無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






最近の新興富裕層は暗号通貨やICOに注目し、ビジネスはLINEをし、金を買い、人工知能に注目し、新興国経済に注目してる人が多い、という話】

2017 9月 30 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!


さてさて、私はここ最近日本におりまして、色々な

起業家や投資家の友人と会ったりしておりまして、


とにかく毎日のように面白い情報とかそういうのが

はいってくる状況です。


それでここ最近日本でも新興富裕層という人たちが

どんどん誕生しているわけでして


私のその会ったりする人たちもそれに当たる人たちなんだろうと

思いますが


まあそれこそ何億円どころか何十億円とか稼いでるような人ってのが

やはり日本では結構いるわけです。


普段サラリーマンとかしているとそういう人には会わないのですけど

ネット系の投資家とか起業家とかと遊んでると自然と

そういう人と遊ぶ比率が高くなるものでして。


それで最近新興富裕層で儲ける方程式というのですかね、

やはり儲かってる人たちが取り組んでることってもうある程度

分野として明確になってるな~というのが感じた点ですね。


今やはり儲けてる人が多いのが

インターネットビジネス分野だと圧倒的にLINEを使った

ネットビジネスでして


あとは投資だと仮想(暗号)通貨やICOですよね。

あとはやはり金地金=ゴールドも注目されてきています。


ネットビジネス分野だとエアービーアンドビーとかも良かったけど

規制のせいで少し厳しくなってるとみな言いますね。


あとはやはり株系では人工知能やクラウドを活用したサービス、

また新興国のインドネシアやフィリピンなどの経済成長を利用した

ベンチャーキャピタルとか、


あとはクラウドファンディング、この辺がやはり今の新興富裕層の

注目の的になっていて、表にはほとんど出ないけど

ここでぼろもうけしている人たちが結構私の友人でも出てきてるな

って感じました。


あとは仮想現実VRがおそらく来年あたりから注目されるだろう

というのがなんとなしに感じた点ですね。これはメルマガで以前

中国のVR市場についても書きました。


あとは今日本の情報だとアマゾンアマゾンと言われてるけど

やっぱりアマゾンじゃなくて中国のアリババの時代にはいっていくだろうと。

(ちなみにアリババの後ろは本当はファーウェイであるはずで

その後ろはやはり人民解放軍だろうと。)


これも色々なアンテナ持ってる新興富裕層たちと話して感じた点でして、

大きく世界はこのように動いていると。


だから今から下克上したいんだ!!

って人なんかはこれまずLINEでビジネスやる方法

誰よりもマスターして、


仮想(暗号)通貨やICO研究して


あとは仮想通貨も結局テクニカル分析が物言いますから

FXのトレード分析も身に着けて、


とやったら普通に2020年前後に富裕層になるのではないかな?


というのが感じた点です。



やはりそれで

今すごい注目されてる仮想通貨(暗号通貨)とかICOとか

ですよね。


これらは今FXトレーダーでもう10億円くらい稼いである意味

引退できるレベルの資産持ってる人たちってのが、

もうすごい勢いで裏で研究をしていますよね。


私も色々と情報をこの数週間億トレーダーたちに聞いたのだけど。


要するにボラティリティが生きてるので面白いということで

もう億トレーダーはみな「仮想通貨仮想通貨」と言う感じで

最近は教え子たちにはそれをまだ仮説段階だから

教えていないけど


自分たちで研究してる人が非常に多いですね。

ほぼ100%の割合でFXの億トレーダーたちは次の戦場として

仮想通貨市場、暗号通貨を注目しているということです。


やはり通常のFXと比べるとボラが大きいですから、これ

トレンドが出たときにぼろもうけできてるんだと。



それで仮想通貨とか暗号通貨ってのは「ガチホ用」と「トレード用」

にみんな持っていまして、


ガチホ用はもう気絶投資法とか言うけどもう暴落しようと

何しようとほったらかして何年か眠らせる予定の仮想通貨ですよね。


あとはトレード用に仮想通貨で結構な利率をあげる人も出てきていまして

仮想通貨はとりあえず面白い、というのは億トレーダーがみんな

言ってるところです。


あとはまだまだ1年くらいはインドの取引所と日本の取引所の

仮想通貨アービ儲かるよねっていう。
(おそらくアービは2019年くらいは儲からなくなってくる。)


今度またコムサのやつもあってこれも注目されておりますが

やはりこれから2020年にかけては仮想(暗号)通貨やICOやその関連のことが

どんどん注目になるんだろうな~というのは


今の新興富裕層たちの動きを見て思いますね。


私なんかも仮想通貨は結構トレードしていて思ったのだけど

もちろん9月のような暴落は時々あるんだけど

それを含めてもすごいリターン出ますよね。


このリターンはやはり株式やFXではありえないわけで

「暴落リスクを資金管理で殺す」ことができれば

結構面白いリターンは出せるのだろうな、という気はします。



(要するに、その仮想通貨が完全にオワコン=消滅する時点で

損きりとする、という資金管理の考え方が存在しますよ。


以前も書いたけど

例えば1000万円を20分割して仮想通貨やICOに

20種類に50万円づつ割り振るような資金管理。


ここでは5%損失で

50万円だけど、それがその仮想通貨なりICOが完全に消滅したら

5%の損失が確定したという考え方ですね。


逆にどれかひとつが10倍なり20倍になればここで

他の仮想通貨が値段が30%全体として下がってても

トータル損失は出ないし

負けないっていう考え方。1000万円ならばこれを33分割して

損失3%にして、33万円づつ、という配分もあります。)



仮想通貨はリスキーだ、というとまさにその通りなんだけど

もうFXトレードとか株トレードである程度鍛えられてる人たちは


仮想通貨やICOのボラティリティを使って、

すなわち「上がったときはまだまだすごいリターン」

という性質を生かして


独自の資金管理を構築して投機勝負してきてるってことですね。


私なんかもこれは真似してるんですけども、

結果として仮想通貨のリターンはなかなか無視できないと感じてまして

10月からもう少し仮想通貨やICOの比率高めるというのも

よいかもなってのは感じてますよね。


仮想通貨は詐欺だ、いや詐欺じゃない

というこの2つの言論の戦いがあってどっちなんだと

みんな思ってるわけだけど


ただ嗅覚鋭い起業家とか投資家たちはやはりこの

キャッシュレス時代というですね、


為政者が進めたい方向性を理解していて、それはもう変えられないと

ある種諦めもあるんだけど


そこでもう次の時代に適応していこうとしているという

そういう姿を見ることはできるんです。


ちなみに多くの金持ちは

やはりビットコインとかビットコインキャッシュあとは

ネム、リップル、イーサリアム、最近だとリスクとかで


分散してる人が多いな~と感じます。

ほぼ放置で何年も寝かすという感じですが


まあ自己責任ってのが投機・投資なんでこれは自分で判断すべきですけど

やはりそのような配分してる人たちが金持ちたちはどうも最近多いと

話し聞いていて感じます。




もちろん暴落はつきものですからね、

これは株のようにストップ安とかありませんから

この辺の資金管理とかは超重要なんだと思いますし

彼らが絶対的に正しいとも限らないから自分の判断が重要なんですけど。


やはりそれでも仮想通貨やICOはまだまだ

時価総額見てもこれからなんだろうと。


というのがファンドでずっとリターン出し続けてるようなところでも

やはりビットコインや暗号通貨の

時価総額まだまだ小さいね、っていうところを

見ていて


この前の暴落なんかはかすり傷だ、と思ってる人はどうも

結構いるわけです。


副島先生なんかもこの前セミナーで私は金融情報を取りにいったんだけど

副島先生なんかも以前書いたけど


ビットコインのあれは中国の規制なんかがあっただけで

実際は世界で取引されていて使われるようになっていくから

あがる見通しをおっしゃってたけど


まあもちろん100%じゃないからその辺は自分の判断ですけども

そう見ると結構仮想通貨市場はこれからも

まだまだ面白いと思いますよね。


だから仮想通貨市場とかICOとかはこれやはりこれから2020年にかけて

注目なんだろう、と思います。



以前酒井さんがおっしゃってたけど

今までは暗号通貨は投機対象だったけど

これから投資対象になっていく「かも」

という流れは色々な若くして成功している友人たちと情報交換していて

感じました。



あとはネットビジネスなんかだとLINEですよね。

このLINEは、やはり儲かってる人は多くて、やっぱり今から

ネットビジネスはじめるならLINEなんでしょう。


私は今ある程度資産ができているので若干さぼってしまってる反省も

あるけど、

今ゼロだったらLINE使ったビジネス本気でやりますよね。


世間的に人気の

ユーチューバーYOUTUBERの時代というよりは

時間を注ぐ対象はLINE攻略の時代ですよね。


ネットビジネスではこの辺突き詰めてる人たちが

売り上げ何億円、何十億円とやってますよね。

(実際は広告費抜いた粗利としては

その6割~半分くらい利益なんじゃないかと

みんなで話してます)



だからネットビジネスはLINE,

投資や投機は暗号通貨ICO、あとは金あたりを

注目して情報分析、


あとはトレード能力のためにはどうしてもダウ理論とか

グランビルとか理解していないときついのでFXのトレード技術習得、


これらに注力するとかなり

これから数年儲かりやすいかもですね。



それで以前に副島先生のセミナーに行って私が学んだこととして

9月17日に、以下の内容も流したのだけど



(海を越えて副島先生のセミナーに行ってみて考えた
仮想通貨や新時代の世界通貨体制のことについて!


=========================

それで、この反税金・反官僚思想の

ビットコインの戦いがあるのだけど、


これは最近は少し今まで仮想通貨に批判的だった

副島先生も支持するという考え方にはなってるのかな、

というのも感じました。



ただそれは国家との戦いであるから

この前も銀行群がグルになって新しい国家の

仮想通貨作るみたいな話が出てるけど、


あれは本当は上に財務省とかがいるんだということですよね。


要するにビットコインはよく分からない、


国家為政者も法定通貨みたく

中に入って利権を取りたいけども


本当にここに入れないんだそうです。


誰がやってんのか今いち国家も把握できてない。

それはビットコインの匿名の思想ですから。


だからここを潰して、銀行群の国家、

特に官僚たちが支配する仮想通貨ってのを最近考えていて

それを銀行群にやらせたいんだ、という話でした。


みずほ・ゆうちょ・地銀…邦銀連合で仮想通貨

を作るというのが昨日あたり報道されてたけど、

ここでビットコインを潰したいんだと。


反官僚 反税金 反国境思想の通貨を潰したいわけで、

そこで自分たちの息のかかる仮想通貨を運用したいという国家、

そういう思惑の戦いになってるわけですよね。

それでここでの戦いの結果はどうなるか?

というとこれはほんと誰にも分からないと。





やはり何百年も続いてる為政者との戦いであるから、

そこでビットコインが勝てるのかまた

新しい仮想通貨が現れてそれが勝っていくのか分からないと。


ただ、そこで思ったのはこのビットコインの

反税金・反官僚・反国境思想に投資するという視点なら

ビットコイン長期保有する根拠になりそうだなってことですね。

まあもし暴落して終わっちゃったらそれは

民衆が、国家に負けたという話で


そこであきらめはつくという話でもありまして。


今なんかはビットコインがかなり下がりましから

30パーくらいは下がったわけですけど


これはまあ以前に扱っていたダイスケさんの相場分析通りの

落ち方をしてるのだけど



もし勝負するならそのような暴落が終わるようなとき、


これはダイスケさんのセミナー申し込んでたりライン見てる人は

どの変が下落がある程度止まるポイントかというのは

テクニカルの分析で以前に暴落価格までぴったり予言した


億トレーダーのダイスケさんの案件に登録した人たちだけ

セミナーに出た人たちだけに教えてるから、


あえて書きませんけど、この暴落がある程度落ち着くポイントで

もう5年くらい持つような

超長期保有前提で


リバータリアン思想を支持して応援してみるというのもこれは

1つの考え方として成り立つだろうというのは感じました。



というのがこれからのビットコインというか

仮想通貨のあり方を考えると


やはり私たちが考えないといけないのが

通貨バスケット制度ってのがあるわけです。


これはSDRとか言って、以前もメルマガで書いたのだけど

多くの通貨をある種のパッケージみたくして1つの通貨のように

扱うという、まあもっと細かいんだけどイメージとしてはこんな感じで


だからSDRもある種の仮想通貨と言えるわけですけど、

ここに米ドル、ユーロ、ポンド、日本円なんかがはいってるわけです。

んでここに人民元がはいってくるってのは以前ニュースにも

なっていました。


それでこの前なんかも中国のICOの規制なんかをうけて

ビットコインはかなり下がったけども

今も下がってる途中かもしれませんが


やはりビットコインと中国これは切っても切り離せない関係である

という関係値はこれからも続いていくと見えますよね。


それで上記SDRというのはIMFのものですが

以前にメルマガで書いたのがIMFの代わりとして機能していくだろう


BRICS開発銀行のことですよね。


今までの米国帝国主義っていうのがこれから徐々に崩れていって

中国とかロシアとかのBRICSが中心になっていってそこにアメリカなんかが

従来の通りくっつく、という世界体制に

なっていくとやはり思われますが、

(ある種の3大体制ですね。ここで冷静構造は本当に過去のものになる。

のだけど安倍とかはこの大きな流れが分かっていないわけで

冷戦時の反共宗教のままの考え方であるからキッシンジャーに

馬鹿扱いされてる。)



ここでもうロシアと中国なんかがBRICS開発銀行というのを

IMFの代わりになるように作り上げてるわけですね。



だからいずれ、このBRICS開発銀行なんかでIMFが提唱するような

SDR=通貨特別引出権 と同じような制度を作ると思われると。


それで金地金といってもやはり世界で量はたかが知れていまして

これだけで世界の経済を回る通貨なんかの担保にするのはなかなか

難しい点があって


だからおそらく本当に新しい世界の通貨の形として

さまざまなコモディティがあるわけですよね。


例えばこれからは石油の代わりとして天然ガスの時代だけど

こういう資源、天然ガスなり石油なり、もしくは

金地金、銀、とありますが、


これらや人民元やらポンドやらドルやら円やらの通貨を

バスケットの中にいれてある種のSDRみたいなものを

作るという発想にどうしてもなるのではないかという話ですよね。



それで、重要なのはこれから中国ロシアアメリカですよね、

第2次ヤルタ会談みたいなものがこれからいよいよ

世界のどこかでされる可能性はあるんだけど


その後、

この辺の国がなんだかんだ仮想通貨をその通貨バスケットの中に

混ぜ込む可能性があるということでして


ここでIMFのSDRに代替するようなものをBRICS開発銀行なんかが

主導して作る可能性が大いに考えられる、そういう話でした。


そしてそこにおそらくリバータリアン思想に根ざしている

ビットコインなのか他の通貨は分からないけどそれを

ねじ込む可能性、そういうシナリオというのがどうも最近の動き

見てると見えてきていると。



まあ今はまだ各国政府が規制段階で

仮想通貨には結構厳しいのだけど

そのようになる未来も考えられるということですよね。



だから仮想通貨ってのはやはり暴騰暴落を繰り返すわけですが

やはりこれからは注目だな~というのは今日セミナー聞いていても感じました。


ただその仮想通貨がビットコインなのかビットコインキャッシュなのか

リップルなのか、

または別の通貨なのか、もしくは多くのそのときに流用されてる

仮想通貨を複数混ぜるのかは分かりませんが


そのような動きにこれからなるんじゃないかっていう話ですね

これはとても参考になりました。



=========================


以上です。


これを書きましたがその後も色々な起業家や投資家さんと

結構お互い情報交換してるんだけど


やはりここでプーチンのイーサですよね。

イーサリアムなんかも持ってる金持ち投資家さんって多くて、

この辺がこれから注目だな~なんてのは個人的に感じた点です。



まあもちろん何度も書くように暴落可能性は投機投資する上で

必ずリスクとして想定しないといけないんだけど


ただそれを含めてもまあ、面白いことになってきてるな~というのは

感じました。



それで英語圏で今こそこそとみんな仮想通貨投資家が話しているのは

これから世界統一通貨としてビットコインがあるんだという話であって


それで準備通貨として日本円、ポンド、スイスフラン、人民元、USドル

という体制になるんだ、ということで


世界中の貿易を含めた取引として決済通貨がどんどん

ビットコインに移行していき、

2100万コインに固定されて、そんで1ビットコインがこれ

1000万円まで行くんだという話しも

実はコソコソと後ろで言われてたりするわけですね。


真偽のほどは誰にも分からないんだけども。


だから2100万×1000万円が世界で流通するお金の総量

とうことになりますが、


これが4年くらいで1000万円になるんだという話も

私は聞くのだけど、そこで貿易のときの為替差損リスクを軽減する

という金融革命、これを考えてる人たちはどうもいるのだと。


こういう話も有料情報で出てるくらいなので

まあ個人的には仮想通貨は暴落してまったくもって

0になるかもしれないけど、その辺のリスクは覚悟が必要だけど



ただそれでもやはり世間では批判されてるものなんだけど

注目だなってのは感じますよね。


それで個人の億トレーダーたちも今続々と仮想通貨、暗号通貨

研究には入ってきているというのが実情としてある

と実際に話をして思うので


(億トレーダーで仮想通貨検証していない人がいない、

という状況)


やはり仮想通貨は色々言われるけども面白いというのは

感じます。



ということで私は色々と日本のすごい方々と最近話をするのだけど

まあ面白いことになってきていまして、


これからどんどん稼ぐ機会、チャンスは今まで以上に

わんさか出てくるんだろう、と思いました。



もちろんそこにはリスクはつき物なんだけど

世の中にリスクないものは存在しませんで、

リスクってのはこれ回避するものですよね。


そしてリスクをとらないことが一番リスクだったりするんで

そこで重要なのは勇気だったりするんでしょう。


これをこの数週間色々な優れた人たちと話をして感じた点です。



そして最近はそれこそ日本の大企業でも大変なんだと。

それを聞きましたよね。


日本を代表する名実共にトップの

某大企業社員なんかでも30代で実際の貯金額はこれ

300万円あるかないかってのが普通らしくて、


以前エリート企業勤めだった人で今はもう自立して

富裕層になってる、とても優れたある方に

聞いたのだけど、


本当に兆の単位がある時価総額の日本人なら誰でも知ってる

大企業社員でもこれ実際のところは

手取りでボーナスは別で月20万円台~30万円台なんだと。


これは今の上記の色々なリスクとって何億、何十億稼いでる

新興富裕層からしたら月給というよりは日給だったりするのだけど

そして私なんかも一日で30万円プラスって実はそこまで珍しいことでも

ないのだけど、


こういうのを知るとやはり「リスクをとらないことがリスク」

なのだと最近感じるようになりました。


そしてみんなが「リスク」と思ってるリスクはこれ

工夫するとほとんどリスクを殺せますから、


リスクの殺し方として資金管理とか情報分析があるんだけど

それを知ってる人たちが1人がちしていく時代になっていくのだろう


というのも私が感じた点ですね。


そして私はメルマガで色々自分が学んだことは

自分の理解を深める目的もあって書いてるけど


上記のような情報とか見方とか視点はこれグーグルでは

まず出てきませんからね


だから自分で情報を取ったり、友人と話したり

連絡取ったりして情報を独自に昇華していくってのは大事だな

って感じました。


それで今の時代で情報として強い情報を保有してるのは

どういう人たちか?というと

上に出ている新興富裕層たちなんです。どう見ても。


逆に大企業社員とかってのはこれあまり情報を持っていないもので

本当に民衆に役立つ情報を保有してるのは


これ汚いところも色々知ってる新興富裕層たちですからね、


だから彼らが集まってるこのインフォの業界はまあ色々言われるのだけど

それでも重要な業界だと私は思いますよね。


というのは私がいる

マレーシアではここまで色々な情報ありませんから、

やはり30代あたりで起業家投資家やっていて第一線で儲かってる人たちの

話ってのは


重要だな~と思います。



グーグルで検索していても何にも大した情報はとれなくなっていますが


ただ今は中小の若くして億万長者になってきた個人たちの情報は

情報として強くて、

これはこれからの時代ほんと重要になりますね。



それをうまく咀嚼(そしゃく)して、そして

リスクテイクをリスクを殺しながら取っていた人たちが


おそらく数年で資産を構築していくのでしょう。


「リスクをとらないことが今の時代はリスクである」

とよく言いますが


リスクは回避できるものですから、そのリスク回避をしつつ
(守り)

リスクテイクしていく(攻撃)


これを両立していくのが大事ですね!


この辺はビジネスでも投資でも全てにおいてリスクが生まれますから

100%というのはないので

読者さんのご自身の判断にはなりますが

そのリスクも工夫次第でコントロールはできるというのが

今の時代ですからその術を学ぶことも大事ですね。




それではまた!



ゆう

















   <NEW 5個のPDFファイル>

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ゆうPDFファイル

【「暴落を常に想定してトレードする重要性」について考える!】
⇒  http://fxgod.net/pdf/money/bou……soutei.pdf

(暴落を想定して「負けない」ということを意識できます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    ゆうPDFファイル

【投資心理学を学ぶ!】「なぜ人間の脳みそは損失を出したとき
「誰かのせい」にしたがるのか?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/jik……eibias.pdf
(多くの投資家が陥る「自己防衛バイアス」について書いています)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル

【「投資ルールが守れた日は贅沢をしたほうが良い」理由とは?】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/tou……hirule.pdf
(個人投資家の悩みとして「ルール守れない」というのがありますが
それを修正するのに役立ちます)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル 

【大投資家のバフェットに投資してもらう、という視点について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/buf……t_unyo.pdf
(一部の資金をバフェットに運用してもらうことが可能です)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
   ゆうPDFファイル

【暴落にも耐えうるポートフォリオ思想について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/money/bou……tfolio.pdf
(アセットアロケーションなどの資金配分戦略のことについて
書いています)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆































«  最近の新興富裕層は暗号通貨やICOに注目し、ビジネスはLINEをし、金を買い、人工知能に注目し、新興国経済に注目してる人が多い、という話】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください