無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






軍産複合体を欺きながら朝鮮半島情勢を攻略していく トランプとキッシンジャーのすごさ

2017 4月 19 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


軍産を欺きながら朝鮮半島情勢を攻略していく
トランプとキッシンジャーのすごさ
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

無料(タダ)で98000円相当の
マニュアルもらえるって怪しいですか?

⇒  https://www.viral-manager.com/……5863/2750/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


   FX新案件!

【2万→25日で90万を稼いだという負けないFXとは?】


⇒  http://tokuhou-center.com/lp/11567/31564



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!!


さて、この前なのですが、

日本ですごい騒がれている北朝鮮の問題ですが

それは実は私が今いる韓国ではぜんぜん騒がれていないで


その日韓の国民の温度差が結構すごい・・・

っていう話を書きました。


それで実際に4月15日に北朝鮮が核実験するぞーと、

日本のマスコミがまあ煽りまくっていたようですが、


実際には一応ミサイルの試射してぽしゃって、終わりました。

そしてその後ろで進むアメリカと中国の協調です。


その裏ではやはりトランプやキッシンジャーの優れた

政治があると思います。


編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


無料(タダ)で98000円相当の
マニュアルもらえるって怪しいですか?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、先ほどなのですがビジネス系の新しい無料プレゼント

のキャンペーンが開始されました。


今号では簡潔にかきますが、

こちらの案件、実際に法人の会社さんで

売り上げ立てるために現在進行形で使われてるノウハウでして、


たった一人の担当者で月商1000万円以上という

結果を出しているビジネス系のノウハウです。


ずばり内容はというと「マジ」なノウハウなので、

いわゆる情報弱者用ノウハウみたいのがあるけど

これは情報強者用のノウハウになってまして、


なんと今回98000円相当で1331ページのPDFノウハウを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もらえちゃいます。(動画も補足で5時間以上あります)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



⇒  https://www.viral-manager.com/……5863/2750/

(「PDFファイル:1,331ページ
動画再生時間:5時間47分
サイトテンプレート付属」 となっております)



それで今回は広告投資をしていって、どんどん

雪ダルマ式に

利益あげていきましょう~っていうノウハウなのですが

メールアドレス登録した後にURLとパスワードが読者さんに

渡されるシステムなのですが、



その後中身見て結構良い意味で

読者さんに驚いていただけるかな?と思います。


実は私の友人が絡んでる案件なのですが、


それこそマニュアルには以下の基本的な内容から


「 00-000:■はじめに読む■
K0-000:解凍ソフトをインストールしよう
K0-001:PPCアフィリエイト基礎知識
K0-002:PPCアフィリエイトで稼ぐための5STEP
K0-003:Gmailの取得方法
K0-004:GoogleChromeのインストール・設定・必須アドオン
K0-005:スマートフォンの設定
K0-101:アフィリエイトで稼ぐために必要な5つの事
K0-102:時間を有効活用する方法
K0-103:アフィリエイターが持つべきマインド
K1-001:TeraPadをインストールしよう」


「現場」で使う、以下のような実践的な内容


「 K4-201:広告の出稿方法
K4-202:削除・編集・追加方法
K5-101:広告管理の重要性
K5-102:損切りとは?
K5-103:広告管理に必要なデータとは?
K5-104:最適な入札価格を求める方法
K5-105:利益額をグーンとアップさせる3つの方法とは?
K5-106:審査落ちしたときの対処法」



など・・・


これがなんと総1331ページくらいありまして、

良い意味で内容ヤバいです。


それで内容としては

「 K5-102:損切りとは?
K5-105:利益額をグーンとアップさせる3つの方法とは?」


とあるように、実際はPPCってビジネスというか投資に近いので

投資家の人は見てみると面白いかもしれません。


良い意味で読者さんに登録後に驚いて

喜んでいただけると思いますので



ぜひ無料のマニュアル、ボリューム1331ページあって

動画も6時間近く、さらにテンプレート付き、と

10万円以上の価値あるのですけど


よかったら結構やばいと私ゆうは思ったんで

読者さんもこれ受け取ってかなり勉強になると思うので

見てみてくださいね~



⇒  https://www.viral-manager.com/……5863/2750/












============編集後記============

さて、4月15日にこちらのPDFの内容を配布しました。

かなり好評だったPDFなのですが、


日本や米国の主流マスコミとはぜんぜん違う分析なんだけど、

手前味噌ながら今の国際政治はこの私がPDFに扱ってる枠組みで

普通に動いてるのが時系列でも分かると思うので


よかったら見ておいてください



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日本マスコミの大本営発表とは逆に進んできた
「米中協調体制」】

PDFファイル直リンクです
⇒  http://fxgod.net/pdf/seijikeiz……outyou.pdf

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


それで・・・一応上のPDFの内容を踏まえつつ、

また新しく考えて生きたいのですけど


やはり、まあ何もなしに4月15日は過ぎ去ったわけです。

ちなみに日本のニュースってのも私は韓国ソウルで見ていて


びっくりするのが日本ではそれこそアルバイトさんとか従業員さんが


「明日ミサイルが飛んでくるかもしれないので

最後の日を大事な家族と過ごしたいので

今日は休みます」


みたいに上司に言うらしいんですね。


それで困ってる上司もいる、みたいな話も聞くわけでして

私はその日本のこう北朝鮮の問題で騒ぎまくって騒然となってる

様子は今日本にいないから体感はできていないのだけど


それにしてもすごい扇動ではないか・・・とは思うわけです。


私は一応3ヶ国語は話せるので、日本語圏の情報と

英語圏の情報と韓国語圏の情報比較するわけだけど


明らかに日本語圏の情報だけ北朝鮮問題を強烈に扱っている

わけですよね。


まあもっと突っ込んで本質言うと、これを扇動してるのは

2009年に小沢鳩山を追い落とした日米安保マフィアの

外務官僚の方々だろうというのもうすうす私は気づいてます。


私はプロパガンダ手法の分析とか良くするんだけど

この日本の情報扇動のあり方がまあ彼らのやり口、情報扇動スキーム

そのまんまなので。


それに、振り回される、かわいそうな日本国民の絵図を

どうしても感じます。


それで私は韓国にいて、日本のブログとかメディアとかニュース

見ていたのだけど、それこそ4月15日に核戦争になる??


とか・・・あとは原発に核が飛んできて日本は終わるとか・・・


なんだ、新しいハリウッド映画の宣伝か?とも思うくらいだったけど

そういう情報が日本語圏ですごい多かったわけです。


が、PDFにも書いたし、メルマガにも書いたけど

もし北がそんなことやったら彼らはそれで政権が国際社会に

つぶされるの分かってますから

その一線をずーっと何十年も越えてこなかったわけでして


北がもし原発攻撃やら本気で核ミサイル飛ばしたら

もう自分たちが終わるって分かってますからそれは難しいだろうよ・・・


と私は書いていたわけですが


やはり日本国内はそれでパニックになってる様子は

どうしても感じました。


が、実際は4月15日はこれ、ふつーに、

北朝鮮がいつも通り ポシャって落ちるミサイルを

発射しただけでした。


そして予定調和的にミサイル発射は失敗しました。


これは金正恩という男を馬鹿だという人がいますが

日本では彼は良く分からない頭がぶっ飛んでる人という報道だけど、


実際は

一応スイスに留学していて、他国の人とも英語でやりとりして

小さいころから欧米の人間とも接してきた人間で

バイリンガルというかトリリンガルにも近い男だから


やはり上記の本気で攻撃なんてしたら北は、金王朝は終わるって

分かってますから意図的に失敗したわけですよね。



核実験よりも世界に黙認されるのは

「ポシャるミサイル発射」なわけでして、


これは北朝鮮がアメリカのトランプと、中国の習の協調体制に

しっかり従ったということでして、


まあ上のPDFに、以前からメルマガで書いてきた米中協調体制に

北も従ったということです。


が、日本の外務官僚やマスコミはこの米中協調ってのは嫌ですからね、

対立してほしいわけですから


まあこの構図はあまり知られないようになってるんでしょう。


それでトランプがもうすでに

「実は・・・俺は北朝鮮の政権転覆するのを目的としていない。

もし北朝鮮が核開発をやめる方向になれば

融和して仲良くしていくよ」


といってるわけです。


これは11月とかに私のメルマガでトランプが

金正恩を招いて「米朝国交正常化」をしようとしているんだ、実は

という話も書いたのだけど、


これ、実は3月に北朝鮮の民間使節団とトランプが交渉する

予定だったんですね。


これは私のメルマガでも扱ったけど、これは「おじゃん」になった。

軍産の猛反対があった。


だからトランプは第2シナリオ戦略として、あえて

北朝鮮に強硬な策を大声で言って、それを中国に解決させようとする

という策を出してきましたが、


ある程度軍産をうまーく、出し抜いたので、

本音を最近言い出したと。


ちなみに前も書いたけどトランプは選挙戦中に

「金正恩をワシントンに招いてハンバーグをごちそうしたい」

といってたわけで


金正恩もあの人はヒラリーではなくトランプになったのを

相当喜んでいたという情報も流しましたが


やはりその筋で国際政治は動いてると思います。


だから私のメルマガの11月以降の流れをメルマガとってる人は

読んでみてください。



それで、実は今回の北朝鮮の一連の騒ぎで見えてきた現象が

あって、


それが日本の「リベラル」という人たちがいるけども

私もリベラル=自由は重要だという認識だけど


このリベラルの人たちが「またしても」だまされたということですね。


これはアメリカのアレックスジョーンズも優れた人だったけど

おそらくキッシンジャーとトランプの策が読めなかったわけで。


だからトランプがシリア攻撃して、北朝鮮に圧力かけるのを見て

「ああ、トランプは軍産に下ったのだ」という分析が増えてきたけど


トランプのすごいところは自分を支持してきた

リベラルさえも、うまく軍産を出し抜くために欺いたすごさ

があります。


一応世界的に見られた分析としてはスティーブバノンと

マクマスターが対立しているという構図が報道されまして、


バノンがNSCから離脱して、それで軍産勝利ということになってます。


ここでバノンと対立して同時に報道されていたのが

ユダヤ人のクシュナーでしたけども


この軍産と戦うバノンに対して、クシュナーが裏切って

そして軍産がユダヤのクシュナーを信じて、

それで加勢して、結局 クシュナーサイドが勝って


トランプの思想に近いバノンはNSCから追い出された、という

構図ですよね。


だからこれを見て多くの人はリベラルたちは

「トランプは軍産の傀儡になった」と分析しだしたわけです。


が、本音で言うと私はそれは分析が弱いんだろうと思っていて

おそらくトランプやバノンサイドVSクシュナーとかの構図自体が

演技っぽいですよね。


それで米国の「アプレンティス」でも高視聴率のテレビ番組を

作り上げてきた一流のプロデゥーサーでもあった

トランプとしては一応その演技の最中に


「よーし北朝鮮を攻撃するぞ!戦争だ!」とやって軍産を

喜ばしたわけですが、


ここでうまーく、中国の習を動かして、

その上で米中協調体制を実質的に実現してしまいまして、


それである程度緊張緩和となったら



「けどやっぱし北朝鮮に強硬に行くのもどうかと思うからさ、

融和してもいいかもね」


となってきてるわけです。



これをやることで軍産が抵抗するのを防ぎながら

米中協調して、北朝鮮問題を融和的姿勢で解決する方向性を

作り上げたわけでして、


これがトランプのすごさではあるわけで、

それを理解してる人はどれだけいるだろう、とも思います。


まだ、トランプとしても軍産との対決が継続してるから

予断を許さない状況ではあるけど


事態はトランプとキッシンジャーのシナリオ通りに進んでると

私には見えまして、


私のメルマガで扱ってきた米中協調体制が

表面的には対立するのを装って、実態はどんどん進んでいく、

というのがこれも実現してきてますから、


やはりキッシンジャーとトランプはめちゃくちゃ頭がいい、

んですが、


おそらく外務官僚のプロパガンダに311震災のときのように

右往左往する人たちはトランプたちの冷静な戦略が

分からないかもしれない。


ちなみに「リベラル」という人たちのやはり弱さとして

私は感じたのだけど、


「リベラル」だから自由を重視するわけで私ゆうもそうなんだけど

この「リベラル」を自称する人たちってのはこれ、


どうも最近はすぐだまされる。


たとえば米大統領選挙でもリベラル自称の人たちが

軍産傀儡のヒラリーを支持したのも象徴的だったけど


なんと自由重視を標榜する人がいつの間にやら

自由とは逆の戦争を志向するヒラリーを支持したわけだけど


今の国際政治はトランプみたいな人は

何か戦略をしかけたらリベラルサイドがどういう反応をするか?


という1次反応を計算した上で政治を動かしておりますよね。


この頭のよさがあるわけです。


こういう人がやはり「自分で稼ぐ」でトランプみたいな人が

実際に彼の本当の資産は推定6兆円あるとも言われるけど

(副島先生の分析で)


これが一代で財を成す男の脳みそだろうというのも感じます。



それで重要なのが上のリンクのPDFでも去年書いた内容もそうだけど

明らかに「米中協調」が進んでると。


ちなみにこれが進む、と私が書いたのがまさに中国上海から

私が去年メルマガを配信していたわけだけど


そこでこの米中協調が実質は進んでいく、というのを書いたけど

まあこれは現地中国にいると分かるんですよね。

ソフトパワー戦略のアメリカの映画だったり音楽だったりが


普通に流れてるわけで、禁止されなくなってるわけでして、

「ああ、これは表向き対立しても融和してく方向だ」

とこれ、ミクロのそういう事象で実は自分で見ると分かるんです。


それで4月4日にトランプは習を説得したわけですね。


ちなみにですが、やはり私が知ってる情報だと

今回4月4日の米中首脳会談において、


実際のキーマンはキッシンジャー博士なんですよ。

「実はこの軍産を欺いて、う

まーく北朝鮮脅威除去を進めていく」

(そしてそれが実行された場合いわゆるムーニーなどの軍産勢力は

権限を失効する。北朝鮮という敵役がいるからこそ在韓米軍

在日米軍の意味があるわけ)


この国際政治戦略スキームを開発してるのは間違いなく

キッシンジャーですよね。


トランプが政治の素人?とか言う人が日本の

ヒラリーが勝利するとか言ってたコメンテーターは多いみたいだけど


私は馬鹿いうな、と思っていて、


「トランプはな、あいつの後ろには

キッシンジャーが助言者としてついてるんだぞ、

素人どころか、相当うまい戦いをできる地盤があるのがトランプだろう」


と思うわけです。


今回の米中会談において、トランプが習に言った言葉は

キッシンジャーの助言であって、


そこでキッシンジャーが

「北朝鮮問題の問題は通常の方法では解決は不可能。

よって北朝鮮と韓国の朝鮮半島の統一、そして


米朝平和条約問題と日本人拉致問題もふくめて

中国がまとめるように強く言ってくれ。


北の後ろ盾は中国なのだから、北の問題は中国が

まとめる責任がある。


中国がその場でこばんだらアメリカが「直接」

問題解決するぞ、とちょっと圧力かけてくれ」


こういうことをどうも内容的には私が知る限りでは言ってますね。


それで、中国の習サイドとしてもこれは当然

トランプ背後には中国に対して親中といわれるキッシンジャーがいる

ってのも知ってるからだから

「分かりましたよ、トランプさん(とキッシンジャーさん)」


ということで、これ同意書を交わして実際はサインを交わしてるようです。


それで・・・ここで重要なのが

とりあえず朝鮮半島情勢において、


アメリカ=中国の協調体制ラインをキッシンジャーが

うまーく軍産を欺いて作ったわけでして


いずれ数ヶ月してこの辺が世界の分析でも出てくるだろう

と私は見てるけども


ここで重要なのが韓国なんですよね。


私は韓国情勢においてはまあ韓国にこんだけいますからね

色々調べてパク大統領のデモも見に行って

「この背景には何があるか」ってずーっと考えてきて


それで色々な意見や見方を比較検証してきたのだけど

最近どうもそうなんだろうと思ってるのは


やはりパク大統領弾劾の背景にキッシンジャーがいそうだな

ということで


ここで結果としてうまーく、中国北朝鮮と親和していく

ムンジェインが台頭してきてるんです。


韓国のメディアはやはり順番としては「ムンジェイン⇒アンチョルス」の

順番で報道されておりまして、


選挙活動を見てもムンジェインの応援カーの往来が結構すごいんです。



だからおそらくキッシンジャーは去年あたりから

韓国トップに誰を添えるかというところで


パク大統領も選択としてはあっただろうけど

彼女はこれサード配置なんかでも、軍産に配慮してしまう弱さも

あったから


そこの不十分さはキッシンジャーは将来のシナリオで

認識してたはずで


ここで完全に親中、親北朝鮮の政権を韓国で誕生させる

必要性を実感してたはずなんですね。


ここで候補としてイエジョミョンって人もいたのだけど

それよりは ノムヒョン政権時代に国政経験もある

ムンジェインを大統領に、という方向性だと思います。


ちなみに中道、保守と日本でいわれるアンチョルスも

本質はこれ左翼ですから、


というか昔ムンジェインと共闘してた人ですから

日本の外務官僚としてはアンチョルスのほうがまだマシ

だと思ってるでしょうが


ムンジェインが仮に倒されてもアンチョルスもアルタナティブ

(代替人事)としてはキッシンジャーが動かせる状況なんだろうと思う。


それで順当にムンジェインが5月9日勝ち上がるか?が

とても大事で、


ここでムンジェインが順当に勝ち上がりますと

ここで「アメリカ=中国=韓国」のラインが登場するんです。

ムンジェインになれば、これ、

「じゃあ北朝鮮には融和していきましょう」というところで


3国の思惑が一致します。


この構図が結果的に作られるのを

キッシンジャーはもう2016年に思案していたわけで


そしてその通りに政治ダイナミズムを動かしてきてるすごさが

キッシンジャーにはあるんですよね。



それでどうもキッシンジャートランプラインが

軍産とトランプ政権になって対立してきて分かったのが


「やはり手ごわい」ということです。


ここで一世一代の芝居をうって、

そしてバノンとクシュナーが対立するある種の演技構図をうまく

作り出して、


そこでトランプ政権が軍産に下ったというストーリー作ったわけです。


ここで右翼も左翼も、だまされた。


が、実際には実はバノンはトランプ側近から外れておらず

これからもトランプの戦略立案にかかわるといわれてますし


そしてこれが面白いのがクシュナーってのもこれ、

軍産が本当に望んでること、を理解してるわけですね。


要するに、これ北朝鮮問題において北朝鮮の武力なんて

たいしたことない、これは兵役に言ってる韓国人はみんな

北の武力を目の前で見てるから言うんだけど


もし本当に北朝鮮攻撃したら一瞬で決着がついちゃうわけです。

が、軍産複合体ってのはこれ、兵器ビジネスですから



これは医療と同じであって、医療でも患者を完治させたら

薬ビジネスできないじゃないですか?


だからうまーく完治させないで、薬漬けにしてある種

「継続課金」するのが医療界のビジネスモデルとしてあるわけです。


これは軍産ビジネスもおなじで一瞬で決着ついたら

これ儲からないんですね。お金の話で。


その際に数日で使用される兵器しか消費できない。

となると儲からないんです。


これをクシュナーは良く分かってるんだけど

最近そのNSC内でクシュナーは

「自分はユダヤ人だからみんな俺を

軍産の傀儡として理解(勘違い)してくれるだろう」


という思惑があると思うのだけど


ここであえてクシュナーはNSC内で

「北朝鮮なんて攻撃してしまえばいいんだ!

そうだ、戦争するべきだ!そうだ、戦争するべきだ!」

と言い出してるわけですね。


実を言うとこれ、ネットウヨたちが一番嫌がるやり方なんだけど

彼らはうまーく、対立状態が続くことを目的としていて

そこで勝敗を決することを求めていないわけですね。


だから彼らが本当に嫌うのは自分たちの中に入ってきて


「よーし、戦争するぞ!戦争大好き!

どんどん強硬にいくぞ!」


みたいな人なんですね。


私ゆうはこれをネットウヨたちが一番嫌がるのを

知ってるんです。


戦争反対、よりも過激に戦争賛成!!を言う人が一番

彼らは嫌なんですね。

(まず、たとえばそんなクレイジーな人出てきたら

世論が完全に反発するわけですから。)


これをクシュナーは分かってるはずで、

だからあえて過激に「北朝鮮を攻撃するのだ!!それでいいのだ!

戦争でいいじゃないか、遠慮するな」

ということをNSC内で言ってきたわけでして、


これはあえてそこまで言わない本当の軍産複合体の利権者からしたら

「おいおい、そこまで露骨に言われると困るんだけど」

ということなんですよ。


ここで、米日のマスコミってのは根本的に思考力が低いから

そこで一応トランプを絶賛したんだけど


実際の話、軍産の本当の利権持ってる人らは

「おいおい、トランプさん、逆にやりすぎだよ。

ちょっとそこまで過激に言うのやめてよ」


となってきたわけでしてここで逆に軍産がトランプを止めに入ったと。

ここで

「そうかそこまで言うなら

じゃあ北に融和的にするのもありかもな」ということで


トランプは政治を展開するんだけど、

このある種のトランプ・キッシンジャー監督のストーリーに

うまーく乗せられている軍産の構図が見えるわけでして、


これはやはりすごいんです。元経営者じゃないとできない政治。


そこでうまーくクシュナーが軍産の傀儡のフリをおそらくはしていて

というかほぼ間違いなくしていて、


そこで実際はトランプの「アメリカファースト」になるように

忍者のように動いてるってのがこれ

ほんと面白いんです。


ちなみに

これは今度田中宇先生の新刊でもその辺の背景が書かれるようだから

あの人は日本でも稀有な分析者だから、


彼の書籍

「トランプ革命の始動 覇権の再編」とか

あとは分析なんかも


投資家は勉強のために見たほうがいいかもしれない。

世界情勢分析では彼が非常に正確だと私は見てる。


それで「アメリカファースト」の機軸として


「俺トランプは米軍を他国に出さない!

まずは国内問題を優先なのだ!」


という考え方があるわけだけど、


実はやはり、大きな戦略の元にあるのが「アメリカファースト」

なんですね。


要するに米中韓のラインができて、それで

北朝鮮問題を融和できたとしましょう。


これは軍産との戦いが続くけども、そこでうまく勝ちあがって

北朝鮮問題を融和したとします。


ちなみに、最近金正恩が人民服じゃなくて、

背広着てますでしょ?


あれはですね、ちゃーんとした意味があるんですよ。


これは韓国にいると分かるんだけど最近昔の

金正恩の「笑顔満開の写真」が公開されてるんですよ。


スイス時代の友達と一緒にたわむれる笑顔の金正恩の

写真が結構公開されてきてる。


まあだから金正恩はですね、これ米国と国交正常化したいわけでして。

韓国もそろそろそれに合わせて報道のあり方も動いてきてる。



もう少し再度説明するとこれは11月にメルマガで書いたけど

実は非公式でキッシンジャーが

トランプが選挙で勝った後の11月17日から19日の間に


側近の米国務省のアインホーン元調整官と、

ジョエルウィット元北朝鮮担当官を

スイスに派遣してるんです。


んで、ここで北朝鮮の外務省のチェ・ソンヒ米州局長と

チャン・イルフン国連次席大使の2人と実はひそかに

米朝会議を行ってるんですよね。


これたぶん日本のマスコミの人も知ってるはずですよ。

が、非常に不都合なので報道してないんだと思う。


ここでもうキッシンジャーとしては米朝国交正常化

国交樹立、米朝の平和友好条約を締結する動きで


忍者外交してるんです。


これを金正恩はよーく分かってるから


「あえてポシャるミサイル」打ってるんですね、15日に。


私がなんで「緊迫してる朝鮮半島」にのん気にいるかというと

実はこのようなことを見てなんだけど。


金正恩はあほだ、ばかだ、という分析がまあ日本では多いけど

私はそうは見ていないで、


金正恩はやはりトリリンガルで英語とドイツ語も話す人で

よーく国際政治の現在の趨勢は痛いほど理解していて


自分らの北朝鮮が完全に浮いてるって分かってますから


(※昔彼はスイスに留学してるとき、一外交官の息子という

立場で偽って留学してたんだけど、

だから私はすごい海外にいる自分の今の状態に似てるから分かるけど


そこでは外国人たちがたくさん考えをぶつけてくるから、

まあ偏狭な考え方がおかしい、って嫌でも分かるんです。)



もう北朝鮮も中国のように自由民主主義だとか資本主義を

導入しないとだめや・・・と分かってると思いますね。


もうだから金正恩は最近よく西洋の背広着るようになりまして

あの怪しい人民服着なくなってるわけです。


それでここで「アメリカファースト」の話になるけど

米中韓ラインが5月9日にできるかどうかが注目なんだけど


ここでこのラインができたら次は

北朝鮮融和策になりまして、ここで中国北朝鮮そして

韓国の和解。そしてようやく、北朝鮮は

「じゃあアメリカさん、和解はどうですか」という話になるわけで


トランプの最近の発言に沿った流れになるんだけど


そこで米中韓北が融和した場合、

「なんで在韓米軍とか在日米軍いるの?もう

中国の脅威も、北の脅威もなくなったよ?」


ってトランプさんは言えるわけでして、


このシナリオにいずれ入ってくんではないかなとは思いますね。


したらどうなるか?というと

ここで米軍が撤退してトランプは

「おい、支持者のみんな、米軍結果として撤退したぞ

アメリカファーストやっちゃったよ!」


といえるわけでして、

だからシナリオが非常に綿密に遂行されてるように見えます。


だから私ゆうはこの一連の11月以降のトランプキッシンジャーラインの

外交のすごさ、ってのは強烈に感じますよね。


それでここに発狂してるのが実は日本の外務省官僚たちで

だから彼らは今まさに北朝鮮脅威あおって


在日米軍必要だよね?そうだよね?っていう

プロパガンダ遂行中なんだけど



一番このトランプキッシンジャーラインの脅威を理解してるのは

彼ら日本の日米安保マフィアの外務省官僚たちでしょう。


鳩山元首相がセミナーで言ってたけど私は生で聞いたけど

彼らが

2009年の小沢鳩山つぶしんですね、実際は。


んでもう少し言うとその小沢さんを首相にしたいのが

これキッシンジャーなんです。全部つながってる。



ただこの大きな世界覇権デザインをするキッシンジャーとかの

戦略のほうがやはり彼ら稚拙な東大出身外務省官僚たちの

戦略よりうまいわけであって


これからだから韓国で大統領が決まって北朝鮮脅威が除去された場合

次は長期的にやはり注目は日本となります。


日本の外務官僚としては北朝鮮の脅威や中国の脅威は必要と

考えますから(そこで在日米軍基地が存在して、彼らの強大利権になる)


だからこそ、米中協調体制はもう世界では明らかなのに

外務官僚には逆らえない日本語圏のマスコミでは

これはすごい遠慮して報道されるんですね。


なのでこういう構造が分かると全て線でつながる感覚はありまして

それはそれで面白いですよね。


まだトランプキッシンジャーは軍産との戦いの最中だから

予断を許さないものの、


これからどうなるか注目ですね。


それでは!



ゆう











☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

無料(タダ)で98000円相当の
マニュアルもらえるってやっぱ怪しいですよね?

けど怪しいからいいんですよ
⇒  https://www.viral-manager.com/……5863/2750/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


   FX新案件!

【2万→25日で90万を稼いだという負けないFXとは?】


⇒  http://tokuhou-center.com/lp/11567/31564



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






«  軍産複合体を欺きながら朝鮮半島情勢を攻略していく トランプとキッシンジャーのすごさ  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください