無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「俺は第3次世界大戦を見たくない」と安倍首相との会談後に 言ったドゥテルテ大統領のすごさ】

2017 1月 17 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「無料株塾オンライン講座」2話目を公開します!


⇒  http://kabu-ac.com/fos/nuq02oms/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【「俺は第3次世界大戦を見たくない」と安倍首相との会談後に
言ったドゥテルテ大統領のすごさ】
⇒編集後記で!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






さてさて、今度私のメルマガでも長く扱ってきた

トランプさんが大統領就任という感じなんですが


いよいよ20日に向けて世界は大きく動いてきておりますね。


ずばりNATOなどの戦争経済を作ってなんとか生き残ろうという

米戦争屋系勢力
(イスラム国やアメリカの諜報機関CあいAなど含む
安倍も含む)





トランプ・ドゥテルテ・プーチン(背後にキッシンジャー)

習など


の大きな政治のかけひき、が行われていると思われます。


それでフィリピンのドゥテルテ大統領が非常に立派な発言をしたんだけど

それが

「私は第3次世界大戦を見たくない」という強烈な言葉を

語りました。


私はこれ、非常に立派な態度だと思います。


私のメルマガでも第3次世界大戦をたくらむ勢力に言及をしつづけて

2010年あたりからのこの第3次世界大戦のリスクを書いてきましたが


これに公然と言及する国家首脳トップが現れて発言を開始した。

これが重要です。


編集後記で!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

無料株塾オンライン講座第2話目を公開!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



さて、今日はメルマガのほうで扱ってる

「無料株塾オンライン講座」の

動画2本目を公開したいと思います!




今日はこちらの案件の講師さんである昨日も

仮想通貨に関して語っていただいた下山さんより

あなたにメッセージです!



=========================



下山です、



いよいよ今回から私のトレード手法について

お話していきます。



なので、



ぜひノートとペンを用意して動画を見て下さい。



今回は、



「株で勝ち続けるための投資銘柄の選び方」



をお話しています。



私が7年以上勝ち続けてきた50%の要因が

今回の“銘柄選び”にあります。



勝ち続けられる銘柄を選ばないと私でも

安定して利益を出すことはできないのです。

この銘柄を選ぶには実は

4つのシンプルな基準が存在しています。



今回はそのシンプルな基準をお伝えすると同時に

実際にあなたの目の前で具体的にどのように

すれば、その銘柄を見つけることができるのか?



という事も動画内でステップバイステップで

お伝えしています。



1mmの躊躇もなく本当に大切な秘密を

完全に公開しています。



私は私を信頼してくれる方に対してノウハウを

出し惜しみするつもりは一切ありません。



なので、



今回の動画を見るか見ないのか?

という事が恐らく今後、あなたが経済的に自由になり、

将来の年金や消費税、またはリストラや会社が倒産するかも、

などの経済的な不安を一掃する第一歩になると

ハッキリと確信しています。



なので、



今すぐあなたを勝てる個人投資家へと導く

下記の動画をご覧ください。





⇒  http://kabu-ac.com/fos/nuq02oms/



====================



以上です!!



さて、今日から早速ですが

下山さんのやり方で必須になります


「株銘柄の選び方」の話になっておりますね。


こちら動画で分かりやすく解説されていますので

初心者さんでも分かるように解説されていますので


是非見てみてください。






それで今回は動画プレゼントがございまして、


それが


「下山敬三が厳選!この投資法に適した投資銘柄一覧」


というリストです。


こちらは実は下山さんの塾生さんがすごい結果出されているのですが

その塾生さんが使ってる銘柄でもありますので


是非手に入れてくださいね~




⇒  http://kabu-ac.com/fos/nuq02oms/



ちなみに動画のコメントなんかもありますが、

これが以前に一度メルマガで無料案件で扱ったときの

コメントなんですが



私はちょっと笑ってしまったのですが

以下のコメントですね。



「実は以前に下山さんの動画を見たのを思い出しました。
またあやしい  なと思ってそのまますぎてしまいました。

土屋さんの話し方も、その思い込みに拍車をかけました。
(失礼しました。ごめんなさい)


  次の投資ロジックが現実に公開されるというので、
うっそだろう!


  と思いつつ、次を待っております。


  本当に公開されたら、下山さん、世知辛いこの世で、
人生の終盤に来て本当の善人にお会いできるなんて。
考えられません。」



この「土屋さんの話し方も、その思い込みに拍車をかけました。」

というのがまた私がちょっと笑った点なんですが


この土屋さんは結構しゃべりが立つので

色々な動画でそれこそ神崎さんの動画にも出演されていましたが


あの「どぎつい関西弁」でインタビュアーとしてよく出演されてるんですね。


ただ結構私は土屋さんのしゃべり方面白いな~って思っていて

コテコテの関西人、って感じなんですが

エネルギーを感じる部分もあるんですね。



それで今回のこの下山さんの案件ですが

ズボラな下山さんと、コテコテ関西人の土屋さん


という動画の組み合わせなので結構個性が強いものになってるのですが

下山さんがこうすごいまじめで、

土屋さんはあの感じでがつがつしてるのですが


その間のこのバランスがちょうど良い感じでして

塾とかも実は結構良い感じで回ってるんですね。



下山さんのところに来る塾生さんがまあいろいろ面白いエピソードを

持ってるのですが、なんというか学校、みたいな感じで

運営されています。


結構セミナーをしていることが多いので

塾生さんと下山さんのコミュニケショーンも多いので

なんというか塾というよりは学校、みたいになってるんですね。



それで今回は下山さんのやり方とかロジックですね、

この辺はもう順を追って全部公開しますから、


是非その前に「株の銘柄の選び方」を学んでおいてください。




⇒  http://kabu-ac.com/fos/nuq02oms/




それで下山さんのやり方っていうのは動画でも語られておりますが

信用取引を使うんですね。


これはレバレッジというよりは「売り」が出来るというのが

重要でして、

両建てがすごい重要になるんです。


だからメインは両建ての手法になるんですが、

詳しくはまた以降の動画で公開予定でありますが


その際、どんな銘柄でもこの手法が通用するか?というと

違いまして


「条件を満たしている銘柄たちでのみ」この下山さんの

やり方ってのは通用するんですね。


だからこの「銘柄選び」がまず最初重要になります。


それで詳しくはこちらの動画で解説されていまして、

またコメントプレゼント特典として


この下山の推奨銘柄一覧、というのもリストでもらえる

ようになっておりますので


是非こちらのページご覧くださいね~






☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「無料株塾オンライン講座」2話目を公開します!


⇒  http://kabu-ac.com/fos/nuq02oms/

(1話目まだ見ていない方はページ右側から
クリックしたらごらんいただけます)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









============編集後記============


さてさて、1月20日にアメリカのドナルドトランプ氏がいよいよ

大統領に就任する形になりますが

(何も事件がなければ・・・)



それに伴う発言だと思いますが、いよいよフィリピンのドゥテルテ大統領も

本音、を語りだしておりますね。


元から本音でいう人ではありましたが私が立派だな~と思ったのは

つい10数時間前に



「俺は第3次世界大戦をみたくないから、

安倍晋三首相からのミサイル供与の申し出を断ったんだ」


というそういう発言をフィリピンのドゥテルテ大統領は言ったわけです。


この「第3次世界大戦」というワードを首脳として使ったのが

私は非常に偉い、と思いまして


その理由は後述しますが、彼の姿勢は立派だ、と思いました。


これはフィリピン現地の日刊英字紙のフィリピン・スター誌が

報道したのですが


彼がついその発言前まで、安倍首相と首脳会談していたんですね。


それで彼は


「安倍に俺は言ったんだ。俺はミサイルを必要としていないんだ、と。」


ということを発言しました。



そして同時に



「もし第3次世界大戦が始まればそれはこの世の終わりなんだ、

おれは第3次世界大戦を見たくない」


といったのです。はっきりと。


これに今おぼっちゃん首相である

安倍首相側は「やられた~」って感じでしょうが、


もう彼の発言が大きく世界ですっぱ抜かれて結構大きな

ニュースに1月16日時点でなっております。


それでフィリピンのドゥテルテ大統領ってのは

はっきりいって思想としては真逆である安倍首相がいるわけですが


彼とも大統領就任後ある意味「波風立てず」やってきました。


これはトランプも当初そうやってやってきた。就任前だから。


ただこのフィリピンドゥテルテ、アメリカトランプですが

メルマガで書いてきたように「猫かぶってた」わけですが


いよいよ、本領発揮してきたな、という感じですね。



ちなみにフィリピンのドゥテルテと安倍首相は首脳会談を

したのですが、安倍首相としては国民から税金を奪い取って

その税金を世界にばらまいて機嫌取る、という外交しか出来ない方で


駆け引き、交渉が出来ない人である、と世界では見られてますから

やはりドゥテルテにもそこをつかれて、


まずは首脳会談して、そこで機嫌よくなって

「はい、日本が1兆円支援しましょう」となったのですが


安倍とその約束を取り付けてドゥテルテとしては


「よし、1兆円取り付けた。

それで本音を言うと日本からのミサイル要りません」


という感じなわけですね。


この日本の外交能力の弱さはある意味さすがとしか

いえないのですが



この前もプーチンにたかられて安倍首相が資金拠出する

という話になってますが、


なんかこう、金持ちのボンボンがバリバリの喧嘩慣れした不良たちに

ゆすられて金をどんどんもぎ取られる様子を私はなんか

想像するわけです。



それで安倍首相は中国包囲網なんてやっていますからね、

もうそのまま彼が会員の新興宗教の教えとおりの考え方で

政治やってるんですが


じゃあそれを1兆円渡してドゥテルテが踏襲してくれるか?

というと 今回の発言に見られるように


「俺は第3次世界大戦を見たくない」って発言しちゃったわけでして。



んで、このドゥテルテ大統領の発言って何か分かりますかね?


わざわざ安倍首相の首脳会談の後にこの発言をぶつけたのですが

分かりますかね?


要するにこれは日本人へのメッセージでして

「お前らのトップってのは第3次世界大戦望んでるんだぞ。

そいつがトップなんだぞ、おまえら日本人は分かってんのか」


という意味でもあります。


私はドゥテルテのなんか気持ちがこうすごい分かるのですが

おそらく彼はそういう気持ちで発言していて


彼が「第3次世界大戦」という言葉を使うわけだけど

それが安倍首相との会談後だから嫌でも


「第3次世界大戦と安倍首相会談」をマスコミがつなげて

報道せざるをえない状況に持っていってそれで発言して

報道させてるんです。


だからこれが非常にすごいと。


それでドゥテルテとしてはおそらく彼のような大統領の立場の人間が

「第3次世界大戦」という言葉を使えば人々も一発で目が覚めます。


陰謀でもなんでもなく、実際にその恐れはあるのだ、

とみんな理解できる。


それが第3次世界大戦という言葉。


ちなみに私がこの言葉メルマガで使ったのが2010年だけど

そのとき分かったのだけど結構クレーム来るんですね。


ドゥテルテなんかは当然のごとく世界から反発をこれから

その発言を呼ぶだろう、と分かっていてこの発言を間違いなくしている

わけでして、


文字とおり命かけて、政治をしていると思います。


ちなみに私が英語話せるようになったきっかけってのがですね、

私が2000年代にスカイプの英会話をしていたんです。


それで講師の先生方が大体の先生がマニラではなくて

フィリピンのダバオの人たちでして、


この人たちから色々教えてもらっていた。


それで当時のダバオ市の市長がドゥテルテさんでして、

そのフィリピン人たちがみんな口をそろえて言うのが


「ゆう、フィリピンはな、マニラは危ないから行くな。

けど私たちがいるダバオシティーはすごい治安もいいし、

すごしやすいし、お前も気に入るからダバオにこい」


ってよく言ってたんですよね。本当に一人だけじゃなくて

同じ発言をみーんな講師がしていた。


市長が優れてると。私はそのときドゥテルテさんってのは

そこまで今ほど有名じゃなかったから、「アーすごい人いるんだな」

って感じだったのだけど


彼が大統領になった。



だからフィリピンの人たちはこのドゥテルテにはかなりの

信頼をしているんですね。それは私もよく分かるわけです。


それで彼がいわゆる「私刑」をしていてそれは恐ろしい、と

確かに私は最初思ったのだけど


やはり何か「裏」があるだろうと思って調べていたら

どうも彼の殺害リストというのがCあいAのエージェントたちです。


だからですね、これはマスコミは絶対言わないんだけど

彼が麻薬取引のディーラーで私刑しているっていうけど


それはフィリピンにはCあいA系の人らがいて、彼らなんですよ。


ドゥテルテはどうもそのリスト持ってるんです。


だから私刑なんてのは本当にいけないし、それは私は支持はできないけども

ただこうまでもしないと再生できないほど

社会がちょう報員でぐちゃぐちゃにされてしまったフィリピンという国が

あって、


人々も正常な手続きでは近代デモクラシーなんて

フィリピンに根付かせることはできないっていう感覚がおそらく

あるのだと思ってまして、


だからこのドゥテルテの私刑について語るのは非常に難しいところ、

なんですよね。


もっというとアメリカってのは人類史上初めて

近代デモクラシーを導入したのだけど、


それこそ民主主義と自由主義があわさって自由民主主義なんだけど

その両者があわさった体制をはじめて世界で樹立したのは

アメリカであります。


が、その前にネイティブインディアン虐殺しまくってるわけでして、

それをアメリカ人たちは言わないで

アメリカは自由の国だ、といいますが


なんというかフィリピンもきっとそういう荒療治をして

それで近代デモクラシーです、と将来言うようになるのかななんてのは

感じるところです。


だからこれからフィリピンがどうなるのかというのは

おそらく政治研究で非常に重要になってくるところだと

思います。



ちなみに大体の政治システムが骨抜きにされて、機能しなくなる

主原因はやはり諜報機関にありまして、インテリジェンスにあるわけですが


ドゥテルテの場合はそれをよく理解していて

このCあいAの人間たちが暗躍していて、フィリピンの政治システムを

滅茶苦茶にしているという部分を理解していて


彼はCあいAとの対立を鮮明にしている、ということですね。

それでCあいAとつながるのはやはり新興宗教勢力でして


そこが一番強いというか恐ろしいところで本当の殺人部隊を持っていますが

ドゥテルテもトランプも、ここと闘争しているのだ、

という感じで私は見ています。


トランプも諜報機関との対立を鮮明にしております。


私はだからこういう構造を一応理解しているので

新興宗教の教義というのがおそらく政治体制よりもさらに

後ろで政治影響力を持つものとして存在すると考えていまして


だからこの辺をすごい調べたりするのだけど


今の世界ってのはどうも新興宗教の教義、を持って

それが大きな流れを作るひとつの政治アクターとして機能している

ってことに気づくわけですね。


ドゥテルテはそれをよーく理解しているはずでして、

そして安倍首相がその会員ってのもよく分かってるでしょうから


そして彼の所属する宗教 いわゆるむーーにー

だけど、


そこがヒラリーなんかとつながってるわけですよ。


そこで彼らが「大きな「公共事業としての戦争」をしようとしている」

というのも理解していて、


だから安倍首相の政治思想というか宗教思想と私は

あえて言いますが


安倍の宗教思想に対して会談後に今回の

「俺は第3次世界大戦を見たくない」という言葉によって

反対を表明しているわけです。




それで日本の安倍首相というか外務省は頭大丈夫だろうか?

と私は思うのだけど


彼らはフィリピンのドゥテルテ大統領が北京訪問した際に

もうVIP待遇で中国でも超好意的に伝えられていたのですよ。


私は実はこれ、現地中国上海のテレビCCTVで見ていました。


もうこの映像見てたら

「ああ、中国とフィリピンは組むんだな~」ってのが

明確に分かるわけですが


日本側の首相とか官僚たちはこの流れ完全に無視して

安倍首相に「中国包囲網を進めましょう」なんてドゥテルテに

言ってたわけですが



それでドゥテルテもトランプ就任前は笑顔で一応

リップサービスしていましたが


もうそろそろトランプが就任できそうだ、という時期になって

一気に本性を現してきたと。


彼の本音としては、


「安倍首相、あんたは中国包囲網のミサイルくれるなんていうけど

俺はそんなのいらないよ。あんたの思想とか全部俺らは理解しているんだ。

後ろの宗教勢力とかまた諜報機関がいるけど


あんたはそれに沿って動いているのは俺らは知ってる。


そしてあんたが日本で天皇制を変えてしまってクーデターかけて

それで国家社会主義的な国にしたい、というあんたの思想も知っていて


そこで「最悪な公共事業としての第3次世界大戦」を望んでるのも

知ってる。けどおれはそんなのは反対なんだ。


あんたのような生まれたときからのお坊ちゃんと違って

おれは修羅場を生きてきた。なんとか生きてる。


貧しく苦しむフィリピン人たちが今でもいる。

彼らの強烈な思いに信託されて俺は大統領になった。


だから命をかけて政治家をやっている。あんたのような

組織バックにした表向きの首相と俺は覚悟が違うんだよ」


おそらくこんな感じでドゥテルテ大統領は笑いながらも

安倍首相に対して思いを抱いているのでしょう。


だから私は「格が違いすぎるな」と思ってこの報道を見ておりました。


これは普通に考えても分かることでありまして、


生まれたときからお坊ちゃんでたいした苦労もしたことないけど

周りからお坊ちゃん、お坊ちゃん、といわれて育ってきた


父は政治家、祖父は首相の安倍首相でありまして、

それで以前は首相をおなか痛いということで辞めております。


こう大きい組織とかと戦う気概も持ち合わせていない。


一方、貧しいフィリピンという土地で生まれ育って

必死こいて勉強して、おそらく人の死とかも経験してきて

そこでなんとか生き残って這い上がってきて


一国の首相まで這い上がった男。



これが外交交渉したらどっちが勝ちますか?という話でして

これはもう私たち民衆の感覚でも分かる話です。


だから安倍首相が外交で1兆円だけとられて

それでさらにドゥテルテから「ミサイルいらないよ!」と

言われたってのはこれ、もう当然の結果だろうと。


私は日本人ってのはまず識字率も相当高いし、

また頭いい人もいますし、洗脳されやすいというのは

どうしてもあるけども


それでもやはり能力ある人は多いと思ってるんですね。


インフォの業界みてもすごい人ばかり有名じゃなくても

目に付きます。


が、この日本人という1億2000万人の人たちにとって

最大に不幸なのは 

彼らを代表する本当に有能な、力あるリーダーというのが


国のトップに立っていないことでありまして、

それがおそらく日本人の最大の不幸なんだろう、と思います。


ドゥテルテなんかはその辺よく理解しておりますから、

外から見たら日本なんてアメリカの戦争屋、軍産の指導とおりに

動いてるのが丸見えですから、


ドゥテルテとしては「安倍さんよ、あんたも

世界を混乱に陥れてる彼らCあいAと同じ一味だよ。

おれはだからそんな人たちとは協力できないよ」


ということでしょう。


それで私がメルマガに去年からずーっと

書いてきたこととしては


トランプが大統領になったシナリオの場合、


一気に日本の官僚機構、日米安保マフィアに圧力がかかる

という話だったのですが


実はこのフィリピンのドゥテルテ大統領の発言が

その一環です。


これからもっと、こういう動きが出てくるでしょう。


それでドゥテルテ大統領としては



「自国に外国の軍隊がいるなんてどう考えても

独立国家としておかしい。だから俺はフィリピンから

外国の軍隊にはひきあげてもらう」


です。



それでこのドゥテルテ大統領の立派なところというのを

日本のマスコミというのはアメリカに巣食う戦争屋に配慮して

書きませんが


やはり立派なところは「第3次世界大戦」というワードを

使ったというところです。


これは相場でもそうなんだけど、

「みんなが暴落する」とか言うと暴落しません。


「みんなが上がる」とかいうとこれまたあがりません。


前に書いたけど常に常識を覆していく、というのが

どうも歴史の流れとしてあるわけですね。


ということは第3次世界大戦という言葉をそれこそ

その辺の特に政治興味ない人が言い出すようなとき、


それは起こりづらくなるのだろう、と思います。



だからドゥテルテが第3次世界大戦という言葉を使ったのが

大事で、これを機に人々はその言葉を「空気」に配慮せず


「ドゥテルテが言ってたけど第三次世界大戦怖いよね」

といえるようになる。



この「空気」こそ、私たち民衆が壊さないといけないところで

この空気研究というのは私がメルマガでよく書いてることなんだけど


この「空気」というのはなんとなくあるとみんな思ってる。

たとえば 国民の3大義務なんて馬鹿馬鹿しいのだ、


というのは空気に外れてるのだけど


「じゃあ国民の3大義務は本来の自由主義思想からしたら

おかしい。けどその当たり前のことをいえないような

空気を作ってるのは、誰だ?」


って話なんだけど、これこそ為政者です。


日本の場合は官僚機構だったりする。


これは実は韓国も一緒だと私は分かってきていて

韓国人たちは実は日本人と仲良くしたい人が大多数、いる。


本当に大多数。以前に書いたけど今韓国で

少女時代よりも人気あるグループがTWICEというアイドルで


日本でいうAKB48並に人気。


それでこのTWICEトワイスの中で日本人メンバーが3人いる、

んですよ。


この中のサナって子がすさまじい人気であって、

なんと、韓国では一番人気なアイドルグループのある意味センターが

日本人である、と。


大多数が日本と仲良くしたいな、って感じであって

だからニュース見ていても慰安婦像の問題に


「君の名は」が大ヒット!とか、報道されてたりする。


ちなみに、私はこの現象も興味あってずーっと調べていたのだけど

このTWICEトワイスのproducerにあたる人がパク・ジニョンって人です。


韓国のマイケルジャクソンといわれた人で今はプロデゥーサーをしている。

日本の桑田佳祐を尊敬している人です。

それで私がよくいる新村っていう町があるんだけど

(こんど写真のせますね)


この新村で育った人。


こうやって路上ライブよくやってるのです

(写真)新村の写真
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……hon049.JPG

(写真)新村の写真2
⇒  http://fxgod.net/gazou/picture……hon045.JPG




この新村にヨンセ大学っていう大学があって

日本の早稲田に該当するとかよく言われるのだけど


そこ出ている人で、それで彼の場合はアメリカに行って

そこで活動をしてまして、色々な国の人と交わった人です。


それで彼が実は2007年にした発言が韓国で物議をかもし出した。


これがWIKIPEDIAにもあるけど


「韓流を文化的意思疎通として理解せず、

ナショナリズムの枠にはめて『日本中国征伐』『韓国万歳』と

言って生計を立てている人が韓国には多く、


そのせいで周辺の国々では韓流に対する反発が起きている」と

韓国のマスメディアや政界への批判を展開した」


のですね。


だからこの人の思想は音楽業界ではあるけども


「アジア人同士戦わず」であって、実は副島隆彦と同じです。


私ゆうとも同じだから、彼がプロドゥースするTWICEを

私がメルマガで書くのは思想的につながってるんです。



それで日本も同じだけど韓国でもやはり「空気」があって

それが「日本が好きとか言ってはいけない」という空気がある

って私は以前韓国人に聞いた。


要するに親日的というレッテルを貼られると色々損をするので

それをみんな恐れる、そういう「空気」が韓国にもあると。


んでこの空気を作ってる人たちをパクジニョンは分かっていて

それが

「ナショナリズムの枠にはめて『日本中国征伐』『韓国万歳』と

言って生計を立てている人が韓国には多く、」


という言葉になっている。


だから日本ではネットウヨがいるけど韓国にはネチズンがいる。

両者ともやはり「何かに支援されてる」わけであって


はっきり言うと元たどるとドゥテルテが戦ってる対象が

支援してるんだけど、


実はアジアというのはこうやって分断政策がされてるんです。


それでその分断のために作られるのが

「空気」なんです。


韓国でもパク大統領弾劾デモを私は見に行ったけど

複雑な気持ちもあって、このパク大統領の妹さんが

姉の気持ちを代弁していたけど


実は姉もまた、上のパクジニョンと同じ思想なんですね。


アジア人同士戦わず、であってそれは当然で

日韓をつなげて、私ゆうが今韓国にいるのもやはり

お父さんのパクチョンヒってのが日韓国交樹立した人間だから

娘たちもその思想であります。


んで、実はじゃあ日本を征伐!中国を征伐!という人がいるわけだけど


それは日本で言えば「韓国嫌いだ!中国嫌いだ!」という人たちと

同じなんです。


何が同じか?といえば「北朝鮮には言及しない」ところが

共通していると私は分かった。



んで、こことつながる勢力としてやはりムーニーという宗教とか

CあいAとかが出てきてしまうわけでして


だから副島先生がパククネ大統領デモに苦言を呈している

ってのは、これ、私も実は分かるんです。



このデモを誰かが操ってる、と指摘する韓国人たちの

言説も韓国語で私は最近分かるから指摘している人が

結構いるのを知ります。



だから極東アジア工作というのを私は色々自分の

経験から分かってきていて


日本よりも韓国のほうがより複雑だ、と感じるのだけど

やはり最終的には第3次世界大戦に結び付けたい勢力というのが

どうも私たちの極東アジアで暗躍しております。


ドゥテルテとしては「それに気づけ!日本人よ!」ってことで

わざわざ安倍首相の首脳会談の後に

「第3次世界大戦」という言葉を出したと思われます。


そしてこの言葉が大衆に使われればそれこそが

フィリピンだけではなくアジア各国世論によって

強力な抑止になる、と彼は当然わかってるわけでして


だから彼は第3次世界大戦という言葉をあえて

使ったと私は分析しております。


ジョージソロスが言っておりますが


「強気相場は小爆発にときおり見舞われながら続いていく。

そうしているうちに、だれも小爆発を恐れなくなる。

このときこそ、大暴落の条件が整ったときなのである。」


この大暴落を大戦争に置き換えてみると分かるんだけど


誰もが第3次世界大戦を意識しているうちはそれは

起こせないんです。


これは戦争プロパガンダで研究されてるだろう、と私は

見ておりますが、


みんなが油断したときに、大きな戦争や預金封鎖というのは

起こされるものです。



だから第3次世界大戦というワードを人々が使うことが

とても大事であって、それが抑止として世論で働くから

私はドゥテルテのこの考え方を理解できるから


やはり立派だと、思います。


もう少し言うとドゥテルテ大統領は

安倍首相が日本の天皇に対してクーデターを仕掛けてるのも

よく理解しているだろうし、


そこで日本の官僚機構が秋篠宮家のある種の宣伝、

を行ってるのも良く知ってます。


「佳子さまフィーバー」というのも大きくは諜報機関が

作り出したもんだろう、くらい彼は気づく。



要するに、これから操りやすい人を天皇として立てて

フロントとして立てて、それで政治的に

現人神を作る政治スキームですね。


それでこの天皇をフロントとして後ろで権力行使したい

という官僚機構や新興宗教の人らの単細胞な思惑

もドゥテルテは全部理解している。


私ゆうは実はこの辺よく知っていて、

私の友人たちでも自民党の政治家の幹部とかと交流ある人

いるんですけどね、

彼らがよくマスコミのいない席では


「最悪の公共事業しちゃおうかな~景気悪いし」とか


「徴兵制とか今言ったら絶対反発食らうから

またちょっとづつちょっとづつ世論ならしておけば

今子供の世代が大人になるくらいには敷けるでしょ」


とか発言しているのを私は知ってます。


ちなみに最悪の公共事業というのは、戦争のことですね。


ドゥテルテはこの辺も全部お見通しでして、

おそらく安倍首相周りの研究や情報を相当とって

会談でニコニコしたのだと思いますが、


本当は彼の正体も全部分析されてドゥテルテは当然知ってるわけです。


だからそこで最悪の公共事業とはすなわち戦争でありますが

それを目論む彼らの宗教思想を理解しておりますから、


(政治思想ではなく、宗教思想という書き方になる)


ドゥテルテは「俺は第3次世界大戦を見たくない」と発言したんです。


ここまでマスコミはドゥテルテの真意を解説しないでしょうけども

やはりこの辺の見方を知っておく必要はあるかなと。


それで副島先生の用語で

「アジア人同士戦わず」という言葉がありますが、


この標語ほど、強烈なものはなく、大きくはドゥテルテ大統領も

その思想である、ということです。


が、これを「いえない空気」を作るために

ネットでも韓国いいよ~なんていった人を叩く役割の人が

いますでしょ?お金もらってる。


こうやって「空気」というのは「為政者によって作られる」

のだけど


その辺を理解するべきだと思います。


ちなみに空気をその社会に作るために必要な学問が

洗脳学問であって、だから空気を作るために

必ずプロパガンダというのが利用されるんだけど


そこにそろそろ私たちも気づく必要があります。



それで大きくは以前に書いたように日本の官僚機構の既得権益というのが

あるけどここに攻撃が加えられると私は見ていまして、


その一環が今回のドゥテルテの発言である、と考えられます。


まだトランプ大統領就任とはなっていないけど

すでに世界を第3次世界大戦に引き釣りこもうという

NATOの勢力、戦争屋勢力が暗躍しだしているので


やはりここで引き釣りこまれないように、だまされないように

する必要があると思いますね。


マトリックスという映画があって主人公のネオってのは

夢の中で仮想現実のような世界を見せられていて

そこで暮らしていたのだけど


ある日モーフィアスがやってきてその仮想現実を見せる

マシーンをはずすわけです。


そこでネオは目覚めて、自分がただただ

仮想現実につながってる単なる 為政者の栄養分だと知るわけだけど


こうやって覚醒する人が増えることってのがとても大事なんですね。



その一環として「自分で稼ぐ」ってのが覚醒するために

実はすごい重要なんです。


会社にもっとも重要なお金の点で依存して、

国家の制度に依存してたら


そこで自立心は生まれないですから。


だから全部つながってるんですね。


私たちは自分で稼ぐということを通じてそういうことも

気づいていく必要があると思います。


ましてやドゥテルテ大統領が命かけて

ああいう発言してるわけです。


そういう命賭けて発言する人をあざ笑うのは簡単だけど

が、最終的にはあらゆる分野で


その本気の人をあざ笑う人間が負けていき、

本気で考えた人間が勝つ時代に入りつつあると思います。


それではまた!



ゆう





PS・・・このあざ笑う人が負けていく、というのを

私はオランダ人に学んだ。

彼が言ってたのは今でも忘れないけど


今まではIQの時代だったけど次は

EQ(心の知能指数みたいな感じ)の時代になる、

ということです。



あざ笑う時点でEQが不足している、というのが分かっちゃうんだけど

やはりドゥテルテ大統領みたいな男、それこそ私刑を繰り返す男が

「第3次世界大戦を見たくない」と言ってる。


この意味を理解するのが大事なんですね。








☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「無料株塾オンライン講座」2話目を公開します!


⇒  http://kabu-ac.com/fos/nuq02oms/


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


















«  【「俺は第3次世界大戦を見たくない」と安倍首相との会談後に 言ったドゥテルテ大統領のすごさ】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください