無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






「投資において根拠を持つのは大事」っていう格言は 「50点?」

2017 6月 25 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


「投資において根拠を持つのは大事」っていう格言は
「50点?」
⇒メルマガ中盤にて


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  【FX系の新案件です!】

実はこの業界には

「あまり多くの人が知らない数十人だけ入ってる
マイナーなFXコミュニティ」

というのがあります。


この野田さんのコミュニティがそうなのですが

この野田さんは元から結構金持ちという人でもあるのだけど


2016年時に100万円の資金でトレードをライブでやって
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1639万円まで生徒さんの前で増やした凄腕です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(※主にラインを「ゾーン」として捉えるトレードです)


今回はその100万円を生徒の前で1639万円ほどまで増やした
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
野田さんが23万円相当の3大特典が詰まったUSBメモリーを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「その場で」プレゼントしてくれるそうです!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!


さてさて、前号にて

【1分間で99.97%のフラッシュ暴落の動きをした
仮想通貨イーサリアムの事件から資金管理の重要性について考える!】


っていう号を流しました。


やはり資金管理って大事だな~と思う出来事だったけど

これ仮想通貨トレードはやっていませんという人でも

FXなんかでも以前スイスフランショックとかありましたから、



こういうショックってのは投資やってると必ず経験するものなので

そういうときに損失を限定できるように、前号の最後のほうに書いた

資金管理方法なんかは(ゼロカットらへんのくだり)一応

個人的には大事だよな、なんて思ってます。



さて、それでFXなんかはもう結構市場が比較的10年以上ありますから

今やかなり整備されてきている市場かな、とは思いますが


この野田さんていう講師さんは生徒さんの前で100万円リアルトレードして

半年近くかかってますが、それを1639万円まで増やしている

「ガチ実力派」です。



⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/



それで、実は私ゆうはこの野田さんの教えてること結構知ってまして

まず一言で言うと「相当レベル高い」んですよね。


私ゆうも結構色々なFX塾で学んでますから、

かなりのこと知ってるつもりではいたんだけど


この野田さんの塾の内容とか学んでると思ってくるのが

「世の中にはほんとすんげえのがいっぱいいるな」

ということなんですね。


それでこの野田さんのすごいところっていうのは

トレーダーとしてみればやはり「ゾーン」の使い方っていうのが

すごいんですね。


前もちょっと書きましたが、普通はトレーダーって

ラインを使います。ライン=線ですね。

だから水平線とかトレンドラインとか。



ただ野田さんの生徒さんの講義で出てくる言葉ってのが

「ゾーン」という考え方なんですね。



普通はラインで売ったり、買ったりすると思うんですよ~


ただこれは井出さんっていうトレーダーさんに私は最初習ったんだけど

結構ガチで強いトレーダーって「ゾーン」っていう考え方を採用してまして


ラインは線ですよね。


それでその線が集まるとこれは「面」になるけどその

「面」で価格帯を見るってのがいわゆるゾーンで見る方法です。


だからよく売ったり買ったりで刈り取られまくることってのが

ライン、という線で見ちゃうと結構出てくるものだけど

ゾーンだとあまりそういうトレードがなくなってくるわけですね。


それで基本的に利益が上がるトレードって結局

「ライン付近のトレード」なんですよね。


これは勉強してる人はご存知だと思います。


結局 利益を大きめで、損失をかなり小さくして、

そんで勝率を高める、


この損小利大っていう思想と、勝率っていうのは

どうしても相反する思想と思われがちです。


例えば損を小さく、利益を大きく、を突き詰めていくと

どうしても勝率が低くなっちゃう・・・っていうのが

結構最初トレードあるあるなんです。


ただここで「じゃあ損小利大を担保しつつ勝率も6割7割保持するには

どうすればいいんだ??」


という思考に、ある程度検証してくるとなってくるものなんだけど


そこで「あ、そうかライン付近でトレードすればいいんじゃん!」

となるわけでして


大体の稼いでるトレーダーはライン付近でしかトレードしないって人が

すごい多いですよね。



水平線でもフィボナッチでもトレンドラインでもMAでもいいけど

何かしらのラインが機能して相場が停滞したり、勢いが止まったりするものです。


んで、このライン付近でトレードすると

利益は大きく損失は小さく、なおかつ、勝率が高いっていう

トレードができるわけです。


が、ここでトレードしてると分かるんだけどライン付近で

ごにょごにょもみ合ったりとかして行ったり来たりして

うまく動かなかったりするとき、ストップにかかることがどうしても

増えたりするシーンも出てくるのだけど


そこで使えるのが「ゾーン」だったりしますよね。


⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/



要するに「ライン=線」付近でトレードするわけで

そこでわれわれのポジションは入っていくわけですが


これゾーン、というのは「面」ですからね、

となるとポジションを複数に渡っていれていくことが増えると

思うんだけど


だからそこで「分割ポジション」とかも使いますよね。


本来単一ポジションなら10万通貨入れる方なら

それを3万、3万、4万通貨と分割して


ゾーン内でエントリーしたりするわけです。


⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/

ここで、細かい動きに翻弄されないで、トレンドが出れば

それに乗っかって利益計上できて、なおかつライン付近でのトレードなんで


損失小さく利益大きく、勝率高めで、というトレードが

可能になってくるわけですね。


この辺のゾーンをどう捉えてどう仕掛けていって

ラインをチャートで戦略として使っていくか??


みたいのを教えてるのがこの野田さんなんですけど

それマスターしていくと彼みたいに100万円が1600万円になる

みたいなトレードに近づいていくということで


なかなかすごいんですね。



それで・・・この野田さんの実際のトレードの画像が

LPに一応張ってあるんで、

もしよかったら読者さんにも見てほしいんだけど


出来ればこのトレード履歴の画像も保存する価値のあるものだから

保存しておいたほうがいいと思うんだけど


やはりすごいのが彼の「損失が激小さい」のと「利益は結構大きい」

っていうのと「それなのに勝率かなり高いでしょ」


っていうところ。


この3点が究極的に仕上がってるトレードっていうのが

まあすごいんです。


ページで彼が塾生の前で100万円を1600万円くらいに

増やしたときの取引履歴あるから、

一個一個メタトレーダーなんかでトレード研究するだけでも

価値あるから良かったら見てみてください。

⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/



このトレードちょっとやばいですよね?

けどこういう人がいるんですよね。


私は今マレーシアにいるんだけど、こういう人のトレード講義を

日本人だけじゃなくてマレーシア人にパッケージングして

売れるんじゃないかと最近感じちゃうくらいなんだけど


日本人のトレーダーってのも結構すごい人が出てきてるってこと

なんです。


EQは分からないけど知能指数っていう点でみると

頭いい人たちって世界だと

香港とか韓国とかあとは日本とか台湾とかシンガポール

この辺に結構本来は集まってるはずですから、

(英語のサイトだけどここにありますね。

http://www.therichest.com/rich……verage-iq/




やはりこういうトレーダーがこれからアジアで

どんどん増えていくんだろな

なんてのは感じますよね。


それでよく言うのが「根拠を持つのが大事」ってことなんだけど


これって、もちろんみんな分かってますよね??


けどトレードを極めてる人は「根拠」についてもちょっと違う考え方を

持っている。

⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


「投資において根拠を持つのは大事」っていう格言は


「50点?」


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


それでよく言われるのが「投資するには根拠が必要だ」ってことです。

これたぶん聞いたことありますよね?


根拠が大事、根拠がなければ投資しちゃいけませんってのは

よく聞きます。



じゃあその根拠って何だろう??


ってなるわけですけど、これは投機のFXにおいての「根拠」は


これはやはり多くのトレーダーにとって「ライン」であるのだと

思います。


それでもっと言うと「ラインという線を広げたゾーン」が根拠です。


んでこのラインとかゾーンを根拠にトレードするわけだけど

実際に稼いでる人って


「1つの根拠だけではトレードしない」って知ってますか?


強いとレーダーたちってみんな口をそろえて?か分からないけど

私のお金持ちさんの友人は言うんだけど


やっぱり「おれはひとつの根拠では入らない」っていうんです。



要するに「根拠は最低2つ以上ないと駄目だ」ということなんですね。



んで根拠としてラインやゾーンという考え方があるわけだから

最低でもストップが「2つ以上のライン(ゾーン)」に守られてる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
必要があるわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だからたぶん読者さんが調子いいときのトレードとか

それを見直すと分かるはずで大体が実際は根拠が2つ以上あるような

ところでエントリーして仕掛けてると思うんですね。


この「根拠が2つ以上あること」ってのが何気に結構大事なんですね。


例えばひとつの例なんだけど

「ヘッドアンドショルダー」という形状があります。


これはチャートパターンでも一番信頼できる形状とか言われるけど

このヘッドアンドショルダーのネックを割ってきたら


下落トレンドが発生する可能性が高いといわれますよね。


逆ヘッドアンドショルダーなら上昇トレンドが発生するかもしれない。


今回は下落トレンドの場合を事例にとるけど、


例えば戦略として「ヘッドアンドショルダーのネックを割ってきて

その下落トレンドをとっていく」


というやり方があったとして、


そこでヘッドアンドショルダーでうまくネック割れしてきた、とします。


が、ここではヘッドアンドショルダーのネック割れっていう

ひとつの根拠しかなかったりするわけですね。


時々、MACDとかでダイバージェンス出てたりして、それが

2つ目の根拠になってたりも

するけど、とりあえずここではヘッドアンドショルダーという

形状の根拠しかなかったとします。


このネック割れ、ネックラインというラインを割ってきたという

根拠しかなかったとします。


それで一度下落トレンドになって、ここで

また以前のサポートだったネック、それが戻ってきたときには

レジスタンスになりますが、


そのレジスタンスラインで相場が止まったとします。


ここで例えばピンバーなり、エンゴルフィンバーなりの

プライスアクションが出たとします。


ここだと、結構根拠として、まずヘッドアンドショルダーネック割れが

起こった後に、そのネックがサポレジ転換してるって根拠も

あって、


そこでまたプライスアクションで売りサインが出てるっていう根拠がある

わけで、

根拠として2つ3つはありますが、


ここで例えば、短期移動平均線(5)とか中期(25)でも

長期(75)でもいいけど



それが例えばヘッドアンドショルダーのネックのレジスタンスとなった

ラインと重なって、それを基点に


プライスアクションのピンバーとかエンゴルフィンバーとかが

出てたりすることが結構あるといえばあるんです。


こうなると、ラインの根拠としてはサポレジ転換してるラインと、

あとは、MAのライン、両方が重なっていてコンフルエンスしてるとか

言うんだけど


それが出てるから、たとえば それを基点として

上髭ついてるピンバーが出てたらですね、


その髭やMAやラインのちょい上にストップ、

それでピンバーの下値にエントリー置いておけば

なかなか、仮にエントリー後に逆行したとしても


それを巻き返して上昇に転じられないんですね。


だからここではラインの部分で根拠を2つ以上もってのエントリー

となるわけだけど・・・


実はこの「根拠が2つ以上あってエントリーしましょう」

これが野田さんの教えてることでもあるんですね。



⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/


実は野田さんがここまですごい成績出せるのもやはり

「根拠が複数あるトレード」をしているから


だからなんだと、思いますよね。


だから、よく「根拠あるトレードしましょう」というけど

それは現場だと少し言葉足らずでもっと言うと



「根拠が最低2つ以上あるトレードしましょう」となるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


んで野田さんはそういうトレードを教えてらっしゃいます。



んで上に書いたコンフルエンスで根拠を2つ以上持ちましょうってのは

これ野田さんが教えてることの本当にごく一部なんだけど


まだまだ、あるんです。だから

この野田さんの特典がつまったUSBメモリを「その場で」もらえるのは

結構お得なんじゃないでしょうか?


⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/




んで、もっと書くと、チャネルラインの攻略方法も

野田さんって結構すごいんです。


このチャネルラインってのは何かっていうのは調べれば

すぐ出てくるので省きますが、


チャート上でチャネル内でろうそく足が動いて

まさに平行線上でろうそく足の価格が動いてるってことはこれは

まあほんとよくあるパターンです。


ただ例えば下降のチャネルがあったとして、

平行線が下降してますと。


ただその中でその下降チャネルだったのが若干

上に切り上げていくことってのがあるんですね。


要するに下降チャネルの上のトレンドラインを

ろうそく足が抜けてきたと。


ただここでチャネル抜けをするわけでもなく、

騙しのチャネル抜けだったということもよくあるんですね。


んで、このときに野田さんはどういう戦略を取るか?というと


「一回チャネル上抜けたから、チャネルの基準値が

上下トレンドラインとともに引き上げられた」


と考えるわけです。


だからそこでチャネルのラインも少し引きなおしたりするんですね。


そうやって「機能するラインの作成の仕方」なんかを

塾生に教えていて、自身もトレードとしてすごいんだけど

やっぱし塾生もかなり力ついてきて、LPにあるように


結果出てきてるんです。


⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/


だから重要なのが


「相場参加者の特に大口ディーラーたちの
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラインの「意識」はどこに移動したか」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とかをこの野田さんは分析するんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それで上の事例だとチャネルラインの上のトレンドラインと

下のトレンドラインが チャネル抜けしたことによって


「上にそれぞれがずれたのではないか」と仮定することになるんだけど


そこでチャート上ではこれ、

以前のチャネルラインのラインと、

新しい少しきりあがったチャネルラインの上下ライン、

と4本のラインがチャネル内で出来るわけですね。


んで、このそれぞれのチャネルの上ラインと下ラインの間に

「面」ができるんだけど、これが例えば「ゾーン」なわけです。


ちょっと文章だと説明むずいんだけど、なんとなしに分かって

くれればうれしいです。


ここでシナリオを組み立てていくのが野田さんの

戦略の一つでもあるんだけど


こうやって例えばチャネルラインの戦略なんかでも

相当突っ込んだ戦略性を持ってるわけですね。



だからやはり「実力」がある人でして、私も彼の動画なんかは見て

結構舌を巻きました。


なのでこの野田さんの学ぶことで

「ライン分析がトップレベルでマスターできる」

という利点はありまして、


もちろんライン以外にも相当トップレベルの世界基準の知識を

学べますが


本当に水準が高いので、レベル高いものをとにかく

読者さんが求めてるようであればかなりおススメですね。



⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/




それで、上の文章見るとやたら難しそうですが

ちゃんと1日1時間でも分析を続けてれば、3ヶ月、4ヶ月で

慣れてくるものなので


初心者の人も取り組んで学んでみるといいと思います。


ちなみに今回はなるべく初心者の人にもわかりやすくやってみる

ということで野田さんがおっしゃってますので


初心者の人も世界基準の分析法を学んでみると、良いと思いますね。


なるべくミーハーなものより

その分野においてレベルの高いものに触れるというのを意識すると、

人生向上するものですし


さらに23万円相当の3大特典が詰まったUSBメモリーを

「その場で」プレゼントしてくれるそうなので


かなりお得なので是非じっくりみてみてくださいね~






⇒  http://freeclub.jp/ad/6678/61453/






それではまた!
























コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください