無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「ジャブジャブマネーのQE」が出来なくなってきている日銀とECBについて考える!】

2017 3月 20 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【「ジャブジャブマネーのQE」が出来なくなってきている日銀とECBについて考える!】
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どうもゆうです。

こんにちは!!



さてさて、月曜日で相場が開始しましたね~

今のところドル円ですが112円という感じで

円高に進んでおりますね~


ちなみに私としては日足のサポート111.6円

あたりがかなり意識されてると思ってますが

2月上旬にここを一度アタックしてまして

2度目のアタックが2月28日くらい。


それで3回目のアタックになった場合トレンドが発生するかも

しれないので注目してみております。


さて、それでこの前なのですが利上げしたわけですけども

それでも円高になっているわけですね!



どうも最近ですが市場が日本と欧州が続けてきた

「ジャブジャブマネー」

ですが、すでに欧州のECBおよび日本の日銀で

結構限界になってきている様子が分かります。

編集後記で!




【人気の無料案件です。】
(ゆうおススメってのはその中でも結構良いと思ってます)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


       <2017年3月最新情報>
※ゆうおススメ


ゆうです!

これ、去年開始した案件なんですが


実際に参加された生徒さんが2週間で

15万円を元手に11000ドル(現在為替レートで125万円くらい)

までガチに増やしております。


この2ヶ月間でも稼いでる人が続出しているので

だまされたと思ってみてみてください。すごいです。


<開始2ヶ月で15万円を125万円に増やした生徒さんが出てきました>
⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


       【注目ビジネス系案件】※ゆうおススメ


【超絶無料プレゼント】
20万円相当のアフィリ塾になんとタダ(=0円)で参加できます!

⇒  http://topfrontier.biz/lp/10873/129372
(さらに10万円相当の内容が今回プレゼントとしてもらえますので

すごいの一言です。

プレゼントの詳細はこちらです【人数が限定です】
⇒  http://topfrontier.biz/lp/10873/129372
)

    
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    【下山さんの株アカデミー】


今までの無料株塾の動画と音声まとめ

⇒  http://fxgod.net/pdf/shimoyama……oujuku.pdf
(全部で10時間以上ありますけど
かなり勉強になると思うのでお暇なときに聞いてみてくださいね)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






============編集後記============

さてさて、昨日は相互監視社会のことについて書きました。

今はまだ日本は自由だけどやはり意識しないと自由って

なくなるものだから意識するのは大事かな~なんて思って

書きました。


それで市場についても今日は書きたいのだけど

やはり日本と欧州のドル防衛のためのジャブジャブマネーですね、


これがどうも機能しなくなってきているのかな、

っていうのは感じます。


このジャブジャブマネーに関してはメルマガでも

よくあつかうことなんだけど


まずリーマンショックってあったじゃないですか?


あれって株価が暴落したとか円高になった、これは

まああくまで派生的なもので、


日経新聞とかは書かないけどやはり投資家の私から見ると

債券市場ってのがもっとも巨大で重要な市場なんです。


それでこの債券市場ってのが崩壊したのがこれリーマンショックです。


ちなみにFXとか株やってるとその意識なくなる人が多いけど

あくまで金融市場の王様はこれ、債券市場なんです。


動く額が違います。


それで債券市場というのがあって、そこに派生して

為替や株の市場があるんだ、ってことだったりします。


これは金融商品相関性を見るときにも最低限理解しておかないと

いけないはなしだと思うんだけど


それでそのドルの敵ってのがこれ「金=ゴールド」です。


それでここ最近私が感じてることとしては

トランプ相場のある種のユーフォリアみたいなほわーんとした

市場の雰囲気があったけども


これが少し落ち着いてきたように感じます。


それでリーマンショックで崩れ落ちた債券市場をまさに

延命、するためにQE=ジャブジャブマネーでこの崩れる債券市場を

アメリカがまず最初にQEやって支えたと。


あとはその次安倍黒田コンビがこれ、ジャブジャブマネーで

また支えたわけですね。それがアベノミクスですね。

それは日本経済を良くするためじゃなくて、


あくまで対米従属を続けるために、米ドル崩壊しないように

日本が助けたってことです。


これがアベノミクス。だから当然景気がよくなるはずない

ってのはこれ投資家は知ってる。


んで、次にECBドラギがやってるジャブジャブマネーQEが

あるんですけどこれもまたアメリカの市場を支える目的として

されていました。


これは2014年の3年くらい前にEUでも米国市場を支えるために

ジャブジャブマネーがされた。


それで今EUで結構イギリス離脱が勝ったり、

あとはフランスではルペン台頭、イタリアでも五つ星運動とか

起こってきていますが、


大きくは、これジャブジャブマネーをしても経済なんて

よくなるはずないんですよね。


それで経済良くなるならどの国も通貨ジャブジャブに

刷ると思いませんか?


まあそれをしないのは理由があって、

ジャブジャブマネーで景気よくなるわけない

ってのが経済学の本来の考え方です。


これで景気が良くなるなんていう人はやはりリフレ派に

洗脳された信者さんなんです。


が、この人たちはアベノミクスで景気が悪化という部分で

もう「敗北確定」です。


だからそれは冷酷に私は見てるのだけど

それでEUでもどんどん経済は悪化しているわけで


そこで民衆は貧乏になってると。

そこでやはり経済の状況がそんなだから、


ルペンとか、五つ星とか、そういうのが台頭するってこと

ですね。


それでECBなんかはドルを延命するために、

経済をよくするためじゃなくて、

ドルを延命するために、


これ、債券を買い支えるQEジャブジャブマネーを

2014年からやってた。



これはドイツから反対されてもECBのドラギが

ずーっとそれをやり続けることに固執しました。


そして日本も一緒で、これ黒田の日銀も

同じくアメリカのドル防衛のためにQEをずーっと

続けています。



それでこれはやはり「バブル」なんですね。

まだ誰も「バブル」と思っていないので

ちょっと気をつけるべきで、今はやはりバブルなんです。



ここで金融システム構造上、何もリーマンショックの問題は

解決されていないという問題がありまして、


だからこれバブルが膨張して長期的破綻を金融システムがする

という展望も持っておいたほうがいいと思います。



それで今注目なのがEUの政治状況でして

たとえば今フランスでルペンが台頭しているわけでありますが

ここでルペンが勝ったらまた去年のイギリスEU離脱のときのような

激しい動きをする可能性は考えられますので


これ注意しないといけないわけですけども

大きくはユーロがこれから解体していくことも見ておかないと

と私は考えております。



EUでは核保有の話とか軍事統合の話とか出てきている

わけですけども


これ今度5月のフランス大統領選挙でルペンが

勝利しましたら


フランスをEUやユーロから離脱させるという構想が

進むわけですね。


EUの官僚機構エリート支配からの脱却。


とりあえずここで欧州は分裂していくシナリオも

見ておかないといけませんで


一方マクロン、フィヨンがフランスの大統領になるならば

EU統合は維持されるわけですけども


ただ私が見ているのはこのルペン台頭の後ろで

やはりキッシンジャー~トランプ のラインが支援していると

見ています。


だからルペンは日本のマスコミは過小評価しているように

思いますが実はかなり強いと見てます。



それでルペンが勝利した時の話として

このルペンが勝利したらまずは通貨の統合に伴って

財政赤字の状況をEUに甘くしてもらうというのが


交渉の主体になりそうなんですね。


ここでルペンが大統領になったら「EU離脱しちゃうわよ

国民投票やっちゃうわよ」


ということでEU官僚を脅すことが出来るわけですが

そこで再交渉をする、という可能性は見えてきます。


いずれにしてもここで相場は大きく今年反応するシナリオが見える。


それでルペンの公約として国民投票があるわけですが

これはやはり勝利したんだからやるんですね。


となるとここでルペン勝利で国民投票だとまあ

イギリスのようになるでしょうから、そうなるように

キッシンジャーサイドも背後で動いてると思いますので


となるとこれEUは一旦ボロボロになると。

ここでEMUとかそういうものになるんじゃないか


っていうのは田中宇先生の分析であったのだけど

これはまあこれから見ていくべきシナリオだと私は思いました。


ただ、一度分解したEUがあっても目的は官僚支配を

一度壊すことなんで、


これが壊されたらまた再度もうかなり後になるけど

再統合を考えていくかもしれない、けどこれはまだ分かりません。



なのでキーポイントがやはりフランスのルペンが

大統領に順当になれるかどうか、って話なんですけど


ここでユーロがボロボロになっていくとですね、

ここで今までドル防衛のためにECBのドラギにジャブジャブマネー

させてたんだけど


それはやはり長期展望として

リセットという話になってくるわけですね。



ちなみに今の2017年3月の状態ですでに

ECBは債券買いすぎてジャブジャブやりすぎじゃって

もうジャブジャブマネーが限界に来ております。


来月4月からジャブジャブマネーの買い付け金額を

800億ユーロ⇒600億ユーロに減らすわけでして


これから2018年、2019年と減らさざるを得ない状態。


ここでジャブジャブマネーがアメリカの債券市場

買い支えていたのに、


それがなくなったら・・・となると

これは債券市場の金利があがり、(債券価格が下がりまして)


それでそれは株式市場、為替に波及するシナリオは見えますね。



それでこれはECBだけじゃなくて日銀もそうなんだけど

日銀もずっとドル防衛のためにジャブジャブマネーを

官僚たちがアメリカ官僚様のためにがんばってたんです。



が、これも今年から実質的に債券の買い支えの額を

減額してましてジャブジャブマネーを減らしてます。



ECBも日銀も不健全財務になってしまってますから

もうこれ以上どうしようもない、という状況にはあります。




それで日本と欧州がジャブジャブマネーしなくなったら

どうなるか?といえば


それはドル延命のための資金力が低下しますし

これまた債券金融市場買い支えられないのですから


そうなるとこれまたリーマンショック的な動きというのは

想定しておきたいところです。


それでアメリカのFRBも大変そうですが、

この前それこそ3月15日の利上げはあったわけですけども


これはトランプ政権誕生後の市場のユーフォリアの中で

されたわけですが



実態としては金融の債券システムは不安定化しているわけで

その中で行われた利上げです。


だから本来としては日本や欧州の債券買い付け金額、

「買い支えの額」が減るわけだから


そこでじゃあFRBは自国の債券市場を延命させるためには

まず必要なのは 利上げじゃなくて利下げ。


が、これも市場で利下げなんかはもういえない空気ですから、

もし利下げなんていったらまた金融危機ですから


これもう後戻りできません。


今すでに日本と欧州のジャブジャブマネーも減額になっている中で

いつまでこの好景気のような状況をこう演技できるか

というのが注目されます。



それでEUで政治的な変革の動きが出ておりますが

これは金融面で言えば「今までのジャブジャブマネーとか

ふざけるな」という意味でもありますから、


これは民衆の声からしたら

「ジャブジャブマネーして景気よくなるなんて

トランプのいうFAKE NEWS 嘘ニュースの嘘じゃないか


俺らの生活どんどん苦しくなってるぞ」

であって


そこで台頭してるのがルペン。


んで彼女が順当に勝った場合、そしたら当然

そのジャブジャブマネーをしてきたEU官僚たちへの

反発がそれを誕生させるわけだから


そうするとここで長期としては今までの

EU内でのジャブジャブマネーももっと見直される、となるわけで


となるとこれ「アメリカの金融市場は誰が買い支えるの?」

となります。



そして面白いのがどうも裏を見るとトランプキッシンジャーサイドが

ルペンについてますから、


となると、トランプの選挙前の思想である


「ドルは一度デフォルトしないといけない」


というこの思想ですね、これをみんな忘れてるけど


やはりトランプの背後の思想として

これがありますから、注意したほうがいいということかと

思います。



トランプのツイッターでもNYダウの上昇について

「NYダウが上昇している 確信と「楽観」を持って」


というのが投稿されていたのを覚えていますが

ここで「楽観」という単語をあの優秀な経営者のトランプが

使ってるところがこう薄気味悪いわけですが


やはり本質的にリーマンショック以降、

先進国の金融システムは延命してるだけで


人間にたとえれば対症療法で根治療法を市場に対して

取っていませんので


この辺は注意する必要がありますね。


マスコミ報道を見てみると、どうも楽観的な見方が

多いと感じますが、


実際アメリカの債券市場を支える

日銀、ECBの買い支え額が減少に転じているのが

現状ですから


注意したほうがよさそうだな、と私は感じました。


また何かあれば書いていきます!


それでは!



ゆう












【人気の無料案件です。】
(ゆうおススメってのはその中でも結構良いと思ってます)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


       <2017年3月最新情報>
※ゆうおススメ


ゆうです!

これ、去年開始した案件なんですが


実際に参加された生徒さんが2週間で

15万円を元手に11000ドル(現在為替レートで125万円くらい)

までガチに増やしております。


この2ヶ月間でも稼いでる人が続出しているので

だまされたと思ってみてみてください。すごいです。


<開始2ヶ月で15万円を125万円に増やした生徒さんが出てきました>
⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


       【注目ビジネス系案件】※ゆうおススメ


【超絶無料プレゼント】
20万円相当のアフィリ塾になんとタダ(=0円)で参加できます!

⇒  http://topfrontier.biz/lp/10873/129372
(さらに10万円相当の内容が今回プレゼントとしてもらえますので

すごいの一言です。

プレゼントの詳細はこちらです【人数が限定です】
⇒  http://topfrontier.biz/lp/10873/129372
)

    
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
    【下山さんの株アカデミー】


今までの無料株塾の動画と音声まとめ

⇒  http://fxgod.net/pdf/shimoyama……oujuku.pdf
(全部で10時間以上ありますけど
かなり勉強になると思うのでお暇なときに聞いてみてくださいね)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


«  【「ジャブジャブマネーのQE」が出来なくなってきている日銀とECBについて考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください