無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【アメリカのトランプ大統領と韓国のムンジェイン大統領の会談から 考える!】

2017 7月 03 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【アメリカのトランプ大統領と韓国のムンジェイン大統領の会談から
考える!】

⇒編集後記2で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!


読者さん、おはようございます!!



さてさて、この前ですがメルマガで長く追っている

アメリカのトランプ大統領と、韓国のムンジェイン大統領が

会談しました。


アメリカのトランプも韓国のムンジェインも、私の分析だと

やはり背後は同じキッシンジャー博士ではないか、と書いておりまして

なのでメルマガでも相当追っている2人なのですが


その2人が会談しました。

当然、ここで北朝鮮をどうするか、という問題になってるわけですね。

今日はその辺を考えていきます。


編集後記2で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【FX】相場の未来は予測できる!?
未来予測ロジックで+615pips獲得!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さて、前号にて

「FXもネットビジネスも「時間の配分」を
工夫することで 収益が10倍変わるっぽいという話」


を流しました。


こちらかなり重要な号だと思いますのでぜひ 見ておいてくださいね~



さて、それで今日はFXで今インフォトップで1位独走中の

こちらの内容が非常に良い商品


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/


があるのですけど、


こちらのFXのお得な情報について、

クロスリテイリングのFx-Jinさんより読者さんに

お知らせがあります!


かなり良い、読者さんの将来利益につながる期待値

が高い商品なんで

また下のお知らせだけで、ある意味ロジックというか勝てる戦略が

分かりますので、是非みてみてくださいね~



========================

【FX】相場の未来は予測できる!?未来予測ロジックで+615pips獲得!

こんにちは。Fx-Jinです。

10万円を1年間で1200万円(120倍)に増やした
伝説のFXプロトレーダーの関野さんが、
未来を予測するロジックを開発されたそうなんです。

これ、めちゃくちゃすごいです・・・

勝率80-90%、月利100%というレベルを、
FX初心者からでも目指せて、
年収3000万円も夢ではありません。

その証拠に、いきなり20万円、30万円と、
利益を上げている人が続出。

とんでもないムーブメントになっています。

一部の方に先行で公開され、
わずか1週間で募集停止となったのですが、
いま、特別にわずかな枠だけ公開されています。

今すぐ、こちらをご確認ください!
http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/

そして、FXプロトレーダーの関野さんは
未来予測ロジックの1時間足で使って、
+615pipsを獲得しているということ・・・

未来を予測するその精度は、
本当に恐ろしいレベルでもあると思います。

ぜひ、こちらから関野さんの相場分析とトレード結果を
ご覧になってください。

——————————————————
こんにちは!関野です。

最初は3つの通貨ペアも確認して
通貨の強弱を確認していきます。

まずはUSDJPYから確認していきます。

USDJPY 4時間足
https://toushika.jp/site/img/c……0605/2.png

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンドです。
4時間足は結果的にレンジ気味な相場となっております。

ダウントレンド中のレンジ相場です。

この動きにより、
USDが弱く、JPYが強い通貨と判断しました。

続いては、

EURGBP 4時間足
https://toushika.jp/site/img/c……0605/3.png

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はまだまだ判断つかず、
4時間足はアップトレンドの状況です。

日足の何度か反発された価格帯に入っており、

ダイバージェンスが発生し続けております。
ダイバージェンスと日足の高値という影響を受けて、
勢いが弱くなってきている印象があります。

しかし、現在はアップトレンドであることは間違いないので、

この動きにより、
EURが強く、GBPが弱い通貨と判断しました。

最後に

AUDNZD 4時間足
https://toushika.jp/site/img/c……0605/4.png

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンドで、
4時間足もきれいなダウントレンドでした。

今後も下落方向に落ちていくと期待しています。

この動きにより、
AUDが弱く、NZDが強い通貨と判断しておりました。

3つの通貨ペアを確認し、

強い通貨はJPYとEURとNZD、
弱い通貨はUSDとGBPとAUDでした。


ですので、強いNZDと、弱いGBPの組み合わせで
GBPNZDのショート狙いです。

GBPNZD 4時間足
https://toushika.jp/site/img/c……0605/5.png

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足は今のところアップトレンドです。
4時間足はきれいなダウントレンドで、下落の勢いも強いです。

日足と方向感が違うので、転換したら上昇してしまう可能性が高いので、
トレンド転換には注意しています。

GBPNZD 1時間足
https://toushika.jp/site/img/c……0605/6.png

今回は2回エントリーしました。

1回目はレンジブレイクした左側の矢印の場所でエントリーしました。
そして、高値更新し、×の場所で決済となりました。
35pips程の利益で終了してしまいました。
 
2回目は、トレンドラインブレイクにてエントリーしました。

GBPNZD 1時間足
→  https://toushika.jp/site/img/c……0612/1.png

ダイバージェンス発生して高値切り上げし、トレンド転換したため
×の場所で決済となりました。
580pipsの利益となりました。

損切り幅も65pipsくらいでスタートしているため、
損益比1:8以上の利益となっています。

2つあわせて、トータルで+615pipsの利益となりました!

今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!
——————————————————

関野さんの相場分析とトレード結果は
いかがでしょうか?

資産を120倍にしたプロトレーダーの相場分析を学ぶことで
トレンドが発生しやすい未来予測のヒントを
得ることができたはずです。

また、関野さんが使っているこの未来予測ロジックは
FX初心者でも勝率8-9割、月利100%レベルを
狙えるという高水準の手法です。

月利100%というのは、
毎月資産を2倍にするということ。

10万円からスタートしたら、
1ヶ月後には20万円、
2ヶ月後には40万円。

7ヶ月目には1000万円を突破し、
1年で1億円も超えるペースです。

この半分のペースでも、
1年で1000万円以上を稼ぎ出せます。

そう考えたら、
年収3000万円というのも、
現実的な数字だと思いませんか?

すでに、この可能性に気づいて、
多くの人がこちらのプロジェクトに殺到しています。
http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/

ただし、期間限定での募集で、
運営会社のクロスリテイリングさんが
サポートを重視しているため、
募集枠もかなり限定せざるを得ないようです。

そのため、募集枠に達したら、
すぐに打ち切りになるそうです。

1日あたり約40円という、
負担の少ない形でも参加することが可能ですので、

このご縁を生かして、
まずは、この未来予測ロジックを、
手に入れておいてください。
http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/
※アクセスが集中しています、今すぐアクセスしてください。


========================


以上です!!



それで今回関野さんの新商品ということで

めちゃくちゃレベルが上がっていますね~


今回は上のような相関性なんかも利用したトレードでして、

また私ゆうがよく書いてる「フィボナッチ」についても

関野さんは結構使ってるのでこちらについても

学ぶことができます。



それで関野さんといえば以前の商品で

勝てるようになって独立するトレーダーをもう数え切れないほど

輩出したことでも有名で私の読者さんでも


関野さんの教材でブレイクして、稼げるようになったという人は

大変多いわけですが



おそらく今回の関野さんの新教材はさらに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
多くの人が稼げるようになるんだろう、と確信しております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関野さんのトレードの素晴らしい点は、

ページ見ていただいても分かるんだけど


ちゃんと「損失に対して利益率がどれくらいあるか?」

というところを重視されてるところなんですね。


いわゆるリスクリワードといいますが、ここで

損失1に対して利益16とかとったりするのが

関野さんなんですけど、


通常こういうトレードやると勝率が下がるといわれますが

関野さんは勝率も高いんです・・・







んで、じゃあ関野さんがどういう分析方法取ってるか?というと

実は私ゆうがよく書いてるフィボナッチ、ダイバージェンス

ダウ理論、あとは相関性、ライントレードなどなど、


これらを複合的に組み合わせて、それで勝率あげてるんですね。


以前に私ゆうが「根拠は最低2つ以上」と書いてると思いますが

それをさらに具体的にこの教材では学べます。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/



それで関野さんが書かれていますが


=========================

この未来予測ロジックの大きな魅力の1つが、
圧倒的な損小利大にあると言えます。

損失1:利益2をベースに、損失1:利益5など、
かなり大きな利益を狙っていくことも可能になります。
(相場状況によっては、損失1:利益10以上というケースもあります!)

これだけ利益が大きいのにもかかわらず、勝率80−90%というのは、
「やればやるほど利益が積み重なっていく」状況が
現実となるんです。

損失が小さいことが安心感につながり、
高い勝率がさらにあなたに自信を与えてくれる。

本当に使えば使うほどに、楽しく、あなたの資産は増えていく。

このとっておきの未来予測ロジックを使って、
ぜひ年収3000万円以上のトレーダーを目指していただければと思います。

=========================



ということでかなりすごい内容なんですけど、


実は今回の教材で教えられている内容、多くのFX塾で30万円くらいで

教えられている内容に近くて、


それを今回この価格で提供してるってのがすごいところです。


それで巣晴らしいのは多くの教材って

「これだけ稼げました」っていうのはページであるんだけど


「じゃあ損失の場合はどうなの?」みたいなこと、書いていないんですね。


ただこの商品のページ見ていただくと分かるように

ちゃんと利益取ったときも、そのとき想定している設定している

ストップ値をしっかり記載しております。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/



その上でストップ1に対して利益5だ、とかそういう感じでかかれていまして

これがまさに関野さんのトレードでして、


実は関野さんは神レベルトレーダー根崎さんに学んでる人でもあるんだけど

それを完全に昇華した人で、今はもうご自身でこうやって

人に教えるレベルになっているんですね。


関野さんの教材ですが、私ゆうの評価は

「めちゃくちゃ、良い」というものでして、


これでダメだ、と言われたらもうどうしようもない、

という内容なんで、


私もメルマガやってる中で何千万円分のインフォ教材の

中身を勉強してきましたが


その中でも

はっきりいって個人的にはめちゃくちゃおススメです。



「本当に強いトレーダーはこういう相場分析方法使ってるのか」

というのが分かる教材なんで、


おそらく購入者さんでも1ヶ月、2ヶ月はまだ検証段階だけど

3ヶ月から6ヶ月の間にかなりの稼げる人が現れることが

非常に高い確率で想定できる教材なんで、


読者さんも関野さんの動画を見る時間を

日々の習慣の中で割り振っていただければ

かなりレベルがすさまじく向上すると思いましたので


はっきりいってめちゃくちゃ良い商品なんで、

是非見てみてくださいね~


この商品、この値段なのに、かなりヤバいです。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/









============編集後記============

さてさて、この前ですがアメリカのトランプ大統領と

韓国のムンジェイン大統領が、会談をしました。


こちら、当然のごとく北朝鮮問題をどうするか??


という点で話がされたでしょうから、大変注目ですよね。


ちなみに一応以前2017年4月にお渡ししたPDFが

こちらになりますが、


PDF【日本マスコミの大本営発表とは逆に進んできた
「米中協調体制」】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……outyou.pdf



基本的にはこの枠組みで動いてるなと言う感じです。




ちなみに4月の上のPDFでも書いてありますが、

結局北朝鮮からのミサイル?みたいな報道が日本でされていたけど


やっぱし飛んできていないわけで、「あの騒ぎはなんだったんだ」

ということは議論されないといけないと私は思ってるんですね。


正直言うと「あの騒ぎ」といっても、私は日本で北朝鮮のミサイル問題が

どんな緊張感だったか、は日本にいなかったので分からないものの、


やたら大きく報道されていたのは知っていましたので

やはり3ヶ月経過した今、考えないといけない問題だと思います。


ちなみに、

PDF【日本マスコミの大本営発表とは逆に進んできた
「米中協調体制」】

は4月に流したものだけど、今見るとさらになんというか

分かりやすいんじゃないかな?なんて思います。


PDFで書いたとおり、

しっかりムンジェイン大統領が大統領に韓国でなっておりますし、

またアメリカと中国の協調体制ももう誰の目にも明らかで


アメリカのトランプ大統領は最近は「中国の習は好きなんだけど」

みたいな発言も普通にしておりますよね。


そこであの北朝鮮のミサイル問題を相当あおったのは

どういう存在だったか?というと

やはり外務官僚たちであろうというのが今になって

上のPDF見ると分かると思うんですよね。


これはPDFは後だしじゃんけんじゃなくて、ちゃんと4月に配布していた

ものですので。




PDF【日本マスコミの大本営発表とは逆に進んできた
「米中協調体制」】
http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……outyou.pdf


それで私としては正直本音を書くと、この日本人が大いに揺さぶられた

北朝鮮のミサイル問題にて、その仕掛け人は間違いなく

軍産勢力と利益共有する外務官僚たちで

あったわけだけど


その追及は安倍首相までで止まっておりまして、

そのおかしさは正直言うとどうしても最近感じてるわけですね。


私がよく右と左の戦いは作られている、と書いてるわけですが

これについては言ってる人はほとんど日本ではいないものの、

どうもそのような構図があるのではないか、と私は疑うんですね。



ちなみにこの前なのですが「野党の」民進党の蓮舫が

「民進党の蓮舫代表「日韓合意守れ」

「許せない話」」


ということで、ここでまさに野党の民進トップが

外務官僚が泣いて喜ぶ反韓に転じてるわけですね。


だから非常に不思議でして、私は副島先生の「アジア人同士戦わず」

という思想を非常に重視して、それをメルマガでも

何年間も書き続けてまいりまして、


そこでの姿勢はやはり「反軍産複合体」なんです。

この軍産複合体というのは戦争がないと存続できない存在なんだけど


彼らの存在意義というのは極東アジアでは北朝鮮脅威、中国脅威であって

それに対抗する日韓の結束というのはやはりつぶしたい


という思惑が働きますから、日韓をDivide and rule(分断して統治せよ)

という戦略で分断するというのは軍産側の政策に沿ってるといえるわけです。


んで、当初小沢鳩山政権が出てきたころにはその軍産に非常に不都合な

軍産と日本の外務官僚に非常に不都合な「アジア人同士戦わず」の思想が

出てきたわけですが、


これはまあ 鳩山元首相がセミナーで言っていたように

「外務官僚主導で」つぶされてるわけです。


これは私は米国のCあいA系列が主導したのだろうと最初見ていたのだけど

鳩山元首相のセミナーで聞いた話と、


また、そこで見せてもらった資料を見るとどうも違って

外務官僚たちが、実際の2009年の小沢鳩山つぶしの主犯であったと。


実は日本の政治学分析でもっとも足りていないのは

「2009年の小沢鳩山をつぶした 主体 は誰だったのか?」

という分析だけど


どうもこれは鳩山元首相の証言からするとどうも外務官僚たちであったと。


これは日本だと田中宇氏がずっと指摘していたことだったんだけど

これを最近当の当時の元首相の鳩山さんがセミナーでそう言ってたわけです。




それは外務官僚とアメリカのリチャードアーミテージのような

軍産と近い官僚たちでは利益が共有されてますから


アメリカ側がつぶしたんだ、という言い方も成り立ちそうですが

どうも本当のところは日本の外務官僚たちだったんだ、というのが

正しいのだろうと私は見てるわけです。

(鳩山元首相は米軍が日本出て行くことに対して、

そこまで強くは反対しない、という驚愕の事実?までも言っていた。)



が、この辺の日本政治の分析というのが2009年以降まったく

進んでおらず、それがおそらく今の日本の国際戦略における

分析で弱いところなんだろうというのは私ゆうが正直感じるところです。


この辺は私の母校の政治学教授陣もまったく分析をしておらず、

だから早稲田はまさに文科省の天下りでどうしようもなくなってる

という指摘は本当にその通りなんだろうとも思う。


だから、以前に「右と左の戦いはなんかプロレスみたいだ」

と書いたわけですが、


例えば上記民進党の蓮舫代表は31日の党会合で、

学校法人「加計学園」(岡山市)問題をめぐり、

安倍晋三首相が知人の学園理事長との関係を追及されていることを

念頭に「(国会の)委員会で同じ空気を吸うのがつらい」


と言っていたわけです。


これは今まで私たち日本人を苦しめてきた安倍首相に対して

攻撃しているようで正義っぽいんだけど、


なぜか最近は蓮舫の発言は以前の安倍と同じく

反韓になっているわけでして、

これはまさに「アジア人同士戦わず」に逆行しておりまして、


まさに外務官僚や軍産を利する、そういう発言に変わってきているわけで

この蓮舫の発言は大きく2013年に反韓、反中をあおったネットウヨに

歩み寄ってるんですね。


だから結構面白くて、国際関係論、国際政治の思想で見ると

自民の安倍首相たちなんかは長らく反韓、反中でやってきたわけだけど

ここで最近は野党の、民進蓮舫までも反韓は言い出してるわけでして、


私の目には両者とも、外務官僚の利益に沿ってる発言をしているな

というのは感じるところです。


右と左の対立が故意に作り出されているという見方は

だからまったく私以外ほとんどの人が言っていないようだけど

けど重要な見かたじゃないかな~とは思います。


どの国でも、為政者というのは右と左を作り出して

時には右に肩入れして、右がだめになったら左に肩入れして

民衆を扇動して、自分たちに矛先がこないように誘導するものですから。


ちなみに民進党の内部の蓮舫もそうだし、

また岡田も、野田も、あとは枝野もだったけど、当時

小沢鳩山を内部でつぶす役割をしたのが彼らだったから


実は彼らって「トロイの木馬」と言われていて、

まさに民主党を内部から崩壊させる役割を当時持っていたと

思われますが、


だから面白いことに今の野党って言われる人たちの中に

まったく自民党と同じような思想の人たちが紛れ込んでる

ってことですよね。



昨日都議選なんかを見ると小池氏の都民ファーストの会が第1党、

(この背後には小沢一郎氏がいるという話もあるけど

それは分からない。もしくは副島先生のように、統一きょーかい勢力だ

という分析もある。

ただ都民ファーストは公明党と選挙協力をしてるのでこの辺は

まだ分かりません)


そして、自民は大幅に議席を減らして、


そして共産党は10から23議席、民進党は2から9議席、

と増やしているわけです。


これから本格的に安倍首相が日本の政治では追い詰められていく

とも思われますが、


その中で注目の野党勢力ですが、なぜか野党勢力はこれまた

以前の自民と同じような 外務官僚が喜ぶ極東アジアの緊張を呼ぶ主張の

人間が例えば民進党のトップにいたりするわけでして、


この辺のおかしさと言うのは感じますよね。


大きく見ると、今外務官僚たち、すなわち日米安保マフィアの

利権である在日米軍なんかの利権がアメリカのトランプ政権誕生で

危なくなっていまして、


ここで北朝鮮脅威がトランプ、習、ムン、などの協力で

除去された場合、


それはかなり外務官僚の利権剥奪につながってきますので

そのときの日本の政権は今の野党が握ってるかもしれませんが


そのときに、コントローラブルな野党の人材を置いておきたいという

官僚の思惑があるのではないか、というのは私は邪推するわけです。


右と左の戦いがプロレスっぽいと書いて久しくして

野党もこれ、以前の自民の反韓主張を出してきたわけだから

この辺はおかしいな~なんて私は見ていて、


ここで自民党の二階さんとか小沢一郎さんがどう動くか?

が注目です。


なので今の政治というのは「政党政治」で見るとまったく分からなくて

民主党、とか自民党とか共産党とか、「党」で私たちは見ることを

強制されて、洗脳されるけど、


この政党政治論では正確には現状把握ができないのだろうとも

思います。


アメリカの政治もフィリピンの政治も、韓国の政治もそうですが

やはり「軍産勢力か」「反軍産勢力か」

という対立軸が本当のところだから、そのフレームで

見る必要性は高まってると思いますよね。


ちなみにネット上でも左派リベラルを気取っていながら

実は軍産を利する動きを扇動している人たちってのが結構私には

見えます。



それで、アメリカで生まれている反軍産の政治家がやはり

トランプ大統領です。


また韓国でも同じく、反軍産のムンジェイン大統領が

誕生しているわけですね。


韓国の大統領選挙は私は見に行きまして、現地分析を

韓国で行って4月、5月のメルマガでかなり流したわけですが

(よかったら過去の私のメルマガ見てみてください。

日本のマスコミで書かれていない分析が多く出てるので)


ここでどうもホンジュンピョという軍産系列の政治家が

選挙前に躍進していたんだけど

ムンジェインがしっかり勝ったわけです。



朝鮮半島もまた、Divide and Rule分断して統治せよという

戦略のもと、北と南が分断されている状況だったけど


ムンジェインはそれを結合しようという思想の人でありまして、


このムンジェインが頑張って北朝鮮脅威を除去したとしたら

そこでやはり最終的には北朝鮮脅威を根拠に韓国にいる

在韓米軍撤退という動きに将来的になっていくわけです。



そしてその次は在日米軍撤退という動きにつながるわけですね。


この時点で日本の政権が対軍産従属の政権でないことが

重要だけど、


ここでおそらく外務官僚たちは安倍首相からまた

野党に政権が戻ることを想定しておりまして、


ここで野党の中にもトロイの木馬みたいのを仕込ませていると

私は見てるんですね。



これはもうインテリジェンス(諜報機関分野)の見方にもなるのかも

しれませんが、


だからそういう意味で最近野党のれんほーがネットウヨ的な

発言をしたのはこれは重要です。

(そしてこれまた重要なのがれんほーってのは

大統領選挙で明らかなヒラリー支持を表明していた人だった。)


ちなみにネットウヨという人たちはどういう人たちだったか?というと

私はずっと分析していたけど、彼らの発言はことごとく、

外務官僚なんかの官僚や旧内務省系官僚の利益に沿った発言をするわけです。


だから彼らは日本の官僚機構の利益代弁をしている人たちである

と私は見ておりまして、、そのフレームでネットウヨの人々の発言を

分析にかけてみると、非常によく彼らの発言の方向性が説明できます。


が、非常に不思議なことにこの外務官僚の動きの分析というのは

日本語圏だと民間分析家の田中宇氏くらいしかしていないわけでして

この分析をしている人は日本で超少数派なんですね。


ちなみに田中宇先生もこれまた副島先生と同じく

トランプが勝つシナリオをよく大統領選挙前に書かれていた方です。


だからより政治の見かたを知りたいと言う人は

まずは右の産経、読売、日経を見て、また左の朝日、毎日、

を見て、それでどういう論点で政治論議がされているのか、を知った上で


ここで左右どちらにも属さない、田中宇の分析、

これを見るといいかもしれません。


どの立場が提供してる「フレーム」が一番現状を描写できてるか?

というのはそういう比較分析の上で分かってきたりしますね。








============編集後記2=============


それで、この前から韓国にて私がメルマガで書いていた

「ムンジェイン大統領の背後にはキッシンジャーがいるのではないか」

という仮説ですが、


これは今もう私ゆうは確信しておりまして、

もうほぼ確定だろうと見ているんですね。



この前なのですが韓国のムンジェイン大統領が6月28日

米韓首脳会談出席のためにワシントンに到着したわけです。



以前に書きましたが、5月8日から10日までなんだけど

キッシンジャー博士の部下でジョンボルトン元国連大使が

学者グループ率いて総勢8人で


ノルウェーの首都オスロにて北朝鮮外務省のチェ・ソンヒ米州局長と

どうも秘密で会ってる訳です。


ここで言われてるのが米朝国交正常化、国交樹立、

平和友好条約締結、の上での朝鮮半島を統一していく


というシナリオのようですが、


この辺の合意事項のために、トランプもキッシンジャーも

おそらく今相当忙しいんでしょう。



ちなみに安倍首相とトランプ大統領の会談ってのは

これはフロリダで行われたけど


今回の米韓大統領首脳会談に関してはこれは

首都ワシントンの大統領府で行われていまして


これはトランプとしてもフロリダにいって遊んでる時間はなかった

ということが言われていまして、まあ

かなり忙しいようです。



それで今のところ、中国の習国家主席っていうのは

トランプ大統領が金正恩委員長と


直接会って、そこで米朝和平を実現することにまったく反対してませんで

ここでトランプが金正恩と北京市にて習を交えて会うということを

望んでるという話もありますよね。


ムンジェイン大統領に関しては、

2018年の韓国の冬季オリンピックを通じて


北朝鮮との接触を図りたい考えで、

ここでアイスホッケー女子の南北合同チーム結成

ということも提案されてたりします。


ここで金正恩がそれに同意はまだしていないので

これを早く同意させられるか、という話にもなっているかも

しれません。



それでここでトランプ大統領が米朝国交正常化、

国交樹立して、その上で平和友好条約を締結して

その上で朝鮮半島を統一することを実現したとすれば


これはトランプ大統領就任後初めて、すさまじい

外交成果となりますから、


ここでキッシンジャーが輩出した大統領がトランプですから

そこでこのトランプ、キッシンジャーラインの


すごい大きな業績となるわけですね。


それで、私のメルマガ読んでる人はわかるように、

ここで、北朝鮮脅威が仮にうまく除去されたとしたら


ここで「北朝鮮脅威を根拠とする」

極東アジア米軍の存在意義に疑問符がつきだすわけです。


「もう北朝鮮の脅威もないし、あとはあの

暴れん坊トランプが中国の習とすごいうまくやって

実質米中協調してる状況じゃん。


それなら一体何の脅威があって極東米軍は

日本や韓国に居座ってるの??」


っていう話になってくる。


ここでまず上に書いた在韓米軍撤退論というのも

必ず北朝鮮脅威が除去されたら出てくるし

(ここで困るのはやはりその在韓米軍に利権を持ってる

韓国官僚たち)


また、ここで同じく在日米軍撤退となれば

ここで外務官僚たちは困るわけですね。


それで私が分析するところだと上記民進のれんほーの

この数日の発言見ると

分かりますが、


明らかに野党の内部にも外務官僚の犬が結構いるわけでして

彼らがおそらくこれからの小沢一郎とか自民の二階が進めていく

結集を妨害する役目だろうと思います。


これは必ずどの政治変革でも野党の中にトロイの木馬みたいのを

潜入させて、民族の自立みたいのを内部崩壊させる動きが

あるもので、


これは私は最近学んでるけど

60年代の安保闘争のときなんかもそうだったようです。


結局内ゲバに終わらせてその民衆優位の変革を

阻止しようという動きが必ずあるわけですね。


ここで以前の小沢鳩山の流れを継ぐ政治勢力が

この数年でしっかりトロイの木馬の野党議員に邪魔されないで

日本で結集できるかどうかというのは結構注目であります。


それで、今回ムンジェイン大統領が米韓大統領会談において

「破格の待遇」であった

というのは日本のメディアは報じたがらないけど実際そうだったと

いえまして、


今回迎賓館のブレアハウスに韓国大統領として初めて3泊宿泊

してるわけですが、これは以前のパク・チョンヒ大統領以降は

それが通例だったけど今までは2泊だったと。


これがまあ3泊になったということでこれは韓国内では

騒がれているわけですが、


ただこれはやはりトランプ・キッシンジャーからしても

以前書いたようにムンジェイン大統領が北朝鮮問題を

主導する役割であるから、

「ムンジェインよ、なんとかしてよ」と言う話なんでしょう。



それで、このムンジェイン大統領が大統領になる前に

もう小沢一郎さんが訪韓しているわけですが


やはりそこでパイプは作ってるものと思われまして

ここで二階さんが最近韓国といちいちいざこざ起こす言論を

するべきじゃない、みたいに言い放ったのは


つながってると私は見ておりまして、


やはり今裏で色々この極東情勢問題でセットアップしていて

重要な動きを背後でしているのはまったく日本で報道されない

小沢一郎なんでしょう。(あとは二階さん)


ムンジェイン大統領は小沢一郎に対して


「小沢一郎代表の言われることは従う」


ということを言ってるという話もありますが


ここに小沢一郎ラインに明らかにメルマガで昔からちょくちょく書いてきた

自民の二階さんが連動してるのは間違いありませんから


この勢力が日本でこれからどれだけ存在感を発揮できるかというのが

外務官僚たちと対抗するためにはとても大事になるかと

思います。


日本ではおそらく安倍首相はもう外務官僚からは見捨てられてるだろう

と思われまして、


その中で野党にこれから政権が移るとすれば


その野党の中で米軍産・外務官僚の息がかかった人間になるのか、

もしくは彼らと違う、


アジア人同士戦わずの思想である小沢・二階派の人間が政権を持つのか
(この思想の元だと軍産は無力化していく。)


という戦いにこれからなっていきそうですので

私としては日本の政局の動きも結構気にしておりますね。



それで大きくはこの前のアメリカトランプ大統領と

韓国のムンジェイン大統領の会談ですが


私がメルマガで書いた通りの流れといってはあれですが

本当にその流れだと思うんですけど


両首脳は正しい環境の元なら北朝鮮と対話して

その上でトランプはムンジェインが特定の課題に対して

北朝鮮との対話を望んでるのを支持

(これは以前書いた、韓国サイドが主導して北朝鮮問題を

解決していく、と言う話。これは田中宇先生の分析通りでした)



またそこで米韓日の協力を強化していき、ここで3カ国首脳会談を

行うということで一致してるんですね。


ちなみにここで分析が難しくなるのは


実は安倍が


5月16日に

「文大統領と7月にG20で首脳会談したい」と言ってしまってるわけです。


実はこれはムンジェイン大統領とトランプとキッシンジャーサイドの

意見を安倍が言ってるということなんです。

(もっというと、G7ではなくてG20を重視する発言は
官僚機構の中ではおそらくタブーであるはず。)


ちなみに私のメルマガでは安倍首相の思想分析というのを

結構昔から書いてきたのだけど

「この安倍は結構(分析が)難しい」ということを
以前書いたことがあったわけですが、


これは当初安倍というのは創生日本という、G7の記者会見で

はめられた中川昭一氏と同じ思想を持っていたことは分析されるんですね。


が、いつの日か、完全に対米従属に鞍替えして

それで2013年から日本国民をどんどん苦しめた、最悪の政治を

した、という歴史があるわけですが、


が、この5月の安倍の

アメリカのトランプ、キッシンジャー、

および韓国のムンジェインサイドにつくような発言

「文大統領と7月にG20で首脳会談したい」というのは

おそらく多くの右派も、左派リベラルも分析できていない事象です。




が、これは田中宇先生が書かれていて、

重要記事だと私は見ているけど、ここを見ると少し分かる。


https://tanakanews.com/170329taiwan.htm
台湾に接近し日豪亜同盟を指向する日本



ちなみにこの分析は日本の右にも左にも理解されない

妄言のようなたわごとと理解されるものだけども


リベラル派の読者が多いはずの田中宇先生のリベラル派批判である


「トランプを嫌うあまり、トランプ敵視の軍産の傀儡になってしまった

米国のリベラル派と同じだ。」


という上記公開ページの一番下にある指摘、

これはやはり対論として私は

無視できない見かただとは本音で思っていたりします。


実際にアメリカでは左派「リベラル」の人が

戦争をビジネスにするリベラルの自由主義とは大きく対立する

軍産複合体の傀儡のヒラリーを2016年に支持したというのは事実です。




またどうもこの数ヶ月

安倍と外務官僚の内紛があるんではないかと邪推できまして


だからある意味安倍離反をした左派メディアの朝日と毎日に関しては

背後に外務官僚がいるのではないか、と私は今疑ってるんですよね。

(その外務官僚が泣いて喜ぶ以前はネットウヨの専売特許だった

反韓誘導をなんと野党の民進のれんほーが

最近やりだした、というのもこの見かたに沿うと理解できます)


だから仮にこれから安倍が下ろされたとしても

ここで軍産系の政治家がまた首相として出てくる可能性は

日本で考えられまして、


そうならないための闘争が日本の小沢や二階の現在の闘争でしょうが

それがどうなるのかはこれから注目なんです。


なのでこれからの日本政治についてはやはり

まったく左右マスコミで報道されない外務官僚の意図、

これについても考えていく必要はあるのかな~ということですよね。



日本人が狂信的に信じているマスコミの右も左も

戦ってるようで談合していて、

実は外務官僚の利益に沿った動きをしているとしたら

怖いことですね。


(今政権批判や、共謀罪批判で正義面しているのが

左派を名乗る大マスコミの朝日や毎日だけども、

が、2009年の小沢鳩山を陸山会事件で徹底的につぶした戦犯は

読売や産経に便乗したこの朝日や毎日であったと思う。


どうもマスコミの左右問わず全体が、大きくは為政者にコントロールされてる

と私ゆうには見えます。)


それで今回のトランプとムンジェインの会談の言葉を見ていると



どうも、これから米朝韓そして北朝鮮との最終的な

対話ではなくて実務者レベルの日程調整を行ったのだろう

ということがわかってきますから、


次の数日後の7月7日のG20サミットは非常に注目になりますね。


そしてG20に関して言えば、以前書いたように

最早今の世界はG7の枠組みでは動いておらず

G20の枠組みで動いておりまして、


この枠組みを基礎として北朝鮮問題もこれから

進んできそうな感じです。


トランプ大統領が誕生してから世界の大きな枠組みや

ルールが変化しておりまして、


かなりマスコミ報道を見てると

意味不明な動きになっているようでもありますが、


これはトランプやキッシンジャーや韓国のムン、中国の習が

反軍産という動きをしており、


そしてその軍産と利益を共有するのがワシントン官僚や

CNNなんかのニュースメディア、

および日本のマスコミ、外務官僚



そういうフレームで見ていくとまったく違うものが

見えてくるという気もしますよね。



それで日本の外務官僚とかの官僚機構が一番嫌な報道が

2009年に小沢鳩山が誕生する前に行われた天下り報道とか、


また同じく天下り先特殊法人のNHK問題であるとか 

同じく天下りJASRACなんかの問題ではありますが


これは今日本で押さえ込めてはいるものの、

徐々にその声は大きくなってる感じもありますから



結局この大きな世界のダイナミズムの変化に一国の官僚機構は

逆らえない感じもしますから、


この辺の官僚機構の問題というのもしばらくしたら

再発して出てきそうです。


日本の政治の動きというのは混迷しておりますが

ここもこれから世界のダイナミズムにあわせて 動いてくると

思われますので注目ではありますね。



いずれにしても大きくは世界はトランプ大統領誕生後

反軍産という動きで動いておりますから


これに日本の政治情勢も影響されそうです。


そして韓国でムンジェイン大統領が出てきて、やはり以前書いたように

キッシンジャー交えてトランプと合同しつつありますので

この流れでこれから北朝鮮問題を解決できるかどうか?


の正念場に入っていきますね。


それで北朝鮮問題というのは日韓に駐屯する米軍基地に利権を持つ

それぞれの日韓官僚の利権にもなってるわけでして、


その辺の構造が 最近のニュースの

本質的な背景にありそうです。


かなり複雑な状況ではありますので


やはり左右両方のメディアの主張や言論を比較して、

その上で第3論も見つつ、自分の考え方を構築するというのが

大事な時代ですね。



また何か分かったら書いていきます!


それではまた!


ゆう








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


10万円を1年間で1200万円(120倍)に増やした
伝説のFXプロトレーダーの関野さんが、
未来を予測するロジックを開発されたそうなんです。

これ、めちゃくちゃすごいです・・・

勝率80-90%、月利100%というレベルを、
FX初心者からでも目指せて、
年収3000万円も夢ではありません。

その証拠に、いきなり20万円、30万円と、
利益を上げている人が続出。

とんでもないムーブメントになっています。

一部の方に先行で公開され、
わずか1週間で募集停止となったのですが、
いま、特別にわずかな枠だけ公開されています。

今すぐ、こちらをご確認ください!
http://www.fxgod.net/a/groups/……27489/ch1/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




























コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください