無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【日本語と韓国語はすごい似ていて、韓国語聞き取れると英語も リスニングできるようになってくる、っていう話】

2017 5月 02 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

【日本語と韓国語はすごい似ていて、韓国語聞き取れると英語も
リスニングできるようになってくる、っていう話】
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!


読者さん、こんにちは!!



さてさて、私は今韓国にいながら投資したりビジネスしたりしながら

韓国語を学んでいます。

ちなみに韓国語を学んでいますとかいうとすごい勉強している感じが

しますが、


実際は現地でただ生活してスマフォでちょくちょく

単語帳見て覚えて話して聞いてコミュニケーションをしてと

やってるだけなんですが


それだけでも結構言語って住んでるだけで上達するものです。

それでいっつも思うのが

「韓国語って日本語に世界一そっくりな言語だな」ってことで

たぶん日本人にとって一番早くマスターできる外国語が韓国語です。


んで不思議なことに・・・

日本人は韓国語のリスニングが出来るようになると

英語のリスニングもかなりできるようになるんです。


知ってましたか?

これは在韓日本人の間では知ってる人が結構いる話なんだけど

今日はこの辺を書きます、編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【FXで大切なのは「リスクリワード」と
「勝率」と「資金管理」です、という博士の話から学ぶ!】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
さて、それでこの前から開始している

教材無料キャンペーンの


■茶谷式FXスキャルピング
40,000円⇛完全無料0円!

■欧米アービトラージ
39,800円⇛完全無料0円!


こちらがやはりかなり人気ですね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/



ちなみに前号までで、上の

■茶谷式FXスキャルピング

■欧米アービトラージ


についてはレビューしましたが


内容は大まかにまとめて



茶谷式FXスキャルピングはPDF72ページの内容。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第1部

基礎編

第1章
はじめに

第2章
「メタトレーダー4」の入手方法

第3章
5分足チャートへの各「テクニカルチャート」の設定方法

第4章
1分足チャートへの「テクニカルチャート」及び「修正平均足」
の設定方法



第2部

実践編
第5章
5分足チャート及び1分足チャートにおける
「エントリー条件」


第6章
1分足チャートによる「エグジット(決済)・ルール」
及び
「ロスカット(損切り)・ルール」


第7章
トレードに適した時間帯
推奨通貨ペア
トレードの


実践を避けるべき
「経済指標」


トレードを実践する際の
「ポイント1・2」



上級編

(総72ページ。これが無料)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


そして欧米アービトラージ3万8000円⇒無料

については以下の通り。






<欧米アービトラージ教材の中身の目次>
(全部でこれらで85ページ)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

序 章 ご挨拶

第1部 基礎編

第1章 「株価指数」とは、何か?

第2章 「オプション」とは、どのような金融商品か

第3章 オプション市場の特性

第4章 金融工学とは、どのような理論なのか?

第5章 「インプライド・ボラティリティ」の特性


第2部 実践編


第6章 トレード トレード の対象とする
「2つの 金融商品 」とポジション比率


第7章 推奨できる証券会社


第 8章 トレードルールと「オリジナル・チャート」の作成



第3部

トレードを実践する際の トレードを実践する際の「各留意点」


第 9章 米国・株式市場の「年間相サイクル」


第10章 トレードを避けるべき「時期」適切な限月選択

資金管理など



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



このようになっておりまして、


この2教材についておそらく著作権関係の調整など大変だったと

思いますが、


一応今回期間限定で無料ということでかなりの人気ですね。


んで、


茶谷式FXスキャルピングは初心者さん~上級者向け

のように個人的には感じていて


また欧米アービトラージ教材はこれ

中級~上級者向けなのかな?とは思います。


最近は無料案件だけでもある程度収益が出てしまう状況に

なっておりますけども


最近は無料オファーマーケティングって増えてるんだけど

このオファーはその中でも少しプレゼント内容とかがずば抜けてると

私は個人的には感じましたので


ぜひPDF全部で150ページ以上あってグーグルなんかでは

まず引っかからない情報が網羅されてるので


見てみてくださいね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/




それで今回こちらのプレゼントで事務局にも結果の報告が

あがってるということなのですが、



一部抜粋してコメントを載せます。


==========================================

Fさんからのコメント

昨日資料を全部ダウンロードして
茶谷先生のこのスキャルピング手法を
早速使わさせて頂きましたが、
本当にやばいです。

FXを初めてもう4年目になりますが、
一日で50pipsとれたのは初めてです!

この一分足は待つストレスがなくて
せっかちな私でもにぴったりです。

本当にありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

==========================================

Wさんからのコメント

この度、茶谷先生の特典でもらえる
「茶谷式FXスキャルピング」を
ダウンロードさせていただきした。

昨日早速20pipsを獲得することが出来ました。

早く先生の手法を実践したくて、まだ完全に
把握していないのですが、まさかこんなに
早く結果がでるとは思いませんでした。

これまでFXで稼げるとわかっていても、
自分自身で結果を出すことが出来ず
トレードも勉強も苦痛でした。

しかし、やはり経済的余裕が欲しいと
思ってなんとかFXに望みをかけていました。

茶谷先生のロジックは金融工学をマスター
されているだけはあって、論理的で大変
わかりやすく本当に我々のためを思って
資料を作ってくださっているのなと先生の
お人柄を感じます。

おかげで明るい見通しができました。

この精神的に楽になるだけでも十分満足です。

これからは会社勤めを辞めFXで生計を
たてたいと思っています。

今後共どうぞ宜しくお願い致します。

==========================================




以上です!


という感じでこのノウハウだけである程度利益が出てしまう

ということなんですが、


実際に利益出てる方が出てるノウハウでもありますね。


あ・・・ただ上のコメント書いてるような方はある程度の

経験がある方でしょうから、


やはり最初はまず検証⇒フォワードでの1000通貨で

ちゃんと回るかのテスト⇒実弾資金を増やしていく


という工程が大事ですよね。



検証しないでいきなり実弾入れてしまうというのは

これどの教材でも本当の意味で馬鹿な人がやることなので、

やはりちゃんと検証してフォワードテストして(検証とフォワード成績の

乖離ないか調べる)そして実弾で徐々に資金上げる。


この流れを出来る人は無料のこの教材活用できるでしょう~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/




それでFX博士こと茶谷さんもメールで書かれていますが

やはり重要なのは「リスクリワード」とあとは勝率の関係性ですよね。


これはバルサラの破産確率にもつながる話なんだけど

博士も言っていました。




以下は茶谷先生の言葉


↓↓
=======================


私がこれから成功の本質や投資の成功法則を
科学の観点を通して論理的にあなたに
分かりやすくお伝えしていきます。


そうすればあなたの中では確実に
『億万長者』へとなるための成長因子が
育っていくことでしょう。


世の中の”お金”を自分の資産として永続的に
増やしたければ、これだけは守って下さい。


投資においての本質は資金管理が重要です。


FXで大切なのは、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「勝率」と「リスクリワード」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「勝率」は10回トレードをして
何回勝つことができるかです。


10回トレードして6回勝てるのであれば
勝率60%のルールということになりますね。


単純に考えて勝率は高い方がいいです。


「リスクリワード」はそのトレードにおいて、
損切りや利確までの差の割合のことを言います。


どういうことか言いたいかと説明すると、

勝率が90%でも一回の賭け金が全額であれば
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
負けの一回で資産を全て失ってしまうということ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
になりかねるということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確率の歪みというやつで、誤ったルールでやると
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
必ず大負けする人はいますし、それとは逆に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
割と長生きする人もいて、その中には
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
驚異的なパフォーマンスを残す人もいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ですが、所詮は確率です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このやり方を1万回トレードを繰り返せば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたが生き残る確率、可能性は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
天文学的確率になってしまいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということはトレードルールにおいて、

「勝率✕リスクリワード」のバランスが大事
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということになります。


今もしあなたに投資の知識がなければ
私があなたの教科書になります。


だからこそ、いまこそしっかりとあなたは
学んでおく必要があるのです。


今回あなたには確実に稼ぐことが出来る、
FX史上類を見ないほどの手法を余すことなく
完全公開していこうと思っています。


この究極の手法としっかり稼げる
思考回路を手に入れればあなたは間違いなく、
これから一生お金に困ることがない人生を
歩んでいくことが出来るのです。


このスキルさえ獲得してしまえば、
一生どこでも食べていくには困りません。


為替”FX”のスキルというのは、最強です。


=======================



以上です!


ということでやはり博士に関してもほかの講師と同じく

「リスクリワード」を考慮する必要性を説いていますが



この辺を理解できる人は活用できるんじゃないかな?と

思うわけです。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/



それで上に下線を引いたのだけど

一回の負け幅を90%にするとかは要するに

自殺行為ですよ、ということですね。



ただこれは統計学を学んでる茶谷さんが言っていますが

「確率」ってのは「ゆがみ」があるわけですね。



だからたとえば1000人生徒がいたとして、

90%の負け幅なんて通常ありえないんだけど


その中で1人とか2人はこれで半年間とか生き残る人も出てくるわけです。


ただやはりこれはあくまで偶然、マグレ、ラッキー

な話なんですね。


実はFXでも株でもそうだし、あとはネットビジネスでもそうなんだけど

本当に長く稼ぎ続けてる人たちがとってる思考形態として


「運=すなわち確率事象 をコントロールする」っていう

考え方があるわけです。



だからよく「運がいい」とか「運が悪い」とか言うけど

これって運をコントロールするという考え方から逃げてるとも

いえるわけです。



どういうことかというと


外にいて、傘持ってない人が

雨が降ってきたとします。


「あ~今日は運が悪いな、雨でぬれるわ」

みたいに運が悪いという言葉を使いますよね?


けど、実はこれって雨が降るっていう事象でも

必ず空にその兆候って出ているわけでして


例えば朝に空の様子見て観察したり天気予報みたりしてると

「あ、今日は雨がふるかも」というのは分かるわけです。


そこでその人は傘を持っていくわけで雨が降っても

「雨降ってきた。想定内」ということで


これ運が悪いということにはならないわけです。



たとえばこれは車の運転でもそうで

例えば駐車場なんかで

「駐車場で出かけてる間に

ほかの車に当てられてあて逃げされて運が悪い」


とかよくあるけど


ここでほかの車に当てられるリスクは平面駐車場ではあるんだけど

機械式駐車場ではあんまりないわけです。


平面駐車場ではやはり人間が運転してる以上

確率的に必ずいつか当てられるわけです。


だからおそらく確率をコントロールしようという考え方がある人は

あえて機械式の立体駐車場を探したりとかするんですね。


だからこれは普段から私たちがやってることでもあるんだけど

が、投資の世界になると一気にその確率をコントロールする

ってことを忘れちゃう人が多いわけです。



いきなり100万円突っ込んだりとか、いきなり検証なしに

実弾取引したり、とか

90%の負け幅でやってみたり、とかです。



そういう取引は自殺行為なので、ちゃんと資金管理しましょうね

というのが博士の言葉でもあります。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/



それで「じゃあ何%だったらいいんだよ?」

なんていわれそうですが


この適切な数値ってのは実は結構強いトレーダー間でも

議論になってるんですけど


もうある程度適切な数値って出ていて

それがやはり「2%」なんですね。



一回のトレードで負けたとしても2%の負けで済む割合。


これ私は昔5%とかいってた時期もあったんだけど

それは甘くてやはり2%がいいんだ、ということです。



ただ初心者さんは1%前後がいいはずで100万円なら

1万円の負けまでは許容するロットサイズ調整にするわけです。


これだと精神的には楽です。


そして重要なのが上のリスクリワードの考え方で

仮に2%でも、そこでリスクリワードで1:5の損失:利益比率で

取引できればこれ、利益出るときは10%は利益出るんですね。


だから2%でも全然良いわけです。



ちなみに名前は書けないけど某FX塾でどんどん頭角を現した人がいて

そこでその人、月収300万円とか稼げるようになったんですね。


当時彼は損失設定2%とかでやっていた。

それで月収300万円とかだったわけです。


が、そこで「うまくなったぞ」ということで彼は損失設定を4%に

引き上げたんです。


その後どうなったと思いますか??


そう、口座飛ばしたんです・・・(実話)


毎月300万円稼ぐトレーダーでも、世間ではスーパートレーダーと

言われる人でもこれ、損失比率を2%から4%に引き上げるだけで

口座破綻しちゃうんですね。


こういう話を私ゆうは友人で知ってたりするので、

やはり損失設定2%以内というのはずーっと守ってるのだけど


だから博士も注意してる 初心者の90%の損失設定って

結構ありえないんですね。

けど実際にそういう人が多いんです、ほんと。


だからこういう資金管理の話というのもとても大事ってことです。


それで「2%」って数字には実は心理学も入っていて

これはアメリカの億を稼ぐ個人投資家とかの間でも

色々議論されてる話題だけどやはり2%という数字に

落ち着いているというのが重要で


ここにプロスペクト理論の話とかも考慮されてるわけです。

投資心理学も考慮されてる。


それで一回の損失は2%までというのが出てるというのが重要ですね。


んで億トレーダーでも取るのが2%までということは

要するに初心者は1%台が無難ということでもあるのだけど


これが実際の現場の数値なのかな、という感じはします。



この辺の資金管理部分についてはFXの教材とアービ教材でも

ちょっと説明が弱いと私は感じたので補足してるのだけど


その辺を理解した上で取り組むと戦略として機能するだろうな

と思いましたので


ぜひ茶谷博士のいうリスクリワードおよび、バルサラの破産確率

および今号で書いた損失許容比率なんかも知った上で


この無料教材に取り組むといいと思いました。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/



では!



ゆう









PS・・・あと最後に注釈書くと、

今回のもともと4万円のFXのスキャル無料教材で結果出している

人の声で


「せっかちな私でもにぴったりです。」


と、ありましたよね?


実はここにこの方の弱点が含まれてるというのも気づかないと

いけなくて、


せっかちだから1分足やるってのはこれ人間の心理的に

ポジポジ病になって破綻するリスクを抱えてるわけです。


常に欲望と対峙してる状況で、一生勝ち続けるのは無理だと私は思う。


「待てない」という問題がこの人にはあると思うんですね。

何気ない文章にその人の脳みその構造が出ちゃってるってことでして。


トレードって何百回も何千回もトレードしてトータル利益を

あげる勝負ですから、


そうなるとやはり

「せっかち=待てない弱者=心理コントロールできない弱者」

となっちゃうんです。


今は良かったとしても必ず確率はそういう人に仕打ちをしてきます。


もっと現実を冷酷に言うとお金がある人ってのは

そもそもあせる必要ないのでゆったり運用します。


一方お金がない人は日々の生活費を捻出するために

せっかちになります。


そして相場はそのせっかちな人を「食う」わけですね。

結果お金ある人がさらに儲かるように出来てるんですよ。


だから日本人トレーダーの短期トレードばかり繰り返す

ミセスワタナベというのは韓国でも

知られていて最近はユダヤだけじゃなくて華僑とかにも食われてる

なんて話も聞く。
(超高速ロボットトレーディングHFTとかで食われやすい)




今回のFXの教材はスキャルとついてはいるけど

5分と1分足じゃなくて、そのまま日足⇒4時間で使えるから

まずはそこからやるってことですね。


もしトレードチャンスを増やしたいならば日足⇒4時間でやりつつ

監視通貨ペアを増やすという戦略のほうがおそらく有効です。


んで、損失は2%設定でやって、ということをやると

まず心臓の「どきどき」がありませんし、ギャンブルから感覚として

「運用」に変わるんですね。


そういう余裕もったトレードってのが大事かなと思いました。


私たちは「一生」投資続けたいわけですから、

せっかちで一生生きるのはいやなもんですから


そういうゆったりとしたトレードスタイルもテストしてみると

いいでしょう。


ではまた!



ゆう






⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/






/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


※このメルマガに返信しても届かないのでご注意ください!

□発行者情報:

ゆう

□連絡用アドレス:omosuomosuclub★yahoo.co.jp
(★をアットマークに変えてくださいね!
メルマガに返信しても届きませんのでご注意ください)

このメルマガをお友達に紹介したい方や

メールアドレス変更はこっちでできるようにしました♪

ttp://cabinet-ex.jp/fx/1
(2016年10月にリンク更新
URL冒頭にh追加して表示できます)



メール法 ttp://p.tl/BRlB
(URL冒頭にh追加して表示できます)



メルマガを通してお互い前に進んでいきましょう!


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_、/_/_/_/_/_/_/_/

解除URLです
[[cancelurl]]
(稀にスタンドの性質上
解除後数通メールが来る場合があるようです。その場合には
念のためそのメールでも解除作業をいただければ確実に
メールが届かなくなります! 今までご購読いただきまして
感謝です!


【FXで大切なのは「リスクリワード」と「勝率」と
「資金管理」です、という博士の話から学ぶ!】
⇒メルマガ後半で

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

超豪華2大有料教材を
無料でプレゼントの企画がかなり人気です

■茶谷式FXスキャルピング
40,000円⇛完全無料0円!

■欧米アービトラージ
39,800円⇛完全無料0円!


ということでこれだけでも稼げてしまう
内容に仕上がってます。

⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




どうもゆうです!


読者さん、こんにちは!!


さて、昨日の号にて

【韓国大統領選挙以降進みそうな在韓米軍撤退
⇒在日米軍撤退議論の動きとそれを阻止したい官僚たち】


という号を流しました。



トランプ登場以降やはり極東情勢も動いておりますので
注目でありますのでまだ見てない方はどうぞご覧くださいね~



さて、それでこの前から開始している

教材無料キャンペーンの


■茶谷式FXスキャルピング
40,000円⇛完全無料0円!

■欧米アービトラージ
39,800円⇛完全無料0円!


こちらがやはりかなり人気ですね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/



ちなみに前号までで、上の

■茶谷式FXスキャルピング

■欧米アービトラージ


についてはレビューしましたが


内容は大まかにまとめて



茶谷式FXスキャルピングはPDF72ページの内容。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第1部

基礎編

第1章
はじめに

第2章
「メタトレーダー4」の入手方法

第3章
5分足チャートへの各「テクニカルチャート」の設定方法

第4章
1分足チャートへの「テクニカルチャート」及び「修正平均足」
の設定方法



第2部

実践編
第5章
5分足チャート及び1分足チャートにおける
「エントリー条件」


第6章
1分足チャートによる「エグジット(決済)・ルール」
及び
「ロスカット(損切り)・ルール」


第7章
トレードに適した時間帯
推奨通貨ペア
トレードの


実践を避けるべき
「経済指標」


トレードを実践する際の
「ポイント1・2」



上級編

(総72ページ。これが無料)



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


そして欧米アービトラージ3万8000円⇒無料

については以下の通り。






<欧米アービトラージ教材の中身の目次>
(全部でこれらで85ページ)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

序 章 ご挨拶

第1部 基礎編

第1章 「株価指数」とは、何か?

第2章 「オプション」とは、どのような金融商品か

第3章 オプション市場の特性

第4章 金融工学とは、どのような理論なのか?

第5章 「インプライド・ボラティリティ」の特性


第2部 実践編


第6章 トレード トレード の対象とする
「2つの 金融商品 」とポジション比率


第7章 推奨できる証券会社


第 8章 トレードルールと「オリジナル・チャート」の作成



第3部

トレードを実践する際の トレードを実践する際の「各留意点」


第 9章 米国・株式市場の「年間相サイクル」


第10章 トレードを避けるべき「時期」適切な限月選択

資金管理など



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



このようになっておりまして、


この2教材についておそらく著作権関係の調整など大変だったと

思いますが、


一応今回期間限定で無料ということでかなりの人気ですね。


んで、


茶谷式FXスキャルピングは初心者さん~上級者向け

のように個人的には感じていて


また欧米アービトラージ教材はこれ

中級~上級者向けなのかな?とは思います。


最近は無料案件だけでもある程度収益が出てしまう状況に

なっておりますけども


最近は無料オファーマーケティングって増えてるんだけど

このオファーはその中でも少しプレゼント内容とかがずば抜けてると

私は個人的には感じましたので


ぜひPDF全部で150ページ以上あってグーグルなんかでは

まず引っかからない情報が網羅されてるので


見てみてくださいね~


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/




それで今回こちらのプレゼントで事務局にも結果の報告が

あがってるということなのですが、



一部抜粋してコメントを載せます。


==========================================

Fさんからのコメント

昨日資料を全部ダウンロードして
茶谷先生のこのスキャルピング手法を
早速使わさせて頂きましたが、
本当にやばいです。

FXを初めてもう4年目になりますが、
一日で50pipsとれたのは初めてです!

この一分足は待つストレスがなくて
せっかちな私でもにぴったりです。

本当にありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。

==========================================

Wさんからのコメント

この度、茶谷先生の特典でもらえる
「茶谷式FXスキャルピング」を
ダウンロードさせていただきした。

昨日早速20pipsを獲得することが出来ました。

早く先生の手法を実践したくて、まだ完全に
把握していないのですが、まさかこんなに
早く結果がでるとは思いませんでした。

これまでFXで稼げるとわかっていても、
自分自身で結果を出すことが出来ず
トレードも勉強も苦痛でした。

しかし、やはり経済的余裕が欲しいと
思ってなんとかFXに望みをかけていました。

茶谷先生のロジックは金融工学をマスター
されているだけはあって、論理的で大変
わかりやすく本当に我々のためを思って
資料を作ってくださっているのなと先生の
お人柄を感じます。

おかげで明るい見通しができました。

この精神的に楽になるだけでも十分満足です。

これからは会社勤めを辞めFXで生計を
たてたいと思っています。

今後共どうぞ宜しくお願い致します。

==========================================




以上です!


という感じでこのノウハウだけである程度利益が出てしまう

ということなんですが、


実際に利益出てる方が出てるノウハウでもありますね。


あ・・・ただ上のコメント書いてるような方はある程度の

経験がある方でしょうから、


やはり最初はまず検証⇒フォワードでの1000通貨で

ちゃんと回るかのテスト⇒実弾資金を増やしていく


という工程が大事ですよね。



検証しないでいきなり実弾入れてしまうというのは

これどの教材でも本当の意味で馬鹿な人がやることなので、

やはりちゃんと検証してフォワードテストして(検証とフォワード成績の

乖離ないか調べる)そして実弾で徐々に資金上げる。


この流れを出来る人は無料のこの教材活用できるでしょう~



⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/




それでFX博士こと茶谷さんもメールで書かれていますが

やはり重要なのは「リスクリワード」とあとは勝率の関係性ですよね。


これはバルサラの破産確率にもつながる話なんだけど

博士も言っていました。




以下は茶谷先生の言葉


↓↓
=======================


私がこれから成功の本質や投資の成功法則を
科学の観点を通して論理的にあなたに
分かりやすくお伝えしていきます。


そうすればあなたの中では確実に
『億万長者』へとなるための成長因子が
育っていくことでしょう。


世の中の”お金”を自分の資産として永続的に
増やしたければ、これだけは守って下さい。


投資においての本質は資金管理が重要です。


FXで大切なのは、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「勝率」と「リスクリワード」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「勝率」は10回トレードをして
何回勝つことができるかです。


10回トレードして6回勝てるのであれば
勝率60%のルールということになりますね。


単純に考えて勝率は高い方がいいです。


「リスクリワード」はそのトレードにおいて、
損切りや利確までの差の割合のことを言います。


どういうことか言いたいかと説明すると、

勝率が90%でも一回の賭け金が全額であれば
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
負けの一回で資産を全て失ってしまうということ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
になりかねるということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

確率の歪みというやつで、誤ったルールでやると
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
必ず大負けする人はいますし、それとは逆に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
割と長生きする人もいて、その中には
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
驚異的なパフォーマンスを残す人もいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ですが、所詮は確率です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このやり方を1万回トレードを繰り返せば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたが生き残る確率、可能性は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
天文学的確率になってしまいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということはトレードルールにおいて、

「勝率✕リスクリワード」のバランスが大事
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということになります。


今もしあなたに投資の知識がなければ
私があなたの教科書になります。


だからこそ、いまこそしっかりとあなたは
学んでおく必要があるのです。


今回あなたには確実に稼ぐことが出来る、
FX史上類を見ないほどの手法を余すことなく
完全公開していこうと思っています。


この究極の手法としっかり稼げる
思考回路を手に入れればあなたは間違いなく、
これから一生お金に困ることがない人生を
歩んでいくことが出来るのです。


このスキルさえ獲得してしまえば、
一生どこでも食べていくには困りません。


為替”FX”のスキルというのは、最強です。


=======================



以上です!


ということでやはり博士に関してもほかの講師と同じく

「リスクリワード」を考慮する必要性を説いていますが



この辺を理解できる人は活用できるんじゃないかな?と

思うわけです。




⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/



それで上に下線を引いたのだけど

一回の負け幅を90%にするとかは要するに

自殺行為ですよ、ということですね。



ただこれは統計学を学んでる茶谷さんが言っていますが

「確率」ってのは「ゆがみ」があるわけですね。



だからたとえば1000人生徒がいたとして、

90%の負け幅なんて通常ありえないんだけど


その中で1人とか2人はこれで半年間とか生き残る人も出てくるわけです。


ただやはりこれはあくまで偶然、マグレ、ラッキー

な話なんですね。


実はFXでも株でもそうだし、あとはネットビジネスでもそうなんだけど

本当に長く稼ぎ続けてる人たちがとってる思考形態として


「運=すなわち確率事象 をコントロールする」っていう

考え方があるわけです。



だからよく「運がいい」とか「運が悪い」とか言うけど

これって運をコントロールするという考え方から逃げてるとも

いえるわけです。



どういうことかというと


外にいて、傘持ってない人が

雨が降ってきたとします。


「あ~今日は運が悪いな、雨でぬれるわ」

みたいに運が悪いという言葉を使いますよね?


けど、実はこれって雨が降るっていう事象でも

必ず空にその兆候って出ているわけでして


例えば朝に空の様子見て観察したり天気予報みたりしてると

「あ、今日は雨がふるかも」というのは分かるわけです。


そこでその人は傘を持っていくわけで雨が降っても

「雨降ってきた。想定内」ということで


これ運が悪いということにはならないわけです。



たとえばこれは車の運転でもそうで

例えば駐車場なんかで

「駐車場で出かけてる間に

ほかの車に当てられてあて逃げされて運が悪い」


とかよくあるけど


ここでほかの車に当てられるリスクは平面駐車場ではあるんだけど

機械式駐車場ではあんまりないわけです。


平面駐車場ではやはり人間が運転してる以上

確率的に必ずいつか当てられるわけです。


だからおそらく確率をコントロールしようという考え方がある人は

あえて機械式の立体駐車場を探したりとかするんですね。


だからこれは普段から私たちがやってることでもあるんだけど

が、投資の世界になると一気にその確率をコントロールする

ってことを忘れちゃう人が多いわけです。



いきなり100万円突っ込んだりとか、いきなり検証なしに

実弾取引したり、とか

90%の負け幅でやってみたり、とかです。



そういう取引は自殺行為なので、ちゃんと資金管理しましょうね

というのが博士の言葉でもあります。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/



それで「じゃあ何%だったらいいんだよ?」

なんていわれそうですが


この適切な数値ってのは実は結構強いトレーダー間でも

議論になってるんですけど


もうある程度適切な数値って出ていて

それがやはり「2%」なんですね。



一回のトレードで負けたとしても2%の負けで済む割合。


これ私は昔5%とかいってた時期もあったんだけど

それは甘くてやはり2%がいいんだ、ということです。



ただ初心者さんは1%前後がいいはずで100万円なら

1万円の負けまでは許容するロットサイズ調整にするわけです。


これだと精神的には楽です。


そして重要なのが上のリスクリワードの考え方で

仮に2%でも、そこでリスクリワードで1:5の損失:利益比率で

取引できればこれ、利益出るときは10%は利益出るんですね。


だから2%でも全然良いわけです。



ちなみに名前は書けないけど某FX塾でどんどん頭角を現した人がいて

そこでその人、月収300万円とか稼げるようになったんですね。


当時彼は損失設定2%とかでやっていた。

それで月収300万円とかだったわけです。


が、そこで「うまくなったぞ」ということで彼は損失設定を4%に

引き上げたんです。


その後どうなったと思いますか??


そう、口座飛ばしたんです・・・(実話)


毎月300万円稼ぐトレーダーでも、世間ではスーパートレーダーと

言われる人でもこれ、損失比率を2%から4%に引き上げるだけで

口座破綻しちゃうんですね。


こういう話を私ゆうは友人で知ってたりするので、

やはり損失設定2%以内というのはずーっと守ってるのだけど


だから博士も注意してる 初心者の90%の損失設定って

結構ありえないんですね。

けど実際にそういう人が多いんです、ほんと。


だからこういう資金管理の話というのもとても大事ってことです。


それで「2%」って数字には実は心理学も入っていて

これはアメリカの億を稼ぐ個人投資家とかの間でも

色々議論されてる話題だけどやはり2%という数字に

落ち着いているというのが重要で


ここにプロスペクト理論の話とかも考慮されてるわけです。

投資心理学も考慮されてる。


それで一回の損失は2%までというのが出てるというのが重要ですね。


んで億トレーダーでも取るのが2%までということは

要するに初心者は1%台が無難ということでもあるのだけど


これが実際の現場の数値なのかな、という感じはします。



この辺の資金管理部分についてはFXの教材とアービ教材でも

ちょっと説明が弱いと私は感じたので補足してるのだけど


その辺を理解した上で取り組むと戦略として機能するだろうな

と思いましたので


ぜひ茶谷博士のいうリスクリワードおよび、バルサラの破産確率

および今号で書いた損失許容比率なんかも知った上で


この無料教材に取り組むといいと思いました。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/



では!



ゆう









PS・・・あと最後に注釈書くと、

今回のもともと4万円のFXのスキャル無料教材で結果出している

人の声で


「せっかちな私でもにぴったりです。」


と、ありましたよね?


実はここにこの方の弱点が含まれてるというのも気づかないと

いけなくて、


せっかちだから1分足やるってのはこれ人間の心理的に

ポジポジ病になって破綻するリスクを抱えてるわけです。


常に欲望と対峙してる状況で、一生勝ち続けるのは無理だと私は思う。


「待てない」という問題がこの人にはあると思うんですね。

何気ない文章にその人の脳みその構造が出ちゃってるってことでして。


トレードって何百回も何千回もトレードしてトータル利益を

あげる勝負ですから、


そうなるとやはり

「せっかち=待てない弱者=心理コントロールできない弱者」

となっちゃうんです。


今は良かったとしても必ず確率はそういう人に仕打ちをしてきます。


もっと現実を冷酷に言うとお金がある人ってのは

そもそもあせる必要ないのでゆったり運用します。


一方お金がない人は日々の生活費を捻出するために

せっかちになります。


そして相場はそのせっかちな人を「食う」わけですね。

結果お金ある人がさらに儲かるように出来てるんですよ。


だから日本人トレーダーの短期トレードばかり繰り返す

ミセスワタナベというのは韓国でも

知られていて最近はユダヤだけじゃなくて華僑とかにも食われてる

なんて話も聞く。
(超高速ロボットトレーディングHFTとかで食われやすい)




今回のFXの教材はスキャルとついてはいるけど

5分と1分足じゃなくて、そのまま日足⇒4時間で使えるから

まずはそこからやるってことですね。


もしトレードチャンスを増やしたいならば日足⇒4時間でやりつつ

監視通貨ペアを増やすという戦略のほうがおそらく有効です。


んで、損失は2%設定でやって、ということをやると

まず心臓の「どきどき」がありませんし、ギャンブルから感覚として

「運用」に変わるんですね。


そういう余裕もったトレードってのが大事かなと思いました。


私たちは「一生」投資続けたいわけですから、

せっかちで一生生きるのはいやなもんですから


そういうゆったりとしたトレードスタイルもテストしてみると

いいでしょう。


ではまた!



ゆう






⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/









=============編集後記============

さて、私は今韓国におりまして、毎日のように韓国語に囲まれています。

海外にいる利点として、毎日のように外国語に囲まれるわけでして

それがすごい良い刺激に私の場合はなっていまして


毎日成長している実感があるのでこれがまあ楽しいわけです。


私の場合なんかやらないとどうもダメな人で

なんか成長している実感が日々あるのが自分的には

幸せにいきるコツだと思ってます。


それで韓国語に関しては勉強しているというよりは

ただ現地で生活していると勝手に成長するものでして


電車に乗るときもスマフォで単語帳覚えたりしているのだけど

この繰り返し、継続でやはり語学力って伸びるんですね~


ちなみに語学力伸びたらそれは当然投資チャンスも増えるわけで

それはまた実益にもつながったりもします。


んで日々私は韓国語も自然と学ぶわけですけど

本当に韓国語学んでいて思うのが

「日本語と韓国語ってそっくりだな~」ってことですよね。



これ意外に知られていないのかな?って思うんだけど

たぶん日本語と一番近い外国語ってやっぱり韓国語なんです。


これはたぶん韓国語をちょっとでも学んだことある人は

知ってると思うんだけど


もうそっくりなわけですね。


たとえば日本人にとって英語って結構宇宙人言語じゃないですか?


私は英語は今はCNNとかニュースも字幕なしで分かるんだけど

昔は中学生のころは英語に接して頭混乱したくらい、

意味不明な言語だったわけです。


もうあの英語しゃべってる人たちって

宇宙人が話してるように聞こえると思うんですよね。


こう「ムニャムニャムニャ~」と聞こえるわけでして

単語自体なんの単語使ってるか分からないわけです。


使用している周波数帯域がそもそも違ってまず聞き取りが

できない。


さらには文法も間逆なわけですね。


日本語で使う単語の並べ方と、

英語で使う単語の並べ方って


まったくもって順序が逆でして、これがまあすごい複雑で

私たち日本人を英語は混乱させるわけです。


ただ・・・実は韓国語って語順が日本語と

「ほとんど一緒」なんですよ。


だから文法ってあるじゃないですか?


あの文法がほとんど一緒、ってか全部一緒じゃないかっていうくらい

一緒なんです。


たとえば「私はゆうです」という日本語を韓国語に直すのは

簡単で


「チョ(私)ヌン(は) ユウ イムニダ(です)」


となるんです。



またイムニダってのは丁寧語なんだけど、

もう少し弱い丁寧語が「よ」をつけるんだけど


日本語でも「ですよ」とかで「よ」をつけますよね?


だからもっと砕いた丁寧語だと



「チョ(私)ヌン(は) ユウ イエヨ(です)」


みたいになるんです。


だから文の最後に「よ」をつけたりするのも似てるし

日本語だと「よ」を最後につけると

ちょっとくだけた表現だけどこれが韓国語だと


丁寧語になる、くらいの違いなんですね。



んで単語もそうで、たとえば日本語で

「約束」という単語があります。

やくそく、です。


この やくそく、は韓国語でどう発音するか?というと

「ヤックソク」なんです。

ちょっとカタカナだと表現難しいんだけど、


まあほとんど同じ読み方なんです。


だから文法もほとんど一緒、使ってる単語も似てる単語

やたら多いってのが韓国語でして


だから日本人の韓国語学習者って他国の人より相当なスピードで

成長する傾向があるんですね。



これはこっちで在韓日本人の女の子20代くらいの人らが

最近韓国語学びに来てる人が多いんだけど

(男は逆にすごい少ない。韓国人のきれいな女性に日本人は

もてるんだけどこれをみんな知らないから)


大体みんな3ヶ月もがっつり韓国語を学んだとしたら

結構ある程度はしゃべれるようになるんですね。


これは英語ではありえないことで

それこそ英語でも海外に留学して3年4年経ったという

日本人でも英語はあまり話せないという人に私は結構会うんですね。



何年も時間投資したのに話せない聞けない、というのは

ちょっとむなしいものがあるけども


韓国語の場合は数ヶ月~半年がっつりやると

結構すぐ日常会話レベルでは話せるようにはなるわけです。


そこからビジネスでも使える水準はもう単語数増やすだけなんですね。


これはやはり日本語と韓国語があまりにも似ているってことでして

語彙の並べ方も、文法もほとんど一緒だし


あとは単語も似てる単語が多いってこともあります。


ちなみに単語もですね、漢字語ってのが韓国にもあって

韓国人は漢字はあまり読めないんだけど


ただ韓国語ってのも日本と同じ漢字語がほとんどなんですよね。


たとえば「日本」という場合


「日」という漢字と「本」という漢字があるけど

「に」「ほん」じゃないですか。


韓国ではこの「日」を「イル」って読んで

「本」を「ボン」と読むので


あわせて「イルボン」となるんです。



だから漢字の読み方とか覚える単語の語彙数の増やし方も

結構早くて、すごい似てますから、漢字語なんかも似てるんです。


たとえば「国民」という単語は日本語で「こくみん」だけど

韓国語では「国=グク 民=ミン」=グクミンと発音するんです。

(ちなみに「ク」は英語の「k」と一緒で小さく息だけで発音するんだけど)



だからすごい似てるんです。


パク大統領の弾劾デモを私はこの前見てきたけども

そのときも「国の主役は誰だ?」という掛け声で韓国人たちが

「グクミン!グッミン!(国民、国民)」と言っていました。


こんな感じで韓国語って日本語とすごい似ていて

そして漢字の言葉があってその読み方知ってればある程度分かっちゃう

言語でまあそっくりなわけです。


んで、やはりリスニングもこれ最初は日本人は苦戦するけど

英語よりは楽で結構すぐ現地にいるとある程度聞き取れるようになる人が

多く、


それは語彙が似てる、語順が似てるってのが影響してるのでしょう。


それで・・・さらにいうと在韓日本人である程度韓国語

話せて聞ける人の間で時々飲みの席で言われることがあって


「なんかさ~韓国語しゃべれるようになってきたら

英語のリスニングとか出来るようにならない?」


っていうこういう話は時々出るんです。


実は私ゆうは英語は今は分かるけど昔は日本育ちの日本人ですから

英語分からなかったんですね。


特にCNNとかBBCみたいな英語ニュースって

宇宙人が話してるように聞こえるわけですよ。


要するにたとえば、トランプが


「 Make america great again !」

とかいうわけで、これはアメリカを再度偉大な国に!

みたいな意味ですけども



こういうフレーズが出てきても「ごにょごにょごにょ~」と

聞こえるわけですよね。


要するに Make とか America とか Greatとか Againとか

単語は発せられてるのに


その単語をキャッチできないわけです。

だから「ごにょごにょごにょ~」と聞こえるわけで


これは多くの日本人に起こってることで

日本人の多くには私がそうだったように英語ってのは


「ごにょごにょごにょ~」と聞こえるわけです。


ただ、これは外国のそれこそフィリピン人でもそうだし

マレーシア人も、イギリス人も韓国人も中国人もなんだけど


彼らには「ごにょごにょごにょ」とは聞こえていなくて



Make america great again 

というフレーズがあれば


「Make」 「america」 「great」 

「again」


この4単語、もしくは3単語か2単語くらいは聞こえてるんですね。


これは実は何でか?というと

世界の言語ってのはそれこそ数百言語とかあると思いますけども

細かいのいれたらもっとあるでしょうが


その中で多くの言語が「子音だけの音」を持ってるんです。


これは息だけはいて、それで唇を破裂させると

息の音の「p」という音が出るんだけど


これは日本語の「ぷ」とは違うんですね。

「p」で声帯の音は出ないんです。


あくまでも息の音。


これを子音完結音とか言うけど、この子音完結音を

多くの言語は持っていて、それが発声に影響してるんだけど


実は世界で2言語だけ、日本語とポリネシア語だけはこれ

子音完結音を持っていないわけで、

全部の音に「母音」つくわけです。


だから「p」だけの音はなくて必ず「P+U のぷ」になるわけ。


母音が必ずつく言語が日本語なんですね。


んで、母音が必ずつく言語を発声してると、声質としては

浅い声になって喉を絞める声になるんだけど


だから日本のアイドルのあの子供みたいな声ってあるけど

あれは日本独特なんですよね。


あとは演歌とかもその喉をしめつける発声ですね。

外喉頭筋ってのを使う。


日本のJPOP歌手がたとえばアメリカのブルーノマーズみたいに

高音を地声で強く捉えられる歌手があまりいないのは

この辺が原因でして、

それがJPOPが海外で聞かれない大きな理由としてあるわけです。


ただ森進一の息子さんのONE OK ROCKのタカさんだったり

あとは平原綾香さんだったり

藤原さくらさんだったり、

といった世界基準の発声を身に着けてる日本人も最近出てきてる

のだけどみんなある程度 子音完結音を持つ英語とかは

流暢だったりしますよね。


エグザイルのアツシさんとかが海外に行ってということを

選択したのもこれ日本語の外喉頭筋を使う発声の限界はどうしてもあるから

そこを知ってのことですよね。


んで日本語とポリネシア語の発声は世界でも特殊で

これは私はすごい興味深いと思ってるんだけど


唯一2言語だけは子音完結音を持たないわけです。


これはその国で住むならOKなんだけど

海外に行くと、もうほとんどの国が子音完結音を持ってるんですね。


んで子音完結音を持ってる国ってのは

母音の深さが違いまして、


たとえば日本語の「あ」と英語の「あ」って違うんです。


英語の「あ」ってのは少し深い音になるんですね。

ハリウッド俳優が太い声で話すけど、それは言語の影響でして。


ちなみに邦画ではその辺に気づいた俳優たちはやはり

声楽トレーニングして深い声をみにつけていたわけで


7人の侍の黒沢監督の映画の俳優は声が深いですけど

あれはやはりそういう声を長年のトレーニングで作ってるわけです。


(さらにもっというと大正時代の日本の歌手のレベルは

今のJPOP歌手よりも明らかに世界基準で勝負できる深い声です。

うまいんですよね。聞いてみるといいです)


んで、なぜ韓国語を話せる日本人たちってのが

英語のリスニングも出来るようになるか?というと


韓国語でも中国語でもフィリピンタガログ語でも

スペイン語でもイタリア語でもそうなんだけど


やはり深い母音を音として使うんだけど

これは子音完結音を持ってる言語圏では共通してることなんです。


それで韓国語聞くことが出来るようになると

深い母音に慣れますから、


だから英語の「むにゃむにゃむにゃ~」と聞こえていた

意味不明の宇宙人言語の音が聞こえるようになるんですね。


だから例えば最初 トランプの

We will make America great again!

(アメリカをおれたちは再度偉大な国にするぞ)


というフレーズがあったらこれは


最初「ごにょごにょごにょごにょ」と金髪ゴリラみたいな人が

いってるように聞こえるんです。


これはゴニョゴニョゴニョゴニョと

青い目の金髪ゴリラの人が

興奮してるように日本人の多くには見えるから

やはりよく分からないから怖いわけです。


が、ここで韓国語聞き取れるようになると

全部とはいわなくても


「ウィ ウィル メイク アメリカ グレート アゲイン」


とカタカナで書くと変だけどこの一連のフレーズで



「ウィ ウィル」とか「グレート アゲイン」の音が聞こえるように

なってくるんですね。


これは使ってる母音が英語も韓国語も深い音で

似てるからなんだけど。


ちなみに韓国旅行行ってみて私がぜひ読者さんに聞いてほしいのは

街中で絶叫するおばさん(あじゅんま)というのがいて

時々大声で喧嘩してるんですね。


が、「すさまじい声量、パワー」なんです。

この人たちの絶叫にドラムのリズムをつけたらロックになりそうだ

というくらいの声量はあるんだけど、それは深い母音持ってるから

喉痛めないで大声出せるんです。


そして在韓日本人である程度韓国語学習している日本人で

韓国語の聞き取りできてきた日本人は

ある日「あれ、英語も聞き取りが謎にできるようになってきた」

という体験を多くするわけでして


そこで20代の韓国語学習者が英語も勉強しだす

という流れが結構あるんですね。

だから私の知ってる在韓日本人で韓国語結構しゃべれる20代の子とかは

「最近英語も勉強してます」とか言うんだけど


英語しゃべると海外の人に馬鹿にされる日本人のカタカナ英語ではなくて

結構しっかりした発音になるんです。これは深い母音が

脳みその言語分野で捉えられるから、発音もよくなる。



んで、私ゆうも英語のリスニングが出来るようになったのは

韓国語学ぶようになってからなんですね。


韓国語聞き取りできるようになってきたら英語もなんか

わかるようになってきて、英語ニュースも分かるようになってきた

んです。


だから私が思うのは

日本人にとって一番簡単なのは語順とか文法とか単語が似てる

韓国語、もしくは漢字が共通の中国語、ってのを

を最初にまなんで ある程度したらリスニングできるから


英語に入るってのが一番こう、語学上達で英語上達でも

早いんじゃないだろうか、というところなんですね。



これはやはり日本人にとって英語よりも中国語のほうが

学びやすいですから


中国語話せる日本人が英語話せるようになるっていうのと

同じでして、


一度地理的に左の国の言語学んで、次は右の西洋の言語学ぶ

というほうがどうも日本人にとっては上達が早い、効率的だろう

ということなんです。



こういう変なことは誰も言っていないだろうけど

やはり私はいつものようにこれを感じるわけです。



これは英語話せる韓国人とか中国人に会ったことある人は

ご存知のように

まあ英語ペラペラ度合いが結構すごいわけです。


が、これは当たり前で同じ子音完結音を持ってる言語同士ですから

あとは単語とか文法覚えてしまえばある程度聞いて話せるから

当たり前といってしまえば当たり前なんですね。


んで、私が日本の英語教育に疑問を感じるのが

日本の文部科学省の官僚たちも英語は聞き取れないししゃべれないから

やはり英語教育の要綱がおかしいわけですね。


これは重要なことなんだけど実は

東大生のほとんどって英語しゃべれないんです。


だから日本の東大出ていてもですね、アメリカ人の子供の会話が

分からない人が大多数なんですよ。

本当ですよ。これは知ってる人なら知ってます。


ただ東大生はアメリカ人も知らないような単語は

知ってたりするわけです。



そして

文法中心教育だと日本語の特殊性を理解していたら

聞けない、話せないのは当たり前で一番日本の学歴エリートの

東大生が実は英語全然話せない人が大半という状況になるわけですが



いまだそういう不毛な英語教育が日本で行われてるわけです。


だから私は第3外国語で韓国語でも中国語でもフィリピンタガログ語でも

いいと思うんだけど、それを一緒に学んでしまえば

日本語圏の人はすぐに深い母音音が脳みそに身につくから


そこで英語リスニングなんかもうまく入っていけるから

脳科学的にそれやればいいのにな、とか思うんですけど


これはやはり政治的なあれでして、韓国語とか中国語は

必修言語には入れない、というそういう政治はあるわけですね。


為政者はアジア人同士戦わせたいわけですから。



けど中国語なんて特にこれから重要ですし、

さらに日本人からしたら漢字分かるから中国語って結構

上達早いでしょうし(文法は英語よりですが)


だから中国語教えて、同時に英語教えるってほうが

圧倒的にトリリンガルとかそういう子供が即効増えるのにな

というのは私は感じるところなんですね。


したら国際競争力も高まりますよね。これからの世代で。


政治イデオロギー抜きにして言語学で考えていくと

そういうことになるんです。


ただやはり日本ではこうアジア圏内には差別心持つように

あらゆる方向でマスメディア誘導があるし、

だから言語というところでも


明らかに今は中国語のほうが英語より重要になってるのに

やはり英語が日本では第一になってるし


こう政治的なイデオロギーってのが日本人が学ぶ言語にも

影響を及ぼしているというのは韓国語を学んでる私からすると

すごい分かるんです。


SMAPの草彅つよし、さんという人がいて

あの人は「チョナンカン」っていって韓国語ペラペラで

韓国でも歌手デビューしたけども


あの人なんかも結構短期間に韓国語ペラペラになりましたが

あれはやはり日本人にとって韓国語身につけるのは結構簡単

ということなんですね。


ちなみに草彅さんのあの事件の「裸になって何が悪い!」ってのは

すさまじい名言なんです。


私は本当にそう思うんです。確かに「裸になってなんで悪いんだろう?」

と思う。これは実は元をたどって研究していくとどうも

カトリック思想にたどり着くと私は見る。


まあ話はいつもながらにずれちゃいましたが

要するに、日本人にとって韓国語とか中国語は

英語よりも身につけやすい言語で


そんでそれらが身についてきたら英語とか西洋言語も

結構聞き取りできるってことなんです。


これ、意外に在韓日本人は知ってるけど本国日本の人は

知らないことだと思ったので今日は書きました。



なんとも世の中には知られていない話というのが多いものですね。


この広い世界から色々学びたいものです。


それではまた!



ゆう





PS・・・ちなみに面白いのが世界で一番日本語と似てる言語が

これ韓国語なわけですが


それがこう両国とも

政治的に対立させられる不思議ってのはあるわけです。


言語を見ると、もう明らかに副島先生が書かれていたことなんだけど

私たちの日本語って大陸側に影響を相当受けてるわけでして

それが流れてきて日本語ってのになってる、と


韓国語、中国語を学ぶと分かってきてしまいます。


「日本語は美しい」と言う人たちが

ある種の産経右翼の人に多くいて、


それはやはり自国言語を美しいと思う感性はどの国の人も

一緒だから分かることは分かるんだけど


その「日本語」と「美」というのは漢字であってこれ中国から

来てる漢字なわけです。


韓国語でも 日本語の日と本という漢字はそれぞれ

上記、読み方があり


語も「オ」と読むし、あとは

「美」は「ミ」って読むんです。



だから日本語って強く中華圏の影響受けてるのはこれ

語学学んでるともう感じざるを得ないわけです。


が、この当たり前のことはなんか謎に

いったら叩かれるとなってるけど

事実だからしょうがないんです。


んでそのとても似てる言語や漢字や文法を使ってる国

だから思考回路も言語の影響を受けるから大変実は似てるところは

似てるんだけど


が、そこで敵対させられる関係になってしまってるのが

これ極東アジアの悲劇といえば悲劇なんですね。



ここで重要なのが副島先生の「アジア人同士戦わず」の思想でして

やはりこれは言語を学んでいてもすごい感じるところです。

だから実は言語というのもこれ実は非常に政治的なものだな

と思いますよね。


ただ実際に韓国語を聞けるようになると、

英語も聞きやすくリスニングかなり出来るようになるのは

これ事実としてどうも存在するので


それは知識としては知っておいていいと思いました。


アジア人同士戦わず、って副島先生の名言はこれ

言語学んでるとすごい私は分かりますよね。



では!


ゆう






⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/1427489/3/









«  【日本語と韓国語はすごい似ていて、韓国語聞き取れると英語も リスニングできるようになってくる、っていう話】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXで長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

見るか見ないかでこれから先勝つか負けるか変わってくるかも?(笑)しれない情報です☆
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXで勝つために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

メールアドレス(必須)
名前
当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください