無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【ウクライナ問題を仲裁していくトランプ大統領と、それを邪魔する 世界中のマスコミ連合】

2017 6月 22 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【ウクライナ問題を仲裁していくトランプ大統領と、それを邪魔する
世界中のマスコミ連合】
⇒編集後記で!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうもゆうです!

読者さん、こんばんは!!



さて昨日は

【日本人の年金使ってアメリカカリフォルニア州に新幹線建設か?】


っていう号を流しました。


結構内容としてはいかつい内容であまり新聞とかには

書かれていない内容だけど、


やはり私が重視するのがキレイゴト抜きに、現実社会で起こってる

お金の動きとか、まあその辺を理解するってことなんですね。


たぶん昨日の号でどうやってお金を流しているのか、とか

受け皿作ってるのか、とか普通知れないようなことが

分かるようになってるんで、よかったら昨日の号も見てみてください。


大人の世界っていやですね~なんて思うけど私たちも大人だから

それを理解したほうがよいわけです。



それで今日はトランプ大統領の最近の動きについて書いていきます。

トランプ大統領がどうもウクライナ問題とかを仲裁してうまくやりそうです。


が、このロシア関係の問題を解決されると困る人たちは多いから

今世界中のマスコミがトランプバッシングの嵐だけど、


その裏を見ていくスキルがこれから必要。

編集後記で!





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

北田さんというFXで年間5000万円くらい稼いでいる

タイにいらっしゃる実力派トレーダーの教材です。


大変良い教材で多くの実践者が利益出している教材で

サポートも強いのでおススメです。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……455/ougon/

(私ゆうとの参考対談音声
http://fxgod.net/onsei/ougonsignal1.mp3




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

実は私が今までお会いした中で

「インターネットビジネス業界のある種のボス」

みたいな人がおります。


それが実はこの人でして日本のIT起業家の間では年間10億円前後
稼いでるということで裏では有名な人です。



今回この案件ですが例えば救済、とかそういう言葉が使われてたりとか

かなりどぎつく、賛否両論出ると考えますが、


ただ事実今まで表に出てなかった

日本一売り上げをローンチであげてるだろう影の仕掛け人である

この人のローンチマーケティングをそのまま体験・研究できるので

自営業のローンチを勉強してる

マーケターの人は生きた勉強になるかもしれません。


救済されたい、という人は仕掛けられる側としての視点(消費者様視点)

なんでちょっと自分の依存心を真剣に考えたほうがいいと思うけど、


ただローンチを「仕掛けてる視点」として見てみると


こうするべき、ああするべき、みたいな考え方というよりは

現実主義として利益を出している方なので、かなり社会勉強には

なると思いました。


怪しいようですがサポート体制に相当お金かけたということですので

マーケを仕掛ける側の視点も持ちつつ見てみると面白いと思います。


⇒  http://rnvyc.net/lp/12582/720378




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

※真面目系、を求めてる方はこちらをどうぞ

   

今や保護主義となんといおうと本当のグローバリズムの時代になりつつ

あります。


今までは多国籍大企業ばかりがグローバルビジネスで利益を出していたけど

これからは個人や中小がグローバルビジネスで利益をあげる体制になります。


これは、トランプの背後のキッシンジャーが

そういう本当の資本主義を体現する

思想です。


それで「日本円以外の通貨も外国人相手に商売して稼ごうよ」ってのがこの

案件ですね。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


仮想通貨を使ってFXトレードしてみようという案件です。

仮想通貨だとバイアンドホールドといいまして買ったらずっと持っておく

というものが多いですが、

これは仮想通貨を使って普通に投機としてFXのように利益を抜いていく

というアプローチで個人的には面白いと思いました。


仮想通貨×FX
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/11/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆













=============編集後記=============


さて、最近ですがトランプ大統領がウクライナ問題でかなり活発に

動いております。


ちなみに私が韓国にいたときなんだけど

北朝鮮問題について韓国ではぜんぜん平常ですよ~


日本だけじゃないですかあんな騒いでるのは、


みたいなことを書いたわけですが


まあとりあえず私はマレーシアにいるけど結局韓国に核爆弾?は

飛んでこない平常状態でした。


もしよかったら私の4月とか5月の北朝鮮問題について言及してる

文章が沢山あるから見てほしいんだけど



やはり今思うけど、以前書いた私の仮説の外務官僚たちが

これ北朝鮮問題を日本で相当テレビにあおらせたという構図だと

私は見てるんですね、というか確信してる。


ただ私は韓国語とか英語は分かるから、そっちの情報から

日本を見たりもするけど、


やはり海外記者たちってのは冷酷に見ていて、

日本でやたら騒いでいるのはこれ、今の日本国内の状況の不満が

相当たまってるから、それのガス抜きとして対外脅威をあおる必要があるのだろう

と冷酷に分析されてたりするんですね。


だから実は韓国とか中国にも欧州に留学して不完全ながらも

そこで近代デモクラシーの考え方を学んだ人らが多くいて


彼らなんかは日本がなぜ反韓、反中を行うか、という点を分析していて

これは国内問題を対外に向けたいからであろうということで

言ってるんですね。



私は逆にこれを見て怖くなって、というのが

そこまで冷酷に分析されているわけでして


そこで「感情で」韓国や中国の私と同世代もしくは40代とかの

知識人層ってのは怒ったりしてないわけです。


それよりもなぜ日本はやたら対立を促進させたがるのか?という

政治動機を探っていまして、分析されていまして、


少なくとも日本の官僚機構の思惑ってのは読まれてるんですね。


昔は日本が 反日とかで国内問題を逸らす中国や韓国を笑ってみていた

はずだけど、最近立場が逆転してきてるのかな、なんてのは

現地報道をハングルや英語で見ていて感じたところですね。


それで日本語と、英語と韓国語で私は情報とって、色々比較してみるけど

そうすると結構見えてくるものがあるんですね。


だから、実は言語なんてできなくてもいいって風潮はあるけど

これは必要なんだと。


マレーシアなんかに私はいるけどこのマレーシアなんかも

はっきりいって狡猾で頭がいいんですよ。


マハティールって立派な人がいて「ルックイースト!」とかいって

日本を見習って沢山日本の風習やシステムを取り入れて

マレーシアなんかは発展したんだけど


たぶんこれはフィリピンはマレーシアに近いからフィリピンの

ドゥテルテ大統領もおそらくそれを真似しようとしているわけで

だから安倍とは主張はぜんぜん違うけど喧嘩はしない。


狡猾なんですね、頭いいというか。


それでマハティールなんかはそこで日本の良い部分は取り入れたけど

じゃあそこでアメリカべったりだったかというとそうでもなくて

中国ともバランスよくやっていて、


すごい狡猾な政治をしていて発展させたんだろう、と思う。


現実主義というかちゃんと現実を見て、なんとか

豊かさを実現しつつあって、


たぶんいずれまたマレーシアなんかも機会見て、この世界の流れの変化に

あわせて今はGDP成長率が下がってるけど

再度発展を遂げていくだろうと見てます。



それで今世界のルールそのものが変化しているわけなんだけど

そこでトランプ大統領がウクライナ問題を仲裁しだしている

ってのが大事なんですね。


トランプはロシアと協力してどうもウクライナ問題を仲裁しそうでして

おそらくシリアの中東問題に続いてこのウクライナ問題の山場も

過ぎていって


徐々に、解決されていく流れです。



それで重要なのがウクライナのポロシェンコ大統領が、

ちゃんとトランプ大統領と会談できるかどうか

邪魔されないかどうか、という問題があったんだけど


報道見てる人はご存知のように無事、アメリカ大統領×ウクライナ大統領の

この会談が実現しましたね。



それで、次に重要な会談はこれアメリカとロシアの首脳会談でして

いよいよ7月7日あたりなんだけど


まあ語呂のよい数字だから覚えやすいけど

ここでトランプとプーチンがドイツのG20サミットで

会談する予定です。


さて、それで私たちが覚えておかないといけないことで

マスコミが教えてくれないことなんだけど


それはよく「G7」という言葉ありますよね。

日本のマスコミは「G7」というNATOサイドの会談ばかり

重視して報道するから、 G7 ジーセブンのほうが


われわれ日本人にとってはなじみのある単語です。


が、実はもう世界はG7の枠組みで動いておりません
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これを言ってる人はほとんどいなくて、田中宇先生なんかは

勇気もって書いてるけど


やはりもう今の時代はG20の時代です。


もうG7なんて古いわけで、意味がなくなってくる。


それでトランプ大統領ってのは背後にキッシンジャー博士がおりますから

これ、キッシンジャー博士ってのは


米国覇権放棄を志向して均等な世界の発展

⇒中流層を世界各国で作成していく


という思想でして、そこでなんとか資本主義まわしていきましょう

という人ですから


私たち一般人は世界を変えられないといっても

どうもキッシンジャートランプラインは世界を本気で

変えていく可能性があるわけです。


殺されなければ。


んで、彼らが重視する枠組みはG7じゃなくてG20
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんです。



だから今度G20サミットがドイツで行われるけど

そこでトランプとプーチンの米露首脳会談が行われる予定だけど


これをなんとしても阻止したいNATOの軍産勢力という

そういう対立構造が今あるわけですね。



まあだから世界中のNATO軍産勢力を支持する

これ官僚機構だとかその配下のマスメディア、あとは

ここに宗教勢力がくっついてますけども


この辺がまあ猛反対してるわけでトランプ叩きの

マスコミ報道が連続するという報道構図になる。



そんでウクライナ紛争とはなんだったか?ですけども

これはもともと2014年にアメリカがウクライナの


極右勢力を扇動したわけですね。


だからこれは日本で言うネットウヨがいるけど

こういう勢力を扇動したわけでして


んでここでウクライナのロシアに近い政権を転覆させてから

混乱が始まった。


ウクライナの東部に「ドンバス地方」っていう地方があって

そこではロシア系の住民とかが


一応そこで自治をしていたんですね。


が、これロシア版ネットウヨみたいな極右勢力が

それを否定してきて、それで内戦になったわけです。



それで内戦が始まって事実上、このロシア系の住民たちが

極右勢力を認めず分離独立したんですね。



またクリミア半島っていうところがあるけど

そこでロシア軍の基地として使うんじゃないとこれ


ロシア版ネットウヨという背後にアメリカの軍産がいる勢力が

言ってきたものだから


そこでクリミアの住民の多くを占めていたロシア系の人々が

住民投票でロシアへの併合を決めたわけです。



んでここでロシアがクリミアを併合したってことなわけですが


これが実際のウクライナ紛争の内容だけど

その構図はなんか米日マスコミは絶対言わないんですね。



それでアメリカの軍産の扇動である種クーデターで

ウクライナが反ロシア政権になったわけだけど


そこでこの新しい軍産政権はロシアが今まで使っていた

セバストポリ軍港というのがあったんだけど


これを「やっぱり貸しません」と一方的にやったわけですから

これは普通に見たらやはりロシア側の正当防衛という

主張は考えないといけない点です。


が、これ世界中の軍産メディアはロシアがクリミア併合したことに

ついて軍産側の肩を持ち大バッシングしてたわけだけど


ただここでロシア制裁をするってのは


アメリカが昔イラクなんかに「大量破壊兵器ある!」ってやって

何もなかったわけだけど


それと同じでアメリカの軍産NATO勢力が主張していた

対ロシア制裁は普通に国際法違反になってしまいますよね。



ただこれを言わない日本のメディアの気持ち悪さがあるわけですけど

やはり国際法違反なんでしょう。



それで6月14日にはこの対ロシア制裁を強化しようとする

アメリカの議会の公聴会で


ティラーソン国務長官が

「アメリカがロシアとウクライナ問題を仲裁する」

ということを言っていて


ミンスク合意ってのがあるんだけど

これはちょっと意味がない合意なんで


ティラーソンは

「そんでミンスク合意とは違うやり方でやる」

ということを言ってます。



それでトランプはとりあえず極東の北朝鮮問題について

4月5月と動いていたけど


次は6月7月はこのウクライナ問題で動くと思われますが

そこでトランプはウクライナ紛争をロシアと協力して

仲裁して終わらせていくという流れで考えてるのが分かりますね。



それでミンスク合意って言葉を最近聞くと思いますが


これは上記ドンバス地方ってところがあって

ここでウクライナ内戦が起こってるけど


このドンバスがウクライナから分離独立するんじゃなくて

ドンバスがウクライナ国家の一部としてとどまって


そんでドンバス地方も含めて、総選挙をやって新政権を

作り出して


そこで新しい政権がドンバスに自治させて、


んで新憲法を制定させるという内容だったわけです。



はっきりいってなんか「怪しい合意」ですね。

この怪しい合意がミンスク合意です。


それでロシアとしてはこのミンスク合意なんかは表向きは支持してるけど

実際は支持してるはずはなくて


だからロシアはドンバスとかクリミアがウクライナに戻ることを

求めないわけですね。



だからここで日本の産経新聞がこの前の

ウクライナのポロシェンコ大統領と、

トランプ大統領の会談で


「アメリカ側がロシアサイドにミンスク合意を進めるように求めた!!」


なんて書いていたけど、大本営的だなと私は見ていて


実際にはトランプもプーチンもミンスク合意なんて無視して

やったほうがうまくいくと思ってるでしょうから


実際は報道されるのとはぜんぜん違う話がもたれただろうな

と思います。



それでトランプがウクライナ問題を仲裁してうまくできるか

どうかってのは


このウクライナがドンバスとクリミアが自国の領土として

戻ってこないのを黙認することが大事でして



トランプは実際は報道されないだろうけど


「ポロシェンコさん、あなたがドンバスとクリミアの領有権を

やたら強くいうことをやめるのならば


アメリカとEUがウクライナに経済支援しちゃうかもよ」


という内容をおそらく伝えてるわけですね。



このドンバスとかクリミア領有権を放棄してそれを

戻ってこないのを黙認するってのはこれ


極右勢力はうるさいですからね、


日本のネットウヨ見てればわかるけどガーガー言ってくる

わけで、この領土問題をめぐって戦争状態作りたいのが

彼らですから


そうなるとポロシェンコがこのミンスク合意を無視することで

それで国内のナショナリスト勢力を阻止できるかどうか

という点が重要になります。


それならばトランプ提案を受け入れるでしょう。



んで、最近トランプに対してのバッシングがすごいわけで

これはアメリカとかイギリスとかの欧米系メディアで


軍産の代表ヒラリーを支持していたメディアが一斉にトランプ批判を

展開しています。日本のメディアも含め。



これはなぜかというとトランプがウクライナ仲裁したらこれ

困るわけです。



だってロシア敵視というものがあって、それで初めて

冷戦構造のようなもので、自分たちの影響力を強くできるのが


軍産とかNATOですよね。


ここでアメリカとロシアがウクライナ問題を仲裁しちゃったら

彼らの存在意義が問われます。


それでここでトランプがその類まれなる

脳みそと行動力で(後ろにはアドバイザーでキッシンジャーだろうけど)

そこでウクライナ問題仲裁しちゃったらですね、


NATOとか軍産の力は急激にダウンしますよね。


これを恐れているのは明白でして、だからNATOや軍産と

宗教勢力と世界の官僚機構システムやマスコミってどうも

一心同体のような感じだけど


そこで世界中のマスコミがトランプバッシングを

必死に行ってそのトランプネガティブキャンペーンを行うのは


結構政治構図を理解してると、自然といえば自然なんですね。



んで私がいるマレーシアでもBBCが見ることができて

トランプバッシングが強いわけで


そこでなんだ、トランプはロシアと強いコネクションがあるとか

ロシアのスパイだなんだとやってるわけですけど


私はイギリス人メディアも思考力が低下してきてどうしようもなく

なっていて、もう欧米は落ち目なんだな、と分かるわけですが


そこで無根拠な批判を繰り返してるわけです。


普通にハッキングはこれ、ロシアっていうよりは

アメリカのヒラリーがいる民主党の事務局さんで


なんか突然死んじゃったセス・リッチってのがいるけど

彼が内部犯行したものでしょうけども


どれも濡れ衣であって、犯罪構成要件がないわけです。


だからここでトランプを弾劾となればこれは

アメリカが近代デモクラシーを本格的に捨てたということになるから


国家体制が大きく変わることになってしまうから

これはやはりトランプ弾劾というのはアメリカ人たちの

知識人層は許さないだろうと分かります。


だからトランプの弾劾は難しい、濡れ衣だし。

またトランプ弾劾となればこれはアメリカの全国の

隠れトランプ支持者たちが沢山いますから


彼らが本当に立ち上がる自体になるわけで、

彼らはだから銃を手放さないんですね。



んで、この「ロシア制裁」ってのも実は結構利害関係が

複雑でして、


私なんかが見てるのがロシアのガス会社である

ガスプロムだけど

(ちなみに株価はレンジ内で117RUB。いずれ吹き上がりそうな

チャート形状していて面白い。)


このガスプロムはロシア株やってる人の間ではおなじみでしょうが

このガスプロムと一緒にくっついてるのが


ドイツ、フランス、オランダ、オーストリアなんです。


だからG20が今度ドイツで開催されるけど

実はその辺のガスプロムめぐりの利害関係があって

たぶんドイツ開催なんだろうと思う。



んでこれからの時代はもう石油の時代じゃなくて

天然ガスの時代に入っていくんですよね。あまり言われてないけど。


んで上記ヨーロッパのガス会社たちってのはもう

日本なんかよりも早く、


その動き察知していて、ドイツとかフランスとかオランダとか

オーストリアのガス会社ってのは


天然ガスをバルト海経由で 今回話題になってる

ウクライナを迂回して


そんで欧州に送るパイプライン計画を持っていて

もうすでに建設中なんです。



んで、もしアメリカの軍産複合体が強くなって

ロシア追加制裁となったらですね、


これは結局ドイツとかフランスとかオランダとかオーストリアのガス会社

からしたら


「おい、アメリカふざけんなよ」


ということになるんです。


んで面白いことに、これはトランプのアメリカ政府が

対露制裁を言えばいうほど、欧州が怒る状況が生まれていくわけでして


これをあえてトランプはやってるようにしか見えないんだけど

だからトランプの確信犯的なやり方が見えますが


そうすると結局今までアメリカの属国であって

欧州が EUで自立していく、という流れになっていくわけですから


これはなんかトランプのある種非常に高度な策略が見えてくるわけでして

後ろに国際戦略構築でキッシンジャーたちがいるでしょうが


ここでどうもEUなんかはアメリカから自立していきそうです。


となるといずれ金融緩和においてアメリカの米国債市場を支える

欧州のQEなんかもやめていく方向で(すでに毎月の額を減らしている)



まるでそれはトランプがアメリカの金融を自滅させるように

動いてるように見えるのだけど


ここでトランプの選挙前演説である


「アメリカは債務問題を再交渉すればいい」

⇒広義でデフォルトの意味



という言葉が思い出されます。



この大きな世界の政治構造のあり方を見ると私たちトレーダーは

やはり相場が楽観ムードでも


ちょっと警戒しなくてはいけなくて、まあ利益でてるなら

それで嬉しいけど、


ただちょっと出口戦略を考えないといけない、となってきてる。


もしくは暴落になってもちゃんと利益が消えないように

ドルの敵である金でアセットアロケーション組むとか

暴落時に儲かるようにオプション買っておくとか、


対策は色々あるけども、


アセットアロケーションも見直す必要があると私は考えてますね。


私なんかも株は利益出てるけど浮かれてなくて

儲かってるときが一番怖いんですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

調子乗るから。
~~~~~~~~~~~~~~


これは私の人生の教訓なんだけど、まあ

読者さんも調子乗らないようにしてください。


読者さんのために。



んで私としてはフランスのこの前の選挙では

個人的にはルペン支持だったんだけど

やはり副島先生が事前予告されていたようにマクロン勝利だったけども

(これは「理想と現実は違います」という最たる例で

やはりその現実を踏まえる必要がある。)


このマクロンが出てきてこの数ヶ月、

どうもドイツとかフランスがどんどんEU内の軍事統合を加速させてる。



今までEUの欠点というのは重要な部分での結束がなかった点だけど

ここでもっとも重要なもののひとつとして


軍事統合があったけど、これをドイツフランスは

マクロン登場でどんどん進めてます。


これはもうすごい良くできていると思っていて

最近分かってきたことだけど


今までは軍事統合ってイギリスがいて邪魔してて

できなかったんですね。



たぶん ドイツとフランスからしたらはっきりいえば

イギリスうぜーっていうことだったと思う。


が、ここでイギリスが離脱選挙あって

(後ろにやっぱりキッシンジャーがいただろう。トランプは

事前に離脱派勝利を言っていた奇妙さがあったから。)


それでフランスではマクロン勝利でして、


そこで一気にドイツとフランスがEUの軍事統合を加速させてるわけで

もう良く出来てるんですね。


この一連のダイナミックな国際政治戦略を策定してるのは

おそらくキッシンジャーなんだけど


シナリオ通りに正確に進めてる怖さはあるんだけど

それはそれですごい勉強になります。


これはヨーロッパの人々と話すと分かるけどまあヨーロッパの人は

アメリカ人嫌いですよね。


彼らからしてもなぜ自国に米軍がいるねん、って話でして

やはりアメリカ人はヨーロッパ人には嫌われるわけです。


これは私がヨーロッパの人に「君の英語はアメリカンアクセントだね」

なんていったら超きれられたことがあるんだけど


結構アメリカ嫌いなヨーロッパ人は多いんですよね。



んでこれからはどうも、EU軍が中心になっていって

軍事統合を加速させていって


今まではアメリカ軍がEUの安全保障に絡んだけど

もうEUも本当の意味で自立を2020年代あたりに志向していく

だろうと思います。


んで、大きな世界の流れからしたらEUはとりあえず

貧困化していますから、


もう白人崇拝時代ではなくなっていると私は見ていて

もう文化でも、経済でも、アジア人に押されているわけでして。


だからこのEU自体も経済をどうするか、という話になってきて

軍事統合していって自立していったら


これはどうしても中国の一帯一路という

One Road One Beltですね、


これは私の過去メルマガで扱ってるけど

これに乗っかることになる。


これは私が書いたとおりにこれまた相当高い確率で

なりますからね、

見ておいてください。



ここで中国側が一帯一路で何したいか、というとですね、

これは有効需要の創出ですね。


ユーロとアジアをあわして、「ユーラシア」だけど

このユーラシア大陸でとりあえず人口100万人くらいの町を

ぼんぼん作るんです。


そこでショッピングモールとかをそれぞれの街に

沢山つくってコンドミニアムなんかも作って、


んでここで新しい需要を作成していくという話になるんだけど

そこで新しい需要が生まれるから、なんとかそこで

EUも中国人主導の元で食う方法を探していくということに


どうしても冷酷にみてなっていく。


だからここでユーラシア大陸の時代になっていくんですよね。


バスコダマ以来、ずっと「海の時代」だったんだけど

これからおそらく海の時代から陸の時代、になっていくわけです。



んでさらにEUなんかは中国と経済関係の部分で

どうしても強く結びつくことを戦略として志向するしかなくなりますが


そこで、軍事面ではNATO軍産と今はくっついてるけど

もう軍事統合してるところからして


NATOから長期で離脱する方針で動いてるのは感じますよね。


彼らとしてもアメリカのNATO軍産と協力してロシア敵視する

うまみがないですし、


それよりはロシアの天然ガス会社のガスプロムと協力して

うまく儲けたいという動機が優先するでしょうし。


まだEUサイドは一応軍産側についてる表向きの姿勢はとってるけど

いずれ近いうちに軍産NATOからも離反するでしょうし


そうなるといよいよアメリカ帝国覇権ってのは徐々に崩れていくと。


そしてそれをこう志向してるのがトランプ大統領で

それはアメリカ帝国覇権で利害関係を持っていた

世界の官僚機構からしたら許しがたいことでしょうが



まあだから本当は世界の官僚たちは日本の官僚もふくめ

早くいなくなってほしいと思ってることでしょう。


このようなつばぜりあいが世界の、ウクライナ仲裁問題から

見えてきますからおもろいですね~



それで分かるのがこれからアメリカの影響力は弱くなっていき

そこで世界はアメリカがリードして発展するスタイルから

どうも変化していくと思われまして


それぞれの国で経済圏が構築されて、平均的に中間層が

形成されていく社会になる、と思われまして、


もうこれはですね、マレーにいたりするとすごい感じるんですよね。


もうマレーシア人なんかはですね、日本人は知らないけど

良い車乗ってるんですよ。


普通のおっちゃんがホンダのインサイトとか

結構輸入品だから高いのに、300万円で購入して乗ってる。


これはこの前「日本人はなんで小さい車の

コンパクトカーが好きなんだい?」


なんて私はマレーシア人に聞かれたんです。


だから


「燃費が良くて安いからお金節約できるから良いのだ。

ただ多くの人はコンパクトカーの小さい車が良いとは言うんだけど

なんというか自分でself mindcontroling自己洗脳みたいな感じで


小さいコンパクトカーが俺は好きなんだ、と自分に思い込ませて

出費を抑えてる部分も日本人のおれは感じるんだよ」


という話をしたら


「あーやっぱりそうかそうか、」なんて笑っていた。


まあ全員じゃないけどそれってある気がする。


それでじゃあマレーシア人たちはというとずいぶん立派な車を

街中でも多く見るわけでして中間層がずいぶん増えてるわけで


彼らは日本のサラリーマン層より良い生活しちゃってるわけで

こうやって今まで発展できなかった国が

徐々に徐々に、発展していって


街にはきれいなモールがたち、人々は自動運転のまあ

ある程度立派な車に乗り始め、スマフォは誰でも持ってる

という状況になってくるわけでして、


世界全体でこういう中間層が出てくるわけです。


最近のマレーシア人のメンズなんかは

お肌のケアとか化粧水つけてしますからね。


その宣伝がよくテレビでやってるんですよ。


こうやって徐々に世界中で中間層が作られていくのだろうと

わかって来ます。


それでこの世界全体の多極的な発展というのが

ありますが、


そこでどうしても帝国支配を続けたい軍産NATOの思想は

それと対立しますから


大きく言うとその対立点にて世界の政治問題は起こってるといえる。


そこでトランプがウクライナ問題を仲裁できたら

徐々に軍産NATOのアメリカ帝国支配が弱くなってきて


例えばフィリピンのような今まで帝国支配を助けるために

発展を犠牲にしてきた国があるけど


これらも発展軌道に乗るということが容易にわかって来ます。


んで、フィリピンのドゥテルテ大統領は私は

結構狡猾で頭が良いと思っていて


あれは中国と親しくしようとしているのは自分に中国の血が

入ってるというよりは


やはり中国主導の一帯一路なんかの

ケインズの有効需要創出に乗っかった経済モデルに

相乗りしようとしているわけでして


これは実は韓国のムンジェイン大統領もそうです。



だから狡猾といえば狡猾ですよね。


が、狡猾な人が儲かるということでして、

この現実主義を理解できるかどうか、という点で

分析の仕方も変わってくると思いますね。



それでまずはトランプが北朝鮮問題も抱えてるけど

同じくウクライナ問題をうまく仲裁させていくかどうか、です。


失敗したら軍産が強かったら紛争になっていくけど

その正念場。


なのでこれからウクライナ問題の進展もこれ北朝鮮問題と同じく

注目になりますね。


特に7月7日のG20会合での米ロ首脳会談がしっかり

執り行われるかどうか、が注目。


世界のNATO軍産側の利益を代表する

マスコミは7月7日のこの米ロ首脳会談を邪魔したくて

仕方ないですから、だから発狂してるともいえる。



それではまた!



ゆう



PS・・・だからこの数週間、ロシアに濡れ衣を着させる、

もしくはトランプ弾劾の圧力が高まると思われまして


そこでトランプが耐え切るかが注目ですね。






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

北田さんというFXで年間5000万円くらい稼いでいる

タイにいらっしゃる実力派トレーダーの教材です。


大変良い教材で多くの実践者が利益出している教材で

サポートも強いのでおススメです。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……455/ougon/

(私ゆうとの参考対談音声
http://fxgod.net/onsei/ougonsignal1.mp3




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

実は私が今までお会いした中で

「インターネットビジネス業界のある種のボス」

みたいな人がおります。


それが実はこの人でして日本のIT起業家の間では年間10億円前後
稼いでるということで裏では有名な人です。



今回この案件ですが例えば救済、とかそういう言葉が使われてたりとか

かなりどぎつく、賛否両論出ると考えますが、


ただ事実今まで表に出てなかった

日本一売り上げをローンチであげてるだろう影の仕掛け人である

この人のローンチマーケティングをそのまま体験・研究できるので

自営業のローンチを勉強してる

マーケターの人は生きた勉強になるかもしれません。


救済されたい、という人は仕掛けられる側としての視点(消費者様視点)

なんであれですが、


ただローンチを「仕掛けてる視点」として見てみると


こうするべき、ああするべき、みたいな考え方というよりは

現実主義として利益を出している方なので、かなり社会勉強には

なると思いました。


怪しいようですがサポート体制に相当お金かけたということですので

マーケを仕掛ける側の視点も持ちつつ見てみると面白いと思います。


⇒  http://rnvyc.net/lp/12582/720378




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

※真面目系、を求めてる方はこちらをどうぞ

   

今や保護主義となんといおうと本当のグローバリズムの時代になりつつ

あります。


今までは多国籍大企業ばかりがグローバルビジネスで利益を出していたけど

これからは個人や中小がグローバルビジネスで利益をあげる体制になります。


これは、トランプの背後のキッシンジャーが

そういう本当の資本主義を体現する

思想です。


それで「日本円以外の通貨も外国人相手に商売して稼ごうよ」ってのがこの

案件ですね。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


仮想通貨を使ってFXトレードしてみようという案件です。

仮想通貨だとバイアンドホールドといいまして買ったらずっと持っておく

というものが多いですが、

これは仮想通貨を使って普通に投機としてFXのように利益を抜いていく

というアプローチで個人的には面白いと思いました。


仮想通貨×FX
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/11/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆







«  【ウクライナ問題を仲裁していくトランプ大統領と、それを邪魔する 世界中のマスコミ連合】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください