無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【日本経済はスタグフレーションの状態に入ったのだろうという話】 (不況なのに物価が上昇)

2017 10月 28 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【日本経済はスタグフレーションの状態に入ったのだろうという話】
(不況なのに物価が上昇)


⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声1本目】をついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!!


さてさて、私はこの前まで日本にいまして色々情報収集をしておりまして、

それで今はマレーシアに帰ってきております。


それで・・・私が日本にいて「気づいた重要な事実」というのが

あって、


それがですね、まあ経済学の話なんだけど、

日本ではまだデフレなんだ、って言うじゃないですか?

例えば昨日報道されていたのが


消費者物価指数が0.7%上昇したという日本の報道でした。

「全国コアCPIは前年比0.7%上昇」ってことでブルームバーグが

扱っていた。


それで「物価上昇2%にはまだ程遠い」というわけです。


けど・・・私が日本にいて感じたことなんだけど

物価ってずいぶん上がってません??


カンとリーマアムとかヨーグルトとかのお菓子とか食品のサイズが

小さくなっているというのもこれ前に書いたけど


実質の物価って結構日本全体で上がってると私は久しぶりに

母国日本に帰ってきて超感じたんですよ~


けど不思議なのが国家の出す統計数字だとそんなに物価は

上がっていないということになっている。



不思議ですよね?


まあずばり言いますけど2013年に私はメルマガで

アベノミクスの結果日本はスタグフレーションになっていく、って

書いてボコボコに叩かれたんだけども



けどもやっぱり、

今の日本はスタグフレーションになってるというのが本当のところだと

思いますよね。


あんま日本国内だけにいたらそう思わなかっただろうけど

この前久しぶりに日本に帰ってきてそう分析しました。


誰もそんなこと言ってないと思うけどあくまで

マイノリティー少数人の意見ということで。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【無料FX道場の8話目をついに公開!】
「ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技を知ろう!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





さてさて、多くの人から「これ無料で学べるってめちゃいいです」

とおっしゃっていただいている


無料FX道場ですが、ガンガン動画再生して学んでいただいてますでしょうか?


ちなみに色々世間では面白い動画があって

バラエティー番組の動画とか、エンタメの動画があるんだけど


それらは確かに面白いのだけど「将来の読者さんの収入」には

つながらないと思います。


が、今流している無料のFX道場は相当読者さんの将来の収入に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
直結する動画なので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


是非ガンガン動画再生して脳みそに億トレーダーの

チャートの見方を叩き込んでくださいね~



さて、それでチャートの「ライン」の話なんだけど

「ライン」っていうのは 大きくは 真横の線=水平線

と斜めの線=トレンドライン があって


それを100万円を4000万円とかにしてしまって

毎年1億円とか稼いじゃうちょっとヤバい野田さんの場合は

それを「ゾーン」で捉えてるんだよ~~っていうのを前の動画で

学んでいただきました。


それで・・・


この「水平線」と「トレンドライン」のゾーンを「どうやってあわせて使うか?」

というのが今回の動画です!!



是非見てみてくださいね!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8話目」をついに公開!


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal


※「いきなり8話目から見たらレベル高すぎて分からない!」という

人もいらっしゃるかもです。そういう場合は

1話目から見てみてください!

1話目からのリンクはページ右側にまとまってます。

そこで1話目からの動画やPDFを学べます!


⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


さて、それで今日はこちらの動画の解説について

億トレーダーでもあり、熱血講師としても活躍されてる

野田さんより読者さんにメッセージです!




=======================

【以下は野田さんから読者さんへ

今回の動画の解説文章です】


   ↓↓

「ホリゾンタルラインとトレンドラインの有効活用について」



ホリゾンタルラインもトレンドラインも、

引こうとすると安値と高値がある数だけ引くことができてしまいます。





トレンドラインの場合ですと、

角度が緩いラインを選択しようと定義することはできますが

(日足であれば角度が45度以内になるラインなど)



ホリゾンタルラインの場合ですと、直近の最高値、最安値以外にも

中間チェックポイントのように高値、安値が無数に存在する時は

どこを一番重要視していいのか迷いやすいです。





ホリゾンタルラインも、

週足→日足→8H足(or 4H足)の順で選択していけば宜しいですが



週足、日足と似たような価格帯でホリゾンタルラインが引けますと、



そのゾーンはかなり意識がされやすいな、など

イメージを持つことができますが

そもそも週足、日足などの上位足でも沢山引けてしますと

混乱する要因になります。





そこで、自分の解釈ではありますが以下のように捉えると

見やすくなるよ、という例を共有いたします。



あくまで自分がイメージとして捉えるのであれば、

そう見ているとういうことですので、

絶対正しいということでもありません。





学習ポイント



1)今の価格から上下2つほどのゾーンだけ注目する



2)一つゾーンをブレイクしたら、その次のゾーンを探す







文章にしますと分かりづらいかもしれませんが、

例えば、ドル円が現在100円だと仮定しますと





今の価格から上のレジスタンスゾーンが「101円」「101.50円」



今の価格から下のサポートゾーンが「99.50円」「99円」



となっていると判断していたとします。





仮にその後の推移でドル円が101.20円まで上昇してきたとしますと

一つ上のレジスタンスゾーンは「101,50円」しか

把握できていないことになりますので



その時に「101.50円」の一つ上のレジスタンスゾーンがどこになるのか

改めて探していけば宜しいかと思います。





101.50円 ← 101円 ← 100円(現在価格)→ 99.50円 → 99円





のように、今の価格から2つ離れたゾーンまで把握しておいて

一つブレイクされて更新していったら次のゾーンを探してくる位の感覚で結構です。







『ライン分析 初級編』のテキストページに添付してある動画でも

ゾーンの考え方、取り方、の説明はしていますが



【基礎知識・分析】ライン分析 初級編

⇒  http://nodafx.com/freedojo/line1


【補足PDFマニュアル】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/6045160/5/

【PASS:Line Kiso2】間に半角スペース有り




ゾーンを取る際に「主観」は必ず入ります。





「直近の高値のヒゲ」と「実体」で

レジスタンスゾーンとするか(狭い)



「直近の高値の実体」と「一つ下の高値のローソク足の実体」

までをレジスタンスゾーンとするか(広い)





など、どの辺りまでをゾーンとして許容していくかは

人によって許せる損切り金額も違いますので、

当然ゾーンの取り方も変わってきます。



こういう部分が、個人差となるわけですね。





<詳しくはこちらより>
↓↓
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8話目」をついに公開!


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




=======================




以上です!!



それで今回の動画は初心者さんはちょっと難しいかもしれませんが

たぶん3回ほど見れば理解できると思いますので

是非何度か見てみてくださいね!


逆にある程度経験ある方は野田さんがどういう視点で見てるのか

1度で分かると思うのですけど


やはりいくつも注目する点はあるのですけど



個人的にはこちらの今回の動画の18分~19分あたりから

言われてるところなんかは特に重要だな~なんて感じました。



無料FX道場8話目
⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal


ここで野田さんがいくつか厳選しているトレンドラインのゾーン

価格帯を青色でチャート上に描いていまして、


そして緩やかな大体角度としては30度くらいの緩やかなトレンドラインの

ゾーンをオレンジ色でひいてるのだけど


ここで「チャートの価格が落ちてきてこの2つの意識が重なるところで

落ちてくるようだったら、そこを拾っても(拾うってのは買うってこと)

いいですよね」

みたいなことをおっしゃってますよね??



これが結構大事なことなんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それで動画で示されているチャートでは

現在価格の下にホリゾンタルラインのゾーン(青色)が

2つあって、


そんでその下に「オレンジ色の緩やかなトレンドラインゾーン」

があるという構成のチャートなわけですが



ここで例えば急落してしまったら、


一気に例えば青色のゾーンの水平線ゾーンを抜けてしまう動きがあったら

これはちょっとその後買いで拾えるか??


というとおそらくスルーなんですね。


こういう「判断」ができるということです。


なんでスルーかというとやはり「守ってくれるゾーン」が

ひとつしかない、すなわち野田さんは「意識」っていう言葉を使うけど

意識がひとつしかないわけで、


例えばそのゾーンの下にストップ置いていくとしたら

すぐ刈られてしまうことが結構あるわけですね。


だから急落ではなくて、動画18分くらいのチャートを見ると



無料FX道場8話目
⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal




ここでしばらく時間が経過したらその後に

ホリゾンタルの青色ゾーンとトレンドラインのオレンジ色のゾーンが


「重なってる」ところがありますよね??


だからチャートが緩やかに下がってきて、そうするとちょうどですね、

この「重なってる」ところにろうそく足がぶつかるシーンってのが

結構あるわけです。



そうすると意識として「水平線の青色ゾーンの意識」



「トレンドラインのオレンジ色のゾーンの意識」


が両方ちょうど合わさっているということになるんだけど


こういうところで例えば買いで拾うと結構ストップに刈られないで

利益を伸ばすことができるんですね。


こうやって意識が重なることを「コンフルエンス」してるとか

言うのだけど



これは例えばろうそく足の動きのパターンの統計学を使う

プライスアクショントレードなんかでもそうなんだけど


プライスアクションという根拠と、そしてそこに水平線がある

および例えば75日移動平均線が重なってる、


そこで例えばプライスアクションで

売りピンバー(上髭が実体の3倍以上長いろうそく足)

が出ました、



みたいなところで根拠が2つ以上あるところ、

こういうところで仕掛けたりするんですね。



これはまた別のトレードの戦略の一つではあるのだけど


重要なのは

「自分のストップが最低2つ以上の根拠で守られてるときに

エントリーしましょう」


ということかと私は思いますよね。


ちなみにだから上の「コンフルエンス」してるところを

見つけるのは大事で


こういうところでエントリーすると「ストップ=損きりポイント」

ががっちりガードされてる感じになるわけですね。


よくリスク1でリワード5みたいなトレードを狙うときですね、

こういうトレードを目指していると

「勝率が上がらないよ~~」っていう声があるのだけど


それはおそらくだけど大体のケースで「てきとーに考えずエントリーしてる」

わけですね。


ただそこで例えば野田さんがおっしゃる意識、根拠が

最低2つ以上あれば、結構ストップにかかることって少ないわけです。



それで平均のリスクリワードは損失1に対して3とか4とか5とか

取ってるのに結構勝率が高い、というトレードが可能なんですね。



だからどの億トレーダーも共通していることなんだけど

それは「ライン(ゾーン)付近でトレードする」ということかと

思います。


だからそこにチャートが来るまで「待つ」のも大事で

「待つのも相場」って言いますよね?



んで「待つ」というのも1つのルールで最初はできないんだけど

そういうルールを守るためにこの前お渡ししてる投資心理学を

使うわけでして




これ↓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル■投資心理学を学ぼう!■

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tou……hirule.pdf
(個人投資家の悩みとして「ルール守れない」というのがありますが
それを修正するのに役立ちます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



こうやって「ルールを守る」ってことを徹底させるわけです。


例えば自分でデモトレードとかで練習してみて

「うーん、損失1万円に対して利益5万円を狙ってるけど

いまいち勝率が低いな~」


なんてことがあればそれは


「エントリーの絞込み」が足りていないということなので

エントリー時の根拠不足ってのが問題なんですね。


野田さんは今回の動画で「トレンドゾーンと水平線ゾーンが重なるところで

拾いましょう」


ということを話してくれてますが


実はこういうところまで待てる人は少なくて

てきとーにエントリーしまくっちゃう人が大半なわけで


それは負けますよね?


バンバンストップにかかってなかなか勝率上げられないで

やられてしまうということになる。



それでそういう場合はマイルールとして


「エントリーの根拠

すなわちストップを守ってくれる「意識」が2つ以上とか3つ以上あるとき

だけエントリーする」


みたいにルール作ってそれを守っていくという練習をするのも

重要ですよね。



こういうトレードをしていくとあまりストップにかかる確率は

下げていけて、なおかつそこでリスクは小さいのに

リワードの利益はストップのリスク1に対して2とか3とか時には10とか、


そういうリワードを取れるトレードが可能になるわけですね。


実は、これ世界中の勝ってるトレーダーたちがみなやってることです。



普通よく言うのは「どれだけリスクをとるかでリワードが決まる」

なんていうわけですよね??



よくある言葉は「ハイリスクハイリターン」「ローリスクローリターン」

の関係値です。



けど実は多くのトレーダーや優れたビジネスマンたちは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ローリスクハイリターン」を取る方法を知ってるってこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「ハイリスクハイリターン」「ローリスクローリターン」

だけなら50%50%じゃないですか?


その関係値から脱しないと金持ちにはなれないってことでもありますね。


そうじゃなくて、実は世の中には探していくと

ちょっと頭を使っていくと



「ローリスクハイリターン」を得られるスキームが存在するってことです。



んで、その1つがこの「根拠を最低2つ以上持ちましょう」ていう

考え方なんですね。


んでここでストップまで価格が至るのを「ガード」してくれるのが

これ今回の動画だと 水平線の青色のゾーンと、緩やかなオレンジラインの

トレンドラインゾーンなんだけど




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8話目」をついに公開!


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



実はこの辺自分で1つの通貨の1つの時間足、を検証していくとですね、

その方法で優位性が発見できるので


あとはそれを淡々とやれば利益は積みあがってくるわけですね。


ただなかなか人間は感情に支配されるから淡々とできないから

投資心理学も大事なんだ、ってことです。



んでだからといってじゃあ最近流行のAI=人工知能にそれを

させられるか?というと状況認識は今のAIではできませんから


だから結局今のトレードってのはAIは補助で

人間がトレードしたほうが実は今の段階では強いんです。


(だからAIで運用してます~っていうファンドにいれると

資金とけるリスクは考えないといけない。


けど私の友人がAIを東大のAIで有名な某研究室と一緒に作っていて

そこでトレンド判断だけはAIにさせて人間がトレードする

というやり方は利益が出てます。逆を言うとまだ東大の研究室の

AIでさえ、トレンド判断の演算レベルであるということです)



それでこうやって水平線ゾーンとトレンドラインゾーンが重なったところだけ

拾うというやり方だけでもそれだけでも利益って

ある程度は出てしまうわけですが


だから是非検証してみるといいと思います。


ちなみに私の友人でまた別の億トレーダーさんがいて

彼が言うのは

「根拠2つ以上ないとエントリーとかしないよ」

ってことですね。


だからまさに何かしらの意識の重複、コンフルエンスがないところでは、

そういうところでストップの値が守られてるところ以外では

彼はエントリーしないわけですけど


やはりそうやってエントリーの絞込みをしているわけですね。


だから「待つ」というのも大事ですね。


だから野田さんの場合も今回の動画見ていただいて分かるように

その場所に来るまでは放置してるわけで

待ってるわけで


そこに来たら仕掛けていくということですよね。


これはあくまで基礎編の仕掛けなので、実はもっと高度な仕掛け方を

野田さんはお持ちなんだけど


とりあえず基礎の仕掛け方については是非学んでみてくださいね!


これだけでも相当成績向上する人も多いと思いますので!





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<新>「億り人」から学べる!


「無料FX道場の8時限目」をついに公開!(中級)


【ホリゾンタル(水平線)ゾーンとトレンドラインゾーンのあわせ技とは?】

⇒  http://nodafx.com/freedojo/horizontal

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの熱い対談音声1本目を

ついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   <NEW>ゆうPDFファイルプレゼント!

【暴落にも耐えうるポートフォリオ思想について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/bou……tfolio.pdf
(アセットアロケーションなどの資金配分戦略のことについて
書いています)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   【ゆうのPDFプレゼント】(投資で重要な資金管理の発展編)



欧米の億トレーダーたちの常識である資金管理を学ぶ!



⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/shikinkanri1.pdf


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆう音声】

マレーシアからの音声です。


マレーシアでの生活をしてみた感じだとか、

マレーシアの驚くべき物価とか、住み心地、さらには最近の世界の動き

そういうのをツラツラと話しています。



(ゆう音声)【マレーシアで生活してみて色々わかったこと】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……ialife.mp3
(スマートフォンでも再生できます♪音楽付きです)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  【今日の危ない?無料プレゼントです!】

PDFファイル【「私たちが洗脳されてきた平等思想は謀略思想である」
ということについて 考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ontrol.pdf

(自由と平等は両立する、という現在も行われているスローガンは
人類を奴隷化するための
大きな為政者の嘘であるかもしれない)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ゆうPDFファイル

【投資心理学を学ぶ!】「なぜ人間の脳みそは損失を出したとき
「誰かのせい」にしたがるのか?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/jik……eibias.pdf
(多くの投資家が陥る「自己防衛バイアス」について書いています)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   <NEW>【ゆうプレゼント音声】

「FXにおけるシナリオ構想について」

⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kousou.mp3




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   <NEW>【ゆう音声プレゼント】

「損失額を最初に確定して戦略的リスクテイクをしていくと

ガチに人生は変わる!」(確率が非常に高い)

という音声です!


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……settei.mp3



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


   音声プレゼントです!

「欧米のメディアで注目されはじめている
ビジネスや投資の考え方」について!


http://fxgod.net/onsei/busines……igdata.mp3


(癒し系音楽と共にスマートフォンでお聞きいただけます♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル■投資心理学を学ぼう!■

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tou……hirule.pdf
(個人投資家の悩みとして「ルール守れない」というのがありますが
それを修正するのに役立ちます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    【ゆうPDFレポートのプレゼントです!】


「恐ろしきバルサラの破産確率とは?」

⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   NEW!【ゆうPDFレポートのプレゼントです】

「学校では教えてくれない資本主義、について学ぼう!」



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 ゆう音声プレゼント

<義務教育は洗脳>
http://fxgod.net/onsei/gimukyo……sennou.mp3


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【1つ目のプレゼントを公開!】


10時間以上の音声などを含む
豪華プレゼントはこちらのPDFです(直リンク)


⇒  http://fxgod.net/pdf/present2015.pdf
(各種音声はスマートフォンなどでもお聞きいただけます。)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【2つ目のプレゼントを公開!】


10時間以上のすごい講師たちとの対談音声などを含む
豪華プレゼントはこちらのPDFです(直リンク)


⇒  http://fxgod.net/pdf/present20152.pdf
(各種音声はスマートフォンなどでもお聞きいただけます。)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





============編集後記===========

さてさて、私はこの前日本に滞在していまして、

久しぶりの日本生活を堪能していたわけだけど


ちょっと感じたことがあって「結構物価あがってね?」

ということはすごい感じたんですね。



これは以前に 日本で買うお菓子のサイズが私が

10代20代のころのお菓子のサイズよりずいぶん小さくなってる

ってのも気づいたのだけど


「これ実質的な価格アップだよな~」とか思っていたわけですが


お菓子だけじゃなくてこれは改めて感じたけど

首都高速とかも昔は600円とかだったわけだけど

今は1300円ですよね。


直近だと確か930円だったのですけど

千円札一枚で首都高速乗れたのに、


今は千円札と500円玉出さないと首都高速は現金払いだと

乗れないわけです。


今更現金払いってあほだと思ってましてETC使わないあほは

私以外あまりいないようにも思いますが


例えば3キロとか4キロ首都高速走っただけでこれ1300円とか

かかるようになってるわけですね。



あとはガソリンなんかも私が20代のころとか

リッター90円だったのだけど

140円くらいするわけですよね。


んで、私が20代のころ、派遣社員やっていたとき

だから数年前ではあるのだけどその時おなかを満たしてくれていたのが

牛丼なのだけど


昔なんて吉野屋さんなんて牛丼がこれ250円とか

やっていたんです。


けど今380円くらいだと思うんですね。並盛りで。


もちろん料金が下がってるものもあるんだけど大きく

全体的には料金が上がってるものが多いな、というのは

すごい日本にいて改めて感じたわけです。


んで夜なんかは私がいた地域はもうずーっと警察のパトカーやら

消防車や救急車のサイレンが鳴り捲ってましてですね


それでおきることが何度かあったんだけど、

「昔こんなにサイレンの音って多かったっけ?」

とか思って。


ちなみにこういうことを書くとですね、

公的部門のやつが中にいて、そいつらが


「そんなことはありません!

あなたの感覚とマクロ経済は関係ありません!

昔と変わりません!」


とかヒステリックに反応してくるんだけど、


んで結局

正体は公務員だったり第3セクターの

人間なんだけども、


なんでしょう、言われたらまずいことが多いのかな?と

私はかんぐってしまうわけです。


ちなみに私のこの声というのは多くの民衆の声でもあって

これは市井(しせい)の会話として


「最近物価が上がったわよね~」みたいな会話がよくされてるわけです。


というか私がそういう会話を聞くのだけども。


ただ不思議なことがあります。


それがテレビ新聞では消費者物価指数について報道がされることが

あるのだけど


「消費者物価指数は0.7%ほどで、

実際の2%には程遠い」というものですよね。


んで私はちょっとここがすごい気になって

「けど日本にいたら生活実感ではかなり昔と比べて

物価上がってる気がするけどな~」


なんて思うわけです。


例えばスーパーでみかんを袋で買うと、

安いところは400円くらいで買えるけど、

普通のスーパー行っちゃうと600円とかの値段がつけられてたり

しまして、


なんかどんどん食品の値段とか生活インフラコストって

あがってるんじゃないか・・・と感じるわけですね。


やたら私に口止めさせたい人がいるわけだけど

「なるほど、君たちは日本にスタグフレーションが

徐々に出てきているということを言ってほしくないんだな」

と私は感じるわけだけども。


それで・・・まず「報道の嘘」「マスコミの嘘」をその前に

私は話さないといけないのだけど、


まず世間の人が洗脳されてるのは

「インフレになったら(原因) 好景気になる(結果)」

ってやつですよね?



これ、嘘ですよ?気づいてくださいね。


もしそうならスーパーインフレが実現したジンバブエは

超好景気だったはずですよね。


そうはなってませんでした、歴史を見るに。


まず経済学の嘘から紐解くけども、

正当な経済学の立場からすると


「好景気が起こると(原因)

インフレという現象が起こる傾向がある(結果)」

であります。


これは相互の相関ではなくてあくまでも

原因⇒結果 の順ですね。


逆を言うと


「インフレになったら(原因)

好景気になる(結果)」


というのはこれ、証明されていません。

というか逆で、インフレ放置していたら不景気になりますが


それはジンバブエの事例もそうだし、実は最近の

日本や米国や欧州もそうなんでしょう。


それで「リフレ派」という人たちがいてこの人たちは

「インフレになったら好景気になるよ」と2013年に嘘を言いまくった。


そして日本のテレビ新聞、それこそ右の産経、読売、日経

左の毎日朝日などなどがそれに乗っかったわけですね。



「だーれも」そこで「原因と結果混同してるそのインフレターゲティング論が

嘘だから、それで経済は回復しません」とは言わなかった。


ただ私は当時それを書いていたらなぜか謎に怒る人たちが

いたのだけど


今はもう彼らは黙るようになった。


確かにジャブジャブマネーのQEで金融市場の価格を買い支えすることは

できるけども、まさに統制市場で価格操作はできるわけで


それはどの政府も人気を取る時にやってきた歴史があるけども、

がそこで民衆の市井の経済の、景気は回復しないわけです。


日本で景気を回復させるのはまず第一に様々な規制利権がありますから

この役人の利権を解体していくというところしかないわけで


役人の民業圧迫が一番の原因だからそれをなんとかしないと

いけないわけですけども、それはなかなか声として出てこない。



だから重要なのは「インフレになったからといって

好景気になるわけではない」ということですね。


ただ今日も世界中のメディアが「インフレ率がなかなか上がらない~」

とやってるわけです。



ただ彼らの論理からしたらインフレ率が上がらないのなら

それは不景気なんでしょ?ということなんだけど


けど景気は良いというわけです。


もう精神分裂してるのが世界のメディアの状況ですね。


それで今の日本の状態を私は見たけど、多くの方が

スーパーで買い物を控えてる姿を見たし、


東京なんかはマシですけど地方なんかに行くともう

夜7時くらいになると真っ暗になるんですね。



景気の良い国にいけば分かるけど夜7時からが商売の勝負であって

こんなに真っ暗にはならない。


また景気が良い国では銀行が殿様商売できるはずだけど

私の友人のところに今年結構多くの地銀とかメガバンクが

「お金借りて」と来るそうで、こういう証言を複数の友人が言っていた。


また企業も景気がよいなら堂々と値上げできるのだけど、

値上げはできないから食品容量減らすという苦肉の策をとってる

企業がかなりあるというのも知りました。



それでこの前の10月24日の厚生労働白書では

40代を世帯主とする年間所得が300万円未満世帯の割合が

急増していると。


またエンゲル係数なんかも急上昇していまして

「エンゲル係数29年ぶり高水準」と、これは

2017年前半に報道されていた通りです。


それで通常エンゲル係数が上昇するならばそれはその国は

不景気に入りつつあるってことのはずだけど


新聞の報道は面白くて「それは不景気なのではなくて

共働き女性の増加によるものなのだ~」

「日本人は外食をたくさんするからなのだ」と来た。


まあ嘘ですよね。


実際はかなりの物価高によって人々の生活が圧迫されていて

それを補填するだけの収入アップが多くの人に行き渡っていない

ということでしょう。


それで日本は明らかに不景気、不況であると思うのだけど

そこで例えば共産党なんかがやはり

「物価指数も下がっているし、景気が悪いのだ~」と言うわけだけど

これもおかしいと私は思ってるわけです。



「景気が悪い」には私は同意するけど「物価指数も下がってるし」

には「ほんとに??物価あがってますよ!」と、私は言いたいわけです。



これだから日本の右も左も両方嘘ついてるってことなんですけど

官僚に配慮しているっていうことなんだけど


ここでは日本の右も左も

「インフレになったら好景気っていう嘘論理」の上で

話を進めて「あげてる」んですね。


ここに気づいてほしいわけです。


右は右で「インフレになったら好景気になるのだ」と堂々と嘘を

つくけど


じゃあ左は左で、この原因と結果の相関が嘘だ、とは指摘しないで

「デフレということは不景気なのだ、そうだ


「デフレ不況」なのだ」


とやる。



だから面白いことに日本の与党も野党も

「今はまず不景気です。そして実際の消費者物価というのは

上がっている可能性がある」


ということを言う勢力はいないんですね。


けどたぶん多くの日本の民衆の公務員以外の

なんとか給与暮らししている一般人からしたら


「今はまず不景気です。そして実際の消費者物価というのは

上がっている可能性がある」


この主張が一番しっくりくると思うんですよね。


けどそういうことを言う政党がない。


なんか右も左も八百長で戦ってるように見えてしらけている

日本民衆の悲しい、姿があると思います。



さあそれで・・・

「今はまず不景気です。そして実際の消費者物価というのは

上がっている可能性がある」

ということだけど


これ、実は経済学では「スタグフレーション」ですよね?


「スタグフレーション(stagflation)とは、

経済現象の一つであり、


「stagnation(停滞)」と

「inflation(インフレーション)」の合成語で、


経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態を指す。」



この定義なんだけど、実は今の日本ってスタグフレーションなんだと

思いましたよね。誰も言わないけど。


だから不況なんだけどジャブジャブマネーしちゃってるから

法定通貨のフィアット通貨の購買力も落ちちゃって


そこで物価上昇は起こってるという。



だからこれ書くのどうしようかな、とか思ってたんですけど

はっきり言うと私は日本ってスタグフレーションに入ってるんだと

思ってるんです。


「経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態」

ってこれ日本そのものじゃないですか。



ちなみにだから2013年に私がメルマガで書いて批判されたのが

「アベノミクスなんてのは結局金融市場押し上げても

これは経済を回復する効用がないから物価だけあがって

不況の中の物価上昇でスタグフレーションになります」


てことなんだけど


4年ちょっと経過して今スタグフレーションになってるんだと

私は思いますよね。




だから私はブルームバーグあたりがもう潔く

「すいません、日本はスタグフレーションかもしれません!」

とか書けばいいのだと思いますが


やっぱまずいんでしょうね。


すなわちスタグフレーションっていうのは

不況とインフレが同時にくる状態ですから


それって今の世界のジャブジャブマネープロパガンダの


「ジャブジャブにお金を刷れば景気が良くなるんだ~

という嘘」


に冷や水浴びせる論理なわけです。


もしスタグフなんて書いたら

「不況とインフレって同時に来てるじゃん!今までの

インフレになったら好景気になるなんて完全な

大本営発表の嘘じゃないか!


そうか、日本の右も左も対立するようで私たちをその論理で

だましていたのか」


と、みんな気づいちゃいます。


これを恐れてるでしょうね。だから「スタグフレーション」の文字は

マスコミには出てこない。



ただ私は何でも書きたいことを書く人なので

そしてそれが憲法21条の「為政者に対しての」言論表現の自由


集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。


の意味だから書くのだけども、


今の日本の状態はスタグフレーションの定義である

「経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態」


この状態であると私はほぼ断言します。



んで・・・こんなえらそうに書いてるけど実はお金持ちの多くは

これに気づいているんですね。


まず不況であるというのはこれ多くの事業者が気づいていること。


投資の業界とかITビジネスの業界と建設業界だけは

景気良いけど、そのほかの業界は結構大変だっていうのは

これみんな社長同士は理解しているわけですね。


だから普段こういう話を社長同士は個室スペースがある

飲み屋で実はしていて

情報交換しているわけです。


ちなみにもう少し言うと投資家のBNFさんっていますよね?

あのコンビニでメシ食いながら200億円株で稼いだすごい人。


あの人は当時掲示板に「日本はスタグフになる」って書いてたんだけど

BNFなんかはもっと早くその現象に気づいていたわけで

だから先見の明があるから

金持ちになったんだというところですよね。


んで今株なんかで儲かってる個人投資家である程度の歴がある人で


そこで本当に景気が良いなんて信じてる人あんまいないはずですね。


それよりは単純に株価吊り上げてくれるからバブルだから

そのときだけ利益いただいて、けどバブルは崩れるものだから

オプションでプット買いしておこ~


みたいに例えば考えてるんだと思います。


暴落想定してヘッジしてる人は結構いると思いますね。


それで私たちが気づかないといけないところで

それは物価が上がっている、という書き方をしてるけど


これも私本当のところじゃないと思ってるんです。



そうじゃなくて「資源に対して 法定通貨の価値が下がってる」

というのがおそらく本当のところです。


というのはこの「物価が高くなってる気がする」という言葉は

これ私が話す欧米の人も言ってたんですよね。


日本だけじゃなくて。


世界全体的にだけど、おそらく法定通貨の力が弱くなっております。


要するに例えば以前250円出して食えた牛丼があるけど

それはそのとき250枚の1円玉をだしてそれで牛丼が食べられた。

(実際は1円玉出さないと思うけど例で。)



けど今は1円玉の価値が下がってしまってこれ

380枚出さないと牛丼は食べられないわけです。


これは「法定通貨の価値が下がってる」ということでしょう。


それで私のメルマガでは昔から呪文のように

「金(きん)を買うべきなのだ~金(きん)だ金(きん)だ」


と書いてきたわけですけど


これもう最近は金1グラムの価格が日本円でも

以前3000円台とか4000円台前後だったのが

もう5000円台くらいが固定化してきてますよね。


ただこれ私の意見だと長期的に7000円台、1万円台と行くと

見ていまして、


それは金が上がったというよりは

「法定通貨がだめになっていく」ということです。


私なんかは結構幅広い投資をしているけどただ

金地金は強いんですよね。ほんと。


もっとも、強い安定性がある。


そこで感じ取ることがあって、以前は金の動きってのがありまして

金価格が米ドルベースで上がったら

逆に日本円も強くなっていていわゆる円高になっていた

んですよ。


だから米ドルベースでは金価格が上昇しているのに

日本円で見ると同じ4000円台前半のまんま、


っていう状況だったんですね。


けど・・・今年まさにトランプ大統領になってからですよね、

彼なんかは米国覇権をつぶすために生まれた大統領で

確信犯的に米ドルを破壊するはずですが


そこから上記の状況が変わってきたんです。


これ金投資家はみな気づいてるはず。


というのは以前は金価格が米ドルベースで上がれば

日本円も同時に買われていたわけで


日本円ベースでは金価格ってほとんど変動がなかったんです。


けど今は違って米ドルベースで金価格が上がったらこれ

日本円ベースでも金価格があがるようになってきたんですね。


相関関係が明らかに変わってきています。


ちなみにユーロベースでもこれ金価格は上がってきている。


果て、ここで分かることは?というと

そうです、「ジャブジャブマネーをしている

米=FRB 日=日銀 欧=ECB」というのがあるわけですが


このジャブジャブマネーしている地域の法定通貨が

「一律に」弱くなっていて金ゴールドが強くなってる

っていうことですね。


もっと正確に言うと金ゴールドは価値としてはそのままだけど

逆に法定通貨が弱くなってるということ。


私はこれ後付けじゃなくて金を買うべきだ~ってのを

これもう昔から書いていましたから


やはり金の時代です。


んで金は投資対象ではないんですね。

金が正貨です。


法定通貨はお金じゃなくて紙切れです。

よく見てください、紙切れですから。


1億円あったらライターで燃やしたら一発で消失です。

金(きん)は燃えません。


んで一応信用というものに担保されて1万円札の諭吉が

価値あるように大衆洗脳が仕掛けられていたわけだけど


そろそろ本来の紙の価値に法定通貨が近づいてるのかな~

なんてのは感じますよね。


だから今大きく先進国で起きていることとして、

「法定通貨の価値減価」ですよね。


これがどうもおきています。


それでまた同時にこの法定通貨の価値減価に沿っている形で、

暗号通貨なんかが日本円や米ドルに対して価値を付け出していると。

ブロックチェーン技術を使って。


どうも既存の法定通貨というのがどんどん弱くなってきていまして

その結果元々の正貨である金が値上がりしているように

見えるんだけど


実際のところは法定通貨の価値が下がってきたという

兆候でしょう。



んで、おそらく上に書いたスタグフレーションということを

もしマスコミが言い出すとですね、


それは結局良く考えれば「あ、法定通貨の価値が下がってるのだ!」

とみんな「催眠状態から目が覚めて」気づいちゃいますよね。


これなんですよ。


だからスタグフレーションという恐ろしい単語?

というか経済学では普通に教えられることだけど

それはマスコミは言えないのでしょう。



ただここで素直にそれを大衆にいえないのが権力者というもんだから

景気が悪くなってるのに景気が良くなってます~と言ったり、


やたら物価が上がってるのに「物価は上昇してません~」と

やるんでしょう。

ここで「1不況で2物価は上昇してる」という

事を言うとですね、


スタグフレーションであるという指摘をすると人々はいよいよ

「法定通貨がどうも危ないのだ」と気づきだすわけで、


これは恐ろしいと考えてるのが今の本当の

官僚たちの考え方だろうな、というのは私が感じ取ったことです。



と言うことで今の日本の経済状態は

スタグフレーションである


というのが私が日本にいてほぼ確信して

結論付けたことなんだけど

おそらくこれが本当の日本の為政者の持ってる認識だと

思いますよね。



それで通貨価値が下落するも不況から抜け出せないとなった場合・・・


そのときは国債発行残高が大規模になりまして、
(今の日本のように)


もはや財政ファイナンス(マネタイゼーション

政府発行公債を中央銀行が引き受けること)を行わなければ

財政が維持不能になる、と政府は考えるわけですね!



そして、これはこの前の衆院選の話で私が書いたことで

面白いんですよ。全部つながってるんです。



5日前の10月23日の記事ですけど


=====================


んで憲法改正の問題点を9条にしぼって日本のマスコミはやるのだけど

これが争点化している時点でやはり人々は

「本当の自分の生活にせまるヤバさ」に気づけないように


巧妙に巧妙に、情報統制されてると私は気づきます。

それでなぜ今回衆院解散したのか?というところで言うと

金融の部分で言うと


やはりこれから安倍さんは財政ファイナンスをしたいわけですよね。


これマスコミは報道しないけど実際に2016年2月に

「日銀の国債買い入れは財政法の5条に抵触しません」

っていう政府答弁書を出している。


安倍首相のやばいところというかすごいところはもう

「法解釈」をやっちゃうところですよね。


(中略)



それであの安保法案で行政がこれ法律の解釈もできるようになった

というのが日本の政治体制、構造で重要な点なんだけど


これはだからある種の官僚制社会主義とかそういう体制に

移行したということでありますけど


ここで財政法第5条がポイントになる。


ここで財政法第5条について安倍首相が


「日銀の国債買い入れは5条に違反しませんよ」

という「解釈」をいつもながらに言ってきたわけですが


今回の衆院選解散によっていよいよ

「よし僕ちゃん、大勝利したから財政ファイナンスやっちゃおう」

ということに当然なってくるだろうな、と私は見てまして


いよいよやばいことになってくるな、と思ってみております。

=====================


以上です。


これを23日に書きましたけど、

私はこの金融部分しか見ていなかったのですが

もし安倍首相が官僚の言うとおり財政ファイナンスしたら終わりだな

と私は思うんだけど


ただこの財政ファイナンスの選択肢ってのは


「スタグフレーション下での選択肢」であるから


おそらくだけど安倍首相がそれをよく理解していて

「もう財政ファイナンスしかない」ということになってるんだと

思いますよね。


これは安倍首相がクルーグマン教授との対話でも

日銀の財政ファイナンスを認める発言をしておりまして

クルーグマン教授が英語でネットに公開してるんですね。



ということで本当の今の官僚たちの日本経済の現状把握は

スタグフレーションであり、ここでもう財政ファイナンスに

突き進ませようというものだろうと推測できます。


んで役人たちは公務員一人当たり民衆に3億円の借金をしている

のが実体だろうけど、

その借金がハイパーインフレでチャラになるわけですね。


これはベネズエラの事例が分かりやすいけど

ベネズエラなんかが1980年代後半から原油安で

石油公社からの歳入が激減して歳入を貨幣発行に頼る

財政ファイナンスを実行してインフレが誘発された事例が

ありますが


この辺はベネズエラにいる邦人のブログとか見ると

実際にどうなるか良くわかるので勉強になります。


日本もいずれそうなってしまうのかなというのは私が

感じてる点ですね。



それでもう一度おさらいですが

私は今の日本をデフレ経済だとかインフレが起こっていないとか

形容するのは正確ではないと思っていて


「今の日本はスタグフレーションなのだ」ということを

多くの人が考えたほうがいいと思いますよね。



スタグフレーションの定義をもう一度書きますと


「経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態」



ですけど、今の日本でうっすらと、生活実感で多くの人が

感じていることですね。


これがスタグフレーション。


そして為政者としてはスタグフレーションの打開策として

歴史的に必ず財政ファイナンスをしたがりますが、


大きくはそういう動きで日本政府の財政ファイナンス発言というのが

出てきているってことですね。


だから逆を言うと官僚というのはやはり悪いながらも

民間よりも頭がよいわけで


ジャブジャブマネーのアベノミクスで「異次元緩和」すれば

ここでスタグフレーションになると分かっていたわけで


そしてその後「財政ファイナンスしかないですよ」と政治家にいって

財政ファイナンスさせてその後ハイパーインフレで今まで


自分たち役人が放蕩していてためてきた財政赤字をがらがらポンする

スキームを最初に考えていたということですから


大きくはこのままいくと日本の官僚機構がまた日本の民衆に勝利する

ということに冷酷に見るとなりそうです。

が、そうであってはいけないから私はみんな気づけ、と

政治思想を勉強してる人間の立場として書くけど、


大きな力のバランスでいうとそういう方向に進みそうだ、

という冷酷な視点も

あるわけでこっちの見方は投資してる人間として持ってる見方ですね。



それで今明らかに法定通貨は弱くなってますから

そして不況であってスタグフレーションに入ってますから


だから正貨の金=ゴールドと言う話にもなります。

いずれ、トランプ政権中に世界中の金が実は欧米から

アジアに流れていたという事実も徐々に発覚していって


そこで法定通貨のあのドル札や万札が

「よく見たら紙切れだった」ということに人々が気づく時代が

2020年代とか、そういうときには来るでしょうから

(2010年代にもあるかもだけど)



法定通貨は購買力が下がっておりますので

これからさらに今の半分以下になることも想定されますので


法定通貨への幻想は見直したほうがいいでしょう。


よーく考えたら、今私は財布の万札を見てメルマガ書いてるんだけど

この紙切れに購買力があるっていうのはある意味

ファンタジーですよね。



それで今は物価が上がったと言うよりは法定通貨の信用の寿命が

そろそろ来てるのだ、という認識のほうが分かりやすいと思います。


それが物価上昇という実感で私たちの生活で感じられるということです。


日本の経済状態はスタグフレーションにいよいよ明確に突入した、

というのが実際のところだと思うので


これは報道されない私のような少数派の主張だけど

考える必要はあると思います。



それではまた!



ゆう






PS・・・ちなみにここで

「物価安くなってるものもあるよ!上昇していないよ!

新聞の書いてるようにデフレなの!」

なんていう役人保護思想の人がいるかもだけど


確かにそれもあるかもしれません。


私が良く行く温泉があって、それが去年は確か入館料800円くらい

でした。そして「浴衣のレンタル代込み」で800円でした。


が、これがこの前行ったら入館料が700円に下がっていたわけです。

そして「浴衣のレンタル料200円」が有料でかかるようになっていた。


確かにそういう意味では「値下げ」

しているものもあったな、と思い出します・・・

けどそれ実質値上げなんじゃないかなとも思いました。







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

狂人レベル億トレーダー野田さん×ゆうの

【熱い対談音声1本目】をついに公開!!


直リンクの音声です!(音出ます)

⇒  http://fxgod.net/onsei/nodashiki_fx1.mp3

(スマートフォンでも聞けます♪)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★













コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください