無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【どんどん貧困化する日本の現状と向き合って考える!】

2017 7月 24 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



どうもゆうです。

読者さん、こんにちは!


さて、前号にて


【小売業が次々倒産するアメリカと経済成長できない日本】


という号を流しました。


今はほんと先進国のアメリカ、日本、欧州が苦境に追い込まれてる時代で

一方、市場は最高値を更新したりしていて、

ある種のねずみ講的な市場になってるので

色々考えさせられますね~


さて、それで私が良く見てるブログで超高層マンションスカイウォーカー

というブログがあるのだけど


かなり成功してる投資家さんが書かれてるブログなんですけど

ここでも追い込まれてる日本の様子なんかが描写されていました。



最近の傾向として相場もそうですが、こういう現実を

「見なかったこと」にする傾向が強いですけど

やはりちゃんと現実を見て考えるってのは大事かな~と。


見てみましょう!



==========================

件名「この野郎!ふざけるんじゃない!」



「会社で活躍できるかどうか、経営を担える人材か

どうかは遅くとも45歳ぐらいまでに決まっている。


部長、さらに役員に上っていく人はほとんどがそう。


それ以外の人達にとっては、55歳で役職定年になっても

次の人生プランを考え準備するだけの余裕はない。

ならば、会社側も例えば役職定年を45歳に設定して、

転身の道を開いてあげることの方が有意義ではないか」



ニッポン人の給料なんて雑誌があったので立ち読みしてたら、

サラリーマンの業種別の年収が羅列したりしてるんだが、


私としては、ホント、真面目なサラリーマン諸君、誠に申し訳ない、

こんなショボいニッポンにしてしまって・・って思ってしまった・・

もちろん、私がこんなニッポンを作ったつもりなどサラサラないのだが・・


ニッポンの真面目なサラリーマンたち・・


小さな子供の頃から、受験で競争をさせられ、

さらに揉まれ揉まれて社会人で苦労している。

粒の揃った優秀なニッポンのサラリーマンたち・・



彼らの年収が・・

200万円、300万円、400万円・・

バカいうな!これぽっちで、家族が養えるか!



世界一の債権国家の、世界一のサラリーマン戦士たちの

年収がこれっぽちだなんて・・



この野郎ぉぉぉー!ふざけるんじゃない!


・・と立ち読みしている本屋で叫びそうになってしまった。

それだけではない。



55才で役職定年だとかで、大幅に年収を下げられ、

組織の片隅に追いやられ、

60才で定年になってしまう。



その後は、良くて、契約社員だ、

歩合だヘチマだとかいって年収は大幅に削減され、

65才で完全に会社を追い出される・・



その後、年金は年200万円ポッチで、しかも、

財源不足だヘチマと75才から支給だとかいいやがる。

バカァァーー!

ニッポンのサラリーマンは野良犬じゃないぞぉぉぉー!

クソッタレー!

・・ああぁぁ・・なんて社会を作ってしまったんだ・・


こんなショボいニッポンにしてしまって、

善良真面目に日々働くサラリーマン諸君、

誠に申し訳ございません。

もちろん、私個人がやらかしたことじゃないんだが・・



==========================



以上です!



この文章を読んで私はすごい考えさせられました。


今私はマレーシアにいるけどマレーシア人の間ではまだ

日本人は金持ちという認識なんだけど


実際の日本の生活を私は日本にずっといましたから知ってるわけですが

結構日本人の生活って困窮化してるわけですよね。


ネットではそれこそ億万長者たちの華やかな生活を沢山見ることができるけど

実際は大変な人がずいぶん多いんだろうというのが最近よく

感じることです。




これは私自身読者さんとメールで

コミュニケーションするときに感じるのだけど


今から稼いでみたい、みたいな人たちの状況を色々メールで知るわけですが

うーん、すごい大変な状況なんですね。

そういう人たちも結構いらっしゃる。


ちなみに某ASPのトップさんが言っていたのが最近、

この2,3年はクレジットカード自体使えないと言う人も多いらしくて

オンラインでの決済自体ができないと言う人も多いんだそうです。


それでここ最近の日本人の体格の変化、というのも

私は日本に帰ったときによく感じるのだけど


これは副島先生が書かれていたけどやはり若い人が

少し私が学生時代のころと比べても細い人がかなり増えたというのは

感じますよね。



私なんかはこの前まで韓国にいたけど韓国人ってやはり

ガタイが良いやつが多くて、結構マッチョな人が多いわけですが


またマレーシアなんかでも結構ガタイ良いのが増えていて

おそらくたんぱく質摂取量がすごい増えてるのだろうと思います。


実際に、鶏肉とか牛肉、またマレーシアでは豚肉とかもそうだけど

日本よりはずいぶん安いので、そこでたんぱく質をしっかり最近の

アジア国は摂れる様になってきてるのだろうと思います。



一方、私はこの体格の変化について、たんぱく質摂取量が問題あるんだろうと

思って調べていたけど、


どうも調べていくと今の日本人のたんぱく質摂取量って

1950年代レベルまで低下してるんだそうですよね。


この表だと


ttp://i.imgur.com/NltWQNr.jpg

ttp://imgur.com/vhVBcwr

(見る場合は前にhつけてください)


1995年代は10代後半の

たんぱく質摂取量が一日100グラムは

あったのだけど


2010年時点で85グラム近くまで下がってるんですね。


んでさらに7年経過してるから、今はおそらくだけど

80グラム前後なんじゃないかな~なんて思います。



それで全体でも日本人の一人あたりのたんぱく質摂取量の

年次推移のグラフが上の2番目の表だけど


1955年とかは70グラムのたんぱく質摂取量だけど

2013年のたんぱく質摂取量見るとそれ以下の

60グラム台に入っています。



これは2013年のデータだから、今はさらに貧困化が進んでるので

そうすると今は65グラム前後なんだろうと表見ると

わかってきますね。


だから日本人のたんぱく質摂取量が、1950年代に

戻りつつあるということです。



よく副島先生が若い人は細くなってると指摘したりしてるけど

これはたんぱく質摂取量が減っちゃったんだろうななんてのは

感じますよね。



ちなみに、これを感じることがあって私が韓国にいたときに

日本人と韓国人の交流できる場所があってそこに行ったんですね。


そこでなんというか若い20代たちで

日韓腕相撲対決があったんです。



んでこれは動画で撮りたかったところだったけど、まあ

怒られるので私はただ見ていたんだけど


ここで20代の日本人の若者たちがですね、韓国人の20代に

それぞれ5人くらいが腕相撲を挑むわけですよ。


が、結果は日本人の若者が全敗だったわけです。


体格とか腕の太さ見ても最初から全然違ったので、

まあしょうがないんだろう、とも思いましたが


今の日本の20代ってたんぱく質をまともにとれなくなっていて

筋力とかも最近のアジア国に負け始めてるのだな・・・


なんてのはちょっと感じましたよね。


それで私なんかは普段から食生活なんかだと

ジムで筋トレはしてるんで

たんぱく質を積極的に摂るようにしているのだけど


ただたんぱく質って炭水化物よりずいぶん「高い」わけですね。


よく「炭水化物抜きダイエット」というのが日本で流行したけど

あれ実践した人は分かると思いますが


「食費がめちゃくちゃかかる」わけです。


だから炭水化物ってのはすごい食費が抑えられるんで

どうしてもエンゲル係数考える人だと炭水化物メインになると

思うのだけどその分、たんぱく質摂取量が減るわけですね。


それが今の日本で見られる傾向だと思いますよね。


だからおかずのお肉とかを減らして、炭水化物の割合が

増えてるってのが現状なんじゃないかなと。


ちなみにアジアを旅行してるとこのたんぱく質と経済の関係って

結構如実に分かることがあって


例えば韓国とか中国なんかがすごい顕著なんだけど

韓国とか中国とかマレーの50代~60代の人って結構小柄なんですね。


ただ、今の同じく韓国中国マレーあたりの

今発展してる国の20代あたりって


ずいぶんと背が高くなってるわけです。

韓国の釜山あたりだと、若い20代なんかは

平均身長176以上はあるんじゃないかな、というくらいで


180センチ超えてる人がまあすごい多かったですよね。

けど一方で70代の人とか60代あたりの人は

160センチ台ということで世代間で全然身長が違う

ってのがすごい印象的でした。


これはたんぱく質摂取の量が相当この数十年で変化したのだろう

と思いますが、


その国の経済が成長するにしたがって、やはり

高い動物性のたんぱく質を摂取するようになるので


体格は大きくなる傾向があるのだと思いますよね。


ちなみに私がさらに思うところとしては

個人的な話なんだけど例えば

「今日だるいな~」って時とかですね、


私の場合はよくたんぱく質を摂取することを意識するんです。


「ああ、今日疲れたな」とか「ああ今日たるいわ」

見たいな時はいつもたんぱく質を摂取してまして、


私なんかはプロテインなんかも買うんだけど

これは本当に不思議なことにたんぱく質摂取すると


体からモリモリと力が湧いてくるというか。


これは私だけなのかな?と思って彼女にも試させたけど

同じことを言っていました。

例えば最近日本でうつ病の方が増えてるってのも

よく聞くのだけど


これ、たんぱく質摂取量が少ないっていうのかなり

影響して相関しちゃってるんじゃないかな~なんてのは

感じます。



具体的には私が弟が亡くなったとき、やはり精神的に

かなり来たんだけど、


そのときにたんぱく質摂取をすごい心がけて

それは乗り切ったんですね。

心と体はかなりつながってると当時理解していたので。


だから精神的な部分の不安定さとたんぱく質摂取量というのは

結構つながってるようにも思います。


そういえば精神的に安定してる神レベルトレーダーなんかも

筋肉ありますからね、

(元々根崎さんは代表とかにもなったレスリングの選手だったかと)


それが彼の体力を作ってるというのも友人として

感じたものですが


最近の日本のうつ病が増えてるとかってのは

まずは多くの化学物質が原因でしょうが、

それと同時にたんぱく質の減少も相関してるんじゃないかな


なんてのは私が感じた点です。


ちなみに私の読者に大学生の方も最近はいらっしゃるんだけど

色々話聞くと、最近はですね、大学生たちってのは


もう安売りのポテチとか、そういうのを100円ショップなり

安いところで買ってなんとか飢え凌いでるんだと。


その読者さんの家族は公務員ですからお金は結構あるんだけど

(だからよく公務員のことを書く

私のメルマガも複雑な感情で見てるだろうと。)



ただその読者さんの19、20前後の友人たちは

一日400円とか300円で暮らしてるようでして


だからモヤシなんかもすごい栄養源として大事なんだとも

聞きました。


とにかく食費を切り詰めて生活してる大学生の友人が多いんですと。


粗食としては健康ということなのかもしれませんが

ただどんどんたんぱく質摂取量が減ってるってのは

こう考えさせられますよね。



それで・・・上に超高層マンションスカイウォーカーさんが

年金の75歳からという話を扱ってますが、


一応これの対論としてあるのが


「これはあくまで75歳からもらってもいいという選択制であって

選択できることなんだから良いことだ!(←はあ???)」


という対論がマスコミで最近流されてるんですね。


慶応の経済学部出たようなあほな識者を使って、こういうことを

言わせている。


「別に75歳から選択制になったとしてもその場合は

40%以上支給額が増えるから全然選択制はよいことなんだ」


という主張です。


が、この主張は嘘でして、

実際の年金受給額というのはどんどん減ってるのが現状でして


これは私の親なんかがまさにこれからそういう世代だから

色々聞いて知ってるんだけど


例えば最近なんかはもう年金を60歳からもらったら

食べられないという状況なんだそうですね。



実際の年金支給額ってのは実は国民年金が平均月額で5万5000円です。

厚生年金もらえてる人はいいんだけどこの国民年金だけの人だと

まあ5万5000円となるわけですね。


一応制度上は64,941円となってるわけだけど

満額払ってる人はあまりいないので


なので実際の支給額はこれ55244円ほどなんだそうです。



それでまあ55000円でもですね、

これが60歳からもらえるなら、まだ良いわけです。


私が10代のころは確か年金といえば60歳からだったと思いますが

これがいつからか65歳になったものです。


「選択制で問題ないよ~」という今の75歳選択制議論と

まったく同じ民衆騙しのスキームが使われたと記憶してる。


ただ実際今はどうなったか?というと制度上は

「選択制」なんだけどじゃあもし「私は65歳まで働けないから

60歳からもらうわ」となったら


毎月いくらになるか?というと今だと


60歳からもらうと「月45459円」あたりになるんですね。


「毎月45459円でどうやって物価の高い日本で暮らすんだ!

日本はマレーシアのような物価の安い国ではないんだぞ」


と、私は本当に思うんだけど


マレーシアの人たちの比較的所得が低い人たちが

月5万円くらいだから、それと同額です。


これで日本で暮らせって無理だろと。



んで上に60歳からもらうと「月45459円」と書いたけど

これも実は嘘というか誇張数字でして


やはり40年間の満額を払った場合月45000円くらいなんです。


だから実際の話は60歳から今年金をもらうとなると

大体の実際の支給額平均が

「38,967円」なんです。


3万9000円くらいだ。


「月々3万9000円年金であげるから、

豊かな老後を過ごしてくださいね」


となっているわけです。


だから実際選択制なんていうけども多くの今の

60歳前後の日本人たちってのは


毎月支給額が3万円台になるから、実質60歳からもらうなんて

選択をする人はあまりいなくて、


なんとか少ない年金をちょっとでも以前の水準でもらえるように

ということで65歳まで必死こいてコンビニとかでアルバイトする

ということを選択しているわけですね。


だから日本政府が「年金は支給年齢繰り下げたら多くもらえますよ」


なんてのは欺瞞もいいところで


本来もらえる年金額が繰り下げ年齢でようやくもらえるように

なっていて、それ以前にもらったら相当少なくなるように制度上

工夫されていて、


単純に60歳とかからもらったら全然もらえないように設定されていて

その上で今は65歳とかになったら以前よりは少ないけど


60歳でもらうよりは多い、55000円がもらえるという

仕組みなんです。


これを「年齢を繰り下げてもらったら年金額がアップしますよ」なんて

言ってる訳でそれをマスコミに報道させてるけども


それが巨大な欺瞞である、というのが分かりますでしょうか。



こんな感じだから高齢者なんかは当然消費に回りませんし

とにかくなんとか生きるために、必要なものを安価に提供できる

企業が今の日本では生き残れるという状況です。



私なんかも日本株なんかは上記たんぱく質を日本人が摂れない

と言う問題を解決しようとしてる企業さんにお金いれてるんだけど


すごい大きな問題だと思います。


んで老後は年金なんかもらえない、だからなんとか自分で

資産を作るしかないとなってるわけでして


もう生きるか死ぬかというのが今の日本の状況でありまして、

そのような経済状況で正常に消費活動が回るかどうか、


という話にもなってきますよね。


だから日本の株式市場は2万前後をつけていても

強烈な実需が日本には存在しませんから


やはりこの辺はいずれ実体経済と株価の乖離は修正されるのだろうな

なんてのは思います。


ETFとかGPIFの金突っ込めば株なんて

官製相場で上げられるんだから


もう株があがったから経済が良いという嘘論理とか

そろそろ日本のマスコミも寒すぎるから

辞めたほうがいいと私は思う。



ということで今日本のおかれた状況はすごく大変な状況ですよね。



ただ私が今いるマレーシアにもこの年金暮らしの老人たち

ってのがMM2Hというビザを取って沢山暮らしてるけど


こっちだとまだ、そのような年金とかわずかな貯金でも

こっちでは大きな金額だから人間らしい食事、住居に住みながら

生活はできるってことです。


私が最近マレーシアのイーオンの物価とかを

実際に写真撮ってあげてるけども、あれならまだ暮らせると。


またクアラルンプールは首都だけども

マレーシアのイポーとか、ペナンとか、マラッカあたりは

さらに安く暮らせます。(どの地域も自然が美しい)



だから最近は人間らしくなんとか暮らすために海外移住を

検討する人も多くて、


若い人だけではなくて60以上の人も

どんどんアジアに出てるっていう現状はありますよね。



本当に政治の失敗というのは苛酷だ、と思います。



なんでもかんでも政治のせいにするな、というのは

多くの立派なお金持ちの方がマスコミなんかでも言うわけだけど


ただそれにしても政治失敗しすぎでしょ、と私は思いますよね。



それで私なんかは韓国語も独学で話せまして

韓国にもよくいるから韓国の実情も知ってるけど


韓国でもやはり高齢者が暮らせないという現状はあるんだけど

ただ最近の韓国の50代あたりとかだと

自分で焼肉店やったり、海苔巻き屋やったり、屋台やったりで


なんとか稼いでる人たちが沢山いらっしゃるわけです。


だから韓国なんかは自営業者がすごく多くて、

小さな社長さんが多い。


そして彼らが支持するのがムンジェイン大統領ですね。

が、ムンジェイン大統領がまた民衆の反対を向いたら

彼らはまたデモで引き釣り下ろすのだろう。


それで韓国の中高年は老後のために商売をやるという

選択肢があるわけですが


それはやはりかなり柔軟な許認可の話があるんです。


例えば韓国で開業した日本人に聞いたけど、

韓国で開業するのってほんと楽なんですと。


これはあらゆる業種でそうでして、日本だともう許認可の嵐ですから

官僚たちに

「商売やっていいですか??いいですか??」


と何度も確認して、色々な許認可関係の手数料払ってようやく

開業できるわけです。


例えば、そのこれから稼ごうという高齢者たちで

料理がうまかったとして自宅でレストランを小さくやりたいとなっても


これは勝手に日本でやると逮捕されます。


が、韓国だと比較的簡単に開業できるんですね。


だから日本だと年金だけじゃ暮らせないとなるわけだけど

そこでじゃあ「よし、これから自分の特技使って

自営業やるぞ!」となってもですね、


それは国家制度上、日本人だけは日本でできないようになってます。


以前ネットでも流行したエアビーなんかもですね、

「自分の家を外国人に貸し出して収益得る」という素晴らしいモデル

だったけど


最近は警察や行政がすごくうるさくて自由にできなくなってきています。

ここでも許可が必要になってる。


だからマスコミがやたら民泊関係のことをバッシングしたのは

官僚に許認可権限を握らせるためのある種の扇動であったと

結論付けられる。



だから年金で暮らせない⇒じゃあ自営業で頑張ろう

となっても、中高年たちはそこで開業がほとんどできないように

なっていまして、完全に自立の道を閉められているというのが


日本の官僚独裁政治の大きな問題としてあります。


だからもう最近はなんとか自立するために

ネットで稼ぐであって、中高年の人たちが株やFXやブックメーカー

アフィリエイト、転売、仮想通貨などなどで、


ネットに集まってきている状況だけどそれもすごい競争率に

なってるのは事実ですよね。



「官による民業圧迫」


というのは日本の大きな問題で、

多くの人々が自立しようにも、その自立するための

方法をほとんど


国家や警察の利権でほとんどつぶされてるというのが

大きな問題としてあります。


路上で例えば屋台をやれば日本ではつかまりますよね。


例えば「屋台起業塾」なんてあってよさそうだけど

そういうのはネット探してもなかなかないわけです。


だから仕方なく最近のお年寄りの60歳あたりの人は

65歳まで年金もらえないから、ローソンとかでアルバイトしだしてる

わけで


日本に帰るとびっくりするのが最近コンビニに

「見習い研修中」みたいな名札を下げた高齢者の人が結構

いらっしゃいますよね。


自分で自立のための起業もなかなか許認可で難しいから

仕方なく退職後

大手企業の利益あげるためのアルバイトをしてる構造、


これは私がよく日本にかえったときに感じる構造です。


民衆が起業しづらい環境になると結局そのように

大手企業の奴隷みたいに働くしかなくなるんだけど


そこで大手企業は人材を使い倒せるから利益は上げられるけども

ここで民衆は貧困化する。


この大きな官僚機構と大手企業がつるんだ、

公的部門と私的企業の癒着状態、これが日本の貧困化の大きな

原因としてあるんだろうというのも感じます。



んで大体の商売の分野と言うのは大手企業もしくはそこと

癒着する官によって占められてしまっていて


民衆に許された起業方法はもうネット絡めてなんとかやるしかない

という状況になってるわけだけど


例えば韓国や中国やマレーシアみたいに小さい飲食店出して

自営業でやるという選択肢は日本ではないわけですが


この構造を見直す必要はあるんだろうなとは思います。



中小事業者を育てないとどうも日本の実需の弱さは

根本解決しない、と私は見てますよね。


そのためにはどうしても官僚機構の解体が必要になるので

トランプのような実業家出身で理念持ってる人間が

沢山育つ必要があるんでしょう。


が、例えばエアビー民泊をつぶそうとする政府の動きだったり


また以前は路上の弁当屋さんがコンビニの利益を阻害するということで

警察につぶされたりしていたものだけど

(表向きは、衛生面でうんちゃらかんちゃら、というキレイゴトを

役所たちはマスコミに報道させたけど詭弁きべんです)


こうやって全力で官が民の商売をつぶそうとしているわけでして


おそらく本当の日本人の敵は国内の官僚機構なんだろうとも

思いますね。


ここが根本的に民衆の自立を奪う制度をどんどん作って

そしてもう暮らせないような年金なんかを支給しながら

人々をなんとか依存させて支配しようとしている構図、


これを感じます。



若い人はもっと悲惨で、これから未来が始まるのに

就職先としてあるのはブラックばかり、


だから一番の人気の就職先は公務員となっておりますが

こんな国これからどうなっちゃうんだろうとも私は危惧しますよね。


ただ最近は若い人でもなんとかネットで収益出して自立する人も

出ていて、もしくは海外に出てしまってなんとか

海外の会社で働いて人間らしく暮らしてる人たちもいらっしゃる。



追い込まれた状況だけど色々な方面を見ればまだ可能性はある

というのが正直なところですが、


こういう情報もなかなか共有されてない問題もありますね。

(ちなみにオーストラリアにワーホリで行く若者もいて

そうすると年間100万は貯金できるんだと。)


日本の貧困化ってのはもう誰も否定できないくらいに

なってきていますが、


今まではこれを見ないふりして日本は成り立ってきましたが

そろそろこの問題と向き合うのが大事かななんて思います。


私なんかは稼いでいても周りの親戚たちを見るとやはり

このような貧困状況を見ることができるからすごい考えさせられる。


昔私が日本の貧困化が後ろで進んでるってのを色々な人との交流で

知ってメルマガでも具体的に書いてきたけど


当時はあまり理解されなかったんですよね。


「それは本当に日本のことですか、嘘つかないでください、

陰謀論おつ、」みたいに言ってくる


大企業の役職についてるみたいな自慢話してくる

く○やろーもいました。


が、本当にそれは日本に存在する問題ですから、

それを考えるべきだと思いますね。



よくマインドセット系セミナーとかで言われるのが


「貧困とかそういうのは甘えです、そういうのばかり

見てるとマインドが影響されて稼げなくなります」


なんてことだけど


これを私は20代のころに良く聞いてたけど、

すごい疑問があったのが


「けどそれって現実にある事象をただ無視して

見てみぬふりするってことだよな~」なんて思いまして


すさまじく疑問があったんだけど


だからこういう貧困問題って私は結構メルマガで

扱ってきたんですよね。


だから私の弟なんかはデパートのトイレで首つって死んでるけど

そういうことも普通は隠したいものだけど


私は好かれるのを目的としてしていないため

隠さずに現実をぶつけないといけないから

それが憲法21条の表現の自由というものだから書いてきた。



んで私としては現実を見るというスタンスですから

こういうところも見ないといけないと思ってるんだけど


その上で自分が何できるか?というほうが長期としての

思考の型としては強いと最近思いますよね。


結局ネットウヨの人たちが日本の特別会計問題を

見てみぬ振りして言論を続けてきて、今その詭弁がばれて

追い込まれてるのと同様に


見てみぬふりという生き方は結局現実から逃げてますから

屋台骨がマインドとして弱くなるんではないかと

私は最近感じます。



それで、日本人がこれからじゃあどうやって人間らしく

まあ普通にたんぱく質摂取して、それなりの食事とって

住みか得て暮らせるかというと


それは成長国の成長を取り込むということしかないんだろうと。


もう国内実体経済がダメなんですから、

政治もダメで改善される気配は見られませんから


そうなると他国の成長を

個人の成長に取り込むということが抽象思考で大事になってくる。


私なんかはそう考えてアジアにいるんだけどやはり

海外の成長を自分に取り込んでいくという発想がこれから大事になると

思いますよね。


海外の株なんかも一度第2のリーマンショックが起こった後くらいからは

その意味で注目だとは思ってます。

(暴落後はみんなが参入しないからチャンスですよね。)



まあなんにしてもつらつら書いてきましたが

日本の今の貧困問題ってなるべくネットウヨの人たちが

「そんなのは存在しない」なんていって見ないふりしようとしてるけど


実際にある話ですから、その現実を知って

前に力強く進みたいところです。



近い歴史だと戦後の日本も一度経済的にボロボロになって

そこでちゃんと現実と向き合ってこのままじゃまずいとなって


そこがある種の経済成長の原動力となりましたから

現実と向き合うのは大事だな~って思いますね。


まあ日々色々考えさせられます。


それではまた!



ゆう





追伸・・・ちなみに不思議に思ったことはないですかね。

日本より発展していないアジアの国々の人たちは

それこそ所得が日本人よりも低いわけです。


が、結構日本の人たちよりは笑顔満開で暮らしてる傾向が

あると強く思う。


これは「これからどんどん経済が成長して発展していく」という

ある種の成長期待感が社会全体の中にあるんですね。


漠然としたものだけど、どんどん2年3年で発展していく社会を

目の前にして「俺ももっと豊かになるぞ」という気概が

社会全体でどうも発生するんです。


だから元気になるんですね。


逆に、今どんなにお金があったとしてもそこで

成長実感を得られていない場合不幸を感じやすいんだろうと思います。



「成長していく」「成長実感を得ていく」


これがどうも人間の幸せにはすごい重要なことなんですね。


だから私は100人中100人に批判されても

長期で成長続けないと、というのは

最近思いますね。


体は老齢とともに衰退しても

脳みそだけは知識だけは死ぬまで成長できる


という人間の性質にしか拠る(よる)ところはないのかな、と思います。


では!





















 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください