無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






金正男氏暗殺の件についての様々な分析を見て、考えてみる!

2017 2月 17 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin





どうもゆうです!

読者さん、こんにちは!!


さてさて、この前ですが暗殺された金正男さんと

マイケルフリンのことを書いたのですが、


その後も金正男の暗殺に関しての報道一色ですね。


やはり世界でもその目的についていろいろと分析が行われている

感じです。



さて、それで私がニュースとしてみているのが

いつも扱っているベンチャー革命なんですが



こちらで先生が金正男と東芝が買収して苦境に陥る原因を作った

ウェスティングハウスとの関係性について、


分析されています。


実を言うと私は東芝の株価はどこまで下がるのか

結構見てるのですが


今日なんかはもう180円台突入しましたからね、あの東芝が。

東芝の2016年の最安値の174円にまた近づいていると。


それでこの東芝を苦境に追いやったのがWHの買収なんだけど

どうもそのWHと、金正男の暗殺というのはそれぞれ点だけど

線としてつながるんじゃないか?


というのがY先生の分析から分かります。



非常に驚くべき分析ですが、馬鹿にできないと思いました。

見てみましょう



====================

タイトル:北朝鮮のキムジョンナム暗殺される:

暗殺の危機に怯えるキムジョンウンの仕業か、

東芝経営危機が発端で、


北朝鮮の核技術はABB経由の

東芝子会社・ウェスティングハウス製であることがばれるのは時間の問題か




1.日本を乗っ取る米国戦争屋が今、

トランプと対立する好戦派とトランプに同調する

穏健派に分裂していることが北朝鮮を動揺させているかもしれない



 先日、2017年2月12日、安倍氏とトランプの日米首脳会談の終盤、

突然、北朝鮮が日本海に向けてミサイル発射を強行しましたが、


日米同盟の深化を目指す安倍氏を応援するかのような

絶好のタイミングでのミサイル発射でした(注1)。

 

さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチを

メインテーマとしていますが、米戦争屋は同時に、

北朝鮮を敵役傀儡化して、


日韓国民が、極東米軍に依存するように仕向ける

軍事プロパガンダに、

北朝鮮脅威を巧妙に利用していると本ブログでは観ています。



 その米戦争屋は、彼らにとって誤算だった

トランプ政権の誕生によって、

内紛が起きていると本ブログでは観ています。



 そして、今の米戦争屋は反露好戦派と

非・反露派(穏健派:戦争狂ではない正常な神経の持ち主の勢力)に

分裂していると本ブログでは観ています(注1)。



 その観点から、米戦争屋と北朝鮮の関係を観てみると、

好戦派は、北朝鮮を核実験場に利用するとともに、

日本が核武装したら、ただちに、


北のミサイルで対日攻撃できるようスタンバイしています。


一方、穏健派は、好戦派によってでっち上げられた

北朝鮮脅威を一刻も早く除去して、

極東米軍の前線をグアム、ハワイまで

後退させたいのではないでしょうか。


 ちなみに、トランプは北朝鮮問題に関しては、

上記の穏健派と思われます。



 そして米戦争屋の穏健派は、北朝鮮を空爆して、

北朝鮮脅威を除去したいのです。


ところが、好戦派は、北朝鮮を核実験場に利用しているため、

北朝鮮脅威を持続させたいのではないでしょうか。

 

トランプ政権が誕生した今、今後、穏健派が優勢になれば、

北朝鮮のキムジョンウン体制は崩壊させられます。


ところが、今のキムジョンウン体制をつくったのは、

ラムズフェルドなどの好戦派ネオコンです。



だから彼ら好戦派は北朝鮮を

今の状態にしておきたいのです。


そのことを察知している

キムジョンウン

(ABB役員だったラムズフェルドにスイスで洗脳された可能性あり)は、


今、非常にあせっているでしょう。



なお、上記、日本を乗っ取ってきた

米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)および

そのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する

日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。



ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から

新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。


そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)

およびそのロボット・悪徳ペンタゴン

または悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は

本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。



2.なぜ、今、キムジョンナム(キムジョンウンの異母兄)が

暗殺されたのか


 さて、2017年2月13日、今度は、キムジョンウンの

異母兄・キムジョンナムがマレーシアで暗殺されています(注2)。


おそらく、暗殺の危機に怯えるキムジョンウンが

工作員に命じた暗殺テロと疑われます。



その根拠は、トランプ政権になって、

北朝鮮脅威の除去作戦が実行されれば、

キムジョンウンは殺される可能性が高くなるからです。


 そこで、あせったキムジョンウンは、

自分の後継者にされる可能性のあるキムジョンナムの

暗殺を命じた可能性が大です。


若いキムジョンウンはトランプ政権誕生でもう発狂寸前なのでしょう。


3.トランプ政権下にて、北朝鮮の正体がばれる可能性が出てきた

 
本ブログの見方では、旧・米戦争屋CIAネオコンの好戦派が

北朝鮮脅威をでっち上げたと観ていますが、


北朝鮮の核技術もミサイル技術も、

好戦派ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)が密かに供給しており、

彼らは北朝鮮を核兵器実験場に利用していると推測されます(注3)。



 キムジョンウンをスイスに留学させて洗脳したのは、

好戦派ネオコンの

ラムズフェルド(スイスABBの元役員だった)と思われますが、


彼は北朝鮮に密かに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
米国の核技術(東芝子会社のウェスティングハウス・WHの技術)を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スイスABB経由で北朝鮮に供与したと米国で疑われていました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そして、その秘密がばれそうになったので、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラムズフェルド一派は東芝をだまして、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
WHを東芝に高値で買収させ、証拠隠滅を謀ったと疑われます(注4)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 今の東芝が陥っている危機の元凶は、

2006年のWHの買収劇にありますが、この問題を追究していくと、

WHの核技術がスイスABB経由で

北朝鮮に供与された事実がばれてしまいます。



 そうなると、北朝鮮は好戦派ネオコンの傀儡国家であることが

芋づる式に明るみに出るのです。


 そこで、好戦派ネオコンも、やむを得ず、

北朝鮮脅威の除去に同調する可能性が出るのです。


そのことにキムジョンウンは気付いたのではないでしょうか、

だからキムジョンウンは発狂寸前なのでしょう。




 そうなれば、北朝鮮は米戦争屋配下の米軍と

その同盟軍・韓国軍に攻撃されてあっという間に、

崩壊させられるでしょう(注5)。


そして、当然、キムジョンウンは殺されます、

亡き父・キムジョンイルのように・・・。



=======================


以上です!!


ということで、ひとつ疑われるのは今東芝が苦境に追いやられている

要因としてあるWHの買収劇がありますが、


なぜあんなWHなんていう意味が分からない会社を買収させられたのか?


という話になるわけですよね。


次々と問題が浮き上がる会社でしてまともな調査もせずに

買収したんだろうな、というのは感じるところですが

何か圧力があって買収させられたのかというのは感じるところです。



それでそのWHの核技術というのがあるのだけど

それを当時ラムズフェルドがスイスのABB経由で北朝鮮に

核技術の技術提供したのではないか、


という話ですね。



それでそうなるとその辺が明るみに出る前に

もう北朝鮮脅威除去にネオコン派も同意しなくてはいけなくなる

わけでして、


それは「北朝鮮の脅威を除去するべき」という

トランプの作戦通りなのかもしれませんが


そうするとトランプや習近平が金正恩の後釜として

入ってくれることを望む金正男を暗殺する、というのは

これは考えられますよね。


ちなみに金正男氏は日本でおそらくもっとも人気があった

北朝鮮人だったわけでして、


彼の名前は正男ですが、それは「まさお」と読めるので

ネットなんかでも「まさお、まさお」と呼ばれて


その独特なキャラクターの人気が高かった人物ですよね。



北朝鮮の人々からもやはり人気があったと思われまして、

やはり日本でここまで人気を博する?のだから、


まあそのカリスマ性の持った人物を後釜に添えようとする

中国サイドの動きに正恩が牽制をする、というのは

確かに考えられる話です。


それでトランプのツイッターなんかを見ると




「Stock market hits new high with longest winning streak

in decades. Great level of confidence and optimism -

even before tax plan rollout!」


という風に言っていまして、


「米国株式市場が何十年の中でもっとも長い上昇の連続をもって

高値を更新している。


まだ減税案を大っぴらにする前なのに

すさまじい確信と楽観を持ってあがっているよ!」


という発言なんかをしていまして、このoptimism楽観という単語を

使ってるのが私はちょっと気になりましたが


トランプはまだこの金正男のことについては明確に言及していない

ようです。



それで彼の批判対象はマイケルフリンのことに及ぶわけですが

このマイケルフリンが部下を北朝鮮に送り込んで

北朝鮮と交渉も進めていたはずですが、


トランプは


「FAKE NEWS media, which makes up stories and “sources,”

is far more effective than the discredited Democrats -

but they are fading fast!」



「嘘のフェイクニュースはいっつも偽の話と「ソース」を作って

いやがる。


そしてこのフェイクニュースの嘘ニュースメディアは

(トランプ政権を陥れるということを考えれば)

信用を失った民主党よりも より効率的である。(やり方が巧妙だ)。


が、彼らはいずれかなり早く衰退していく」


みたいなことを言ってるわけですね。


だから基本的にはマイケルフリンの辞任劇には言及しているけど

金正男の件については不思議とまだ言及していない


というのが私は少し気になりました。



それで上記の金正恩が金正男を不都合に思って殺害した、


このストーリーがやはり鉄板で言われてるところがあるのですが

なぜか疑問は北朝鮮側が正男の遺体引渡しを求めてきたことですよね。


北朝鮮がこういう殺害をして遺体引渡しを求めるのは

少しおかしいな?と私なんかは思いました。


通常あの人たちは国家反逆者はその場で殺してもう終わり

というやり方をしますが、今回は遺体引渡しを求めてると。

だから北朝鮮側の工作員でない可能性もありますよね。



だからまた別のストーリーがある可能性もあって

これは後々明らかになるだろうけど、


色々な分析が実は存在しているんですね。


上記Y先生の分析のほかにはこの金正男氏ってのが

偽の100ドル紙幣というのがあって

そしてこの前惨殺された張成沢元国防委員会副委員長が

おりまして、金正男をかわいがっていた人物ですが


この人が昔ヒラリーから手に入れた100ドル紙幣を印刷する

原版コピーを持っていたなんて話もあって、


それを印刷して金正男に国外に運び出させていたなんて

噂もありますよね。


金正男氏が何年間も暗殺されていなかった不思議というのも

あってそれは北京政府がその見返りとして正男を保護していたのだ

なんて話もあります。


だから金正男という人がやたらいろいろな国を

移動していたわけですが


やはり私はこれ何かあるな~と思っていたりするのですが

東京ディズニーランドに来たいから日本に来た、なんてのが

すごい問題になって以前報道されていましたが


その後ろでこの辺でその原版コピーってのは日本で

ヒラリーが手に入れたなんていうのも言われますから

この辺が彼の以前の日本訪問に

関わってるのかななんてのも感じました。


政府要人が色々な国を行き来するってのはやはり

お金が絡んでるものですから。


それで習国家主席とキッシンジャー博士(トランプ)が

現在金正恩を北京に招いてそこで中朝関係回復というのを

狙っているなんて話もありますが、


ここで偽札偽造に関わる金正男は北京政府にとっては

とたんに米中朝関係改善には

不都合になりますから、そこで抹殺した

という話もありますよね。


(だからここでは一転して

金正男氏は結構「黒い」ことをしていた

という分析になります。)



まあ色々な説があるものの、

もしこれから金正恩、と中国、トランプの筋での

中朝関係や米朝関係回復、という流れになっていけば


上の話もそうだったのかもしれないな、なんて

分かってくるということです。


だから中国に親書を渡して中国に配慮を続ける

トランプが暗殺された金正男に不思議と言及しないのは

なんとなく筋が通るという感じもします。



まあこの辺は本当に憶測でしかないわけですが

ただおそらく私たち民間の人には知られない


絶対に知られない事情が

この暗殺劇の背景にはありそうですよね。



ということで金正男氏暗殺の件については色々な

見方が錯綜しているわけでして


私も正直どれが本当か分かりませんが


ただトランプ大統領になってから世界情勢が急激に動き出している

というのはこれは間違いないですよね。


それでおそらくですが米国、中国、北朝鮮の関係については

これからトランプ政権時に劇的に動く可能性がありますから、


私なんかはそれを結構注意してみておりますね~


それで北朝鮮情勢なんかの話ってのが

急にトランプ政権になってから出てきておりますので


この前のミサイル発射もそうですし、金正男暗殺もそうですし

やはり後ろで米中朝関係のダイナミズム変化

が起ころうとしているということだろうと思いまして、


ここで米中に関してはトランプが中国に親書を渡しておりますが

そこで米朝、中朝の関係が改善されていくのか?


というのがこれからのポイントなのかな、と思います。



それでいずれにしてもどうも、東芝は被害者なんだろうな

と思う点でして、


ウェスティングハウス買収させられたり、

また株価に関しても最安値にまた迫っておりますし


なかなか大変そうです。


日本ではこのような世界の裏の動きをちゃんと分析する

独自機関というのが機能していない、というのが問題として

あるでしょうが


日本の企業に関してもそういう状況であるため

こういう被害にあってるのではないか?


というのが感じるところですよね。


国家の独立した世界情勢の情報分析機関がないと

民間企業がカモになったりすることはよくあることなんで


この辺を日本はしっかりやらないとこれからも

こういう世界情勢に大きく翻弄されて

民間企業が割りを食う事件が増えるのではないか、

なんてのも感じた点です。



ということで金正男の殺害に関してはいろいろ言われてるところで

情報が錯綜している感じですが、


後ろではやはりトランプ政権のドンがキッシンジャーでありまして

このキッシンジャーが多極型覇権を世界で作ろうとしている中で


米中、米朝の関係改善というのがその過程にあるのですが
(これが改善された場合、旧米戦争屋の利権が弱体化していく。)


そのシナリオ過程で

おきている事件である可能性が高いな、というのが

私が色々な情報に触れて感じている点ですね。



それで日本の政界工作に関しては

私が以前に書いたように、とにかく自民党の分裂、

民進党の分裂というのも彼らは仕掛けていると思いますので

(一応私はそれを支持する人です)



やはり最近


民進党も反蓮舫の勢力が活発になってきておりまして、

また自民党も反安倍首相の勢力が活発になってきておりまして、


大きく分裂が促進してきておりますが、

そしてそれは小沢さんが後ろで仕掛けてるだろうと思ってます。


(最近の小沢さんの自由党の大きな変化が見て取れるのは

小林よしのり氏を演説に呼んだりしているんですね。

これは大きく、安倍首相の言う自称保守の本質は国家社会主義勢力ではなく

本来の保守勢力を作ろうとしていると思われます。)


それこそ今まで自民も民進も、裏では協調していたのではないか?

という疑いがあるくらいの動きをしていましたが


それこそ両者とも米大統領選挙前は安倍も蓮舫も

ヒラリー支持でした。


が、そこの勢力からの離反というのが自民も民進も進んでいまして

やはりトランプ大統領誕生をもって、日本の政治も急激に

動いている感じがしますので


ここで本当に民衆側に立つ野党連合が出来るかどうか?


というのも注目です。


(千代田区長選では、自民から公明が離反しました。

これが国政レベルで出てくると、一気に事情が変わってくる。

この辺の後ろにも小沢さんの動きが見える。)



この辺はやはりトランプと同じくキッシンジャーを背後に持つ

小沢一郎さんが関わっているように見えます。



また同じく韓国においても、

毎日のようにデモが起こっておりまして



民衆が変革を望む流れが起こっておりまして、


またフランスでは反N、WOであるルペンが人気です。


ということでイギリスのEU離脱のあたりから急速に

進んできていると思いますが


世界が多極化していってる感じでして、


そして極東情勢においては日本でも、韓国でも

米中関係でも米朝関係でも


トランプ大統領誕生あたりから急激に動き出しているな~

という感じです。


それで大きくはこれらの世界の覇権状態を作成するのに

関わっているのがキッシンジャー博士だろうと思われますので


2017年は相当また2016年に引き続いて

世界情勢がどんどん移り変わっていくでしょうから


大変注目ですね。



それで当然のごとく、それは相場にも影響を与えていきますから

すごい動きを今年は何度も形成するでしょうから


下山さんも言っていますが、大暴落がきてもちゃんと

対処できるように、


準備しておきたいところですね。



なんともすごい時代に私たちは生きていると思います。



それではまた!



ゆう









==========================================
  【無料株マンガ】

■人生を逆転させる株式投資
~プロ相場師 下山敬三の非常識な投資術~

第7話『【解禁】一流トレーダー下山の取引銘柄』
→  http://kabu-ac.com/manga/?page=7#top
==========================================

音声対談はこちらのページにまとまってます
⇒  http://kabu-ac.com/fos/info/tokuten/

==========================================







コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください