無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【音声から金持ちの考え方と貧乏な人の思考方法の違いを改めて考える!】

2017 10月 29 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声1本目】をついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!



さてさて、前号で


【日本経済はスタグフレーションの状態に入ったのだろうという話】


を書きました。


一応スタグフレーションの定義は

簡単に言うと「不況なのに物価が上昇」なんだけど


一応CPIとかで消費者物価指数なんかは0.7%とか言うんですけどね

実際の日本の生活でなんか値上がりしているってのは

主婦さんとかサラリーマンの人が肌で感じ取ってることだと思うんだけど


その後ろに法定通貨の価値減価があきらかに起こってるっていう

話を書きました。


これはもう金地金チャートと、各法定通貨の値を見ていれば

直感的に分かることなんだけど


スタグフレーションでよく見られる法定通貨(ドル、円、ユーロ)

の価値減価というのが

明確に起こりだしている、ということが言えます。




ちなみに今週なんかはユーロドルなんかが日足で見ると

きれいすぎるヘッドアンドショルダーつけて下落してますが

だからといってドル円が相関で上がるか?というとドル円も下がってる。
(以前はユーロドル下がるとドル円あがったものだけど)


こういう動きが最近増えてきてまして、

また原油も上がってきている。(というか法定通貨が全体的に下がっている。)


金チャートなんかも見ると明らかに法定通貨が全体的に価値減価している

と言わざるを得なくて、そこでの物価上昇なんです。

スタグフレーションで見られる典型的な相関性になってきているのだけど

これ指摘する人はほとんどいないけど


もうチャートでそれが現れちゃってるっていうことですね。

新聞やテレビは嘘つくけどチャートは嘘つかない、です。



さて、それで最近新しいメルマガ読者さんが増えてるので

結構私のプレゼントとかまとめて渡してたりするのだけど


やはり知ってほしいのが既存の読者さんたちはご理解いただいてるけど


「金持ちと貧乏な人の思考方法の違い」ですね。


これ対談音声でも話出てくるのだけど

重要だなって思って復習がてら今号になります。






それでこちらの対談音声で言われているのが

「(稼げない人は)AだからB BだからC CだからD

というような証明式の論証思考をとる性質がある」


みたいな話が出てきていましたよね?




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声1本目】をついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それで・・・これは投資なんかで稼ぐ場合もそうだし

あとはビジネスで利益も出す場合もそうだし、


すごい重要な考え方の違いなので


今日はそれについて以前私の本メルマガでその辺をより詳しく説明した

音声を流しておりますから、


今日はその音声プレゼントを読者さんにお渡しします!



要するに、この音声で言われてる思考形態がとれると

投資でもビジネスでも結果が非常に出やすくなるというものなので


是非聞いてみてくださいね!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3

(スマフォでも再生可能です!音楽付きです!)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



それで・・・今回野田さんの無料FX道場なんかも

メルマガで扱っておりますけども


こちらでかなり深いことがいろいろ話されていますよね?



↓↓



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8時限目」をついに公開!(中級)


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■野田式無料FX道場7時限目を公開します!(中級)


【投資でもっとも重要な資金管理についての動画です!】
⇒  http://nodafx.com/freedojo/shikin4

(※スマフォでも見られます、1時間くらいあるので
1度だけ見ても理解できないはずなので何度か見てください)


PDF資料はこちら!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/7/
【PASS:Shikin4】間に半角スペース有り

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■野田式無料FX道場6時限目を公開します!(中級)


「億り人」FXトレーダーが教える「トレンドの真の見かた」とは?


⇒  http://nodafx.com/freedojo/trend
(※スマフォでも見られます、1時間くらいあるので
1度だけ見ても理解できないはずなので何度か見てください)

PDF資料はこちら!
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/6/
【PASS:Follow3】間に半角スペース有り

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■野田式無料FX道場5時限目(初級)から学ぼう!


【基礎知識・分析】ライン分析 初級編

⇒  http://nodafx.com/freedojo/line1


【補足PDFマニュアル】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/5/

【PASS:Line Kiso2】間に半角スペース有り



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




それで知っていただきたいのはこれらの野田さんの分析というのは


「AだからB BだからC CだからD」みたいな論証思考から出てきたものではない

っていうことです。



例えば「ゾーン」をトレンドラインでひいてみたら

その後よくよく見たら、


相場でその意識が残っていて「数週間後でもこの

トレンドラインのゾーンが意識されてる」


っていう「気づき」があるわけです。



そこで「あ、トレンドラインのゾーンっていう考え方は

大事なんだな」って分かるわけだけど


それってずっとやっていて発見するものというか、

AだからB BだからC CだからDみたいな私たちが奴隷教育である

義務教育で学んだ証明する思考、論証思考とはちょっと違うんですね。


どっちかというと「AということをやってみたらEという結果が出た。

そしてまたAということをやってみたらやっぱりE’という結果が出たから

このAをやるとEという結果が出る「傾向」がどうもあるな」


という考え方でして統計的思考を使うわけですね。



だからこの思考形態を理解するというのは大事ですよね。


例えば 「さいころ」ってあるじゃないですか??


さいころは正立方体でありまして、1から6までの目が

均一に出るとは言われているわけです。



ただこれ例えばさいころ持ってる人は12回さいころを

転がしてほしいのですけど


じゃあ12回転がしてそれぞれ1から6までのさいころの目が

均一に6分の1の確率、すなわち2回づつ出るか?というと

ばらつきがありますよね。


けどこれ1200回転がすとですね、

実際にやってみてほしいんだけど、私もこれ昔やったこと

あるんだけど


やっぱり確率がどんどんそれぞれの目が6分の1に

収束されていくんですよ。


確率の収束というのが現れる。



んでこの確率の収束って「論証思考で」解説しようと試みる人は

いるのだけど、それをいくら聞いても「ほんまかいな、それ」と言う感じで

明確になぜそれが6分の1になるのか、というのを論証思考では

これ説明できないと思うんですね。


ただ私たちがわかるのは


「とりあえずたくさん立方体のさいころを何千回も転がせば

確率が収束してそれぞれのさいころの目が

「立方体が意図したとおり」「原理原則通り」

6分の1の確率で出るようになってくる」


っていうことなんですね。


これはトレードでも一緒で例えば「損きりを絶対にいれて

損失に対して利益が大きいリスクリワード1:5のトレードを

ずっと繰り返す」


とします。


んでこれってやってみると分かりますが最初は連敗とかするだろうけど

やっぱり結構利益がトータルとしては上がってきてしまう

という傾向があるんですね。


逆に・・・損きりを設定しないで早い利益確定ばかり繰り返していると

これ結果として、なぜか破綻していく、というのも


トレード経験者はご存知だと思いますが、


これは多くのトレーダーの経験論であってその経験論というのは

結局大きな統計学ともいえるけど


そこで「損きりいれないでトレードして、損小利大トレードしていると

いつもトータルでは負ける、逆に損を小さく、利益を大きいというトレードを

継続していると、繰り返すと、


それはさいころの目がたくさん転がすと6分の1に収束するように

トータル収益もプラスに推移していく」


ってのが分かってくるんです。



そういう多くのトレーダーの「血を流した経験」から

「損小利大」っていう重要なこの4文字の言葉が出てきているってことでも

ありますね。



だから稼いでるトレーダーたちってのは


「検証」とか「テスト」をすごい重視するんですね。



「世の中というのはあまりに複雑な要因が絡み合っていて

AだからB BだからC CだからDと言う風にうまくいかないのだ。


現実はもっと複雑に動いているのだ」


という「不確実性」とか言うんだけど稼いでる人たちはそれを

一番理解しているってことです。



なんというか私もビジネスや投資を色々していて

自分で稼ぐ、を実践している友人たちと色々交流もして


上記のようなことを強く感じるのですね~



ちなみに私がよく行く韓国で

在韓外国人との交流会がよくあるのですけど

そういうところに出席して感じるのは


アメリカの人は比較的上で言われている論証思考


をとる人が多くて


AだからB BだからC CだからD DだからE


みたいな考え方の人が多い気がします。


つい数ヶ月前に見た光景なのですが

この原因と結果、という考え方を主張していた

イタリア人がいたのですね。


英語でReason and Result 原因と結果 という単語を

使っていました。



それをアメリカ出身の韓国人と色々議論していたのですが

まあこの2人の会話がかみ合わないわけです(笑)



イタリア人のその青年は哲学に精通していて

「原因と結果の考え方が大事だ」

と言うのですが


アメリカで育った彼は

「何を言ってるんだ、論証思考が大事だろ」

ということで ソウルの新村(シンチョン)の

マクドナルドで大声で

議論・口論しだしたのですね。


私はそれを横で ぽかーん、と聞いていまして


「国ごとでも考え方、思考回路に違いが結構あるのかもな」


とか思ったものです。



それで今稼いでる起業家とか投資家さんは

比較的この


「原因と結果」


という考え方を良く使う人が多いのですね。




例えば、


よくFXとかでも

「トレンドに乗ったほうが利益が乗りやすい」

といいますけども、

(ダウ理論に沿ってやっていくと利益が上がりやすい)


これ、一体なぜなのか??


それを論証的に


AだからB BだからC CだからD DだからE


みたく説明できる人はいないと思うのですね。



一応そうやって説明する人もいますけど

本当は本人も、どうしてそうなるのか、


100%は分かっていないわけであって



本当は「自分の経験的に」

トレンドに乗ったらなぜか利益が残りやすい、

利益が残る確率が高い



と言ってるだけなのですよね。


稼いでる人たちってこういう自分なりの

実験データってのが経験として蓄積されていて


それを相場で使っているのだろう、といつも

私は感じます。



だから、とにかく「テストする」

「実験する」


という研究者みたいな態度が必要で


そのテスト、実験の中で


「ああ~この A という行動をしたら


途中経過は良く分からないけど


いっつもE という結果が出るな~」



と分かってきて


それが「ロジック」とか「手法」として

情報教材とかで公開されていったりするのですね。



ちなみに野田さんのやり方もやはりデモなんかで

検証してみて、また過去検証してみてそれが

読者さんの血肉になってくる、ということ。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8時限目」をついに公開!(中級)


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





だから本来は強くなるためには

いっぱい失敗を積み重ねるのも大事でして


その中で「こういう行動をとったら失敗しやすい」


という


「自分なりの統計データ」


が出きあがってきて



次はそれをしなくなっていくわけです。



そうすると失敗の確率がどんどん下がっていって

成功の確率があがっていく


ということなのですね。



だからアインシュタインだったかの


「失敗は成功の母」


って考え方はまさに上の音声のような事実を踏まえての

言葉だと思いますね。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





これはアメリカの投資学校なんかがそうみたいなんですけど

生徒にとにかくデモトレードをさせて

「負けさせる」のだそうです。


負けさせて、その負けやすい投資行動を覚えさせて

それをさせなくする


ってのを何度も繰り返すのですね。


勝ちにフォーカスしていないのが特徴です。


それを通じて
~~~~~~~~~~~~~~

「損失確定を遅らせる」(ストップを最初にいれなかったら)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という行動をとったら(原因)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


結果として
~~~~~~~~~~

「利益は減っていく」(結果)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ということが体で分かっていくので
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
次は損失確定を早めにしたり、とかの投資行動に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
つながっていくのですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実はアメリカってのは金融先進国ではあるから

この辺の金融教育はしっかりしていて投資教育において、


論証思考でアメリカ人は考える傾向があるからその「修正作業」

を大体2年間のデモトレードで生徒に行うんです。


ちなみに最近はインターネットのビジネスなんかもすごく

利益あげやすい、と思っていて


というのは最近のインターネットのビジネスって

「失敗しても」全然痛くないわけです。


お金がかかりませんから。



となるとバンバン失敗してデータを蓄積したほうが

お得なんです。


失敗したらどこで失敗したか経験上で分かってきますから

次はそこを改善すれば 利益が出てくるわけです。


(それに取り組んでる方で

改善ポイントが分からない場合はサポートで

講師に聞けばいいんですね)



だから稼ぐまでのプロセスというのがありまして



1 とりあえず分からないけど Aという行動をして

仕掛けてみる


(投資の場合は資金を失うのがリスクなので

デモトレードなどを活用。


ビジネスは失敗して何ぼなので失敗するつもりで

やるくらいでいいと思います)







とりあえずなんでか分からないけど

Eという結果が出た。


このEという結果が好ましくないもの

(俗にいう失敗)


だったとしたら


最初のAと言う行動のどこを改善すればいいのか、


もしくは全然違う視点のBという行動を仕掛ければ

いいのではないか?


ということを考える





3 次またAを改善した A” (エイダッシュ)という行動を仕掛けてみる。
 
もしくは違う視点のB という行動を仕掛けてみる。




そうしたら



Bのほうはやはり好ましくないEの結果が出たけど


A” は何度かやってみたけど

Fと言う結果が出て

結構プラスになってきた。


となるとA”の行動をとっていくとプラスになっていきやすいんだな

そのような傾向が強そうだ、

と分かってくるので


これからA”を改善していけばいいんだな


と分かってくるわけです。




こうやってどんどん実験していって

自分なりの統計データってのを



蓄積していくのが大事です。


ここで色々FXや株であれば自分なりに


「トレンドに乗ったほうがいい」



とか


「損失確定は早めにしたほうがいい」


とか


色々分かってくるわけですね。


そこで初めて講師が主張している「意味」が分かってくる。



基本的には「自分で稼ぐ」で取る

行動アプローチは上記のようなことをすれば


普通に月数万円、数十万円とかの結果は出てくるものですね。


あとはそれを何年も繰り返していけば

単純にもっと収入は大きくなるわけです。





上の「原因と結果」という思考を使っての


ビジネスや投資のアプローチは あくまで「実験」

というのがありますから


だから必ず 失敗 はつきもの、なわけです。



多くの人はこの「失敗」が怖いわけですね。


これはおそらく 日本の社会体制とか

あとは教育ってのが失敗に対して非常に厳しい社会だから


だと思います。



だからみんな失敗が怖いから行動しない


っていう心理的な壁があるわけですね。



これこそが 明治維新とかもしくは戦後に

日本人の脳みそに植え付けられたマインドセット

だと思うのですが


みんな臆病になってしまったのかもしれません。



ただ、上の「原因と結果」という思考法が出来れば


失敗なんかも普通に成功にいたるまでの過程の

単なる「データ」になるのが分かってくるわけです。



逆に言うと色々仕掛けていって

失敗のデータを沢山とるのが 重要


ということです。



だから日本では明治維新以降この

「論証思考」ってのが

普及していて



多くの人は


AだからB BだからC CだからD DだからE


みたいな思考法を 「無意識に」とるようになっているのですけど



実際の話



AだからB BだからC CだからD DだからE


で稼げるんだよ~



と言われても


例えばFXや株の投資や

ビジネスのマーケティングにしても


同じ商品・やり方をしたとしても


例えばその時期、とかによっても全然結果は変わってくる

わけです。


日本の景気の悪化具合によっても

変わってきます。


実は「周りを取り囲む市場の環境」ってのは


刻々と 変化していくわけですね。



この 変化に 追従するのが 生き残るためには

大事なわけです。



そうなると


AだからB BだからC CだからD DだからE


みたいに「単純化して」考えられるものって


ほとんどビジネスや投資の世界にはないのだな

と分かってくるわけですけども


その中でも私たちは稼いでいかないといけないわけであって


そこで登場するのが


アジア的な


「原因と結果」という思考形態なのですね。




たぶん論証思考で何でもかんでもやろうとする人は

「市場は単純だ」


と思っているんですね。


市場を「なめている」わけです。



が、実際の話、市場というのは毎日変化します。

環境も常に変化します。


だから「原理原則」を捉えていないといけないということ。

「本質」を捉えていないといけない。


トヨタのプリウスだって昔は売れていたけど

同じマーケティング手法でも今はあんまり売れていないと

思います。


マクドナルドだって昔はそのマーケティングで

売れていたけど


おそらく日本人が合理化に疲れてしまった

という市場変化があるので


今は昔のマーケティングで売れませんから変化が必要。



「市場は常に変化する」


わけです。



そう、実はこの考え方はやはり仏教の


「諸行無常」


という考え方に現れています。



それでその中で使える考え方というのが


「原因と結果」という経験論的な考え方ですね。



医学でも西洋医学は論証医学といって


AだからB BだからC CだからD DだからE


で治るんだよ~!



とやっていますが


実際は完治せず日本の医療は患者数は増大していまして

社会保障を圧迫してるのはご存知の事実。


一方西洋医学で治らない病気が


原因と結果と言う思考を使って

何千年もデータを積み重ねてきている漢方医学の

免疫に働きかける療法で「ころっ」と治ったり

するわけですけども



おそらく医学分野では

今は西洋医学中心ですが


内科医学に関しては 実は中医学が強いので

おそらくこれから見直されてくるでしょう。



それで「自分で稼ぐ」なんかも医学と通じるところが

あって、


西洋医学的な論証思考の


AだからB BだからC CだからD DだからE


という


「義務教育の算数と数学に洗脳された思考法」


の人は最近あまり稼いでる人が少なくて



どっちかというと


「Aということをしてみたら

Eという結果になった



けどなんでEになったのかは分からないけど

AをしたらEになりやすいようだ」



みたいな原因と結果の思考法をとってる人が

稼いでるわけですね。



私ゆうはもう1000万円以上のいろいろな塾で

学んでるけどそこで習ったのが結局、


「テストするのが最強」


って考え方なのですが


これは大きく言えば「原因と結果」という考え方な

わけです。


これをおっしゃってる講師さんは年収3億円あります。

私の友達でもありますけど。




だから

「稼ぐ人はどんな分野でも稼ぐ」


っていうその秘密ってのは



私の考えでは


この思考形態の 違い がそれをもたらしている

んですね。


思考形態が違うから、

行動も変わってくるわけです。



多くの人が

「義務教育で洗脳された論証思考」


を使って失敗しないように失敗しないように


行動している中で


「原因と結果」というアジア的な考え方を

導入しているひとは



失敗もデータの一つ


と考えているので



ビジネスでも、恋愛でも、

(性とカネ の分野)



満足する人生になりやすいわけです。





それを掘り下げて話したのが以下の音声プレゼントですね


だからビジネスや投資を学び続けるのは面白い


って私は思っていて



自分で稼ぐ、をやり続けていると


こういうなんというか 真理みたいなものも


経験を通じて見えてくるのですね。



それはやっぱり器も大きくなってくるし

人生充実するし


面白いわけです。




私も最初は上に書いてあるようなこと

を理解していなかったのですが


色々やるうちに分かるようになってきました。


そうすると収入も人生の満足度も

その後に


ついてくるんですね。



多くの人が上の原因と結果の思考方法の有効性に

気づいたとしたら


そこでは競争がやはり生まれるのですが


今 ある種 ビジネスや投資している人にとっては

幸いなことに



多くの人は 論証思考で洗脳されているわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

市場は単純だ、と思っているのですね、みんな。


しかし市場には無数の価値観、無数の人間がいますので

市場は複雑です。



常に環境も、変化します。



その中でもろに「カネ稼ぎ」に使える

思考形態が


原因と結果


という音声で言ってる考え方なのですが



多くの人はこのアジア的な思考の優位性に

気づいていないので


「考え方、行動アプローチのブルーオーシャン」


であるともいえます。



だから最近は原因と結果の考え方をもって


普通に失敗をデータとして活用する人たちが


どんどん金持ちになっています。



これが将来的には数十年したら


格差、にもなってくるのでしょう。



だから稼ぐ人はどんなノウハウでも結果出してしまうし



逆に稼げない人は思考体系自体が

論証思考で支配されていて


確率的に

結果でずらい思考形態なので


当然結果が出づらい、ということになるわけですね。



こういうのに気づくってのがすごい

大事で


さらに「自分で稼ぐ」を勉強する上で


とても面白いわけです。


ほんとどの分野でも使える考え方ですからね。



ということでぜひ学んでください。



そしてこの辺が分かってくると今まで

「確率に翻弄(ほんろう)される」という状態だったのが

「確率を自分で操る」感覚に変わってくるんですね。


んであらゆる分野で利益出てくる・・・っていうことです。


それではまた!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



※それでこの辺の考え方が理解できると、

対談音声で野田さんや私の言ってる事がよーく理解できると思います。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声1本目】をついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





追伸・・・ちなみに野田さんもまた多くの億トレーダーも

「素人はスキャルするな!スイングからやろう」と主張してます。


なぜだろう?と思いますよね。


けど実際にこれも統計で「スイングトレーダーのほうが稼いでる人が

すごく多い」のははっきりしております。


これは例えば相場のろうそく足の動きの関係で捉える

欧米式のプライスアクショントレードというのがあるけど


そこで「ろうそく足1つに収束されてる統計的なデータ量」、

例えば1分足と日足、どっちのろうそく足のほうが多いでしょう??


そうです、日足のほうですね。


これもアメリカの投資学校で教えられる話で、

だから日本人はスキャルばかりやりたがるけど

(たぶん証券会社やテレビに出てくるデイトレーダーの映像に

洗脳されてるから。)


欧米の稼いでる個人投資家は大体が日足メインです。

スイングメイン。


これは「統計学として日足のほうがデータ量が多いのだから」

という考え方でして、これもアメリカの投資学校で教えられてるんですね。


だから野田さんがおっしゃってる「スイングでやりましょう」

というのはそういうのを踏まえてらっしゃるわけです。


ちなみに上記の「スキャルやる人よりスイングでやってる人のほうが

金持ち多い」っていうのも重要な統計のデータだけど、


それを知ってたらみんなスキャルからはじめませんよね?


けど日本人はそれを教えられないで証券会社で

「バンバントレードして大もうけ~」みたいなところで入ってくるわけで

そこで資金失うのだけど


それは金融教育ができていないから、なんだと思います。


確率統計的な思考、これがとても大事なんですけど

これが分かってると今の時代、すごい強いので是非この考え方

読者さんのものにしてくださいね!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★














コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください