無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【投資で「チキン利食い」をすると貧乏になり奴隷的になりやすい】

2017 9月 29 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



どうもゆうです!


読者さん、こんばんは!!!


さてさて、前号にて

【今の日本は戦後最大の好景気?って大本営の嘘っぽい】

という号を流しました。


今の時代というのは本当にマスコミが扇動プロパガンダ目的で

報道を展開しておりますから、

ますます「自分で見て判断する」というのが大事になっておりますね。


ちなみにその前の号で

「1グラム5000円台が普通になってきた金相場について考える!」

という号を流しましたが

補足としては


アメリカの対外債務があと5年くらいするとこれ

日本円換算で4620兆円になるわけです。


となるとこれもう近いうちに利払いできなくなる水準に達しまして

その対策としてはプラザ合意のときのようにドルを切り下げるという

方法が考えられますよね。


人民元の準備通貨が米ドルなんだけどこれはやはり

将来のドル切り下げシナリオも

念頭においてると思いまして、


2021年とかその前後の金本位制を念頭においているってことですよね。


だから金ってのはこれ重要な本来の通貨として見直されていくということ

になると私なんかは見ておりますね。




さて、それで今日は投資の心理学につながる話なのですけど

【投資で「チキン利食い」をすると貧乏になり奴隷的になりやすい】と

言う話をしたいと思います。


編集後記で!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【「Kアラート」で25歳のフリーターが

累計獲得金額100億円を突破した方法とは?】

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    <PDF>

韓国で2016年に廃止された(不倫罪である)
「姦通(かんつう)罪」と
日本の過剰な不倫報道について考える!

http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ntuzai.pdf
(一夫多妻制の話についてもタブーだけど私がいるマレーシアでは
普通に採用されてる制度で考える必要があると思い
書きました。

「日本で不倫報道が多い理由」×「韓国で姦通罪が廃止された理由」
を紐解くと、見えてくるものがあります)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【ゆうプレゼント音声】


人生を「唯一」変える3つの方法とは??

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……eru3tu.mp3



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆうプレゼント音声】

「時間を買う人」がお金持ちになるという音声です。

この「時間を買う」という概念を理解すれば

収入は一気に跳ね上がるものなのでよければ学んでみてくださいね~



「時間を買う」という音声
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……wokau1.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうプレゼント音声】

価値がお金に換わる、という資本主義市場の法則について


【価値がお金に換わる】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……aokane.mp3

(これを理解していれば、株なんかではそういう「価値」を

作ってる企業が売り上げをあげるので株価あがりやすいよね、

という話にもなってくる。上の価値を分析する、ってことが

できるようになると

旅行しても消費しながら良い銘柄が見つかります。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【ゆうプレゼント音声】


投資やビジネスで結果出すための考え方です。

教材や塾で結果を出す人と出さない人に分かれるんですけど

それは個人の資質というよりは以下で語られているような

取り組み方の違いですので、知っておいてください。


「判断を繰り返す」


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kaeshi.mp3
(30分くらいです♪HIPHOP系の音楽付きです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆう音声】

マレーシアからの音声です。


マレーシアでの生活をしてみた感じだとか、

マレーシアの驚くべき物価とか、住み心地、さらには最近の世界の動き

そういうのをツラツラと話しています。



(ゆう音声)【マレーシアで生活してみて色々わかったこと】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……ialife.mp3
(スマートフォンでも再生できます♪音楽付きです)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      【ゆうPDFレポート】


「恐ろしきバルサラの破産確率」
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【ゆうPDFレポート】


【学校では教えてくれない「日本には所有権がない」という
驚愕の事実について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……oyuken.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     【ゆうPDFレポート】

「海外移住する日本人が過去最多を
どんどん更新することについて考える!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……saikou.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【さらに学校で教えてくれない資本主義を理解しよう!】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆうPDFレポート】



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     【ゆうPDFレポート】


【資本主義の「市場」には法則がある、と言う話】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_rule2.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






=============編集後記===============

さて、今日は「チキン利食い」をすると貧乏になるという

話をしたいと思います。


以前にFXのダイスケさんのところで

「トレーダーとしての心理というのは人間にとって不自然な心理」

ということを扱ったのですけど



まさにプロスペクト理論というのがあって


多くの人は「痛いことを避けたがり、気持ち良いことを早く

やりたがる」


っていうところで


そこで損きりを避けて 損きりできずに塩漬けして

そして気持ちいいこと、すなわち利益確定を早くしたがるわけですね。


この人間の脳の性質としてあることと

間逆のことをできる人がこれお金持ちになるってのが


実際のところでしょう。



それで今号で書きたい「チキン利食い」というのは何のことか?

というとこの


「気持ち良いことを早くやりたがる=利益確定を早くしてしまう」

という一連の投資家の行動のことを言いますね。


チキンとは臆病者とかそういうことを意味しますが

この「チキン」の利食いが問題として存在するんだろうと


私は最近思うわけです。


要するに知識として利益確定は延ばしたほうがいいと

みんな知ってるけどそれが「知っててもできない」ということですよね。



ちなみに塾なんかを見ているとこれが顕著で

たとえば億トレーダーがチャートの見方とか仕掛け方とか

教えて


その生徒さんが1ポジションで利益でるようになってきても

すぐに利益確定したがるわけです。



億トレーダーに逆らって

「早く利益確定したいです」みたいなメッセージ送る生徒ってのが

どうもいるんですね。



それらの生徒さんとか失礼だけど、やはり本質はチキン、ですよね。


ただ、これは実は最初ってみんなそういう状況なわけで

すぐ利益確定をしてしまうわけです。



ちなみに私ゆうの場合はというとトレードやり始めたのが

リーマンショック後くらいの時でして、


相場のボラがすごい高いときでした。


その時にスナッチっていうすごい良いポンド円2時間足の

サイン出すソフトで


勝率は低いんだけど、損小利大で損失1利益5とかの

サインだすソフトを使っていまして


もう「とにかくそのソフトの言うとおり機械的にトレードを繰り返す」

ってことをやっていたんですね。


これ1年半くらいやっていました。


損失確定は早くて70PIPS前後で損きりで

利益確定は200PIPSとか時には600PIPS超えたりしたんだけど


とにかくそのソフトの言うとおりにトレードしていたんですね。


最早機械のようにやっていました。

そのソフトを知るために相当当時データ収集しまして

たぶん開始するまでに1ヶ月くらいかかってデータ収集して


それでそのソフトでトレードするようになったんだけど

それがもう8年くらい前ですかね。


ただ良かったのがそのときソフトの言うとおり損小利大というのを

ずっと1年半繰り返したので、


初心者にしてはちゃんとプラスになってきて

時々レンジだと負けはするんだけど


そこで私の場合は「損きりを早く、利益確定をとにかく延ばす」

みたいなことは練習していたんだなって今になって思いますね。



逆に、その後、裁量開始して損きりはバンバンするけど

利益確定をなかなかできなくてそこで利益が結局戻って

建値ゼロになってしまう、結局大したパフォーマンスにならない、


みたいな悩みがシステム取引から裁量に移行した後

出たのですけど

裁量ではここを修正するっていう感じでした。


ただ最初から裁量やっていたらきっと私も「チキン利食い」に

困っていただろうな、というのは感じるんですよね。



それで投資においては「チキン利食い」なんかしていると

これお金って増えないものでして


それこそ暴落を狙って仕掛けて利益が出てきました、となったら

もうこれをとにかく伸ばしていく、利益確定を延ばしていく


ってのは重要だと思いますよね。


ただそこで「欲望」ってのが出てくるわけでして

「早く利益確定して5万円利益確定したいよ~」ってのがきっと

みんなあるわけです。



ここで「チキン利食い」をしてしまう人たちってのが結構多いのだ

というのが私が色々な塾とか入って塾生さんとかの姿を見て

知ったことです。


だからロジックの問題じゃないんですね。

投資心理学のほうがより重要ってことでもあります。



ロジックがいくらよくて、例えばロジックで

勝率は30%、平均損失1平均利益3というものがあったとして


この通りにトレードを続けるってのはなかなか人間は

できない仕組みになっているんですね。


ロジック上はサインが出ていなくて、まだ利益確定ポイントに

達していないのにそれまでに利益確定してしまったりというのが

おそらくあるんです。



んで、このプロスペクト理論通りに利益確定してしまう理由、

もっと伸ばせばいいのに、それこそ5万円どころか、これから

30万円くらいには伸ばせるのに微益で利益確定してしまう人たち

ってのが多いわけですが


その理由は?というとやはり「欲望」っていうところなんでしょうね。


「欲望」が心理に作用しているってことなんだろうと

思います。


「5万円あったらキャバで豪遊して、○○ちゃんと遊べる~」みたいな

そういう欲望。


これが作用しだしちゃうと「チキン利食い」になっちゃうんだろうな

と思いました。


ちなみに面白いことに普段から

「お金がすべてじゃない」みたいなことを言う人ほど

このチキン利食いする傾向があるんだなってのが私の知ってる限り

思うところで


逆に「お金がないと生活は成り立たない」みたいな考え方がある人ほど

なぜかちゃんと 利益確定を延ばせるっていう皮肉はあると思いますよね。



んで私なんかは普段カネカネ書いてますが、

マレーシアとかでの生活費って大体月15万円なんです。

世帯で月15万円の支出ってほぼ決まっているので


それが例えば30万円になったりしないわけです。


だからいくら稼いでも、別にそのお金は運用のためのお金だから

あまり生活レベルは変わらないわけでして、


今はそれこそ当時派遣社員とかアルバイトしているときの

数十倍稼げるようになってるけど


当時より生活費が少ないわけですよ。



これは自分で結構意識していて、欲望に脳みそやられたら

確実に相場にやられますから


そうならないように普段から意識しているってのはありますが

おそらく「チキン利食い」している人たちの多くが


普段節制ができていないんです。


節制ができていない、金を荒く使うものだから

カネが必要になるわけでして


だから「早く利益確定したい」という感情が生まれるわけです。



が、ここであまり普段お金使っていないで欲望制御している場合だと

お金というか含み益の数字が増えていても


「数字が増えているな」くらいの冷静さは保てるわけでして。


また別に数字が増えても別にその後それを全額使うわけでもないですし

もう自分の生活とは若干切り離したお金だったりするから


そこにあまり喜びとかは生まれなかったりするわけですね。


お金が増えて喜びが生まれないということは

お金が減っても落胆はうまれない、ということです。



こうなってくるとプロスペクト理論に支配されないで

投資行動をとり続けることができるってことでもあります。



だから今もしチキン利食いしている人がいるとするならば

普段からお金関係の欲望の制御、これを意識するといいと

思いますよね。



これを普段からしていると、おそらくFXとか株で含み益出てても

あまり大した喜びもないですし、

例えば多くの人は100万円増えたらうれしいと思いますが

そこで100万円増えても、


まあ自分の生活費は15万円で固定だしな、というところで

なんの喜びも生まれないわけです。


「私はそんなの嫌だわ!お金が増えたら喜んで

人生を謳歌したいの!」


って人もいるかもだけど、


別に海の前で散歩するとかも幸せを感じる行為だけど

それは無料ですし、


キャバクラとかいかなくても独身男性なら道やお店で

ナ○パすれば無料ですよね。


おそらく人生の幸せの尺度をお金に依存させてる人ってのは

その表向き「お金がすべてじゃない」とか言うけども


実際はすごいお金に執着があるわけです。


だからFXとか株って面白くて

「男女の差」が結構あるんですね。


塾とかでも「早く利益確定したいです」みたいな人って

ほぼ全員男性です。


ただ女性はこの男性をおそらく「弱いわね」と見下していて


家計預かる主婦さんとかはもうお金の計算を毎日やって

シビアに暮らしていますから


ちょっと利益が出たくらいでは動じなかったりするですよね。


だから女性が投資では強いんでしょう。



ちなみに投資家で有名なバフェットなんかは普通の300万円の家に

住んでるわけですが


その資産は10兆円近くあるわけでして、


日本でも投資家で有名なBNFさんはコンビニ食を食べてる

ってのは有名だけど、


これはやはり投資家としてこの欲望制御が

チキン利食いしない性質を作るために重要だと彼らはわかってるから


だからあまり散財しないんだと思いますよね。


そこでよく「金持ちなんだからそれを使って社会でお金を回せ」

と主張する人がいて、この人たちは思考から間違いなく貧乏なんだけど


その人一人がお金使っても社会ではカネ回りませんし

もし社会にカネ回したいなら、


政治の世界で日本の場合なら官僚支配を打破するのが先決だったり

します。


むしろBNFでもバフェットでもそうですが

今生産活動頑張ってる企業とかに自分たちは消費しないけど


そこでその企業に何百億円とかファイナンスするわけでして

そこでそのお金で企業が生産活動して社会に価値創出をして

人件費払って利益出してるわけで


こっちのほうが私は立派だという考え方をしますよね。


逆を言うと自分が消費すると、その分のカネってのがこれ

頑張って価値生産活動する企業たちに回らないということにもなります。


ちなみにもっと突っ込んで話すと


「金持ちなんだからそれを使って社会でお金を回せ」


という人の考え方の根本にあるのは

楽天主義なんです。


楽天、主義ですけど、これはすなわち

「需要はどこにでもあるのだから、そこにカネを使え」という

考え方です。


が、実際の話市場に需要がいつもあるわけではないですし

例えばお金があってそこで消費したいというものは


沢山あるかというとそうでもないわけです。


ここで重要なのは「有効需要創出」と言いますが

要するに人々はもう今の時代 モノで満たされている。


モノやサービスで満たされているわけです。

多くのモノが余剰です。


ここで企業ってのは有効需要といって

「こういうのも面白いよね」と有効需要を世界中で今作り出して


そこでなんとか経済は回ってるわけですね。


だからそのお金を消費で使っても社会での需要は伸びませんが

が、ここで企業の価値生産活動にお金を投じれば


ここで有効需要ってのが生まれるわけです。


バフェットの事例だとアップルにお金をバフェットは渡します。


ここでアップルが例えばアップルテレビを開発したり

それを市場に普及させたりするんだけど


ただアップルテレビなんてあってもなくてもいいわけです。


なくても死にません。


ただそこで私なんかもアップルテレビは買ったけど

結構便利で「あ、こんな便利さがあるんだ」という「新しい便利さ」

を体感できて「新しい幸せ」(有効需要)は感じるわけだけど


自分のお金が企業の製品開発に使われて、

社会にこういう新しい需要、新しい価値を生み出すのは良いことだよね


ってのがおそらく投資家の考え方なんですね。


バフェットはそういうことを考えるから自分の消費なんて

たかが知れているから、消費はおさえてその代わり企業には

バンバン投資するっていう姿勢なんでしょう。



こういう考え方でいると自分のお金は自分には所有権として

属するけど、社会の中での価値創出のお金という考え方になりますから


自分の消費には回らなくなってくるんだけど


そうするとこれ「チキン利食い」みたいなものも

なくなってくるわけですね。


だからチキン利食いを卒業したいけどできないと言う人がいるけど

それはお金の考え方を構築するってのがひとつ大事なことだと

いえまして、


そこで日々節制する、すなわち世間ではケチと揶揄されますが、

言い方買えればバフェットは10兆円近く持っていて

300万円の家に住んでるから

最強のケチと言えますが


それはそれで結構大事だと思います。


だからロジックを重視する人たちが多いですけど

それ以上にこのチキン利食いをなんとかするための

日々の生活の欲望制御のほうが大事だったりしますよね。


それで日々節制しているとおそらくチキン利食いというのは

なくなってくると思いますがこれは大枠の話ですよね。



それで大枠でそれができるようになってくると

あとは小さい部分で、

「チキン利食いしない利益確定を長く持つサイクル」

を練習するのも大事ですよね。


おれは億トレーダーみんな言います。


要するに損きりをバンバンしていると大きな利益が生まれるとき

ってのが出てくるのだけど


その大きな利益を伸ばす練習、ですね。これが大事でして


例えばスイングだと

1週間大した動きがなくて、損きりだけの週もやはり

長くやってるとあるわけです。


けど翌週に大きな動きが発生して利益が例えば200PIPS

伸びてきました、みたいになるわけですが


そのときにこの利益を伸ばす練習。


それで自分のルールで伸ばすだけ伸ばして、そんで

伸ばして、逃げる、という練習。



この一連の「サイクル」を練習するのは大事だ、ということですよね。


これをまさに自転車に乗るときと同じように

何度も練習するのが大事で


おそらく10回、20回この利益を伸ばす練習をしていくと

それが身についてくるわけです。


ここで損きりは浅いから損きり1に対して利益が5、6ときには

10、20と大きくなることもあるんだけど


この練習、一連のサイクル、を何度も練習するってのが

大事ってことですよね。


時間の感覚としては損きりはスキャルに近くて

利益確定は長期スイングみたいな感じのトレードですよね。


感覚としては損きりはかなり浅くて2連ちゃんとか3連ちゃん

あったりするけど


その後損きりラインにかからないで

相場が思惑通りに延びていて利益がどんどん伸びていくわけですが


そうすると15分足とかで損切りは設定しているのに

利益が出ると100PIPS200PIPSとなってきて


利益確定は日足ベースで見て判断とかになってくるんですね。



この一連のサイクルを「練習」するのが結構大事なんだろうと

私は思います。



実はこのサイクルを練習していると「チキン利食い」は

卒業できるようになってくるわけです。


逆に問題は損きりが早すぎて利食いが遅すぎるという

プロスペクト理論と逆の行動になってくるんだけど


それは修正していけばいい話で、


また勝率が上がらないと言う点はこれは分析を加えていって

修正できますから。


この一連のプロセス=過程が結構大事かなと思いますよね。


ただそれやるとしたらまずは普段からお金に欲望を依存させていないか

と言うチェックも大事になるから


そこで節制する姿勢とかは、みじめなほど節制はしなくていいと

思うけど、ある程度は必要になってくる、ってことですね。


だから投資ってのは相場と戦ってるようで

戦ってるのは自分自身の脳みそとか欲望とかそういう部分ですよね。



結局マウスクリックしてポジション入れてるのも

決済してるのも自分ですからね、


自分以外に責任持てる人はいませんから

やっぱり損失出してるときは自分の責任になりますから


逆に利益出したときは相場のおかげですから


こういう気持ちが大事ですよね。


ちなみにもっと突っ込んで言うと

相場で損したときに例えば教材のせいだとか

あのアナリストのせいだ、とか相場のせいだ


とか人間は言いたがるもので


これは投資心理学で研究されてるんです。



重要なのは 多くの大衆投資家さんっていうのは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「損したときは原因を外部に求め、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
儲かったときは原因を内部に求め、帰属させる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という傾向があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




これを投資心理学では「自己防衛バイアス」と言いますね。


だからこの自己防衛バイアスから逃れる必要があって

億トレーダーはみんな、本当にみんな、


「利益出したときは相場のおかげ

損失出したときは自分のせい」


と考えます。



だから損失出したり儲けられなくて他人のせいにする人がいるけど

これ本人は正義だと思ってるんだけど


お金儲かってる人からするとこういう人たちは冷酷に分析されていて


「この人は自己防衛バイアスがかかってる人だけど

それを自分では気づいていないんだろう。


自分の脳みその自己防衛バイアスの肯定化のために

色々言って他人のせいにしてるんだな。精神的に弱い人だな」


と冷酷にその人は脳みその構造を見抜かれています。


投資心理学ってのは面白いから、この前もちょっと書いたので

PDFにもまとめようと思いますが

勉強してみると面白いですよ。


結局ロジックじゃなくて投資心理学のほうが重要って

ある程度経験積むと分かってきます。


それでこういう投資家として独特な考え方があって

それが



「利益出したときは相場のおかげ

損失出したときは自分のせい」



という考え方があって、はっきりいえば究極の自己責任なんだけど

これを身に着けると自立心が育って「強く」なれるってことでして


んで「チキン利確の癖」も卒業できるってことでもありますね。



世間では自己責任という言葉がとても嫌われてるじゃないですか?


けど少なくとも自営業者として利益出すのは

損失出さないのは自己責任という言葉が重要になりまして


そこで腹をくくる必要はあるんですね。



だからどうしてもここでは投資心理学なんかも徹底的に理解して

「強く」なる必要があるということです。


そしてこれ実は偉大なる哲学家のニーチェが

「強くなれ」と言ったこととしても

呼応している。




今弱いのは仕方ないですよね。これは生まれもあるし

それらは選べませんから。


ただ人間ってのは今は弱くても

時間を活用すれば強くなれるわけです。


そういう性質がある。



ひょろひょろの人でも筋トレしてプロテイン飲んで

ボクシングジムいけば強くなりますよね、1年間で。


こういうマッチョな考え方は今の時代大衆には

支持されないんだけど


それを私は理解して書いてるけども


ただ実際にその大衆がどんどん貧乏に、国家の奴隷になって

今は弱くとも強くなろうという「強靭な意志」がある人が


なんとか人間らしく暮らせているというのは今の時代です。


依存心だけが人類の敵であり

自立心だけが全てにおける資産だと

私は考えます。



それではまた!



ゆう






追伸・・・ちなみに私は思想も勉強するからこの

「自己責任」という嫌われる言葉についてもよく最近

考えるんです。


ただ投資で損したらこれ自己責任なんです。自分が損したら

これ自分のせいですよね。

サラリーマンだとこの感覚が分からない。


が、稼げなかった場合、

「誰かのせいにして逃げられない」というのがこれ

「自分で稼ぐ」のよいところでもあります。



それで政治の視点で言うと最近は「自己責任社会の終焉」というのが

言われていますよね。


そこで私はこの主張をしてる学者の意見を見て

「頭よさそうな大学教授」がこれを言っていた。

が、彼らは自分で稼げない人である。

大学に注入された税金で食ってるような半分公務員のような人たちであって

それは私の母校早稲田にもそういうどうしようもない教授がいっぱいいた。


そして彼らの主張を見るとこのようなことを言う。


「今の日本は 自己責任と言ってきて「小さい政府」だ。

「低い税負担」だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
公務員の割合も非常に低い。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小さな政府で様々な人の利益を満たすことはできない」


と言うわけです。


だからこの人らは「自己責任社会はだめだ」といって

そこで「それを口実にして」

「さらに増税して」、

「さらに公務員の人数を増やそうという論者」であります。


が、ちょっと待てということであって

本当に「低い税負担」なのか?ということです。


これは以前にも書いたけど日本には見えない税金が沢山ある。

高速道路は100%税金であるし、

ガソリン代なんかも半分税金でそこに消費税がかかる。


そして年金も実質税金、保険料も税金、タバコもほとんど税金

お酒もほとんど税金、相続税はあるし贈与税もあるし

消費税も所得税も住民税もあるし自動車税もあるし、


さらには法人税もあるし固定資産税もあるし・・・


数え切れない税金がある。

これらを総合して日本人が払ってる税金を「低い税負担」という

その考え方に私は最近疑問を感じるのですね。



そして公務員の割合も非常に低いというけども

みなし公務員、準公務員、天下り、第3セクター

これらも含めたらずいぶんな人数ですがそれは無視するわけです。


日本の税収は公務員という特権階級にどんどん吸収されるだけで

残ったものが申し訳程度に社会保障に回ってるに過ぎない。




結局この「自己責任社会の終焉」を唱えている人たちは

増税論者であって、公務員をさらに増やそう、公務員を厚遇しようという

論者であって


その論理の構築のために「自己責任社会の終焉」と言う言葉が

「口実として」使われてるように思えてならないわけです。


が、日本人の大多数が学問を嫌う傾向が最近あるから

学問するよりも国家にもらえるならそれで養ってもらいましょうという

奴隷根性を発揮していてそれは世論から、支持される。




一般会計と特別会計の純計を命をかけて割り出したのが

殺された石井こうき元民主党議員であって


彼は日本の一般会計+特別会計の

重複分除いた純計が260兆円規模である

と議員調査権を使って調べあげた人だ。そこで殺された。


これを私は知ってるので

「会計規模が260兆円規模を小さな政府と

一体どこの誰がいえるのか」


と思うのですね。


「もし小さな政府として主張したいのであれば

特別会計と一般会計の純計を出しなさい」

と私は言いたい。


日本の現状はすさまじく大きな政府ではありませんか。


ただその政府予算が天下りだったり公務員利権に使われてるだけで

あって、あとは官僚機構の存続のために必須のドル防衛のため、

米国債なんかに流れているだけではないかと。


そのくせ、民衆の社会保障は削るわけです。

年金問題しかりで。


が、なぜか公務員の共済年金が赤字で厚生年金に統合されて

公務員OBの妻には手厚い根金が支払われている。


あくまでも予算配分の問題になります。

その後ろには強烈なだまし、欺瞞が存在する。


それでどうも見えるのが官僚、公務員組織が肥大化するために

この「自己責任社会の終焉」と言う言葉が口実として使われてる気がして

ならないわけですね。


人々が自分の人生を他人のせいにできる社会だから

ある意味誰も責任をとらなくて楽チンな世界だけど


そこの人々の依存心を元に肥大化するのが行政組織であります。


「私たちがじゃあそのために社会福祉を広めて

そこでお金をとってあげましょう~」であるけど


その結果どんどん

税金を100%原資とする

公務員組織は肥大化しているわけでして。


ここでできるのは結局 超肥大化した行政組織であって

官僚公務員組織であって、そこに民衆は従属するしかなくなる。


奴隷です。


しかし結果としては民衆の福祉なんてのは官僚公務員からしたら

どうでもよいので削るわけです。


それが年金75歳からみたいな報道でちらほら出てくる。

がみな怒らない。


だから社会福祉国家論というのがあってこれ事態が大きな欺瞞であって


民衆には

「自己責任社会は酷だから 国家が税金を沢山とって

それを 「分配」しましょう」と言うのだけど


実際はその国家部門が中間介入者となって

その税収のほとんどを無駄遣い、彼らの人件費、および

公的部門の強化のための米国債購入に使ってるのが現状であって


それは巨大な欺瞞があるのだと思います。


「分配」という言葉に強烈な欺瞞がある。


哲学家ニーチェが数百年前に暴いたのは

このキレイゴトを駆使した欺瞞の構造です。


ニーチェの当時はそのキレイゴトを言って民衆支配していたのが

キリスト教のカトリックだったけど


日本ではまさにそれが今の官僚公務員組織です。


彼らはニーチェが批判したキリスト教カトリックと

その欺瞞性を見ればそっくりであります。

これは偶然だろうか?


野党からこの欺瞞を鋭く突くような議員がまったく

2009年以降、現れていない

というのが日本政治の大きな問題でありますね。


本当は多くの「現時点では弱い人」が

上の投資心理学なんかも通じて学問を通じて

強くなれる社会設計が必要だと私は考えます。


弱肉強食ならば弱者は徹底的にビルドアップして

戦略を練って

「強者をそれ以上の力で食らい尽くす」くらいの

強靭な思想が必要だ。


私が1人で従業員数千人の会社と労働闘争し勝利したときも

そのような考え方で闘争していた。

だから当時悲観せず(ペシミズム悲観主義に陥らず)

自殺せず生き残ることができました。


今の日本は弱い人を量産してそして為政者、

いまだと 官僚公務員組織だけど


それら国家が人民を支配する構造を作ろうとしておりますね。


となると人類はいつまでも弱弱しい国家奴隷のままでいるしかなく、

与えられた制限された自由の中でもがき苦しむだけである

と思います。


今その動きに対して自分の腹くくって

なんとか国家にも会社にも依存せずに自分の力で稼ぎ出すぞ

という動きが


ネットを通じて若い世代から出ているわけでして


その延長線上にFXとか株とかネットビジネスがある、ということです。


アメリカなんかではトランプ支持者たちはこういう欺瞞を

見破って、ワシントン官僚をつぶす、という方向に

舵を切ったわけだけど



日本ではまだまだその動きはでなそうで

官僚や公務員組織が甘言を持って民衆騙しを続ける構造が

続きそうだ、と思いますね。


冷戦の終了で人類の共産主義との戦いは終わったなんて

言われるけども、


それは嘘で共産主義ってのは日本の政治を見ていると

脈々と受け継がれていると思います。


日本においてなんとか這い上がろうとする

生来真面目な人たち、学問をしようとする

向上しようとする人たちは


強烈な平等主義との戦いの中、苦しみつつある。


そしてその平等主義の後ろには強烈な欺瞞があるのではないか

というのが私が政治思想なんかを勉強していて

実感として感じる点でもありますね。


自分がもし「チキン利食い」の癖を持ってるならば

それを治すのは誰か他の人や国家や会社ではなく


その人自身しかいないわけです。

その人自身の思考力、強靭さでそれを克服するしかない。

なぜなら自分自身の脳みその問題だから。


大きく言えば投資心理学で言う自己防衛バイアス

すなわち


「自分が良くなってるのは自分のおかげ

自分が悪くなってるのは誰かのせい」


という人間の脳科学・傾向を分析して、そこをうまく利用して

支配、操ろうと言う人たちがいるということでしょう。

実際私が支配する為政者のサイドならばそのように

大衆支配戦略を構築する。



当時ドイツでも同じようなことが起こってそこで

誕生したのがニーチェであり、

ニーチェが「このままだとドイツはとんでもないことになる」

と言った。


そしてドイツはそのあとすさんで敗戦したわけで

そこで文化も滅んだ。

戦前に民衆が弱体化して音楽の分野でも

実力ある歌手たちよりアイドルが流行するのは

これは偶然ではない。


そこで最近ドイツではニーチェが見直されてきてるけども


今の日本はニーチェがまさに危惧した為政者の甘言に人々が

だまされて、どんどん奈落に落ちそうな感じなので


このままだと私たち民衆はどんどん主導権を国家に握られて

奴隷化してしまうと思いますから、


私たちはそれを考える必要がある、と思いますね。

依存心こそが人類の敵であり罪であると思います。

私は日本にいてその危惧を覚えます。


なぜ私たち昔は凶暴であった大和の日本民族は


為政者の官僚や公務員に脳みそを操られ

ミサイルうんぬんで、右往左往するような心配性にさせられ


自己判断ができない人が大多数の弱い民族にさせられてしまったのか

私は苦悩します。



私たちは依存しないで自分自身の力で生きる力を

再度身に着ける必要があると思います。


そしてそれが強烈な自立心からくる凶暴な、

リバータリアン思想の核心です。


おとなしい羊ではなく凶暴な虎のような、

そういう荒々しさが私たちが子供の頃にもあったはずです。

いつの日か、その虎の精神を

この島国の民族は牙を抜かれ

官僚公務員組織や大企業のための羊に成り下がったのでしょう。


それが今の20歳くらいの若者が

就職活動で公務員を目指す人が一番多く人気ナンバーワンで

次は大企業志向、


という動きにも現れている。


そこでアメリカで出てきているベンチャーで必死に強くなろうとか

いずれ独立してやろうという言う人は

激減している。


強い虎には自由は生まれるけども

依存心の高い羊には制限された作られた自由しか

生まれない。


ニーチェがいった「人類はいつの時代も

自由に時間を使える自由人と 

時間を拘束される奴隷人に分かれる」

ってのはいつの時代も核心をついてる。


それではまた!



ゆう



















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【ゆうプレゼント音声】


人生を「唯一」変える3つの方法とは??

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……eru3tu.mp3



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




【ゆうプレゼント音声】


金持ちと貧乏な人の「考え方、思考方法の大きな違いとは?」

⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……shikou.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆうプレゼント音声】

「時間を買う人」がお金持ちになるという音声です。

この「時間を買う」という概念を理解すれば

収入は一気に跳ね上がるものなのでよければ学んでみてくださいね~



「時間を買う」という音声
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……wokau1.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうプレゼント音声】

価値がお金に換わる、という資本主義市場の法則について


【価値がお金に換わる】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……aokane.mp3

(これを理解していれば、株なんかではそういう「価値」を

作ってる企業が売り上げをあげるので株価あがりやすいよね、

という話にもなってくる。上の価値を分析する、ってことが

できるようになると

旅行しても消費しながら良い銘柄が見つかります。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【ゆうプレゼント音声】


投資やビジネスで結果出すための考え方です。

教材や塾で結果を出す人と出さない人に分かれるんですけど

それは個人の資質というよりは以下で語られているような

取り組み方の違いですので、知っておいてください。


「判断を繰り返す」


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kaeshi.mp3
(30分くらいです♪HIPHOP系の音楽付きです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆう音声】

マレーシアからの音声です。


マレーシアでの生活をしてみた感じだとか、

マレーシアの驚くべき物価とか、住み心地、さらには最近の世界の動き

そういうのをツラツラと話しています。



(ゆう音声)【マレーシアで生活してみて色々わかったこと】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……ialife.mp3
(スマートフォンでも再生できます♪音楽付きです)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      【ゆうPDFレポート】


「恐ろしきバルサラの破産確率」
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/balsara1.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【ゆうPDFレポート】


【学校では教えてくれない「日本には所有権がない」という
驚愕の事実について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……oyuken.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     【ゆうPDFレポート】

「海外移住する日本人が過去最多を
どんどん更新することについて考える!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……saikou.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【さらに学校で教えてくれない資本主義を理解しよう!】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆうPDFレポート】



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     【ゆうPDFレポート】


【資本主義の「市場」には法則がある、と言う話】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_rule2.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください