無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【追い込まれていく銀行業の人々】

2017 11月 03 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



【追い込まれていく銀行業の人々】
⇒編集後記で


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx2.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!



さてさて、ここ最近ですが

「三菱UFJ、店舗2割削減を検討 みずほもIT化で人員大幅減へ」

というのがニュースになっておりました。



ここ最近銀行というのが苦境に陥ってるというのを

メルマガで実は結構扱ってまして

それがここ最近表に出てきたな~と思います。


編集後記で!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


2本目の対談音声を公開!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さてさて、ここまでかなり多くの無料FX道場の内容や音声などを

流しておりますが、


今号では2本目の音声を公開したいと思います!!


こちら今でこそ野田さんは億トレーダーとして

大きな活躍をされているのですけど


実はその前に26歳くらいで3000万円の損失を食らっている
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
経験があるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~


こういう失敗談って普通のトレーダーは恥ずかしがって言わないけど

野田さんが億トレーダーになるまでの過程で

ここまでヤバいトレードをしていたってことも知ることができるので


ある意味貴重な音声だと思います!


どうぞ聞いてみてくださいね~




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx2.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



以上です!


また1本目の音声や無料FX道場のコンテンツは以下になります!


↓↓


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声1本目】をついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【ついに無料FX道場10時限目を公開!】

「デモトレードで練習してみる!」(前編)

⇒  http://nodafx.com/freedojo/practice1


PDFテキストはこちらです
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……045160/10/
【PASS:Demo Target6】


※passをコピペして貼り付ける場合は、

必要のないスペースや記号部分もコピーしてしまわないように

お気を付けください。



※1話目から復習する場合は、

右側にリンクがありますのでこちらからご覧いただけます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






さてさて、それで今号では2話目の対談音声を公開しましたが


今でこそすごい堅実なトレーダーでそれで100万円を4000万円にしたり

何億円も稼いでる野田さんなんですが


私も話を聞いて驚いたのだけど26歳のころに

3000万円をFXで失っているわけですね。


その頃はメルマガで書いている「資金管理」とかは

ほとんどしてなかったそうです。


たぶん多くの人が

「このゆうって人のメルマガは資金管理資金管理うるせーな~」


なんて思ってるかもなんだけど


資金管理とかしないとほんとこうやって大きな額を飛ばしてしまう

わけで 3000万円は授業料として高すぎますよね・・・(笑)



だから「最初からうまくいく人はいない」ということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただ野田さんの場合、その後必死に勉強して、それで勝てるトレーダーになって

いまや億トレーダーになっている、ということでありまして、


まさに「下克上」ですよね。


この感じが人間の素晴らしいところだと私は思いました。


ただ学んでほしいのが、野田さんの「このまま負けたまま引き下がらない」

という姿勢ですよね。




「今は負けてるけどもこれから必死に勉強して

うまくなって「打ち負かしてやる」」


ということをおっしゃってますが、この感じがやはり重要だな

なんて私は話していて思ったんですね。



まあちょっと口は悪い言い方だけど

「このやろーこんちくしょー今は負けてるけど

いつか見返してやるぞ!」


という強烈な意志が野田さんにはあって、それが今のすごい

トレードにつながってきているということが重要です。


「あきらめないで食らいつく」というこの「しつこさ」が

実はすごい大事なんですね~




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx2.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



日本だとやはり最近は「しつこい」って嫌われる傾向があるかもしれないけど

それでも重要なのはこの「しつこさ」なんですね。


これは実は優秀な政治家なんかの特質としても研究で言われていることで

重要なのは「しつこさ」なのだと。


これは恋愛なんかでも実際あると思っていて

しつこくいくと今はあれですストーカーになってしまうわけだけど


私が小学生のころやっていたドラマで101回目のプロポーズってのが

あって、


ここで武田鉄也っていう、あまりモテないさえない主人公が

そこで相手の女性に食らいついて

それで落としていく、というドラマがやっていたものです。


たぶん、最近はそれストーカーになってしまうからですね、

ドラマなんかも問題あって再放送とかはされていないのかな?とは

思いますが、


ただしつこさってのもある程度は必要だったりするわけですよね。


それでうまくいくことってのは実は結構多いわけです。


それでこれはFXなんかでも一緒で、しつこくしつこく学び続けて

実践を続けて、


それで道を切り開いてきた野田さんのすごさ、というのがあるんですね。


音声でもちょっと言ってますけど、野田さんは中指あたりが

こうちょっとぐにゃって曲がっていて


今となっては勲章みたいなものだけど

もう3000万円負けて壁殴って骨折したこともあったわけです。



けどそこから「這い上がってくる強さ」です。

これがあるってのが一番学んでほしいところですね。



テクニックとか技術を人は求めるけども、

それってあくまでも上辺のものであって、


そこに「しつこさ」とか「熱情」があって、これはFX以外の全ての

ジャンルでも結果が出てくるということです。



野球なんかでイチロー選手がよく引用されるけど

あの人も「しつこさ」では天下一品でとにかく自分のフォームの

研究に熱心で常にしつこく、最高を目指しているわけです。


あれがあのすごい結果を出しているわけでして。


日本ではしつこさってのがこれ行政によって制限されたり

するわけだけど


実際はしつこさで切り開ける道というのはずいぶんと多かったり

します。


それで野田さんの場合はこのしつこさ、執念というのがあって

それが彼の今の億トレーダーとしての地位に結びついてるってことでして


それをこの音声から学んでいただければと思いますね!


今は億トレーダーですごい人だけど野田さんにも昔は

ダメダメだったときがあったけど


そこから「這い上がった強さ」があるわけで

それを学んでいただければと思います!




スマートフォンでも聞ける形式にしておりますので

是非読者さんのお時間のあるときにゆっくりと聞いてみてくださいね~


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx2.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆











===========編集後記=============

さてさてここ最近ですが銀行の人員削減、すなわちリストラ戦略が

話題になっていました。



「三菱UFJ、店舗2割削減を検討 みずほもIT化で人員大幅減」ということで

特にみずほなんかは1万9千人がリストラ対象になるということで


「今まで必死に働いてきたのに、その結果がこのリストラなのか?」

ということでネットでも話題になっていましたね。



特に今なんかは人工知能AIなんかの導入もあって

どんどん銀行業はリストラを進めていく感じでして


本当によく言われている「AI化で人間の仕事がなくなっていく」

というのが現実化してきているのだな、と思います。


またそれ以外でも最近は銀行はかなりマイナス金利以降苦しんでる

というのはメルマガで書いていたのだけど、


まさにそれが表面化してきたな、と。



それで私がよく読んでるブログで超高層マンションスカイウォーカー

という金持ち投資家さんのブログがありまして

彼もこのことについて書いていました。


見てみましょう


=======================


「メガバンクの一角である

みずほフィナンシャルグループ(FG)が

今後10年程度で国内外1万9000人の人員削減を

検討していることが分かった。」



銀行は、市中から無担保かつゼロ金利で資金を集めて、

運用してピンハネする商売。



そんな単純な商売に5万人も6万人も人員が必要もない。


何でそんなところに新卒を大量に採用しては

吐き捨てるのか意味がわからない。



スマホなどの高性能なコンピューター端末が端々まで

行きわたっている状態では、

金融の形態としては、間接金融は順次縮小して、

各自自己責任を明確にして、


カネのやり取りもモノのやり取り同様に、

直接金融を拡大させるべき時代に突入したのだと思う。



重要なことは、ヒトが集まるところにATM端末があるのであって、

そのATM端末で出金する現金もデジタル化するのであって、


ATM端末も、公衆電話のように消滅してゆくのだと思う。



そうなると、銀行の窓口もATM店舗も不必要となり、

手持ちのスマホやカードですべての決済が可能になる。



必然的に営業店を管理するヒトも不必要になるし、

店舗自体も不必要となる。


カネの調達は誰でも市中でできるようになり、

貯金は株や金地金で預金すればいい。



つまり、今後銀行はなくなっていくということだ。

=======================


以上です!


超高層マンションスカイウォーカーさんなんかは

金地金がグラム2000円とか3000円あたりのときに

これはもっと上昇していくと書き続けていた人で


それで今なんかは5000円くらいまで上がってきているんですけど

まあやはり彼の言うとおり銀行業というのはこれから

きつくなっていくだろうと私も見てるんですね。



ちなみに最近の銀行の苦境については

私がこの前日本にいたときに本メルマガのほうで

扱っていたのだけど


こちらも引用なのですけど分かりやすいと思います。


2017年9月28日に配信した内容で

【今の日本は戦後最大の好景気?って大本営の嘘っぽい】

っていう号があるんですけど


こちらでも以下の内容をメルマガで扱っていました。


↓↓


(2017年9月28日のメルマガより)
====================


それで恐ろしいのが日本のマスコミなんかも記者クラブ制度というのが

ありまして、


それで実質 新聞なんかでは「○○庁幹部」とか「関係者」という

表記がされるけど


官僚たちの思惑をそのまま流しているわけです。



それでこの前見たのが


茂木敏充経済財政担当相が記者会見で、

景気回復期の長さについて

「9月まで58カ月と、(57カ月だった)戦後2位の

『いざなぎ』を超えた可能性が高い」という事を言ったのだと。



そして各マスコミが右も左も関係なく

それを流しているわけです。


だから今は「戦後最大の好景気かもしれない」

ということになりますよね、政府発表を見ると。



ただ私が見る日本経済は多くの人が消費を自粛している感じを

強く感じますし、


例えば車なんかでも高速道路なんかが高いから

一般道が渋滞していたりとか、


そういうのを良く見るのだけど


また安い店が繁盛していますよね。逆に高い店はこれ

飲食店なんかでも結構空いている。



また日本の東京の夜の街はとても静かで

どの店も営業をすごい早い時間で終えてしまっていて


夜11時くらいになるとやってるのは

コンビニかファミレスくらい・・・という感じですよね。


今のアジア国だと夜にちょっとカフェでパソコン広げよ~

と思ったら何かしらどこかの店が結構やっていて

不便しないものだけど


最近の日本はもうどこも営業時間ですぐに閉まって

夜が真っ暗でして、東京都心でもやってる店を探すのも一苦労・・・


ってのを経験するわけです。


渋谷新宿らへんはまだそれでもギリギリ明かりがあるけど

ちょっと東京都内の渋谷新宿池袋らへんを外れると

本当に夜になると真っ暗なんです。



これを見て私は


「本当にこれが戦後最大の好景気なの?」


とすごい疑問を抱くわけですね。


韓国なんかについては日本では景気が悪いのだ、という大本営が

されてるけど


夜11時にもギンギラギンで明るくて人が往来しているのだけど

(これは実際ソウルとか釜山行けばわかる。)


日本はもう夜、なかなか店が回っていないな・・・と。


個人たちが消費しなくなっているんでしょう。


ただ政府いわく


「9月まで58カ月と、(57カ月だった)戦後2位の

『いざなぎ』を超えた可能性が高い」


ということだからじゃあ戦後最大の好景気、になるわけです。


一応。「(本当かどうか分からない)数字上」は。



それでこれらの大本営的な数字を根拠に

官僚たちの思惑は増税したいんでしょうけども、


これで官僚たちが「作成する数字」はまたここで

景気拡大とされるわけですけど


民衆の生活はさらに暗くドヨーンとするのかな・・・

ってのは感じますね。


ちなみに私は結構色々な社長さんたちと最近会ってるのだけど

面白いのが銀行でして


最近は銀行が「どうかお金を借りてください!お願いします!!」

ってですね、


頭を社長たちに下げにくるんだそうです。


銀行なんてのは昔は中小企業経営者たちにお金貸し付けて

もうすごい上から目線で担保とって、


それで返せなかったらその中小企業の社長を怒鳴りつけて、


という感じですごい横柄だったものだけど


最近は逆で銀行が

「誰もお金借りてくれないんです!

どうかお願いですからお金借りてください!」


って、社長に泣きつくんだそうです。


地銀もですしメガバンクも泣きつく感じではないけど

社長たちに「お金借りてください」と頭をさげてるようです。


ただ最近の日本の中小の若い、どんどん成長している社長たちって

ITでコスト削減しっかりしているので


手元に全然お金はあるわけですね。


だから「いや、借りてって言われてもこれからの

ビジネス拡大のためのお金はあるんだよなあ。


むしろ、どこに設備投資すればいいかよい投資先がないから

留保してしまってるんだよ・・・」


と悩んでる状況だったりするんですね。


だから最近の銀行ってのは実は裏でかなりすごい交渉していて

金利が0.2%とか0.3%なんだそうですよ。


激安。


それでさらに以前は担保を取っていまして、

お金を貸すためにはその社長さんの家だとか資産を担保に

とっていたけど


最近は担保に取らないという契約も出てきてるんです。


「担保も一切取らないで貸すのでどうか借りてください~~」


とほんと泣きつくような感じで、それが今の地銀や信託銀行だったり

するんだけど。


大銀行も似たようなものです。


んで渋々社長たちは「じゃあ借りてあげるよ、けど

お金いらないから3ヶ月で返しちゃったらだめ?」

とか聞くとこれは銀行も3ヶ月で返されたら商売になりませんから



「どうか2年間で長い期間で返してください~お願いします~」

と社長たちに泣きついてるんです。


んで社長たちもこういう銀行に以前はお世話になってるから

渋々「じゃあ一応借りてあげるよ、借りても投資先が

あんまないんだけどね」


みたいな感じで、借りてあげたりはするわけです。



だからこれは不景気の現象なんですけど

不景気だからもうどの社長も新規設備投資とかしなくなっていて

そこで費用回収が見込まれなくなっている、と。


そして新しい事業興して、それで儲けたるぞ~

って人も少なくなっていまして、


それは経済が縮小しているからなんだけど

ここで銀行側も「お金貸す人がいない」という状況なんですね。


銀行側もただお金貸すわけじゃなくて有能な経営者とか

見つけてきて、そこで貸すわけだけど


もう全部そういう社長は押さえられている状況で、

プラスで貸す相手がいない、というのが今の地銀の本当の

状況なのだ、と私は聞いて知りました。




お金貸せなかったら銀行はもうこれマネーゲームで

株買ったり国債運用してなんとか切り抜けるしかないですからね、


ということは日本のまず弱い地銀からこれから大変になってくる

ってことだ。



私はだから驚いたんです。以前は個人の事業主とか自営業たちが

銀行に高圧的に来られて銀行からの借金で泣かされていたわけだけど


今は逆で銀行が「お願いです~借りてください」なんてやってると。


ほぼ銀行が中小の利益だせる社長たちに

土下座している状態です。


立場が逆転してきてるんです。



ちなみに私の周りで銀行に借金してる人って聞いたことないんで

みんな自分の自己資金でビジネス回せてますからね、


というともう銀行はこれから大変です。


それでこれが「もし好景気だったら」すなわち

社会の中に、経済の中に「実需」がありましたら


それは経済の当たり前の考え方で吸収されていない実需があるんだから

みんな起業して、どんどん店だして 儲けようとするわけ。


だから銀行は強気に金利あげたり、担保とれたりするんですけど。


けどその実需が日本にない、と多くの経済に関わるトップの人らが

判断しているというのが


今の日本の大きな状況で


そこで起業したり店作ったりって人が

激減している状況と言えると思いまして、


だから誰も銀行からお金借りてくれないんです。


ちなみに好景気だったら銀行ってのもこれすごい好景気で

お金バンバン貸してその本来のお金貸して利子で儲けるって

いうビジネスモデルで儲かるんですけど


そこで儲かってる銀行ってのが今のインドネシアとかマレーシアとか

中国の銀行ですね。



ただ日本の場合は実需が弱いわけでして、

人々がモノをなかなか消費しない国になってきていますから


これ、結局事業者たちが事業しないからそこで銀行も

お金貸せなくて困ってる・・・という状況がどうもあるようです。




=========================


以上です!


この私が実際に社長さんたちに聞いた状況というのを

メルマガで書いていたのだけど


それから1ヶ月でもうメガバンクのみずほや三菱東京UFJなんかが

人員削減に踏み出したと。


だから最近思うのはよく

「小さい現象とマクロの経済は違います!なんていう詭弁」

を言う人がいるけど


これは経済学で合成の誤謬(ごびゅう)というのだけど

ミクロとマクロはリンクするとは限らないというものだけど


これは個人的には偽の理論だろうな、と思いますね。


実際は個人の実感と経済状態とかそういうものはかなり

リンクしているものでして、


私なんかは日本株なんかも利益出てるけどこれも

「実際にその会社のサービスを受けてみてそれで

株買うかどうか決める」というのは重視しているのだけど


これはジムロジャースなんかもそういうやり方なんですけど

やはり集客状況とか、例えば飲食だと実際に何店舗か見て回れば

分かりますし


そこで投資判断するっていうのは結構重要かなと思います。

あまりこれ失敗しません。


逆にチャートだけ見て売り買いしているとそこに

根拠としての自信が弱くなるってのは感じまして

やはり実際に現地で見てみるってのは大事だなって思いますね。


それでマイナス金利以降追い込まれている銀行業ですが

もうこれからどんどん追い込まれていくのだろうな

というところもありまして、


そこで生き残りのために人員削減まで踏み出したのが

メガバンクですよね。


また地銀もこれからやはり大変だと思います。


今の日本ではそれこそ学生の就職人気ランキングに

銀行なんかがあったりしますけど


今から銀行に就職って結構きついんだろうな~なんてのは

私が感じるところです。




それでここ最近ですが副島先生の最新刊が日本でも

出たと言うことでネットで見ていたのだけど


内容紹介でこのようにありました。


この副島隆彦氏は知る人ぞ知るで、日本でも

おそらく唯一「大統領選挙はトランプ大統領が勝利する」と

断言して本にして出した人でアメリカ思想研究のプロで、

おそらくこの人を上回る思想研究家は日本語圏ではいないと思います。


んで実は私はこの前日本に行ったのだけど何よりも氏の

金融セミナーにお金出してマレーシアから日本に行ったのだけど

彼が言っていたのが


「米日株価がしばらくあがっていき、ビットコインもあがっていく」

だったけど、まあその通りになった。

これはメルマガでちょっと書いたんだけど。


んでその副島先生の最新刊の説明が以下ですね。

======================

副島隆彦の近未来予測最新刊!

銀行が消える。まさか――と思っても、もう遅い。

世界の現実は動いている。

私たちにとって「新しいお金の時代」が到来する。



すでに日本の地方銀行では、合併や支店の統廃合が進んでいる。

また、メガバンクや外国銀行も例に漏れない。


三菱UFJは今後10年で10000人を削減、みずほFGは

「今後3~4年で支店を1~2割統廃合」と佐藤康博社長が明言した。


ドイツ銀行は3000人解雇、国内188店舗を閉鎖する。


なぜこんな事態になったのか。

日本ではマイナス金利政策が銀行経営を圧迫したことが理由の一つ。


だが、それ以上にデジタル技術の進化=AIの波が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
銀行を飲み込んだのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今は簡単な送金や引き出しはコンビニのATMで済んでしまう。


そしてBitcoin(ビットコイン)に代表される仮想通貨が、

新たな決済手段として登場した。


この仮想通貨が貴金属や資源、食糧などの

実物資産(タンジブル・アセット)と結合し、

裏打ち(担保)されたとき、次の世界通貨体制ができてゆく。


さらに本書では、米軍の北朝鮮爆撃を予言。有事に株価が跳ね上がる

“戦争銘柄”20を一挙掲載した。

好評の巻末付録「訪日外国人支援企業推奨銘柄27」と併せて要チェックだ。



======================

以上です!


ちなみにこの副島先生は思想としては「アジア人同士戦わず」であるけども

そこにはやはり理想があるのは認めていて、

世の中というのは理想ではなく現実で動くから、


だからそこで「戦争になったら何の銘柄が注目か」というのも

そういう話もよくされるわけですね。


戦争はすべきではないわけだけど、

そこでもし戦争になったら何の銘柄が儲かるか、を考えるのが

これ投資家というものであって、


まあなんともその辺の自己矛盾が常に投資家にはあったりするんだけど

けどそれがマーケットで戦うルールでもあったりするわけです。


それで、今なんかはどんどんAIとか後は上の仮想通貨ビットコインなんかの

登場で新たな決済手段として登場してきておりまして、


もう送金なんかもビットコインアドレスでバンバン国境を越えて

できてしまう時代になりつつあるわけですね。


送金なんかもビットコインだけではなくて

どんどん便利になってきていて手数料なんかは銀行送金をすれば

色々めんどくさい時代なんだけど

(例えば1000万円以上を海外送金すると電話が来たりして

犯罪者扱いされる、ということもよくある)


今はもうそういうめんどくさい送金作業もこれ

結構多くのサービスが立ち上がっていて簡単に送金が

できるようになってきています。


これは海外在住者は大声で言わないけど、

すごい詳しいでしょう。



それで私なんかもビットコイン、ビットコインキャッシュ、

ネム、イーサリアム、リップルなんかは持ってるんだけど


これはテストで持ってる感じで数千万円とかはいれてないけど

それでもずいぶんと何百万円とか増えるわけです。

何もしていないのに。


これを見るともう仮想通貨の時代なんだな~と感じるわけですけど

そしてその稼いだお金を送金するのも簡単にできてしまう時代になっている。


わざわざ「SWIFT」というけど西洋の銀行間システムを使わないでも

送金できてしまう便利さがあるわけですね。



それで今までは預金をするというのが普通だったわけだけど

これは超高層マンションスカイウォーカーさんが書かれてるように


「カネの調達は誰でも市中でできるようになり、

貯金は株や金地金で預金すればいい。」


ということでそれこそ最近は仮想通貨のICOなんかで資金調達ができるわけで

株式市場を通さなくていいと。


それで資産保全は金地金だったり株だったり、または

仮想通貨でしていく時代になっていくだろうから、


もうそうなると、これ銀行は将来的に

不要になってきてしまいますね。




ということでこれからの時代ですけど銀行はとても大変そうですね。

昔は銀行員=エリートみたいな感じだったけど

もう時代は変わっていくということなのでしょう。



それでここ最近なんかは銀行なんかの融資の審査なんかも

AIに審査させる形に変わってきてるなんて言われていまして


それでAIが審査を出して、それを一応人間がチェックするという

感じになってきてるってことですよね。


だからもうAIの人工知能に人間が使われてる感じで

リストラ候補の人なんかはAIのチェック作業をさせられてる

なんて話も聞きます。


んでAIがより優秀になったらその人たちもリストラされるわけで

これ、なんとも笑えませんね。


ということで確実にAIやロボットやもしくは決済手段の発達が

人間の職業を奪っていくというのも現実化してきてる

ってのもポイントだと思いました。



ただここで経済が効率化されるのは事実であるから、

そこでやはり経済で爆発的な生産性を出す起業家や投資家たちは

これからの時代どんどん増えていくだろうというのも

私が見ているところです。


よく「労働者サイド」の意見として「AIやロボットの進化が人の仕事を奪う」

ということが言われるわけですけど


私は別の見方を持っていて「AIを活用する側」としては

これどんどん利益を上げやすい時代にも入ってくるだろうと。


すなわち考え方がこれから大事になるわけで

労働者としての考え方しか持っていない人は「仕事がなくなる、どうしよ」

となるわけだけど


一方AIや人工知能を使う起業家的な考え方を持つ人は

例えば飲食店を運営するにしてもAIを活用してほとんど人件費をかけないで

利益を上げていく、という発想になってくる。


今まで月間売り上げが1000万円の飲食店で

人件費が500万円かかっていたならば

この人件費はAIのケアの人件費40万円くらいになって

そこで粗利益がどんどん増えるという考え方になるわけですね。


そしてそういう起業家にファイナンスするのが投資家の役目であって

そしてそういう起業家はファイナンスというのを今まで

銀行の融資で行っていたものが


仮想通貨なんかのICOなんかを活用してファイナンスしていく

形になっていくわけで。


となるとここで儲かるのは投資家や起業家ということになります。


労働者サイド、すなわち仕掛けられる人の意見だと

確かに、仕事はなくなるんだけど


ちょっと考え方を変えて「仕掛ける側」に回るということを

考えるとAI活用ってのはかなり可能性はあるという考え方になりますね。


起業家や投資家サイドの考え方になれば、ですね。


だからこれから既存の職業はどんどんなくなっていくのだろうけど

その代わり新しいチャンスが少なくとも

開拓心がある人にはどんどん出てくる時代になっていくだろう


というのが私が見ている未来です。


一方開拓心がない場合で潜在的なところで「雇ってもらって

お金をもらうのが当たり前」というマインドの人の場合・・・


やはりきつい時代になりそうだな、というのは感じますね。


労働、というのは経営者が労働者の時間を買うということで成り立つわけでして

その経営者が労働者の時間を買った人件費が

労働者にとっての給料になるわけです。


だから労働者が売れるものは時間です。

がその時間を無限に保有するのがAIだろうから

これ自分の持ってる時間を売るわけだけど


時間という資源に需要と供給があった場合

供給過剰にこれからなるんです。


AIは事実上時間は無限大ですから。

AIロボットをいくつも作れば、働く時間は無限大に作れる。


労働者のマインドであり続けるというのはすなわち

この無限に時間という資源を持つAIロボットと時間の切り売り競争をする

ということで当然負けますよね。


ただこの時間を買う側に回った場合、AIロボットがいくらでも

「時間」を安く売ってくれるわけだから


それを活用する側はどんどんこれから金持ちになるということに

なりそうです。



なのでそれを活用する側のルール、すなわちこれからの時代

起業家や投資家として利益を出すためのルールを学ぶことはやはり

大事になっていく、ということです。


ということでこれから銀行業は消滅していくか

もしくはかなり衰退していくことは考えられますが


ただそのコインの裏と表で、新しいチャンスは出てくるということだと

思いますね。



なんともすごい時代の変革に私たちは立ち会ってるな

と思います。


それではまた!



ゆう





追伸・・・

私たちは「労働してお金をもらうのが正しい」と義務教育で教えられた。

そして今もおそらく日本だけにあらず世界中の人がその価値観を

少なからず信じている。


けど、その労働自体はAIでできるようになってきたわけです。

AIロボットが労働は全部やってくれる。


となるとこれから労働主体の考え方は通用しなくなってくる、

ということ。


一方経営者や株主の考え方としては労働者の時間を買って

利益を出すというものだけど、これからはAIロボットを作って、

もしくは購入して、彼らは利益をより効率的に出すようになる。


そして資金の流れも今までのような煩雑な銀行様の顔色をうかがう

必要がなくなり資金調達が楽になりますから

よりすばやく経済が進んでいくでしょう。


だから今は多くの人が労働者としての考え方を持つけども

それは時代についていけない可能性が高く

むしろ自立した自営業としての考え方が大事になってきまして

その考え方を持った人があらゆるチャンスで資産を増やしていくはずです。


だから投資家としての考え方を今のうちに

身に着けておくのはこれからとても大事、ということになりますね。


その投資の対象がFXだろうと株だろうと仮想通貨だろうとICOだろうと、

根本的な資金管理のところとかマインドの部分、投資心理学は変わりませんから


やはり今それを身に着けておくのが大事だと思います。







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声2本目】をついに公開!!



直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx2.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【ついに無料FX道場10時限目を公開!】

「デモトレードで練習してみる!」(前編)

⇒  http://nodafx.com/freedojo/practice1


PDFテキストはこちらです
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……045160/10/
【PASS:Demo Target6】


※passをコピペして貼り付ける場合は、

必要のないスペースや記号部分もコピーしてしまわないように

お気を付けください。



※1話目から復習する場合は、

右側にリンクがありますのでこちらからご覧いただけます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆





コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください