無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【東京のホテルが高すぎて泊まれない「ホテル難民問題」から考える!】

2017 3月 14 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【東京のホテルが高すぎて泊まれない「ホテル難民問題」から考える!】
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


       <2017年3月最新情報>
※ゆうおススメ


ゆうです!

これ、去年開始した案件なんですが


実際に参加された生徒さんが2週間で

15万円を元手に11000ドル(現在為替レートで125万円くらい)

までガチに増やしております。


この2ヶ月間でも稼いでる人が続出しているので

だまされたと思ってみてみてください。すごいです。


<開始2ヶ月で15万円を125万円に増やした生徒さんが出てきました>
⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    

どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!!



さてさて、私は結構よくホテルを利用しております。

やはりよく移動するのでホテルというのはパソコンの仕事している人に

欠かせない存在だと思うんだけど・・・



最近ホテル予約サイト見てほんと思うのですが

東京のホテル高くないですか?


なんかすげえ高いなと最近思うのですが

それこそ10平米とかの単なるビジホの部屋が

25000円とか30000円前後したりするわけです。



最近だから「ホテル難民」なる言葉も出てきて

サラリーマンの人が出張でホテルに泊まれないものだから

漫画喫茶で出張先では泊まってるって人も増えてるんですと。


編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


前職奴隷の清水さんが生徒を稼がせまくってる件


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さてさて、前号でもお伝えしましたが


メルマガでこの数日扱ってた根崎さんの

30万円の塾の内容をサポート付きで学べる無料FX塾のほうが

もうほぼほぼ満員でもっと長くやる予定だったのですが


もうちょうど300名くらいに達したので

事務局さんいわくほとんど席に空きがない満員御礼状態ということですね~


ほんと面白い企画だったと思うのですが

これから自分でパソコン使って稼ぐ、なんて人たちは

もうどんどん増えてくるんだろうな~と思います。



ただここまで早く席埋まってくるとは私もびっくりしました。



さて、それで再募集のためにまだ空きがある案件なんですが

こちらの清水さんの案件ですが、


同じく非常に良質な案件で15万円を120万円まで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生徒さんが増やしてたりするのだけど、まだ空きがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ずばり去年こちらのセミナーに参加されてそれで実践に移してる

読者さんで

ガチに結果出てる人増えていますのでぜひ見てみてくださいね~





⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/




さて、それで去年の公開後、生徒さんにバンバン稼がせている

清水さんより読者さんにメッセージです!




========================




はじめまして、
清水 卓弥(しみず たくや)です。


私はあるものを見つけてしまい
その収益で脱サラすることに成功しました。


私が見つけたものとは・・・


副業で使われることの多い
ある有名な海外サイトのシステムの抜け道です。


このシステムを対策されることはサービス上ないので
市場が「飽和する」という概念すら存在しません。


なので今回限定でこれを無料公開することに決めました。
⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/


もしこの手法知っているという方がいれば
地面に頭を擦り付けて、土下座でも何でもします。


私自身このシステムの抜け道を発見したのは
ここ1年以内の、つい最近の出来事です。


それまで私はかなりの社畜状態で
毎日、時間と貧困に追われていました。


どれぐらい社畜だったかと言うと、

朝4時に起きて夜中の12時まで仕事をしていました。


その仕事が大嫌いでした。

尊敬する上司はいませんでした。

今すぐ辞めたかったです。


「自分の自由な時間が欲しい」

「せめて趣味に使えるお金が欲しい」

「ゆっくりと時間もお金も気にせず旅行したい」


働いている最中もそのことしか
私の頭の中にありませんでした。


その私の理想を叶えるべく、そして・・・

社畜(奴隷)状態から抜け出す逃げるために、
私は副業を始めたのです。


その時、偶然に発見したのがこのシステムの抜け道です。

⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/


この情報を知っているか、知らないかだけで
貯金の桁が最低でも1つは確実に変わってきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


システムの抜け道と言いましても
完全に”合法”ですし
難しいことをやって頂く必要はございません。


このシステムの抜け道は・・・


何かを売ったりする必要がありません。

ITスキルなどの専門的な知識も一切不要です。

難しい経済の勉強、テクニカル分析などもいりません。


なので・・・


どんな方でも再現性100%で
結果を出すことが出来るのが
システムの抜け道を利用した
手法の最大の利点なのです。


なぜ、再現100%で結果を出すことが出来るのか
それはシステムの抜け道を利用した
手法のシンプルさにあります。


あるパターンを通りクリックするだけなのですが
私以外の人はクリックする場所を知りません。


要はクリックする場所さえ分かれば稼げるのです。



このように手法がシンプルだからこそ、

勝率94.3%、月利80%以上で
私は半年間で貯金を35倍も増やすことができました。


何をやっても結果の出なかった方こそ見て下さい。


私と同じような結果を絶対に再現させることを誓います。


人数は会場の広さの関係で

その日15名限定なので、今すぐ受け取って下さいね。

⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/




最後までお読みいただき誠にありがとうございました。



清水 卓弥



=========================




以上です!



ちなみに私は清水さんが使ってる「社畜」って言葉のすごさを
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
考えているんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これは2ちゃんねるとかその辺から出てきた単語だったと

思うのだけど


少なくとも私が大学生だった10数年前ってのはなかった言葉です。


ただ私がブラック会社に勤めていたのが2009年あたりまでだった

と記憶しておりますが



確かそのあたりで「ブラック会社」って言葉が使われだしてた

んですね。


ちなみに私がいた会社がその発祥の会社です。


そのブラック会社という言葉を私が会ったこともある労組の人が

いるのだけど彼らが数年前に広めた、というのが世間に

この「ブラック会社」と言う言葉が広まった経緯ですね。


ただ当時「社畜」って言葉はなかったんです。


ちなみに私はこのメルマガを2010年から6年くらいやってるのだけど

私がメルマガ書き始めのころはですね、


ブラック会社って単語が世間で認知されていませんでしたから

私がいたブラック会社の様子ってのを色々書いてたんだけど


「世間知らずの私の父親より年上のおじさんたち」にですね、

「日本にそんな会社があるわけないだろう!

日本の会社はもっとちゃんとしていて素晴らしい!!」


ってクレームいただくことがあったんですね。これマジですよ。

私はやりあったんだけど。


そこで私は「あんたは若者の事情を何も知らない「無知大人」だ。

それはマスコミが報道したがらないだけで現実の若者が直面してる

問題としてある。あなたはオレより年上だろうけど、

経験値がないで、自分の価値観でしかモノを見れない」


という反論をかなりしてましてですね、バトったことが

ほんとよくあったものです。


だから当時「ブラック会社ということを言ってはいけない空気」

があったんですね。



それで次に出てきたのが「社畜」って言葉なんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これすごくて清水さんも社畜だったらしいです。


⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/



それでこの「社畜」と言う言葉をおそらく若者より上の

50代以上くらいの人は眉をしかめて聞いてるのだろうけど


この言葉がネット上に出てきて「爆発的に普及した」というのが

あるんですね。


なんで「爆発的に普及したか」というと「本質を突いてるから」

なんですよ。


私もいわゆる「社畜」だったから分かるんだけど

それこそ会社で自分の意見を表明することはまず許されないし


また労働法というのがあるけどそれはほぼ無視されるんですね。


ちなみに私なんかは「トイレにいく回数が多かったから」ということで

クビになったこともあります。


それで大体の会社では「トイレに行く離席時間をカウント」

するようになっていまして、


そして生理現象のトイレに行くにも「トイレに行っていいですか」とか

聞かないといけなかったりするんですね。


私はそんなのばかげてると思ってたから勝手に行ってたんですが

そしたら上司たちが


「あいつのトイレの離籍時間はどれくらいだ」とか

カウントしてたんですね。


それで「君はトイレの時間がちょっと長いから派遣打ち切り」

とかになったことも実際ありました。本当ですよ。



といっても私は仕事は誰よりも早かったからみんなチンタラ

その会社は仕事していたから私はツールを使って


色々な事務作業を一瞬で終わらせていていつも「なんでこんな仕事早いの」

みたいになってたんですけど(もちろん正確に、早くやってました)


が、それでも「トイレにいく回数が多い、みんなと違うから」とかで

クビになるんです。


私は当時


「トイレさえ自由に行けないでトイレに行くことさえ

「管理」されるのか

これって奴隷ではないか・・・」


と自分で思っていたのですが、


だから最近の「社畜」って言葉が大普及している現状は

こういう労働環境に関して多くの人が抱えてる疑問、



これを代弁したすごさってのがあって、だから普及したんだと思うんですね。


それで私が見て思わず笑ってしまったのは


「私の前職は奴隷でした」


ともう自虐的に言ってしまう、その清水さんの面白さでもあります。


清水さんの前職は奴隷
⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

元 奴隷が指導者に立つとすごい


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて、それでこの清水さんの案件なんですが

いわゆる「再現性」という部分ですね、


「塾生さんがどれだけ稼いでるか??」



という部分ではここまで塾生さんが結果出てる人多いってのは

すごくて


3月の時点で稼いでる人が続出しているわけですよ。



たとえばこの方ですが





一応書かれてるのが

「最初設定などがエントロベイの設定などがうまくいかず

なかなかスタートできませんでしたが、1月後半から低額検証して

ようやく4万円スタートで1週間たたずに現在7万円まで増えました。」



ということが書かれていますよね。


(実際に稼いでる生徒さんのキャプチャ)
http://the-money-growth.com/pi……atsuda.png



それでこの方のとてもえらいのは一応セミナーを行ったのが

大体12月くらいだったのですけど、その後2017年の1月は


こう「こつこつ」と検証を進めてらっしゃったんです!


それで低額でちゃんと検証して「負けないな」と

ちゃんと「確信」して、


まあこの検証ってのが自信になりますからね、


それで4万円という額でスタートしてそんで7万円に増えたと。


この方はサッカー投資なんかに絞ってるみたいですが

まあこうやってちゃんと「やることやってれば」お金増えると。


良い見本だと思います。


稼げないってのはやることやってないだけ。



この方の姿勢はすばらしくビジネス分かってるわけですので

決して億万長者は最初に目指さずまずは利益をしっかり出すと。


それを実践されていてすばらしいと思います。


こういう姿勢でやるとこの案件、


コツコツやる方に限ってのは「結果でないのが難しい」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とまで言ってしまえる案件ではないかな?と思います。


⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/





それでこの方なんかもそうで、

今のところ50ドルからはじめて、現状33%ほどの

利益を獲得した、という方ですね。



(画像キャプチャ)ちゃんと学んで実践されて
33%ほどの利益を獲得。
http://the-money-growth.com/pic/ushi.png



それでこのキャプチャにも書いてありますけどもろに

「当分の間は小さい額でコツコツ練習して、

慣れてくれば徐々に掛け金を増やしていこうと思います」


と書いていると思います。


「コツコツ練習して」というこの姿勢が大事。



これ、やはり清水さんの教え方が良いのだと思いますが

ちゃんと資金管理とかリスクもしっかり教えるのですね。


それで生徒さんもすごいコツコツ出来る人に変わっていくのですが

こうやって結果出してきているということなんです。




それでこの方の場合はめっちゃ真剣にやってる人なんですが

ちゃんと検証されて、それでちゃんと確信を得て、


それで15万円から行われている方なんだけど


この方は実質2週間で11000ドルだから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
15万円を元手に125万円くらい稼いじゃったという方です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからちょっと半端ないんですけど、2週間で

資金8倍にしちゃった・・・ということですけど


これ普通ありえないと思うかもなんだけど

マジなんですよ。


あとは18万円を68万円に増やした方もいらっしゃいまして
(この方は福岡の方)


まあ結構数え切れないほどの人が結果出しております。


この2ヶ月くらいで。



⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/



それで私が思ったのはやはり


「前職奴隷」といえるやつは強いということですね。


もう指導者として清水さん才能が開花してきておりまして

どんどん多くの生徒さんたちが利益出しているわけでして


サポートも結構~好評なんですね。


特に彼の人柄がなんとなくLPみても分かると思うんですけど

こう愛嬌(あいきょう)ある人なんですよね。



だからこの案件、去年は一応まだ未知数の案件だったんだけど

実際に2ヶ月以上指導が経過して
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「稼いでる生徒さんがめっちゃ激増している」ということに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なりました。
~~~~~~~~~~~~~~~

こればかりは実際にやってみないとわからないというところが

あるんですけど。



それで私ゆうなんかはこういう稼げる情報って

なんというかもう何十個は知ってるんですよ。


全部は時間の関係で出来ませんけども

やはり自分で稼ぐってのはこう今の時代

情報が普通にネットであるので


誰でも出来るようには最近考えています。




だからまあ「パソコンで稼げないってのは異常であり

何かおかしい状態」



という認識なんですが


これちゃんと実践していただいて、それでとりあえず利益

一回1000円あげるところから始まるのだけど


それで利益出してみたら


「確かにPCでお金稼ぐって

普通にできることじゃん」



と分かると思います。



⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/





それで前号で

「私ゆうが21歳の就職活動生だったら」

ってのを書いて、


そこで成長国の株を20代から買い増していくのだ

という話を書きました。



それでそのための「原資稼ぎ」にこの清水さんのブックメーカー

使うといいと思うんですね。



というのは一応清水さんの今回のセミナーでかなりの部分

無料で学べまして、実際に清水さんのLINEとかそういうサポートは

有料にはなるのだけど



こちらの費用とか普通にちゃんとまじめにやってる生徒さんは

費用回収できてるわけです。



というかもうその何倍も稼いでる生徒さんが多く出てきてまして。


それでこうやって余剰な、というとあれですが

今までありえなかった収入源が出来るわけでして


それをブックメーカーに複利狙いで割り振ってもよいし

もしくはある程度お金が大きくなってきたら、


だから儲け額が500万円くらいまでいったら

その50%くらいを成長国の株の買い付けにまわしてもいいと

思います。

(こっちの買い付け方はまあ前号で書いてるから見てくださいね。

これ、私が利益現役で出てるやり方でもあるんで。)


こうやってどんどん「色々な収益源」を作るのが大事でして

私ゆうなんかもちょっといくつ収入源あるのか

という感じなんですけど


そこで「安定性」は高まりますよね。


それでその投資の原資つくりとしても清水さんの案件は

良いと思います。




⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/



それで面白いのがこの清水さんの正直さであって

清水さんは


「僕のやり方は稼げます、けどやっててつまらないです!」


と公言するんですね。



これが事実でブックメーカーの清水さんのやり方は楽しいとか

そういうものではなくて淡々とベット続けるものだから


そういう仕事の楽しみとかはないんだ、ということなんだけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
けども、大体の人はかなり稼げる、ということなんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だからその稼いだお金ってのがありますが、


これをブックメーカーに再投資して大きくしても良いし

または前号で書いた成長国の株を長期保有という資産に投資しても良い


こうやって有効な対象に稼いだお金を割り振っていくのが

まあ投資家の「仕事」だと私は思ってます。



それでまず重要なのは

「確実にがっつり稼げるビジネス構造」だと思うのですが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
清水さんの案件は読者さんにとって結構「固い」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
収益源になる可能性も 大いにありますから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ぜひセミナーなんかも今回これまた無料で相当暴露してるので

またこのセミナーに出て本当に人生変わりつつある生徒さんが

現在進行中で増えてきてるので


コツコツやる必要はありますが、


コツコツ読者さんが出来るタイプ

だったら読者さんの新しい収益源を作るという意味で


結構強力な武器になると思うので

見てみてくださいね~



⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/







===========編集後記==========


さてさて、私ゆうは結構ホテルを利用することが多いです。


それで私ゆうなんかはやはり生活の水準をなるべくあげない、

ということを意識しているので


それこそ収入はサラリーマン時代の数十倍にはなったのだけど

が、ホテルなんかはこれ、1泊5000円、を派遣時代から

意識していて、今もそれは変えていないわけです。


良い言い方をすると倹約家、悪い言い方をするとケチということ

になるわけですが


私もまた彼女も必要以上に身の丈以上に贅沢するのは

なんかハングリー精神なくなるからよくないね、っていうことで

まあなるべく普段コストパフォーマンスが高いところを


探して消費はしているわけです。


あ、ちなみにですね、実はこれ結構重要でして

株の銘柄選びで、こういう基準で選んだ自分が使ってるサービス

ってありますでしょ?


こういうのを基準に株の買い付けをFXのテクニカルチャート分析も

加えてしていくということを私はしてるのですが

(あとはPER とかPBRとかも見るのだけど、実はそれらよりも

自分の実感が大事)



まあこれがすごい勢いでポートフォリオ的に資金がほったらかしで

長期保有で増えるわけなんです。


だから生活実感を持ちながら生活して、そこで

選ばれるサービスというのがありますから


それを選択していけば、まあやはりその会社は売り上げあげる可能性が

高くてですね、株の買い付けしていくと、まさに自分の実感で

買い付けしていくとほとんどの銘柄が上昇します。


(私の場合買い付け銘柄の80%以上が上昇します)


だからこの節約、すなわち、言い方悪いけど「ケチ」なんだけど

これは実は株の買い付け時に結構よい企業が見つかるので

良いことだと私は思ってるわけです。


あと、もうひとつ言うと、上に書いたハングリー精神ってのが

維持できるわけです。


お金に余裕できるとこうガッツり勉強して稼ぐぞーという

その気持ちが以前と比べると弱くなるという部分もあるのだけど


ちゃんと、そこで節約していれば、自分に褒美あげなければ

これ人間は馬のようにがんばるという性質もあるわけです。


だから私は倹約はまあ大事かなって人です。


これウォーレンバフェットの本で学びました。



さて、それでこのホテルなんだけど、まあ私の基準は

一泊5000円。これは変えていないのでそこで探すのだけど


2,3年前はこれで見つかったのですけど

最近もう見つからなくなっているのですね。



東京だとほぼ不可能でして、たとえば1名あたり

15000円から、くらいになっていて


それこそ2名だと3万円からくらいになってきていますよね。


これ旅行サイトなんかみてもホテルの予約しようとしても

平日でも2名からだと2万円くらいからになってたりして


まあ大体3万円、とかそんなもんになっています。東京都心の場合。


1名でも15000円くらいはしますよね。


ちなみに色々話題のアパホテルなんかが以前に

一泊3万円くらいになったということで話題になっていましたが


最近は需要にあわせて値段を変動させるシステムってのが

ありまして、


これエアビーで以前扱ったことがあるのだけど

それに沿って需給で料金変動させる仕組みを多くのホテルが

取り出していて


だからまあすごい高くなっています。


それでサラリーマンのかたがたで出張する人たちが

いるのですが


東京だともうホテル取れないとなっているんですね。


これはマスコミもちょっと報道していたと思うのだけど

いわゆる「ホテル難民族」となる人が増えてるんだそうです。


要するに東京に出張のサラリーマンとかだと

ホテルに泊まるわけですが


会社に経費として認められているのは一泊8000円まで

だったりするのだけど


その出張日でじゃあ自分でホテル予約しようとすると

これが一泊2万円とかのやつしか前日とかだとなかったりする

んですね。



ちなみにまあもしすごい豪華で一泊2万円なら分かるけど、

10平米くらいで普通のアメニティのビジネスホテルが一泊2万円

とかになってたりするわけです。


だからみんなもう泊まれなくなってきていると。

ホテルに。


だから漫画喫茶とかですね、カプセルホテルが

今ビジネスマンたちに大人気?というかまあそれしか

選択肢がないのだけど


サラリーマンたちが漫画喫茶を主に出張先の滞在先として

使っているということなんです。



漫画喫茶とかだったら一泊1980円とか

そんなもので泊まれますから、


もちろん、その自分のスペースの横でおっさんが

えっ,ちなやつみながら シコ られているのを

横で音が聞こえたりするものなんだけど


まあそういうところで出張先で宿泊するビジネスマンが

増えてるんだそうです。



が、これは会社としても出張で経費で一泊2万円とか言われても

それは出せないよということなので


もう仕方ないとなっています。


日本のビジネスマンは出張先で漫画喫茶に泊まる人が増えている

ってのはこれ、なんとも考えさせられます。


貧乏になってるんだな~ということでもあります。


それで私は結構色々な国のホテルに泊まっているのだけど

いわゆるコストパフォーマンスを見ると


「日本のホテルのコストパフォーマンス最低ランクじゃね?」


というのをすごい感じるわけですよ。



だから私はなるたけ東京の一泊3万円の10平米のビジホとかは

泊まらないんだけど

(だってむなしくなる。)



というのはたとえば韓国の場合なんだけど


ホテルってのがソウル中心部でも大体2人で泊まっても

5000円いかないくらいだったりするんですよ。


だから一人2500円とかそんなもの。


ちなみに日本以外の国のホテルって大体どこも

「人単位」じゃなくて「部屋単位」なんですね。


たとえば日本のホテルで10平米のホテルで一人

2万円ってのがあったとするじゃないですか?


それ2人で予約します、となったら

2万円×2=4万円とかになるわけです。


これ私はぼったくりシステムだと思っているのだけど

一方韓国とかだとこれは上海もそうだったしマレーシアも

フィリピンもそうだとおもうけど


これ、「一部屋いくら」なんですね。


それで韓国の場合だと一部屋5000円くらいだったりする

わけです。


んで2人で宿泊すればもっと安くて一人2500円。


安いですよね。東京の漫画喫茶並み。



それで「けどさ、一泊5000円ってぼろいんでしょ?」

と思われるかもしれない。


けどそんなことないんです。


まず部屋の平米は30平米前後あったりしますし、

だからまあ特に普通に泊まる分には問題なくて


あとはテレビなんかがついていて300チャンネルくらい

見れるわけですよ。


日本のニュースも見れるし、アメリカのニュースも見れるし

中国のニュースも韓国のニュースも、色々見れて

映画も、音楽も全部網羅している。


んでそのテレビが60型の巨大スクリーンがついていたりするんです。


それでなぜかパソコンもついていて、そのパソコンで

映画クリックすると映画も見放題でしかもサウンドが

5.1CHですごい良いサウンドで聞けたりします。


それでさらに部屋は日本のビジホより私はきれいな気がするんだけど

まあ日本のビジホよりずいぶん広いし、


あとはアメニティもたとえば無料の100%マンゴージュースとか

オレンジジュースとかコーヒーとかが冷蔵庫に3つくらい

入っていて毎日補充してくれるんです。


あとコーヒーはフロントで飲み放題。


んで、あと風呂場もかなり広くて、

なんかジェットバスついてるんですよ。


だから私は韓国のホテルいるときはジェットバス入りながら

テレビで音楽再生しながらのんびりしてたりするわけです。


あ、あとWIFIも無料で高速ですね。

そんでベッドはクイーンサイズ。


んでチェックアウトは12時が普通。(日本はチェックアウト10時)

しかもチェックアウトに1時間くらい遅れても何も言われません。


あとはアメニティもすごい充実していてガウンもついてるし

タオルも何枚もあるし、

あとはなんか保湿液とか乳液が男女用にそれぞれついていて

全部で4つ置いてあると。



んでまあすごい部屋もきれいにしてくれてるんだけど

それでまあその部屋が5000円もしなかったりするんです。


これ実は交渉するともっと安くなって3000円台になります。


だからまあ2人で宿泊するなら一人当たり2500円とか

そんなものになるんだけど


最初その韓国のホテル事情にちょっと驚いて

まあ私は感動してたんだけど


最近はそっちに慣れてしまって日本のホテルに泊まると

「結構高いのにこんなもん?」

と思ってしまうわけです。



部屋が10平米前後でそんでアメニティもなくて

テレビも超小さくて、

パソコンもついていないし

あとはジェットバスとかないし、

冷蔵庫の中は空っぽだし

それで1泊15000円とかの部屋があったりするわけです。


だから最近は漫画喫茶とかのほうがまだコストパフォーマンス良いから

ビジネスマンたちも漫画喫茶に泊まるようになっている、


というのがこれ問題になっているようです。




あ、あとですね、マレーシアのホテルなんかは

あれですよ、5つ星ホテルで一泊4000円台だったりするんです。


だから2人で宿泊すれば一人2000円前後。



んでたぶんそれを聞いたら

「どうせ、そんなのぼろいホテルなんじゃないの?」

と思いますでしょ。


違うんですよ。


これがそのホテルのバー。


(ゆう写真)マレーシアのホテル一泊4000円台でした
これがバー。
http://fxgod.net/gazou/picture……hotel3.JPG


どうですかね?

なかなかきれいだと思う。


そしてこれロビー

(ゆう写真)ホテルのロビー(一泊4000円台。)
http://fxgod.net/gazou/picture……hotel2.JPG
http://fxgod.net/gazou/picture……hotel4.JPG




部屋はこんな感じ


(ゆう写真)一泊4000円の部屋
http://fxgod.net/gazou/picture……hotel6.JPG

(ちなみに平米は40平米くらいあって

写真撮ってないけど

後ろにまたすごい大理石の風呂とか洗面台とかあるんです)




あとはレストランもおいしい


(ゆう写真)ホテルのレストラン
http://fxgod.net/gazou/picture……hotel8.JPG


そんでスポーツジムもついてる

(ゆう写真)ジム付いてる(しつこいけど宿泊一泊4000円台)
http://fxgod.net/gazou/picture……otel10.JPG




あとはプールもついてます

(ゆう写真)プール付き
http://fxgod.net/gazou/picture……otel14.JPG



んで、恐ろしいのがこれが一泊4000円台だったわけです。

一応メルマガには5000円くらいって書いたけど

実際4000円台後半でした。


んで2人で泊まっても同じだからまあ一人あたり2000円ちょっと

なんです。



だからこれに私は慣れてしまって日本のホテルで

ビジホの平米10くらいの狭い何も楽しみのないホテルで

一泊15000円とかってコストパフォーマンスの低さやばいな


と思っているわけなんですけど


なんでこんな状態になってるのか?というと

もちろん観光客が多くて需要が多すぎるということもあるんだろうけど


やはり日本の許認可関係だと思うのですね。


韓国も観光客は多いのだけどやはりホテルが日本と比べると

かなり多いのだと感じます。


それは観光客多かったら起業家たちがそれに

目付けてホテル業やりだすからね、


それでホテル多くなるんです。

それでそこで「競争」が発生する。


けど日本のホテルの場合、これは以前に書いたけど

許認可関係がすさまじく複雑で


たとえば今20代、30代の起業家がホテル事業やろうとしても

すごい許認可関係がめんどくさいんですよ。

私も以前調べたのだけど、もう許認可関係の巣窟になってまして

だから新規でホテル事業立ち上げって相当な気合ないと

出来ないんです。



ラッパーのジ○ラさんのおじいさんが確か帝国ホテルかなんか?

やってるって友達のDJに聞いたけど

まあおじいちゃんが経営者だったりとかじゃないと


ホテル事業っておそらく新規起業は厳しそう。

要するに許認可関係とかあとは税金とかもすごいかかるんで

固定資産税もそうだけど、


だからそこで自由な競争というのが日本のホテル事業は

起こっていないというのが問題なんですね。


自由競争が起こらないと当然価格の談合というのが

発生しますから


新規事業者がまったく入ってこないで価格が高止まりする

わけでして・・・


まあこれに苦しんでるのが日本の東京出張するサラリーマンたちで

かわいそうって私は思うわけです。


私はまあ東京に泊まることはないんだけど

まあ旅行サイト見てるともう東京とかのホテルの高さは

結構やばいですから、ほんとこれかわいそうだと思います。


んで、そこで現れたのがエアービーアンドビーなんですよね。


このエアビーはすごい良心的で

ホストさんたちが部屋を海外と同じ水準で世界基準の

値段で貸し出してくれるわけで


ホテルの予約サイトと比べるとずいぶん安い。


しかも部屋ちゃんと広いし、アメニティもあるし、

すごい良いです。


だから最近はみんなエアビーとかを使うみたいでして

特に2人とかになると 同じような部屋でも

予算的に5,6倍違ってくるから


エアビーを使う人が多いのだろうと思いました。


が、ここでもエアビーで許認可をさせるべきだということを

やはり官僚が言ってるんです。


くずですよね。


だからホストを逮捕しろ~とかやってるんだけど

実際に東京とかのホテル難民を救ってるのはこれ

エアビーのホストたちであります。


だって一泊3万円の10平米のホテルなんて

誰も泊まりたくない。ぼったくりですよ。


私も昔と比べればある程度稼げるようになってきたけど

まあそれでも泊まりたくないですもん。



ちなみに・・・これはアメリカでも同じような問題が

あのウォーレンバフェットのネブラスカ州のオハマで起こってるらしくて


ウォーレンバフェットの年次株主総会が

年一回オハマで行われるわけですね。


そこでたくさんの株主がウォーレンに学ぶために

そこに出席するんです。


んでそのときだけホテルはすごい満室になるんだけど

このオハマのホテル経営者たちがそこで需要が高いからといって


ホテルの値段を吊り上げだしたのですね。


通常3万円のホテルを10万円以上にして、

普段の4倍前後にそのときだけ吊り上げだした。


それにぶち切れたのがウォーレンバフェットでして


やはりアメリカもこれ許認可でホテル事業の健全な

競争が阻害されてるんだろうと思います。


マンハッタンのホテルとか超高いよね。


これでウォーレンバフェットは怒ったのだけど


「おれの株主総会のときだけホテルの値段あげるとは

ふざけてる」


ってことで、そこでウォーレンバフェットは何をしたか?

というと


そのホテルの高騰で頭悩ます株主たちに対し、

Airbnbを通じてより安い部屋を手配するように伝えたんですね。



だから重要なのは


「バフェットもエアービーアンドビーを推進した」


ということです。


このエアービーアンドビーはやはり健全な民間の宿泊施設の

競争が行われていまして、


それでまだ政府の規制が入っていないわけで


そこで健全な自由市場が形成されて価格競争が行われてるわけで


やはりちゃんとした部屋なのにお客さんに対して

ホテルと比べると安い価格を提示しているわけです。



これにウォーレンバフェットは賛意を示して


「値段ばかり吊り上げる既得権益のホテルよりも

エアービーアンドビーの民泊使いましょう」


と言った訳ですね。



これ、えらいですよね。さすがと思います。


日本だと「官僚のプロパガンダに洗脳されてる人たち」

がいて「民泊たたき」が進んでるけども


これまさに信者たちであって民衆側の利益にたっていない人たちだ。


民泊をたたくことで、民泊にホテル業界と同じく

規制を作り出して、そこで「税金」とろうとしているわけで


そして許認可複雑にして新規事業参入を困難にしようという

思惑が官僚たちにあるわけであって


それはまた同じく宿泊料金高騰を招くに決まってるのだから

民衆にとって官僚がそこに規制を加えることはまったくもって


「なんのメリットもない」わけです。



要するにこれはたとえばエアビーで外国人たちが

迷惑です、という人もいるけど


これは民間と民間で話し合ってルールを作っていけばいい話で

最近は中国人観光客も以前と比べれば、

ずいぶんマシになってると思う。

(これは中国政府も海外旅行で批判多いからおまえら

気をつけろ、とか言ってるみたい)



まあだからこんなの官僚がいちいち規制作って利権作らなくても

民間でその辺はなんとか利害バランスがなんとかなるように

自然と調整されていくわけです。


混乱するのは最初の2,3年でその後なんとか

民間で調整されていくのが経済。


これが市場の機能としてあります。


それを認めないで「官僚が何でもかんでも規制してやる」

とやると今のホテル業界のようになって


完全に顧客にとって良くないことが起こるし

それは今はまだホテル業界はいいですけど


オリンピック後どうなるんですかね?という話です。


これは百貨店の伊勢丹・三越の話も出てるけど

彼らも数年前は中国人の爆買い!とかいって

もう完全に日本人を捨てて、中国人客に対して


爆買い向けにサービス展開していたけど

これ、勢いがなくなったら一気に苦境に追いやられてしまった。


これホテル業界もおそらく2020年後くらいに

そうなるんじゃないかな~なんて思うんですよね。


だから官僚とかが規制に入ってきた業界は大体全部だめになる

ってことです。



もう少し言うと日本の大企業の力が弱くなっている背景として

「コンプライアンス」というのが官僚たちの天下り先として

部署として作られているんだけど


これが大きな原因として私は存在していると思う。

勝負できなくなった、会社たちが。



それで一応資本主義の基礎としてですね、


資本主義の本質としては


1公的部門(官僚たち)と2私的企業


これが完全分離しているのが条件なんです。



これを純資本主義といいます。


んで、日本のように、あとはアメリカのホテル業界もそうだろうけど


1公的部門と2私的企業が密着している場合、

これは社会主義になっていくんですね。


この誰でも分かる考え方を日本では教えないけど

小室直樹という大思想家はそれを教えていました。


んで、ウォーレンバフェットの立場としては

純資本主義を推進する人なんですね。


これは本読むと分かる。


投資家として当たり前なんですけど。


だから色々な州の許認可の塊のホテル産業ってのが

そこで寡占支配の中 価格談合して、まさにバフェットの株主目当てに

高い価格を吊り上げてくる、


これは純資本主義者のウォーレンバフェットは

許せないということだったと

思うんです。


要するにホテル事業者は「需要が高いから値段あげました」

というんだけど


需要と供給というのがありまして

ホテルの部屋数は供給です。


が、そのホテルの部屋数の供給数が官の支配下にあって

それで無理やり需要と供給で 需要>供給 となるように

ワシントンの官僚機構とかがこれを支配していると。


「うそつくな、これは自由市場ではない」


ということなはずなんです。


だからこそ「エアービーアンドビーはまだ規制が入っていなく

純資本主義の形に近い。だからみんなエアビー使いましょう」


とバフェットは言ったのだろうというのを私は記事をみて

分析しておりました。


これは思想を読めるとバフェットがなぜホテル否定して

エアビーを進めてるのか、その真意が価格の安さだけではない

ということだと分かります。


だから日本のホテル難民ってのもこれ本質は

やはり許認可権限が強すぎてホテルが足りない日本の

事情というのがやたら供給数を少なくしている原因のひとつとして

あるんだけど


(あとは固定資産税とかの税もそうでますます

新規ホテル事業をする若者がいない。だからホテルの経営者見てください。

みんな「おじいさん」でしょ?)



だからここで若い経営者、自営業者層がやってる

エアビーがすごい人気になってると。


が、ここでエアビーにみんなが入っていくとこれ

ホテルの許認可している官僚の利権が失われていくわけだから

やはりエアビーを警察に捜査させたり、という話になるんです。


この構図を投資家はよく見てると思うんだけど・・・

なんか日本の新聞は警察と財務省と国土交通省の官僚擁護していて

エアビーつぶしをしているわけだけど


そこで困ってるのはぼろいビジホで一泊2万円とか3万円

払わされる民衆たちだ、と思うわけです。


サラリーマンなんてかわいそうであって、

出張で漫画喫茶しか泊まれない・・・ってもう

かわいそすぎでしょって話です。そりゃ欝になるわと。



それで最近外国人たちも


1月26日の日経新聞で


「東京訪問の外国人、7割が「宿泊費高い」 政投銀などが調査」


なんて出てたんだけど


やはり「なんで日本のホテルってこんなぼろいくせに高いの?」

と思ってる外国人が増えてると。


これは日本政策投資銀行がその原因を調査、なんていってるけど

私が答えを言ってあげるけど


それは全く自由な競争というのがホテル業界でされていないから

新陳代謝が非常に弱いから、であって


そこでやはり許認可権限を官僚たちに与えすぎている、


ホテル事業において

公的部門による私的企業への介入が強すぎるのが問題である


というのが本質原因です。

今の若者は誰も許認可料や税金とられるホテル事業への

参入なんて考えないです。やるならエアビー。


だからここで官僚の利権に切り込まないとこの辺の

価格高騰の問題は解決しない、ということになる。


もっといえばこの解決方法は非常に簡単で

「民泊を悪者にして規制して官僚の権限を広げるのではなく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今民泊は比較的自由なのだから、官僚の積極的規制をやめて

ちゃんと民間のがんばってる自営業者たちに

自由競争をさせてあげて、それを官僚たちは利権は広げられないけど

そこで若い事業者を逮捕などせず、やさしく見守って


公的部門の弱体化を受け入れて民間部門を強化すればいい」


ということになる。



エアビーに関しては非常にまだ良心的な価格が結構あって

まだ参入者は少ないから、本当はバフェットのいうように

この業態がもっと広がればすぐこの


「外国人7割が東京の宿泊費高いと感じる問題」は

解決します。


ちなみにバフェットがエアビーを推進して

エアビー登録するオハマの民衆が増えたそうで、


それでこの宿泊問題はちょっとは解決されてくるでしょう。



だから日本って逆なんですよね。

エアビーをもっと推進すれば、そこで

「警察官僚や財務官僚や国土交通省官僚の利権を放棄すれば」

そこでちゃんとした自由市場の価格形成が行われて


適切な値段の宿泊物件が出来るのに


それをおそらく分かってるのだけど

利権が作りたくて仕方ないものだから


またエアビーを許認可制にしてがちがちにしばりつけて

税金なり許認可料とろうとしているわけですよ。


それは民衆の宿泊料に転嫁される。


だからやはり東京のこの異常な宿泊料金の高さってのは

官僚機構のこの利権拡大というまさに


リバイアサン怪物である国家の暴走という話と

密接につながってるのであります。


が、記者たちもここまで書きませんよね。

「なんで東京だけやたら高いんだろう~」とそこで

お茶を濁すけど


そんなの分かってるはずで官僚の権限がその産業で

強すぎて自由競争が阻害されてるからだよ、

って話です。


だから安倍首相の正体がこの経済の見方を持ってると

分かるんだけど


彼は自称保守であって保守ではないのですよね。


彼の場合はエアビーの話見てもわかるように

後ろでこの許認可の関係とかでがちがちに規制しようとしているのは

官僚たちだけど、官僚たちの作った法律とおりに立法していこう

という姿勢であって


本質的には1公的部門と2私的企業を癒着させようとしているわけだから

それは社会主義の姿勢なんです。


だから日本人は社会主義者を保守だと思い込まされてるという

恐ろしいだましにあってるんだけど


いい加減気づかないといけないとも思います。

ちゃんとした自由競争の市場が形成されていないと

そこに官僚の利権や規制が入ってくるとこれ結局


東京のホテル難民に見られるようにこのような

意味不明のホテル価格になっていくわけでして


やはり政治の問題がその根底としてあると私は見ていました。


だから面白いですよね、自由競争をすると

貧富の格差が~と財務省がNHKとかに流させるんだけど


実際は自由競争をさせないで官僚たちがどんどん支配していくと

一泊3万円のビジホと 一泊3000円のゲストハウス

どっちに泊まるか?という状況になるわけで


より格差は広がるわけです。



そこでちゃんと新しい若い事業者たちが

切磋琢磨する経済構造でないと、


民衆にとって適切な価格でのサービス提供もされなくなる

という典型かなと思いました。


バフェットはこれに気づいていてエアビーを推進した

ということだろうと。



だからまあ結局政治を理解していないとこの辺で

起こってることは理解不可能かなと思いました。


それで日本の大多数のホテル産業も

今のように殿様商売していて

民衆がついてくるはずないですから、


そうなると今はまだオリンピックのために外国人多いから

良いものの、

(需要>コントロールされた供給だから良いものの)


これからその需要縮小すると一気に追い込まれるシナリオも

明確に見えてきます。



だからホテル系の株はまあ長期保有できないな~なんて

思って私は見ていました。


むしろここで漫画喫茶が民衆に希少価値を提供している

ってことでもありまして漫画喫茶という業態が

これから規制が入らなければ売り上げを伸ばすのはこれ自然なのかな

とも思います。



まあなんとも最近のホテルの値上がりは

政治問題に直結してくるので考えさせられます。


だからバフェットの言ってるように本当はエアビーを

もっと自由にみんなに営業させるべきですね。


ましてや「宿泊税」とかが最近新設されてきてるけど

完全に官が民の商売を邪魔しておりますから


やはり怒るべきところだと思います。


そしてこの「官の思惑」がまさに民間に見えないように

日本というのは報道統制がされてるので


そこに気づいて考えるのも大事かな~と思いました。


それではまた!



ゆう




PS・・・だから日本のホテル事業を見ると分かるのだけど

日本のホテル事業においては需要と供給というのがあるけど


その需要と供給バランスを「官がコントロールしようとしている」

という動きがこの数年見られるわけです。


が、この自由市場の需給をコントロールすることは

多くの独裁政府が今までの歴史でやってきたけど

「例外なく失敗してきた」のです。


だから数年してしばらくして失敗するのが見えてきていて

それが「外国人の7割がなんか日本のホテルが高いと言い出してる」

(コストパフォーマンスが低い。顧客満足度が低い)

ということなわけです。


となるとオリンピックで需要をお化粧しているうちはいいけども

そのお化粧がはがれてきたらこの 官がコントロールしている

民の需要と供給のコントロールという部分に無理が露呈すると

私は見ています。


それは市場の復讐受けるわけですね。


需要と供給を統制して成功した事例は過去ありませんので

それが歴史の教訓なので歴史に学ぶべきだと思いますね。


それではまた!


ゆう










☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


       <2017年3月最新情報>
※ゆうおススメ


ゆうです!

これ、去年開始した案件なんですが


実際に参加された生徒さんが2週間で

15万円を元手に11000ドル(現在為替レートで125万円くらい)

までガチに増やしております。


この2ヶ月間でも稼いでる人が続出しているので

だまされたと思ってみてみてください。すごいです。


<開始2ヶ月で15万円を125万円に増やした生徒さんが出てきました>
⇒  http://f-1asp.com/lp/9377/38130/



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    











コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください