無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【人生変えたいなら努力はするな!?】という話

2017 4月 16 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【人生変えたいなら努力はするな!?】という話

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

どうもゆうです!

読者さん、おはようございます!



さてさて、前号にて

【日本マスコミの大本営発表とは逆に進んできた米中協調体制】

という号を流しました。


ちなみに韓国のカフェで今私はこのメルマガ書いてるんだけど

まあすごい盛り上がりでして、

みんなすごい遊びまくってる感じです。


が、一方の日本って北朝鮮問題ですごいみんな核でびくびくしてる

っていう状況なんだろうと思いましたが

この辺の生み出された社会状況の違いってなんでだろう?


とも私は思うのだけど、


またなぜアメリカと中国の協調がマスコミの言っていたこととは逆で

今進んでるのか?


これは前号みたら分かると思うので

ぜひ見ておいてくださいね~




さて、それで今多くの人がFXとか株とかあとは

ネットビジネスとかせどりとか転売とかブックメーカーとか


色々なビジネスモデルがあると思うのですが

がんばってらっしゃると思うのですね。


それで私ゆうなんかも昔は派遣社員でして、

あとはアルバイトとか契約社員とかいわゆる非正規社員だった

わけです。


ただ今はこのメルマガは韓国で旅行しながら

ホンデってところのカフェで書いてるのだけど、


ある程度自由に暮らせるようになってきてるけど

当時この非正規時代から

「自立するために意識していたこと」を話したいと思います。



実は私ゆうはいきなりなんですが、まあ怠惰なんですね。

ナマケモノです。


もうこの自分の怠け癖ってのは、子供のころから自覚していた

わけです。



それで、たぶん多くの人が「ネットで稼ぐを勉強すれば

確かにお金は稼げるんだろうな~」というのは


分かってると思うのですね。


けど冷酷にその中で

「ちゃんと時間を注げる人」と「そうじゃない人」

が出てくるわけで、


ちゃんと時間を注げる人、これを「がんばってる人」

と表現したりしますが、


そういう人だけがまあお金手に入れる状況になってるのです。


だから多くの人の問題として、これは私の非正規時代の問題としても

あったのだけど


「やればいいのはわかってる。けど怠け癖があって

結局やらなくなって稼げないんですよ」


ってのがあると思うのですね。


私はもう早い段階からこの問題に20代あたりに

気づいていて


「要するにやる習慣を持てた人が結局お金持ちになって

やる習慣もてない人がそのまんま人生変えられないんだな」



ってこれに気づいていたわけです。


というのが最近セミナー案件とかありますが

私ゆうも20代のころセミナーとかでまくっていたのですね。


当時は無料セミナーってあまりなかったから

一回のセミナーで1万円とか2万円払ってました。


んで、セミナー行くと分かるのが

「明らかに稼いでる人はいる」んですよね。


こう当時の私の気持ちとして、やっぱり当時は稼げいないから

やっぱり人間の弱い気持ちとして「稼げいないのはその先生のせいだ」

とかしたいじゃないですか。


けど、まあ塾生とか先生はガツガツ稼いでるわけでして



「やべ・・・人のせいにして言い訳できねーよ」みたいになるんです。


んで稼いでる人を見たら分かるんだけど

まあ投資でもビジネスでも、もちろんその時点ではすごい

みんな稼いでいてそれこそLPにあるような


「1日30分」とかそんな感じで数百万円とか稼いでるんだけど

ただ話し聞くと「最初はすごいやってる」んですね。


これはまあ「最初はすごい努力してる」ように「見える」わけです。


んで、稼いでる人にもう100%共通してるのですけど

みんな「最初はすごくやってる」んですよ。


ちなみに与沢さんっているじゃないですか。

まあ世間では色々賛否両論があるというのは存じてますけど


あの人なんかも有名人だけど、実際はすさまじい努力家ですよね。


色々過去の話を見るとまあすごい苦労されて

そのときもうすさまじく勉強されている過去があるってのは

これ否定はできないと思います。


私はまあそれはすごいと思うんですよ。


んで、私が当時独立したかったときもすごい起業家さんとか

色々セミナー受けたりしたのだけど


まあみんな最初の話聞くと結構すごい勢いで努力してる

わけです。


だから当時私が稼いでる人分析して分かったのは

「とりあえずみんな最初はすごい努力してる」

ってことです。


まあ2年3年経つと収益が安定してあんま仕事してないように

見えるんだけど、最初はやってるんですよね、稼いでる人ってみんな。


ちなみに私のビジネス分野の師匠の柴野さんなんかの塾も

入っていてそれは分かったのだけど


柴野さんが過去「マサ」って名前でメルマガやっていたわけです。


当時は年間3億円稼いでるっていうことでLPに出ていた

柴野さんだけど、


昔のメルマガの内容を特典でもらって見たのだけど・・・


「めっちゃ毎日書いてるやん・・・」


と。


柴野さんは努力を否定するけど誰よりも努力家じゃないか

と思ってそこでまあすごい考えたのですよね。


要するにまあこれはもう厳しい事実として


「がんばってる人は稼げる、がんばってない人はまあ

稼げてない」


この事実を私は自分の目で見て「冷酷に」思い知ったわけです。

これ20代の私がHIPHOPの格好していていきがってたころです。




んで、これは私ゆうと同じ怠惰な人は分かると思うんだけど

ナマケモノなら分かってくれると思うのだけど


がんばってる人はすごい、それは分かりますよね。


けど問題があって「俺はそんながんばれないわ」

ってのがあるんです。


私ゆうの場合、結構自分が最高にダメ人間って自覚があって

だから「彼らみたいな努力って俺にできるんだろうか」

というのがまず最初にあったわけです。



が、努力っていうかちゃんと毎日検証したり

ビジネス取り組んだりの時間を注がないと


一生ブラック会社・・・なわけです。


うーん、困った。


だからやはり怠惰な自分がなんとかがんばるように

どうすればいいのだろう?


これを実は一番最初に考えたんですね。


要するにやれば成功できるのはわかっていたんですね。

ができなかったわけで、

それをどうするか??


これに一番考える時間を使ったわけです。



んで・・・結果たどり着いた結論があって

「努力するの無理!」

だったんです(笑)


いや、無理だな、と。


昔「ビリーズブートキャンプ」っていうDVD買ったんですよ。


これは「毎日やれば確実に体がかっこよくなる」ってやつで

まあ買ってやったんだけど、


えっと3日でやめました(笑)


もう日々やってないことだからだるいんですね。

やりたくない、ってなるんです、ナマケモノは。


私はボクシングとかは楽しく続いたのだけど

もうテレビの前で ビリーズブートキャンプでよく分からない

アメリカ人の踊りに合わせるのは苦痛でしかなかったわけでして、


もう続かなかった。



んで、今まで自分が「続けられたもの」って何だろう?

って当時考えたんですね。


それが「環境」があったものなんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


要するに取り組む環境、ですよね。


こう自分では努力しているつもりないんだけど

それに打ち込んでいたものってのがたぶん

読者さんもあるんですよ。


それってどういうものだろう??って考えるといいんですね。


それで分かったのが「環境を作れば勝手に人間ってのは

行動を継続するんだ」


ってことです。


ちなみに上に書いたけどボクシングってのもこれ

ボクシングジムってのがあって、高校時代に行ってた訳だけど


これやっぱり行かなくなると「どうしたの?」とか

トレーナーさんに言われるわけです。


さぼってるのばれるんです。


だからこうそういう強制力も働いてなんだかんだ

5年くらい続いたんだけど、

それってやはり「続ける環境」があったんですね。


ちなみに「勉強ができる人」っているじゃないですか。

この「勉強ができる人」って頭いい人、ってみんな思うけど


違うんですよ。


東大生もそうだけど、早稲田の人もそうなんだけど

私はそういう偏差値ってのが高い人ってのは周りに結構いたから

分かるのだけど


結局「勉強する時間が長い人」が偏差値高くなるんです。


だから頭の良い悪いは地頭の問題じゃない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

んですね。



要するにどれだけ時間注いだかどうか、で脳みその構造は

変わっていくわけで勝手にどうも頭ってのは良くなるように

人間ってできてるんです。


「環境要因」でその人の能力はすさまじく変わる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってことでもある。


だからよく「俺はばかだ」とか言う人がいるけど

それは嘘でして、単純にその対象に時間注いでいないだけ

だったりします。


んで東大生の共通点というのがあって

「ほとんどの東大生がリビングルームで勉強する」

って知ってました?


これは人間って一人で勉強部屋で勉強なんて

できるわけないじゃないですか?


ナマケモノなんだから。みんな。


だから子供がいたとしたら勉強部屋作ったら

勉強できなくなるってことです。


それよりは子供の勉強部屋をリビングルームに

してあげることが大事で


ここでお父さん、お母さん、兄弟なんかがいる空間で

勉強させる、これをすると子供さん勉強できるようになるんですよ。


んで東大生のほとんどはリビングルームで勉強する、

わけだけど要するにそれは「環境」なんですね。

「環境」として人がいるほうが勉強するやる気でるから

だからそれを東大生は利用してお勉強の偏差値をあげてきた


ってのが分かるわけです。


ちなみに私ゆうもそれは分かっていて勉強は自分の部屋で

したことはなかったのを覚えてるけど

常にリビングルームでやってました。


親には「あんた自分の部屋で勉強すればいいじゃない」

なんて言われたのだけど、


それはダメだって分かってたので当時からそうやってたわけです。


んで、この経験は大人になってからも生きまして


「要するに やる環境 を作れば人間って

その対象に対してがんばるものなんだな」


というのを自分で分析して理解していたわけですね。


んで、FXの検証もそうだし、ネットビジネスもそうだし

まあめんどくさいんです、基本的に。


ただそれやらないと稼げるようにはなりません。


んでそれを「継続」するために何が重要か?というと

「その環境を作り上げること」ですね。



実はこれだけでその人の目標は大体達成できるんです。



要するに「努力することを目標化しちゃいけない」

ってこと。


そうじゃなくて


「自分がやる、取り組まざるをえない環境を作って、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そんで勝手に自分がその環境に囲まれると継続するから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
結果として後で見たら 努力してるように「見える」」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが理想なんです。


んで私の稼いでる人分析だと明らかだったのは


「稼いでる人はみんな 稼がざるをえない状況であった過去」

があると。


まあそこは分析してほぼみんな共通してたわけです。


たとえば昔


貧乏で雑草食べてたとか、

会社倒産させて死ぬ直前だったとか、

病気でなんとかお金稼がないといけない状態だったとか

会社で死にそうになってるとか・・・



まあ結構「稼ぐための強い環境」があった人が成功してる

って20代のころ気づいたんですね。


んで私が思ったのは当時一応ブラック会社と闘争してたけど、

まあうまくやってなんとか30代、40代、50代と労働者

してるのは可能だったと思うんです。


けどそれやりたくないわけです。


だから私が意識してたのが

「稼がざるをえない環境」を作ることでした。


だから塾も入って交友関係は「自分で稼いでるをがんばってる人だけ」

にしたし、


また普段目にするメールも自分で稼ぐ系の人たちで

結構面白い内容を書いてる人のばっか見ていたし、


ブログも常にそういう情報で自分を囲むようにしたし。


とにかく「稼がざるを得ない環境」っていうのを作ろうと。


要するに自分の視覚、聴覚、嗅覚・・・ってあるけど

なるべくできる限り自分を「自分で稼ぐのが当たり前の環境」

みたいので囲もうというのを意識したんですね。


これでまああえて自分で洗脳するわけです。


この脳みそを「いじくる作業」が最初に必要だと思って私の場合

やりました。


んで、会社にいるとこれ「逃げ」の心が出るって

当時気づいていたんです。


だってお金って人の生存権につながるものだけど

その生存権につながるお金を餌として会社から給料もらっていたら


そこでモチベーション切られますよね。


だって「ネットで稼がなくてもまあ生活できちゃう」わけだから。


これで「生きるか死ぬか」という生存力という強烈な

モチベーション使えなくなるわけです。


これにも当時気づいていた。


だから私が当時会社の仲間、上司に宣言したことがあって


「俺のこの会社の仕事は副業だ。

おれは投資とビジネスで生きるから、そっちが本業です。


だから会社の仕事は副業なんで、僕は副業は定時で帰りますね。

会社の仕事は副業なので、給与分の働きだけします」


みたいなことを会社でよく言っていたわけです。



周りは「唖然」ですよね。まあ尊敬されないことを承知で

事実だから書いてるんだけど、


ただ私がしたのは「こうやって宣言したら逃げられない」です。


それを狙ったんですね。



んで逃げられないとどうなるか?そういう環境だとどうなるか?

だと必死に勉強するんです。


もうFXの資金管理の重要性なんて

誰よりもそこで詳しくなりましたよね。


どういう戦略が結局勝てるのか、ってのももう圧倒的に学んで

そこで分かるようになったし、


ネットビジネスなんかでもブログとかめんどくさかったけど

その当時はすごい作り出しました。


しかもこれ面白いことに

「継続」できたんです。環境作ったから。



「やる環境」を作り上げるとですね、

そこで勝手に「習慣化」もされるんですよね。


人間ってそういうものです。


んでそうするとどんどんそれぞれのスキルがあがっていくわけで

それで継続するとお金も集中するようになりますから、


結果・・・独立できるようになったわけです。


だからこの経験はきっと今悩んでる人に役立つ?はずだと

思って今号で書いてるわけなんです。


んで私ゆうは英語話せるんだけど、これ英語も同じ方法を

使ったんですね。


英語って話せないよりは話せたほうがいいじゃないですか。

これはどの語学でもそうで、話せないよりは話せたほうがいいと

私は考えてるわけです。


ただ当時私は英語をすごい話せるようになりたくて

そんで、外国人たちから色々聞いたりして人生の幅を広げたい

っていう考えがあったんだけど


なんせ母子家庭でしたし、まあ留学なんてお金かかりますから

お金の問題でなかなか難しいわけです。日々の生活で手一杯。


んでそうすると「日本国内にいながら英語をマスターしないといけない」

わけです。


これも困りますよね。


ただ結局当時あった考え方が「そういう環境で自分を囲めば

勝手に英語は努力せず話せるようになる」


ってのがあって、


だから当時やった工夫ってのが

もう友達を外国人ばかりにしたんです。


だから日本にいながら、接するのは外国人とあとは起業家や

起業家志望の人だけみたいになったんだけど


んで外国人と遊ぶことも増えて、そんで

それだけだと不十分だから、ネットでスカイプ英会話毎日コース

を契約して、そんで毎日英語話す「環境」作ったんです。


したら話せるようになったんです、1年、2年くらいで。


要するに、読者さんが何かほしい能力があったとして

そこで「努力は無駄」だと私は思ってるんですね。


だって努力って続かないじゃないですか。


けど、「その何かほしい能力を手に入れるための環境を作る

工夫をする」


これをやると、勝手にその人って継続するし、

そこで能力があがって、その分野の能力、手に入れられるんです。


だから


「努力するより環境を作るための工夫することのほうが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
100倍大事」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんです。


この環境が作られればまあ人間勝手に自分で調べたり

学んだりしますから、


だから環境作れば勝手に人間努力するってことです。



実はこれが脳みその本質で、脳みそは生きるために適応するように

そのように作られてる。


んで私は韓国にいるのもそうで、韓国語マスターしたいんですね。


じゃあどうするか?


といえば韓国語話さざるをえない環境を作るわけです。


韓国に来てしまえばいい。簡単な話です。


したら勝手にどんどん韓国語理解力とか深まるわけです。

努力していないんです。勝手に、能力があがる、んです。



だって、韓国語で話しかけてくれたおじさんとかおばはんとかに

韓国語話せないで「韓国語話せません」とか言ったら

その人もがっかりしますよね。


だから「がんばって話さないと」となります。

「勝手に」単語を覚える努力も「勝手に」するんです。

環境に放り込まれると人間は。



たとえば音痴な人がいたとします。

そして読者さんはその音痴な人をとにかく

誰よりも歌がうまい人に育てないといけない、とします。


どうしますか?



これは簡単でその音痴な人をもうとにかく歌う環境、

うまい人に囲まれる環境に「放り込む。」



そうすると勝手にその人は努力しますから、それで音痴じゃなくなる

わけですね。


アメリカのゴスペルクワイアーにその音痴な人を

1年間放り込めば1年後、その人はどの日本人歌手よりも

歌がうまくなってる可能性があります。



この環境を作ることで人間の能力は飛躍的に伸ばせるってのが

私ゆうが気づいた人間の脳みその構造なんだけど


これ理解してるともう自分の好きなように

生きられるようになるわけです。


そしてこれに気づいてる人は少数だから、

みんな「努力」しようとするわけです。

が続くわけないですよね。


「ビリーズブートキャンプ」のDVDを渡されて

フィットネスを続けてる人なんていないわけでして。


必ず何かしらの「環境」で囲い込まないとその人の

がんばりってのは続かないんですね。


いや、がんばってる感覚、がある時点でダメなんだ、

ということですね。


努力してる感覚、がんばってる感覚がある時点で

実はダメなんですね。


だってそれは続かないから。


努力とかがんばってるっていうのは要するに自分の自然と

異なる行動をしてるってことです。


自然じゃない。自然じゃないのは続かない。


一方投資でもネットビジネスでもそれで稼いでる人たちは

その稼ぐための行動が自然なんですね。


環境が作られてるからそれが自然なんです。


だから稼ぎ続けてると。がんばっていないんですね。

ただ回りから見るとがんばってるように「見える」んです。



このがんばってるように見える人と

そうじゃない人の違いはこれ


おそらく「環境構築力」にあるんですね。結論。


環境を作り上げることをすれば勝手にその人はがんばるわけで、

それが人間の本質なわけでして。


英語がどれだけ不得意でも10年間アメリカに住んでたら

さすがに話せますよね。環境あるんだから。



これはネットビジネスとか投資でも一緒で

それで生計を立ててる人にずーっと囲まれてたら


そりゃー稼ぐの当たり前になりますよね、環境的に。



もしくはもうどうしようもない、自分でネットで稼がないと

殺される、みたいな状況があったとしたら


それは誰でも稼ぐんです。



だから多くの人がおそらく最近は

「やれば稼げる、努力すれば稼げる、検証すれば稼げるなんて

わかってるよ!けどそれができないから苦労してるんじゃん!」


ってきっと思ってるはずなんです。


私にはその心の声が聞こえるんです(笑)


が、実は努力なんてしなくていい、と。


「努力よりも「読者さんが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その達成したい目標があったとして
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それを達成しやすい環境、を作り上げること」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが一番大事なんですね。


環境作り上げれば勝手に努力する、んです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみに私がメルマガ継続してるのもこの環境なんですね、実は。

メルマガって勉強しないと書けないんです。


んで私がメルマガ書かないと読者さんから

メルマガ届かないよ~!ってメールが来るわけです(笑)


もう勉強せざる得ない状況になるんです。


すると、どんどん自分の投資スキルもあがっちゃうわけでして

これはとても良い環境なんですね。


これはメルマガじゃなくても日記でもいいかもしれませんけど

まあ結局「環境つくり」がもっとも大事なんです。



人間を動物としてある種の実験として私はかなり冷徹に

考えるんだけど


要するにその動物が 何かその物事をしないと

生きられない環境、に究極的に追い込まれたら


脳みそフル活用してそれを達成しようとするわけですね。



逆を言えば、自分をそういう状況に追い込んで

もしくはそういう環境をなるべく構築していけば


自分の人生は自分である程度デザインできてしまう、ということでも

あります。



だから努力は続かないから、努力じゃなくて

環境つくりのほうが大事ということですね!



これを意識すると環境つくりのために工夫する時間を

作るほうが努力するための時間を作るよりも

100万倍大事と分かります。



上記はまさに「ナマケモノの戦略」なんだけど

このナマケモノ戦略をうまーく使うと人生変えるってのは

意外にイージーゲームかもしれません。



それではまた!




ゆう





PS・・・だからこれは子供の教育論にもなるんです。


えっと「人間の能力はあらかじめ決まってます、才能ですべて決定される」

これは優生学という危ない学問から始まる、そういう考え方です。


これは人種差別学問でありまして、この前死んだデービッドRFが

作った。

が、嘘の学問ですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私ゆうは自分の脳みそ分析をするけどどうも、優生学は嘘の学問だ。



本当は人間の能力、「脳力」は環境次第で上がるんです。


というのは、読者さんは「国ごとに平均IQが違う」

というのを知ってますか。


もし人種だったりその人間の個体である程度能力が決定されてると

するならば国ごとにたとえばIQ値が違うのは説明できませんよね。


ちなみに実は日本ってホルホルするつもりはないけど

世界ではIQ高い国なんです。


1位 香港(108)
2位 韓国(107)
3位 日本(105)
4位 台湾(104)
5位 シンガポール(103)
6位 ドイツ(102)
6位 オーストリア(102)
6位 イタリア(102)
6位 オランダ(102)


となってるけども、どれもすさまじい「勉強しないといけない

環境」がある国ですよ。



要するにその人間の最初からの能力というよりは

環境因子がその人間の能力、たとえばIQに影響を与えている

ということ。


この結果は優生学だとたとえば説明できない数値です。

デービッドRFも死んだわけだから私たちはこの

環境のすごさを再度考えるべきだ、というのがこの2017年の

私の主張です。


そして人間の能力ってのはこれ生まれつきのものよりも

環境因子のほうがより強いんじゃないか、という仮説はあって

これは脳機構の研究が100%されていないから

証明されてないけど


おそらくそうなんです。


IQでいえばおそらく 情報量の多い都会のほうが

高くなる傾向があると思われます。


となるともうその人の能力ってのは環境を活用すれば

すさまじく伸びる可能性があって、


ここを理解してるとぜんぜん違う戦略が取れるんですね。


自分で稼ぐ、でも環境を作れば能力発揮できて稼げる人が

さらにかなり増えると私は仮説を持っていて

これはかなり自信を持って正しいと私は直感してます。



だから子供の教育でも「将来こうなってほしい」というのが

あれば親はそういう環境に放り込んであげる、

そういう環境を構築してあげる、

のが教育ですよね。


んで子供が大人になればそういう環境を自分で

構築できる大人にする、「工夫」できる大人に育てる

というのがひとつの教育論としてあると出てくると思いますね。



それで私たち大人も同じく体の体力は衰えても

脳みそは謎に死ぬまで成長するわけだから


そこで環境作って脳みそを育てるというのが重要ですね。


したら自分の目標も色々人によって定める目標にも個性はあるけど

達成率が高まります。


努力するより、環境を作る。これが大事です。


今読者さんが何かしら達成したいことがあるなら

続かない努力よりも

続けられる環境構築を意識するといいと思います。



それではまた!


ゆう









コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください