無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【日本政府が「日本人の年金50兆円をアメリカにプレゼント」 すると 提案したことから考える!】

2017 2月 05 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

下山×ゆう対談音声2本目!

スクール生から驚愕の「クレーム」が入りました

⇒  http://fxgod.net/onsei/shimoyama2.mp3
(スマートフォンでもお聞きいただけます♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【日本政府が「日本人の年金50兆円をアメリカにプレゼント」
すると 提案したことから考える!】
⇒編集後記で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!





さてさて、私は今日本に帰ってきていまして

色々ニュースなんかも見ているのですが、


この前安倍首相が50兆円規模で日本人の年金を

アメリカにプレゼントするということが報道されていました。


一応名目は「投資」なんだそうです。


ただ日本政府が今まで「投資(という名前のプレゼント)」で

米国債なんかに1000兆円前後「投資」しておりますが、


これはまったく利率等が償還されていないんですね。


だから実質このアメリカへの50兆円規模の「投資」という名目の

資金の拠出っていうのは、


アメリカトランプ政権への50兆円相当のプレゼント、ということに

なります。



そういえばこの前、年金の減額が決定しておりますが、

とにかく日本政府ってのはアメリカ様に対してこの年金を差し上げて

ご機嫌をとろうということなんでしょう・・・


だから私もあなたも、年金を「強制収奪」されています。

これは国の年金機構とかが私たちから「払われることのない年金」を

強制収奪している。


それは通常の感覚だと泥棒というものだと思う。


そしてじゃあその国民から泥棒したお金をどうするか?というと

GPIFという独立行政法人を通して他国に差し上げるということを

しております。


すごい政治が日本で行われていると思います。

編集後記で!




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



対談音声2本目公開!!

(音声内で下山さんが

仲良い土屋さんのことをディスりまくってるのですが

それがまたなんか面白い、と思います・・・笑)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さてさて、この前下山さんとの対談音声をお送りしましたが

今日は対談音声の2本目、をお送りしたいと思います!


内容は以下のようになっております!




【2】
~10:00 スクール生から驚愕の「クレーム」が入りました

~12:00 日本人が守れるルールと守れないルール

~18:00 被災者の命を救った波乗り投資

~26:00 実際に〇〇〇〇〇〇ということは重要



それで最初の初心者の彼のクレームという話から始まるのですが

彼は6ヶ月とかで20%以上は利益が出たのに

「利益幅が僕だけ他の塾生さんより少ない」とクレームをしたそうです。



さて、その結果、下山さんと他の塾生さんたちは

何といったか??


是非聞いてみてくださいね~



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【下山×ゆう対談音声2本目!】

【2】
~00:00 スクール生から驚愕の「クレーム」が入りました

~08:00 日本人が守れるルールと守れないルール

~13:00 被災者の命を救った波乗り投資

~26:00 実際に〇〇〇〇〇〇ということは重要



⇒  http://fxgod.net/onsei/shimoyama2.mp3

(スマートフォンでもお聞きいただけます♪)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
      【音声対談1話目はこちら】
【1】
~3:00 投資だけで暮らしている究極の自由人現る!!

~7:30 誰もが稼げる本物の手法をお教えしましょう

~9:50 下山敬三とスクール生の〇〇な関係

~12:10 ロスカットをせずにリスクヘッジをする方法?ありますよ。

~16:00 下山敬三が「株アカデミー」を始めた海よりも深~い理由

~27:14 熱血すぎるトレード教師!松岡修・・・ いや、下山敬三!!

~30:38 切っても切れない〇〇と〇〇の話


音声対談【投資だけで暮らしている究極の自由人現る!!】
⇒  http://fxgod.net/onsei/shimoyama1.mp3
(スマートフォンでもお聞きいただけます♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




また以下は昨日までに配信しました

無料株塾のオンライン講座と、

株マンガになります。

(それぞれ過去の動画やコンテンツはリンク先URLから

クリックしたら簡単に見られる感じにしてます)




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


無料株塾 オンライン講座

【第8話目】を公開!


「1銘柄5分割両建て投資手法」の

「ポジションバランス」について徹底解説編

⇒  http://kabu-ac.com/fos/gaw11oms/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【1】
~3:00 投資だけで暮らしている究極の自由人現る!!

~7:30 誰もが稼げる本物の手法をお教えしましょう

~9:50 下山敬三とスクール生の〇〇な関係

~12:10 ロスカットをせずにリスクヘッジをする方法?ありますよ。

~16:00 下山敬三が「株アカデミー」を始めた海よりも深~い理由

~27:14 熱血すぎるトレード教師!松岡修・・・ いや、下山敬三!!

~30:38 切っても切れない〇〇と〇〇の話


音声対談【投資だけで暮らしている究極の自由人現る!!】
⇒  http://fxgod.net/onsei/shimoyama1.mp3



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

   【無料株マンガ】

■人生を逆転させる株式投資
~プロ相場師 下山敬三の非常識な投資術~

第6話『欲望の果ての一攫千金ゲーム関連銘柄、徹底検証』
http://kabu-ac.com/manga/?page=6#top


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



以上です!



それで今回の音声ですけども、

最初利益が6ヶ月で20%以上出たのにも関わらず


「他の塾生さんは利益がもっと出てるのに

僕だけ利益率が少ない!!」


みたいなクレームを言ってきた彼のことが言われてますね。

懇親会で直接下山さんに言ってきたそうです。


ただ初心者が、素人が、6ヶ月で利益20%出せてるってのは

結構上々ですよね?


ここで他の塾生さんがその若い生徒さんに


「おまえな~投資の素人で、初心者で半年で20%以上利益出すとか

普通はありえないんだ。


俺なんてな、色々負けを経験して、全然稼げなくなって

ようやく利益が出るようになったんだ。そういう世界なんだぞ。


お前はただたまたまこの方法最初に知っただけで

本来6ヶ月で20%以上利益出るってないんだぞ?」


と「総攻撃」をしたそうなんですね。





実はこの彼の話は音声対談以降もいろいろ聞いたのですが

20代の前半なのですが、それで株で勝てるようになったので


本来就職活動するつもりだったそうなんですが

今は就職活動をせずにただ株だけで暮らすようになってる

そうです。



それで彼の場合は土屋さんに見られる

ネオヒルズ族?に影響されたのだろうと思われますが


「30歳までに10億円ほしい!」という人だったのですが


今は堅実に株で利益率もあがりながら

専業で暮らすようになっている、という話を聞きました。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

下山×ゆう対談音声2本目!

スクール生から驚愕の「クレーム」が入りました

⇒  http://fxgod.net/onsei/shimoyama2.mp3
(スマートフォンでもお聞きいただけます♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




それで、今回は下山さんの生徒さんの話が中心になるんですが

下山さんがどういうやり取りを生徒さんとしていて


どういう感じで接しているか、とかが良くわかるので


大変面白いと思います。



それで音声の中盤で3,11の大震災を機に

シェアハウスを営んでいて 外国人が帰国してしまって

経営が成り立たず、もうクビくくろうとしていた

生徒さんの話も出てきてますが、


この方が下山さんのスクールで「挽回」してですね


それで毎月60万円~120万円くらい利益が出るようになった

んですね。


それでその人は

「ルールを守っておいてよかったです、

下山さんにご飯おごりたい」ということで


言ってきたそうです。


んで、下山さんが新宿にいらっしゃったんですが

新宿までその方が来てくれたんですね。



それでそのときその方は

「自分は当時311後に首くくるつもりだった。

けどちゃんと利益が出るようになった、本当に下山さんには

感謝してる」


と言ってくれたそうです。



本当に良いことだったんですが、

すごい良い話なんですが、




がなぜかその方は一緒に行ったレストランの店員さんに

やたら態度が横柄だった・・・(笑)


っていうオチがあるんですが


ただまあそういう塾生さんのエピソード満載で

面白いと思います。



スマートフォンなんかでも聞けるようにしておりますので、

是非楽しく聞いてみてくださいね~



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

下山×ゆう対談音声2本目!

スクール生から驚愕の「クレーム」が入りました

⇒  http://fxgod.net/onsei/shimoyama2.mp3
(スマートフォンでもお聞きいただけます♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆











=============編集後記============


さて、私は今号で音声対談2本目の内容をさらに掘り下げて書きたい・・・


と思っていたのですが


やはり日本人の年金50兆円をアメリカに差し上げるというニュース

ですよね。


これがまあ、ありえないな、とか思って今号で書いております。



ちなみに今日本人は「税金が高すぎて生活が成り立たない」

という人が急増しております。



これは日本のマスコミってのは税金に関して高いというのは

タブーであるから、


だから報道されないのだけど、時々年金の件が報道されるくらいで

それは日本国民の間に認識として広まらないのだけど


私は海外にいて分かったのだけど、日本の税金というのは

おそらく世界一高い。


これはGDPの比率のうち、一般会計と特別会計の純計の

比率を割り出すのだけど、


この純計は240兆円規模という人もいるし

故・石井こうき議員が国政調査権を発動して調べている最中に

右翼に暗殺されたのだけど


彼のそのときの調査結果をまとめた書籍はもうプレミアが

ついております。

んで、私はこれを読んだのだけどどうも純計で260兆円規模ある

わけです。


これは実は「誰も一般会計と特別会計、すなわち日本人が

支払ってる総税額を知らない」というすさまじい大きな問題が

日本にはあるのだけど


どうもこの純計は下手したら300兆円近くになってる

恐れもありますよね。


年金額だって石井さんが生きていたころよりかなりあがってる

わけで保険料もどんどんあがっているわけで


所得税もこのまえ5%あがってるし、

住民税もなんかこれまた上がりだしている。



それでこの日本人が年金で払っている総額だけど

大体1年間で20万円いかないくらいですよね。


私もあなたもこの1年間で20万円近くの年金額

ってのをとられているわけで


んで、これを払わないとどうなるか??というと


「差し押さえ」されます。


マジです、経験者は語ります。


この差し押さえは銀行の通帳記入しているとですね、

「サシオサエ」とカタカナで表記されるんです。


別にその未払いの年金額以上の預金があれば

引き出しも出来るのだけど、


ここで問題は貯金していない層であって

彼らはこの「サシオサエ」がされると


銀行口座の残高が0になって生活できなくなるんです。


ここまでして、強制的に年金だったり保険料を彼ら

公務員たちは 収奪している。


泥棒である、と私は思います。


もちろん、その年金とか保険料がちゃんと適切に使われてるなら

まだ100歩譲って分かるわけですが


私は毎回この税金の使い道を役所に聞きに行くわけです。

ちゃんとその税金が使われていて、

その税金が公務員や官僚の給料だったり福利厚生、

天下りに使われるのではなく


社会保障に使われるなら私も気持ちよく払えるのだけど

この税金の使い道が日本では不明であります。




私の場合税額が年間で8桁超えるので、

やはりそれは私が自分自身で投資で回せばもっと大きな金額になるのに

それを収奪されるわけだから、どう使ってるのか?というのは


気になるじゃないですか。


んで彼らが税金を取る根拠というのは「福祉国家」という考え方が

あって「税金を民衆から収奪して泥棒して、それを

私たち官僚や公務員様たちが社会保障に使ってあげましょう」

であります。


が、実際には彼らはその徴収した税金の使い道を知らない。


私はだから彼らに


「おまえら、これが社会保障で使われてるっていうなら

じゃあいくらの税収があって、いくらの社会保障出費してるのか

明確に教えてくれや、それ示してくれたら俺も納得して払える。


だから税金がどう使われてるか教えてくれ」


と聞くのですよ。


んで彼らは

「え~っと・・本当に申し訳ないのですが

私どもでは税金がどう使われてるか存じ上げておりません・・・


けど払ってください」


とか言うのですよ。

これは毎回こういう感じ。


だから私は

「おまえら、自分の徴収した収奪した税金がどう使われてるか

わからねーのに、「みなさんのご協力」で成り立ってるとか

論理破綻してるだろーが、


「みなさんのご協力」って言葉で同調圧力引き出して

払わせようとする官僚の魂胆はよーく分かるけど、


そもそもこの税金は、


いったいどう使われてるんだ」


なんて言うんだけど、彼らは無言で沈黙する・・・


まあこれいっても仕方ないのは分かってるのだけど

一体どう使われるか分からない「税金」という名前の

収奪金なんだけど、


これがこの前報道されたけどたとえば年金に関しては

50兆円をアメリカに差し上げる、ということだそうです。


だから年金ってのはたぶん50兆円規模で戻ってこないんだろうから

これからもっと年金は減額、受給年齢は引き上げとなるでしょう。




本当にありえない、と思う。それで今若い人は報道されていないだけで

この毎月16000円を超える年金税とかあとは保険税、

後は住民税、が払えないで苦しんでる人がとても多いんです。


これはネットでもそういう人が増えてきてるのを

体感的に感じる。


が、声としてあがってこない。あがってこないように

報道統制がされている。


それでこの50兆円の年金資金のプレゼントに関して

ベンチャー革命Y先生がかかれております。

まず見てみましょう。



========================

タイトル:安倍氏は自己保身にかられるあまり、

日本国民の年金積立金を50兆円規模で

アメリカ様に差し出そうと企んでいる:



トランプは喜ぶどころか、日本が再び、

米国乗っ取りを企んでいると疑心暗鬼になるだろう




1.安倍首相による究極の売国行為:

われら日本国民の虎の子・年金積立金をアメリカ様に献上する?

ふざけるな!




本ブログでは今、安倍氏が自己保身にかられるあまり、

われら日本国民の虎の子・年金積立金をアメリカ様に

嬉々として差し出すという


究極の売国行為を企んでいることについて取り上げています(注1)。



 アメリカ様のポチである安倍氏は、新たな飼い主・トランプを喜ばそうと、

必死です。



ネットでも、安倍氏のあまりのひどさが厳しく批判されています(注2)。



 さて、本ブログは米国戦争屋のウォッチを

メインテーマとしていますが、今の日本は、

米戦争屋に乗っ取られていると観ています。



上記のような安倍氏のひどい売国行為から、

本ブログの見立てが証明されています。



なお、上記、日本を乗っ取ってきた

米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)および

そのロボット・悪徳ペンタゴンまたは


悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は

本ブログNo.816の注記をご覧ください。



ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から

新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。


そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)


およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは

悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は

本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。



2.能天気の安倍氏はトランプの本音の対日観を読めていないようだ



 トランプは筆者と同じく団塊世代の人間ですが、

彼がもつ対日観は日本が米国市場を席巻していた

80年代末から90年代初頭に形成されたと思われます。



 ところが、安倍氏はトランプのもつ本音の対日観が

読めていないようです。


安倍氏は新たな自分の飼い主・トランプを喜ばそうと

必死ですが、幸か不幸か、安倍氏が勝手に、

自分の新しい飼い主と決めつけている


トランプの本音はどうも日本嫌いのようです。



 したがって、安倍氏がわれらの年金積立金を
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
米国に50兆円規模も投資すると提案したら、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安倍氏を含む日本人全体を信用していないトランプは、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

喜ぶどころか、むしろ疑心暗鬼になりそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

場合によっては、激怒して安倍氏の提案を断るかもしれません。



3.80年代末から90年代初頭の日本は米国を乗っ取る勢いがあった

 

ところで、スイスのビジネススクール・IMDが毎年発表する

世界各国の国際競争力ランキングによれば、

日本は80年代末から90年代初頭にかけて、


世界トップでした(注3)。



この当時の日本人はアメリカを追い抜いたと

みんな舞い上がっていました。



 そして、日本のバブル資金が米国に投資され、

米国のビルやゴルフ場などを日本企業が買いあさっていたのです。



この事実をトランプはよく覚えているはずです。



 したがって、安倍氏が再び、50兆円規模の対米投資を

行いたいとトランプに提案したら、

トランプの脳裏には昔の悪夢が蘇るでしょう。



 そしてトランプは被害妄想にかられて、日本が再び、

アメリカの資産を乗っ取ろうと企んでいると解釈しそうです。



 さらに、トランプはトヨタなど在米日本企業に命じて、

米国工場を米国企業に売却して、

アメリカからトットと出て行ってくれと要求しそうです。



 トランプの対日観では、安倍氏率いる日本は

50兆円規模の対米投資と引き換えに、

在米日本企業の存続を要求するはずとみなして、


喜ぶどころか、激怒しそうです。



 米戦争屋の傀儡・安倍氏が自己保身にかられて、

われらの年金を使って50兆円規模も対米投資するという

ゴマすり提案が、日本嫌いのトランプを激怒させて、


トランプが安倍氏の提案を、即、断ることを切に望みます。



========================



以上です!!


だからあなたや私たちが強制収奪されている

年金という税金があります。


これを年金保険「料」というのは国民負担率という考え方があって

ここで「税」という表現を使うと日本人の税金負担率が

世界トップレベルである、とばれてしまうので


そのように世界では統計で取られてしまうから日本では

抜け道として年金保険「料」という表現を使っております。



それでGPIF年金機構というのがあるのだけど

これもなぜ 株式会社形式ではなくて


独立行政法人形式なのか??


というとこれはメルマガで書いているからあなたも

ご存知だと思うけど


独立行政法人形式だと「決算」をしないで良いわけであって


どんなに赤字があろうとも黒字ポジションだけ発表しておけばいい

わけでして、


国民を欺くために独立行政法人という形式がとられているわけですね。



日本の国家全体のあり方として国民に奉仕するなんてのは

教科書上の空論であって、


本当のあり方は「日本国民からいかにだましながら収奪するか」

とうい論理で成り立っているのが良く分かります。



それで最近は税金が上がりすぎていて

生活が出来ないという人が本当に急増しておりまして


消費税もあがりました。


それで、日々の生活がどう変わったかについて、

「苦しくなった」という回答が最も多く、47・6%(469件)。


「とても苦しくなった」(24・7%=244件)と合わせると

72・3%が苦境を訴える状況になってきている。



が、この件についてはマスコミはほとんど報道しないで

警察のプロパガンダに協力するかのように


高齢者自動車事故だったり(実際は事故は現象している。

ただ警察が高齢者講習なんかの利権を作りたい。

また大企業トヨタなんかの安全運転技術を義務化したいんだろう)



あとは狩野英孝の件なんかも条例という憲法違反の

取り締まり方法の問題があるのをスルーして


大きく報道している。


それで重要なのは「国家とは税のことである」わけです。


国家とは税のことである、これがやはり歴史の教訓であって

だから税金のことが一番大事なのに、


この肝心の税金の話を国民にさせない、という非常に

大きな民衆だましの構造があると思います。




それで消費税なんかもこの前あがりましたが


みずほ総合研究所の試算によると、

「年収500万円以上600万円未満」の世帯では、

8%への引き上げで年に約8万8000円、

10%の場合では約14万6000円負担が増えるとされておりまして



これは人によっても違うだろうけど年間で10万円前後

多く私たちは取られるようになってきているわけですね。


消費税だけでも。


それでネット上では以下のような声も出ていて


「普段の生活で6万円以上のものはめったに(というかまったく)

買わないので、住民税引き落としのために

すごくブルーになるんです。払わないですむものでもないので、

せめて何かモチベーションのあがるコツがあったら教えてください。」



「仕事中にタバコを一服すると10cm中5センチ以上は税金。

仕事帰りに缶ビールを飲んだら、これまた半分は税金。

休日や仕事で車やバイクに乗ったら、

ガソリンも半分は税金。


もちろん、その車にも毎年払う自動車税がかかっている。


なめてるの?」


とか、


「1千万の貯金は5年で無くなってしまい

『これじゃ駄目だ』と心を入れ替え、高い服は買わず、

外食も減らし、化粧品もランクを下げ、

自分なりに節約してたつもりでした。


でも足りなくて2~3年前保険の満期で下りた

お金を使ってしまい会社でやってる自動積み立ても

解約して全部なくなってしまいました。」



とかこういう声が多く出ているようです。



それで年金はそれこそ数十年前は1ヶ月1000円にも

ならない額でしたが


いまやこの年金保険税額は毎月17000円に迫ろうとしております。

ただもちろんこの年金を払い続けていて

それがまあそれ以上の額になって戻ってくるならみんな文句ないと

思うのですが


この前年金を減額しまーす、なんて法律も通りまして

年金は「払うのが馬鹿」というレベルになってきていて


特に私たち20代とか30代の世代にとっては払い損するのが

分かってる状況なんですね。


が、それで払わないという対策をみんな取ってるのだけど

これはある程度の年収の人がそれをやると


サシオサエ、される仕組みになっています。


だからこれ「保険料」なんて言い方はおかしくて

どう考えても強制力が働いているから「税金」といわないといけない

のだけど


この年金税に関して年金保険料、という言い方でごまかしている。


ちなみに私は日本の税額とかをマレーシアとか韓国で

会う人たちに英語とか韓国語を通して教えてあげるのだけど


みんな飛び上がって「そんなに高いの?嘘でしょ?」

とか言ってくるんですよ。


ちなみにイギリス人とドイツ人は税金が高めだけど

けど彼らに私たち日本人がとられている税額の説明を色々して


「どっちが税金高いか論争」をするのだけど


まあ日本人は負けませんよね。


あらゆる税金がかかっておりますから、これを説明すると

税金どちらが高い論争では負けないです。


というくらい、日本人の税金は高いのだけど、それは

日本国内にいたら分からないんですよね。



それで「日本人の税金は安いですよ~プロパガンダ」

がされているけども


実際は日本人の税金というのはそれこそ上に書かれている

タバコ税とか、ガソリン税とか「色々」あるわけで


「隠れ税金」が沢山あります。


たとえば東京では最近「タクシー料金値下げ」とかやってましたでしょ?


が、あれも国土交通省が嘘ついてだましてるんだけど

1000円ちょっと超える距離を乗る人が多いけど


そういう距離になるともっと高くなる設定でして、

これを民間経済では「ぼったくり」という。


この「ぼったくり」をタクシー業界で国土交通省が主導して
行っておりまして、


それを新聞がプロパガンダしている。


一体このおかしさ何たるやなんです。



また私はマレーシアとか韓国とかにおりますが、

ここではそもそも日本の首都高速にあたる


高速料金なんてほぼかからない。


たとえば韓国のソウル内には高速道路が走ってるけど

これ無料ですよね。

日本は1300円。


だからこれも隠れ税金です。


これらを総合すると日本人は日々の生活で膨大な税金を

支払っておりまして、


そしてその税金の使い道が「不明」となっております。


一般会計と特別会計の間を繰越する制度があるのですが

ここで特別会計については「見えない」から


ここでマネロンみたいなことを日本政府がやっているんです。


これで国民は「どう税金が使われてるのか全く分からない状態」

にさせられております。



それで安倍首相に関しては交渉力がないですから、

他国の首脳に対しては「お金あげまーす」くらいしか

交渉できない人ですから


今回はトランプに対して50兆円をあげまーす、

という話をしたらしい。


ただ上にベンチャー革命Y先生がかかれていますが

トランプとしてもそれに対して不信感を得るでしょうし


そもそもドル高を望まないトランプとしては

日本政府が50兆円規模で投資とは


ドル転するということでもあるでしょうから

ドル高圧力になるわけであって


それに対しての安倍の魂胆なんかも見破るでしょうから

余計軽蔑されてると思います。



トランプとしては経営者であってビジネスマンであって

このカネというのはまさに血のようなものであるから


そのカネを稼ぐためになんとか交渉をしてきた男であります。

これはトランプの書籍を私は昔読んだのだけど


彼は相当その辺の交渉をしてきた男ですよね。


んで彼からしたら交渉のときに

「お金たくさんあげるからこれからよろしくー」なんて

安倍首相の態度はまあ軽蔑するものであって


「このお坊ちゃん首相はまともな外交交渉もできねーのか」


と腹の中では馬鹿にしていると思います。


ただ「もらえるものはもらいましょう」ということにも

なりかねないわけでして。



ちなみにこの安倍首相が

「トランプさん、日本の年金のお金50兆円あげるよー」なんて

言ってるけども


その年金とか、日本のお金ってのは

「すべて税金」であって


私たち民衆から「福祉国家です~という嘘」で

収奪したものであります。



本来、これは3権分立の国であれば

行政の税の使い方がおかしいわけだから


当然行政訴訟に発展する内容なんだけど

が裁判所も行政のグルでありまして、


こういう行政訴訟ははねられることになっている。


もう3権分立が機能しない国というのは

為政者の好き放題になるという良い例が日本です。



歴史的に

国家というのは民衆からまず最初税金という形で

資産を収奪してきた。


そして収奪できるものがなくなってくると

徴兵制で命を求めてきたのだけど


まさに今の日本国家というのがホッブスの指摘した

怪物としての国家リバイアサン、そのものであります。



ちなみにこれから消費税も8%では飽き足らず

これから15%とか20%まであげたい、ということみたいです。




それで私はマレーシア人たちに感心したことがあって

この前マレーシアにいましたけど、


マレーシア人の誰もが「税金を上げることに対して反対」

していた。


政府の多くのプロパガンダ、たとえばタクシーの

UBERみたいなサービスはよくない、トラブルがある


なんてマスコミが報道するのだけど


20歳くらいのマレーシア人の若者なんかでも


「あれは嘘であってそういう口実で税金とりたいだけだ

俺らタクシードライバーから税金取りたいだけだ。

そしてそれがタクシー利用者の料金に転嫁されるから

タクシー業が衰退する」


ということを言っていた。


マレーシア人たちは「国家とは税のことである」という

本質をよく理解していました。20歳くらいの若者でさえ。



タクシーの運転手の多くが税金引き上げに対して、

そしてその税金は日本よりはかなり安いのだけど

それでも相当怒っていました。



一方日本ではこの税金引き上げに対して声を上げること自体が

「非国民」とかされる状況もあって


実際に私にもそういうメールが来たことあるんだけど

もうお上、役人のすることは絶対です、みたいな価値観があったり

してそれが民衆を苦しめてると思います。



それでこの日本の税金の問題というのは非常に大きな問題でありまして

実は私も当時、弟が元気のないとき、今はもう亡くなっていますが

当時派遣時代の私はその治療費というのを出してあげたい

と思ったことがあったのですが


当時私なんかは健康保険料(税)のサシオサエなんかを受けていた

わけであっていつクビになるかも分からない状態であって


これで皮肉にも健康保険税ってのが30万円とかあったけど

それを払うために弟の治療費を出せなかったということがあったのだけど


それでじゃあ弟はどうなったか、っていうとまともな治療受けられず

亡くなったってのもありました。


健康保険税が払えないから、医者に行けない、

こんな本末転倒なことが今の日本で実際に多く起こってる。


おそらく日本中で報道されないだけでこういう悲劇が

あらゆるところで起こっているわけであって


それを政府もマスコミも「無視」するだけであって

こういう悲しみは日本のいたるところで起こってるはずなんです。


だから税の議論を本当はちゃんとしないといけない。


オランダ人なんかが言ってたのはこれは何度も書くけど

オランダではネットで政府がどう税金を使ってるのか

ネットで見られるらしい。


一方日本では税金の使い道はブラックボックス、中は見えない。

そのくせ「税金を払うのは国民の義務です」という

これはルソーの社会契約説「だけ」を根拠にしているのですが


だから、このルソーの社会契約説は義務教育で子供たちに

刷り込まれるのだけど、


やはりこのおかしさというのもあります。


もし税金を払うのは国民の義務です、ということならば


今の富裕層がやられているように収入のトータル7割とかを

税金でとられるのだけど


それがそれこそ低所得の人にこれから適用されてくだろうけど

それも「国民の義務です」で正当化されることになると思う。


たとえば月収20万円の人ならば今は手取りで15万円とかあって

その手取りの15万円のうちからまた消費税払ったり

ガソリン税払ったり、酒税やタバコ税払ったり、

住民税払ったりするんだと思います。


だから実質の手取りが仮にこれから20万円の所得の人が

6万円くらいになっても


それは「税金を払うのは国民の義務です」で正当化されてしまう。


この「生まれたときからあなたは国家と契約したことになっていて

税金は絶対生まれたときから払う契約なのです~」という


このおかしさ、について議論しなくてはいけなくて

これは副島先生が書かれている主題でもあるのだけど


「私たちはただおぎゃーとおかあちゃんの股から生まれてきただけだ。

そこで国家と契約書を交わしたことなんぞない」


という議論もやはり出てくるんです。


私たち民間人がそれぞれ契約で義務を課す場合

そこでは必ず「契約書」が必要です。


それでそれぞれの任務、義務を確認するのだけど


国家と民衆の関係においてはこの契約書は一切なしで

「あなたは生まれたときから契約したことになってます」と

いわれる。


このおかしさがあって、それを言論しないということをしているから

今の日本の民衆の税で苦しむ人を多く生み出すことになっていると

私は思います。



だからルソーの社会契約論のおかしさを私たちは考えないと

いけない。



それでトランプに関してはこの安倍首相に強烈な不信感を持ってる

のは間違いなくて、それはメルマガで書いてきたとおりなんだけど



トランプとしてはおそらくトヨタなんかの息の根を止める

ということを考えている。


だから安倍首相を本心では見下していると思われるのだけど

特に私が聞くのはトランプは豊田社長が



「メキシコに工場つくる計画に変更はない」ということに

激怒しているといわれます。


だからトランプとしてはトヨタのプリウスリコールして

トヨタたたきつぶす、みたいなことも言ってるといいますね。


安倍首相はそれを聞いて上記

「日本人の年金50兆円あげるから許して」ということで

交渉を持ちかけた可能性があります。


が、そこでは50兆円分のドル買いが起こるならば

それはトランプとして都合の悪いドル高が起こることを意味するから

やはりトランプも考えるところがあるのだと思う。



それでトランプとしてはトヨタだけではなくて

アメリカ市場に進出している日本企業全体を見ているようで


これらの日本の大企業たちがメキシコとかASEANに

工場を移して、低価格製品をつくりあげて、それで

アメリカに逆輸入して売りまくることに抗議しているわけですね。


アメリカで売る製品はアメリカでアメリカ人雇用して

それで製造販売しろ、というのがトランプの主張ですよね。



それで安倍首相が日本人の年金50兆円をアメリカに

差し上げるということを表明している裏としては


トランプは今度の2月10日に

安倍首相と麻生太郎と岸田外相と世耕経済産業省に


おそらくですが「スーパー301条」というのを突きつけるのでしょう。


これはアメリカの包括通商法の条項のひとつなんだけど

ここで不公正な貿易への対処や報復を目的としたものです。


ここで貿易相手国、今回は日本だけどそこの

公正な取引がされているかどうかを協議することを義務付けておりまして


それで問題が解決しない場合はその当該国に制裁するという

条項の強化版です。


トランプはここでスーパー301条などを使って

トヨタと交渉するのでしょうが


ここでトヨタが従わない場合、おそらくトヨタのレクサスや

プリウスなどがありますが、これを輸入しないということで

処分するつもりだといいます。



それでこれは副島先生がかかれてましたが

アメリカとしては貿易赤字がある。


これを解消したいわけですね。


それで貿易赤字国としてトランプが意識するのが

中国と日本です。


が、中国というのは今や大国であって米国債も沢山持ってるから

トランプとしては根強い交渉ということになりますが


日本の場合は首相がそもそも簡単に50兆円あげますから許してください

という人ですから


日本はやはりトランプから狙われてるんでしょう。


ここで日本に対する貿易赤字を減らしたいということです。



それで以前扱った最新副島言論で

以下の文章がありました


=========================
私がずっと今も調べている、アメリカの貿易赤字は、上に載せた、

公式のアメリカ政府の発表の統計数値からも分かる。 


アメリカは、一年間に、7010億ドル(2015年)すなわち、

79兆円の 貿易赤字を抱えている。


この金額は、この20年ぐらい、ずっと増え続けて、

ここ数年は同じぐらいだ。 


そして、このうち対(たい)中国での 

ネットの貿易赤字(輸入と輸出の差額)は、3393億ドルだ。 


これを今の為替の113円でかけると、34兆円である。


アメリカの外国貿易の、赤字の丁度半分を、

中国が生み出している、ということだ。


 年間34兆円を、対(たい)中国で、

赤字としてアメリカ合衆国は抱えている。


この金額(数字)は、単年度(たんねんど)であり、

毎年、毎年、これだけの赤字を、ネット、差し引き、正味の 

実需(じつじゅ)実体(じったい)の赤字として


アメリカは抱えている。膨大な金額だと、と言わざるを得ない。


これだけに、ダダ漏れの、赤字垂れ流しをやっていたら、

出血多量で死んでしまう。


 どうして、誰もこの議論をしないのだ? 

どうして、この金額を誰も書かないのか? 


私、副島隆彦は、どの記事でもみたことがない。

 そんなに中国が嫌いなのか。真実の数字を見たくないのか。


アメリカ人にしてみれば、これほどの中国産品の、大洪水のような、

アメリカへの怒濤(どとう)の流入は、

コワくて正視できないことだ、として、


「触らぬ神に祟(たた)りなし」で、誰も書かない。



 ちなみに、日本の 対(たい)アメリカの、

今(2015年)の黒字(アメリカから見れば、赤字)は、

年に7兆円(623億ドル)である。 


ドイツは、日本よりも多くて、対米で

8兆円の黒字を貿易収支で生み出している。


今、「国境線に壁を作る」で、騒がれているメキシコは、

560億ドルだから、6.3兆ドルだ。 


この問題の秘密は、メキシコ国境沿いに、ものすごい数の工場が、

メキシコ側で、作られて操業していて(日系企業もたくさんある)

そこの経営者たちは、毎日、アメリカ側から、


メキシコに国境線を越えて通っている。


そして、「メキシコ製」になった工業製品を、

アメリカに無関税(関税なし。これがNAFTA、ナフタだ)で

持ち込んでいる。その金額が、正味、差し引きで、6.3兆円なのだ。


このことにアメリカ国民が怒っている。


 だから対中国の 毎年、毎年、単年度(たんねんど)で、

34兆円もの巨額の貿易赤字を出して、

それがたまりに溜まっている。


これが、累積=るいせき=額の貿易赤字だ。

これが10年なら340兆ドルだ。


 この巨額の貿易赤字

(これは経常=けいじょう=赤字、カレント・デフィシット 

current deficits とほぼ同じ)は、累積したものが、


資本収支(しほんしゅうし)と国際収支(こくさいしゅうし)の

形で、ものすごい金額になっている。


 だから、トランプは、習近平と、サシで、

この「この巨額の貿易赤字を、まず、半分に減らす」外交交渉を

せざるを得ないのだ。 


(ゆう:日本も同じです。だから今回の2月10日の交渉になる。

そこで安倍首相はなんとかこのトランプの貿易赤字を減らしたいという

思惑があってそれを許してもらうために日本人の年金50兆円を

差し上げるから、許して、ということでしょう。


が、トランプはその態度にそもそも怒るわけです)



この貿易赤字の額の垂れ流し状態こそは、

アメリカ国の最大の懸案であり、外交交渉の中心だ。


これを、他の議論にすり替えたり、ゴマ化したり、

とぼけたりしても無駄だ。


 中国は、「人民元が、今の倍(元高)になっていい。

今の元安(げんやす)は、中国が望んだものではない。

1ドル=4元 になってもいい。


今の1ドル=6.9元は、中国が作ったものではない」


「中国は、この10年ずっと、アメリカから強要され続けたとおり、

元高に向かって努力してきた。それを何だよ。


何がドル高政策、強いドルがいいだ。馬鹿」と考えている。 


 だから、トランプの真意は、

「もうこれ以上の、ドル高=強いドル はいらない。

アメリカは、実需=貿易を伸ばして、

アメリカ国民を食べさせなければいけない。


もうこれまでのような、腐った、博奕(ばくち)打ちどもの、

金融バクチ、金融取引で、もうけを出す、という考えは、捨てる。


実物経済(タンジブル・エコノミー)、

実体経済(リアル・ウェルス・エコノミー)重視だ」となる。


 だから、これからは日本円との関係でも、

ドル安、円高(えんだか)になってゆくのだ。


1ドル100円 割れになってゆく。どうせこうなる。


だから、中国とのトランプの激しい交渉で、大きくは、

トランプは経営者、ビジネスマン、だから、


「分かった。分かった。中国よ、貿易赤字が半分に減るなら、

それなら、台湾は、渡す。 


それから、西太平洋(ウエスト・パック)の支配権、

管理権も、中国に渡そう」という 、


大きな交渉になるだろう。


第二列島線( 第一列島線=日本列島 の線 は、すでに突破された)

まで、中国の支配下にはいってゆく時代が来たのだ。 


=======================


以上です。


ちなみにこの文章の後、副島先生のサイトが攻撃された

形跡がありましたが


やはりこの大きな貿易赤字の交渉にトランプは入っていて

それをなんとかしてもらおうと安倍首相が


「日本人の年金50兆円差し上げるから、なんとか許してください~」

と媚びる姿勢というのがあります。


が、この構図は説明できないから、日本のマスコミは

この本当のむなしい、日本の国家状況を説明しないとなっております。


それで私も長期でドル円100円割れをシナリオのひとつとして

想定しますが、


トランプとしてはこの安倍の50兆円差し上げますってのは

それ要するにドル買いするってことですからね、


それはやはりふざけるな、となると思います。


だからベンチャー革命Y先生の分析のとおりだと思う。


ちなみにドル円月足、週足、の両者で今週は下落エンゴルフィンバーが

金曜日相場終了時点で確定されております。


ここで日本政府が違法の為替介入でなんとか相場を維持したいと

なるだろうけど、そことトランプ政権との勝負となりますね。


それでここで一番かわいそうなのは

日本の民衆であって、税金もバンバンとられて

それでその税金である年金資金なんかも


安倍首相というお坊ちゃん首相が恣意的に交渉材料として

使っておりまして


彼としては日本民衆の税金なんてどう使っても良いという

態度です。


おそらく2月10日の米日交渉でも

なんとか日本政府は「日本の税金あげるから許してください~」と

やるのでしょう。



ただトランプはそんなの気にしないで彼のアメリカ人たちに

付託された要求をそのまま実行していくんでしょう。



だから今回の安倍首相の「外交」というのがあって

とにかく「お金あげるから許して~」というまさに

お坊ちゃん時代のお金の使い方が継承されてるわけですが


それは日本国民だけならず、

多くの交渉を経てきたトランプから軽蔑されてるんでしょう。



だから日本人の不幸は政府のトップもそして官僚機構も

国の運営をする人たちが全く商売が出来ないというところですよね。


一説には他国の首脳に

安倍首相は「あいつは単なる武器商人」とまで

揶揄されてるといいます。


これが日本人の大きな不幸としてあると思います。


本当に情けない状態に日本はなってきてしまってるのですが

それに対しての声がまだ小さいというのが私が感じるところで


韓国のデモも私は今年の前半にメルマガで写真付きで扱ったけど

やはり国民全体が羊のように大人しいという状態

それが意図的に作られてしまってるのが日本の不幸であって


やはり国家とは税のことであるから、それが適切に使われてるかどうか

民衆が監視できる体制が必要だと思いますよね。



それで重要なのは今回安倍首相が

日本人の年金50兆円差し上げます、と言ってる背景ですが

それはトランプが日本に対する貿易赤字を解消する要求をしてるのですが


それに対して「許してください~」ということでもあるのですが

この安倍首相の政治行動の後ろにはやはり日本の大企業利権を温存する

という思想がある。


だから大企業のために犠牲になっている日本民衆という

構図も見えてくるのだけど、


まさに日本は大企業ファーストであるのだけど

やはり経済を作り上げてるのは中小企業であって


日本の中小企業数(会社数+個人事業者数)は、約432.6万社であって

全企業数に占める割合は99.7%になる。



だから大企業なんてのは0.3%に過ぎず、1%どころか

0.3%です。


そのための政治が行われている状況がありまして、

たとえば中小経営者たちは消費税というのをまた別に

自分の消費とは別にその不透明な計算方法で払ってるわけだけど


それもまたトヨタなんかの大企業の輸出還付税に還元されるように

なっておりまして、


多くの日本のシステムが大企業のために構築されておりまして

実際に日本の路上では中小の飲食店なんてほとんどみなくて 

営業している明るいのは大手コンビニ、大手ファミレス

大手ばかりです。


これは海外に行ってみると分かるけど海外では

中小事業者たちががんばって営業してるけど

この10数年で日本の中小は淘汰されつつある。



だからその後ろには大企業優先主義、大企業ファーストとも

最近表現されますけど


日本の政治の問題として、この99.7%を占める

中小企業の経営者たちの意向を代弁する政治が

一切出ていないというところです。


自民党も民進党もこの辺では一緒で両者とも

ヒラリーを応援していた点で、共通してるけど


中小事業者たちの声を代弁する本来のポピュリズムが

日本で出ていないというのが不幸の原因としてある。


それが今後日本に出てくるかどうか、というのが注目でもあります。



その政治が出てくるまで、日本人は大企業のために

またそこと癒着する官僚機構や自民の世襲政治家のために

税金を収奪されることになると思う。



私は母国日本がこのような状況になってることに本当に

危機感を感じますよね。


なんとも考えさせられます。


それではまた!



ゆう



PS・・・ちなみに私は驚くのが日本に帰ってくるといつも

道路ですさまじい量の工事をしている。


これは東京の人はドライブでもしてみればいい。


大体どこでも工事しまくっていて、

これは他国に見られない現象です。


ちなみに韓国ではここまで工事していないけど

ほとんど工事見ないけどそれでも全然道路は問題ない。


日本の道路だけすぐ駄目になる理由もないと思う。


それだけ安倍首相がゼネコン関係の大企業に土木仕事を

税金で下ろしているということでもあるのです。


だから工務店の社長なんかは「安倍首相は歴代最高の首相だ!」

と最近絶賛している、とこの社長さんたちと親しい友人から聞いた。


そりゃーそうです。社会的価値を全く生み出さない

問題ない道路を掘って埋めるをしてそれで税金から

お金もらえるのだから、それは歴代最高の首相だ、ということになる。


が、そのために増税される民衆の不幸の上に

その工務店の社長たちの利益は作り上げられる。


そして本来この工務店やらの企業たちは仕事がなくて

淘汰されるべきなのに、亡霊のように生き残っていて

市場原理が日本では健全に働かなくなってしまっている。


本当は若い人の新しい企業がこれから誕生していかないと

いけないのに、老人たちの企業が日本を牛耳っていて

経済の新陳代謝をさせていない、という



このおかしさがありますね。


ちなみに下山さんの案件ですがこの税金で苦しくなってきて

生活できない、みたいな生徒さんも多かったのですが


やはり文句言っても、今の日本はそれぞれがばらばらだから

それが大きなうねり、となりづらく、税金はあがっていくだけです。


だからその現実を受け入れて生徒さんたちは

自分で稼いでるのですが、そこで


なんとか稼ぎ方教えて

重税国家でも人々が暮らせるようにしている

下山さんの偉さってのは

あるんです。


私が扱ってるのはそういう意味でもあるのですが

是非対談音声聞いてみてください。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

下山×ゆう対談音声2本目!

⇒  http://fxgod.net/onsei/shimoyama2.mp3
(スマートフォンでもお聞きいただけます♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


本当は自分で稼げない人のための社会保障とかは国家がやるべき

なんだけど、(国家は税金を社会福祉のためという名目で

泥棒してるんだから)


それがされないので民間の起業家によってそれがされてる

って部分があるのかもしれません。


が、官僚たちはこの民間の新しい企業家や投資家を「つぶす」

ということしかしない。


そこで日本には創業者が「おじいちゃん」の企業ばかりです。

若者はそこに隷属することでしか生活を成り立たせられない。


ここもだから考えさせられる部分ではあります。


大企業や官僚の利益が優先されるこの社会のおかしさは

やはり後世のために私たちの世代が考えるべきだと思っていて

特に自営業者が社会の中心であるから私たちが考えていかないと

いけない問題ですね。








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

下山×ゆう対談音声2本目!

スクール生から驚愕の「クレーム」が入りました

⇒  http://fxgod.net/onsei/shimoyama2.mp3
(スマートフォンでもお聞きいただけます♪)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください