無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【副島先生の言論から「世界のメディアも追及しだした森友学園問題の本質」 について考える!】

2017 3月 01 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



どうもゆうです!

あなた、こんばんは!!



さてさて、安倍首相の森友学園の件が非常に素晴らしいことに

盛り上がり始めております。


今まで黙殺していたメディアもついに扱わざるを得なくなってきた

状況でありまして、


そして重要なのが「ついに世界がこの件について報道しはじめた」

ということですね。



今まで安倍首相の背後にいる新興宗教勢力というのを配慮して

世界中のメディアが安倍首相関係の報道を積極的にしていなかった

感じがありましたが


反ムーニーであるトランプ大統領誕生も影響しておりますが

ついに世界のジャーナリストたちもこの件について

一斉に報道しだしております。


だから安倍首相はいつ辞任するのか、という話になってきます。

早く辞任してほしいところですが、この件については

ネット上でも相当話題の副島先生がまた最新言論を展開しているから

それを見て考えて生きましょう!











=======================

さてさて、安倍首相ですがどんどん最近追い込まれています。


一応世界のダイナミズムの流れに関しては数日前に

追い込まれていく安倍首相という号を流しておりますから


見てみてください。


それで私なんかは副島先生の学問道場とかで結構

政治経済金融の勉強をしてきた人間なんですが


副島先生が「安倍首相の辞任」について言及しだしましたね。


副島先生と言えば日本で数少ない、「トランプが大統領になる」

と去年から書籍でおっしゃられていた人です。



その代わり、攻撃にもさらされてきた。

けども負けずに言論活動をさらに活発にされている方で

私個人としては尊敬している人です。


ネットで稼ぐ新自営業者の間でも公言はしないけど

隠れファンが多い。

自営業の友人たちと話していくと実は副島読者だった、という人が多い

そんな人です。



それで副島先生が安倍首相の森友学園の件について書かれています。

これ、重要言論だと私は思いました。


ネットでも話題になっておりますが見てみましょう


題名は

「森友(もりとも)学園の問題で、安倍政権はすぐにでも倒れる、
ことがはっきりした。」



です。

=====================

【森友(もりとも)学園の問題で、安倍政権はすぐにでも倒れる、
ことがはっきりした。 】


投稿者:副島隆彦
投稿日:2017-02-27 18:37:08

副島隆彦です。 今日は、2017年2月27日です。

 安倍晋三政権は、森友(もりとも)学園への
違法な国有地払い下げ問題が、命取りになりつつある。 


建設中の瑞穂の國記念小學院

 もはや、どんなに安倍晋三と 妻の昭恵(あきえ)が、
足掻(あが)いても、

もう収(おさ)まらない。 


まだ、NHKその他のメディアを押え付けて、
警察が捜査に入ることを押さえつけて、


「この逆風を乗り切る」気だろうが、もう、無理だ。



政治家(国会議員)たちと取り巻き新聞記者たちの、

内輪の専門用語で、「これは政局(せいきょく)になったね」という

コトバがある。


「政局になる」とは、安倍内閣(政権)が、倒れる、ということである。 


 その倒閣、政権の崩壊の時期は、私が、以下に、並べて載せる、

新聞記事たちの一番最後にある 3月5日( すぐだ)の、

自民党党大会で、


安倍の3期目(ここで、総裁の任期が2年から、3年に変更される)が、

始まる、と目されているが、これを、まず、乗り切れるか、だ。


 同じ記事の中にあるとおり、今日2月27日に、

来年度の予算案が衆議院を通過したので、

内閣としての仕事の一番、重要なものは、終わった。


 だから、安倍が、さっさと退陣(首相をやめる、と公表すること)を、

いつ、発表してもおかしくない。


 警察を 安倍政権が押え付けることが出来なくなって、

「国有地の不正売買(払い下げ)の汚職事件(涜職罪、とくしょくざい)で、

疑獄(ぎごく)事件だ」として、犯罪捜査で、動き出す前に、


政権を放り投げて、逃げることもあり得る。


だが、ここは、安倍晋三に、踏ん張ってもらって、

ヘビの生殺しのように、あと半年ぐらい、暴れ回ってもらったほうが、

私は、いいと思っている。


 首相を辞任して、国会議員も辞職したからと言って、

この汚職事件から、簡単には、逃げられるものではない。


森友学園に現われる、

日本会議の幹部たち=勝共連合=統一教会
(ユニフィケイション・チャーチ、今は「家族連合」に改称)の勢力が、

消えてなくなるわけではない。 


以下の毎日新聞の記事(2月24日)が、網羅的で、一番よく、

今度の大きな政治事件を、説明している。

========================


副島隆彦です。 すべては、この大阪の豊中(とよなか)市の、

森友学園の問題に掛っている。 


この数日で、欧米のメディアの、

各社の第一線の記者(ジャーナリスト)たちが、どんどん日本に来ている。




これで、安倍晋三政権は、終わりとなることが、はっきりした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 世界のジャーナリストは、安倍晋三が、いくら、猫なで声で、

アメリカのトランプ大統領に、近づいて、ワイロの裏カネと、


日本からの「アメリカのインフラを作ってあげますので」の

上納金(じょうのう)でも、トランプが、

だまされないことを知っている。 



 トランプは、
~~~~~~~~~~~~~~~~~
「安倍は、ムーニーだろ。ヒラリー・クリントンの忠実な子分だった」と 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
知っている。 
~~~~~~~~~~~~~
そのことを、欧米のジャーナリストたちも、はっきりと知っている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 日本国内を、安倍たちの勢力が、押え付けることが出来ても、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界を押え付けて、騙(だま)くらかすことは出来ない。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 安倍辞職で、内閣(政権)の崩壊の時期が、本通常国会の 期限である、

6月18日にまで、ずるずると伸びても構わない。


 安倍政権は、もう5年目だ。

みんな、嫌気がさすを、通り越して、怒っている。

ウソばっかり付いて、景気はまったく上向かないで、失政ばかりだった。 


安倍を支えてきた連中までが、一斉に離れつつある。


 あとは、強固に安倍支持勢力として残ってる、

奇っ怪な宗教団体の勢力である。欧米メディアは、はっきりと、 


「安倍晋三は、日本の極右(日本のネオナチ)勢力である、

日本会議や、勝共連合=統一教会 Moonie ムーニー の を

背景にしている政治家だ。

 妻の昭恵も、この統一教会の強固な、幹部活動家である」 と、


はっきりと、どんどん記事にしつつある。



 文鮮明(教祖、ぶんせんめい、ムン・サンミョンの ムン Moon から、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界中では、Moonie  「ムーニー」 と呼ばれる)は、北朝鮮籍で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今の北朝鮮の政府の最高幹部たちの中にも、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼の教えに従っている者たちがいる。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(ゆう:だから安倍首相ってのは中国韓国に対しては色々反対姿勢を

表明するけどなぜか北朝鮮にはやさしい。全てこの新興宗教が

影響している。


トランプは反ムーニーであるからその北朝鮮脅威を除去しようとします。

が、それをされると困る安倍首相という構図が実はある。)


 彼らは、日本や韓国、そして、アメリカの首都ワシントンでも、

政府高官たちの中にまで、入り込んで、


国際反共産主義(こくさいはんきょうさんしゅぎ)の運動をしている。

気持ちの悪い宗教団体である。一応、キリスト教の一派を名乗る。 


 安倍晋三たちは、


「日本会議(にほんかいぎ)国会議員部会

(350人ぐらいもいる。民進党にもいる)」を表面の

政治団体にして動いているが、裏側は、ムーニーである。


 「幸福の科学(ハッピー・サイエンス)」と 幸福実現党も、

その片割れ、表面団体である。



 彼らは、恐ろしいほどの、「潜り込み人間たち」だから、

出身母体(キンキュベイター、保育器)となった 


生長の家(せいちょうのいえ)青年局だけでなく、今や、

立正佼成会(りっしょうこうせいかい)をも

乗っ取りつつある


(だから、あの小池百合子の片腕の、元東京地検の検事だった

若狭勝(わかさまさる)が、立正佼成会の全面支持で当選している)。



 恐るべきことに、創価学会(公明党)の中にまで、どんどん潜り込んで、

幹部たちの中にもかなり入っている。


ということは、政治家(国会議員)たちだけで無く、


日本政府の外務省や、財務省、警察官僚たちの中にまで、

たくさん、潜り込んで

 ( mole モウル、もぐら、潜入者、間諜)育っている。



 世界中の優れた、一流の ジャーナリストは、このことを、

よーく知っている。 


日本国内では、あまりにも、恐ろしい話で、

あまりにも穢(きたな)らしい話なので、

あまり口にしないことになっている。
 


 安倍晋三自身が、おじいさん(祖父)の岸信介(きしのぶすけ)以来、

その最高幹部のひとりであり、彼を強固に支えている者たちも、

そうである。


だから、今回は、もう、安倍たちは、

世界からの監視の下に置かれたので、もう、簡単には、逃げられない。


 日本の 極右、ネオナチ、で、憲法改正して中国と戦争を始めるべきだと、

動いている、カルト・オブ・靖国(ヤスクニ)集団は、まさしく、

安倍晋三を頭目とする集団である。



彼らは、血に飢えた、戦争勢力である。チャンコロ(中国人)、

チューセンジン(北朝鮮、韓国の国民)のことを、


「イヌ臭い」から、あっちに行ってくれと、公言するような、

日本の、最下層の、きたならしい 最低の人間たちである。 


生来の暴力団体質の人間たちだ。



 そういうのが、私たちのまわりに、日常生活でも、たくさんいる。

これが、私たちの現実の日本社会だ。


彼らが日本では、今の政権を支える

多数派の国民であるように見えるのだ。


 本当に、日本は、なんという、汚れきった国になってしまったことだろう。 


彼ら安倍支持勢力は、日本が、アジア人どうしで戦争をすることを、

本気で望み、そのために蠢(うごめ)き、

いろいろと画策している者たちだ。



 だから、私たち日本国民の中で、安倍晋三を、熱烈に応援して、

自分が安倍シンパであることを隠さない者たちは、


この特異な、奇っ怪な政治的宗教勢力の人間である。



 私、副島隆彦が生きている、出版業界にも、

そういうのがごろごろいる。


私は、ずっと極めて不愉快なまま、この20年を生きてきた。

私が、このようにはっきり書いていることを、いやがり、


「そんなことはないよ。安倍首相は日本のために、頑張っているよ」と、

言う人とは、私は、はっきりと対立する。



 だから、私たちのこの学問道場の会員の人で、

「私は、安倍晋三の強固な支持者だ」という人は、退会してください。


 私たちの学問道場に、近寄らないで下さい。
 

私、副島隆彦は、一日も早く、安倍晋三が首相辞任して、

自民党ハト派の政権に代わるべきだと思う。


ハト派の自民党の、本当に温厚な政治家たちは、ものごとを、

じっくりと慎重に考える能力をもっている。

私は、まだ今は、誰とは言わない。


ところが、安倍たち(ごろつき政治家)を、政権から一掃して、

「野に放つ」と、これはこれで、大変、

陰険な集団だから、何をするか分からない。



その危険な暴力団、極(きょく)右翼の体質、そして、

狂信的な宗教団体の構成員としての、凶暴さが、目立ってくるだろう。 


それを、どうやって、

「彼ら野に放たれた アジア人種差別 の狂信的な宗教勢力」を、

私たち国民が、どうやって見分けて、注意するかが、次の問題となる。



彼らは、500万人もいない。その10分の1で、

50万人ぐらいの勢力だ。



今度の、東京の都議会(とぎかい)選挙(7月2日)で、

大きく増える予定の、小池百合子の勢力も、まさしく、この人たちだ。


 テレビに映る、彼らの風体(ふうてい)や、目つきのおかしさを、

見ているとそういうことが、分かってくる。



私たちは、こういう「頭のご病気」の連中に騙されないように、

気をつけるべきだ。




副島隆彦です。 

上記の記事で、財務省の理財局(りざいきょく)という 

国庫のお金の計算

(国債の発行残高とか、アメリカへの貢ぎ金の 隠し場所とか)の

専門の部署が、国有地の管理もしているのだが、


その理財局長(りざいきょくちょう)の 

佐川宣寿(さがわのぶとし?)が、衆院予算委で、


「(たった2年前の)交渉の内容の文書は、すべて破棄した」と答弁した。


この異様さが、これから問題となる。

証拠隠滅(しょうこいんめつ)である。



ところが、記者たちの話では、財務省が、どんどん、情報を記者たちに、

裏から渡しているそうである。 


自分たちが、捕まらないで住むように、必死で、

「本当の土地払い下げの、契約の当事者の意思、や根回しや、

金銭(これがワイロだ)の授受や、隠蔽工作」などを、


財務省自身が、逃げを打つために、

安倍政権から離反する動きをしている。


しかし、ここには、財務官僚(中級だろう)でありながら、

森友学園に、9・5億円の国有地をほとんど

ただ(森友学園が実際に払ったのは、200万円)で、


売却したことの、犯罪性は明らかとなった。


この土地の隣に隣接する土地は、森友小学校よりも少し広い土地を、

14億円で、豊中市が、公園用地として、国(くに)から買っている。


もう、安倍晋三たちは、逃げられない。


この問題を、ずっと追いかけている 菅野完(すがのたもつ)氏という、

優れた、独立ジャ-ナリストがいる。


菅野氏は、今も、大阪の現地で、取材と調査を続けている。

彼のツウイターが、注目の的である。 


菅野氏が、この問題での、ヒーロ-・ジャーナリストである。



菅野完氏のツイッターアカウント↓
https://twitter.com/noiehoie


菅野(すがの)氏の、

名著「日本会議の研究」 (2016年5月刊、扶桑社)は、大変、

すばらしい本だ。他の、真似(まね)本は、くだらない 追随本だから、

読む必要は無い。



この菅野氏と、私たち学問道場 は、1月27日(金)に、渋谷であって、

私が、彼と2時間近く、対談した。


中田安彦くんが、司会をした。

その動画は、今日にも、「今日のぼやき」で、一部を公開します。


 対談の内容の全文は、学問道場の 会員ページに載せます。


 私が、下 ↓ の 「2095」番で、鳩山由紀夫氏と、

対談した動画の 一番、うしろの方で、


「だから安倍政権を打倒する運動をはじめなければいけません」と、

予言したことが、こんなに早く、実現しつつある。

副島隆彦 拝 


学問道場のサイト
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/


========================


以上です!


ちなみに副島先生も



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「だから安倍政権を打倒する運動をはじめなければいけません」と、

予言したことが、こんなに早く、実現しつつある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



と書かれておりますが、

私もトランプ政権になったら安倍首相は追い詰められるという

シナリオをメルマガで扱っていたのですが


ここまで早く展開するというのは少し良い意味で驚きました。


世界のダイナミズム変化を受けて、安倍首相に対する攻撃も

熱をこれから増すであろうと思います。



それで重要なのが世界中がついにムーニーに言及しだしたことであります。


今まではマスコミ報道の単語としては

日本会議まではOKだった。


けども 統一 に関しては触れないという暗黙のルールみたいのが

あったんだけど


トランプ政権になって、彼は後ろの姿は反ムーニーであり

反N 、WOであって、その辺の世界情勢の後ろ盾もあって


ついに世界中のメディアが「どうも安倍は辞任に追い込まれそうだ」

ということで報道を展開しだしております。



この流れは以前までのメルマガで扱ったように

世界の大きなダイナミズム変化を背景にした流れですので


このマクロの流れに日本の政治も逆らえないため

安倍首相はこれから追い込まれていくというのが見えますね。


それで面白いのがこの森友学園の件で

「森友学園より他の事を考えましょう~」なんて

言ってる安倍首相の応援団の人たちがとても多いわけです。


これを見て「あ~この人馬脚を現したな。あなたの

背景にある宗教勢力はムーニーでしょ」

というのが一目瞭然で分かるわけです。



それで日本の政治の最大の問題というのは海外メディアでは

周知されておりまして


それが「政教分離できていない」ということですね。


これ自民党は統一であって、公明党は創価となりますけども


この自公連立というのはようするに統一+創価連立である

わけです。


だから日本の政治は新興宗教によって仕切られているという

本当の事実があるのだけど


そして私はこれを以前メルマガで書いたのだけど

そうしたら一気にメルマガが届かなくなった~という声が

Gのつく検索エンジンのメアドの人から増えました。


だからこれは私たちは真剣に考えないといけないけど

ググル ってのがある。


ちょっと変な表記で申し訳ないけどメルマガというのは

文字検閲が行われております。これは私なんかみたいな

比較的読者数の多いメルマガある人は

到達率チェックで知ってる事実です。



それでトランプがこのググルを批判していました。


「ヒラリーに有利なニュースばかりSEOで上位表示させている。

グーグルは情報操作を行ってる。」

と批判していた。


だから日本人全体が使ってるこの大手検索エンジンが

メールの検閲を文字単位で行っていたり、


そして大企業のメールだけは到達させて、この在野の言論を

人々に見せないということをしていることは


やはり考えないといけないことです。


これははっきり言うと憲法に違反します。

検閲はしてはならない、であります。


だから私なんかが大学生のころはググルってのは神と

言われたものだけど


蓋を開けてみたら神ではなく

世界中の情報を統制し、支配しようとしている悪魔であった

というのが最近よく分かってきている。


そしてこれもまた副島先生の書かれているムーニーの勢力です。


それでもう少し現場目線で書くと、

このインフォの業界に関してもなんか気持ち悪いマーケティング

というのが増えていて


たとえば去年は動画内でやたら泣き真似したりですね、

そういうのが増えてきた。


これ、仕掛け人をたどっていくとどうも宗教勢力に

やはり収束されていくのではないか?と私は仮説を持っておりまして

実はこれはインフォ業界の中でも なんとかお客を稼がせて

生き残ろうとしているような人たちがいるんだけど


そういう人たちの間でコソコソ言われている。


もう少し言うと上の幸福と名のつく宗教、

ここがこの業界にも一部からみだしている、

という疑いを私は持ってますね。


だから新興宗教的なマーケティングというのが

一部でされているけど、この人たちの支持者は

ヒラリーであったりして


なぜか奇妙な一致を見せてます。

そしてそこにお金の流れがあるのではないか、と

私は自分の分析の結果、疑っている。


だから全ての日本の経済の分野においてまさに

新興宗教のウイルスが蔓延しだしているのかもしれない。


それで最後に書かないといけないのは

やはり上に書かれている関西財務局がこの件でなんとか

逃げようとしていることです。


この財務局というのは一般の人たちは知らないだろうけど

自営業者たちは良く知っていて、


彼らなんかはたとえば情報教材を税金で購入しているんです。

本当ですよ。


それで購入者リストの中にまぎれておりまして

それで民間商売のスパイ活動みたいのを行っている。


これは実は業界の人たちだったら知ってる話です。


それである日この財務局とかそういう人らが

電話で販売者に対して脅しをかけるというのが日常化しているのだけど

それでサポートが回らなくなったりつぶされる会社というのも

表に出ないだけで実は存在している。



これ憲法に違反しておりまして、

商売の自由を大きく官僚たちが統制しようという流れであって

それをやってるのが財務省の天下り先の財務局というところであります。


だから本当はこれから民衆も自営業者たちもこの

官僚たちの悪事に対してネット上で拡散したり

行政訴訟なんかで対抗して大きなうねりを作るのが必要なのかもしれない


と私は考えてます。



それでもう少し森友学園の件について考えてみるけど

ここでは一応フロントとして問題になっているのが安倍首相であります。


がこの安倍首相、悪い人だけどあくまでも頭の悪い

単なるフロントです。


私が知ってるのはこの安倍首相、お金の決裁権がほぼない。

予算案なんかは実はほとんどが官僚たちが作り上げている。


だからこの森友学園の国有地払い下げ問題において

実行犯として存在しているのが財務省系の官僚たちであり


彼らが黒幕として存在している、ということも

私たちは考えないといけないと思います。


もう少し言えば彼らの考えとしては

「しまったな~森友学園の問題表に出ちゃったよ。

どうしよう。安倍だけ切らせてなんとか俺らは生きながらえるか」


です。


だからこの官僚たちというのが本当の悪であるのだけど

彼らは「安倍首相に命令されたから仕方なくやったんです」

という体でいるけども


いやいや、安倍首相をフロントにしてこの件で

実際にカネの流れ作ったのはあなたたち官僚でしょう、


というのがこの問題の本質だと私は見ています。


「カネの流れを主導したのは誰なのか?」が重要だ。


マスコミは森友学園の件については言及しだしたけど

この官僚勢力が背後にいる、というのはまだ言及が弱いですね。



だから副島先生の書き込みで



ところが、記者たちの話では、財務省が、どんどん、情報を記者たちに、

裏から渡しているそうである。 


自分たちが、捕まらないで住むように、必死で、

「本当の土地払い下げの、契約の当事者の意思、や根回しや、

金銭(これがワイロだ)の授受や、隠蔽工作」などを、


財務省自身が、逃げを打つために、

安倍政権から離反する動きをしている。


しかし、ここには、財務官僚(中級だろう)でありながら、

森友学園に、9・5億円の国有地をほとんど

ただ(森友学園が実際に払ったのは、200万円)で、


売却したことの、犯罪性は明らかとなった。」



この文章がすごい重要になります。


だから本当はこの件に関わった財務官僚たち、

その新興宗教勢力ともくっついてうまーく表に出ずに

コントロールしている財務官僚たち、


彼らの責任追及というのがやはり

安倍首相の追及と同時に必要だと私は考えますね。


実はIT系の事業者の間では官邸の仕事している人たちというのも

結構いるのだけど、彼らの間で知られていることは


安倍首相はテレビでは権限あるように思われてるけど

実質ほとんど権限がないということでして


お金周りの決裁権はもう官僚たちなんです。


だから担当官僚たちに予算下ろしてくれという話をして

開発費などを下ろしてもらうというのが普通であって

安倍首相なんてのは実際はあまりお金を動かす力はないなんてのは

あの人お飾りだ、なんてのは


こそこそ言われてるんですね。


たとえば安倍首相とトランプの会談において

兵器購入の話があったと思うけど


あれを後ろで仕切ってるのはやはり外務官僚たちや

財務官僚たちなんだろうと分かってくる。


だから森友学園事件においては安倍首相やあきえ夫人だけではなく

その背後にいる官僚の人間たちの動きというのが

重要になります。


日本のメディアとしても安倍首相なんかは攻撃できるけど

その背後にいる官僚勢力については言及しなければなんとか

報道できるくらいの 感覚があるのではないかと疑われます。



それで後は安倍首相というのがそもそも統一の会員さんで

熱心な活動家であるということなんですね。


これは日本会議までは言われるけどムーニーまでは

言及されないようになっております。


が、最近の変化として海外メディアもムーニーの話は

出してこなかったけど、日本会議で寸止めしていたけど


トランプ政権になってようやくこのムーニーにも言及しだしている

というのが印象的です。



大きくはこの世界的にムーニー勢力というのが追い詰められる流れが

ありまして、


これが日本であれば自民党にも北朝鮮にも官僚勢力にも

警察や自衛隊の危ない勢力にもつながっているのだけど


そしてメルマガで扱う戦争屋というのもそれなんだけど


これに対してようやく言及が開始されたということですね。


もう少し言うとトランプというのは誰と戦ってるか?というと

戦争屋ではあるけどもう少し深くいくとムーニーと戦っている。


トランプはそれに言及しないけど、彼の言論からそれを

汲み取る知性は必要だと思います。


だから今世界で起こっている大きな流れの背後にあるのは

大きくは新興宗教の影響力をめぐる

宗教戦争なんだけど、それは今まで言及されないことになっていたけど


最近ようやく世界のメディアも

それを言い出しました。


今までは恫喝しながら、そういう言論を封じ込めていたわけでして

たとえばジャーナリストたちがこういう上記のような内容を扱うと


明らかな妨害工作みたいのがされたりしていたのだけど

時にはそういうことを書いた人が変死したり、逮捕されたりというのが

あったけど、



もう今は大きくは反ムーニーの流れが世界で形成されておりますから

この流れは止められない、となります。


だから安倍首相はやはり追い込まれていくとなりますね。

そして安倍首相の背後にいる財務官僚たち、


補正予算でも実際は彼らがほとんどその予算を組んだだろうけど

その彼らが今回の森友学園で逃げ切れるかな?


ということにもなります。



トランプが反ワシントン官僚であってこの流れは

日本にもやってきていますから


薄々彼ら150年権力維持してきた

官僚たちも今回はどうも今までと情勢が違うぞ

と気づいていると思います。


明治時代以降、日本の政治に「癌」のように存在していて

肥大化していて民衆を苦しめ続けた官僚機構だけども


これがいよいよ150年くらい経過して

窮地に立たされつつあると。


だから森友学園では安倍首相だけではなくその背後で

実際に動いた官僚たちまでメスが入るかどうか


というのが注目されます。



それでこの件をきっかけに日本の政治では分裂が

進むと私は見ておりまして


まず自民党内部では分裂が加速しております。

また民進党内部でも分裂が加速しております。

上記2大宗教勢力内部でも分裂が加速しております。


ここで今まで面従腹背(めんじゅうふくはい)と言いまして

安倍首相には賛同しないけど仕方なく

その背後勢力のすさまじい力があるから

屈してきた人たちというのが


それぞれの組織の内部におりまして、これが今分裂を

組織内部で起こしておりまして


それがこれから日本の政局の中心になると思います。


この反安倍首相であり、そして本質的には反官僚機構の

もっというと反ムーニーの人たちがいるのですけども


この人たちがこれから勢力を伸ばしていくと思いますから

その辺も注目点になりますね。



それで世界はまさに激動であって

安倍首相が森友学園問題で追い込まれてきた。


そして安倍首相の背後にいる宗教勢力たちも官僚機構たちも

なんとか今は逃げている。


けど民衆の大きな怒りというのが日本には存在していて

副島先生が書かれるように



「 安倍政権は、もう5年目だ。

みんな、嫌気がさすを、通り越して、怒っている。

ウソばっかり付いて、景気はまったく上向かないで、失政ばかりだった。




となってるわけでして

民衆も怒っている。


だから非常に不愉快なこの5年間というのがあったけど

ようやくこれが変化していくのかもしれません。



私なんかもこういうメルマガやっていて書かないだけで


安倍首相になってから「アジア人同士戦わず」という概念を

打ち出すだけで


結構な嫌がらせをその宗教勢力や官僚機構とかかわりのある人たちに

されてきたものだけど


いよいよ「風」が変わってきました。


もう最近は彼らの弱体化が手に取るように分かってきてます。


そしてこれは日本の今までの支配勢力である

上記エスタブリッシュメント支配層にとっては不都合な流れだけど


そこと利益相反関係にある民衆にとっては良いことだと

私は思っております。



そして世界のジャーナリストたちもこの森友学園事件について

報道しだしましたから


副島先生が書かれてるように

「安倍晋三政権は、終わりとなることが、はっきりした」

わけで


この5年間で相当進んだ日本の貧困状態や窮状が

どのように変化できるか?というのがこれからの注目点ですね。




私も5年間、今起こってる流れを待っていたけどようやく

この時がきたな、という感じです。


私たち民衆は生きてる限り政治から逃げられません。

だから政治学という「血なまぐさい学問」の意味があるのだけど

今まさに政治で起こってる変化というのは


私たちの生活のことでもありますから今の変化には

敏感でありたいところです。


それではまた!


ゆう





«  【副島先生の言論から「世界のメディアも追及しだした森友学園問題の本質」 について考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXで長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

見るか見ないかでこれから先勝つか負けるか変わってくるかも?(笑)しれない情報です☆
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXで勝つために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

メールアドレス(必須)
名前
当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください