無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






クアラルンプールの人たちの旺盛な消費がすごい

2017 6月 22 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!


さて私は今マレーシアのクアラルンプールにいるのだけど、

ちょっと驚くことがあって、

こっちってもう客が多過ぎて

モールのレストランとかどこも全部客が満杯でどこでも食べられない、

ということが起こってました。


まあ一部の地域なんだけどなんか勢いすごいな…っと。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

クアラルンプールの人たちの旺盛な消費がすごい

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

それで
今日このメルマガはクアラルンプールのKLセントラルってとこで
書いてるんですね。


それで私は少し驚いたのだけど、
夜18時くらいにですね、まさにさっき、
ご飯を食べたいな〜なんて思って

ショッピングセンターの中のレストランで食べようとしてたんだけど、

まあどこも満杯でですね、


それこそ日本ではあんま見ないけど

マクドナルドでさえ行列で待ち時間発生してたんですよ。

マクドナルド食べるのに30分待ちとかなってるわけです。


それで私が驚いたのが、もうどの店に行ってもですね、

予約いっぱいです、という貼り紙がされていて、
席が空いてると思って店員さんに聞いても

「すいません、もう予約でいっぱいなんです」と

言われてなかなかレストランでご飯を食べられないわけです。


今日はなんかの記念日なんだろうか?

と思うくらいだけど、



まあほんと15店舗くらいいろいろ回っても

もうお客がいっぱい、と

言われて店に座ることさえできないわけです。



日本の寿司屋があって栄寿司って

寿司屋が結構マレーシアでは有名だけど

そこなんかももう

入店客多過ぎてお断りでして、


もうマレー人たちでごった返しているわけです。



日本だとお店が平日は閑古鳥が鳴いてるものだけど、

こっちはすべての場所ではないんだけど、もうある程度都心になると

どの店も座れないみたいな状況が時によっては発生してしまうんだなーと

ちょっと驚きました。


だから私が感じたのはもう

旺盛になるマレーシア人の需要、

例えばお店で食事したいとか、


その需要や消費意欲をお店の数が足りてなくて

吸収できてない場所が結構あるんだな、と思いました。



だから供給過剰の反対で需要過剰ってやつでしょうか。


まあ地方行くと逆にすごい空いてたりするので

全部の場所ではないものの、


この店の混み具合はやばいな、ということで

マクドナルドでさえ、今日はみんな入店待ちしてたわけで、

マレーシア人は最近すごい勢いで消費しだしてるのだなーと感じます。


ちなみに私はメルマガ書きたくて、カフェ探してたんだけど、

そもそもカフェもこれまた満杯で座る場所が全くなく、

やっとなんとかスタバで一席見つけたので

こうやって文章書いてるわけだけど


もうカフェで空いてる席見つけるのさえむずい時もあると。


日本だとこれと同じような状況は
クリスマスイブや大晦日のディズニーランドで
よくあるのだけど

普通のある程度大きな駅の店で需要過多すぎて
店舗数追いついてないというのは


日本で生まれ育った私は初めて見たので

ちょっと驚きました。


それで私の場合は食べる店がどこも満杯だったので、


「もう食べれればどこでも良い」と思ってなんとか座れた店が

モールの地下の角っこにあるかなり微妙そうなお店で

実際味も微妙だったのですが、


が、そんな店でも二席しか空いておらず
満席 一歩手前でした。

こういうのを見ると需要が強い市場って
すごいなーというところと、


こんなところで勝負するのは

売上出すのかなり簡単なんではないか

とは感じました。


だって客が「食べれればどこでもいい」といって

消費しに来るんだから・・・


まあ現場の苦労もあるとは思うけど、

これは要するに多くの店主たちが売上莫大に立ててるわけでして、


金持ちがマレーシアにもっと増えるのだろう、

というのはなんとなしに感じました。


下手にマーケティング、とかやんなくても

客が勝手に入って勝手にお金ボンボン落として行く雰囲気なんだけど、


これが経済成長国で見られる姿なんだなーなんて、

熱海の田舎で夜中真っ暗の町からきた私は感じたわけです。


逆に日本はマーケティングというのがすごい進んできてるんだけど

それは何で?というとそうでもしないと売れないから、なんですよね。


よく「経営努力」と言いますが、

たぶん経営努力しないと売上立たない市場は

供給過多で日本のようなとこはそうだけど、



ここまで需要が強い場所や市場だと

経営努力はもちろんしてるんだろうけど


ある程度でも売上立っちゃうんだろうなというのは感じます。




ただ、思ったのがお金持ってようとも、

人がたくさんだとレストランは並ばなくては食べられないわけで、

かなりのストレスはあるんですよね。



逆に日本はお金さえあればレストランも並ばないで

すぐ食べられることが多いんだと思いますが


それはそれで金持ちは嬉しい国なんでしょう。


私は今マレーシアのカフェにいますが

このカフェも相当なうるささなんですけど


これは日本では客が少なく静かなカフェも多いわけで

それはそれで良いところで、


まあ一長一短って感じだなーなんて思いますよね。


ただ、若い人で20代とか30代とかの人は

たぶんアジアには行った方がいいと思いまして、


もうこういうマクドナルドでさえ行列できてる

ってなかなか日本で見ないけどこれが経済の活気なんですね。




それはすごい新鮮というか、

私なんかはバブル経験してない世代だから、

「これが経済成長かー」

なんて現地で感じるからオモロイっちゃオモロイです。


とりあえず


「根拠なき

俺もなんかできるだろう感、」

はあるわけで、それが自分の中に出てくる不思議はあります。



とりあえず日本の社会問題になってる鬱とか自殺みたいのは

実際少ないんじゃないかなーと。



んで、もう今私はカフェで

あまり普段は使わないスタバにそこしか空いてないので

座っているのだけど



もう今も後ろで人々が賑やかすぎて席は満杯で、

私が4年前にマレーシア来た時はこんなスタバ混んでなかったんですよね。



もうどんどん東南アジアの人が日本人以上に消費するようになってて、

とりあえず活気がすごくなってます。


とりあえず最近のマレーシアの中間層あたりは日本人より

良い生活してるような・・・


もちろんたまに地方行くとガラガラのモールもあったりはするのだけど、


とりあえずクアラルンプールの中心部あたりの

活気はすごいなというのは感じました。


英語でGROWING ASIAとかよく言って

「成長するアジア」という意味だけど


ほんと東南アジアは一時期よりは落ち込んでるとはいえ、

着実に成長してますね。



たぶん、フィリピンとかベトナムもここに続いて行って、

今はマレーシアは都心部ばかりすごいけどこれが徐々に、


韓国のような感じで地方都市にも発展が波及してくんだと思いますね。


たぶんそのためのマレーシアの新幹線なりの電車を日本が作るかも・・・


んで、あと思うのはみんな混みこみの

混雑でもこう笑ってまして、


今も私の後ろですごい勢いで話して笑うマレーシア人の姿があるんだけど、


「成長は人を笑顔にするんだな」


というその真理も分かります。



成長してないとなんか不安がきっと人間は出でくるもので、


マレーシア人は毎日

成長実感があるからなんか笑顔が柔らかくてそれが良いですね。



んで、

FXやネットビジネスなんかだとまあ世界どこいても

収益は出せるわけだから、


特に経済成長してるアジアとか行くと面白いですよね。


んで、ここまで実需が強ければ、仮に

第二のリーマンショックとかあって

金融クランプダウンしても実需がなんとかカバーできるわけだから



やはりそのあと混乱しても、

いち早く成長軌道に戻るだろうってのはなんとなしにわかる点で、


そこで投資チャンスも増えるから良いですね。


成長国にしばらく数週間でも滞在してみる、

これやるだけで人生変わる人は少なからずいると思うので、


旅行というよりは二週間でもいいからその土地にいる、って

経験すると良さそうです。


(やっぱ一流ホテルいて、現地人の生活と離れた生活していると

この感覚って分からないんですよね。)


数年前に、副島先生がマレーシアのすごさを言っていて、

私は実際にそれに影響されて

自分でマレーシアに来たのが最初だったけど、



今やビザとってこっちに住んでるわけで

まあほんと人生ってのは思想や新鮮な言葉学ぶと変わるんですね。


行動だけが人生を作るんですね。



んで、今ならアジアの成長は見ててオモロイから

なるたけアジアの成長に触れる機会を持つと良いのかな~と。


とても良いのがみんなギスギスしてないですね、

笑顔が爽やかすぎるわけでして。




経済成長中の国ってのは言葉だけでは

言い表せない独特なポジティブ感があるから、


それを体験してみるのはどんな、セミナーよりも勉強になりますね。

それではまた!


ゆう






追伸・・・そして不思議なのは

成長中の国にいると「勉強したい!」って思うんですよね。


これ日本にいると勉強ってたるいじゃないですか?

だからそのたるい勉強しないで稼ぎたいとか思うものだけど


こっちいると沢山学んで成長して、稼げたいな、と思うわけで

この意識差が私なんかはすごい感じる部分なんです。


実は日本にいるときモチベーションダウンする自分の脳みその性質を

感じ取っていたので、そこを結構問題視していたのだけど

それをうまく改善できたなって思います。


どうもモチベーションなんかは成長国にいたほうが

あがる感じがあるんで



そういう意味で自分を成長させたい人なんかは

アジアに住むのはマレーシアなんかはビザなくても数ヶ月いれますし

ネットで稼げる状態の読者さんは

テストしてみるとよいかもですね。





追伸2・・・ちなみに面白いのが

マレーシアはイスラム国家なんだけど


それこそイスラム教のあの被り物してる女の子たちが

深夜にスタバのコーヒーカップ持って爆笑してカラオケで熱唱したり

スマフォで写真パシャパシャ撮って

遊んでたりするわけです。


イスラム国家の若い人たちが少なくとも日本の若い世代より

も旺盛に遊んでるってのはこれ、なんとも皮肉だけど

実際に起こってる事実でしてなかなかこれは現地で見ると面白いんです。













コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください