無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






『バフェット氏の書簡』最新版に見る2つの未来予測とは??

2017 3月 25 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こちらは2017年からメルマガで対談音声付で扱った

非常に有料な教材です。


すでに入塾したかたでも利益を出し始めている方も

増えてきている非常に優良な教材で

数々の教材を見てきた私ゆうがおススメ出来る内容。


サポートなども相当充実しておりまして
評判が大変良いので

株式で確実に利益あげる方法を知りたい方はどうぞご覧ください

⇒  http://www.infocart.jp/u/65589/137542/
(3月いっぱいで特典付き募集は終了になります)

今までの無料株塾の動画と音声まとめ

⇒  http://fxgod.net/pdf/shimoyama……oujuku.pdf
(全部で10時間以上ありますけど
かなり勉強になると思うのでお暇なときに聞いてみてくださいね)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




■━━━━━━━━━━━━━━■
 注目のビジネス系新案件です
■━━━━━━━━━━━━━━■
  


ついに2017年3月23日

【YouTubeを超える新しい巨大な波】が到来しました。


<NEW>【「借金9億円から人生を大逆転した男の物語」をネット上映中】
⇒  http://launchcenter.jp/r/78364……/1/af/3754
    



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





どうもゆうです!

こんばんは!



さてさて、昨日なのですが

写真と音楽付きで韓国漢江(ハンガン)前の

屋台祭りを取り上げました。



海外にいることのメリットとしてはやはり色々と

生活で考え直すことが多くて、勉強になるってことかな~なんて

思います。


強制的に自分を色々考えさせたり勉強させる空間になるのが

とても良いと思います。


人生一回しかありませんから、色々学んで知りたいものです。



さて、それで先月あたりから扱っていた

こちらの下山さんの教材なのですが


特典付き募集が今月で終了になります。

⇒  http://www.infocart.jp/u/65589/137542/



それでこの下山さんですが多くの生徒さんに親しまれておりまして

そして結果を出させているすごい方なんですが


今日はこの下山さんが

「『バフェット氏の書簡』最新版に見る2つの未来予測」

について語ってくれます!



非常に勉強になる文章なのでぜひ見てみてくださいね~




=========================

こんにちは、下山です。



今年も

多くの投資家が待ち望む”アレ”が

公開されました。

→  http://www.berkshirehathaway.c……016ltr.pdf



ウォーレン・バフェット氏による

『株主への年次書簡』です。



ちなみにこの書簡について、

バフェット氏に関する著書がある

アンディ・キルパトリック氏は

「年次書簡は金融専門家にとってためになるのはもちろんのこと

高校生にとってもためになる。

読み物として面白いし、

全部読むと人生と投資をよりうまくこなせると思えてくる」

と指摘していますが・・・

(引用元:ロイター

http://jp.reuters.com/article/……N1630IS)



あなたが生涯かけて、

投資で稼ぎたいと思っているのであれば

一度は目を通しておくべきでしょう。



世界No.1投資家が今何を考え、

そして投資の世界が今後どう動くのか?

ということが書簡を通じて見えてくるからです。



ただ・・・、

そうは言っても

原文は英語ですし、

書いてあることも簡単なことばかりではありませんので

なかなか読む気になれない方もいらっしゃることでしょう。



そこで本日のメルマガでは

『株主への書簡』の内容を一部抜粋して

分かりやすく

紹介させてもらいます。



テーマは

「投資の世界で起こりうる2つの未来」です。




*********************

『10年ごとに降る金の雨』の真意とは?

*********************


では早速ですが

まず、何よりも自分が気になった箇所を

共有させてもらいます。

4ページ目に書かれていた、この箇所です。

http://www.berkshirehathaway.c……ltr.pdf)



Charlie and I have no magic plan to add earnings

except to dream big and to be prepared mentally

and financially to act fast when opportunities present themselves.

Every decade or so, dark clouds will fill the economic skies,

and they will briefly rain gold. When downpours of that sort occur,

it’s imperative that we rush outdoors carrying washtubs,

not teaspoons.



簡単に訳すと・・・

『チャーリーと私は

魔法のような計画を持っているわけではない。

チャンスが訪れた時にいち早く行動を起こせるように

メンタル的にも経済的にも準備をしておくだけだ。

ほぼ10年ごとに経済の空を暗雲が覆い、

そして少しの間、金の雨を降らせる。

金が土砂降りのように降り注いだなら、

スプーンではなく、たらいを持って急いで外に出る。』

となります。



(※チャーリーというのは、

チャーリー・マンガー氏のことで、

バフェット氏の投資会社、

バークシャー・ハサウェイの副会長を務める、

言わばバフェット氏の”右腕的存在”です。)



ではこの箇所で

バフェット氏は何を伝えたかったのか?



表面的には

「投資には良い時も悪い時もあるものだから、

長期的に利益を生み出していくのが

我々のやり方だ!」

という意志が読み取れますね。



そして、個人投資家に対する

「チャンスでも無い場面で

欲を出してジタバタ取引を繰り返すようなことはするな!」

というメッセージも感じられます。



「ポジションを持っていないと落ち着かない」

というポジポジ病に悩まされている投資家は

本当にたくさんいらっしゃるので

そういった投資家に対する

戒めのメッセージでもあるのかもしれません。



ただ・・・、

自分としては

何よりも

『ほぼ10年ごとに経済の空を暗雲が覆い、

そして少しの間、金の雨を降らせる。』

の部分が気になりました。



「暗雲が覆い金の雨が降る」

というのはどういった状態の事を指すのか?



それは

経済危機発生時におけるバーゲンセールのような状態を

指しているのではないでしょうか?



例えば、経済危機によって

本質的に価値のある企業の株が

超大特価で売られている状態ですね。



具体的には

・ブラックマンデー

・アジア通貨危機

・サブプライムショック

・リーマンショック

といった

株価が大暴落した事件が思い浮かびます。



で、

「ほぼ10年ごとに経済の空を暗雲が覆い」

という文章がありましたが、

上記に挙げた経済的大事件が起こった年を確認すると、

下記のように

ほぼぴったり10年ごとに起こっているんですよね。



1987年:ブラックマンデー

1997年:アジア通貨危機

2007年:サブプライムショック

2008年:リーマンショック



ですから、

「10年ごとに経済の空を暗雲が覆い」の部分は、

おそらく、

・ブラックマンデー

・アジア通貨危機

・サブプライムショック

・リーマンショック

といった事件のことを指しているのでしょう。



そして、

考えてみれば

今年2017年は

サブプライムショックが起こった

2007年からちょうど10年です。



なので、バフェット氏は

『今年、もしくは来年あたりに

何か大事件が起こり、

株価が暴落するような事態が起こるかもしれないから、

そのチャンスに備え

メンタル的にも資金的にも

しっかり備えている』

ということを暗に伝えたかったのではないか?

と感じました。



もちろん、自分はバフェット氏ではありませんので

真意は分かりませんが、

相場の世界には

「西暦の末尾に”7″のつく年は相場が荒れる」

というアノマリーもありますので、

あながち外れてもいないでしょう。



ですからあなたも

「近い将来、

暗雲立ち込める中に

金の雨が降り注ぐかもしれない」

ということは

ぜひ頭の片隅に入れておいてください。



そして、

バフェット氏が教えるように、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
真のチャンスが訪れた時に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
素早く行動を起こせるように
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
心の準備をしておくこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして資金もしっかりと準備しておくことが重要です。



当たり前に重要なことではありますが、

これができずに

ついつい焦って無駄なポジションを作ってしまい、

相場から退場するトレーダーは

本当に後を絶ちませんから、

ぜひこれを機に

あなたもご自身のトレードを見直して

意識されてください。



*********************

これからの投資の世界とは?

*********************


そしてもう1つ、

今回の書簡において印象的だったのは

21ページ目から始まる

“The Bet” (or how your money finds its way to Wall Street)

『賭け-あなたのお金はどのようにしてウォール街に流れるか』

というセクションです。



このセクションでは、

ヘッジファンドに対する

辛辣な批判が述べられています。



簡単に言うと、

「ヘッジファンド、報酬の手数料とりすぎじゃないか?」

ということです。



「多額の運用報酬を受け取っている割に

市場全体の値動きと連動する

S&P500種のインデックスファンドよりも

運用成績が劣っているではないか。」

ということを

実際の運用実績を示しながら主張されています。



そして、

この話をもとに、

バフェット氏は

「インデックスファンドを使ったパッシブ運用」の

有用性を主張します。



ちなみに

「パッシブ運用」という言葉を

ご存知ではない方もいらっしゃるかもしれませんので

簡単に説明しておきます。



「パッシブ運用」とは、

パッシブ(passive)という単語の意味通り、

受け身的な運用で、



「この資本主義社会は

経済が永続的に発展する」

という理論を大前提とし、

その発展に身を任せて利益を上げる、

という考えに基づく運用方法です。



例えば、

日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)

などの指標を基準(ベンチマーク)とし

それらの動きと、

自分の運用成績を比較し

ベンチマークの収益率と同じような運用成果を目指します。



言うなれば、

「大勝ちはしないけれど、

確実に利益を獲得しましょう」

という運用方法で、

コストの低さが

特徴として挙げられます。



そしてバフェット氏は

「高いコストを支払ってヘッジファンドに運用を任せるよりも

このように

インデックスファンドを使った低コストなパッシブ運用を

した方が稼げる」

ということを主張します。



で、この内容から想定できることは

世界がますますパッシブ運用の方向へ向かう、

ということです。



バフェット氏は

パッシブ運用の有用性について

以前から主張していましたので

投資の世界ではすでに

パッシブ運用が増えているわけですが、

今回の書簡を受けて

今後投資の世界では

パッシブ運用が主流になっていくのかもしれません。




*********************

パッシブ運用はお勧めできません。

*********************


では、話をまとめておきます。



まずは何より意識すべきは、

「もしかしたら近い将来、

大きい事件が起こり、

株価が大暴落するような事態が起こるかもしれない」

ということですね。



そして、いつそれが起こっても良いように、

あらかじめそのための準備をしておきましょう、



しっかりとその可能性を意識し、

あらかじめ備えられているのであれば

恐れる必要はありません。



むしろ暴落して人々が

投資をすることを恐れている時こそが

チャンスになります。



そしてもう1つ、

「これからの時流は

パッシブ運用に流れていくであろう」

ということが言えます。

バフェット氏の影響は強大ですから

1つの可能性として抑えておきましょう。



ただし・・・、



だからと言って

その流れに乗っかって

「パッシブ運用」をすべきだとは思いません。



なぜなら、

利益率が低いからです。



何十億、何百億の資金がある

裕福な方や

十年単位の投資を考えられる方なら良いと思いますが、



例えば

「10万円、100万円単位の資金を使って

できる限り早い段階で

毎月安定した利益をある程度獲得したい」

と考える方に

パッシブ運用は向きません。



はっきり言いますが、

パッシブ運用を行ったとしても

「利益が出れば御の字で

年間5%~10%くらいの

年利が出れば素晴らしい」

という状況が現実ですからね。



「それではやる意味がない」

というのが多くの方の本音ではないでしょうか。



ただ、

だからと言って

アクティブに無謀なリスクをとりましょう、

と言いたいわけでもありません。

そんなことをすれば

最終的には100%資金を失うことになるのは

目に見えています。



じゃあ、どのように投資をしたら良いのか?



その答えはこちらに用意いたしました。

⇒  http://www.infocart.jp/u/65589/137542/




「パッシブ運用以上に稼ごうと思えば

それ相応のリスクを張らないといけなくなり、

そうなると、

利益を獲得するどころか、

損を出してしまう可能性も一気に高まってしまう・・・」

そんな悩みを根本から解消する手法を

学んでいただけます。

⇒  http://www.infocart.jp/u/65589/137542/




ということで

本日も最後までご覧くださいましてありがとうございます。



<<:氏名:>>様が投資で生計を立てられることを

心から願っています。



下山敬三



======================


以上です!



ちなみに私はここ数ヶ月バフェット氏の

「経済的堀」の理論を色々勉強しているのですが


そのバフェット氏ですがどうもこれからの暴落を

想定しだしている・・・というのが

分かりますよね。



ただ、毎回10年に一度は来るといわれる

この大暴落ですが、


ここで多くの株価がバーゲンセール状態になるというのも

知られた話でありまして、



実際多くの投資家にとって暴落というのは好ましいものでは

ないものの、


これを心待ちにしている人たちってのも世の中には

いるわけです。


実際、FXなんかでも暴落というのは儲けるチャンスになる

わけでして


ここでドル円やポンド円ショートでトレンドフォローの

スキル持ってる人は大きく儲かるのが事実ですし


また同時にそのときに ドルの敵である金ゴールドというのは

値上がりしていくわけです。



実際にリーマンショックで大損した人が多くいる一方、

そこで大きく稼いだ人というのもいるわけですね。


投資家として優れているのは当然後者だと思います。


そして多くの人がこの暴落にびくびくしながら

取引をするわけですが


その暴落でさえも関係なく利益をあげてる方法というのが

ありまして


その手法が下山さんのこの方法ですね。


⇒  http://www.infocart.jp/u/65589/137542/



結局これからの世界では勉強している人が勝つ、

という時代になるのは間違いないと思います。


それで上記下山さんが教えているのがこちらの

株アカデミーなのですが


すでに初期の募集から1ヶ月ほど経過しておりますが

利益出してきている読者さんも徐々に増えつつありますので


派手か、地味かでいうと少し地味さはあるとは思うのですが


着実に、利益をあげている読者さんが増えてきている教材です。


また今回ページにもありますが大変豪華な特典も

3月まで限定でついておりますので


ぜひ第2のリーマンショックだろうと大暴落だろうと

それが来ても


あなたが着実に利益を出していくスキルを得たい

ということでしたら


おススメであります。



それで以前に配布している無料で

この下山さんの方法が学べてしまう無料株塾のコーナー

がありましたが


こちらにまとまっておりますので

ぜひ見てみてくださいね~


(10時間以上のコンテンツですが無料です。
本気で学びたい人はどうぞ)
⇒  http://fxgod.net/pdf/shimoyama……oujuku.pdf



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


結局コツコツが最強


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




ちなみに私ゆうなんかは今はこうやって韓国にいながら

昨日の平日とかもお祭り楽しみながら

まあ生活しているわけですが


これが出来るようになったのってのはやはり

当時20代のころから色々学び続けたから、なんですよね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


実を言うと私自身も色々な案件にだまされた過去が

恥ずかしながらありまして、


やはり最初に買った情報教材ってのがこれ


「誰でも億万長者になれる系」だったんですよ。


いわゆるねずみ講的な教材でした。


これ、今もまた業界で流行しだしていますが、

やっぱりねずみ講的なものって本質的に稼げないものが

ほとんどだと思います。


が、これ私は当時だまされたんですよね~~


まあショックでした。


ただ、たぶん、私がそこでよかった点、

今過去の自分の判断を褒めたい点というのがあって


そこで結局


「楽して億万長者になるなんてものは

世の中に存在しないんだ。


ちゃんと「実力」つけて、スキルつけて

それが自分の収益になっていくに違いない」


と言う風に考えたのですよね。



だから当時インフォ業界の教材をかい出したころってのは

私はまあ今でいう「情報弱者」だったんですよ。正直言うと。


ただそこで心入れ替えて


「ちゃんと 優れた人にスキルを学んでいく」


っていう風に方向転換したんです。確か28歳くらいのころ。


んで、色々私の師匠の柴野さんだったりそういう

本当にしっかりしている人に会って、あとは


その柴野さん経由で色々な実力ある投資家さんとも出会って

教えてもらえて、


それがこう今につながってるんですよね。


すべてはたぶん



「楽して億万長者になるなんてものは

世の中に存在しないんだ。


ちゃんと「実力」つけて、スキルつけて

それが自分の収益になっていくに違いない」



というだまされた後の気づき、だったと思います。





それで実はこの下山さんの生徒さんたちも


「今まで色々な教材で楽して稼ぐっていうところで

だまされてきたけど、


やはりそれだと稼げないと気づいたので

自分はちゃんとコツコツ実力つけたい」


という人たちが主でして


そういう人たちがしっかり学んで、セミナーとかでも

過去検証をみんなでやったりするのですけど



それで利益が出るようになってきた方々が多いんですね。



「結局コツコツが最強」



この言葉ほど「うけ」の悪い言葉はないと自覚はしてるのですが

やはりそこが本質的な部分であるとも思います。



ただもちろんコツコツ派遣労働者やっていても

当然報われないわけですね。


だから今の日本人が「コツコツ最強」といって

受け入れない理由ってのがあって


それはみんな「コツコツ派遣労働者なり労働者業」

をやってきているわけです。


が、報われない。


それを体験しております。


報われない努力なんてしたくない、これは

正常だと私は思うんです。


だからみんな「コツコツ」というところに

こう大きな不信感を持っているわけです。



が、実は単純に「コツコツする対象」が間違っているだけ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんですね。



労働者としてコツコツがんばっていても報われるわけはない

わけです。



が、これが株なりの投資やビジネスの分野で


まさに「自分で稼ぐ」という分野でコツコツと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スキル高めていけばその「リターン」というのは非常に高い
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わけです。


単純に私は20代のころ、それに気づいただけです。


コツコツやる、というのは要するにあなたの

時間を注ぐってことです。


んで「どこにその時間を注ぐか?」という部分があって
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それがもっとも重要なんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


要するに、人の人生ってのは「どの山を登るか?」

という部分でかなり大きく変化してしまうものなんです。



ちゃんと「リターンがある山」(投資やビジネスでの勉強)




「リターンがない山」

(労働者としてがんばるとか。)


ってのが世の中には存在するわけです。


んで大多数が、本当に世の中の大多数がまさに洗脳されて



「リターンがない山」



に上るわけなんです。


だから貧乏になりやすい・・・という世の中の構造があります。


それでこの下山さんが教える株式の塾なんですけど

まさに現在進行形で「リターンを生徒さんに出させている山」

になります。



最初の1,2ヶ月は色々検証なり新しいこと覚えるということで

まさにアルバイトの研修期間に似ておりまして


そのスキルを手にするために忙しいと思うのですが


これが慣れてくると「収益源がひとつできる」わけですね。



そうやって、人生が変わってくるものだと私は思います。



「結局コツコツが最強」


この大衆うけが極めて悪い、この言葉がありますが


結局そこに真実が詰まってると私は思いますよ。


それを投資の分野で続けてきたのが

上記ウォーレンバフェットだったり

するわけですね。



それで今、コツコツやってそれで生徒さんが結果出してきているのが

下山さんの株アカデミーですので



内容が地味ってのは否定しませんが(笑)


ただやはり現実生徒さんたちにしっかり結果を出させている

「生徒を強く育て上げてる」のは事実で


非常に良いスクールなので3月いっぱいで

メルマガ特典付き募集は終了になりますので


ぜひご覧くださいね~


こんな時代だからこそ、コツコツを見直しましょう。


世の中には


「コツコツなんて貧乏マインドです。

一発で億万長者になりましょう。」


という起業家も多いわけですが


一方、そのコツコツを投資分野で

継続して年間利回り20%ほどというのを

継続してきたウォーレンバフェットの資産はこれ

数兆円なわけです。


数字においても真実というのは出ているのかなと

最近思いますよね。




それではまた!!




ゆう














★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こちらはメルマガで対談音声付で扱った

非常に有料な教材です。


すでに入塾したかたでも利益を出し始めている方も

増えてきている非常に優良な教材です。


サポートなども相当充実しておりまして
評判が大変良いので

株式で確実に利益あげる方法を知りたい方はどうぞご覧ください

⇒  http://www.infocart.jp/u/65589/137542/
(3月いっぱいで特典付き募集は終了になります)

今までの無料株塾の動画と音声まとめ

⇒  http://fxgod.net/pdf/shimoyama……oujuku.pdf
(全部で10時間以上ありますけど
かなり勉強になると思うのでお暇なときに聞いてみてくださいね)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください