無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






2年前の副島先生の「北朝鮮脅威によるショックドクトリン」 に関しての言論から考える!

2017 8月 30 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2年前の副島先生の「北朝鮮脅威によるショックドクトリン」
に関しての言論から考える!

⇒最後の編集後記2で

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

民衆に口封じしようとする怪物化する行政

⇒編集後記1で

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!!


さて、告知なのですが今日の夜からかなり注目の

FX案件が開始します。


実は私がネットビジネスの分野で稼げるようになった

ときにサポートしていて、このメルマガ構築のアドバイスをしてくれた

見た目はヤ、ンキーみたいだけど中身は優しい

師匠がやってる案件でして、


だから結構そういう人が担当してる案件なんで

内容が良くて実績がめちゃくちゃ今生徒で

出てる案件なんですけど


講師さんが年間FXで1億円と5000万円くらい稼いでるちょっと

ヤバい人なんで

(んで、実はLINEで生徒に送ってるメッセージが過激で面白い)

おそらく私の読者で参加する人はかなりの比率で結果出せるようになる

案件なんで、是非お楽しみに!


ちなみに、最近は仮想通貨案件が多いため

FX系の案件が減ってるのですけど


その代わりFX系はほんと質が年末にかけて相当高いものばかりに

なる予定ですので是非注目しておいてください!

(年末までアメリカのインフォ業界の人らも用意できないような

ヤバい講師さんたちを何人か担当会社が頑張って

講師としてブッキングできてるんで

かなり面白いことになるかな。と。)


それで次の案件は私みたいな海外にいる人は無理なんですけど

東京と大阪と名古屋と福岡にアクセスできる人だけは

享受できるサービスなんで、該当する読者さんは是非お楽しみに!




それで私が最近に驚いたこととして

北朝鮮のいつもながらのミサイル発射をうけて、

これで日本中が厳戒態勢だったと。


私は日本にいないんでそれを知らないんですけど

ネット見る限り街に警報が鳴り響いたそうな・・・


「おおーショックドクトリン発動か~外務官僚や防衛省は

社会統制進めたいからプロパガンダ

頑張ってるな~」

なんて私は海外から見ていたんですけど


これに反応して金ドルが1300ドルを

一時的に超えまして1330ドルの高値をつけてまして

ニュースになっていました。




それで


実はこの北朝鮮がミサイルうって日本の官僚や安倍たちが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一気に厳戒態勢に
~~~~~~~~~~~~~~~~~
入らせるという話、これは実は以前に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
副島先生が書籍で書かれていた通りなんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特に「ショックドクトリン」といいますが、


この単語も一応知っておいたほうがいいかなって思って

編集後記で扱います。


今号は為政者をけん制するための

言論表現の自由を担保する憲法21条の


「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、
これを保障する。

検閲は、これをしてはならない。
通信の秘密は、これを侵してはならない。」


を基礎とした号です。



それでもちろん妄信しないで


新聞メディア全部と私のメルマガの内容見比べて

読者さんにご自身で考えてほしいのですけど、


ただ、新聞は絶対に私のメルマガの内容のような言論と比べて

とは言わないんですね、大本営だから。

民衆に戦前のように妄信させたい。新興宗教みたく。



だからメルマガ読者の人が妄信せず「自分で考える機会」

を今号で設けていただければな~と思います。


編集後記で!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆうプレゼント音声】

「時間を買う人」がお金持ちになるという音声です。

この「時間を買う」という概念を理解すれば

収入は一気に跳ね上がるものなのでよければ学んでみてくださいね~



「時間を買う」という音声
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……wokau1.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆうプレゼント音声】

価値がお金に換わる、という資本主義市場の法則について


【価値がお金に換わる】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……aokane.mp3

(これを理解していれば、株なんかではそういう「価値」を

作ってる企業が売り上げをあげるので株価あがりやすいよね、

という話にもなってくる。上の価値を分析する、ってことが

できるようになると

旅行しても消費しながら良い銘柄が見つかります。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【ゆうプレゼント音声】


投資やビジネスで結果出すための考え方です。

教材や塾で結果を出す人と出さない人に分かれるんですけど

それは個人の資質というよりは以下で語られているような

取り組み方の違いですので、知っておいてください。


「判断を繰り返す」


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kaeshi.mp3
(30分くらいです♪HIPHOP系の音楽付きです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【ゆうPDFレポート】


【学校では教えてくれない「日本には所有権がない」という
驚愕の事実について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……oyuken.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     【ゆうPDFレポート】

「海外移住する日本人が過去最多を
どんどん更新することについて考える!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……saikou.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【さらに学校で教えてくれない資本主義を理解しよう!】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆうPDFレポート】



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     【ゆうPDFレポート】


【資本主義の「市場」には法則がある、と言う話】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_rule2.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







==============編集後記1==============


さて、それで北朝鮮のミサイルがすごい日本で話題になっているようで

私はマレーシアにいるので、マレーシアは正直

まったくもって、普通の日常でしたので


たぶん北朝鮮がミサイル発射したというのも知らない人のほうが多い?

くらいじゃないかなと思うんですが、



一方、

自国の日本で「警報?」みたいのが街中で鳴ってたというのを

ニュースで見て私は結構驚きました。


なんでもネットを見る限り日本で朝から警報みたいのが鳴ったらしくて

大音量での「気をつけてください」みたいな

そういうのがあったんですよね?

どうやって「気をつける」のだろう・・・




んで、その後北朝鮮のミサイルの軌道をみると日本すっ飛ばして

日本の領土?というにはかなり遠い太平洋に落下したそうです。



んで日本のネットを見ると「有事の際に政府の行う

サイレンやアラーム警報にクレームをつけるのは平和ボケ」??


みたいな、まるで外務省や防衛賞の官僚たちの

意見を代弁したような

ホームページばかり、ググると引っかかるわけですよ。


結構この政府の行う有事サイレンとか警報に対して

クレームを言う人はやはり多いっぽくてその火消しをやってるような、


行政がバイト雇って作らせてるんじゃないか、と疑われる、


そういうHPが多く上位表示される感じになっていて

SEOのアルゴリズムはどうなってるんだろう?と

不思議でした。


ちなみにクレーム問題というのは

これは1私的企業へのクレーマー問題と、

2民衆から 横暴をする行政に対してのクレーム


これは分けて考える必要があると私は思ってます。


私なんかは民間企業に対してのクレーマー問題

っていうのは


これは特に中小企業などが過剰要求でつぶれれば

それは全体として日本の経済衰退にもなるから

よくないという考え方はしまして、

(ちなみにマレーシアには日本のようなクレーマー問題は
どうもありません。)


特にその一部のクレーマーの声を利用して

行政が規制を強化して


行政や官僚の権限が肥大化している問題が

日本にはありますから、それは問題と考えますが、

(例えば、テレビ局にクレームが入って、行政と癒着する

BPOが「指導」して表現規制したり、

言論統制・言葉狩りを強めるというように

クレーマーが実質官僚権限を強めるための「材料」にされてる)



一方、近代デモクラシーにおいては

「民衆が暴走する国家を憲法でしばりつける」という

立憲主義の考え方ですから


「民衆から政府に対してのけん制・批判」は

なくてはいけないわけですね。


アリンコのように弱い民衆から

怪物リバイアサンのように

強い国家政府に対しての批判が言えなくなれば


それは独裁恐怖政治を行う国家と何も変わりがないです。


だから


1民衆から政府、すなわち公的機関への意見だったり批判と

2民衆からの民間企業への民間同士のクレーマー問題


これは切り離さないといけないと思ってます。




最近の官僚たちの情報操作の傾向としてやはり日本で

クレーム問題というのは大きな問題になっておりまして


私的企業が資本主義において重要な営業活動を十分に行えなくなって

それが結局社会の貧困化につながるという問題はあるとは思うんですけど


ただそこに相乗りして

「民衆が役所に批判をつけるのはクレーマーだ」

ということで、


今の日本のクレーマー問題を利用して

1民衆が

2公的部門の公務員や官僚に

文句を言うのを口封じしてやろう

という意図は感じます。


多くの人が


1公的部門と2私的企業 という、

近代デモクラシーおよび資本主義の

重要な思想で非常に重要な分け方で

考えられないのを良いことに


どうも民衆から公的部門である官僚や公務員への批判を押さえつけよう

という意図を感じたりはするわけです。


これは私の一意見ではありますが、それは今回の北朝鮮での

検索エンジンのSEO操作やマスメディアの報道傾向を見ても

すごい感じましたよね。



ちなみにこのような民間と公的部門を完全に分離した

考え方を日本以外の英語圏の人はするから


だから民間人のコンビニ店員がすさまじく態度悪くても

クレームは我慢したりするけど


ただ公的部門の公務員である警官が民衆に暴力ふるったとかでは

アメリカの事例のようにデモが起こったりするわけです。




私はあくまでも近代デモクラシー(自由民主主義)

原理を重視する立場ですからそのように感じました。



だから民衆が早朝の警報で「行政によって」

生活に大きな影響を与えられたというのを訴えるのを


一概に平和ボケとして批判してよいものだろうか、


というのは私が感じたところです。


もし民衆が暴走する行政に対して批判や歯止めができないならば

行政は好き放題できてしまいます。





===========編集後記2============


それで私がこのように考えるには理由がありまして、

やはり今日本を戦時体制化に持っていこうとする


官僚たちだったりその官僚の手の上で転がってる現政権の

強い意図を感じるわけでして、



実はこれは後だしじゃんけんではなくて

今のように北朝鮮がミサイル発射して、日本全体が

緊張状態になって社会統制を進めていく傾向がこれから出てくる


ってのはメルマガでも以前扱ったし、私の政治経済分野の師匠の

副島先生がちゃんと以前に本で書かれているんですね。



んでこれは後だしじゃんけんではなく

「事前に2年前に」書かれた文章だから、妄信しなくていいから

まあ今の2017年8月最後に

読んでほしいなと私は思いました。


実は昨日の北朝鮮のミサイルで日本社会が大騒ぎするというのは

副島先生が「そのように仕組まれてる」と以前指摘したとおりなんですよ。



ちなみに以下の文章は後出しじゃんけんではなくて

副島先生が

『日本に恐ろしい大きな戦争(ラージ・ウォー)が迫り来る』

で「2015年の2月に」書いた内容です。


ミサイルが落ちた場所やトランプが大統領になって

まだ戦争になっていないことなどは


国際情勢が当時より変化してるものの、


大きな部分ではこの通りに「ショックドクトリン」が

発動されてると思いますので


見てみましょう。



(以下は2年以上前の2015年2月に副島先生が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
執筆された内容です。今の日本が「ショックドクトリン」の
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
対象になってるのではないか、と考える材料になると思います)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
↓↓
======================

2年後である2017年1月から、

ヒラリー・クリントンがアメリカ大統領になったら、

世界中が戦争になるだろう。




 日本では、この5月から「安保法制」の国会審議が始まる。

兵器を使用しやすいように自衛隊法、周辺事態法、

国連平和維持活動(PKO)協力法などの改正が相次ぐ。


いよいよ、戦争か、平和(をこのまま続けられる)かの岐き路ろ

に私たちは立たされた。 昨年(2014年)末の


〝突然選挙〞(12月14日)があって安倍晋三首相たち自民党が勝った。


これで安倍晋三は、あと4年間(2018年まで)

首相ができると思って、その間に、日本をどんどん戦争態勢

に持ち込むつもりだ。


日本国民のほうは、

「憲法改正までには、どうせまだ時間がかかる。何年か先だ」と

不安にかられながらも考えている。


憲法改正に反対である(平和主義)公明党が連立与党

にいてくれるから、憲法改正はまだ当分、先だと、

ヘンな勢力を頼りにしている。



私は近未来を厳しく予測(予言)する。


 2015年1月7日、フランス・パリで起きた

週刊誌『シャルリー・エブド』襲撃テロ事件で、


冷静なはずのフランス人まで反イスラム教の風潮になった。


中東の狂気の集団ISIS(イスラム国)のことが響いている。


 おそらく、日本海に、

北朝鮮の弾道(バリスティック)ミサイル(「宇宙ロケット」とも言う)が、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
発射されて落ちるだろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それは、福井県の若狭湾(原発銀座)の公海上だろう。

ここには、舞鶴の海上自衛隊の艦隊基地がある。


かつての舞鶴軍港であり、明治期には「鎮守府 」と呼ばれた。

アメリカの第7 艦隊(ザ・セブンス・フリート)のリエゾン基地もある。


 この北朝鮮のミサイル発射で、日本国民は大きく震ふるえ上がる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すかさず〝ショック・ドクトリン〞(Shock Doctrine)が発動される。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ショック・ドクトリンとは、

ナオミ・クラインというカナダの女性評論家の本のタイトルである。



 その勢いを借りて、安倍政権の安保法制がどんどん進められる。

日本は一気に準軍事国家になる。


軍備拡張に反対する者たちは弾圧されるだろう。


安倍政権は、軍国主義に向かって法律群を

どんどん可決(国会通過)させることができる。


安倍政権は、世界基準では右翼(ライト)政権である。

当然、このほかに尖閣諸島での


中国との軍事衝突(military confl agration  

ミリタリー・コンフラグレイション)の危険も迫る。



 すべては大きく仕組まれているのである。


日本をこの方向に動かす、すべての企て(プロット)は

アメリカによって綿密に設計され、着実に実行されていく。



このように私が書くと、


「また副島の陰謀論か」と言われる。

私は、×「陰謀論」という言葉を認めない。



 英語のコンスピラシー・セオリー(conspiracy theory)は、

「権力者共同謀議(は有る)論」と

正しい訳語に訂正すべきである。このように唱導している。


 私がこの本を書く動機は、日本国民よ騙だまされるな、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
である。
~~~~~~~~~

私たちは、着々と仕組まれて、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どんどん戦争態勢に引きずり込まれつつある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この現状に、先手先手を打って


「次はこうなる。その次はこうなる。

(彼らは)次は、こういう手で出てくるぞ」と、


私が近未来の予測(=予言)を行う。


そうすることで日本国民が前もっての知識を得ることができる。


そうしたら危機に対して準備ができる。


準備して身構えることによって、

突発的に何かが起きても、うろたえないですむ。



 私たちは突然の軍事衝突の大事件が起きても、

一瞬の恐怖心に囚とらわれてパニック状態に陥ってはならない、

と私はこの本で諭さとす。



日本国民にあらかじめの警戒心と対応能力を持ってもらいたい。


そのために私は現在の世界(中)の最新情報を集めて伝える。


 私たち日本人が前もって準備して、次はこうなるぞ、

その次はここからこのように仕掛けられるぞ、と身構えていれば、

簡単に騙されることはない。


「そうか、やっぱり、その手で来たか」と冷静に対応できる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 もう1つ大事な近未来を本書で書いた。

黒人の大統領の次は女の大統領なのである。


〝女の時代の恐ろしい女たち〞が、ヒラリー・クリントンたちによって

着々と準備されている。ということは、日本でも次は女の首相が誕生する。


 オバマが残りの大統領任期2年間は、

必死で〝大きな戦争(ラージ・ウォー)〞を食い止める。


そのあとが危険なのだ。 



自然大災害と戦争の脅威が突然起きると、人々は狼狽し判断力を失う。


その時を利用して権力者(支配者)たちは、

うむを言わせず、


一気に大きな制度改革(すなわち、安保法制やら憲法改正やら)を

断行する。大事件の勃発で一瞬にして脳に打撃を受けて

恐怖心に囚われた国民は、そのとき、判断力を失う。



 そこが権力者たちの狙い目だ。


今こそ私たちは「備えあれば憂いなし」の心構えを持つべきだ。

だから、そのための「これから、こういうことが起きる」という

先手先手の、近未来の予測と、前もっての情報を、



私がこの本で書いて知らせる。


 何があっても、うろたえるな。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

うろたえた、そのときが、国民(民衆)の側の総敗北である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

権力者たちの思うがままにされる。


私たちはショック(恐怖)に襲われて判断力を失くして、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そのすきを突かれて権力者たちの言いなりにさせられる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが、まさしく「ショック・ドクトリン」である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まんまと権力者たちの術中にはまったら、

もうそのあとは、日本国は、いよいよ破滅への道を歩かされる。


 それを何とか阻止したい、ともがきながら願う

私の必死さがこの本を書かせた。


私は、今や、誰憚はばかることなく、近未来の予言者、

日本国の占うらない師、呪まじない師の地位に就く。


 先のことに不安を抱え怯おびえることが多い人は、

占いと呪まじないに頼る。占いとは近未来の予測のことだ。



「そんなものを私は信じない。私は科学的な人間だ」と、

インテリぶってバカなことを言っている人間ほどアホである。


 私たちは、もうすぐ日本に押し寄せる近きん未来

(数年以内)の災難に向かって、先手先手で事態に備え、

襲い来る大きな災難を生き延びることが重要だ。



 そのために私は全身を強こわ張ば らせながらこの本を書いた。


あとがき

 勘の鋭い人たちが、「なんだか日本も戦争になりそうだな」と感じはじめている。

「まえがき」でも書いたが、私がこの本で言いたいことは次の一行だ。

「戦争が日本にも迫っている(あと数年)が、

そのときになって慌てるな、うろたえるな」ということだ。


 うろたえて、気が動転して日本国民が冷静な判断力をなくした

そのときが、権力者、支配者たちの思うつぼなのである。


それを〝ショック(を与えて脅して支配する)

・ドクトリン〞と言う(第5章参照)。


 世界は大ラージ・ウォーきな戦争にヒタヒタと向かっている。

日本もこれに必ず巻き込まれる。


中東(ミドル・イースト)の次は極東(ファー・イースト)なのである。


すなわち、私たちの東アジアで戦争が起きる。

いや、起こされる。


そのように、アメリカのヒラリーの勢力が着々と仕組んでいる(第1章参照)。




 歴史(=人類史)は繰り返すのである。


だが、本格的な戦争になるまでに、4つの段階(必ず踏む手続き)がある。


1議論・対立(アーギュメント)、

2軍事衝突(ミリタリー・コンフラグレイション)、

3事変・紛争(ミリタリー・コンフリクト)だ。


そして、その次が本当の4戦争(ウォーフェア)である。

このことを日本国民が知ることが大事だ(第4章参照)。

「次はこうなる。その次は、こういうことが起きる」と

あらかじめわかっていさえすれば、

私たち(日本国民)はそれに対処できる。



1人ひとりが対策を立てられる。身構えて準備することができる。

そして戦争というのは、だいたい4年間で終わる。


1つの国で500万人ぐらいが死ぬ。

歴史(人類史)をずっと調べていてわかった。


このことをみなさんに知ってもらいたかったので、私はこの本を書いた。


 もちろん、現代のアメリカ政ポリティカル・ソート政治思想の

研究者である私が、最新のアメリカの政治情報もたくさん、

かつわかりやすい大きな構図(図式)で示した。

 日本国民に幸わいあれ。

2015年2月
副島隆彦


http://www.snsi.jp/tops/kouhouprint/1808
より
==========================


以上です!!


この副島先生の言論を扱って2年以上が経過しましたが

その後また副島先生は2016年最初に

「トランプが大統領になる」ってのもこれは書籍で断言で

言われてまして、


その後ヒラリーと対峙する

軍産と戦うトランプが大統領になりましたから


これはまだ戦争にはなっていない、という状況が2017年の8月の

状況ですよね。



それで、大きな大筋の見かたとしては

やはり私は副島先生の2015年2月に

言ってることって今、改めて見直す必要があると思ってまして


今号で民衆の利益に沿ってる内容だと思ってまして扱ってるんですけど


副島先生が2015年2月におっしゃった



「 この北朝鮮のミサイル発射で、日本国民は大きく震ふるえ上がる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すかさず〝ショック・ドクトリン〞(Shock Doctrine)が発動される。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


って・・・私は日本にいなかったから体験はできていないのですけど

この部分って

日本の昨日の状態そのものなんじゃないですかなと私は感じたわけです。


「若狭湾ではなかったけど

大きくは副島の言ってるショックドクトリンそのものの

シナリオではないか」

と。


そして若狭湾ではなかったけど副島の言うように

アメリカに脅威を与えるミサイルの撃ち方をしていた

という部分に関してはその通りなんですね。


だから役所に対して物言いをした人たちはおそらく

副島の言ってること、


現政権だったり対米従属官僚たちによる

ショックドクトリンを疑った人たちでありますから


私はそれを頭ごなしにつぶそうという行政の態度は少しおかしい

ということを考えるわけですね。



だって、2年前に副島隆彦が「予言」した通りの

まさにショックドクトリンにつなげるための北朝鮮ミサイル発射騒動で


それで「早朝の警報」まで鳴らしてまるで戦時状態を思い出させるような

そういう状態に昨日日本はなったわけですから。


ちなみに、私と同じく海外にいる邦人の方もメルマガ読んでらっしゃいますが

昨日日本で鳴らされた警報というのがこんな感じだったそうです。


YOUTUBEで直リンでいつか消されそうですけど

「【J-ALERT】北朝鮮ミサイル通過の警報が気持ち悪い」

という題名で上がってました
www.youtube.com/watch?v=IpuyQbJo9Zw



そしてこれはグーグルでひっかかる動画なんですけど

その下に上記の「警報で睡眠妨害というのは平和ボケだ」

とか 行政をフォローする内容をグーグルがSEOで

上位表示で何件も出していました。


私たちは多国籍企業のSEOを必要以上に信奉するのはやめたほうがいいとも

思います。


トランプが軍産側ばかりの意見をSEO上位表示する

グーグルを批判したのには理由がちゃんとあります。


それで私はその後もニュースなんかを見ていたのですけど


やはりこういうショックドクトリンがされるならば

それは対米従属の外務省官僚たちがそこに絡みますから、


それは4月くらいに私が書いたとおりなんですけど


だから

1米日の安保体制を強化せよ、っていう報道がされるはずで

2またその後、米日官僚たちにリベートのお金が入る

米軍産複合体、武器屋からの兵器購入という話になるはずだ


と思って見てるんですよね。


んで1についてはやはり日本の各新聞なんかが報道していまして

2についてはもう以前にイージスアショアを導入するために


お金出すって話も出ているわけです。



このイージス・アショアの設備というのは


まず初めにニュージャージー州・ムーアズタウンの

ロッキード・マーチン社敷地内でテストされてまして、


だからロッキードマーチンという軍産企業が絡んでるわけですが


その後にモジュール化されたコンポーネントを分解して

ハワイのカウアイ島に送り、

試験施設(Aegis Ashore Missile Defense Test Complex(AAMDTC))として

運用されてるものですよね。


それで面白いことに北朝鮮のこのミサイル問題のあと、

ロッキードマーチンの株価なんかが

過去最高の308ドルを今日、突破しております。



「なんかおかしいな~」と思う私は頭がおかしいと

馬鹿にされて全然いいんですけど、



が、実際に上の副島先生が北朝鮮ミサイルによるショックドクトリンを

以前にしっかり書かれていたのも事実だし


その後明らかに想定されるようなシナリオで政治が動いてるってのも

これは事実なんですよね。



それで今回の警報に関しても

ショックドクトリンとして見るとやはり警報やアラームが必要で

そこで民衆を恐怖に陥れるという策略は副島先生が

過去書かれてるように当然ですから、


ある意味「やはりそう来たか」なんです。


だから本当のことを言うと「やはりそう来たか」

と私は見ていまして


これは副島先生が書かれたシナリオ通りに事態が動いてるのも

事実ですから、


そしてその副島先生ですが2016年にはマスコミ全部が

「ヒラリー勝利確実」とやっていた中で


「今の状況だとトランプが大統領になる、断言する」


とまで2016年の最初で書いていた人でありますから、

副島先生は世間ではいんぼー論者扱いされてるけど


やはり氏がちゃんとこの北朝鮮ミサイル打ち上げで

それでショックドクトリンが将来日本で展開されると

予想してる通りに

なってるのは事実ですから


これを考えることは大事だと思います。



これは副島先生の「2015年最初に発刊されてる」


『日本に恐ろしい大きな戦争(ラージ・ウォー)が迫り来る』


で書かれていた内容だから、


大きく為政者の意図を読むためには今こそ

読んだほうがよいと思いました。


それで、この副島言論というのは多くの人に今読まれてるにも

関わらず、その予言された大筋で為政者が動いてる状況が

あるわけですけど



ここの為政者というのはアメリカの軍産であったり

2009年に小沢鳩山に総攻撃を加えた軍産とつながってる

外務官僚たちってのが実際のプレイヤーだと私は分析してるんですね。



官僚たちの中でもっとも権限を持つのは財務省だという人がいるけど

どうも、今の日本の情勢分析をすると外務省官僚のほうが強いです。


それで実際に彼らが望んでいたアメリカ大統領はヒラリーでしたから

それが反軍産のトランプになったものですから


やはり今窮鼠猫をかむ状態になっておりまして、


日本の行政がどうも凶暴化しております。


少なくとも日本の外からみるとそのように見えます。


それで相場なんかでもそうで、

判断力を失ってしまったり、

あとは資金管理できていなくて、


必要以上の高いレバレッジで恐怖に支配されるとですね、


人間のIQというのは落ちるんです。

んで損する。


「恐怖心は人間のIQを落とす」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

んです。



(例えば相場が暴落しても以前の安値と高値結んで

フィボナッチで161.8%あたりまで戻したら

相場は戻すことが多いとか知ってる人なら


パニックであろうとも利益があげられたりするわけでして

そこでは冷静さというのは必要。


実は昨日のドル円相場でも、4時間足での

8月24日安値と同じく24日高値結んだフィボナッチ

161.8%あたりが使われて

反発してるので検証してみるといいです)




この人間の脳の本質があるから、

ショックドクトリンという

大衆操作が機能するわけです。


だからそれに踊らされないように、先を先を読んでいくこと

ってのは大事かなって思いますよね。


それでこの日本国民がパニックになってるところで

そこで為政者というのは一気に国家体制を変えていこうとする

わけですね。


平常時には民衆で頭いいやつがうるさいわけです。


が、思考力がなくなってるとき、人々がパニックのときに

一気に国家体制というのは作り変えることができます。


これが大きな歴史の教訓でそれがショックドクトリンという

ものでありますから、


さすがに私たち日本人はいんぼー論どうのこうのといって

民衆のための言論をしてる副島のような命張ってる人を無視するのは

少し考え直したほうがよいように私は思いました。

(副島先生は暗殺されても大丈夫なようにご自身で実は保険を

かけて言論されてます)




「 私がこの本を書く動機は、日本国民よ騙だまされるな、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
である。
~~~~~~~~~

私たちは、着々と仕組まれて、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どんどん戦争態勢に引きずり込まれつつある。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


とありますが、あくまで「仕掛ける側の視点」として考えるために

IT情報があると私は思いますので


仕掛けられてパニックになる民衆のままではなく

仕掛ける側の論理が分かる、そういう視点を持った人が


増えるのが大事かなって思いますよね。



ということで、今日は北朝鮮のミサイルで警報騒ぎがあったところで

まさに今2015年の副島先生の言論の方向性に沿って


日本の為政者が動き出している様を見ることができましたので

今号で扱いました。


そしてこのメルマガを妄信しなくていいですし、

あくまで読者さんで考えてほしいわけですね。


自分自身で。自立思考で。権威に、依存しないで。


だから私のメルマガで扱ってる内容を

「いんぼーろん」と馬鹿にしていただいて

良いんですけど


ただそれと同時に副島言論は優れてるので



1この上に挙げたような副島言論と

2日本のマスメディアの報道論調


を「比較」してほしいんですね。


真実というのはその時点では分からないものです。


だからこの色々な言論、意見を比較することによって

意見を構築するというのが日本以外の国で最近は教えられてる

ことでありまして


これが近代デモクラシーに必要な自立思考を持った

民衆を育成します。


そしてそれは「自分で自立して稼ぐ」ためにも必須な要素です。


だから宗教のように妄信しなくていいから

読者さん自身で考える、というのを是非やってみてほしいな

と思って今号で賛否両論あるのは覚悟の上で扱ってます。



んで実際に今ショックドクトリンが発動して

そして奇妙なことに軍産の株価が上がってるってのも

ネットで調べれば分かりますから、


過去最高更新してますからね、軍産系の

最近の兵器に絡んでる企業の株価が。


そういうのも自分で調べて考えていくというのが大事ですから

是非色々なメディアの意見を比較して自立して考える力を

身に着けていただければと思います。



そういう誰も妄信はせず

自立思考を持った人間が大半の社会は一時的に苦しくとも

再度復活します。



それではまた!!



ゆう



















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【ゆうプレゼント音声】

「時間を買う人」がお金持ちになるという音声です。

この「時間を買う」という概念を理解すれば

収入は一気に跳ね上がるものなのでよければ学んでみてくださいね~



「時間を買う」という音声
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……wokau1.mp3




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆう音声】

価値がお金に換わる、という資本主義市場の法則について


【価値がお金に換わる】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……aokane.mp3

(これを理解していれば、株なんかではそういう「価値」を

作ってる企業が売り上げをあげるので株価あがりやすいよね、

という話にもなってくる。上の価値を分析する、ってことが

できるようになると

旅行しても消費しながら良い銘柄が見つかります。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【ゆう音声】


投資やビジネスで結果出すための考え方です。

教材や塾で結果を出す人と出さない人に分かれるんですけど

それは個人の資質というよりは以下で語られているような

取り組み方の違いですので、知っておいてください。


「判断を繰り返す」


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kaeshi.mp3
(30分くらいです♪HIPHOP系の音楽付きです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【ゆうPDFレポート】


【学校では教えてくれない「日本には所有権がない」という
驚愕の事実について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……oyuken.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     【ゆうPDFレポート】

「海外移住する日本人が過去最多を
どんどん更新することについて考える!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……saikou.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【さらに学校で教えてくれない資本主義を理解しよう!】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆうPDFレポート】



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     【ゆうPDFレポート】


【資本主義の「市場」には法則がある、と言う話】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_rule2.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください