無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






日本で危険な車道を走ることを義務付けられる自転車乗りの不憫(ふびん)さ

2017 10月 08 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


日本で危険な車道を走ることを義務付けられる自転車乗りの不憫(ふびん)さ
⇒編集後記で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  【FXのかなり良質無料案件が入荷しました!】


この講師さんは非常に多くの生徒さんを稼がせている方で

「損を激小さくして利益莫大」なトレードをして

5万円⇒8000万円に増やした方です。

今回は

298000円のFX塾の内容 → 完全無料

でいけちゃいます!


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【新ビジネス系案件です!】

読者さんはスマフォでゲームってやりますか?

今回の案件は「スマフォでゲームをやりながら月収200万円を稼げる」

という新しいプロジェクトです!


「ゲームが好き!」という人にとってはかなり面白いビジネスであるでしょう


【「スマフォゲーム大好き!という個性」⇒月収200万円になる時代】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/11/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


どうもゆうです!


読者さん、こんにちは!!


さて、私はこの前まで韓国とマレーシアにいたのですけど

日本に今戻っていて驚くのが日本の道路事情です。


というのは以前の道路交通法改正もあって今まで歩道を

走っていた自転車がこれ車道を走るようになっていまして


それこそ学生とか子持ちのお母さんなんかも自転車で

後ろからバンバン車の走る車道を走ってるわけであります。


実は報道されないだけで倒れた自転車と車の

悲惨な事故も多く起こってるわけですよね。


それでこの自転車が車道を走るという官僚のための規制が作られるというのは

確か2年くらい前だったと思うけど


私のメルマガでは2011年とか2012年のそのあたりから

「警察官僚が利権を作るためにテレビに歩道を走る自転車の危険性を

プロパガンダとして番組で流させていて、

日本人が洗脳されつつある。だからその後警察の利権のための

自転車規制の法律が作られて警察の天下り先が作られる」


って内容を何度も書いていたわけです。


当時、これはテレビ信者の人が沢山いて、「歩道を走る自転車は危険です!」

と沢山批判をいただいたものだけど、

どう考えても車道を走る自転車が事故にあったときのほうが悲惨な事故になる。


それで・・・私が数年前書いたとおり、

しっかりと「歩道を走った自転車で2回つかまったら

自転車講習6000円ほど」というのが警察の天下り先として作られたわけです。


日本はやはり官僚や公務員の論理で国家運営されてる国であると

思います。


少なくとも諸外国でこんな危険な車道を

子供からお母さんからサラリーマンからおじいちゃんまで

自転車が走ることを強制される

国というのは私は知らないんですね。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【29万8000円のFX塾⇒無料】原さんのセミナー動画から
月利10%のすごさを学ぶ!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




さてさて、すでに読者さんでご覧いただいている方もいらっしゃると

思いますが


私は今日は29万8千円の塾⇒無料の今回の案件で

配布されている原さんの高画質なセミナー動画を

見ていました。


いや~ほんと勉強になります。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


一応期間限定の配布ではあるのですけど

今回のセミナー動画ですが、もうガッツリとした内容なんだけど


「合計7時間超!高画質版」で配布されますが、

以下の内容を完全無料プレゼントです


=========================



東京セミナーの内容が、、全部で2時間超で以下の内容!
(なんと完全無料!)
↓↓


■5年以内に100万円を1億円にする複利トレードの具体的手法

■安定月利10%を獲得する黄金パターン分析

■60日以内に時給1万円生活に突入する3パターン

■トップ5%のエリートトレーダーだけが知る相場観養成方法

■「儲かるのが当たり前」になる「常勝マインド」構築3ステップ

■継続的に利益を生み出すトレーディング・スケジュール構築法

■99%のトレーダーが気づいていないデモトレードの意外な活用法

■トレンド変化をひとめで見抜く簿りんジャーバンドの特殊な読み方

■ストレスゼロで50PIPS獲得するエントリーポイントの見極め方

■残酷な投資の世界で生き残り続ける「偉人たちのリスクヘッジ方法

■追証の恐怖から解放される「優位性」活用メソッド

■ゼロ状態からキャッシュで100万円を稼ぐ予想外の裏ワザ

■継続的に勝ち続ける「3つのゴールデンルール」の全貌を公開

■1回1分で5PIPS稼ぐシンプルトレーディングの秘密

■たった60回のトレードで無理なく億超えを果たす



同じく福岡セミナーの内容が、、全部で2時間超で以下の内容!
(なんと完全無料!)

↓↓

■継続的に稼げている人がエントリーで悩まない2つの理由

■複数の時間足を組み合わせて最適なエントリーポイントを見抜く方法

■多くの素人トレーダーを勝てる投資家に激変させた“3つの鉄則”とは?

■時が経つほど得をする時間を味方につけるトレード手法の秘密

■恐怖の感情を逆手に取って損失を最小限にする損切りの極意とは?

■自分の勝ちパターンを確立させる2つのコツ

■ヨーロッパ市場で勝ちまくる“秘密のトレードタイミング”を暴露

■教科書通りの定石トレードで利益を出せる意外なマーケットとは?

■自分が好きな通貨ペアで「勝てるタイミング」を見抜く方法

■毎月キャッシュを増やしてくれる2つのボーナス指標とは?

■最も利回りを高くする「トレード回数」の秘密


■陰線と陽線の逆転タイミングを事前に見抜く方法

■1トレード30pipsを安定して積み重ねる振り子テクニックとは?

■伝説の投資家が死ぬ間際にたどり着いた「無敗の戦略」を伝授!

■負ければ負けるほどなぜか手元に利益が残る異次元投資術のカラクリ

■ビビらずに利益を最大化する利確タイミングの法則

■マイナス収支に陥る可能性を劇的に下げる「損」と「得」の絶対法則

■世界的な投資家がだけが知っている最適な損失許容額とは?

■複利のパワーを最大限に活かすトレードスタンスを伝授

■80敗20勝でも利益を出すリスクリワードレシオの設定法

■最短最速で資金を増やす2つの極意とは?

■「負けない自信」を養う方法





同じく大阪セミナーの内容が、、全部で2時間超で以下の内容!
(なんと完全無料!)


■「綺麗なチャート」と「汚いチャート」の見極め方

■勝率を劇的に向上させるオリジナルデータ集積メソッド

■チャートを手書きで書き写す意外なメリットとは?

■稼げない人が必ず見落としているFXで一番重要な要素とは?

■トレンドの変わり目を正確に予測するラインチェックの法則

■50pips以上の勝ちを獲得しやすい“ある”穴場の曜日とは?

■勝ち続ける人だけが知っている移動平均線に隠された秘密

■最も勝ちやすいエントリーポイントを見抜く2つのサイン

■99%破産するポイントを把握する「バルサラの破産法則」とは?

■ ワンパターンな投資を繰り返す人が億万長者になる意外な理由

■ たった5分で数百万円の利益を叩き出す日足ブレイクアウト法

■ 60日以内に専業トレーダーになる3ステップを公開



========================

ということでめちゃくちゃヤバい内容を無料にしてるんで

これは個人的に絶対見てほしいなと思ってます。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/






それで・・・これは以前も書いたことがあったのだけど

やはり繰り返し書いて読者さんの脳みそを「負けない脳みそ」に

するのは大事だと思いまして、


原さんもセミナーでおっしゃっていたので

大事なことを後半に書きます!


ずばり・・・これができるようになって読者さんの

成長が始まります。


1月利10%のすごさ



2最初に損失額を決める作業。


これはやっぱ大事です。


後半で!



さて、以下は引き続きこの案件を担当している熊本さんより

読者さんにメッセージです!


======================

298000円 → 完全無料

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/

=============

298000円の高額FX塾のサービスを
完全無料で提供し、

あなたを全力でサポートという、
前代未聞のサービスが公開されました。

今回、完全無料で提供されるサービスは
下記の通りです。


1、動画講義 7時間42分6秒
2、個別サポート回数無制限
3、実践講義にご招待


そして、今回は


メールマガジンでの売り込みは一切ありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


完全無料FX塾となっております。


298000円 → 完全無料

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


このFX塾のVISIONを
お伝えしておこうと思います。


VISION


毎月月利20%を達成し、
最短26ヶ月、遅くても5年以内に
1億円をあなたに稼がせる。


これです。

1億円というと、現実味のない数字に
思う方もいると思いますが、

これはかなり現実的な数字になっています。

その根拠については今回のプロジェクトに
ご参加頂くと詳しく説明させて頂いておりますが、

かなり説得力があると思いますので、
あなたも1億円を稼げることを確信して
いただけることでしょう。


298000円 → 完全無料

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


既に2000名以上の方が参加をし、
ものすごい数の億万長者が誕生しています。

今回の募集では100名様の募集となり、


残り64名様
~~~~~~~~~~


となっております。

本当に稼げるFXの投資法を知りたい方は
是非、ご参加ください。

私はこの塾が


日本で一番勝てるFX塾
~~~~~~~~~~~~~~~~

だと自負しております。


298000円 → 完全無料

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/




======================


以上です!!



ちなみに今多くの方が続々と参加していただいてるのですけど

本当にこういうプロジェクトをネットで行えるというのが

すごい時代で、可能性のある時代だってほんと思います。



それでまず考えてほしいのが「月利10%のすごさ」なんですよね。



この業界ってやはり「月利100%」とかそういうのに引かれる人が

大変多いわけでして、


もうなんというんでしょう、欲望の塊なんです、みんな・・・



だから私は日々考えさせられるんですよ。

「お金がすべてじゃない」なんてキレイゴト言う人たちがですね、

いざFXとか株やりだすと月利100%とか目指しだすわけでして。


んで一方この業界でカネカネカネ言ってる人たちは実は


結構堅実に月利10%もしくは5%でれば十分と思ってたりするわけです。



んで当然お金もちになるのは心理的には後者なんですよね。


それで月利10%を舐めてはいけないということで

これはスマフォで「乗数計算」ってのができます。


例えば2の4乗の計算はスマフォの計算機ありますでしょ?

あれを横にしていただくと横に XのY乗を計算するボタンがありまして


そこで最初に2を押して、その次そのXのY乗ボタンをおして

それでその次4のボタンを押すと2の4乗が計算できます。


私はこれもう毎日のように使ってる機能なんですけど。


それで「月利10%」というと玄人は「よいね!」といって

素人は「え~物足りない」といいます。


ただこの月利10%なのですけど、例えばそれを5年間

平均的にその数値を「継続」できたとしたら、

5年間でいくらになるだろう??


ということなんですね。


これは是非上の乗数計算をしてほしいのですけど

1.1の60乗です。


これは大体ですけど304倍くらいになるんです。


だから例えば10万円で開始したとしてもこれは

5年間で3000万円になる。


これがまあ複利のすごさといえばすごさで

基本的にお金持ちはこの複利をスムーズに適用できた人ってのが

金持ちになるんですね。


だから月利10%って実は安定できるようになると

人生安泰が決定したようなものなんです。


いや、月利7%とかでもいいですね。

月利7%でも5年間で大体57倍になりますから

100万円ならそれは5000万円くらいにはなるわけです。



だから実は月利10%ってみんなよく分かってないから

馬鹿にするのだけど「安定した月利10%」ができるようになると


これ少なくとも経済面では富裕層確定なわけです。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/



これに気づけるかどうかってことが本当に大事なわけです。


毎月月利20%、これは結構しんどいというか

やはりその意識だとポジポジ病になると思いますし


時間足も短くなって心理的余裕がなくなるわけですが

ただ「毎月10%でも取れればいい」と割り切りますと


これは4時間足とか日足で結構ゆったりトレードできるわけでして

「余裕」が心理的に生まれたりするわけです。


アフィリとかもそうだと思いますが最初は稼げて数万円ですよね。

けどこれがうまくなっていって数百万円とかに増えてくるわけですけど


結局ビジネスも投資もその辺一緒で徐々に複利効かせて

収益額を大きくする、これ以上の公式はないと思います。


FXの場合ある程度限界の額もあるので、その場合は株とか金とか

その辺もいずれ混ぜていくことは求められるわけですけど


とりあえずは「月利10%でもいいからプラスでしっかり毎月終わる」

この意識がとても重要ですよね。


こういうことをセミナーで色々事例を交えて教えてくれます。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/







===========編集後記============


さて、私は今日本にいて、それで久しぶりに日本の生活を味わってるわけですが


まあ日本は温泉が最高ですね。


ちなみに温泉なんかは実は東京とか首都圏からも天然温泉が出ていて

一回入るのに700円とかそんな値段で入れるわけでして


この温泉が日本の良いところだと思います。


民間の事業者たちは日本ではすごい価値を創出するために頑張っていると

思います。


ただ・・・私がやはり驚くのは日本の道路事情でありまして、

やはり日本の道路事情というのは日本の社会主義性を象徴しているな


とは思いますよね。



この前とか、友人に会うために東京にいったのだけど

道路工事とかすごくて、集中期間だったのだろうけど

1,2時間走って道路工事合計で30箇所以上やってるのを見たわけです。


10箇所や20箇所というものではなくて見たのが30箇所以上で

もう至る所で道路工事していてびっくりしました。


さすがに諸外国ではここまでの工事はやっていませんので

確かにインフラは日本の道路はすごい綺麗というのはあるのですけど


それにしても道路工事が過剰じゃないかなというのは感じますよね。


税金のほとんどが道路工事に使われてるのではないか、と思うくらいで

昨日走って問題ないところを掘って埋めてをしているわけです。



んでこれらの工事やってる会社の標識見ると「○○株式会社」とは

なってるんだけど、


実際はお金は市役所とか区役所から税金という形で

下りているわけです。



だから本来淘汰されるべき工事会社なんかが亡霊のように生き残って

それでずっと毎年毎年、道路工事を繰り返して生きながらえている

という構図が日本にはあるんだな~なんて感じます。

株式会社の体だけど完全に行政と癒着して生きてる会社が多いわけで

これを政商とかいいますよね。



ちなみに私がよくいる韓国なんかではインフラは日本ほどじゃないけど

まあ生活には不便しないくらいは整っていて


だからといって道路工事ここまでやっていないわけです。

マレーシアなんかは逆にもっと道路工事やってよ、と思うくらいで

全然工事やっていないので日本と比べると道路インフラは弱いなとは

思うけど


ただそれでも日常生活は特に問題なく送れる感じですよね。

その代わり税金がすごく安い。


日本の場合はこうやって公共工事をやってGDPをかさ上げするわけですけど

それはある意味 自作の自演経済であってある意味粉飾に近いけども


この辺もおそらく公共事業の適正化ということで次の選挙での

争点になるのでしょう。


この辺の道路工事は役所の利権や国土交通省官僚の利権なんかも

からむのでなかなかなくらないわけですけども


まあ色々考えさせられます。ちなみにテレビなんかで

よくインフラの老朽化問題というのが扱われるけどあれを官僚たちが

テレビに放送させて民衆扇動して

世論作って、


そこでそれを口実として予算作るというスキームがあるわけですけど

やはりテレビは疑ってみないといけないと思いますね。


テレビの報道論調の背後には必ずと言っていいほど官僚たちの

扇動の思惑が隠されている。



それであと信号も多すぎですよね。信号なんかはやはり諸外国は

ここまで多くないわけで


これもその信号の前で取り締まりする警察の利権になっているし

また信号機を1機作るとこれ警察の天下り組織が信号機設置に関わっていて

大体300万円は入ると思うけど


これで信号がバンバン作られていると。

だから時々信号機の多い道路なんか行くと

視界に10個以上の信号が目に入ったりするけど


これはこれで日本独特だな~と思いました。


ある哲学者が信号機が多いほどその国は社会主義であると言ったものだけど

日本の社会主義性は世界でもトップクラスにあるのでしょう。


だから海外にいて、日本に帰ってくると日本にいたら当たり前だったことが

結構世界の中では特殊なんだなと気づくことがあって

これはこれで気づきがあるんですね。



だから日本の道路事情ってこれは海外の人に観光で見せるのが面白い

と思っていて


「こんなに道路工事やってるんです~」とか

「こんなに信号多いんです~面白いでしょ」とか

「なぜか危険な車道を自転車が丸裸で走ってるんですよ~」

とか。


これを外国人に観光で見せたら

「社会主義体験」ができるので、

結構面白いんじゃないかななんてのも

挑発的ですが私は感じたりします。


それで今日は自転車のことをやはり書きたくて、そういえば最近書いていない

と思ったので今号で書きたいのだけど


実は自転車が車道を走ることを強制される問題、

あとはそこで警察が自転車規制を作ってそこに

利権を作っていこうとする動き、これは結構前から書いていたんです。




2012年5月8日のメルマガ【え?自転車に免許?】より引用

=======================
ちなみに

私は大阪と東京に住まいがあって

結構行ったりきたりしているんですけども


大阪はみんな自転車使ってます。

(面白いのはキャバ嬢みたいな派手な子もチャリ使ってます、笑)


東京は大阪に比べて自転車使っている人がすくないです。


それで東京でチャリに乗っていると本当に思うのですが

警察官がしばしば自転車乗っている人を止めてます。

(THE ドッグ オブ 公権力の警視庁が。)


ライトついてない、とか防犯登録番号チェックしたり、とかです。


いわゆる職務質問ですね。


私も結構夜とか自転車乗っているとそれに遭遇することが

あるのですが、

まあ思うのは昔、10年前はここまで警察官がでしゃばって

職務質問しまくってなかったな、ってことです。


職務質問って「強制」じゃなくて「任意」なんですね。

これは警職法というのがあり、そこにしっかり記載しています。


ただ警察官は今実質「強制的に」若者たちを止め、

(これは要するに戦前の「特高警察」化している、ってことです。

特高警察を知らない人はググりましょう。戦前 日本の警察は

国民に拷問を加え、暴力を振るうのが普通でした)



そして強制的に荷物検査をして、

そして実際に官僚の天下り先になっている

自転車の防犯登録の協会がありますが


そことつるんで、防犯登録番号チェックをしているわけです。


(私が子供のころはありませんでしたね。


いつのころか、防犯登録、という「防犯のため」という

名目で500円で登録が義務付けられ、そしてそれが

警察官の新しい仕事を作り出して警察官が増えている、


という現代の日本の構造)


自転車に最近まで乗っていなかったので私は気づきませんでしたが

どうやら警察官僚たちはこの「自転車」に利権を見出しているのだ、

と最近はっきりと自信を持って分かってきました。


まず自転車防犯登録で盗難の防止、という奇麗事で

防犯登録を義務付けさせてそれで天下り先を確保した上で


「交通行政の警察官の仕事を増やす」ことに警察関係者たちは

成功しました。



そして最近はライトをつけていないことを「無灯火」といって

取り締まり対象にして、そんで2人乗りも禁止されてるので

取り締まれるようになってきてます。


(だから昔の「恋人を自転車の後ろに乗っけてデート」ってのは

もう犯罪になるのですよ、笑 こうやって「正義」や

「迷惑」という法律上存在しない曖昧な言葉を官僚たちは

使っていき知らぬ間に国民の自由は奪われていく)



法律というのは基本的に学校では

「市民の安全を守るため」と「官僚側の視点」で教えられ

それを多くの日本人が妄信しています。


しかし

民主主義の進んだヨーロッパの人は法律についてそう考えていません。


「法律とは国家権力が権力強化するために行使する

国家権力側の武器」


と多くの人は考えてます。


法律とは現実を見ると

官僚側、国家権力側が

「国民を規制する武器」になっている、という現実があります。


そして法律が新たな利権を作り出すのです。



法律が出来れば官僚や公務員の仕事が「作り出せます。」

ここに法律を作る本質があります。


私はそう考えています。


(特に薬事法とかは分かりやすくて日本医師会や

厚生官僚や製薬会社の利権を守るために存在しています。)




さて、

日本では教育やテレビによって

「警察官=正義」という

洗脳がうまく全国民に進んでいるので


この解釈を持っている人は日本では極少数のはずです。


そして道路交通法の改正が数年前に行われて


今国家権力は自転車に乗っている人を積極的に「取り締まる」

ことが可能になりました。


さて、それで次に何を国家権力、特に警察関係の官僚が

考えているのか、と私が調べたところ、

どうやら次は「自転車免許制度」を考えているようです。



自動車、CARの免許制度というのはそこに多くのお金がかかりますが

大学時代もみんな「大金はたいて」免許とりますよね。
(20万以上かかるの意味不明だと思います)


自動車教習所なんていうのは立派な天下り先ですから

とるのに高額な自動車免許は立派な「利権」なのです。


他の民主主義先進国のヨーロッパなどではここまで高い国もなかなか

ないのではないでしょうか。


そして自動車に乗れてもその後に車検制度というのがあり

(これにも大きく利権が関わって私たちの払ったお金が

官僚たちに流れていますよね)


また意味不明な重量税とか高額な税金がとにかくふんだくられています。


さて、昔官僚たちは自動車に課税することに大成功していますが


どうも

次に狙われているのは自転車のようです。


まず自転車を乗るにも免許が必要、みたいな世論を

これから読売新聞や朝日新聞が先導してここ数年で作り上げていく

可能性があります。


自転車事故は数年前と大きく変わっていないのですが

最近マスメディアが自転車の危険性をやけに言い出しているので

明らかに不自然なので多分世論の下地つくりです。


そして将来自転車を乗るにも免許が必要で

車みたいに何万円も読者さんが払って講習をうけて

ようやく自転車に乗れるような状況に将来なる可能性があります。



そしてさらにそれが進むと

これは10年以上後でしょうが自転車の整備が義務付けられて

そこでまた何万円か国にふんだくられるようになるかもしれません。


そこで整備をしない人はドッグ オブ 公権力の警察が

許しません。

それで走ったらきっと前科者になってしまいます。


このように

自転車を持っているだけで車と同じく

税金が取られるようになる可能性があります。


少なくとも今警察官僚の人間は自動車事故が少なくなっているため

代わりに自転車に最近ターゲッティングを

しているので

こういう話がどんどん現実化してくる可能性があります。


ちなみにこういう自転車関係の課税が進めば当然その取締りをする

警察官の人数も増えますから国家権力はさらに大きいものになります。

さらに警察が日本国で強くなるでしょう。


これを「警察国家」というのでしょう。

怖いですね。


ちなみに私の今回の話は妄想ではないです。

実際に警察官と話をして色々自分なりに調べて分かってきた

これからの「傾向」です。



日本国民はマスメディアなどで洗脳されているから

自分の「自由」に対しての意識が

世界でも

ナンバーワンレベルに希薄で国家権力に従順な国民ですから



「安全のためには免許でいいんだ」という世論を持つようになり

(持たされるように巧みに洗脳されて)


そして自転車にも免許や整備などで課税される体制が出来上がります。


自転車一台所有するだけで毎月1万円かかる、という

ような状況が出てくると思います。


今は多分この記事を見ている人も

「そんなことあるのかな~」という感じでしょう。


しかし私が今書いたようなことを構想している人は

確実に官僚の、特に警察官僚の上側でいるのです。



ちなみに・・・大阪と東京を行ったりきたりしていますと

東京の警視庁では「職務質問」の数が半端ないのが

町を歩いていると分かります。


どこにいても警察官がいて、職務質問をしています。

ちなみに職務質問においては国民である私たちは

「NO」という権利が警職法において認められています。


これは昔 特高警察というのがありましたが

戦前に彼らは「強制的な」荷物チェックなど国民の権利を

著しく侵害していたわけです。


日本の警察は国民を拷問したり暴力をふるったり

反論する国民を「ぼこぼこ」にしていたのです。



そのときの教訓として一応民主主義である現代では

今警職法にはそういうことがないように

職務質問は「任意」ということになっているのです。


任意とはNOといえる、ということ。

しかし実質今警視庁は「NO」と言わせないで

強制的に荷物チェックを行っています。


渋谷新宿池袋、いたるところで。


NOといって立ち去り、そして前に立ちふさがった

警察官と接触しただけで

「公務執行妨害」をとられます。


私の知人の知人はこれで前科がついてしまったらしいです。
(職務質問をしてあいてが触れただけでその人を

前科者にできてしまう、ということ。)



しかしこれらの職務質問は強制的なので任意を認めている

警職法からすると違法です。


だから職務質問の警察官たちは

悪いことをやっていることを承知で法を拡大解釈して

「強制的に」通行人の荷物チェックをしているのですね。

(私は実際に渋谷警察署の人間に「自分たち警察官が悪いことをしている」

と認めさせたことがあります)



しかし多くの国民が自分の権利に無関心なので

この事実を知りません。


この自分の権利に無関心、無知、というところを

徹底的に官僚たちは付いてきます。


そしてそのひとつとして自転車に関するこれからの

取り締まり強化やさらには自転車免許構想などが

あるようです。


今の警察権力は腐っています。

自転車に課税されたり、免許が必要だったり、

そんな時代がこれから来るかもしれません。


声をあげない国民が大半の国では

こうやってどんどん公権力が強くなり

息苦しい社会になり国民の自殺が増えて


不幸な人が増えるのです。


私は東京地検などの検察の次は警察、特に警察官僚たちを

解体すべき、と考えています。


========================

2014年12月11日のメルマガ
【「自転車免許税」を作りたい警察の思惑について考える!】

より

↓↓

それで今自転車関係に行われている

プロパガンダを私が全部丸裸にします。


まず私が子供のころはそんな

自転車が歩道走るな、とか

自転車が逆走はNGとか

そんなルールなかったわけです。



実はここ数年のことなんですね。


というのが私がその「異変」に気づいたのは

5年くらい前なのですが


私は長いこと自転車乗ってるのですが


5年くらい前からか、


やたら「おばちゃん歩行者」が

「過剰に」自転車に対して反応するようになった


のですよ。


昔はそんなことなかったのに私は
びっくりしました。

ようするに 自転車漕いでいると

おばちゃんが


「きゃっ!自転車が危ないわ!!」


なんて言うようになったのです。


本当に私が20代前半のころにはなかった傾向


「感情体系」だったので


私はびっくりしたのですね。


特におばちゃん世代の人が

こういう反応をやたらするようになったわけです。


私の「のろのろ」走ってる自転車に対して・・・(笑)



だから


「なぜこんな急に自転車に対して

拒否反応を示す人が増えたのか、

おかしい。特に事故数も変わっていないのに・・・」



私はそう考えまして


「何がここ最近急にこの人たちの

「感情」を作り上げているのか」


それを知るために

その後いろいろ調べたんです。



その国民の感情、なんてのは

為政者が作るものであって


実は彼彼女らの感情は自分では自分の感情だと

思っていますが


それは教育とかメディアで作られたもの

なわけです。


私はそれを知ってるから

なぜ 急に自転車に拒否反応を示す人が

激増したのが調べたんです。


それで・・・すぐに答えが分かったんです。


そう、テレビなんです。


テレビを検証していたのですが

「自転車の恐怖」をあおるテレビがやたら

流されていたんですね。


それで私なんかは子供のころ出て行った

親父がテレビ局ですから


昔からテレビ視聴率表を10歳くらいから見ていた

人間なので


いろいろ裏も知っています。


要するに報道番組なんかでは

「警察関係者」ってよく出ると思いますが

警察庁とか警視庁の警察官僚が


「こういう番組作ってよ」

と来るわけです。



それで製作がされたりするわけですね。


明らかにその自転車関係の番組は

警察関係者の依頼と思われました。


私はだからここから一気に分かりまして


「ああ、おそらく警察はこうやって世論を作って
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
次に道路交通法を改正させて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それで最終的に自転車に対しての世論を高めて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それで免許制度を作りたがってるのだろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その免許制度でさらに警察の天下り、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
仕事が増えるという構図を作りたがっている」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とピンと感じて、分かったわけです。



だから数年前に「警察が自転車の免許を作りたがっている」

って話を書いたのですが


数年前は全然そんな傾向が表に出ていなかったので

私のことを

「は?こいつばか?

自転車に免許とか うけるwww」


(こういう人はやたらwwwwという笑い、の
アルファベットの頭文字を使った文章を
送ってくるので面白い傾向です)



そういう反応をした人も

多かったのですが


最近はたぶんこれを言っても

理解を示してくれる人がいるだろう


と思いました。


というのが2011年に道路交通法が改正されて

それで自転車が 超リスクのある車道を走るようになった

わけです。


その結果世論としては当然、

「自転車危ない!免許取らせろ!」

となるわけです。



どうですか?


一連の「自転車危険プロモーション」なのですが

うまく日本人の洗脳が進んでいますよね。


2011年の道路交通法改正のために

やたら自転車の危機をテレビにあおらせた

警察権力ですが



それが施行されて

自転車は相当危なくて実際に自転車の巻き込み事故も

結構私は見るのですが



実はあの2011年の自転車が車道を走って

しかも左側通行をするようになって


自動車側も自転車側も両方損しているわけです。


自動車も危ない、と思っているし

(出来ればやっぱり事故を起こしたくない
というのが日本のドライバーの共通意思でしょう)


あと自転車側も今までは歩道走ったり

右側を走ったりして

自動車接触事故を民間の知恵で避けていたのに


今は左側の車線を走って

後ろの車に避ける事を依存していて


もしその後ろの車がよそ見していたら

巻き込まれて死亡する、というような


危ない状態で道路を走っています。


自転車に乗ってる人もやはりネットを見ると

かなり車道を走るのは怖いらしい。


が、警察としてはこう言うわけです。


「歩行者を守るために」


左側を走ってくださいね~

車道を走ってくださいね~


と。


だから実はこれでかろうじて

損を被っていないのは


一切自転車に乗らない、

本当に歩くだけで、


それで自転車に「わっあぶない!!」

と過剰反応をする テレビ番組に

洗脳された洗脳された系歩行者の人であって


実際には自動車も自転車も

リスクが急激にあがって

本当に危ない、


という道路交通行政を東京で特に

最近見ることが出来ます。


(時々 子供の自転車がトラックに巻き込まれて

子供がグチャグチャになって亡くなっている。)


東京より大阪の人のほうが

自転車は乗るのですが


私なんかは大阪の森ノ宮ってところに

いたのですが


その辺ではほとんどの人が

自転車乗るのですが


別に歩行者いてもうまく共存していて

私は歩行者のとき自転車にあてられたけど


大体は

「めっちゃいたいわ~自分、気いつけーや」

で終わるわけです。

(歩行者がや○ざ屋さんでないかぎり・・・笑)


決して自転車でトラックに巻き込まれて

グチャグチャになるより

そっちのほうがマシです。


ただ、警察としては今そう考えられると

困るわけです。



2011年の道路交通法改正前に

やたら

「自転車は危ないプロパガンダ」

をテレビにさせた警視庁とか警察庁ですが


それで今左側通行、車線を走らせる

というまさに危ないことを民衆にさせていまして


それで彼ら警視庁とか警察庁の

仕事や人員を 増やすことが出来た というのが

重要な点です。


こうやって国家権力は拡大していきます。


これは高校と大学の大きな違いだと思うのですが

高校ではいわゆる世間の「常識」

を教えられますが


大学とかはその「常識」を誰が

作っているか?


ということを4年間考えさせられます。


社会にはルール、がありますが

そのルールってのは為政者に有利なように

作られています。


頭の良い人がルールを自分らが有利なように

作っているんですよ、実際。


そしてそれを「常識化」させて

それで権力を拡大するって方法が

日本でとられているんです。


こういう視点はやっぱり義務教育だと

教えられなくて大学教育でしか教えられていない


ってのが問題だと思います。


ただ最近は便利でして

こういう私が大学から政治学を学んで持っている

「少し一般と違う視点」をこうやって


文章や、時には音声をつかって

無料で共有できる、というのが

素晴らしい時代だとは思います。



それで上の「ルール」常識で言えば

今警察権力は 


「自転車は左車線を走るべし、キリっ!」


っていう「ルール、常識=いわゆる世論」

を作ろうとがんばっていますね。


なんでがんばるか分かりますか??


もし本当に「歩行者を守るため」とか

信じているなら


もう仮にその人が年齢70歳を超えていたとしても

脳みそはお子ちゃま、であります。


これはビジネスや投資をやっていれば

分かると思いますが


必ず大きな動きの後ろにはお金の問題が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あるのです。
~~~~~~~~~~~~~

これを理解するのが大人である、

ということです。


それで日本の警視庁とか警察庁は

間違いなく


今の2011年以降の道路交通法改正後の

自転車左側通行という「常識」を徹底させて


時には守っていない自転車を職務質問して

今は仕事を増やして権力拡大している最中なんですけど


それ以上に警察官僚という東大出身のもっと

頭の良い人たちは


今は「世論を形成させる時期」


と考えているでしょう。


それで今 自転車側も自動車側も

多くが


自動車側は「左走る自転車 くそ危ない」

と思ってるし

自転車側は「後ろから来る車が時々幅寄せするし

怖いよ」


と思ってるのだと思います。


それがひとつの「世論」として形成されてきて

その後 警察のそういう謀略思想に

通じていない民衆はどうなるか、といえば


「自転車も免許をーー!!」


となるわけです。
(シナリオ1)


もしくは

「自転車専用道路をー!」


となるわけです。

(シナリオ2)


他にもシナリオがあるかもしれませんが

警察官僚が見ているシナリオはおそらくこの2つです。


========================


以上です!!



これを数年前に流しているのですけど

結局その後道路交通法なんかも変わって


ほぼほぼ現在は自転車は車道を走ることが強制されるように

なっているわけですね。


だから私は日本の道路を走るとすごいびっくりするわけですが

他国ではまず見られませんが


すごいせまい車道の左側の

道と呼べないようなデコボコした左側を自転車がところ狭しと

走ってる姿を見るわけです。


それで中には中学生くらいの学生の自転車乗りもいるし

またじいちゃんばあちゃんの自転車乗りもいるし、

また時々昼間なんかはママチャリのお母さんが子供乗っけて


それで横20CMとか10CMくらいを大型トラックとかが走ってる状況で

そこで自転車で車道を走っているわけです。



だから「自分の命より法律優先する日本人」の姿を多く見ることが

できて、それを褒め称える人もいるけど、私なんかはそれ疑問を

感じるのですね、本音で言うと。



それで・・・ここ最近はネット上にも

「車道を走る自転車乗りは命が危ないんじゃないか」という指摘は

沢山出てきていて


例えば知恵袋で見たのがこちらの書き込みです。


これはトラックドライバーの書き込みなんだけど猛烈に

批判されていたけど

私は考えさせられた。


とあるトラックドライバーの書き込み

========================

自転車で車道を走ってるやつは死にたいのですか?



歩道を走るべきです。

先日午後8時頃、車を運転してる僕は、

ライトの弱い自転車で車道を走ってるやつに気付くのが
遅れ轢きそうになりました。


僕は思わず「危ねぇじゃねーか馬鹿野郎!」と車内で言いました。

自転車が車道に飛び出してるとかホントふざけてますよね。


生命(いのち)ムキ出しじゃないですか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「車が、車道を走る自転車を轢き殺す件数」と、
「歩道を走る自転車が、歩行者を轢き殺す件数」。

いったいどっちの方が圧倒的に多いと思ってるんですか?


そんなん幼稚園児でも分かるでしょう。
世の中はバカが多くて疲れます。

あなたはどう思いますか?



(ゆう※ 

当然この質問は警察官の工作員が大量常駐していると疑われる

知恵袋では炎上した。その後のこの質問したトラックドライバーが

補足を書いていた)

バ、カな人って、まさにバ、、カの一つ覚えのように
「道交法だから」を繰り返すのな(笑)

思考が停止して議論になってないおバカさんたちの多いことw

じゃあ例えば、


最愛の我が子に道交法をしっかり守らせて不幸な被害者にさせますか?


それとも、

理不尽な法律は少しぐらい無視して我が子の安全を第一に考えますか?


ここまで私が解りやすく言ってあげても理解できない人は
もういいですよwさようなら。


========================


以上です!



ちなみに私もメルマガやってるのでわかるのだけど

この警察関係の利権ってやはりそこをつくと嫌がらせされることが多いので

このトラックドライバーはすごい批判されたわけだけど


結構重要なことを言ってるわけですね。


この提起が重要です。


「最愛の我が子に道交法をしっかり守らせて不幸な被害者にさせますか?


それとも、

理不尽な法律は少しぐらい無視して我が子の安全を第一に考えますか?」



私たち日本人は「法律を守りなさい」ということを義務教育で

「教えられる」わけです

いや、「洗脳」される。



ただこれ基本的な近代デモクラシー国家の考え方としてあるので

是非読者さんには自立心を養うために知ってほしいのだけど


実は多くの法律ってのはこれ官僚利権を強化するためにあるのです。


上の引用でも書いてるけど官僚利権を強化するために多くの法律が存在する

ということをようやく大学なんかで学べるんですね。


だから公立の小中高では「法律を守りましょう」と教えられるけど

大学の政治学科、とかだと

「しかしその法律は得てして官僚組織が民衆を社会統制するための

利権強化として作られる」


ということが教えられるんです。


私はそこで大学で「わ~おれ騙されてた~」と気づいたのだけど。


それで実は近代デモクラシー国家の他国の人は英語で話すと

やはり「憲法に違反してる法律は無効だ」と言う考え方を持ってるんですね。


日本人の場合は役人が決めた法律に必ず従うように、と

教えられるわけだけど


近代デモクラシーを持ってる北欧とかの国の友達とかは

やはり「憲法なり<法>に違反してる法律は無効である」と考えるんです。


実はお隣韓国の人たちもそう考えるようになってきている。


これを私たちは考えることが必要かなと。


すなわち近代デモクラシーの構造を支配する体系としては


まず最初に<法>があるのです。これは法律の法ではなくて

<法>と言いまして、人類が伝統的に培(つちか)ってきた

そういう思想みたいなものでして、


それは「為政者は民衆から必要以上に略奪してはいけない」

「民衆の財産権を為政者は干渉してはいけない」

とか

「民衆の命を為政者は奪ってはならない」とか

「他国に侵略してはいけない」とかですよね。


それでこの<法>の考え方がありまして、その下に「憲法」

ってのがあるわけです。


そして日本の場合は内閣法制局というのだけどそこで

法律が憲法に合致するか審査されるのだけど


そこで憲法に沿った形で法律が施行されるわけですね。


ちなみにこの内閣法制局がうまく機能していないって問題があって

だから日本では憲法違反と思われる法律がすごく多いわけで


厳密に言うと 自転車に乗る一般市民たちが車道を走って

そこで事故って、左に倒れればなんとか大丈夫だけど

右に倒れると一気に車によってはブレーキ間に合わず大事故になる

わけですから、


これは民衆の生存権を脅かしている法律であるから、

憲法違反であるわけですね。


だから他国では自転車は車道を走らなければいけないという法律は

例えば韓国でそれが通れば 「憲法裁判所」というのがあって

そこでその法律は憲法違反で違憲となって効能を発揮できなくなるでしょう。


日本の場合は憲法裁判所というのは特別裁判所にあたるのだけど

その特別裁判所設置を憲法が禁じてるから

憲法裁判所がないからこういう法律が多いのだけど


それってまず憲法やさらに上位の<法>に逸脱しているものが多い

というのが核心だと思います。


だから大きな近代デモクラシーの法の

支配体系で言えば


<法>



憲法



法律


になるんですね。


だから本来の近代デモクラシーの考え方で言えば

憲法違反の法律は無効だし、

また<法>に違反する憲法はこれ無効です。



んでさらに日本の場合は地域の「条例」というのがあるけど

これは法律のさらに下ですよね。


ただなぜ警察がこの条例をその地域で作らせたがるか?というと

要するに「法律にできない」わけですね。


これは内閣法制局というところがありまして、機能してはいないと

いっても明らかに憲法違反の法律は作ったら


あとで民衆から行政訴訟起こされて法律は憲法違反という司法判断が

出る可能性があってそこで権威失墜する場合がある。


だから法律にはできないわけです。


「じゃあ抜け道ないかな」ということでここで条例が作られてる

ってのが日本の構造でして、だから大多数の条例はまず憲法に

違反しているわけですね。


だから法律にできないから条例、にしているってのが実際の運用でしょう。


例えば条例で「警察官はルール守らない民衆がいたらぶん殴っていい」

という内容があったとしてですね、


これは当然法律にできませんよね。憲法にも違反する。

ただ条例ってのはこれ法律でないから、

ここまで極端な内容ではないけど条例にしてしまえるわけです。


だから会社の社則ってのもあるけどこれは仮にその会社で

「上司がむかついたら部下を殴っていい」とか

「従業員はサービス残業を受け入れないといけない」とかあっても

当然その社則が無効になります。


だって労働法に違反しますから、それは。


この基礎的考え方は今の日本以外の先進国では結構当たり前に

なってきていて学生でさえそれくらいは常識としてすらすら答えられる

んだけど


ただ日本の場合はこれ「法律を絶対遵守(それが憲法違反であっても)」

となってるわけでして


これはある種の社会主義国家の集団催眠に近いものがありますね。



それで上記トラックドライバーの指摘の


「最愛の我が子に道交法をしっかり守らせて不幸な被害者にさせますか?


それとも、

理不尽な法律は少しぐらい無視して我が子の安全を第一に考えますか?」



というのは「理不尽な法律」と彼は言ってるけど

厳密にもっと法学的に言えば

「憲法違反である可能性が高い法律」という意味ですよね。


国家がもし民衆に死ぬこと、もしくはそれに近いことを強制した場合

そしてそれを法制化した場合、民衆はそれに従う必要性はあるのか??


という哲学の分野の話になるんです。


例えば昔日本では神風特攻隊というのがあって

まあ今のI,,SISにそれは受け継がれてるけど


まさに自爆して敵艦に突っ込め、と国家が事実上の半強制をしていたわけで
(表向きは志願制だったそうだけど、実質は強制力が働いていたと
思われる)


それができなかったらこれ「実態としては」

裁かれたんだと思いますが


じゃあこれらの制度などは有効か?


という話ですよね。



それで今の日本には憲法違反と思われる法律が多いわけだけど

それは憲法裁判所というのが設置されてませんから


それは実際にその場になって容疑者とかになって

そこで初めて戦うしかないのだけど、それをする人も少数というか

ほぼいないと。



となるとこれ官僚独裁国家になるに決まってるということですね。


だから自転車乗りの人たちは身の危険を賭けてそれで車道を走ってるけど

あれはすごい日本を象徴する姿で


民衆は自分の命より官僚が利権のために作った法律を遵守しないと

生きていけないという悲しい不憫さを私は感じるわけです。



以前あった学生さんが右側に倒れちゃってトラックに轢かれた事件とか

まあ実は探すと結構車道を走る自転車事故が小さく報道されてるけど


本当はもう少し大きく報道しないといけないのだけど

それはやはり警察官僚に遠慮してマスコミも報道できないとなっている。



それでこれから警察なんかはやはり自動車利権が先細って来たから

次は自転車利権ということで自転車の講習制を作って

違反2回した人は5000円とか6000円の講習となっていて


ここで利権作ってるんだけど次は自転車ナンバープレート制とか

免許制を視野にいれてるはずです。


が、そもそもその法律って憲法に合致してるのだろうか?


というのが今考える時なのかなと私は思いました。



それで日本の本質的な問題としてこういう官僚サイドの利権を強化するための

そして民衆が著しく不利になるような法律は多いのだけど


日本の場合憲法裁判所というのがないわけですね。


これは戦前に軍法会議みたいな特別裁判所の設置を禁じるというところで

憲法にあるため憲法裁判所は作れないんだけど


ただドイツなんかも憲法裁判所はあって結構機能していますが

日本の場合は内閣法制局が憲法違反「っぽい」法律を通してしまっても


これ法律として民衆に強制力を持ってしまうわけですね。


だからといって民衆は憲法違反だ、ということで

司法でなかなか争えない体制になっている。


だからうまいこと官僚機構が増長する構造が日本では整えられていると

言えます。


だから今の日本では多くの人が法律を重視するように

義務教育で洗脳されるけど、


さらに進んで近代デモクラシーの考え方として


法律とは憲法およびその上位の<法>に

合致していないといけないから


果たしてその法律は憲法や<法>に合致しているのか?

と考えられる思考力を身につける必要はあると思いますね。


だから上のトラックドライバーの提起している

「(官僚が利権目的で作ってる)道路交通法と

自分の命どちらが大事なのか?」


という問いかけは結構大事でして、


私は悪い法律より読者さんの命のほうが大事だろうという

考え方をしますから、


やはりすごい考えさせられました。


その法律が本当に憲法に合致してるんか?というのは

やはりこれからの時代、国家が増長して怪物になってきてますから

民衆は考える必要があると思います。


では!



追伸・・・ちなみに、私なんかは昔自転車に乗っていたけど

やはり最近の車道を走ることを強制される法律ができたから

その後、自転車は乗らなくなったんです。


だって後ろから1時間でも都心近く走ってれば

1000台前後の車が

通っていくわけでして


これ年間だと何十万台、下手したら100万台以上の車が

後ろからすれ違うことになるわけだけど


そこで一回でも ちょっと眠くて自分のチャリに気づかない車がいたら

アウトなんですよね。

自分の命を自動車乗りの運転判断に依存することになる。


また私は自転車乗っていて時には転ぶこともあるけどそこで

左側に転べば大丈夫だけど間違って右側に転んでしまった場合・・・


ブレーキ性能が高い車で反射神経の良いドライバーなら

急ブレーキか横によけられるわけだけど


そうじゃない場合だと轢かれます。


一度でもそういう失敗をすればこれアウトなわけで

確率的な問題で考えて私は自転車で車道走行となったので

あまりにリスク高いと思って自転車は乗らなくなったんですけど。


歩行者と自転車が接触した場合の死亡率と

自転車と車道が接触した場合の死亡率、どちらが高いかとか

その総数とかを本当は警察は隠さないで公表すべきですよね。


国家が増長するとそこで民衆の自由も安全性も脅かされるという

良い事例だと思いました。


近代デモクラシーでは

<法>に違反してる憲法は無効だし、

憲法に違反した法律は無効だけども


この考え方は日本では誰も言わないけど重要な世界基準の考え方として

知っておいてよいと思いました。


では!









★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  【FXのかなり良質無料案件が入荷しました!】


この講師さんは非常に多くの生徒さんを稼がせている方で

「損を激小さくして利益莫大」なトレードをして

5万円⇒8000万円に増やした方です。

今回は

298000円のFX塾の内容 → 完全無料

でいけちゃいます!


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【新ビジネス系案件です!】

読者さんはスマフォでゲームってやりますか?

今回の案件は「スマフォでゲームをやりながら月収200万円を稼げる」

という新しいプロジェクトです!


「ゲームが好き!」という人にとってはかなり面白いビジネスであるでしょう


【「スマフォゲーム大好き!という個性」⇒月収200万円になる時代】
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/11/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください