無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






人間の脳みそは「痛みを避けて、快楽を得たがる」

2017 6月 15 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

人間の脳みそは「痛みを避けて、快楽を得たがる」
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです。

読者さん、おはようございます!


さてさて、最近多くの読者さんから色々相談というか

メールをいただくのですが


そこでやはり時々メールの中で書かれてるのが

「どうも損きりを遅く、利食いを早くしてしまう」

という内容だったりします。



たぶんこの悩みってFXだけじゃなくて株でも多い悩みだと

思いますよね。


私ゆうなんかも20代のころ初めてFXとかやったときは

そうでした。



それでこれを克服するために必要な知識ってのがあって

それは私たちの脳みそって


「痛みを避けて、快楽を得る」っていう性質があるんですね。


今日はこの辺を考えて生きます。編集後記で!












☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   【投資の新案件です!】


「400億円をファンドで運用してお客さんに35億円ほど

利益還元した生方さん」が教える、


子育てで忙しい専業主婦でも

株で毎月130万円稼いでいる

勝率94.3%の手法とは?

⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


FX業界を震撼させた話題の新FXチャートシステム、

「メテオチャート -デイトレードプレミアム-」(通称メテオ)

こちらは、いよいよ今週の6月16日(金)で、

販売が終了ということです。


今日メルマガ特典で

「色の変化だけでトレンドをひと目で判断できる!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
時間軸チャートでも使える3本の平均足スムーズド!(解説動画つき)」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という2つめの特典を追加しました!


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/1/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



さて、かなり注目の新案件の登場です!


こちらの案件なのですが

元々ヘッジファンドのマネージャーとして

大体400億円くらいを運用してきて、

お客さんに35億円ほどの利益配当を行ってきた実績のある


元ファンドマネージャーさんの案件なんですね。


一応彼が教えている生徒さん、全員ではないのですが

ただ生徒さんのうち大体9割以上の生徒さんが


今のところ金額の大小はあるものの、利益をちゃんと

長期であげている、という案件です。




⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453





今日はこちらの案件を担当しております、

私も実はビジネスや、「キャッシュフロー」という単語は

彼に学んだんですけど株式会社バリューブレインの小野さんより

読者さんにメッセージです!



=========================



子育てで忙しい専業主婦が、

株で毎月130万円稼いでいます。

⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453


「株ってそんなに稼げるの?」

稼げる人と、稼げない人がいます。

この違いはなんでしょうか?


「運」

「知識」

「資金力」・・・



不正解です。


稼げる人と、稼げない人の違いは、


「知っている」か「知らないか」です。


つまり130万円稼いでいる主婦の本間さんは、

「勝率94.3%の手法」を「知っている」から

稼げたのです。




勝率94.3%の手法とは

→  http://freeclub.jp/lp/12496/61453



この手法は、

運用額300億円以上、利益35億円以上の実績を持つ、

ファンドマネージャー生方茂樹の手法です。


勝率が94.3%、そして35ヶ月間、株で損をしなかった実績を持つのです。


この手法をそっくりそのまま、あなたが知れば、どうなるでしょうか?


まずはどんなやり方なのか?だけでも

確認しておくと良いでしょうね。



※35億円の利益を出した手法ってどんな技??

⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453




最後までお読みいただき

ありがとうございました。



追伸:

今回は期間限定の無料企画ですが、

人数に制限が必要なため、

応募者殺到の場合は早期終了もありえるようです。



興味がある方はくれぐれもお早めに!

⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453




=========================


以上です!!



それで今回の案件なんですが、



それこそ株式の案件では、

「1億稼いだ」ですとか「月収1000万」ですとか

大きな話が多いわけですが


生方茂樹先生の会社では金融庁へ投資顧問業の

登録をしており、



こちら金融庁なんかでも広告チェックなんかを行っておりますので

一応このLPに書いてある実績とか勝率などは

当然ではありますが、嘘偽りない真実のデータということです。



⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453



それで、非常に良いのがこう

「一年で資金が20倍になった、100倍になった」

「一億円稼げます」とか


そういう数字ではなくて、


結構現実的な数字で、生徒さんなんかも一番多いのが

月数十万円~ではあるのだけど


ここでなんと9割方の生徒さんが今のところ

この勝率94.3%のやり方で利益が出ているということです。


⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453



それで、この生方先生ですけど、

たぶん投資やってる人は名前は知ってると思うんですね。



日経金融新聞とか、日経マネーとか、株式新聞とか

その辺でよくコラムとか書かれている方でして


たぶんコンビニとか書店で投資の雑誌読んでたら

ちょくちょく出てくる方で

雑誌なんかではよく出てる方ですよね。



それでちょっと正直私の本音を書くと最近の主流の日経系の

雑誌は目を通すくらいではありますけど


10数年前のまだ株とか、FXがここまで浸透する前は

かなり自由な言論が行われている媒体ではあったんではないかな

と思います。

(これは日本のマスコミなんかも一緒でこの10数年で
少しおかしくなったのかなって。)



ただ実はこの生田先生なんですけど、

その当時結構 今よりは少数だった株式投資家が注目していた

日経マネーが主催していた


日本ベスト オブ ファンドってのがあって

ここでファンドの選手権なんかをやっていたのですけど


ここでハイブリッド型の彼のファンドが第2位になってるんですね。



お客さんにも400億円運用していた中で35億円ほどの

利益配当を行った過去もありまして、


それもあって前線のあらゆる分析方法に精通していらっしゃる方ですね。



⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453




それで実は今生徒さんの全員ではないんですけど

大体90%以上の生徒さんが利益をしっかり長期であげているのだけど

(これは結構すごい数字です)



その中で重要なのが「大体の生徒さんは初心者さんだった」

ということですよね。


初心者の状態からまずこの生方さんに学んで

稼げるようになったということです。


それで今回の案件なんですが

プレゼントも豪華で


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【400億円のファンドを運用して35億円の利益配当を成し遂げた

生方が豪華プレゼント!】


1初心者の方をバックアップする

基礎学習マニュアル


2生方さんが実際に投資している

「有料銘柄株100社」の共有権利


3質問回答サポート権利


4有料セミナー動画視聴権利


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


これらがもらえるそうです。


⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453



それで今回、さらにプレゼントで



「生方が厳選した
~~~~~~~~~~~~~~~~~
「値上がり株リスト50社」と
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「今後値上がり注目株50社」も
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プレゼントしてくれる、ということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


個人的にはこれがかなり良いな~と思っていて

この生方さんはですね、


一応テクニカルだけのトレードってのはしないんですね。


私もアメリカ株、日本株、中国株、マレーシア株、そして韓国株

やってまして、


5カ国の株やってますけど、


実はまず最初にやる分析はその企業の堀分析、っていうんだけど

これはもし需要あったら書きますけど

それとかをやりまして、


また、実際にその企業の製品を購入したり、サービス受けてみて

消費者サイドからの希少価値がどれだけ発生しているかを分析したりですね、


あとは、グーグルでGPSデータ使って

BtoCの企業はある程度集客数を調べられるんだけど

そういうのも調べたりして


またFXと違うところはPER とか PBRとか

ROI ROEとか、その辺は一応見るんですね。

それで時価総額なんかもみるわけですが

そこでそぎ落としていって、その後ようやくテクニカル参考にして


入る場所待つってことをやってて

それは利益がちゃんと出るものの、ちょっと

時間がかかる方法ではあるのですね。


おそらく生方さんもやり方は少し違ってもこういう企業分析手法を

持っていて


そこで生方さんがある程度そぎ落として

「これは結構注目な株だ」という株、それらを

プレゼントしてくれるということなので


これはこれで生方さんが時間かけて

スクリーニングしてくれた銘柄ですから

すごい価値があると思いました。



⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453



それで、私は投資といえば最初FXが最初だったわけで

そこでかなりテクニカル分析とかで揉まれて

知識つけたのだけど


それは最初「株って難しそう」っていうところが

あったんですよね。


ただ数年前に自分が紹介していた教材がきっかけで株もやるように

なって分かったのが


「株のほうが利益出すの自体は簡単だな」


ってことでもありました。


これはFXでトレンドフォローを学んだ人は感じることが

多いと思うんですけど


これは私はまた別の現役ファンドの人に教えてもらったんだけど

FXってのは相対価値で決まるわけですね。


だからドルと円の関係性で価格が決まっていくわけです。


だから例えばドル円の値が今110円前後だけど


それがじゃあ、いきなり20円になったり、500円になったりするか?


といったらそれはないわけです。


だからリスクとリワードの関係でリスクリワード比率というのが

ありますが、


このリスクリワード比率でFXは相対価値の金融商品だから

ある程度稼いでも数億円前後という人が多いわけで


FXで100億円稼いだという人はたぶん個人ではいないわけです。


ただ株の場合、こういう人は結構いるわけですが

それはやはり株というのは絶対価値で価格が決まるわけですね。



だから100円で買った株がしばらく置いておいて

700円前後になるとか、


そういうのが結構あるわけですね。



んで、なおかつバカにできないのが株の配当金でもあって

日本株なんかは配当金が少なめだけど、最近は

配当が多い銘柄も増えてきました。



ちなみにあまり知られていないけど、

日本以外の国の株の配当金って、銀行系であっても

5%前後ついたりするんですよね。


これは例えばマレーシアなんかは定期金利の金利が今は

3%前後で韓国も2.5%前後だけど


だから株の配当金はもう少し高いのが普通で、

5%以上つくような、そしてある程度歴史があって

リーマンショックも乗り切って順調に推移しているような


企業ってのは結構あるんですね。


んで、これが普通にゴロゴロと株価が10年前と比べて

3倍、4倍、5倍になったみたいな企業はあるわけでして


結構株ってのは面白いと私は思っております。



ちょうどこの時期配当金が入ってくるわけでして

その利率見ると馬鹿にできないわけです。


それで私なんかは株はもろに現役ファンドマネージャーさんに

学んだんですけど


株なんかはやはりファンドマネージャーやってた人たちは

豊富な戦略持ってるので、


色々学べると私の経験からも思います。


⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453



それで、この生方先生の重要な点はやはり

「経験年数」だと思いますよね。


「投資経験年数40年」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なんです、この生方さん。


んでなんとすごいのがこの40年間ずーっと勝ち続けてきたと。



なのでそれこそリーマンショックとか、

ありましたが


それも乗り切ってきている人なんですね。



それで登録後のページでは例えば東芝の株価暴落についても

触れられていますが


この辺の暴落というリスクからも逃げないで言論されてるのが

よいんですね。



生方さんがおっしゃってるのが


「チャート分析は、非常に重要な手法の一つです。

また、誰でもできる取り入れやすい手法でもあります。

しかし長期間でみると、安定的には、儲からないのです。」

(東芝の原子力事業を引き合いに出して)


と言い切ってるのが大事なんですね。



これは今はファンドなんかでも当たり前の認識になっていて


「テクニカルチャートだけ見てトレードしているって

大丈夫か??」


っていう認識はやはりあるわけです。


マクロの大きな情勢みて、そしてミクロの企業分析かけていって

それでテクニカルもそのうちの1つとして判断材料として

組み込む、これは当たり前になってきていて


逆に多くの投資家がテクニカルだけで投資やってるって

大丈夫か??


ってのはよくファンドの人たちが言いますよね。


例えば最近なんかはファンドの人たちなんかは

取引が夕方終わったら


企業にインタビューに行ったりするわけです。


そこで情報を得て、それで仕掛けるということをしてるわけですが

少しチャートだけを見てる個人投資家とはやる気が違います。


それで生方先生の場合はこの辺の現状を色々存じていて

その上で個人でも取り組みやすい方法を教えていて


金融庁なんかにも彼は登録しているけど

そこで一応今のところ9割以上の生徒さんが結果出してる


ってことですんで、


面白いと思いました。


特に数千万円とか数億円の取引ではなくて400億円を運用してきて

ちゃんとファンドの顧客に利益を35億円とか還元してきた人なんで

そのスケールから色々学べる点はあると思いまして、


さらにページの中間に、豪華プレゼント内容だとかも

書いてありますので


読者さんがFX以外にも株なんかも興味ありましたら

こちらは株の結構注目の良案件ではないかと思いましたので


ぜひ見てみてくださいね~




⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453










=============編集後記=============


さてさて、多くの人が、特に初心者さんに多いと思ったんですけど

投資において

「どうも損きりを遅く、利食いを早くしてしまう」

こういう傾向、というか悩みを抱えているようです。



たぶん最初はみんな投資で経験することで、

「コツコツドカーン」なんていいますけど


ちょっとづつ、ちょっとづつ、勝って行くわけですけど

そこでおそらく大きな相場の下落とかそういうので


「ドカーン」と負けてしまう。



ここでトータルの利益がつみあがらないよ・・・

という悩みを抱えている人ってのは実は想像以上に多いんだろうと

感じます。




それで、実はこの辺を克服するために必要なのが知識だと私は

思っていまして、そしてその知識に根ざした経験値、これが

そのような投資行動から脱出する鍵になるんだろうなんて

思いますよね。



それで私たちは投資をやってると必ず戦わないといけないんだけど

それは誰と戦うのだろう??


と私はいつも思うんですけど、

たぶん戦う相手って自分自身の脳みそなんですよね。


自分自身と戦うって書くとなんかかっこいいですけど(笑)


まあ本当に投資で戦ってるのって自分自身ではないかな~なんて

思うわけです。


というのは私は相場と対峙しているとき、いつも思うんだけど

やはり私たちの脳みそって


「早く快楽(利益)を確定したがって、

痛み(損失)を後伸ばしにしてしまおう」という


行動を取らせようとするわけで、それと常に戦うというか

それをコントロールする術が必要になると思うんですね。


相場というよりは、自分の脳みそと対話するから自分との戦いなのかなって

思います。


それで私たちは「人間の動機付けって何??」と考える必要があるんですね。

これ知ってますか?


多くの人間はどういう動機で行動するでしょう?


実はこれはプロスペクト理論というもので言われてることなんだけど、



人間の動機付けの基本は、
~~~~~~~~~~~~~~~~~
「痛みを避けて、快楽を得る」なわけです。。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



だからですね、これはマーケティングなんかでも導入されていて

ちょっと強いマーケティングなんかは


「痛みを避けて快楽を得られるような作り」になっている。


だからそういう商品は売れるわけです。


これは繁盛してる店でも同じでして、優秀な企業でもそうでして

やはり人間の本質は


「痛みを避けて、快楽を得る」


というところにあって、これを理解している人たちってのは

それを「利用して」利益をどの分野でも挙げられるわけですね。


んで、FXとか株でもこれは同じでして、

多くの人たちはやはり


「痛みを避けて、快楽を得る」


という行動パターンを取るわけですね。


これは脳みそに人間が生き残るためにインプットされた、

そういう遺伝子が変わらない限り、変わらないものだろうと

思います。


だから痛みである損失は避けようとするわけで

それは遅い損きりになるわけで、


逆に快楽は利益確定だから、それを早くしたがるわけです。



んで、これはプロスペクト理論とかで説明されてることなんだけど

この通りに投資すると、ほぼ必ずといっていいほど


確率の収束が起こって

「コツコツドカーン」になるんですよね。



だから自分の、私たちの持ってる脳みその性質を理解して、

そこと戦うっていうかコントロールするっていうか

それをなだめるのが投資ですから


となるとやはり自分との戦いになるわけです。



別にこう、相場で戦うといっても相場で損きりさせてくれない

とか利益確定のときに市場がダウンするとか


そういう邪魔とかされるわけではないですし、


やはり結局のところ、戦うのは自分自身であって、

さらにもっというと自分自身の持ってる脳みその性質と戦うこと

これが大事なんですよね。




FXだと、

痛みを避けるために損切りを先延ばし、
(また戻ってくるかもしれないから)


快楽を得るために早く利益を確定してしまいます。
(利益確定しないと快楽を得られないと同時に、失う可能性もあるから)


この本能のままトレードすると、


損失は先延ばして青天井・・「損大」
利益はすぐに確定・・「利小」


になりますよね?


トレードで稼ぐには、利益を大きくして、
損失を小さくする必要があります。


そもそも、人間本来の性質とは
真逆の事をしないと稼げないのが投資というわけです。


90%以上の人が勝てないのは
ここに原因があるわけです。


だから重要なのは


手法を知らないとかではありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

正確には、

手法(トレードルール)を知っていても勝てないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


やっている人は分かると思いますが、
ルールはそういう状態の場合、簡単には守れないですからね。



それで重要なのが「認識力」なのかな~なんて思います。



要するに例えば

「コツコツ利益を確定してドカーンと損失でやられる」

この投資パターンってほとんどの人がやってるパターンだけど


ここでこういう投資を誰でも経験してるわけだけど

そこで


「ああ、なんでいっつもコツコツ利益確定してドカーンって

やられるんだ!いかさまだ!!」


という人がおりますよね。


これは実際は大体の人が教材とか、あとは先生のせいとか

あとは相場のせいとか、あとは証券会社のせい、とか


まあ色々言うわけですよ。


これは「自分でケツが拭けない子供大人」が多いということ。


けどどう見ても 相場でエントリーするためのボタンを

「ぽちっ」とクリックしたのもその人本人だし、


利益確定とか損失確定のルール作ってるのもその通りだし、

別に証券会社やら教材の講師がこう遠隔操作でポジションの

エントリーエグジットしてるわけでもないわけです。


ただこれは重要で多くの人は「依存心」が強いですから

ここで何かのうまくいかない現象が投資で発生したら

「自分の責任」として考えられないわけですね。



投資は自己責任とか言うけど、これはすごい大事な言葉で

「自分のケツは自分でふけ」という意味でもあります。


んで、一方自立心が高い人というのがいて、

そういう人はやっぱりこの

「痛みを避けて、快楽を得る」


というプロスペクト理論通りに脳みそが考えて、行動に落とし込むのを

コントロールして、うまくやる人たちなんだけど


この人たちは例えば

「コツコツドカーン」があった場合、


「自分の何が問題だったか」とまあ自分の脳みそと対話するわけですよね。


んで、そこでプロスペクト理論という考え方を知ってるそういう

勤勉性があって、


そこで人間の脳みそは例外なく、

「痛みを避けて、快楽を得る」

という傾向があるってのを分析して、もろに自分の脳みそと投資行動が

それに当てはまってしまっている・・・


と内省するわけです。


そこで「どうやったらこのプロスペクト理論通りの投資行動を

とらずにいられるだろう??」


と「自分で考える」わけでして、


ここから徐々に、自分で考えてその投資行動をコントロールできるように

なってくるんですね。


そこですぐにはできないんだけど、

自分の脳みその性質理解して、そこで考えて、

徐々にではあるけど


「損きりは早く、利益が伸びてきたら利益確定ルールになるまで

待って、、大きく取る」


ってトレードが増えてくるわけです。


徐々に徐々に。



だからこの業界ってFXだけじゃなくて株もそうなんですけど

基本的には「自分との戦い」これに尽きるわけです。


「自分の脳みそとの戦い」ですよね。



ちなみに私ゆうなんかも最初はすぐにはこれはできなかったんですけど

やはり継続ってのはすごいもので、


継続しているとこの「ルール通り損きり、ルール通り利益確定」

これは徐々にできる様になってくるんですね。


逆に、私の場合は数年前にこの損きりを早く、利益確定はとにかく延ばす

ということはできるようになってきたけど


当時問題だったのが逆に利益確定を延ばしすぎてしまうと。


だからせっかく利益が出ていたのに、結局相場が戻ってきて

薄利になってしまった・・・


みたいなことが結構ありましたよね。


私の場合は普段から節制を心がけていて、これはプロスペクト理論通りに

普段の生活もならないようにはある程度気をつけてるんだけど


要するに 痛いのは避けて快楽はすぐ得ようとする、この行動パターンに

ならないように、普段の生活から気をつけてるんですけど


それでやはり投資のこの姿勢も改善されたわけです。


ただ逆に損きりが早すぎて、利益確定遅すぎ、という逆の状態になったんだけど

ただこれはこれで結構良くて、あとは修正するだけなんで


利益確定ルールを検証すれば、プライスアクションなり、フィボナッチなり

ストキャスなり、色々使うルール自分で作って検証をして「自信」つければ

できるようになるもので、


それで利益確定の方法も安定してくるわけです。


そうするとバルサラの破産確率表に関しても

破産確率0%前後のトレードに変わってくるわけですね。



だからまあ「経験が大事」という話にもなってきてしまうんですけど

ただその経験だけだと成長が遅いから、やはり検証をする、


これが意外にすごく大事なんですね。


要するに「こういうトレードしたい」っていう形は多くの人が

持っているはずで


おそらくですが、勝率が60%から70%前後で

損失1万円に対して利益5万円くらいのトレード。


こういうトレードをしたいと思ってる人は多いと思うんですね。



んで、そういうトレードが成り立つように、検証が大事になりますね。


例えば

相場がダウ理論で下落トレンドで、

その際に一度反発して長期移動平均線75日まで戻ってきて


そこで再度75日MAに反発して、(大体はそこでトレンドラインと75日は
重なります)


そこでピンバーなりエンゴルフィンバーなりの下落の

プライスアクションのろうそく足挙動が

出て、そこでその後の足で逆指値売りエントリーして、


エントリー値はその下値の下、ストップはそのプライスアクションの高値上、


と置いて仕掛けるとします。


ちなみにこういうトレードの場合はストキャスを初期状態で表示させて

そこでストキャスの2本線が一番上に向かっていて、再度下にいきそうで

逆転しそうな

ところを狙うわけだけど


そこでプライスアクションで下落を示すピンバーなりエンゴルフィンバーが出てる

その後上記のように仕掛ける、

これはあまり負けないルールだったりしますね。



んで、利益が出れば、ここはダウ理論に沿ったトレールで

ストップ引き下げて利益を伸ばすという、

例えば、こういうトレードルールをとるとします。



ただ、こういう戦略があったとしてもそこでエントリーできたとしても

そのルール通りにはなかなか人間ってできないんですね。


OJT(オンザジョブトレーニング)だと。


要するに「練習なき本番はくそだ」ということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは歌なんかもそうで、練習をしていないで、本番迎えて

お客の前でパフォーマンスしたらひどいことになるわけで


歌なんかは世界のシンガーたちってのはですね、舞台に出る前に

もう何百時間、何千時間とトレーニングして、ようやく現場に出るわけです。



これはボクシングもそうで、12Rのわずか36分を戦うために、

毎日5時間とかを何百日も練習して、そして年間2試合とかを

こなしたりするわけですよね。



これはおそらくどうもFXでも同じで、練習にあたるのが

検証だけど、


この検証作業で「自信」がないとおそらくルール守れないんですね。



なぜそのルールを投資家が守れるか?というとたぶんですけど

自信があるからです。




自分に疑いを持っていない。



んで、なぜ自信があるか?というと検証してきてるから、でして、

その検証数とかの経験ってのがこれ、脳みそに記憶として残っておりまして、


これがおそらく感情的には「自信」を生み出します。



それで、検証においては

「ストップをせまく、利益確定を大きく」というルールを

検証してるわけで


私の場合はストップは20~30PIPS前後で、

利益確定は200PIPSとか

300PIPSとか、そういう検証をするんだけど


ここで検証している中で

「このやり方で行けばちゃんと統計上は優位性があって

利益でるぞ」ってこう感覚的に分かってきておそらくそれが


自信にはなるんですね。


んで検証に裏付けられた自信があるから、そこで自分で設定したルールを

こう守れるわけです。





んで、私は思うんだけど、投資とかビジネスやって

自信がなくなったら嫌じゃないですか?


たぶんだけど投資とかビジネスっていう分野で結果を出して
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「こんなくず人間の俺でもなんとか利益出せるじゃないか」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ていう自信が重要だと私は思うんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そこで自信がなくなってしまったら、こう本末転倒というか。


お金を稼ぐってのはこれ自信をつけるために何か一生懸命にやってみて

そこで器を広げるためのものであって、


そこでやはり自信をつけるってのが大事なんです。


んで、自信がついたら何でもできますからね、

そのためには重要なのが検証という練習作業でして


それがあると実際の相場でも利益があがるようになってくるもので

そこで自信が、ついてくる。


これは傲慢になるということではなくて、練習に基づいた自信が

つくんですね。



そこで初めて、どうもプロスペクト理論に支配されない

投資行動が検証作業なんかでつけた自信をもってできるようになってくるんです。

どうも。


だから


1プロスペクト理論通りの投資行動になっちゃいけないよ、

っていう要素と、


2検証作業を毎回トレード毎にしましょうね


っていうこと。


この2要素てのは実はすごい強烈に脳みそ内でくっついてる話なんです。



だからどんなロジック知ってるっていうよりも
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まずはこの2要素を知っていて、それを実践してるってのが大事で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その上で初めてロジックとかルールがこう輝いていくってことですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だから結果出している人に共通してるのは何か今までに

一生懸命に取り組んだ過去があるとかそういう人たちであって


彼らが投資でも同じように結果出すのは偶然じゃなくて、

こういう物事をうまく行かせるプロセス、自分の脳みそとの

戦い方を知ってるからなんでしょう、おそらく。




だから結局「なんでこうやって痛みは避けて快楽は追求する

投資行動とっちゃうんだろう」と考えていくと


最終的には「検証するしかないぞ」と、分かってくるわけですね。


ここで自信をつけることだけが、自信というか確信を持つことだけが

突破口だってなんとなしに分かってくるわけです。



んで、ここでこういう姿勢が出てくるためには

何か現象があったとして、コツコツドカーンで損した、という現象があったとして


それを「誰か人のせいにする人」ってのはこれ

おそらくロジックのせいとか、講師のせいとか証券会社のせい、とか

そう言うんだとおもいますよね。


ここでまず自分自身と対峙(たいじ)できていないわけであって

依存心の塊だから、結局教材探し回ることになる。



ただ「自分に問題がある」って気づける人はここでプロスペクト理論

知ってれば「これをどうコントロールしよう」と考えられるわけであって


そこで自分で考えてそれを克服して、

結果につなげていけるものなわけです。


そこにおいて作用している思想はやはり「自立心」であって

「自分のことは自分でやる。他人にけつをふいてもらわない」

っていう思想です。



だから依存心高い人は誰も稼げないのに

自立心高い人はみんな稼ぐ、みたいな現象が最近

起こりだしているわけです。




人間の脳みそは


「痛みを避けて、快楽を得る」


というルールで動きますが、


これをコントロールするという姿勢がとても大事でして

そのために自分自身の脳みその性質と相談していく必要がある


ってことですね。


他人のせいにしたら、

弱すぎる、しょぼすぎる自分と向き合わないで

人生逃げられるけど、


それだと一生涯、自分で納得できる人生とか、

成長は得られないってことでもありますね。


投資とかネットビジネスってそういう意味では自分との戦いだから

だからこそ面白いし、人生の深み知ることができるし、

価値あるもんだな、と私は思いますね。


この自立心がつけば究極どんな教材でも、自分の人生に活用できる

わけであります。



たぶんこれが自分なりに勝っていく人の思考形態ですね。

では!




ゆう





追伸・・・ちなみにだけど、私が会社員時代に驚いたのは

社内にいじめってのがあったんですね。

弱い契約とれないタイプの社員たちがいじめられていた。


ただいじめというと問題だから上司とかは

「いじる」と表現していたんですよね。


大人の世界でこういうのがあるってのはどれだけ

日本の社会は幼稚でゆがんでるだろう、と

20代のころびっくりした。


ただこういう光景って私は日本にいて思うんだけど

大体の人が無視しませんかね?


見てみぬふりってやつで。



ただ実はこの行動パターンもプロスペクト理論でして

「痛みを避けて、快楽を得る」

なんです。


だからいじめられてる従業員の男の子とか横からおせっかいで助けたら

それは痛みで、自分も上司からにらまれますから

なかなか大変になるし、


だったら無視してあとでお酒飲んだり、同僚と悪口いってるほうが

快楽得られます。



ただこれはトレードルールは守ったほうがいいと知ってるけど

できないのと一緒で

「本当は見てみぬふりはあまりしないほうがいい」

ってみんな<法>という考え方は理解してるはずなんですね。

けどできない、みたいな。


(法律や条例の上に憲法があります。んで、憲法の上に<法>がある。)


全員を助けることは無理だけど、まあ社内の身近な人のいじめくらいは

助けられるんじゃないですかね。


私はなんか最近日本の若者がこうやって結局自信をなくなって

自分で死んでいってしまうことに関して色々考える。


んでやっぱりいじめてるや○ざみたいな上司を

制止するってのは結構勇気はいるものだけど、

私なんかはそれをよくしていたんだけど


今考えるとここでプロスペクト理論に支配される行動形態より

理性で行動する形態は20代のころから練習してたのかなというのは

気づいたんです。



まあもちろん、その後好き勝手やってる役員陣からは

相当攻撃されましたけど私は闘争を継続したので

なんとかなりました。


当時はこういう生き方って同調圧力にはむかうことだから

損することおおいな~なんて

自分を客観的に見て思ったりもしてたんだけど


意外にそれは労働者から抜けて、自営業の、

投資やビジネスの分野では意外に良い方向に作用するようだ

と最近感じます。


ただこういう行動って日本では少数だと思っていて

実際にそうやって上司に楯突いた従業員は当時は周りにいなかったけど、

(ただいまだと立派な日本人はネットの登場で考える人も

少なからず増えてるはずでちょっとはいるはず。)



これ、私が今いる韓国だと結構多くの韓国の若者が

仮に「そのときは痛く」ても


自分なりの考え方でそういう場面では

第三者であっても声をあげる人が一定数いるんですよね。


これはアメリカ人なんかも全員じゃないけど、そうじゃないですかね。


私の親友で最近は会えていないけど朴さんって人がいて

彼なんかは日本で知り合ったけど、大柄の酔っ払いのフランス人2人が

深夜の新宿で日本人の女の子を路上で強引に絡んでたのを

一人で助けにいったんですよね。


これはプロスペクト理論で言えば、人間の本来の行動である

「痛みを避けて、快楽を得る」

という行動原理をコントロールして、自分なりの基準で

この朴さんが動いていた、ということなんだろうと思います。





だから普段の行動とか今までの生き方とか、それが

数字に反映されてくるのが投資とかビジネスの分野だともいえまして


だから面白いわけですね。


そこで数字が出ない場合、いやでも 自分の器の小ささと

向き合わなくてはいけなくて、


それはそれでなかなかきついかもだけど

それが向き合って、検証や改善を継続することで、

新しい成長を生むわけですね。


だから実は自分でお金を稼ぐって分野はどうもすごい奥が深いです。



こう人生の本質に直結してるというかなんというか。


それでプロスペクト理論に支配されないためには

色々自分なりに改善をしていく必要があるんだけど


その改善の継続のうちにこう自分が

早く損きり、利益は伸ばすという投資行動が普通にできるようになってきて

利益も乗っかるようになってきてそれが自信になりますよね。


この自信についてはおそらく、プライスレスな価値なんですね。

お金はついてくるけど、お金じゃ買えないものでして。


「自信がほしい」そういう人は最初は大変でしょうけど

投資やビジネスを必死こいて学んで自分と戦うというフェーズを

継続していくと


結果として人生豊かになるようにも思いますね。


人間いつ死ぬか分かりませんしその死ぬ瞬間にこう

わが人生悔いなし、といえる人生歩みたいもんですね。


完璧に生きることはできないだろうけど

自分の弱さとも会話しながら、

自分が納得できるように生きたいものですね。



ではまた!



ゆう











☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   【投資の新案件です!】


「400億円をファンドで運用してお客さんに35億円ほど

利益還元した生方さん」が教える、


子育てで忙しい専業主婦でも

株で毎月130万円稼いでいる

勝率94.3%の手法とは?

⇒  http://freeclub.jp/lp/12496/61453



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


FX業界を震撼させた話題の新FXチャートシステム、

「メテオチャート -デイトレードプレミアム-」(通称メテオ)

こちらは、いよいよ今週の6月16日(金)で、

販売が終了ということです。


今日メルマガ特典で

「色の変化だけでトレンドをひと目で判断できる!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
時間軸チャートでも使える3本の平均足スムーズド!(解説動画つき)」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という2つめの特典を追加しました!


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/3448641/1/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください