無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【マレーシアの屋台通りで飯を食べてると不思議と元気MAXになってくる、 という話】(写真数枚あり)

2017 7月 15 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【マレーシアの屋台通りで飯を食べてると不思議と元気MAXになってくる、
という話】(写真数枚あり)


どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!


さてさて、前号にて、


【アメリカの帝国覇権を確信犯的に放棄していく
トランプの戦略について考える】


という号を流しました。前号を見ればたぶん今のトランプの

動き方の意味が分かってくると思いますので、

この辺では彼はぶれていないので知っておくといいと思います。


またドル円なんかも結構動いて今メルマガ書いてる時点では

112円台前半ですね。


前も書きましたが6月15日あたりの価格から最近の高値まで

フィボナッチ引くと重要なラインが50%、61.8%あたりの

111円台にありますから

このへんの攻防が個人的には注目です。



さて、それで件名に書きましたが、

私は今日はマレーシアの屋台に行ってきました。


このマレーシアの屋台は各地にあるんだけど

特にクアラルンプールにあるアロー通りっていう屋台が有名なんですね。


私は実はマレーシアは何度か来てまたこうやって住んでるんだけど

実は屋台村は行った事がなかったんだけど

今日行って見てなんかほんと面白かったですね~


すごい人々の活気があるんですね


写真撮りましたがこんな感じ。



(写真1)マレーシアの屋台村、アロー通り

http://yuhfx1.com/gazou/malay/yatai3.JPG
 

マレーシアにいると面白くてですね、もうほんと世の中の全人種が

集まってるんじゃないかなんて思うこともあるんだけど


もう本当に世界各国から観光客たちが

この屋台で食べにやってくるわけです。



それでアジアの色々な料理がありまして、これはマレーシアの隣の

タイの料理店。


路上にこうやって椅子や机が置いてあるんだけど、

結構こぎれいにしていまして、


そこで外に座りながら屋台料理を食べられるんですね。


(写真2)屋台のタイ料理店
⇒  http://yuhfx1.com/gazou/malay/yatai2.JPG




(写真3)みんな楽しく食べています
⇒  http://yuhfx1.com/gazou/malay/yatai1.JPG



それで私なんかもこの屋台でご飯食べてきたのだけど

面白いのがとにかく客引きのおばちゃんが元気なんですね。


それで私は中華系の食事を食べたいと思っていたのだけど

おばちゃんがもうすごい勢いで客引きするんですね。


それで「あんた、うちのはおいしいよ!これおいしいよ!安い!

はい、店の中入りましょ!」


なんて感じでして、それでとりあえずおいしそうなお店の

ところに入ったのだけど


そこで座った感じがこんな感じ。


結構テーブルもこぎれいでして、通行人を眺めながら

食事を食べられるのが良い。



(写真4)座ってみるとこんな感じ
⇒  http://yuhfx1.com/gazou/malay/yatai4.JPG



それで中華料理をおばちゃんのおススメで注文してみたのだけど

こんな感じの料理でした。


(写真5)屋台の中華料理。
⇒  http://yuhfx1.com/gazou/malay/yatai5.JPG




それで大体一皿8リンギット~16リンギットくらいで

食べられるから


日本円で一皿200円から400円という感じですよね。


正直、以前はマレーシアのマラッカとかに私はいましたので

マラッカだと中華料理がこういう麺料理は

4リンギット~6リンギットで100円~150円くらいだから


ちょっとクアラルンプールの屋台は首都なので高いのだけど

それでもかなり安いわけです。


これ全部でも1000円いかないんですが、写真で分からないかも

しれませんが相当なボリュームがあって、2人でも食べられないくらいの

ボリュームですね。



それでなんというかアジアの活気を感じられる部分がありまして、

大変興味深いのが、中華系の障,害持ってる人なんかが車椅子で

動きながらマイクありで歌ってるわけですね。


んでこれが外で屋台料理食べてる人たちのBGMになってるわけです。


それでその方たちなんかもそこで歌ってる人に寄付する人たちが多いから

そこでお金もらって生活してるわけです。


んでその方なんかは中国語で歌ってるわけですが

すごい歌がうまいんだけど、


そこで人々は音楽聴きながら外で屋台料理を食べてるわけでして

これがまあなんともいえない素晴らしい雰囲気でしたね。


それで思ったのが、「屋台文化って人を元気にするな~」

なんてことでして、


活気ある人たちに囲まれていたら自分も活気が出てくるような

気がするわけですね。


これは気じゃなくて、本当にそうだと思うんだけど

「よーし、これからやったるぞ!」的な気分になるんです、ほんと。



これはもう大声で商売してるマレーシアの人たちや

元気にその日その日を貧しかろうと、エネルギッシュに

笑って生きてる人たちを間近で見るわけでして


そこで「おーっし自分もなんかがんばろう!」と

とりあえず根拠なしに、すごいエネルギーが湧いてくる不思議が

あるんですね。


これはタイなんかにいった日本人がすごい元気になってしまう

なんてのはあると思いますが


マレーシアの屋台村でもそれを感じました。



なんだろう、荒々しい雰囲気、があるんですね。

それが、良い。


ここ最近ホテルのいわゆるバイキングブッフェってやつを

食べていたわけですよ。「ぶっふぇ」を・・・


ただ確かに一流のシェフさんが作っていておいしいのだけど

何か足りないな、なんて感じたりもするわけで


味も上品だし、素晴らしい味だけど、

ただ心は踊らないというか。


マレーシアは一泊ちょっとでも出せば結構良いホテルで

おいしいもの食べられるけど

なんか物足りなさを感じていたわけです。


マレーシアはすごい最近発展していまして、私が最初来たのが

2013年だけどもうたった4年でずいぶん変わったなとも思いますが


ただ逆につまらなくなったというか。


例えば、人々は前来た時は荒々しくて

信号なんかも守らなかったんですよね。


もうイスラムの格好したお母さんたちが子供連れて

ビュービューと通り過ぎる車の中をみんなですり抜ける、みたいな

光景があって、「超面白い」と私は思ったものだけど


最近はマレーシアなんかはもう信号もしっかりできてきて

信号を守るようになってきていて

こうマナーはしっかりしてきたということかもしれないけど


ただ荒々しさはなくなってきてるような印象を受けたわけです。

これは最近の中国もそうでして。


ただこの屋台村なんかはすごい面白かったんだけど

もうとにかく荒々しい商売人の空気ってのがありましてですね、

それがすごい活気でして、


本当に元気MAXになれるんですね。


これは本当に不思議で、おいしい

かなりお高いレストランの料理は確かに感動は

するのだけど、


けども1時間後にその感動は私の中では生きてなかったりするわけです。

ただこの屋台で食べたときの荒々しさはかなり長く心に残って

それが自分の中に生きてるというか。


なんか生きる力をもらえるというかですね、

そういう変な効能があるな、と気づくんですね。


これは韓国でもよく感じることなんだけど荒々しい商売人たちの

客引きの大声だったり、ざっくばらんな人々の会話の空気だったり、


あとは日本だと社会保障で生かさず殺さずみたいにされてしまってる

人たちが本当の本当は多いんだと思うけど、


そこで社会保障もないけども、障、害を持っていても

ここで歌を磨き上げてそこでずーっと通りで歌って

なんとか稼いでる女性がいたりしてですね、


その人間の生きるエネルギーの強さを屋台通りで

感じられるんですね。


それで、私なんかはもう早速、食べ終わった後、チャート検証を

スマフォでしたりしたんだけど


もうとにかく「何かやりたい気分」になるんです。


この効能がすごいな、と思いました。



だから個人的には日本でちょっとエネルギーが落ちてるな~

なんて感じる人にはアジアの屋台が多いところって

すごいおススメですね。


人々の荒々しさに囲まれて自分もエネルギッシュになれる不思議が

ありまして、


こういう相互作用ってまだ科学という宗教では解明されていないけど

結構重要な作用だなって感じます。




必死に多くの人が堂々と商い(あきない)をして

それで笑いながら活気を持って生きている


こんな姿って最近の発展を遂げてしまった日本では

なかなか見ることができませんが


最近のアジアにはこういう光景がしっかり残っていて

日本では体験できない活気を自分ももらえて


おそらく何かしらの影響が自分にもあると思うので

おススメであります。




もちろん個性もあるから


「私は屋台なんて不衛生な安いところには行かないわ!

高級ワインをレストランでたしなみたいのよ」


なんて人も日本には結構いるはずで

そういう人はあまり向いていないのかもしれませんが


ただこういう荒々しい雰囲気が好きな人は結構面白いと思います。


私なんかはアングラなクラブのイベントのオーガナイズとかを

やっていた時期もあったくらいなので

こういう荒々しい雰囲気は好きなんだけど


そういう人はかなり楽しめるとも思いますね。



それで結局多くの人は「自分で稼ぐ」をするために

ノウハウなんて今なんて無料でかなりの部分

情報もらえる時代だから

結構知ってると思うし、


またやることもこれをやればたぶんある程度稼げるんだろうということも

知ってるんですね。


ただそのための行動力だったり、やる気だったり、

エネルギーが足りていないという問題点があったりするんだけど


それはこういうアジアの荒々しい雰囲気にいると

かなり改善されるかもしれませんね。



「なんか」やってやろうという

「言葉の根拠がないやる気」が出るわけですが

実はその「なんか」を理解するために学問があったりするんだけど


その「なんか」やる気が出るという作用がどうも屋台通りとかで

元気なアジアの商売人に囲まれて

食事を取るという行動にはあるわけです。



これはこれで自分で稼ぐ、という部分でもうまく活用できるでしょうから

アジアに行けばこういう屋台で定期的に食べてみるというのも

意外に面白いですね。



それで今のアジアっていうのはそれこそ発展していて

高級ショッピングモールとか高級コンドミニアム、高級ホテル

高級レストランが続々と建設されている一方、


こうやって民衆の荒々しさが残る部分も同居しているわけでして

このなんとも面白いアンバランスさが魅力だな~なんて感じます。


それで人生とは何か?まで考えますが、結局

荒々しさを持って常にエネルギッシュでやる気満開で生きるような人が

幸せなんだろうななんてのも感じましたよね。


資産のあるなしも重要かもだけどその根本に

エネルギッシュなやる気とか、荒々しさがある人は

おそらくどの国でも比較的幸せを感じてるものなんでしょう。


それをすごい感じました。


ということでやはり海外にいると勉強になることは多いと思いますので

是非読者さんもアジアに行ったら屋台なんかの

人々の生きる力に満ち溢れた場所に色々行ってみると

良いかもしれません。



それではまた!



ゆう




















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください