無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【世界税金官僚同盟とは何か?】

2017 8月 27 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【世界税金官僚同盟とは何か?】
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

読者さん、どもです!



さて、読者さんは「世界税金官僚同盟」という言葉を

聞いたことがありますか?


たぶんないと思います。


前号で

【副島先生の最新言論からバノン辞任した
トランプ政権の アウトルック(概観)、分析を学ぶ!】


という号を流しましたけども、


その副島先生が「世界官僚同盟」という言葉を本に書かれていたのが

始めなのですが・・・



どうもこの世界官僚同盟というのは本当に大きな支配力を持ってるのだな

と最近マレーシアに住んだりしてるわけですがそこで感じ、

分かって来ます。


編集後記で!








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

311震災後奮起して

20代で10億円を稼いだ男が登場です!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/

(ゆう:彼言うことは過激で賛否両論あると思うんですけど

やはり色々大変な経験して稼いで這い上がった男なので

彼のビジネスに向かう姿勢は勉強になると思います。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/

)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

久しぶりにインターネットビジネスの新案件です!

こちら私がインターネットビジネスを学んだ原田さんの

プロデゥースしている案件で大変注目です!


【緊急】
“完全コピペでまずは50万円保証”が無料で120名限定募集!!

⇒  http://next-pub.com/lp/13851/755762

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【超良質のFX案件登場!】
年収1億円トレーダーが共通して使う”2つの指標”とは??

⇒  http://yourcheer3.com/lp/14181/204952/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【ゆうPDFレポート】


【学校では教えてくれない「日本には所有権がない」という
驚愕の事実について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……oyuken.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     【ゆうPDFレポート】

「海外移住する日本人が過去最多を
どんどん更新することについて考える!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……saikou.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【さらに学校で教えてくれない資本主義を理解しよう!】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆうPDFレポート】



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     【ゆうPDFレポート】


【資本主義の「市場」には法則がある、と言う話】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_rule2.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆう音声】

価値がお金に換わる、という資本主義市場の法則について


【価値がお金に換わる】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……aokane.mp3

(これを理解していれば、株なんかではそういう「価値」を

作ってる企業が売り上げをあげるので株価あがりやすいよね、

という話にもなってくる。上の価値を分析する、ってことが

できるようになると

旅行しても消費しながら良い銘柄が見つかります。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【ゆう音声】


投資やビジネスで結果出すための考え方です。

教材や塾で結果を出す人と出さない人に分かれるんですけど

それは個人の資質というよりは以下で語られているような

取り組み方の違いですので、知っておいてください。


「判断を繰り返す」


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kaeshi.mp3
(30分くらいです♪HIPHOP系の音楽付きです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









==========編集後記===========

さて、読者さんは「世界官僚同盟」という言葉を聞いた事が

ありますでしょうか。


これは副島読者ならご存知の単語なんですけど

よく副島先生の本で書かれている言葉であります。


なんでも日本の官僚たちのことを私はメルマガで書きますが

世界の官僚たちが裏で集まりを定期的にしているのですが


そこで実際の世界のルール作りっていうのを行っているわけです。

特にお金の。


それで簡単に言うと世界中にいる富裕層たちから金を

とにかく取ってやろうと画策しているわけでして


これは1国の官僚機構の集まりではなく

各国の官僚たちの集まりであるから「世界官僚同盟」なんていう

単語がよく副島先生の書籍なんかで使われているんですね。



たぶん自営業者の人はこの辺がなんとなく実体験として

わかるだろうし、


逆に雇われの人たちってのはこの辺のリアルなお金の捕捉の動きに

無知だったりするから、こういう言葉を陰謀論とかに

分類したがるんでしょう。


が、まあ残念ながらこれはあるってことですね。


ちなみに私が自営業者になってもう数年になるけど

そこでわかったことってのがあって


世の中でいわゆる都市伝説とか言われるようなことですね、

これって実際は結構普通に存在しているものなんですね。


これはなぜそういうことが分かるかというと

実際にそういうところの勧誘が自営業者には来たりとか


あとは友人が都市伝説といわれる団体に入っていたりとか・・・

まあそういうところから色々分かってくるっていうのは

あります。



それでこの「世界官僚同盟」というのはあったとしても

そもそも日本の官僚たちも顔が見えない人たちであるから


まさに私たち民衆には「へ~そういうのもあるのかな~」くらいです。



が、どうも私は一応言語としては英語と韓国語とそして母国語日本語

が話せるから、自分の各国に滞在してる感覚として


「あ、これは本当にあるんだな」


ってのは最近感じるところなんですね。


ちなみに、今世界の金持ちたちってのは

これは税金官僚に見張られています。


大きく言うと、世界官僚同盟だから

英語で World bureaucrat union とか言うわけですけど


どうも、これから世界の金持ちたちはこの動きを

意識せざるを得なくなるんですね。



ちなみに以前、日本でもニュースが流れたと思います。


それが


「富裕層の税逃れ防止、40カ国超と口座情報を

監視、国税庁2018年から」


というニュースです。


ここでは日本の国税庁なんかが日米欧など主要20カ国地域と

そして先進国を中心としたOECD加盟国34カ国に加えて


いわゆるタックスヘブンなんかからも口座情報を得られるようになる

というものです。



こうやってこれから先進国34カ国と、主要なタックスヘブン国が

協力していくんですけど


ここで金持ちたちの資金の動きを監視する流れを

作ろうとしているわけですね。


実はこれまでは租税条約というのがありまして、

ここで2カ国だけの租税条約で、金持ちの入金情報だけを

報告しあっていたわけですが


これからは口座残高も報告しあうということになってる

ということです。


そして驚くと思いますが、今までは世界の官僚たちは

これは「郵便で」世界の役人たちが情報交換していたんですね。


おそらくですけどどうもITの官僚たちだけがアクセスできる

ネットワークを作り上げてここで

金持ちたちの資産を捕捉して、そして色々いちゃもんつけて

税金を収奪して丸裸にして


それを公務員や官僚たちの給与やら、彼らの給与をあげすぎて

それで赤字になった財政を補填しよう、という動きが

どうも世界官僚全体の流れとしてある、ってことです。


こういうのを新聞では教えてくれないんだけど実際にどうもあるんです。


ただ実際の話、こうやって新聞なんかを通じて金持ちたちを

脅しあげるというのが日本の官僚たちのやり方なんですけど


そしてそのために新聞が官僚の言うとおりに報道してあげる

というのが日本の本当の報道機関の構図であるけど


が、外国政府ってのは取引でしか協力しないことが多いし

また役人がやることってのはどこの国も遅くて、


私がいるアジア各国の

役人仕事ってのはやはりちょっと遅いんですけど



やはりそれぞれの国の役人というのはどこの国でも威張ってるから

だから動きがのろいんですね。


特に政府同士の情報交換といいますが、ここで文化と言葉の壁もあって

なかなか役人の仕事はどの国ものろのろしている、

というのが今の情勢であります。


これが実は副島先生なんかが書かれてるのだけど

国民の利益であるということで

このままおそらく5年10年経過すると。


金持ち層を脅しあげるけど実際の仕事効率は遅いということが

指摘されてたりするんですね。



それで実は日本の銀行のヤバさってのがあって

これは守秘義務とか、預金者の情報保護とか、そういうのが

皆無というところでして


上記記事では

「これまで日本の金融機関は海外からの入金情報を

国税庁に提供してきた」


とはっきり書いてたりするわけです。



そして

「これからは口座残高も国税庁に提供する」

とかかれていまして、


あれですよね、だから読者さんの口座残高とか

そういうのは全部税金をなんとかして取りたい官僚たちに

無償で ケツの穴まで見てください、といわんばかりに


日本の銀行はさらけ出して国家に情報を提供している

ということですね。


この恐ろしさを分かるひとは分かるけど

おそらく最近の日本は集団り、んちが大好きな、

週刊誌にあおられてそういうのを繰り返す民族になってしまったから


まさに弱いやつには横柄、強いやつにはぺこぺこ民族に

なってしまっているから


「そんなの当たり前じゃん、

銀行は全部情報を国家に提供して当たり前だよ」

みたいな人が大半なんだと思いますよね。



この世論の麻痺というのが私なんかは恐ろしいところだと

思ってるんですけど。


ちなみに昔の銀行というのは違ったそうで、

やはり銀行というのは顧客の情報を預かってる機関であって


国家側にそれを渡すというのは

自分の銀行を信頼して預金していただける顧客に対する

背任行為という認識があったから


必死に抵抗した銀行支店長なんかがまだいたらしいです。


が、最近はもうそういう人は全員クビになっていて

国家に「○○さんの銀行口座残高おしえて、今度税金取りたいからさ」

なんていわれたら


「はいはい、○○さんの銀行口座残高は いくらいくらです。

ここから好きに持っていってください」


みたいな態度にまあ分かりやすくいうとなってるわけです。



ちなみにこれは差し押さえをされたことがある人は

分かるだろうけど


それこそ銀行には暗証番号とかあとは最近だとワンタイムパスとか

あるけど、


一番の泥棒である国家はこの暗証番号とかワンタイムパスを

すっ飛ばして民衆の銀行口座にアクセスして

好きにお金を引き出せるというか差し押さえできるんですね。


一番悪質な泥棒である国家に対して日本の銀行は無防備であります。


この恐ろしさは差し押さえされた経験がある人は分かってるんですけど。


だから今多くの人が銀行預金を安全とは思ってるけど

その銀行は税金を国家に取らせるために情報駄々漏れさせてる

状態でして、


これがなぜマスコミで大問題なのに取り上げられないのか

というのが私には疑問なんですね。


私有財産制度というのがあるけどこれをもっとも犯すリスクがある存在

それが国家であるけど


その国家に対して立憲主義で暴走できないようにしばりつけてるのが

近代デモクラシーであるわけですよ。


特に国家は民衆からまず年貢というかお金を収奪して

その後奪うものがなくなれば徴兵で命を奪うわけで


この性質は歴史上共通してるわけです。


んでそこに縛りをつけるという考え方がまさに近代デモクラシーなんだけど

そこで今国家は好き勝手に民衆の資産状況を把握できる状態になっていて


銀行もこれ喜んで国家に情報を渡しているという大きな問題が

あるんだけどこれは、なぜかマスコミは問題として取り上げない。


他の国の銀行は「これはお客様の秘密です」といって

ちゃんと政府や税務署と裁判で争うとこもあるけど

日本の場合はそれを一切しないで全部情報は国家に流すように


できている。


これは、国家に逆らうと自分たち銀行は何されるか分からないから

もう見せるしかないとなってるのが原因なんだけど


こういうのを見るともうや○ざに脅される商売人の構図であって

このや○ざがまさに日本の官僚たちです。



それでこの世界官僚同盟ならぬ「世界税金官僚同盟」というのが

どうもあるんですね。


これは以前にマイナンバーのときにメルマガで書いたことがあるのですけど

マイナンバーとか言うけどはっきり言えば国民総背番号制ですよ。


それで昔は国民総背番号がつけられて国民が国家に全監視状態になる

ってのをネットウヨって人らが「いんぼうろん、おつ」みたいに叩いていた

わけですけど


結局そうなってますよね?


彼らネットウヨってのは結局、官僚の利益代弁者であるわけです。


扇動の役割を担ってる。


それで今なんかは国民総背番号制、マイナンバーが

導入されだしておりますけど、


実はこの国民総背番号制ってのは韓国で最初に導入されてるんですよ。


だから私は以前韓国事情は詳しいから

「これは韓国の真似を日本の官僚たちがやりだしている」

という内容を書いたことがあります。



韓国ではマイナンバーとは言わず住民登録番号というのだけど

日本のマイナンバーと性質は一緒でして


この住民登録番号がないと例えば携帯電話の契約もできないし

何かネットで有料のサービスを申し込むこともできないし、

何にもできないように、社会が構築されているわけです。



私はこの状況を数年前韓国に滞在して知ってたから


日本もそうなってはいけないと思って書いていたのだけど

まあそれは無意味で、日本も徐々に韓国のように


民衆が国家に完全支配されるようになってきてるってことです。



ちなみにこの住民登録番号っていうのは恐ろしくて

例えば読者さんがえっ、ちな動画を見たいとします。


そうしたらそこで「住民登録番号を入れてください!!」

とログイン画面で言われるわけです。


だからそういう性的な動画であっても住民登録番号が必要な

状況でして、


要するに「この国民Aは資産がどれだけあって、どういう嗜好があって

どういう性的趣味があって、どういう収入源があって

どういうお金の使い方をしていて・・・」


というのを韓国政府はまあ把握しているってことですね。


それでもう少し言うとCCTVという監視カメラが韓国は

もういたるところにありまして、


ここですでにもう顔認証ができるようになってきてるから


「住民Aは今ミョンドンで鳥串を食べている。

そしてこの住民Aは以前ここでお金を使って、ここで

えっ・・ち、なサイトを見て、こうやってお金を使っている」


みたいのがほぼほぼ政府に把握されてきてるわけですよ。


ちなみに韓国人たちはこのことについて大きな声で文句は言わないけど

(言えないけど。)


実はそういう監視されてることの不満、

すなわち人権が大きく圧迫されてきた民衆の危機感というのがあって


それが実はムンジェイン大統領を誕生させた国民感情の背景として

あります。


実はムンジェインが尊敬していたノムヒョン時代が一番

国家の力が弱かった時代と韓国人たちには知られておりまして


だからムンジェインを選んでるわけですね。


が、ムンジェインであってもこの世界官僚同盟に立ち向かうのは

なかなか難しいだろうというのが私の見かたでもあります。


それくらい強力です。


それでこの韓国の住民登録番号と同じようなものが

日本でも誕生してそれはマイナンバーという名称だけど


いずれこれがないと何もできない社会状況にさせられるのは

間違いないんですね。


というのは韓国民の政治経済に詳しい人たちに聞いたけど

どうも日韓の官僚たちは裏で連携していると。


あまりにもそっくりなわけです、やることなすことが。


もちろん、表では争ってますよね国家同士で。


が、例えば商法とか法律を作るのはどの国も官僚たちであるけど

この辺の法律が日本語も分かる友人が分析したところ


あまりにもそっくりであると。


それでこのマイナンバー(日本)とか住民登録番号(韓国)の

やり方ってのもまあこれまたそっくりなんです。


結局財産を捕捉するって目的だったり社会の金の流れを完全

把握してとにかく国家が民衆を監視下に置くって言う部分では

あまりに共通してるんですね。


だから私はこの相関性を肌で感じて理解しているから分かるんだけど


おそらく日本でもまずマイナンバーで銀行が監視されるのは

当然として、


それ以外にもですね、それこそ上の性的な動画とか

成人向けの動画とかあると思うんだけど


そういうのもおそらく日本でも同様マイナンバーで監視する

ってことになると思いますよね。


これは韓国がそうですから、運用の方法はおそらく

世界官僚同盟の中の日韓とかあとは日本とイギリスなんかも

情報交換するでしょうけどそういう感じでやると国民監視を進めるだろう

と思われます。


例えば何かメディアを発行するときにもマイナンバーが必要だったり

もう全てにおいてその番号が要求される時代になってくると

思われまして、そのためのシステムってのをどうも国家は作ろうとしている

ということです。


それでこれは日韓だけじゃないんですよね。


これたぶん知らない人が多くてグーグルでも出てこないけど

例えば最近日本人がアジアのほかの国、例えば

マレーシアなんかもそうだけど


そこで銀行口座を開こうとか、あとは特別なアカウントを作ろうとしたら

実は「日本のマイナンバー」が求められるようになってるんですね。


なんと、海外において「日本のマイナンバー」が日本人は求められるように

なっています。


知ってましたか?


これはグーグルも出さないですね、官僚のグルだから。

(駄洒落じゃなくて本当にグルなんです。)



こういう状況は実は海外の邦人の間では知られてきていて

それで海外の邦人たちの間では


「どうも世界の官僚たちがそれぞれ窓口を作って

金持ちたちの情報をやり取りしているようだ」


ということがコソコソ言われてるんです。


だからまさに世界官僚同盟という感じで仕事はノロマだけど

確実に金持ちたちの資産を把握して、


その後一気に課税ということができるように

(もしくはその国で徴兵が必要であれば徴兵できるように)


制度としてしっかり作られてきてるってことです。


ここでは西側とか東側とか関係なく、それこそ

先進国の米日欧とか、あとは中国ロシアとかあまり関係なく

どうも同時並行的にこの動きは進んでいるんです。




これにいち早く気づいたのが実は中国の富裕層たちなんですよね。

やはり中国人たちってのは毛沢東の血の時代を経験してるから

その辺は富裕層は馬鹿ではなくて


ここで資金をどうやって逃がすかということで相当苦心したわけで

そこで暗号通貨の暗号が意味を持ったというのがこの数年の

本当の出来事だろうと思います。


が、これも国家の縄張りである海外送金は必ずSWIFTを

通させるという流れになってくるから


仮想通貨、暗号通貨は面白いと私は思いますが、

それは従来の構想のような本当に自由な民衆のための

支配されない通貨体制というのはどうも難しいわけです。


必ず国際送金システムであるSWIFTを経由しろとなるわけで

さらに仮想通貨送金してもどこかの段階で銀行を通すわけですから

ここで監視されない民衆のための通貨というのは


どうも分が悪いというのが実は背後で言われてることでも

ありますよね。


だから政府に監視された上での仮想通貨、暗号通貨という

使い方にどうしてもなっていってしまう恐れはありますよね。


この世界官僚同盟の強さっていうのはおそらく海外在住の邦人たちは

みな薄々日々の生活で気づいてるんだけど


私は実際に海外の銀行員に言語が話せるから聞いてみたんですよね。


そしたらもう2017年になってからは

上から「新しく何かしらの口座を開設させたりする場合は

TAX NUMBER(税番号)を聞け!」


といわれてるのが世界の主要国の銀行の実態です。


これは日本だとマイナンバー、韓国なら住民登録番号

アメリカならソーシャルセキュリティナンバーとかですよね。


オーストラリアにも欧州にもそれに準じた番号があるんだけど

それを必ず聞くということになっていて


そこで照合してようやく口座開設となってるようです。

だからここで数字で全て国家が民衆の把握を海外でも

できるように、という感じになってきています。



これはやってるところとやってないところに分かれてるようだけど

いずれ統一されていくんでしょう。


そのように各国政府の官僚たちが指導というか実質強制している。


これが実は私が色々情報を得て

今理解していることなんですよね。


それで大きくはこの世界官僚同盟の監視下の流れというのが

ありまして、


ここに気づいているのがおそらく各国の準富裕層~超富裕層といわれる

人々たちであって


そこで今

世界の金持ちたちVS世界官僚同盟

の戦いが本当のところは展開されている、ってことですね。


ちなみにパナマ文書問題というのがあって、それを

ヒラリー応援していたマスコミが大々的に報道しました。


これは私は各国の官僚たちがそこでお金を逃がすのは

横領であるから逮捕しろ、と思いますが、


日本のマスコミの論調を見ると役人たちの横領ではなく


「金持ちたちをしばりあげろ」


という、財務省官僚たちとまったく同じ意図を持った報道を

していたのが印象的でした。


この金持ちたちというのは自国においておくとおそらく

その自国の泥棒である官僚たちに財を全部むしり取られるから

各国に分散している人たちであるけども


これを悪と扇動して 天下り官僚たちを正義と報道する構図が

日本で見られたけど、


そこに面白いことに 反権力、であるはずの左派リベラルたちが

その流れに加わっていたわけです。


だから左派リベラルというのはいつの間にやら官僚主義になっており

反権力どころか権力を擁護する存在になってしまっている

というのが印象的なところですが

本人たちは洗脳が深いからその自覚がないのも恐ろしいです。


いつの間にやら世界官僚同盟の力が

すさまじい大きさになってきてるな

というのは私が感じてるところです。


それでいずれマイナンバーなんかで例えば読者さんの健康情報

とか、そういう情報も登録されていくんだと思いますよね。


これはおそらく日本の通信会社のNECやらNTTなんかが

やるんじゃないかななんて私は考えたりもするんですけど。


こうやって国家がまさに私たち民衆の個人情報を全部把握していく

わけですけど


ここでやはりこのシステムが

完全に出来上がったときに

国家が怪物であるリバイアサンということを人々は本当に認識するのでしょう。


トマズホッブズが 国家は怪物のリバイアサンのようであると

表現したわけだけど


このリバイアサンってのはまずは民衆から財産=カネ

を奪うわけです。


が、そこで財産がなくなってきたと。奪うものがなくなってきたと。


そうしたら次は命をささげるように求めてくるわけです。


これが歴史で実際に行われてきたこと。

それでマイナンバーとかの情報で、完全に国家が民衆の

財産および健康情報なんかを入手できれば


これは恐ろしいことに 国家の収奪過程として

「金⇒命」という流れになるんだけど


金はまず資産把握してるから収奪可能ですけど
(財産税などで)


さらにその後命に関しても兵役のための健康情報を得られるわけですから

これはまあ 収奪可能になるわけです。



まだ健康情報まで国家が収集してナンバー管理するという

話はあまりされていませんが、


政治の必然として、国家の必然として必ずそうなりますよ。

見ておいてください。


ちなみに韓国民なんてのはかわいそうなもので

兵役がありますが、彼らってもう兵役は逃れられないですからね。


ただ金持ちの子供はうまーくやって逃れられるんだけど

大体は普通の家庭の子供だから兵役から逃げられなくなっていまして


日本もいずれそうなるのかなって気はします。


これは私の友人が自民党幹部とつながっていて食事会で

聞いてる話なんですけどね、


確かにネットウヨのいうように兵役なんてのは今はないと。

これは確かなんです。


それは今兵役なんていったらこれは世論の反発食うから。


だから消費税が3%、5%、8%と徐々にあがってきてるように

この兵役議論も徐々に徐々に、やっていけばいい、ということを

その人たちは話していたというのを私は聞いた事があります。


これも官僚たちと口あわせしている内容なんでしょう。


だからどうもすぐに兵役とかはないようですが

今の赤ちゃんとか子供が大人になるくらいにはそういう

制度を作っておきたい

と発言してる政権幹部がいますので


やはりこれは気をつけるべきで、そこでマイナンバー情報なんかでは

健康情報も含まれるようになってるでしょうから


ここでまさに怪物リバイアサンの国家が民衆から

資産収奪や生命収奪を今より比較的

「自由に柔軟に」行えるようになる


という未来はどうも想定できます。


財政赤字がひどい国と財政赤字がマシな国とありますが

特に財政赤字がひどい国はそのような民衆から収奪する動機を

持つものですから、やはり気をつけないといけないと

私は思います。



それで日本の場合マイナンバーというのは憲法違反の疑いも

非常に強いわけですが


これはまあ裁判所は行政とグルでありますから民衆が

行政訴訟起こしても勝つのはなかなか難しいわけでありまして


これからどんどん監視国家化というのがさらに進んでいくのだろう

というのは私がヒシヒシと最近感じてるところですよね。


それで重要なのは大体の民衆は 金持ち憎しという感情を

マスコミなんかを通して作り上げられてるわけですよ。


民衆が、分断、されている。


ここで人数としてはやはり貧乏な層が多いわけですから

それは私も昔そうだったわけでして両者の立場が一応分かるのだけど


ここで「金持ちから税金とれ~~」とシュプレヒコールが

世界中で鳴り響くわけです。


が、そこで官僚たちは「はいはい、正義の私たち役人様が

金持ちたちから税金とってあげましょう~」


とやるわけですね。


が面白いことに民衆はさらに貧乏になり、

なぜか公務員たちが強くなり、給料は高くなり

ボーナスがアップしたりします。


そして「金持ちたちから税金とれ~」とやるわけですが

そこでどんどん 自分たち民衆の社会保障である生活保護は縮小、

および年金はほとんどもらえない、となってるわけですね。


いい加減ちょっとおかしいな、と気づいたほうが良いと

思います。


そう、それでじゃあ金持ちたちから税金とれ~と

やっていたわけですが、その国で金持ちが消滅したとします。


そう、昔のカンボジアのポルポト時代のように金持ちとか知識人とかが

完全に死に絶えたとする。


そうしたらじゃあ次に国家が牙をむくのはまさにその貧乏層に対してであり

そこで「税の「公平性」のために

あなたたちからもさらに税金を徴収します」

となるわけですね。


んでここで取るものがない人たちはじゃあ 兵役どうぞという話になる

わけでして、


これはアメリカなんかでは実際にもうそうなってきておりますよね。


あまりテストの点数がよくない、家にお金があるわけでもない

という若者は結局セレクティブサービスみたいなところを通じて


兵隊になってアフガンに従軍したりみたいな状況になってきています。


ヒラリー大嫌いなアメリカの若い女性たちは結構いるけど

この女性たちは彼氏やら旦那がまさにそういう兵士にとられそうな

状況であって、だからバーニーサンダースとかを支持してたわけですよ。


だからバーニーサンダースの支持者はなぜか若い女性がいるんだけど

それはそういうことです。



そして、

日本だけは金があったからそういう状況から逃げられてきたけど

どうもこれからはそうはならないようです。

(出せる金もなくなってきてる)



だからどうも今の国家の格差格差とあおるやり方ってのがあるけど

ここで一般大衆に対して金持ち憎しをあおって収奪行為を正当化しようとする

世界の官僚機構の思惑があるけど


これにだまされたら最終的に苦しむのはやはり貧乏な、

自分で稼ぐ能力がない人たちになってくるわけです。



が、嫉妬とか妬みという感情を国家為政者がテレビメディアなどを

もって扇動した場合、それは強烈なものになるから


おそらく民衆はこの官僚たちの扇動にだまされていく、

と私なんかは見ているんですね。


アメリカ人たちはリバータリアン思想が育ってきて

トランプ大統領を生み出してるけども


日本では成り上がり金持ち出身の首相を生み出す地盤はないわけです。


だから基本的には官僚の思ったとおりに

社会構造が構築されていくのは必然。


それでどうもこの世界の官僚機構、すなわち

世界税金官僚同盟、というのが大きく民衆を支配していこうという


流れが明白になってきたということですね。


彼らの顔は見えないけど、実際に新聞でも彼らの会合の様子というのは

意図的に報道されないけども、


実質彼らが世界のルールをどんどん作り上げている。


それでそのために日本でいえばマイナンバーなんかも

もう海外のどこにいっても頻繁に要求される時代になってきてる

ということでして、


ここでは言語は違えども、

世界の官僚たちが情報を完全掌握するために

システムを作り上げてきてるってのがよく分かってくるんです。


世界はどんどん便利になってきていますよね。

それこそ前に書いたアップルテレビとかもそうですし。


が、同時に100年前と比べたら自由もどんどん縮小しているのかも

しれません。


そもそも私たちは戸籍というのがあってそれを当たり前と思ってるけど

戸籍制度の成り立ちを見ると最近のものでありまして、


そのような時代は確かに海外渡航は難しかっただろうけど

そこで多くの人が圧政からビザなしで逃げられた時代であったんでしょう。


これはマレーシアにも華人が多く、彼らの祖先はやはり

今の中国のある場所から逃げてきた人たちですが

当時はいまほど戸籍情報に縛られていなかったから

移動が自由にできたという側面もあると思います。


が、今はそんなに簡単には逃げられないとなっています。


だから一見便利なものは多くて生活はモノで満たされていても

失ってる自由も背後で結構あるんじゃないかなというのは

私が最近感じてる点でして、


これが多くの人のなんとなしの空虚感の原因にもなってるのかも

しれません。




それでこれからはどんどん監視国家化は進むと思われまして、

もうこれは 無知な人たちがいんぼーろん、とか言って馬鹿にしていたのは

あくまで工作活動の一環だと分かってきてるわけですが


どうも人類はどんどん監視されていく方向だと。


それで大きくはその構図を作ってる世界税金官僚同盟ってのが

どうもあるんだ、っていうことですね。


これは論文もほとんどないし、研究も全然されていないわけですけど

明らかに世界の官僚たちが「連動して・情報交換しながら」

民衆監視を進めてるという実態はもう間違いないですね。


ある意味作られたような自由というのは

私たちが享受できるところだけど


どうも本質的な自由というのはどんどん知らない間に

剥奪されてきてるってことでもありますね。


恐ろしいことであり考えさせられます。


そしてこの大きな監視国家化に対抗できる人類の思想というのは

未だまだ誕生していないということでして

私は考えさせられます。


日本だけにいるとどうしてもこの世界官僚同盟なるものが

あるようだ、というのはいまいち実感が湧かないものですけど


海外にいるとですね、

いたるところでそれを感じたりするものですね。


私の意見は少数派意見だと理解はしているものの、

なんとも世界は強烈な監視下が進み、

窮屈になってきてるようにも思います。



それではまた!




ゆう








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

311震災後奮起して

20代で10億円を稼いだ男が登場です!

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/

(ゆう:彼言うことは過激で賛否両論あると思うんですけど

やはり色々大変な経験して稼いで這い上がった男なので

彼のビジネスに向かう姿勢は勉強になると思います。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/

)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

久しぶりにインターネットビジネスの新案件です!

こちら私がインターネットビジネスを学んだ原田さんの

プロデゥースしている案件で大変注目です!


【緊急】
“完全コピペでまずは50万円保証”が無料で120名限定募集!!

⇒  http://next-pub.com/lp/13851/755762

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【超良質のFX案件登場!】
年収1億円トレーダーが共通して使う”2つの指標”とは??

⇒  http://yourcheer3.com/lp/14181/204952/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【ゆうPDFレポート】


【学校では教えてくれない「日本には所有権がない」という
驚愕の事実について考える!】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……oyuken.pdf

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
     【ゆうPDFレポート】

「海外移住する日本人が過去最多を
どんどん更新することについて考える!」

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……saikou.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【さらに学校で教えてくれない資本主義を理解しよう!】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【ゆうPDFレポート】



【インターネットの登場が 「人類に初めての資本主義」をもたらす】
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……ation1.pdf

(資本主義に重要な「完全情報とITの関連性」についての私の
レポートです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     【ゆうPDFレポート】


【資本主義の「市場」には法則がある、と言う話】

⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……_rule2.pdf


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【ゆう音声】

価値がお金に換わる、という資本主義市場の法則について


【価値がお金に換わる】
⇒  http://fxgod.net/onsei/busines……aokane.mp3

(これを理解していれば、株なんかではそういう「価値」を

作ってる企業が売り上げをあげるので株価あがりやすいよね、

という話にもなってくる。上の価値を分析する、ってことが

できるようになると

旅行しても消費しながら良い銘柄が見つかります。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



【ゆう音声】


投資やビジネスで結果出すための考え方です。

教材や塾で結果を出す人と出さない人に分かれるんですけど

それは個人の資質というよりは以下で語られているような

取り組み方の違いですので、知っておいてください。


「判断を繰り返す」


⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……kaeshi.mp3
(30分くらいです♪HIPHOP系の音楽付きです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください