無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【フィリピンコンテナ船事故とアメリカ諜報機関と闘争するドゥテルテ大統領について考える!】

2017 6月 20 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【「日本円以外の通貨」も商売で稼いでみませんか??】


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!


さて、この前ですが

伊豆半島沖で米国イージス艦とフィリピン・コンテナ船が衝突という

事故が起こりまして、結構ニュースになっておりますね。


私なんかはまさに日本にいたときその伊豆半島の長く住んでいたので

なんともすごいこの事件には興味を引かれました。


どうも、なんかおかしく、ドゥテルテ大統領という優れた指導者が

フィリピンに現れたけど、それに対してのあてつけの可能性が考えられますよね。


今日はその辺を考えて生きます。

編集後記で!






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【「日本円以外の通貨」も商売で稼いでみませんか??】



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
さて、私は韓国に長らくいたのですが、

今はマレーシアに来ております。



まず毎回驚くことがマレーシアの物価なんだけど

ほんと日本からも韓国からも近くて飛行機で6時間しないくらいで

着くわけですが


飛行機の空港なんかでも相当おいしい日本の高級ホテルで

出そうな味のボロネーゼスパゲッティが食べられるけど、

価格が12リンギットですよ。

日本円で300円くらいです。


ということで私ゆうはしばらくはこちらのマレーシアから

このメルマガをこれから送っていくこととなります。



さて、それで思うのですが


もうこれからは世界を相手にして
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
個人もビジネスをする時代だ、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってことですよね。


私ゆうなんかも日本円以外にも米ドルとか、マレーシアリンギットとか

あとは韓国ウォンとか、中国元でお金が入ってくる状況に

なってきているのですが


日本円以外の比率も徐々に大きくなってきています。



それでこの数年、多くの人はFACEBOOKとかで

「いいね!」をしていたわけですが

おそらく「いいね!」より「LIKE!」の時代なんです。


今日はそんな世界の市場相手に稼ぐビジネスです。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/



ちなみにこのビジネス、見ていただいて分かると思うんだけど

収入源が「日本人からではない」んですね。


要するに海外の外国人相手に商売して、それで

稼いでるわけなんです。


もう世界で勝負してきている案件でして、

それが面白い、と思いました。




もしメルマガ読者さんで

「日本の景気はマスコミが報道するようにとってもいいんだ!!」

って思ってる人はまあ、いいんですけど、



もし読者さんが


「なんか日本の景気って表で言われるよりもかなり悪いように

感じるな」


という直感があるようでしたら


世界を相手に商売してみたらいいんではないでしょうか??


この案件なんですけど「世界で商売するための【具体的】スキーム」

を学べます。



実はこの案件、私がネットビジネスの分野で結果出せるようになったときに

サポートしてくれていた講師さんがいたのだけど


この講師さんの会社がプロデゥースしている案件なんで

相当面白いと思うんで是非ページ、じっくり見てみてください



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/







それで私が面白いなと思ったのがこの宮内さんの

経歴プロフィールなんですね。


かなりぶっとんでますが、

これが「結果出す人の経験してきた過程である」

って分かりやすいので是非みてみてください。




(宮内さんのプロフィール)
=========================
長野県で生まれ育ち

17歳の時日本を飛び出し単身フィリピンへ渡る。
その後全財産を失い、
ホテルを追い出され野宿の生活をするも
感染症に掛かり1ヶ月間入院することになる。
莫大な入院費を支払うことが出来ずにいた時

当時住んでいた地域の権力者に入院費を建て替えてもらうことで
何とか退院することが出来る。

その後この人物が人生の師匠となる。

その師の家に住み込みで朝から晩まで働き
師の助言を元にマンゴー農家のビジネスで起業をする。

10代の青春時代約2年間をフィリピンで過ごした後
父親との再会をキッカケに日本へ帰国し
普通の学生生活を送る。

25歳から31歳まで、バイクレースに没頭し
オートバイ販売店に就職する。

毎日ツナギを着ながらバイクのオイル交換や
タイヤ交換をする毎日・・・
この頃の月収は手取りで15万円。

家賃32,000円駐車場付きのボロボロの貸家に
暮らしながら、「一生をこのまま終わるのか?」
と平凡な日々を送ることに・・・

しかし、 レースをしていた頃の縁をキッカケに
某外資系製薬会社にMR(営業職)として
中途入社し、翌年営業マン2000人の中でTOPの成績を収めたが
丁度この頃から自己啓発、成功哲学にどっぷりとハマり。

ありとあらゆる”セミナー、合宿、コンサルティング”に参加

気付けば、当時持っていたクレジットカード5枚の
限度額を全て使い果たしてしまっていた・・・

総額1000万円以上
請求が来る金額は、払っても払っても元金が減っていかない・・
まさに人生2度目のピンチが訪れた。

そんな中で、唯一最後の蜘蛛の糸とも言える
一筋の光となったのが、「物販」という仕事

2013年10月出逢ったのは9,800円の情報商材
そこで初めて「物販」という働き方があることを知る。

愚直に一心不乱に買い売りを繰り返し、
2014年3月には利益で67万円
2014年5月には利益で113万円を達成
翌月から物販Teamを組織化して現在の自動化に至る。

「もう一度自分の足で立ちたい!」と決意し
会社を設立し、独立起業をする。

自ら実践してきた物販事業を
個人の経済的自立のために教育事業として
2014年11月より、ビジネススクールを開校。

現在まで、物販スクールを運営し述べ300名以上を直接指導。

Drマーケット完全攻略セミナーは現在まで計40回以上開催
同年9月からはMC(メディカルコンサルタント)養成講座も開催

伝え育むことは、小手先のノウハウではなく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「実際の現場で成果を出すためのツボとコツ」 それだけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは現役セールス時代から、現在のコンサルタントに至るまでの
全て自身の経験を今も現場で悩むMRさんに届けています。

現在は物販を組織化し
日本人ひとりひとりが

”確実に現場で成果を上げ経済的自立”が出来るよう
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国内販路・輸出販路を合わせた物販事業を行っています。

社名でもある「Re value design」には
「価値をデザインし直す」という意味があり

医療でも、個人の経済的自立でも、直接関わり
その人達が現場で成果を出すことにより
その人の「価値観」が変わり人生が変わり始めること
そんなチームを創りあげる事で、小さいかもしれないけれど
日本が変わることになるかもしれない。

今では

・町のクリニックへのコンサルティング事業
・若手医師への講演活動
・医師のキャリア・デザイン支援
・製薬会社MRへの教育研修事業
・経営コンサルタント育成講師
・予防医療事業
・物販ビジネス教育

と、リアルビジネスを中心として事業を展開している

=========================



以上です。


この彼から実際の「現場の話」を学べるのが今回のセミナーなんですけど

実はこのセミナーがなんと無料です。



「現場」にこだわってるのが重要~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/



ちなみに私は日本にいないからこういうセミナーに行けないので

実はそれがある種デメリットとしてはどうしてもあるんだけど


ただ日本の場合、最近はアメリカの影響でこういうセミナーが

ほんと沢山やっていて、学び放題ですから


それが実はすごいことなんですよね。


これは今は私はマレーシアにいて、この前韓国にいたけど

やはり外から見るとそのよさが分かります。



ただ日本国内の人々は情報教材は詐欺だなんだ、

いって行動しないものなんだけど
(けどその人たちに共通してるのは誰も稼いでいないということ。)


海外にいって初めてその良さが分かるってのはあるんですよね。



それでこの宮内さんのすごいところってのが



17歳でフィリピンに渡ってマンゴービジネスで起業してる



ってことですよね。


もう行動力の高さすごさが分かりますよね。



もちろん色々失敗は積んでるんだけど

そんな彼がたどり着いたのがこの

「世界市場」を相手にした物販ビジネスなんですね。



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/



ちなみに私ゆうなんかはこの前は韓国、今はマレーシアですけど

一応この数年は、


マレーシアなんかの企業さんにもお金出していて

そんで例えば配当金ってのがあるんだけど


これがまあこの時期に振り込まれてくるんですよね。


要するに私が出したお金を役立てて


たぶん数店舗くらいはマレーで

その企業さんとかが出店したり、営業活動したり、広告出したり

してるわけだけど


そこで例えばマレーシアリンギットを稼ぐってのもこれ、

可能になってきているわけです。


日本の企業だとこうはいかなくて、もう国内経済が縮小しておりますから

利益がなかなか出せないで苦しんでる会社ばかりで配当もしょぼいんだけど、


今は世界は色々問題はあるとはいえ、お金持ってる中間層が

アジア圏なんかではかなり増えていて


だから購買力も旺盛なんですね。


日本では企業は縮小気味だけど、アジア圏なんかは

売り上げもしっかり立ててくれてる。


この変化のダイナミズムを理解していって、稼ぐ通貨ってのも
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本円に限定しないほうがいいんではないかな??
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんてのは思うわけです。


日本円だけしか稼いではいけない、なんてルールないんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いわゆるマインドの話で「日本円だけを稼ぐ」というのが

たぶん多くの人の固定概念であると思うんだけど


私の場合今は少し違ってリンギットも 韓国ウォンも

もっと稼ぎたいってのがあるんですよね。

マレーシアや韓国に基本的にいるから。



ただ私が日本に住んでたときは「日本円だけを稼ぐ」ってのが

当たり前だったけど、ただこれって日本の内需が強いときに

通用する価値観であって、


日本の内需が弱い時代には通用しなくなってくる

価値観なんだろうなんてのは最近感じます。


だからこう「日本円だけを稼いでいればなんとかなる」って

価値観は2017年の今、そろそろ修正しても良いかもしれない

とは思います。



それで今回世界市場を相手にしますから、決済通貨は円ではないですから

ドルだったり他の通貨になるでしょうが


それでお金を稼ぐってことを学べるから面白い!!


って私は思いました。



たぶんここで1万ドル(110万円くらい)でも
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1000ドル(10万円)でもいいんだけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もし読者さんが日本円どころか
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1000ドルを商売で稼げたら
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「すごい自信」つくと思うんですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「俺でも世界市場で利益出せるじゃん」となる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この自信が私は大事だと思っていまして、そこから色々

派生していってもっと稼げるようになるものだから


そういう意味でこのセミナーで人生変える人は

結構いるんじゃないかな?とは思いました。


この案件プロデゥースしてるのが私がネットビジネス分野で

稼げるようになったのをこうサポートしてくれた講師さんなんで


なので結構注目なので、是非読者さんが

日本円以外も稼いで見たいということでしたら


ページもこれだけで「こういうことやってる人もいるんだな」

という感じで面白いと思うんで、

是非見てみてくださいね~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/








============編集後記============

さて、この前ですが伊豆半島沖にて

米国イージス艦とフィリピン・コンテナ船が衝突事故が起こりました。


こちらをもってどうもムーニーと対立するフィリピンのドゥテルテ大統領に

対しての攻撃がされていくのかもしれません。


この辺をベンチャー革命Y先生が分析されていましたので

見てみましょう!


==========================

タイトル:伊豆半島沖で米国イージス艦と

フィリピン・コンテナ船が衝突:


中国に接近している反米ドゥテルテ比政権は

クーデターを起こされる危険がある




1.伊豆半島沖にて、米イージス艦とフィリピン船籍コンテナ船が

謎の衝突事故:フィリピンに侵入した

IS(イスラム国)の反政府活動と関係あるのか




 2017年6月17日未明、伊豆半島沖で、

米イージス艦とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突しています(注1)。



 筆者は個人的に東大工学部の船舶工学科出身なので、

船舶事故にはいつも強い関心を持ちます。


最初、このニュースを聞いたとき、

米艦船とフィリピン船の衝突だったので、とっさに、


フィリピンに米特殊部隊が勝手に上陸して

秘密工作を行っているという情報を想起しました(注2)。



ドゥテルテ比大統領は、日本の安倍氏とは真逆で、

フィリピンを属国支配してきた米国戦争屋と縁を切り、

今は中国に接近しています、


なぜなら、同大統領には中国人の血が入っているからです。



そのため、ドゥテルテ大統領は米戦争屋CIAにとって密かに、

暗殺のターゲットとなっているはずです。



 最近、ダーイッシュ(IS:イスラム国)が、フィリピンに侵入、

テロを起こしています。本ブログでは、ISは、

米戦争屋CIAネオコンの敵役傀儡武装集団と観ていますので、


米戦争屋CIAネオコンが密かに、IS工作員をフィリピンに送り込んで、

反米(厳密にはアンチ米戦争屋)の

ドゥテルテ比政権に揺さぶりをかけ始めたと観ています。


このIS工作員は、シリア同様に、

侵入した国で反政府軍事行動を起こします。


シリア同様、米戦争屋が転覆したい国にISを侵入させ、

IS掃討の口実で、米特殊部隊をその国に送り込んで、

国内の反政府組織を支援して、クーデターを起こすのです。


このような米戦争屋CIAの陳腐で紋切型の対外謀略工作手口が今、

反米化したフィリピンに適用されようとしています。



 そして、今のフィリピンはシリア同様に、米戦争屋にとって、

ISを利用したクーデター対象国となっています。



なお、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に

移行しつつあると本ブログでは観ています。


そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)

およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは

悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は

本ブログNo.1655の注記をご覧ください。



2.フィリピン船籍コンテナ船は米イージス艦と衝突した後、

おかしな航跡を辿っている



 ネット情報(注1)によれば、上記、フィリピン船籍コンテナ船は、

米イージス艦と衝突した後、おかしな航跡を辿っています。



 6月17日の午前1時半頃、米イージス艦と衝突した後、

その現場からいったん逃げています。



そして、同日午前2時頃、今度は360度Uターンして衝突現場に戻り、

2時25分頃、このフィリピン船が日本の海上保安庁に、

事故の連絡をしています。衝突から1時間も経っています。

 

このフィリピン船の航跡は、ひき逃げした車が

事故現場に立ち戻ったのと同じです。


なぜ、フィリピン船籍コンテナ船が衝突後、

いったん逃げたのか、大きな謎です。


3.この衝突事件は故意の衝突以外には考えにくい


 かつて、自衛艦が漁船に衝突した事故が起きていますが(注3)、

米イージス艦が、その艦よりはるかに大きいコンテナ船に

まったく気付かずに衝突することはほぼあり得ないでしょう。



 この事故は故意の衝突、すなわち、体当たりと観るのが自然です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

同じような体当たり事故こそ、あのえひめ丸事件です(注4)。


 筆者個人はこのえひめ丸沈没事件は、米原潜が故意に、

えひめ丸に体当たりしたと観ています。


その狙いは、当時の森首相を引き摺り下ろして、

旧・米戦争屋の傀儡・小泉氏にバトンタッチさせるため

だったと観ています。


要するに、旧・米戦争屋CIAお得意の

ショック・ドクトリン(注5)でした。



 今回の伊豆半島沖衝突事故では、

比コンテナ船が衝突事故と見せ掛けて故意に、

米イージス艦に体当たりした格好となっていますが、


実は、米イージス艦の方が故意に、比コンテナ船に

体当たりされたように装っている可能性はあります。



要するに米艦が被害者の振りをして、

比コンテナ船を加害者に仕立てる偽旗作戦です。



 もしそうなら、なぜ、こんな凝ったことをするのでしょうか。



 ここで思い出されるのが、ベトナム戦争での

米軍の北爆の口実に利用されたトンキン湾偽旗作戦です(注6)。

 

旧・米戦争屋CIAが何らかの戦争を企むとき、

先制攻撃の口実をでっち上げるのが、彼らの常套手段なのです。



 今回の米イージス艦と比コンテナ船の衝突事件は、

何らかの偽旗作戦である可能性を否定できません。



 もしそうなら、フィリピンを再び、旧・米戦争屋の属国に

引き戻すため、フィリピンに米軍を侵攻させる作戦が

計画されていてもおかしくありません。



 いずれにしても、ドゥテルテ比大統領は旧・米戦争屋の

敵役傀儡・IS工作員に暗殺される危険があります。



 今後、旧・米戦争屋配下の米国防総省が

この事件で比政府に対して、どのような反応を示すのか、要注目です。

 
そう言えば、最近、フィリピンで日本人が殺される事件が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
起きているのも気になるところです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

======================


以上です!


ちなみにこの事故において

日本の海上保安部は、海上での事故を防止する法律に一応表向きは

基づいて



どちらの船に衝突を回避する義務があったのか、

コンテナ船の乗組員から事情を聞くことになっているのだけど


当然のごとく、日本の海上保安庁なんかは米軍の犬なわけですから

となると、これはフィリピンのドゥテルテ大統領側に対しては

厳しく、アメリカの軍産複合体、米軍には擦り寄る姿勢を見せるでしょうから


やはりフィリピン側が悪いということでマスコミにプロパガンダさせるかも

しれませんね。



それでやはり分かりやすいのはNHKという米軍の犯罪に加担しだしているような

そういうテレビ局が日本にはあるのだけど


このNHKもあとは海外のBBCもCNNも、ドゥテルテ大統領を攻撃する

準備をしているようにも見えまして


フィリピン川のコンテナ船が悪いと一方的な報道に傾いている感じがあります。



これはトランプ大統領と仲が良いのが同じく軍産と敵対している

ドゥテルテ大統領ですけども


トランプを叩いたと思ったら次はフィリピン政府ということになる

のでしょうが


両者とも叩かれてる対象は 反軍さん複合体の思想を持ってるという

部分で共通しておりますよね。



それでドゥテルテ大統領というのは「私刑」を行ったとして

世界各国のなんとも怪しい「人権団体??」から批判されるわけだけど


やはり彼の暗殺していたのはフィリピン国内にいる

アメリカの諜報機関関係の人間であったろうと私は見ておりまして


やはりその後ドゥテルテ大統領がCあいAのやり方に対して

おかしい、と敵対宣言を出しているところからも


このドゥテルテ大統領ってのはCあいAなりの諜報機関との闘争を

行ってるのだろう、というのはなんとなしにわかってくる点ではあります、



が、それを許さないという圧力は当然国際政治に働くわけでありまして


それこそ日本の官僚や、政治家、財界などには沢山の

ムーニーさんたちがいて、そこが同じく諜報機関ともつるんでる

構図があるのだけど


やはりこのアメリカ諜報機関とムーニーと対立するというのは

まさに政治影響力の衝突でありますから


簡単なことではないということですよね。


が、それをドゥテルテ大統領やトランプ大統領はやってるのだけど

なんせマスコミの中にもいっぱい上層部で上記の宗教勢力だったり

の会員さんは多いですから


マスコミもそろって、ドゥテルテ大統領叩きのプロパガンダというのを

これからやっていきそうです。


フィリピンの場合はアキノ大統領ってのが新自由主義の旗手でしたが

これがドゥテルテ大統領になって

今まさに新自由主義からの脱却を行おうとフィリピンは頑張っておりますが


それは帝国主義の軍産たちからしたらフィリピンが独立するなどということは

なかなか許されないことなんでしょう。


大きく見れば、中国やロシアと関係を深めているのが

ドゥテルテ大統領ですが、彼を脅し、もしくは暗殺してしまって

フィリピンを不安定化させて


アメリカの軍産が再度巻き返そうとしてる、という風に見えますよね。


ちなみにこの前マラウィ市にアメリカの特殊部隊が派遣されたわけだけど

この地域ってのはISとつながる武装集団が制圧した地域でして


そこでドゥテルテ大統領が戒厳令を敷いて制圧に乗り出したのだけど

なぜかそこで「ドゥテルテ大統領は頼んでいないのに勝手に

アメリカの特殊部隊がやってきた」


わけですよね。


ドゥテルテ大統領はまったくもってアメリカの特殊部隊に来てくれとは

頼んでいないわけです。



この特殊部隊は

軍産に不都合な人物に対して人殺しの訓練を積んだ

悪魔のような猛者たちでありますが


これが勝手に自分たちの仲間のISがフィリピンで

ドゥテルテに掃討されそうな状況で


勝手にやってきた、ということですよね。


私からしたらこの特殊部隊はまるでIS掃討を邪魔するために

勝手にやってきたんではないか、とも思いましたが


実際にドゥテルテ大統領も

まったくそれは頼んでいないということを言ってるわけですね。



Philippine President Rodrigo Duterte said on Sunday

he was not aware

the U.S. government was providing assistance

to government troops in its battle

against Islamist militants in a southern city.


ということが実際に報道されていて、




フィリピン大統領のドゥテルテは日曜日に、


俺はアメリカ政府が勝手に(IS掃討の)支援を

南部地域でISと戦ってるフィリピン政府軍に行ってるなんてのは

知らなかった、



ということを言ってる訳です。



実はこのUS special forcesの特殊部隊って同じようなことを

中東問題でもやっていたのだけど


ここでプーチンがせっかくISを倒そうとしていたのに

「私たちもIS掃討に手を貸します」といいつつ


シリア政府軍をとにかく邪魔して攻撃してきた

ってのがありましたが


まさに同じようなことをフィリピンで、やり始めているのだろう

と思いますよね。


だからここで重要な転換が起こってると私は見ておりまして


世界の火薬庫ってのは2つしかないんです。


それは中東と、極東アジア。


それで中東問題に関してはプーチンがなんとか収めつつありますが

そうなると次は代替戦略として、火薬庫として

必要な代替地域がやはりアジアになるんですね。極東アジア。



そうなるとここで中東と同じような戦況混乱スキームを

米軍特殊部隊が取るのは、彼らの中では合理的、と考えるのだけど



そこでまさに今フィリピンを戦地として、

この米軍特殊部隊がおそらくだけどISを裏支援したりして

中東のシリアのときと同じような動きを取ってるのではないかな

なんて感じはしますよね。


だからアサドが中東で当時悪者になったものだけど

次はドゥテルテ大統領が極東アジアでの悪者と

プロパガンダされる可能性は大いにあると私は見ておりまして


このシナリオにおいて、今回の衝突事故で

アメリカ側のお涙頂戴が流されて、フィリピンコンテナが

悪者にされてるのは


非常に強いシナリオ戦略性を感じますよね。


だから米軍駐留、すなわち他国の軍隊が独立国家にいるのは変である

ってのはこれはごく当然の主張であるけど


それを言い出して独立派の民族政権ができてくると

やはり強烈な圧力にさらされるということだろうと。


だからここでも中東問題と同じくしてプーチンなりが

極東アジアにやってきて、そこでISとの闘争を行う可能性はこれ

否定できませんよね。


フィリピン人たちはかなり不幸な情勢であって

アジアでもなかなか発展させてもらえないで今も貧困状態が

フィリピンの地方なんかでは残ってるわけですが


例えばボクサーのパッキャオという偉大なボクサーも

その母国の貧困状態をなんとかしたいということで政治家になってきてる

けども


ここでダバオ市長として功績のあったドゥテルテ大統領が

本格的にちゃんとした資本主義経済を作り上げて


その上で発展をさせようと出てきたわけだけども

そこはそう簡単にはいかない、ということが分かります。


今世界の潮流としては多極化であってアメリカ一国主義の

帝国支配からの脱却という部分がありますが


ただこの帝国支配を必要と考える勢力

(新興宗教勢力と癒着する。およびどうしても帝国の経済復興のために
第3次世界大戦を必要と考える)





新しいBRICSなどの新興国を中心として新しい経済体制を作って

なんとかやっていこうとするキッシンジャーなりが主導してるであろう

新機軸の勢力、


この戦いというのは見えますよね。


それでこれは後付けになってしまいますが

フィリピン政府も、少し注意が足りなかったと私は見ていまして


というのはドゥテルテ大統領が出てきて

自国の独立を叫びだして、ここで軍産複合体なんかは不都合に考えるに

決まってますから


そこでこの謀略シナリオを避けるための動きや対策が取れなかった

という部分の失敗はあったと思います。


ここでドゥテルテ大統領という優れた指導者が

いかにこの状況を中東問題のように悪化させないで

処理できるのか、というのが注目ですよね。


ちなみにこれは韓国のムンジェイン大統領もそうで

立派な人ではあるけど

少し無防備すぎるという部分は私が感じる点ですよね。


やはりこの辺のアメリカの政治戦略立案する軍産系の人間の

汚さを知らないと、結局は日本の小沢一郎のように

つぶされて終わってしまうと私は思うんですよね。


この辺は各国の民族派の大統領たちがなんとか考えて対策とって、

うまくやってほしいと私は見ております。



それで大きく言えば重要なのが、どうも

どの地域を火薬庫にするか、という米軍の考え方があって

それが以前は中東であったけども


これがプーチンがうまく中東問題をやってきているから

それがどうもいよいよ極東アジア地域まで飛び火してきてるな


ということですよね。


これは北朝鮮問題でもそうでして。


これは実はヒラリークリントンというおばさんがいて

大統領になり損ねた人がいるのだけど


はっきりいえば彼女はこれムーニーの会員さんだけど

そして軍産複合体勢力の利益を代表する動きをする人です。


これは検証してると一目瞭然で。


それで日本の「リベラル」という人たちがなぜか

この軍産の利益代表する政治家ヒラリーを応援しだした

ってのが去年あたりから見られた現象でありまして、


だから実は今の2017年はネットウヨよりも

リベラルのほうが危険になってきている

と私は思ってるんですね。



これは非常に高度な思想扇動技術をアメリカの特殊機関が持ってる

ということだけど


すごいことに、リベラルといって自由主義を標榜する人たちが

まさに自由がなくなる戦争を起こすことを第一と考える

軍産側の政治家を支持するようになっているというのが


怖いことでもあり、彼らアメリカの非常に頭のよい

思想誘導できる彼らのすごいところでもある。



これは真正の自由主義、保守主義というのが世界中では

骨抜きにされておりますから


戦後そのような思想に対する解体戦略がとられているのだけど

まさにそれが今実を結んで、


これから下手したらリベラルを名乗るマスメディアやマスコミ

および言論人たちが


一斉に 


本来は自由とは間逆の軍産複合体と対立して

戦おうとするドゥテルテ大統領を徹底的に叩く


という構図がいずれ表面化するかもしれませんね。


それで上記ヒラリークリントンが言っていたのが


「Pivot to Asia」であります。


これは「アジアに軸足を」という意味です。


これはヒラリーの論文で非常に重要な論文で軍産の戦略を

代替的にヒラリーが言った物であると考えられるのだけど



ここで「何の軸足をアジアに移すか」なんだけど

一応表向きは 民主化の軸足、とかですよね。


民主化、といって、各国に爆弾を落としまくって

それで貧困化を進めて、殺戮を続けてきたのが

まさにアメリカの軍産であったけども


そのために必要な 用語が「民主化」です。

この民主化、という言葉をもって殺戮を正当化できる。


それなので Pivot to Asiaってのは結局のところ

「中東では軍事ビジネスが儲からないから

極東アジアに軍事ビジネスの軸足移しましょうよ」


ってことであるといえるのだけど


その戦略がトランプ大統領にはなったものの、

もう一人歩きしてヒラリー抜きで動き出しているというのは

分かるところなんです。


それで、私たち日本人は「治安」という言葉を知ってるけども

これは外務省の渡航安全のページとか見ると分かるんだけど


私はマレーシアにいるのだけど

フィリピンなんかは結構渡航安全で「危険地帯」ってのが

あるんですよね。


ダバオとか、マニラの金持ち街とか、セブなんかは別としても

やはりまだ紛争地帯ってのはあるわけで


米軍のPivot to Asiaの考え方からしたら

紛争地帯のほうが周囲の目がないわけで動きやすいわけですから、


(これが例えば急に比較的治安が良い東京で、武装グループが出てきたら

なんかおかしいぞって話になるわけで)


そこでフィリピンのこの紛争地域にまずは極東アジア混乱の

ひとつとして目をつけてるだろうってのは私が思うところなんです。


あとは北朝鮮ですよね。


この辺を軸足にして、極東アジアの不安定化を進めていきたい

という米軍の戦略立案部の思惑をどうも私は感じ取っていまして



そこで、出てきてるのがまさにフィリピンのコンテナ船が

米軍のイージスに突っ込んだというニュースですが


これは関係性が逆なんじゃないかななんて思いますよね。


コンテナ船が航行してる最中にあえてイージスが進路ふさいで来た

というのはないのかなと。


どうも今回の事故はおかしいな・・・というのは

多くの人が感じ取ってることだけど


ここでフィリピンドゥテルテ大統領に対する

急なネガティブキャンペーンが始まったとしたら

やはりそういうことなのでしょう。


ということでフィリピンでは日本人の死亡者も出てると

ベンチャー革命のY先生も書かれていますが


これからどうも極東アジアが米軍の仕掛ける混乱の対象と

なってくるのではないか

というのが疑われる点ですから注意してみたいところです。


まさにPivot to Asiaでアジアに軸足を、でして

戦争の火薬庫の対象地域として


中東⇒極東アジア らへんに戦略が移ってると疑われますから

注視したいものです。


それではまた!


ゆう











追伸・・・ちなみにフィリピンに近い

私がいるマレーシアなんかでも政権交代が起こる可能性があると

思いまして、


そうなってくるとやはりマハティール派が力を持っていくと

思うのだけど、やはり中国と親しくやろうという話になる。


ここでフィリピンと似た政治情勢になっていくわけでして

そこでマレーシアサイドは今のこのフィリピンのドゥテルテが

攻撃されてる様をまざまざと見て分析しているのではないかな


なんて思いますよね。


こう見ていくとアジア人の私たちがこの軍産複合体の人間たちの

PIVOT TO ASIAの戦略に乗せられてまさに火薬庫にならないように

その構図を見破る力が必要かもしれませんね。


基本的に戦争というのは儲かるものでして

もっとも世界で儲かるビジネスは自動車ビジネスでもなく

AIビジネスでもなく戦争ビジネスですから


なので当然のごとくその戦争を拡大させたいという意向は

カネの論理で働くものでありますからそれをどう考えるかという

点ですよね。


これからドゥテルテがトランプやプーチンや習やキッシンジャーと

うまくやって耐え切るかどうか、うまくやれるかどうかが

大変注目です。


また何かあれば随時かいていきます。では!




追伸2・・・ちなみに日本にいたときに私は熱海伊豆にいましたが

そのときに「伊豆らへんからいつも変な光が出ている」なんて

話をメルマガで扱ったことがあります。

この写真
(ゆう写真)私が当時撮影したもの。伊豆半島にむけてすごい光。
http://fxgod.net/gazou/picture……hikari.JPG

実はこの写真をとる前からやたら米軍か自衛隊か分からなかったけど

ヘリがすごい勢いで飛んでいてなんか変だな~というのは

熱海にきたトレーダーの友人たちと話してたものだけど、

どうもこの辺も伊豆あたりにいた人間として

今回の伊豆半島の件も無関係ではないのかな

なんて気もしますよね。


これはあくまで私の邪推なのですが伊豆半島付近って

米軍の極東アジア戦略においての重要地点なのかななんてのは

感じますよね。

なんとも世の中不可解なことだらけではあります。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


【「日本円以外の通貨」も商売で稼いでみませんか??】


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……427489/10/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






«  【フィリピンコンテナ船事故とアメリカ諜報機関と闘争するドゥテルテ大統領について考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください