無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






G7やNATOで暴れまわるトランプは何と戦ってるのか?

2017 5月 30 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【FX初心者でも勝率8割以上】
これが資産120倍を狙える特別なロジックです!


優良(yuryou)な有料(yuryou)教材である関野さんのトレハンFXが

明日で特典終了です


5月30日まで特典付きのトレハンFXはこちら
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/8732073/2/


【ゆう音声】勝てるようになるまでやる!
⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……umade1.mp3
(スマートフォンでも聞けます♪)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
G7やNATOで暴れまわるトランプは何と戦ってるのか?
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!!



さてさて、最近トランプがG7やNATOで文字通り暴れております。

この構図を多くの世界中の「為政者サイドのマスメディア」が

大バッシングをしていた状況がありました。


が、このマスコミの報道、「なんかおかしいな~」と思う人も多いわけです。


それで この「G7」というよく分からない集まりの本質とか、

そういうのを私たち日本人は知らされないで大人になるわけで


トランプが何と戦ってるのか?もマスコミはあえて教えません。

なので今号で軽く説明したいと思います。


編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


今日の夜で5大特典終了です


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さて、今日は良質な教材を提供して多くのお客さんを

自立させているクロスリテイリング株式会社さんや私の友人でもある

FX-JINさんより

読者さんにメッセージです!


私ゆうも長く使ってる方法なんで、かなり教材の質が良いので

ぜひご覧くださいね~

==========================

【大きな利益を得るために必要な2つの要素】


こんにちは。

関野さんのトレンドハンターFXに、
多くの方が参加され、トレンドからごっそりと利益を取る手法と、
特別なプレゼントを受け取っているそうです。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/8732073/2/

そして、今日の夜2時まで5つのスペシャル特典が、
無料でプレゼントされているようです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トレハンFX5大スペシャル特典はこちら!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スペシャル特典1:
関野典良の限定オンラインセミナー録画版

スペシャル特典2:
『1円でも損したくない人必見!関野流・長時間の保有で勝率80%を達成する秘訣!』

スペシャル特典3:
『小資金からFXをスタートする際の注意点』

スペシャル特典4:
『相場を判断する際に気をつけていることとは』

スペシャル特典5:
『スイングでポジションを持っている時のファンダメンタルズの考え方』

最短で利益に直結させることも可能と言われている
今回の特典は、なんと、総額7万円相当。

それが、今回トレハンFXに参加した方に限り、
全て無料で貰えてしまうなんて、
スゴイですよね。

ぜひ今すぐトレハンFXにご参加いただき、
5大スペシャル特典を手にしていただければと思います。

今日までの期間限定となりますので、どうぞお急ぎください。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/8732073/2/


そして、本日も弊社のFX-Jinから
メッセージがあります。

どうぞこちらからご覧ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。FX-Jinです。

これまでに多くの方が、
トレンドハンターFXに参加され、

関野さんのトレンドからごっそり利益を取る手法を、
続々と学ばれています。

成長のスピードは人ぞれぞれですが、
彼らは遅かれ、早かれ大きな結果を残すことでしょう。

今回は、そのために必要な2つの要素について、
お話をしたいと思います。


=================================
結果を残すために必要な2つの要素
=================================

トレンドハンターFXに参加された方は、
すでに知識という武器を手に入れました。

あなたもお分かりの通り、
知識を手に入れただけでは当然勝てません。

大切なのは、知識を身につけ、
そして実践をすること。

いくら貴重な知識があっても、
それを実践しないでいたらなんの価値もない。

私たちは学者になりたいわけではなく、
トレーダーとして利益を生み、
経済的自由を手に入れる。

そこが目的であり、
利益を生まない学習はあまり意味がありません。

もちろん、これは人の価値観によって変わります。

知識を得ることが喜びである人にとっては、
学習するだけで終わってもいいかもしれません。

ですが、知識を習得して、
そして実践を通じて利益を上げたい方、
経済的自由を手に入れたい方は、
もっと先を見据えていかなければならないと思います。

それが、
「実践のための知識を追加する」

そして
「実践のトレーニングを繰り返す」

この2つです。


トレハンFXでは、
トレンドからごっそり利益を取るために必要な知識、
ベースとなるエッセンスをたくさん提供しています。

この土台があれば、
あなたはトレンドハンターとしての一歩を踏み出し、

実践を繰り返すトレーニングをすれば、
遅かれ早かれ、トレンドから大きく利益を取ることは可能になるでしょう。

なので、あなたがトレハンFXを学び、
関野式のトレード手法を頭に入れたあとは、
とにかく実践をして欲しいと思っています。

それはデモトレードでもかまいませんし、
少ない資金からスタートしていただいてもかまいません。

大切なのは実践を繰り返し、
自分の感覚としてトレハンFXのトレードルールを、
使いこなせるようになること。

そのレベルに到達することは
決してむずかしいことではありません。

関野さんも小資金の10万円から始めて、
知識を実践に落とし込み、1年で資産を120倍にしています。

ですが、努力も何もせず、
辿り着けるところではありません。

当然ですが、あなた自身の努力も必要ですし、
ある程度のトレーニングをする時間が必要です。

これからトレハンFXを手にし、
トレンドからごっそり利益を取っていきたい方は、

ぜひ今回お話したことを頭に入れていただいて、
実践をしてくださればと思います。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/8732073/2/


これまで、たくさんのメール、
動画をご覧いただきありがとうございました。

今回お話したことは、トレンドから利益を取りたい方にとっては、
必ずお役に立つものだと信じています。

トレハンFXをすでに購入された方も、
そうでない方にとっても、意味のある時間になれば嬉しいです。

まだ、こちらの無料コンテンツはご覧いただけますので、
無料で学びたいという方は、ぜひこちらから学んでください。

1本目「年利12,000%、伝説のトレーダー」
http://cross-webmedia.com/treh……hp?id=2173

2本目「関野流トレードの真髄」
http://cross-webmedia.com/treh……hp?id=2173

3本目「どんな手法でも使いこなせる土台を身につける」
http://cross-webmedia.com/treh……hp?id=2173

4本目「関野式プロトレーダー育成プロジェクト」
http://cross-webmedia.com/treh……hp?id=2173

特別編「関野さんドキュメンタリー映像」
http://cross-webmedia.com/treh……hp?id=2173



私がFXを教える目的、
クロスリテイリング株式会社がFXを教える目的は、

日本の投資教育のレベルを底上げし、
投資家が欧米レベルに社会的に認知され、
尊敬される職業にすることです。

その上で、経済的自由を手にして、
自由な人生を楽しめる人が増えたら嬉しく思います。

投資家を育成する学校も作っていこうと思っていますので、
どうしてもそのための資金が必要になります。

そのために、色んな教材を開発し、
教育も兼ねてコンテンツを販売させていただいています。

私、FX-Jinの理念、クロスリテイリング株式会社の理念に
共感していただける人がいることは、
とても嬉しいことです。

ですが、応援していただける方にも、
いろんな事情、そのときの状況が変わってくることもあると思います。

弊社の教材を手にしていただけることは、
とても嬉しいことですし、あなたにとってプラスになると信じています。

あなたのできる範囲で、
私の活動、クロスリテイリングの活動を応援してくだされば
嬉しく思います。

今後も、有料のもの、無料のものをできるだけたくさん
提供していく予定です。

ぜひ、その時も、楽しみながら学び、
あなたの状況にあわせて応援してくだされば嬉しいです。

今後とも、クロスリテイリング株式会社をよろしくお願いします。
今日も最後までメールをご覧いただき、ありがとうございます。


感謝。


今のFX相場の流れにのってFX初心者でも大きく稼げる。
トレンドハンターFXはこちら。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/8732073/2/


FX-Jin
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こちらが弊社FX-Jinからのメッセージでした。

関野さんの手法の全ては、
こちらで公開されています。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/8732073/2/

すでにご確認していただいているかもしれませんが、
いまだけの期間限定で、
5つのスペシャル特典が、
無料でプレゼントされているようです!

トレハンFXのトレードルールを使って
利益を最大化させるためにも、
ぜひご自身のトレードに取り入れていただければと思います。
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/8732073/2/



==========================



以上です!!



それで重要なことが言われていますがやはり

どんな教材でも、塾でも、結局結果出すのは実践を繰り返した人

ですよね。



それで実践を続けていくと、その中でおかしかった部分、

失敗ってのが必ず生まれてくるわけですね。



これはメルマガでよく書くことでトライ&エラー&検証&トライ。


これがとても重要なのはFXなんかも同じですよね。


んで、トライしてエラー=失敗、が発生するんだけど最初は。

そこでその失敗原因を検証するのが大事ですよね?


んで次にその失敗原因分かっているのだから

またトライする。


そうするとまた新しい失敗が出てくるものだけど

それも検証する。


それでまたトライ・・・こうやっていくといつか成功体験

ってのが生まれてくるものです。


そこで失敗からだけではなくて成功から学ぶことも

できるようになってくる。


だから失敗とか成功っていうのは実際の話は

「データ」ですよね。


失敗ってのは資金が減る投資行動のデータ、

成功は資金が増えやすい投資行動のデータ。


これは読者さんの資質や個性によっても変わってくるんだけど

それぞれの個性を反映したデータが自分の経験には詰まってるわけです。


だからどんな本よりも自分の経験というのは

生かせる要素がつまってるのかもしれません。気づかないだけで。


それでそのためにはどうしても検証したり実践したり、

ってのは大事ですから、


それを継続するのが大事ですね!


実践でも4時間足で実践しながら、そのエントリー前に検証を10回やって

エントリーする。これやるだけで成長スピードは速くなりますね。



ぜひやってみてください。


それで今日の夜2時あたりで特典が終了ということなので

値段も24分割だと1000円台からスタートできて

かなりお得だと思いますのでぜひ興味ありましたらごらんくださいね~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/8732073/2/








============編集後記=============

さてさて、昨日なんだけど


(写真あり)釜山離島からの遊覧船ツアーの景色が結構すごかったです


っていう号を流しました。


ちなみに私は今巨済島って言う離島にいるんですけど

こんな離島でもWIFI通ってるカフェがあるんですね。



しかも広々していてゆっくりパソコンを広げられます。


(写真)巨済島のカフェ
⇒  http://yuhfx1.com/gazou/korea/……e_cafe.JPG


それで各席に電源を充電するコンセントがついていますから

パソコン系の仕事の人にはとにかく良い時代になってると

思います。


ちなみにさっき道を歩いていたら、韓国のおじさんに話しかけられて

英語で「君はどこからきたの?」「はい、日本から来ました」

「オーウェルカム、ゆっくりしてね」みたいな感じで


謎に握手されました(笑)


また色々なお店で700円とか500円の食事食べるんだけど

そこでもまあみんな優しいわけでして、


韓国が反日?とかよくネットで書かれてるけど

またテレビなんかでもそういう報道されるけど

ほんまかいな状態で、

世の中嘘ばっかりだな~なんて良く感じますよね。


昔はネットに真実があった時代も結構あったんだけど

それは私が大学生くらいのころで、


2000年代前半は確かにネット上に真実が転がっていたのだろうと

思うけど、


多くの人がネットを使うようになって、そういう情報はどんどん

検索からはじかれるようになって、

マスコミと同じような情報がネットの大半を占める状態に

なってますよね。


それでこれはトランプやG7やNATOに関する報道もそうで、

以前は「民衆サイドの見かた」というのがネットではあったけど

最近はほぼ、滅んできています。


情報統制ってやつです。


だからトランプをとにかく批判してバッシングして、

みたいな報道ばかりですよね、ここ最近は。

右も左もまるで協調してるかのようにトランプ批判です。


それでG7とかNATOの中で暴れるトランプを問題児?扱いしてるのが

今のマスコミだけど


「誰にとって問題児なのか」というところがあって

それを考えないといけない。


トランプがG7やNATOの中で暴れてそれを問題児のように報道するわけだけど

そこで困ってるのは今までの官僚支配を続けてきた

欧米や日本の官僚たちであってそこでリベート料なんかでつながる

軍産複合体、あとは宗教団体、


彼らからしたらトランプは問題児なんだろうな、と。


が、民衆からしたらこの官僚や軍産がどんどん強くなれば

人権制限につながり、自由がなくなるわけだから


民衆からしたら問題児という見かたは成り立たないのだけど


が、民衆も民衆でまさにテレビやネットの情報でこう認識扇動されて

とりあえずトランプは悪いやつと理解して発言すればOKだと思ってる。


そっちのほうが無難ですから。


が、それだと疑問が出てくるわけで

「それでもじゃあなぜトランプは支持されてるの?」

ということになるわけです。


この辺を今日はG7やNATOあたりのことを言及して考えて生きたいと

思います。


それでG7なんかでトランプが暴れたってことが

まあ報道されてるわけだけど


NATO首脳会談に続いて開かれたのがG7サミットでした。


それでこのG7サミットってのは何かというと

私たち日本人はその本質を知らされていないけど


これはもともと1985年にプラザ合意ってのがあって

そこで作られたのがG7でしたが


このG7っていうのはその14年前に1971年に金ドル交換停止

ってのがあったのですね。ニクソンショックとして知られています。


そこでドルの基軸通貨性の低下というのが起こったわけですが

そこで多くの先進諸国ってのが対ドルの為替相場に協調介入して

ドルを買い支える必要があったわけですが


そのときに作られたのがG7です。


ここでニクソンと言う人は立派だったのだろうと思いますが

彼の場合、今のトランプのようにまさにアメリカ帝国覇権を自ら

放棄しようとしていましたが


そこでほかの先進同盟諸国の官僚同盟みたいのが

市場介入して覇権維持してしまおうという対立があって


そこで出てきたのが当初のG7ですよね。


それでアメリカのトランプ大統領も「アメリカファースト」であって

もう世界の警察官としてアメリカが自国の発展犠牲にして

それで振舞うのは良くない、そこで得するのはワシントン官僚たちの

エスタブだけだ、


ということでこの覇権放棄をしようとしている人なんだけど

そのトランプがG7を嫌うのは当たり前なんです。



トランプはアメリカの覇権放棄をしたいのにこのG7ってのは

覇権放棄させないでそこで利権を蓄えようと言う人たちの集まりだから。



ただもう世界の構図はこの数十年で大きく変わってきていまして、

G7なんてのはもう実際のところは力ないわけです。


2008年にリーマンショックがおきまして

そこで先進諸国だけではこの世界の経済問題は解決できない


となったわけです。


そこで今まではG7が世界の経済政策の最高意思決定を持っていたのだけど

ここでもう先進諸国だけでは解決できない、となって


それで中国やロシアはじめとするBRICSを中心とした新興諸国を入れた

G20にその地位を引き渡したわけですね。


だからもう世界経済政策の最高意思決定というのはこれ、

G7じゃなくG20です。


この冷酷な、今の世界で起こってる事実と向き合わないのが

米日のマスコミなわけですね。



んでG20ではアメリカと中国が対等な関係であります。


実質的にはG7なんかは今はG20の下になってるわけでして、

G20の加盟国の中でやたら先進国がこだわってる問題だけ

G7で議論しましょうという会議になってきているわけですね。




ただここでアメリカや日本や欧州のマスコミでは

やはりこの状況を認めたくありませんから、


だから「G7が世界最高の経済政策決定機関だ~という嘘」を

流すわけであります。


が、これは嘘です。



たとえば私がメルマガで扱ってきている極東情勢についても

北朝鮮問題はトランプと習近平の米中協調で解決が進んでるわけです。


それでだから米中、の関係ですから

これは枠組みとしてはG20の枠組みで物事が進んでるわけですね。


G7の枠組みではない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからトランプが本当に言いたいところは

彼の本音を分析して代弁すれば、


「いい加減アメリカ帝国でいてほしい、そこで利権をこしらえてる

G7なんて単なる官僚機構や軍産などや危ない宗教団体の

既得権益でありクソである。


例えば北朝鮮問題はG7ではなくG20の枠組み、

すなわちアメリカと中国、俺トランプと習近平と必ず解決するから

安心しろ、もうG7の時代ではない」


ということでしょう。



ただ今のアメリカや日本や欧州のマスコミってのはこの

既得権益の構図の利益代弁機関ですから


トランプを批判するわけで、そう見ると本当に

その構図で動いてるのが分かります。



だからトランプとしてはG7なんていう、既得権益の集まりのような

会合で、中国がいない国際会議で北朝鮮問題を議論しても

意味がないと考えているし


同じくロシアがいない国際会議でシリアやイラクの問題を

論じても意味がないと考えるわけですね。



んで、G7の会合においてははっきりいって、トランプのアメリカが

多くの問題に関して反対して 大した合意もなしに終わったわけですが


ここで多くのアメリカ日本欧州のメディアの現在のトランプバッシングと

なっているわけですが


例えば地球温暖化説なんてのもこれ嘘ですよね。


これは私は外国人と話すうちに知ったんだけど

地球温暖化説信じてる人=馬鹿と見なされたりもするんですね。


私がGlobal warming 地球温暖化が進んでるなんて話を20代のころ

無知で外国のオーストラリア人に話したら


「ゆう、お前はそんな 説信じてるのかい??

まともな頭持ってるやつならそんなの信じていないぞ」


と諭されたことがあるんだけど


これは色々金融のことなんかも勉強して排出権取引ってのが

ある種の金融商品化してきているってのも私は知りまして


あ、どうも嘘なんだ、というのは分かってきました。



温室効果ガス犯人説というのがあるけど、これははっきりいえば

仮説であって、英語圏では相当批判がされてるわけだけど


なぜかそれは日本では情報として入ってこなくなってるんですね。


情報統制されてる。G7の構造にあわせるマスコミによって。


トランプなんかはこの構図をよく理解していますから

この温暖化説の決め付けの嘘の裏には大きな利権が潜んでるのを

彼は理解してますから


彼はこの温暖化説という嘘については批判的なわけです。


この温暖化問題でアメリカが損を被ってるんだというのが

トランプの主張ですが


そしてそれをトランプが間違ってるとやるのがマスコミですが

そのマスコミ自体がどうも間違っています。



またイタリアが今回主催したG7サミットが難民を大歓迎します

という方向性でありましたが


それについてトランプが「それはおかしくないか」

ということで全面拒否したわけで


これがまあ自称リベラルの人たちの批判を受けてるわけです。


彼らはリビアのカダフィを虐殺して金塊奪って

I,Sの資金背景になったヒラリークリントンを支持する人たちですよね。


一体何が「リベラル」なのかと最近私は感じます。


例えばイタリアには難民流入というのが起こっておりますが

ここでは「正体が不明確なNGO」が絡んでるんという指摘もあるわけです。


どうも最近言われるのはその背後にジョージソロスがいるのではないか

というところですよね。


イタリアなんかは難民をがんがんに受け入れていたわけですが

そこで難民を受け入れて国民にするということを続けたわけです。


が、ここでイタリアに入国した難民の中にアルカイダやI,Sが入ってる

わけでして


彼らがEU全体に自由に行けてしまう訳ですね。

シェンゲン体制によって。


この辺のアルカイダやI,Sが欧州で暴れまわる地盤を作ってしまってる

という問題がこの難民受け入れには存在するわけで

その各国や欧州でテロを引き起こして混乱を狙う勢力にとって


都合が良いのが難民受け入れだという見かたがあるわけですが

その見かたはあまり論じられません。


が、トランプはその見かたを取ってる訳ですね。


なので今回のG7サミットにおいて一応表向きはリベラルな人たちが

難民大歓迎ということを言ってる訳で


それを先進国全体で共有しようとしているわけですが

これは確かに表向きは 慈悲深く良いように聞こえますが


ISとかアルカイダなんかのアメリカの軍産につながる集団には

うれしい動きでもある、ということがあって


この辺でトランプが全面拒否するのは当然といえば当然だと

思われます。

この辺は難民受け入れしているNGOの実態を本当は解明して

それで議論しないといけない問題なんだろうと私なんかは感じますよね。

どうもこのNGOがあやしい。



がこのNGOの怪しさを無視して慈悲深く難民受け入れを共有しましょう

というG7の欺瞞についてトランプが怒ってるのだろうとも思います。


それで今まではアメリカはまさに「帝国」であって

ここで世界経済成長について、消費する責任を負っていたわけでして


ここで旺盛に世界から輸入して消費してやるってのがアメリカの

やっていたことでした。



トランプなんかは、もうアメリカ帝国の覇権なんかはいらないから

まさにアメリカ国内問題優先主義でアメリカファーストですから、


そこで保護主義と批判されてもバンバン

今までみたいに貿易赤字許容して輸入ばかりするのではなく

輸出するのだ、と。


だからトランプはドイツなんかが貿易黒字出しすぎていて

だからうちのアメリカは貿易赤字なんだということを言って

紛糾したわけだけど


これはそのまま日本にもこれからぶつけられていく問題だと

思います。



だから今までの軍産複合体なんかともつながるG7の支配体制が

あったわけですが


ここに喧嘩売って戦っているトランプのあり方というのが

印象的ですよね。


それで今回トランプはG7だけではなく

NATOともこれまた喧嘩していたわけですが


このNATO諸国の外交官たちってのはもう軍産の傀儡でありますから

やはりトランプの敵である軍産側の人間なんですね。


NATOやG7ってのは本来アメリカのものであった覇権を

勝手にのっとって先進同盟諸国のエスタブによって運営されていた

機関でしょうが


もうトランプとしてはこれに対してはNOと言うという立場が

見えました。


だから大きくはトランプ支持者たちが求める

「反 エスタブリッシュメントの既得権益支配」なんですね。


それに沿ってトランプは動いている。


それで上の文章でなぜトランプがG7という構図に反対するのか

は分かると思うんだけど


トランプはやはりNATOっていうこの軍産複合体の利益代弁する

集団が許せないってのはあると思うんですね。


これは日本人の、日本国家ではなく民衆のための安全保障としても

重要な点で、


NATOが5条を発動したのが911でした。

歴史上初めて。


それでこのNATOの5条が問題となるんだけど

この5条ってのは「加盟国が敵国から攻撃されて戦争になったら

すべての加盟国がこの戦争に参加すべし」


というものです。



この5条スキームってのは要するに例えば

上記難民を受け入れて、大半の難民は困った人たちで

私はその人たちを助けるってのは人道上重要だという立場ではあるけど


上記の「謎なNGO」ってのがこの難民受け入れで既得権益化している

ってのは世界で分析されてる点です。


ここでなぜか難民をよそおったISとかアルカイダを受け入れてるのは

事実であって、そして彼らがシェンゲン協定を逆手にとって

ヨーロッパを自由に移動してテロ起こすという構図があるわけですが


例えばここで東ヨーロッパの小さな国が軍産複合体の諜報機関に

扇動されながらロシアを挑発してここで戦争が起これば
(シリア情勢のような感じで)


NATO5条を発動させると、そこでトランプのアメリカがロシアとの

核戦争に出ることを強制されるわけです。


だからトランプの背後にはキッシンジャーがいるのだけど

このNATOっていう既得権益の塊、


すなわちそのNATOは軍産複合体だったり、日本の外務官僚

およびアメリカのワシントン官僚、および統一ムーニー勢力

それらと密接につながってるとわかってきますが


彼らの意図や利益を代弁するのがNATOであります。


それでNATOの第5条を利用していけば彼らの求める第3次世界大戦

という事態になるわけで


それを防ぐという観点からしてトランプはNATOと敵対するのは

当然です。


それで今までは冷戦構造というのがありましたが

ここでNATOの背後にいる軍産複合体ってのはもし戦争がなくなれば

利権は消失するわけですね。


これは「戦争はもっとも儲かるビジネスモデルである」

というところでして


はっきりいって電子書籍ビジネスよりもアフィリエイトよりも

転売よりも、


まあ戦争ビジネスはその何万倍何十万倍も儲かるわけでして

だから戦争は世界でなくならない。


が、重要なのは結果的にその戦争につながるのが

リベラルが賛成する難民受け入れであり、その難民受け入れから

アルカイダ、I,Sが流入して彼らが扇動されて


NATO第5条と結びついてそれで大きな戦争に扇動される危険性が

高いわけですが、そういうスキームが実際に存在するはずなのですが


それをなんと自由を求めるリベラルが推進しているという

おかしさがあるわけです。


戦争になればリベラル、自由なんてのは一番なくなるものなのに

彼らはNATOや軍産の戦略に気づかずにそれに乗せられている

というおかしさがこの2年くらいで出てきている現象です。



いつの時代も自称リベラルが為政者に騙されていき

戦争に発展していく。


それでトランプは


たとえばNATO関係者にとって、軍産やそこと利益を共通する官僚たちが

冷戦後の戦争の恒久化として 

テロ戦争を利用しているというのも

当然気づいておりますから


だからNATOとは敵対する政策を支持するんですね。


NATOの外交官だったり軍産にとってアルカイダだったりI,Sっていうのは

とても重要な自分たちの「お敵様」であって


彼らがいるからNATOがなんとか存続できるという

この政治背景をトランプは理解していて


だからNATOの詭弁を彼は認めないんでしょう。


だから全ては諜報部門での話しになってくるんでしょう。


がこの諜報部門のインテリジェンス部門の話というのは

マスコミでは当然話されませんから、


日本のテレビとか報道を見ていると

なんか金髪ゴリラの人がただ怒ってるだけに見える。




が、実際はトランプというのは軍産利権と戦っている最中であって

そこで米日マスコミから袋叩きにあってるという構図であります



これは小沢鳩山が同じくマスコミから袋叩きにあった構図と

似ておりますね。



それでNATOの5条ってのはこれはまさに

アイゼンハワーが演説で軍産複合体の危険性に触れた演説が

有名だったけど


その軍産の権限拡大を象徴するような組織であって


たとえばアメリカの大統領ってのは

NATOの首脳会議に出席する際に、


「私はNATOの5条を支持します!」と宣言しないといけないわけです。



これは要するに大統領ってのは実際はアメリカで民衆の代表をするはずなのに

権限がなく、軍産のほうが上であり


軍産複合体と仲良くするならば(5条支持するならば)

大統領としてなんとかやっていけますよ、


というのがNATOの首脳会議のルールで示されてるようなものです。


が、トランプはここで演説では5条には触れずに

それを拒否ってるんですね。



だからトランプはいずれ暗殺されるかもしれないし、

逆にうまくなんとか軍産の無力化を進めていけるかもしれない。


そういう状況で戦ってるわけで


その上で今回のG7やNATO勢とトランプの対立

というのが起こってるわけです。



だからとても簡単に言ってしまうと

今までの先進諸国で既得権益をもってたのが


軍産複合体を中心とする勢力および、そことつながる官僚だったり

宗教勢力だったりしたんだけど


その既得権益の代表機関であるNATOやG7という機関に対して

トランプが「NO」を突き返したというのが現在の国際情勢ですね。



そして日本のマスコミも、アメリカのCNNはじめとするマスコミも

この既得権益層の利益を代表する報道を展開するというところでは

ずっと一致しておりますから


これは当然トランプを総攻撃で叩くわけです。


が、アメリカでトランプを支持している人たちってのは

この構図が見えてるからですね、


だからそれでも支持してるんだとわかって来ます。



彼らはマスコミ自体を大本営発表の最たるものという風に認識している。


このマスコミを妄信しないというところにおいては

やはりアメリカの民衆たちのすごさはあると思います。



それで、最後にかけば私のメルマガは

反軍産複合体、そしてそれらとつながる官僚たちの利権について

もおかしいという立場ですから


このようなトランプの見方になるのですが

それは社会では圧倒的少数意見になるというのも理解している

わけです。


なので私を妄信していただかなくて結構ですので

「近代デモクラシーにおいては読者さん自身が

他者がどういったかどうかではなくて自分で考えるのが重要だから」


だから私の非主流であるメルマガの内容と

主流派である、軍産や官僚の利益を代弁するマスコミの


意見比較をぜひしてみてほしいと思います。


その上で、自分の考え方や見かたを読者さんが構築するのが

大事ですね。



ただ面白いのが私ゆうはこうやって

「私の持ってる見方とマスコミの見かたを比較して

読者さんの意見を持ってくれ」


とは書くんだけど


一方のアメリカと日本のマスコミを見ると

絶対に G7のあり方についても その対立意見を報道しませんよね。


それで「ほかの意見は一切みないで私たちマスコミのことを

妄信してください」と言わんばかりです。



このおかしさに気づく必要があると私なんかは思うんですよね。


ただ実際にG7とかNATOとか、もはや軍産やエリートエスタブ官僚たちの

利権化しているのはもう否定できない事実だと私は見てるけど


この辺も考えていく必要があると思いました。


その上でトランプを見ると意外に

「何してるか分からない金髪ゴリラっぽい人」が

結構まともにJFケネディばりに軍産を無力化するために


キッシンジャーと情報交換しながら政治を展開している

構図が見えてきますから


この辺は読者さん自身が誰も妄信せず

ご自身で考える機会になればな、と思って今号で扱いました。



それではまた!



ゆう




PS・・・ちなみにG7の目的はやはり協調介入で

ドルの機軸体制を維持するためというのが

そもそもの目的であったろうと私は見ますが


そう考えると為替でも日本政府がまさにG7にあわせて

しっかり為替介入してなんとか強いドルを維持しようという

のも


合点いきますよね。


アメリカの覇権体制があることでそこで利権をこしらえてる

官僚たちというのが多く存在します。


そして彼らは姿を見せないんだけど

彼らの隠然たる支配になんとなしに、最近は日本人の多くが

気づいている。


加計学園問題でもなんか官僚のおっさんが問題あったはずなのに

最近は一部「良い人」のように報道されていて

「おかしいな~」と思うわけです。


しかも左のメディアでそういう報道が良くされている。


右のメディアも、左のメディアも操られてる可能性も

考えたほうがいいですよね。


どうも本来の支配者である官僚たちに手が及びそうだから

彼ら官僚たちもその動きを恐れている。




そもそも2009年の小沢鳩山という官僚支配に

立ち向かったこの政権は


右のメディアの読売、産経

左のメディアの朝日、毎日


この両者に 共通して攻撃された、ということですから

この辺について今一度考える必要はあるでしょう。



私が非常に不思議なのは左のメディアは正義を演じるけども

じゃあその左のメディアがもっとも2009年の小沢鳩山たたきに

大きな影響力を持ったわけでして


そして結果として必然性を持って

官僚の利益に忠実に結果として動いている

安倍政権という暴君が生まれたわけだけど


そしてその安倍政権は悪いと彼らが自分たちで誕生させておいて

叩いている。


そして、その安倍首相は実際は予算の権限もないのに

まるで彼が内閣人事局で官僚を掌握している、という風に報道するけど

それ自体本当かよ、と私は思うんですよね。




私の知人が官邸関係の仕事しているけど

彼いわくまったく安倍首相なんかは権限がなくて予算権限は

官僚さんにお願いしないと何もできないって言ってたし。


共謀罪にしても私のメルマガで結構昔から扱ってきた内容で

官僚国家化する危険性はかなり昔から周知だったのに


もう決まりきった最近の段階でようやく報道しだしたりする。



なんかおかしいな~と思いますよね。


なんかプロレス的な自作,自,演的な雰囲気を感じてる人は

たぶん結構いるんですね。



それで、トランプのG7のことについても

例えば左のメディアの毎日は


「トランプ夫妻“別格”扱い 安全配慮「無礼」報道」

ということでトランプを批判しているし、


また右のメディアの産経なんかも

「トランプ氏「2番になりたくない」 パリ協定離脱、判断先送り」

ということで、これまたトランプには批判的です。


だから日本の右と左のメディアがまるで

申し合わせたようにトランプに関しては批判的。


「右も左もトランプについての認識や評価は一緒」

です。


なんかおかしいんですね。

既得権益の官僚支配と戦うトランプにおいては

右も左もカウンター意見がほぼ存在しないで

一斉に、ベッキーたたきに近い感じで一斉に叩くわけです。


要するに右のメディアでも左のメディアでも

本当に民衆利益に対立する軍産支配だったり

そこと結びついた官僚支配に対抗しようとする


本当の意味での批判精神を持ってるマスメディアは皆無である

ということだと思います。



だからどのメディアも妄信してはいけなくて自分自身で

検証しながら考えるってのが大事な時代ですよね。



それではまた!



ゆう
















■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【FX初心者でも勝率8割以上】
これが資産120倍を狙える特別なロジックです!


優良(yuryou)な有料(yuryou)教材である関野さんのトレハンFXが

明日で特典終了です


5月30日まで特典付きのトレハンFXはこちら
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/8732073/2/


【ゆう音声】勝てるようになるまでやる!
⇒  http://fxgod.net/onsei/fx/hatt……umade1.mp3
(スマートフォンでも聞けます♪)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXで長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

見るか見ないかでこれから先勝つか負けるか変わってくるかも?(笑)しれない情報です☆
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXで勝つために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

メールアドレス(必須)
名前
当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください