無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【2ヶ月ほどで65%ほど暴落したリップルコインと、 10倍になったタカタ株、という金融現象から考える!】

2017 7月 18 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【2ヶ月ほどで65%ほど暴落したリップルコインと、
10倍になったタカタ株、という金融現象から考える!】
⇒編集後記で


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


【仮想通貨が下落の一途!!

それでも読者様だけは

資産を増やせるカラクリがこちら!!】


そして今回なんと
読者さんに500円分のビットコインを
プレゼントしてくれるそうです

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


どうもゆうです!

読者さん、おはようございます。


さて、今日は7月18日です。


さて、それでここ最近私はFXや株をやっていますが

相場ですごい動きを見せて世間で話題になってるのが

リップルコインだったりタカタ株

だったりします。


リップルコインなんかは、以前すさまじい値上がりを見せたわけですが

そこでマスコミなんかでも相当騒がれていたけど

なんと今は以前の45円ほどの高値からこの前は16円台をつけました。


なんと、2ヶ月で65%ほど暴落を見せたわけです。


んでタカタ株なんかはこれは面白くてマスコミで騒がれていたけど

そこから一気に17円ほどの株価が153円まであがっていました。

約10倍ですね、そこで買ってちゃんと「逃げた」人は。


んで、実はこの「マスコミで騒がれて大衆に知られたら暴落する、

もしくは大衆が怖がってるときは暴騰する」というのは

メルマガでよく書くことなんだけど、


今日はその辺について書きます。メルマガ後半で!


さて、それでそんな暴落とか暴騰とかあんまり関係なく稼げるのが

「両建て」になりますが、

今回はなんとまたビットコインの両建て系の案件なんだけど

500円ほどのビットコインをもらえるらしいです。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


今日はこちらの500円のビットコインを

5億円に本当に増やしてしまった

長谷川さんより読者さんにメッセージです!


====================


読者様は500円をお持ちですか?

それならこの方法で
「5億円」にすることができます。

※ ウソのようなホントの話です。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


読者様が500円を5億円にするために
使うものは「仮想通貨」です。

仮想通貨といえば
「ビットコイン」が有名ですよね。

もしかしたら読者様は、

「ビットコインなんて
私の生活には関係ないですけど?」

なんて思ってしまうかもしれませんが、
実はビットコインは最近、

私たちの生活に少しずつ
取り入れられ始めているんです。

その例をいくつか挙げましょう。

つい先日のことで言えば
「ビックカメラ」がビットコインでの
決済を導入したことが記憶に新しいですね。

あの「DMMドットコム」でも
ビットコインの決済は使えますし、

東京の渋谷、六本木などに、
日本円とビットコインを両替できるATMや、
ビットコインを使えるお店が出てきています。

ビットコインはこれからどんどん
読者様の生活に馴染んで来るでしょう。

インターネットやスマホが登場したときも

「こんなもの流行るわけがない」

とみんな思っていたと思います。

でも今や、ネットを使わない生活など、
想像すらできないのではないでしょうか?

ビットコインも同じ動きをしています。

先進的なものは最初は
受け入れられにくいものです。

その新しさゆえ凄さが理解されるまでに、
多少の時間を要するんです。

でも、それも時間の問題。

ビットコインはこれからの時代の
スタンダードになっていきます。

そして何事にも言えることですが、
いち早く市場に参入した人が、
誰よりも莫大な利益を得ます。

ネットビジネスという業界もそうでしたし、
高度成長期の日本もそうでした。

「出せば売れる」

なんていう状態が起こっていたんです。

新しいことが始まろうとする黎明期には
そんな現象が多々発生します。

そして今「新しい時代」が
幕を開けようとしています。

それが「仮想通貨の時代」です。

今、多くの人が気づいていませんが、
ビットコインはボロ儲け状態なんです。

「参入するだけで稼げる」

と言っても過言ではありませんし、
実際に数千円から億を稼いだ、
「ビットコイン長者」は何万人もいます。

読者様も同じように、
「ビットコイン」で億を稼ぎませんか?

500円→「5億円」を作った男が、
読者様にすべてを教えてくれます。

総額300万円のビットコインも
バラ撒かれていますので
今すぐ、必ず受け取ってくださいね。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/



======================


以上です!!


それでやはりメルマガで書いてるのだけど

仮想通貨ってのは投機性が非常に高い、ということなんですよね。


これは、FXよりも仮想通貨は投機性が高いというのが

今号のこれから書くことで分かるとは思うのだけど


ただ実はそこで「堅実に相当稼いでる人」というのが

いるわけでして、


それがやはりこの数日扱ってるアービトラージ=両建て

ですよね。


例えば日本の取引所のビットコインの提示価格と

アメリカやインドの取引所のビットコインの提示価格はかなり差がある

わけですけども



結局投機性の高いところにお金を突っ込むならば

こういう「リスクを殺せるアービトラージ」というのが

結局一番いいんではないだろうかなんて個人的には思いました。


ちなみに私自身はFXと株とオプションや金現物みたいにもうある程度

やる投資対象決まってるんだけど

このアービトラージのやり方については新しく結構面白そうで検討価値あるな


なんて思っていました。


それで今回の案件はずばり言いますと

「仮想通貨×ブックメーカー」ってのを合わせてる案件です。


実は一応今のところ企画段階では友人がやってるんですけど

なんと「生放送で実際に稼いでもらう」というのをやるらしくて


論より証拠ということで勝負する、と聞いています。


それでその際にはまずビットコインないと始まらないので

今回は500円とかにはなりますが、

その500円分のビットコイン全員にくれるそうなんで


そこで広告費も数千万円かけてる案件なんで面白いと思いますので

是非読者さんも500円のビットコインもらって


本当に利益出るのか実際の相場で生放送でやってみてくださいね~


個人的には両建てだと暴落も暴騰もあまり影響受けないで

コツコツ稼げるので、面白そうだな、って思いました。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/








============編集後記============


さてさて、ここ最近ですがリップルコインの動きがすごいことに

なっておりますね~


実を言うと私ゆうは前もちょっと書いたのだけど仮想通貨は

もしやるなら

暴落してから買いたいと思っていまして、


今はFXと株とかオプションとか金とか、まあ色々やってるんだけど

仮想通貨も暴落したら検討したいなということで


結構チャートを見てるんですよね。


んで、なかなか最近リップルコインのチャートが面白くて

リップルコインなんてこの前ですが45円とかついていたわけですね。


それこそマスコミで「リップルコイン暴騰!!」ということで

結構日本の各雑誌HPやメディアでも話題になっていました。


リップルは今だから買い!みたいな記事も当時多かったですね。

私は韓国にいながら当時それを見ていたのだけど

基本飛び乗っていいことはまったくないものなので


もしあれなら暴落してから検討したいということで暴落待ってたんだけど

まあすごい。特にリップルコインの暴落はすごくて


この2ヶ月の間に以前高値45円手前だったのにこの前16円台つけてる

わけです。


だから大体63%~65%の暴落になっているわけです。

だから例えばマスコミがすごいリップルのことを騒いでいた5月に

45円で100万円分買ってる人は2ヶ月のうちに

60万円~65万円くらい含み損になってるはずで


資産は35万円ほどに減ってる計算ですよね。


FXでもボラは高いけど、それでもここまでのボラは

なかなかありませんから

やはり仮想通貨の投機性のすごさ、というのは感じます。


ただ資金管理でちゃんと全体資産の2%までの損失、と割り切って

やるような人はそれでも全然いいんだろうと思いますよね。


例えば1億円資産がある人が200万円分のリップル買って

それが70万円になったところで130万円の損失だから1.3%の損失

だから別にたいしたことはないでしょう。


ただ今回おそらく痛手をこうむってるのが

「マスコミがあおってるときに乗っかって

43円~45円で買ってる個人投資家」

であってここで資金管理していない場合、かなりの痛手をこうむるわけですから



やはりメルマガで書いてる資金管理は本当に大事だな~って思います。


ちなみに資金管理のPDFは

以前に渡してるけどこれですね。



ゆうの無料プレゼント(資金管理PDF)
⇒  http://fxgod.net/pdf/fx/shikinkanri1.pdf


こういう資金管理術を知ってるかどうかで運命変わるよね、ということです。

逆を言えば資金管理知ってれば別にリスクが高いものであっても


資金管理の比率をコントロールすればいいだけだから

リスク高いのは資金管理で完全損失でも

全体資産の1%までにする、とかすればいいわけだから


そういう意味では資金管理知ってるかどうかが全て、と思います。



それでリップルの暴落はまあすごいもので45円から16円になりましたが

2014年台につけてる5円台を長期レンジから

一気にブレイクしてるわけですから


一応これが押しとどまるのか、どうかは注目です。


ただフィボナッチで言うとこの数年最安値から最高値の間の

61.8%ラインまで到達して若干抜けてる感じもありますから


これはやはり仮想通貨はまだまだギャンブルっぽいところはあるな

とは思います。


それでまたリップルだけではなくて

世間ですごい騒がれていたタカタ株なんかも面白くて、


これも投機市場となっておりますが

このタカタ株なんかも以前は17円くらいだったのに

この前なんかは153円前後まで行ってました。


たぶんうまい人はここで一気に利益確定して逃げ切って

もう短期間で10倍という人が出たはずです。



それで重要なのはタカタ株っていうのはもう日本ではぼろくず株と

言われいて、もう完全にだめなんだ、と言われていたものですけども


それこそマスコミが執拗に叩いていたわけですよね。


こういうのを見ると「多くの人は」買わない、売る、ということを

するわけです。



が、実際は「マスコミが大きく報道するのとは間逆に動く」

ということなんですね。


これは、リップルもそうで、マスコミが「高くなりました!すごい!」

とやってると暴落するわけです。


ということを私は何年もメルマガで書いてきたのだけどやはり


マスコミ報道の間逆でポジションを取るのは重要だ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのが本当に教訓的に分かりますよね。


マスコミ報道=大衆が認知してる情報です。


んで、もっと言ってしまうと大衆は大衆でありますから

だまされる存在で終わるんですね。


これはマスコミ報道や誰かの言論に影響されてポジション持つような

人はやはり主体性がないから大損するようになってるわけですが


今回もやはり大きくはそういう構造だったのかななんて

思ってみていました。


それでですね、私が6月26日に書いたメルマガがあって

これが


2017/6/26
【1分間で99.97%の「フラッシュ暴落」の動きをした
仮想通貨イーサリアムの事件から資金管理の重要性を考える!】


という号なんだけど


是非これを今見てほしいんですね。



やっぱり重要なんで。


2017/6/26のメルマガ記事より引用


=========================
ちなみにもう少し書くとですね、

ダウ理論ってあるんですよね。


ここでダウ理論ってのは3つの期間があるといわれてまして

これは本当に重要だから何度も書きますが、


===========================

先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと

判断した少数の投資家が、いわゆる”底値買い”をする時期。
価格は、下落しているか底値圏で上下している。



追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。

価格は、上昇局面にある。


利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、

先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。

価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。


===========================


この3つの期間があるんですね。


んで、これはFXだけじゃなくて株でも一緒でして

やはり狙うは「先行期」なんですよ。


例えばウォーレンバフェットのバリュー投資ってあるけども

あれも私は本も結構読んでるんだけど


究極言ってしまうとダウ理論の

1  先行期  

で入るというのをバフェットはずっとやってるわけですね。


その少数派のやり方を何十年間もずーっと繰り返してる

マインドのすごさがあの人にはある。


これは株でもFXでも同じかなって思います。



ちなみに1の先行期で入る人は超少数なんだけど

その超少数はみんながもっと下がると思ってる段階で

買ってるんですね。



んでここで大口が実際に買いで入ってきて

それでトレンド転換ってのが起こってくるんだけど

そこで2の追随期の人が入ってくるわけです。


んで、最後は素人の人たちが3の 利食い期で入ってくるんだけど

そこで1の先行期  で入った投資家たちの利益確定の流動性を

こう支えてくれるわけですね。


んで3で入った人はやっぱり損するんですけど。



が、1の先行期で入った人はかなり儲かるんです。

(だから、私が書いてる「利益確定の流動性を初心者さんが支えてくれる」
っていう表現は実は結構恐ろしい表現なんです、が、真実。

んで3で入るのは大体どうもサラリーマンなんです・・・
「みんな一緒」ってのは損する元ですね。

逆に自営業の読者さんは変な人多いんで

比較的1の段階で勝負して入っていく人が多くて結果儲かってるっていう

現象が観察される。)


===========================


さてさて、最近ですが第2のビットコインなるか?といわれていた

イーサリアムですが、一部取引所で99.97%だか、


一時的に暴落してまた値を戻した(すなわち刈り取り)という動きが

出て結構ネットで話題になっていますよね。


日経新聞なんかでも報道されたみたいです。



瞬間的に仮想通貨イーサリアムの

99.97%の価値が消えたということで

ストップを巻き込みまくったらしいのだけど


ネットでは「フラッシュクラッシュ」(瞬時の急落・暴落)

ということで話題になっておりました。



このイーサリアムは第2のビットコインになるかもね

なんていわれていた仮想通貨だったと思いますが

そしてこの数ヶ月かなり高騰していたわけですが、


このイーサリアムがドルに対して価値をほぼ失う瞬間があった

ということで、アメリカ時間の21日の15時半あたりに

取引所のGDAXで一時大暴落をして⇒ほぼ元の値段に戻る


という刈り取りの動きがあったということなんですね。


ちょうど最近はリップルとか、あとはビットコインとかが

値上がって、ある種先行期で2015年前後に仕込んでた人たちが

利益確定する利確時期っぽい感じもありましたが


ここでまさに上に書いたダウ理論の 利食い期にエントリーして入ってきた

個人投資家の人たちのイーサリアムの価値が一時99.97%も

なくなりましたから


おそらくこの取引所で信用取引していた人はストップで

全損しただろうし、


またストップ入れていた人なんかも

これは刈り取りされたんだろうということで


ニュースになっていました。


ちなみにこのイーサリアムは価格が相当高騰しているということで

注目されていたのだけど、


ここでかなり多くのメディアで仮想通貨が言われるようになって

それで多くの人が買いに入って、そこで刈り取り暴落、

の動きが出てきてましたから



なんというか、いつもの株とかFXのパターンと一緒だな

と思って私は見ていたのだけど


こういうの見てると資金管理の考え方って大事だな~

と思いますよね。




それで、これがある意味仮想通貨の怖いところだな~と思って

私はあくまで仮想通貨は「投資じゃなく投機として」

考えたほうがいいという

立場なのですが、


というのが流動性の問題がやはりあるんですよね。

数百万ドルの売りだけで、ここまで相場崩れちゃう市場って


結構すごいんですね。数百万ドルだから数十億円ですから

となるとある程度金持ってるユダヤ系とか華僑系からしたら


一回数百万ドル徐々に徐々に保有してですね、


んで、ここで「○○の仮想通貨はすごい値上がりしたぞ!」と

なりますから、そこで多くの個人投資家がバンバン金突っ込むんですよ。


んで、ここで数百万ドルを続けて一気に売りに出せば

相場崩せるわけで、そこでストップひっかけられるわけで


そこのストップ執行されてどんどん相場が下落していって

もはやストップ巻き込んで、99%以上下落して、


そこでまた買いなおす、ということをすれば


これ、これその個人投資家のストップ損の分

結構儲かるわけですよね。


多くの個人投資家のお金を刈り取って。

=========================


以上です。


それでこれを以前に数週間前に書いたのだけど

今のリップルの大暴落なんかもまだ大きくは報道されていませんが

結局上の刈り取りの動きなんだろうと思います。



だからもっとエグく書くとどうも投機筋の売り利益確定の

土台を作るのにマスコミが協力していたんだろうな、


なんてのは感じますよね。


これは実際の裏の話で、マスコミとかでは報道をしてですね、

それでどれくらいの買い数量が入ってくるだろうみたいのを

会議してですね、


そんで大口と当然マスコミってつながってるんで

そこでその後どれだけ刈り取ろうみたいな会議してるわけです。


これは私の友人の株式投資家のすごい方が以前

色々情報持ってるんで教えてくれたんだけど。


だから実はマスコミで騒がれた方向性とはまったく逆に

相場が頻繁に動く(これも100%ではないですが)というのは

実は結構自然だったりするんですね。


だからどうも重要なのはいつも書く


「みんなと同じ=悪」という思想でして、


とにかく周りと同じポジション行動にならないように注意する

ってことだと私は思いますよね。



だから案件なんかでも
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/


それこそ多くの投資家がいますが、そこで多くの人が

無知の状態で入ってくるんだけど、そこでまず

1ヶ月2ヶ月は様子見たり検証したりするわけです。


んで大体結果がどうなってるか分かってくるので

その後状況把握して、仕掛けていく、ということですね。


この姿勢が大事でして、ここで「飛び乗る」と投資もビジネスもどうも

損するように世の中できています。



ちなみにこれは私が神レベルとレーダーの根崎さんに

教えてもらったことで、やはりブレイクアウトよりも

ブレイクした後のフック待ってその後またゴーするときに

狙ったほうがいいんだ、ということで


ブレイクアウトをみんな狙うんだけど、そうじゃなくて

ブレイクした後のフック待って、その後仕掛けるという考え方が

私も沢山検証してきてるけど、一番有効なんでしょう、結局。



それで重要なのが「マスコミや多くの人が暴落するといってるときは

暴騰して、マスコミや多くの人が上がるといってるときは

暴落する」


という現象だと思います。



この現象がしっかり貫徹されるからこそ、資本主義では

少数の勝者と大多数の普通の人たち、に分類されていくわけですから


だから少数のアマノジャク、である必要があるわけですね。


んで、そこでは嫌われてもいいという覚悟を持つのがどうも

大事です。


嫌われても自分を持つ、という、そういう生き方まで
入っていきます。



それで最後に書けば、マスコミの報道というのは

「逆指標として」利益確定の1つの根拠や

エントリーの根拠の1つになるってことなんですね。


マスコミや、一般の今までよく投資知らない個人投資家で

資金管理とかラインとかフィボナッチとかダウ理論とか知らない人が


「すごい上がった!株価が○万円台突破!」と本当に

やたら多くのメディアがやりだしたら利益確定する大きな根拠になるし


また同じくマスコミたちが


「○○大暴落!!」とか

大々的にやりだしたら



これは結構買いを検討しても良いと。


これ無料で書いてるけど、実は一番儲かる投資方法だと

私は思ってます。


ただその際に本当にマスコミが言ったとおりになるときも

本当に、時々ありますから

(大体日本のマスコミは的中率10%~20%だろうと。)


だからそういうときのために資金管理は重要となりますね。



こういう実態を知ってる人は結構コツコツ儲け続けられるものなので

やはり「周りと違うことをする」というのは


日本の同調圧力が高い社会だと叩かれるものだけど

重要なことだろうな~と思いました。


では!



ゆう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  【上のような考えをできる人は活用できるかも?】

今回なんと
読者さんに500円分のビットコインを
プレゼントしてくれるそうです
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




PS・・・だから逆にビットやリップルが大暴落!!

ってマスコミはまだやっていないのが


色々ネット調べてると7月18日時点で分かりますが、

(リップルなんて1ヶ月前後で65%下落ってどうみても大暴落ですが

不思議と報道されていない。)


ただここでマスコミが大々的に仮想通貨の暴落を言い出したら、

ここは結構面白いかもしれないということですね。


だから常にマスコミの逆を行く、世間様の逆を行く発想

これは大事なんだろうと。


ちなみによく日本人投資家を「ミセスワタナベ」と言いますが

このミセスワタナベは諸説あるけど、その大元は実は

FXで8億円儲けて脱税してつかまった池辺さんだという説が強いですよね。


んでこの池辺さんなんかは証券会社で売り残、買い残とか見られるんだけど

そこで売り残が多いときは買いではいる、ということをするんですね。


多くの人は「売り残ポジションが多くてみんなが売りとってるなら

下落するんじゃないの?」と思いますが、


実際は違って、池辺さんは「そういうときは相場はあがっていくのよ」

と言ってますがこれ真実だと思う。


要するに投機筋などのヘッジファンドは刈り取るのが仕事のひとつだから

刈り取りの動きが必ず発生するわけで


売り残が多いときは上がっていくし、

買い残が多いときは下がっていく傾向が

強いわけですね。



それで自分の投資行動がみんなと同じではないか?っていうのは

結構マスコミの金融系報道で確認できるものなんで

これはこれで大事ですね~



PS2・・・だからあの最近すごい器になってる

与沢さんなんかがおっしゃる

「人生は逆張りが鉄則だ」ってすごい名言だと私思っていて


周りの流れと逆張りする、これはすごい重要だと思いました。


だから空気から外れた行動をあえてしていくことになるわけだけど

ただそのためには誰よりも空気見てる必要があるんだと思います。


世間の空気はこうだから、それとは逆の仕掛け方をする、わけだから

だから世間の空気は誰よりも知っておかないといけないと。


そのためには学ぶことや市場調査なども必要で

以前書いた体内のテストステロンホルモンの分泌を多くする

ということも必要なんだと思う、挑戦的なことだから。


だから以前書いたようにテストステロンの高い人が儲かるってことでも

あるんでしょう。


世の中全てがつながっていて面白いな~と最近は思います。


それではまた!







☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

それでこの新しい案件は

ぶっちゃけ、仮想通貨とブックメーカーの両建てをあわせた

ものだから、少し変な知られていないやり方ですよね。


仮想通貨の場合、(ビットの場合はクリプトカレンシー技術の
暗号通貨といったほうがいいのかもだけど)

市場が整備されていないのでマウントゴックスしちゃったり

投機筋に同じことやってたら狙われる

リスクは考慮に入れる必要はあると思いますが、



ただ両建てなんかは暴騰暴落あまり関係ないので

検証してみると可能性はあると思いました。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/9/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









«  【2ヶ月ほどで65%ほど暴落したリップルコインと、 10倍になったタカタ株、という金融現象から考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください