう





追伸・・・ちなみに日本のサラリーマンの源泉徴収制度

すなわち税金自動引き落としシステムなんだけど


これは上に書いたようにナチスドイツから日本が採用したもの

ですけども


日本のようにこのシステムが浸透していると

税金に関する痛みがあまり大衆に認知されづらいわけでして

この辺の狡猾さがやはり日本の官僚機構にはあるな

と思いますね。


政治興味がないというのはやはり税金の痛みがないと

これ政治には興味は持たないものですけども


(「国家とは税」のことであるから。)


そういう意味では源泉徴収制度を制度として機能させたナチスの

支配戦略の怖さ、すごさはあるわけです。


逆に日本人でもネットで稼ぐと「確定申告」というのが

確実にありますからそこで初めて税金の正体を知るわけで

そこですごい政治に興味が湧いてくるってのはあるんだろうと

思いますよね。


私なんかはマレーにいてマレーシア人がやたら税金や政治の話を

してくるのに驚きますが


これはやはり税制の違いが大きくは影響してるんだろうな~

とも感じますね。


カネと性の話、これを民衆が市井(しせい)でするのは

大事なことなんでしょう。



それでは!





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx2.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8時限目」をついに公開!(中級)


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください