無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






哲学家の厚切りジェイソンさんの言葉から学ぶ 「みんなと一緒」の怖さ

2017 5月 16 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

哲学家の厚切りジェイソンさんの言葉から学ぶ
「みんなと一緒」の怖さ
⇒メルマガ後半で!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    

2017年5月時点で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
30名中30名全員結果出してる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
=稼ぎ出している
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というインターネット×リアルをかけあわせた

あまり現時点ではみんなが知らないタイプのビジネスモデルです。


⇒  http://f-1asp.com/lp/11965/38130


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【FX新案件(優良な案件です)】

この和也さんは元々路上生活者(ホームレス)をされていた

そうです。

その路上生活者から豪腕トレーダーへと

這い上がった和也が荒稼ぎする


「1年に1回」1時間の作業で

「年利500%」を得て多くの生徒を成功させてるカラクリを

暴露してくれるそうです

⇒  http://yourcheer3.com/lp/11873/204952/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!


さてさて、昨日から開始しているこちらの

30名中30名が結果を出しているというこちらの案件ですが

かなり人気ですね~


これからの時代、自分でネットなりリアルなりを

使ってお金を稼ぐというのは結構当たり前の時代になると

私は思ってるのですが



ただ多くの人がネットで稼ぐ=オンラインビジネスに

参入しているのが現状だけど、

オンラインビジネスにおいて、結構競合が多いというのも

事実です。


が、実はこれがオンラインビジネス×オフラインビジネスとなると

競合数が一気に減るんですね。


これは「みんながあまり知らないから」というのが

理由だと思います。



⇒  http://f-1asp.com/lp/11965/38130




今日は引き続きこちらの案件を担当している

今井さんから読者さんにメッセージです!




========================
【衝撃】来月から月収100万円になります

こんにちは今井です。


早いことに1年の3分の1が終わりました。
1年という時間は長いようで短く
あっという間に月日は流れていきます。


残りの月日を後悔しないように
まず、これを見て下さい。

↓↓↓↓↓
http://f-1asp.com/lp/11965/38130


今年こそは・・・したい。

と、年始に言っていたことは
しっかり出来ていますか?


大抵の人は出来ていないと思います。


行動できない人間の言い訳として


「後でやればいいや!」

「めんどくさい、明日やろう!」


人間、誰もが抱いてしまう
「この甘い誘惑に」
負けてしまっていませんか?


そんな甘えがある限り
月収100万円なんて夢のまた夢です。


しかしそんな甘い考えが頭の中から
強制的に消えて無くなってしまう
即金で稼げる情報が公開されました。


http://f-1asp.com/lp/11965/38130



たった500円を使いその日には
なんと「20万円」に変わってしまう
魔法のような情報です。


最初この情報を聞いたときは

「馬鹿にするのも大概にしろ」

と、正直怒りを感じていました。


でも・・・


この情報の真実を聞いて
私も納得してしまいました。


いや、納得せざるを得ないです。


日本が不況になればなるほど稼げる!?

高齢化が進めば進むほど稼げる!?


そんな情報なのです。


この言葉だけを聞いても
一体意味が分からないでしょう。


あなたの目で、耳で真実を確かめて下さい。


http://f-1asp.com/lp/11965/38130


※ 無料公開は今回限定です。



========================


以上です!!


ちなみに私なんかは今韓国にいるのだけど

日本にいるときと、韓国にいるときで大きく「心境の変化」

というのがあるんですね。


それは日本にいるときってこう成長するのが当たり前じゃない

というかそういう社会的雰囲気ってのがあると思うんです。


みんなが衰退していて当たり前みたいな

なんというか社会全体のこの30年くらいの雰囲気が

あると思うんですね。


実際に「これから給料があがって当たり前」という感覚で

日々を生きてる人たちってのは少ないと思います。


ただ一部ネット起業家とか投資家だけは別で

資産が増えるのが当たり前という感覚で生きてると思うのですけども。


ただ日本社会全体の傾向としては公務員とか大企業の人間以外は

どうも衰退するのが自然になってしまってる・・・


というのがあると思うのですよね、なんとなく。

節約するのが当たり前みたいな。


贅沢は敵みたいな感じです。


ただ、これは今の新興アジア国ってのは別で

やはり多くの人の生活が10年前、もしくは5年前と

比べて明らかに良くなってきているわけです。


だからみんな、言葉に出すわけではないのだけど

社会全体の雰囲気として「毎月受け取るお金が増えて当たり前」

みたいな雰囲気があるんですよね。


みんなはみんな、読者さんは読者さんだと思われますから

やはり持つ価値観、あえて自分が洗脳される価値観を

選択するとするならば



「毎月受け取るお金が増えて当たり前」


という価値観のほうが良いのだ、と私は思います。


http://f-1asp.com/lp/11965/38130



ただ同時に、日本の「ネットなりを活用して稼ぐ」

ってのはかなり発展しているのだ、と思う点もありまして


というのは韓国なんかではこの類の情報がすごい少ないようです。

これは多くの韓国人たちに

「ネットなりを活用して自分で稼ぐ方法とかそういう

プログラムって韓国にはないの」と聞いても


みんなよく知らないって言うんですね。


これはたぶん先進国として真っ先に行き詰ってるのが

日本であって、


だからこそその対抗策みたいなところで出てきたのが

「ネット活用して稼ぐ」というものだと思うわけです。


だからやたら他国よりこの業界が怪しいながらも面白くなってきてる

というのはあると思うんですね。


元はアメリカから始まったはずなんだけど

最近はアメリカなんかにはないだろな、みたいな

こういうビジネスモデルを扱った案件なんかも出てきてます。


http://f-1asp.com/lp/11965/38130



それで数年前は「自分で稼いでるのはすごい」という

時代だったと思うんだけど

もう最近は「自分で稼いでいるのは特にすごいことでもない」

という感じになってきてますよね。


ちなみに私ゆうなんかももう数年経過しますが

海外にいながら色々学びながら自分で稼ぐってことを

しているわけだけど


それがこう自分の中では日常なんですね。


ただ、これが世界の中で日常じゃないんだな、って

感じるところがあって、


この前在韓日本人の人と話をしていたんですよ。


時々そこで私は何している人かかなり不詳なので

それこそ格好見ると髭伸ばしてるし髪長めだし

まあサラリーマンではないと思うわけです。


だから話してる最中に聞かれるのが

「普段何してるんですか?」

ってことなんですけど


そこでネットを活用して稼いで、自分の好きな国にいって

学びながら生きてます、なんていうと


そこで「え~いいな~」なんて結構言われるんです。


これは日本人だけじゃなくて、欧米の人にも言われるし

オーストラリアとかあとはマレーとかフィリピンの人にも

もちろん韓国の人にも言われる。


だから私はそういう反応をみて、

「あ、自分の中では当たり前のことが

世界では当たり前じゃないんだな」

なんて感じたりするわけです。


ただ日本のネットみると、日本語圏の「怪しい情報」

であるこのインフォ業界の人たち見ると

それは結構普通のことなんです。



それで最近はこういう他国ではまあなかなかないだろうな

という情報も普通に日本で出てきてるわけだけど


http://f-1asp.com/lp/11965/38130



これって日本語圏の人特有の優位性なんだということにも

気づくんですね。


というのは韓国人たちにそういう話をしたら

「俺もそういうのやりたい、どうやるの」となるわけですけども


そこで例えば上みたいなビジネスモデルがあるな~と

考えるけど、


ただこれってまず条件として日本語がネイティブじゃないと

なかなか出来ないわけです。


まず東京でセミナーだし、それに韓国人が行く場合は

渡航費がかかるわけです。


そして日本語も分からないわけでして、そうなると

なかなかやりたくても出来ないわけですね。


だから私は

「君が日本語理解できて、日本に渡航できて

サポートなんかの人と日本語で連絡取り合ったりできるなら

まあ可能かもしれないけど・・・」


といわざるを得ないわけです。


ちなみにもう少し言うと、日本の怪しい業界である

インフォ業界の情報って、実は英語圏(マレー語と中国語も)

であるマレーシアなんかでは結構今流行してるんですよ。


知ってました?


これは英語圏のマレーシア人たちが

アメリカのインフォの教材じゃなくてですね、


マレーシア人たちが日本語を訳して、ほんと

5,6年前の教材をこうマレーシアで売ってたりするわけで

まあ結構知ってる人は知ってると。



ただ、クヲリティは5.6年前のインフォ系と

今のインフォ系だとやはり今のほうが面白いというか

再現率は高くなってるのだけど


彼らはかなり昔の日本の情報を訳してそれを買ってるマレーシア人

がいるってことなんです。


ただ本国日本ではこのインフォの情報って文字通り人生変わるのに

怪しい扱いされているわけで


このギャップが私はすごい面白いなって思うんですね~


それで、これも怪しいかもしれませんが、

実は結構ガチに稼いでる人増えてるんですね。



http://f-1asp.com/lp/11965/38130



それで・・・「なんで稼いでる人増えてるの?」

っていうとですね、


これ一言で言いますと昨日ちょっと書いたけど

「みんなと違うことしてるから」

です。



みんなと違うところで経済活動したら、まあ

労力は相当小さくした上で稼げるわけなんですよ。


もちろん、みんなと同じ分野でもそこで相当がんばれば

稼げるんだけど、


やはり稼げるまでの時間を短縮するためには

やはり「マイナー」である必要があるわけです。


「メジャーな稼ぎ方」ってのはこれは相当自信がある人はいいけど

そうじゃない場合はやはり勝負の仕方も考えないといけない。



これはたぶん恋愛とかでも共通している点だけど

例えばですね、まあ日本は独身男性の80%ほどが

彼女いないと言われています。


このままいくと絶滅します。


ただ多くの独身男性がじゃあ結婚とか、あとは彼女作る

となった場合、


大体の人はこれ「コミュニティ」に行くわけですね。


まあ別になんかのサークルでもいいし、

あとは学校とか会社とか、もしくは


婚活パーティーとか自治体の開くお見合いイベントとか、

あとはクラブ行ったり、

お金ある人はキャバ行ったり、

そういうのがたくさんあるけど


そういうところでみんながんばって彼女なりを

つくろうとするわけなんです。


ただこれって「強者」はいいんですね。


例えば超絶イケメンだったり、とてもお金持ちだったり、

あとはすごいコミュニケーション上手だったり、

あとは職業が民衆から搾取する公務員だったり、


そういう人は「競争」の中で勝っていけますから

そういうところで戦って彼女なりを作れるんだろうと思う。


ちなみに婚活パーティーって面白いですよね。

あれはどうも男性側が「医者、弁護士限定」とか

あとは「年収600万円以上」とかそういう限定がつけられたり

していて、


そして多くの女性がまず最初に話す言葉は

「年収いくらですか?」っていうこともあるらしい。


もう恋愛とか男女関係において数字が最初に出るようだと

もうこれ男側もげんなりするんだろう、と思う。


ただそういう中でなんとか戦うことを余儀なくされてるのが

日本の男性たちであって大変だろうと思うのだけど


ただ私が思うところなんだけど、

「なんで みんな と一緒のところで恋愛をしたがるのか」

というところなんですよね。


私なんかはやはり彼女作ったりとかですね、

これはやはり見つける場所は 道だったりお店だったりする

わけですね。


多くの男性が集まるコミュニティなんてのは

なんというか「比較」されるわけじゃないですか。


嫌でも。


これは合コンなんかもそうだと思うんですね。


これは強者は勝てる場所だけど、そうじゃない人は

なかなか競争にさらされて勝ちづらいわけです。



ただ面白いことに、道とかお店での出会い、そこで

声をかけるとかですね、


これを一人で群れずにやってる

日本人男性はほとんどいないわけですね。


群れて集団でな、んぱしてる男性は多いけど

一人のときでも普通に電車の中で声かけたり

道の上で友達になったり、あとは

コンビニの店員さんと仲良くなろうとする人は


あまりいないわけです。


当然多くの女性は婚活なんて行かない人が大半だし

あとは合コンなんかもいく女性のほうが少ないと思う。


ただそういう人は出会いがぜんぜんないわけでして

需要はあるのに供給がない状態です。


一方婚活においては多くの男が一人の女性に群がるので

これは需要が供給を明らかにオーバーしている状態で

まあ自然じゃない。


もてる女性はだからなるべく打算を働かせたがるし

そこで年収高い男、イケメンを捕まえたいみたいな欲に

かられることになるわけで、これはこれでまあ女性側も

自然な選択だと思う。



ただ多くの男性はそういうところで、勝負しようとしてる

わけなんですね。


これは彼女いない独身男性は増えるわけです。

ただ道とか、あとはコンビニでもいいけども

そういうところで女性にアプローチする人は少ないですから


だからそこはまあ実は結構うまくいきやすいわけです。

そして色々な人と話せるから、まあ自分にとって

一番よさそうな女性を見つけられるってのも利点でして。


ちなみに私の伴侶はこれ出会いはセブンイレブンですからね。

私がセブンのチキンを買ったときに対応してくれたのが彼女です。

そこですごい良い対応だったのでそれから


素晴らしい接客ですね~みたいなところから始まった、そういえば。


だから恋愛でもそうなんだけど

「みんなと同じ土壌で活動しない、

行動しない」


これは大事なんですね。



これは多くの人間の選択は需要と供給という部分が

どうしても作用するから、


その需要が多いのに供給が少ない、という場所、市場を

見つけるのがどの分野でも重要ということ。


http://f-1asp.com/lp/11965/38130



だから昨日も書いたのですけど「みんなと同じは悪(あく)」

なんです。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


哲学家の厚切りジェイソンさんの言葉から学ぶ
「みんなと一緒」の怖さ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


それで読者さんは芸人の「厚切りジェイソン」を知ってますか?


一流の外資系企業で役員をしながら芸人をやってるという

結構風変わりな人です。


結構有名な芸人なので知ってる人も多いと思う。


この人はよく本厚木あたりを歩いてるなんていう話も聞いた。


ちなみに私ゆうはあの厚切りジェイソンさんは表向きは芸人だけど

本質は哲学家であると思うんですね。


それでこの厚切りジェイソンさん、という人ですが

ツイッターなんかで色々つぶやいたりしていて話題になってる

人ですが


やはり本質を突く頭の良い人です。


それで彼なんかが以前書いていたのが実はビジネスでも

生き方全般にもつながる大事なことだったんだけど


それが引用ですが


「幼稚園→周りと合わせろ
小学校→周りと合わせろ
中学校→周りと合わせろ
高校→周りと合わせろ
大学→周りと合わせろ
会社→周りと合わせろ
パターンパターン!見えてきたよ!

「やりたいことが分からない」とよく相談受ける理由。 
自分で考える機会が今までなかったから。」



彼がこうやってツイートしたんですね。


このツイートは結構有名ですごい拡散されたらしい。


ちなみにこの「みんなと一緒が正義洗脳」ってのは

日本のいたるところで行われていることでして


これは子供時代から行われてるんです。

無意識に。


例えば、赤ちゃんや子供がいたとしますよね。

それで、ほかの子供たちが砂場で遊んでいたとする。


ただその子は遊ばない、遊びたがっていない、

そういうときに多くの親が言うのが


「ほら、○○ちゃん、 みんなも遊んでるよ~

だから○○ちゃんも砂場で遊んできなさい~」


こういうことを日本人の親は言う傾向があるんですね。


これは海外の子育ては違って、やはり子供のころから

ある程度自主性を重んじるから、

「○○ちゃんは遊びたくないの?じゃあほかに何したい?」

という風になるんだけど


日本の子供からの教育は

「みんながやってるから ○○ちゃんもあそんでらっしゃい」

とやっちゃうんですね。


これの怖いところはそれが「無意識」であるところ。


お母さんも親御さんもそれを考えてるわけではなくて

無意識にそういう「思考方法」になってるっていう恐ろしさが

あるんです。


これに子供のころから慣らされているともう

それが骨の髄まで身についてしまうから


厚切りジェイソンさんの言うように

「やりたいことが分からない大人」が大量に何千万人も

その島国に誕生してしまうことになる。


「自分」が分からないで何十年もすごしてきたから

そういう人はやはり大人になると急に困ることになってしまう

わけです。


そこで「自分で考える」という機会が設けられていなかったから

これ大人になって急に精神的に路頭に迷ってしまうことになる。


これは「集団」がうまく機能しているとき、

例えばバブル崩壊前の日本ならそれでなんとかやっていけたけど

まさに官僚がそれを主導してきたけど


それが崩壊したらまずその「みんな」が行き詰るわけだから

その考える機会を持たない 基準が自分じゃなくて「周り」

の人はどんどん追い込まれてくわけです。


これをやはり変えていく必要が私はあると思うんですね。


「とにかく変人でいい。」


それでいいんだと思います。


それでこのネット業界を俯瞰するとやはり

「転売やせどりは誰でも稼げる」というのは言われる点で

それは確かにそうだと思います。


ただ最近の傾向見ると結構多くの人がそこに入ってきてるのも

事実でして、


そこには「みんな」がいるから安堵感はあるかもなんだけど、

やはり競争は激しくなりやすいわけでして


そこでも「みんな」と違う差別化戦略は必要になるんですね。


ただ、一層のこと、転売やせどりという

多くの人がやってるジャンルから外れてしまえばいいんじゃない?


という考え方もあって、


それがこの人の考え方。



http://f-1asp.com/lp/11965/38130



メルマガでよく書くけど、

これからどんどん世界中で本来の資本主義ってのが

進んでいくんです。


今までは新自由主義っていって公務員やら大企業みたいな

エリートが支配してきた、「資本主義らしき体制に似てる亜種の体制」

が主流でしたよね。


ただこれはあくまで資本主義の亜種なんですね。


これをもっと専門用語的に言うと「前期資本主義」といいます。

資本主義に似ていて資本主義ではない状態。


日本の資本主義も、前期資本主義であります。

もっと言うとあのアメリカでさえ、まだ実は前期資本主義の状態。


ただその後の本来の資本主義というのがあって

それが純資本主義というものですね。


アメリカのトランプ誕生というのはこれからアメリカが

今までの前期資本主義から抜けて本来の純資本主義を

一度前期資本主義をつぶして、追求しようという動きなんです。


大きく歴史を俯瞰していくと。



それでこれから各国が、それこそ新興アジア国なんかも

どんどんそれに追従していく。


それで純資本主義に絶対的に必要なのが「完全情報」というのだけど

これは多くの人が等しく公平にある程度情報を持ってる体制。


これはネットが登場する前は不可能だったんだけど

ネット登場でそれが実現されてきてるわけですね。不完全ながらも。


それでこれから純資本主義に近い形態が

どんどん世界中で進んでいくのは間違いなくて、それが

キッシンジャーの思想としてもあるのだけど


そこでキッシンジャーなんかが考えるのがまさに

「ネットなりを活用してそれぞれの中小や個人が自分で稼ぐ」

ってことなんですよね。


だからインフォ業界というのは怪しいようで

その流れには沿ってるんです、大きくは。


それで完全情報なんてのは今までは不可能だったけど

今は結構こういう情報がどんどんネットに出ていて


それが資本主義をより進ませていく、純資本主義に近づいていく

ってことだろうと私は見てるんですね~


http://f-1asp.com/lp/11965/38130



それでそこで重要な価値観があって

それが 価値創造ではなくて、「希少価値」創造。


だから価値は希少である必要があるわけです。


希少な価値、を提供し続けた人が勝っていくのが

これからの純資本主義の一つの真髄だろうと私は

考えてるわけです。


だから「希少」である必要があるわけですね。


そういう人たちが比較的幸福感を感じて、生きていける時代に

なっていくわけですけど


そうなると厚切りジェイソンの言うことは時代に即していて




「幼稚園→周りと合わせろ
小学校→周りと合わせろ
中学校→周りと合わせろ
高校→周りと合わせろ
大学→周りと合わせろ
会社→周りと合わせろ
パターンパターン!見えてきたよ!

「やりたいことが分からない」とよく相談受ける理由。 
自分で考える機会が今までなかったから。」



ということだけど、


まさに周りとあわせてるとそれは「凡庸な価値」しか

創造できない大人になるのは疑いようがないわけで


これは時代錯誤もはなはだしい教育方針であるわけです。


これをずっと続けてしまった、平等主義に過度に支配されてしまった

官僚たちのやり方に大きな責任はあると私は思う。


ただ、これから民衆としては自身の個性を考えることが

大事だし、


そこで希少価値を常に考える姿勢は大事になるわけでして

だからそうなると


「みんなと同じは悪(あく)」


という価値観も馬鹿にできなくなるわけです。


それで「みんなと同じは悪(あく)」なんてかくと、

これはすごいですね、過激かもしれない。特に日本語圏だと。


ただ日本語圏以外の先進国だと、

まあ比較的受け入れられる言論だとも

思う。


だって、先進国ではとにかく物もサービスも余剰が発生してる

わけですから。余剰の時代なんです。


だからそこで必要なのが希少価値創造でして

これは有効需要を作るって経済学で言うんだけど


それが必要なんですね。


そこで希少である必要がある。


となると、みんなと同じことやってたらいけないわけです。


そしてこの

「みんなと同じは悪(あく)」

という価値観については賛否両論あってよいと思うけど


重要なのはそこで「みんな」を把握してる必要があるんですね。

だから「みんな」が何してるのか?


は知っておく必要があるわけです。


もっと言うと大衆がどうやって動いてるのか?を俯瞰(ふかん)

する視点が絶対必要になるんですね。


だから最終的な行動は明らかに「空気に外れた非常識的な行動」

になるんだけど、


がそれは「みんな」がこう動いてるから自分はこう動く

って考えて、そこでそうなるわけで


実は誰よりも空気を理解してるんです。


あえて、大衆、空気から外れた行動を全体を把握して

俯瞰して取る、ということになりますよね。


実は、こういう視点で歴史を見ていくと

どの歴史でも勝ったのは上記行動を取った人たちだったわけです。


例えばみんなが「槍」とか「弓矢」の技術を

磨いていた時期にそれを把握して、


馬を使った戦略を導入してあえて勝っていったのが

モンゴルの蒙古だったり

したけども。


これは私たちのスモールビジネスというのも

歴史の大きな法則に支配されますので


やはり利益を上げるのはこれ「変な人」なんですね。

確信犯的に空気を計算して、変なことをしてる人、なんです。



だからメジャーよりもマイナーの優位性が高いということにも

なりますね。


それでこの案件も「みんな」が違う比較的メジャーなビジネスを

展開する中、


やはり買取ってのは転売やせどりとはちょっと違うので

マイナーなんだけど


だからこそそこに希少価値が発生して、だから

30名中30名が勝ってるということなんですね。


ただ、これも参入者がいずれ増えてくるから、そうなると

メジャーになってしまいますから


そうなると優位性がいずれは失われる。


けど2017年の5月時点ではまだメジャーじゃないですから

だから良いということです。


だから例えば稼げるようになって読者さんが友人に

「読者さんは自分で稼いでるって何してるの?」

と聞かれたとして


「えっと買取だよ」


とか答えるようになるかもしれないけど


たぶんその時点で

「は?なにそれ?」といわれるかもしれません。



ただそれがいいんですね。


だから一言で「買取です」とかいって

多くの人が内容を察することができないビジネスモデルが

いいんです。



こういうビジネスモデルには大体の場合で

希少価値が発生しているものです。



それでそういうビジネスモデルに取り組んでる人は

その時点で圧倒的少数だから、


そこに飛び込むために必要なのが全体を俯瞰(ふかん)する

技術であって、


あとは、そこに踏み出すための勇気なのかなと。



そういうのがある、って人は見てみると面白いと思いました。



それでは!



http://f-1asp.com/lp/11965/38130






PS・・・ちなみにもう少し書くと、

この「みんなと一緒が悪(あく)」という価値観は


これGDPの経済成長率の国ごとに有効な価値観は

少し変わってきます。


例えば日本で経済成長率が非常に高い時代、

それこそ銀行金利が5%とか定期でついた時代はここで

比較的良い価値観は


「みんなと同じが(比較的)正義」なんですね。


これは多くの人が同時に豊かになってるからそれに乗っかるだけで

結構楽な時代です。


これは中国の上海とかに行くとその感覚は分かってくる。


ただ先進国の日本はいち早く衰退期に入ったわけでして

ここで「みんなが衰退」しているわけです。


ずばり、どの国の経済にも、

1導入期

2成長期

3成熟期

4衰退期


ってのがあるのだけど、実は3.4のフェーズに入ってる国で

有効な価値観が上記「みんなと一緒は悪」になると思う。



だからたとえば1,2のフェーズにある国の企業の株式で

比較的メジャーなところを買っても利益は出ちゃったりするんだけど

とる戦略はその国々の状態によってちょっと違ってきますよね。


それで日本の場合はアジアの中でも成長率ランキングでは

ほぼ最下位周辺ですから


ここでみんなに合わせてはいけないということになります。



世界の土地の中で勝手にいつの日か世界官僚同盟に

こう国境を引かれて、その国境の中でそれぞれの国家為政者が

経済主導したりして


上記の経済フェーズの違いが発生するんだけど

その中でそれぞれの国で取る戦略はちょっと変わるってことです。


んで、日本の場合は明らかに物が余剰、サービスが余剰です。

これは需要<供給という 関係がさまざまな分野に発生してる

という意味なんだけど


ここで出てくる若者は「物なんていりません、ミニマリストでいいです」

なわけです。


だから日本の若者がそういうミニマリスト思考なのは

大きく考えると経済の 需要<供給 の供給過多すぎる時代において

自然なんですね。必然的にこういう人たちは無自覚に発生してるんです。



その中でじゃあ利益をあげるのはどういう人かというと

既存の凡庸な供給を続ける人ではなくて


やはり希少価値を提供する人たちなんですね。


だから余剰が発生してる先進国で利益をあげるのは

希少価値提供する人たちであるってことです。



極端な話、誰もが作れてしまう「コップ」とか「お皿」

を作って起業しても儲かりませんよね。

(ただそのコップが明らかに強烈な希少価値を持ってる場合は別。)


だから日本で取るべき価値観はしばらく数十年は

「みんなと一緒が悪(あく)」でいいと私の考えではいいと思います。


が、いずれ、日本が一度崩壊して、官僚制度が崩壊して

再度本当の力強い成長に乗る時代が数十年してやってくるかもしれないけど


そのときはまた価値観転換をしていく必要が出てきますね。


そういう大枠をとらえてそれぞれのビジネスモデルに

取り組んでいくと成功確率は必然的にあがるものなので


上記のようなこと考えていくといいかなと。


それでは!






http://f-1asp.com/lp/11965/38130
























コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXで長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

見るか見ないかでこれから先勝つか負けるか変わってくるかも?(笑)しれない情報です☆
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXで勝つために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

メールアドレス(必須)
名前
当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください