無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「トランプ新大統領が日本のトヨタ批判を開始した真意」 について考える!!】

2017 1月 10 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【「トランプ新大統領が日本のトヨタ批判を開始した真意」
について考える!!】
⇒編集後記で

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


2017年1月の新ビジネス系無料案件です!

私ゆうも使わせていただいていて

「きわどいけどちゃんと結果でるシステム」を提供しているのが

このイカツイ池田さんです。


【ある「映画」を見ると 96.9999%で月収が3倍になると話題に…】
⇒  http://launchcenter.jp/r/c0a45……/2/af/3754



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    【1月10日で無料募集終了です!】

 
3ヶ月で1500万円稼いだ自動売買トレード法とは??


※3つめの動画のコメントプレゼントでもらえる

「自動売買を自分で作る方法」というプレゼントがかなり好評です!

⇒  http://yourcheer3.com/lp/9531/204952/
(あと24時間で終了です)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






さてさて、それでトランプ大統領就任まで

あと10日ほどになりましたが


早くも就任前に日本に対してトランプ氏が批判を

展開してきましたね。


これメルマガで書いていた流れのとおりかと思います。


んで、トランプ氏はまず日本の代表企業であり

大企業であり、

政商でもあるトヨタについて批判を繰り広げています。

(この大企業とはいえ、1企業のために政府が為替介入やるのも

当たり前となってますから、やはり政商といえる。)


このトランプの真意とは何か??について考えて生きます。

編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


マスコミで急騰した!と報道された後に

「大暴落」をしたビットコイン


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さてさて、それで本題に入りますが

先週ですがビットコインが大暴落した、

ということでニュースになっていました。



私なんかはビットコインは取引しておりませんが、

正月あたりに1月4日ですね、以下の記事を書いたのですが・・


やはり後付けではなくて事前に書いていた記事なので

重要な考え方だと思いましたので


再度見てみてます。



(1月4日に配信したメルマガより引用)

=======================


ちなみに私見なんですけど


「ビットコイン相場、3年ぶりに1000ドル超え、」

っていうニュースが出ていて世間をにぎわしております。


これをもってビットコインを買う人ってのが

個人投資家で多いんだろうな、と思うのですが


私がいつも思うことなんですがニュースで大々的に報道されだした

時点で、もう仕込み時期は終わるのだ、といつも思います。


実は私のニュースの見方ってのがありまして、

ニュースで「●●円達成!!」とかですね、

こういう報道がよくされたりします。


そうするとそのニュースのプロパガンダ性が高いので

個人投資家が買い上げてくるんですね。


ただそこで利益確定したい大口がいるわけでして・・・


だから私なんかは大衆ニュースは「逆に見る」ってことを

していまして、


ニュースが「●●円達成!」ってやりだしたら利益確定、逃げる。

ニュースが「●●株は倒産寸前!」ってやって投売りされたら

買う。


これ結構確率的には高い方法だな、っていろいろ検証してみても

思います。


世間の逆を行く人にお金が集まるってのはこれ

社会の真実なんだろうな、なんて私は思いますよね。


今年も基本的には 「みんな」の逆を意識していくのが

大事だと思う次第です。


=======================


これを配信したのが1月4日の夜なのですが・・・


それでこの配信したあたりまではやたら世間が

ビットコインでにぎわっていた訳ですが



1月5日あたりになると、

高値圏で乱高下しまして、そして暴落。一時、

10万円割れまで急激に売り込まれて


わずか数時間のうちに30%近くも急落してるんですね。

30%って恐ろしいですが、それこそそれまでは

ビットコインが大上昇したということで遅れて個人投資家たちが

買っていたわけですが、この人たちのほとんどが


「刈り取られた」わけです。


ということで1月4日にメルマガで書いた

「テレビや新聞で大々的に報道されたら逃げろ」

という内容ですね、これがやはり重要なわけです。


私のメルマガちゃんと読んでた人はおそらく

不要な損失をこうむっていないだろう

と思ってます。


んで、やはり重要なのが

「みんなと違うこと」なわけです。



みんなと違うから儲かる、稼げる、自由に生きられる

ということですね。



みんなと同じ、は悪・・ということですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


みんながエントリーするところではエントリーしないのは

大事だし


稼ぐ方法にしてもアプローチにしても

みんなと違うから儲かるわけでして、


報道されだしたら「みんな」が乗っかってくるわけで

重くなるわけですから、それを軽くするために

一度刈り取りの動きが出るってのはもう頻繁にあるので


「大衆と逆を行く」というのがとても大事だと思います。



みんなと逆を行く
⇒  http://yourcheer3.com/lp/9531/204952/





それで日本の場合、いわゆる同調圧力が比較的強い社会なので

これはもちろん他の国も同調圧力はあるといえばあるのですが


日本はその中でも非常に同調圧力が強い社会ですから


みんなが右に行ってる中で自分は自分の考え方で

左や、上や下に行く、ということを出来る人がとても少ないわけですが


だからこそ、少数に富が集まるって構造がありますよね。


それで・・・この同調圧力を使ってるのがテレビや新聞でして

これが実は大口とか証券会社や銀行、全部グルなんです。


これは言っちゃいけないことなんだけど

情報知ってる人は知ってる話でして、


今回日本の経済の大手新聞でも暴落前に

「ビットコイン大上昇」とやっていたんですね。



これは私はそっちの事情に詳しい方に聞いたのですが

ニュース流して、情報弱者に買わせて、それで売り逃げる


という策略を持った大口とかがいて、ここがマスコミなんかと

くっついて上記情報操作するらしいんですね。


んで個人投資家にいっぱい買わせて、

それで刈る。これがされてるのだ、っていうのを

まあ政治関係である種のインテリジェンス持ってる民間の人ってのが

いて、彼らは知ってるんです。


だからテレビやニュースで報道されて100%とは言わないまでも

その後逆の動きをすることが非常に多いんだけど

あれは偶然じゃないんですね。


だから「裏」を読むということ、

世の中には「仕掛けられる側(大手ニュース見る側)」と

「仕掛ける側(大手ニュースの記事を選んで、流して大衆洗脳を

もくろむ側)」


で分かれてますので


こういう視点を持てると不要な損失を回避できる、ってことでも

ありますね。



⇒  http://yourcheer3.com/lp/9531/204952/




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


あえて、ジョージソロスの言葉から学ぶ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


それで、<<:氏名:>>さんはジョージソロスの言葉、知ってますか?



ジョージソロスといえば不正選挙会社に資金提供していたとか

まあ色々噂が絶えない人なんだけど



それこそ米大統領選挙ではジョージソロスがヒラリーサイドに

最初回ってたけど途中で キッシンジャートランプラインに

鞍替えしたから トランプが買ったという話もまことしやかに

囁かれていまして、私はその可能性も考えています。



まあだから策士であるのだけど


また2016年の相場を演出したのはやはりジョージソロスだったろう

と思いますが、


彼の言葉ってやはり悪くても一流のばくち打ちとしてですね、

やはりどうしても勉強になる部分はあるんですね。




彼の言葉なんだけど


「強気相場は小爆発にときどき見舞われながら

続いていく。


そうしているうちに、だれも小爆発を恐れなくなる。


このときこそ大暴落の条件が整ったときなのである」



こういうことを言ってたわけです。



だから私の1月4日の記事ってのもこの考え方がベースに

あるわけなんですけど


誰も爆発を恐れなくなったような相場では

大暴落が来たりするし


逆に多くの人が暴落を気にする相場だと

相場がぐいぐいあがっていったりします。

(私の感覚として

たぶん買いポジションが軽いから、だと思う。

買いポジにつかまってる人が多いと、重くなるんですね。


だから一度振り落とす動きが相場でよく見られる。)


だからジョージソロスの言葉である




「強気相場は小爆発にときどき見舞われながら

続いていく。


そうしているうちに、だれも小爆発を恐れなくなる。


このときこそ大暴落の条件が整ったときなのである」



この言葉は大事でして、ここに儲けの考え方がつまってる

と言えますね。


そしてジョージソロスなんかはこの判断基準で

空売りをして大もうけしてきてるんだということが

分かります。


もしくは誰も買わないようなシーンで買って

儲けてると。



んで、このジョージソロスの判断基準というのが私は

なんとなしに分かるのですが


彼はおそらく「世間の人がどうやって「洗脳」されてるか」

を見てるんだと思います。



テレビや新聞でたとえば「●●円達成!」って大々的に報道されて

それで相場に関心ない人まで買いだすようなシーンってのが

結構あるんですね。


このときの「空気感」はこれ、世間の人がみんな

相場はどんどん上昇していく、と「みんなが期待」しているときです。


これは今回のビットコインの例だけじゃなくて

たとえば昔の日本のバブル崩壊のときもそうだったと思います。



あのときも誰も「バブル」なんて思ってなかったし、

今の日本も、日本がバブルというのはみんな思ってないわけです。


後付けでバブル、と言われたけど

当時はみんなが土地を買ったらどんどんあがっていくと

思っていたといいます。


だからそこで大暴落するんですね。


世間が色々なニュースや報道に囲まれて洗脳完了したらですね

本当にみんながその期待を持つのだけど


そこで暴落条件が整うってことなんです。


ビットコインは私のそういう見方で1月の正月あたりに

条件整ったので、100%じゃないにしても

危ない動きあるかもしれないから


メルマガ冒頭で書いたんですけどね、

確率というのは恐ろしいもので確率に従って

暴落した。



「みんなが浮かれてるとき」

「みんながなんとなしに無根拠に期待しているとき」


そんな時はよく暴落しますので、


「みんなと反対が正義であって

みんなと同じは悪」


なんです。


⇒  http://yourcheer3.com/lp/9531/204952/




もし「なにやっても儲からないです~」なんて人は

これを意識するといいですよね。


自分のビジネスや投資の行動が「みんな」と同じじゃないかな?

とかですよね。



これはビジネスも一緒であって投資もそうだけど

結局「商い」ですよね。


たとえば金融商品化されている投資について

ビジネスと分ける人がいるけどナンセンスであって


基本は一緒なわけです。


ビジネスでは転売というのがあって

本来の市場価値より安く仕入れて高く売るってことを

するわけですが


それでたとえば輸入ビジネスとか輸出ビジネスは儲かりますよね。


たとえば私がいまいる韓国では

日本では価値として5000円くらいでネット上で販売されてるものが

400円で買えたりします。


日本の市場価値が5000円なのを

「みんなが反日うんぬん~」とかだまされてるんだけど

そこであまり入りたがらない韓国という国があるけど



そこ行けば普通にそこでやれば儲かるってのがあるんです。


だから「みんな」と違うってのが大事でして。


それでこれはFXとか株も同じだと思いまして、


FXなんかも英語になってるから分からないけど

あれは「通貨転売」なんですね。



通貨を転売する商い(あきない)がFXです。


株もそうで株券を転売する商い(あきない)が株取引ですよね。


要するに上の韓国の事例で分かると思うのですが


「じゃあなぜその400円で購入して5000円で売れるのか」


なんだけど、


それは「希少価値」があるんですね。


日本というマーケットで希少価値があるから高く売れる

わけです。



だから「希少」な価値があるから、高く売れるわけで

それが「ありふれた価値」であったら高く売れないんですね。



これはビットコインや通貨転売もそうで


「みんな」が買った値段ってのはやはり希少価値は低いわけです。


逆にみんなが買ってない値段ってのはやはり希少価値は高いわけで


後者が儲かるようになっていますよね。


だから「希少」であることが大事である、ということですね。






希少な方法
⇒  http://yourcheer3.com/lp/9531/204952/




それで、たとえば私はメルマガなんかでもそれは意識していて

こうありふれた話書いても私もつまらないし

まあ読者さんもつまらないと思っていて



だからせっかくだからと思って1月1日は

見ていただいた方がかなり多かったと思いますが


朴大統領のデモに行ってみたんですよ。





写真(パククネ大統領のデモでろうそくを売るおじさん)
http://www.fxgod.net/gazou/pic……demo17.JPG

写真(パククネ大統領のデモでヒップホップで退陣を表現する若者)
http://www.fxgod.net/gazou/pic……demo12.JPG


写真(パククネ大統領のデモで それを支持する意味でスマフォを上げる若者たち)
http://www.fxgod.net/gazou/pic……demo16.JPG



このメルマガも結構見てくれた人が多くて、まあすごい

見てくれたんだけど、


なるたけ「希少」でないといけないと。


すべてにおいて。



ちなみに希少ばかり追求してると時々迫害受けるんですけどね(笑)

それはそれでまあ慣れますから


人生は戦いだし、そんなもんだと。


ちなみに株なんかでも私はすごい検証してたんだけど

やっぱしみんなが買わないタイミングで買うと儲かることが

非常に多くてですね、


だからやっぱり「みんな」と距離をとるというのが大事なんです。


だからこれは「空気読まない」ってことでもあるのだけど


それは同時に「誰よりも空気読む」わけですね。


それで「みんなの傾向」をつかんでそれで

あえて意識的に違う方向に舵取るというオペレーションになるから


実は空気を読むというのは逆説的に重要に成るわけです。


「あ~みんなはこういう空気だ。

が、この空気は 自分にとって害しかない空気であるから

あえて、違う方向を行こう」


です。



この辺が分かると結構お金を稼ぐという部分においては

かなりイージーになってくる、ってことですね。



要するに「みんな」がやってることを大きく把握して、


それとは違うアプローチすればいいわけですから。



これを「俯瞰する」って言うわけです。




ちなみに自動売買の1月から紹介してるこれがいいのは


みんな自動売買何十個も組み合わせて運用なんてしてないんです。



だから有効なんですね。



⇒  http://yourcheer3.com/lp/9531/204952/



だから日本語で「天邪鬼あまのじゃく」って言葉があるけど

これがまあ正義といえば正義でして


儲かる思想です。



だから色々稼ぐために多くの人は「マインドセット」とか

やってますよね。


ビジネスの啓蒙セミナーとかでそういうのがよくあるわけで


「こう思考を変えれば稼げます」みたいなやつです。



ただ結果見てみるとその「マインドセット」のセミナー受けた人が

やってることは


「みんなと同じ」だったりするわけですね・・・


だから稼げない。



要するにもっとも重要なのは、市場というのは

需要と供給で成り立っていて、そこで優位性を持たせたいわけだから



「みんなと違う方向に行く」ことだと私は思うのですよ。


マインドセットという英語はなんかおかしいな、と私は思うから



思考の型、と言いますが


思考の型として


「みんなと同じ方向ではなく、

みんなの進む方向を見ながら、あえて違う方向を選択する」



これが大事なんだと思います。


だからみんなと常に逆行くから 


良い言い方だと個性的、

悪い言い方だと協調性がない


となるわけなんだけど



これからの世界は多極的に資本主義ルールを導入していく形に

なりますから、


そこで基盤として自由主義と民主主義をあわせた社会体制を

各国システム化していきますから


となると、みんなと一緒じゃなくても、まあ一応

権利としては自由主義が基盤となって

認められる体制になりまして、


なおかつ、そこで稼げるように世界の大きな動きの中で

そうなるわけです。



ちなみに「みんなと一緒」は平等なんですよ。


一方この平等と一緒に並ぶ概念として自由って概念がある。


けど平等と自由ってのは逆なんですね。


だってみんな一緒の平等が正しいという社会なら


それぞれの違いを認め合って自由ってのは存在できないわけです。



たとえばみんな同じ黒髪でカラーリングしないのは

平等で、同じ色です。


そこでは髪いじくって 髪を紫色にしたい、という

志茂田景樹さんの自由は迫害されるわけです。



たとえば芸能界なんかだとよく聞くのが

「楽屋挨拶は当たり前」というやつです。


これはみんな、芸能人がやってるからおそらくみんな

やらないと失礼だ、となるわけで


芸能人ってのはそのシステムをこう強要されるんだろうけど


中には蛭子能収(えびすよしかず)さんみたいな人がいて


「楽屋挨拶とかうざったいよ~それより

俺は競輪の予想をしたいんだよ」


なんていう人もいるけど、


ここでみんな一緒のシステムに従うと平等は平等なんだけど

そこで誰かの自由は迫害されるんですよね。



これはあらゆる分野でそうで、平等と自由は対立するんです。


ここで世界は平等ではなくて、自由を重んじていく体制に

多極的にこれからなっていくということで


それが自由主義と民主主義が合わさった自由民主主義ってのが

世界的に敷いていかれるって話なんだけど


そこに資本主義が混ざる体制になるわけですから、


そうなると「みんなと一緒」であるのが有効という

社会体制ではなくなるわけです。


その人の個性は一定程度許容される社会に変わっていくと

いえまして、


となるとそこで「みんなと違った方向」いっても

その人の責任なんだけど


そこでその個人は希少価値を作り出せるわけですから

お金は希少価値に集まりますから


そうなるとその個人に富が集中する社会構造に変わるんです。


間違いなく。



だから「みんなと一緒は悪」ってのは時代の流れ的に

そうなるんです。



上のジョージソロスなんかはその辺理解していて


それを相場に当てはめて


「強気相場は小爆発にときどき見舞われながら

続いていく。


そうしているうちに、だれも小爆発を恐れなくなる。


このときこそ大暴落の条件が整ったときなのである」



っていう言葉を発してるものと思われます。



ジョージソロスなんてのはばくち打ちの世界混乱させてきた

悪ーい人といえば悪い人なんだけど


ただやはり一線でやってるから、その洞察力は

すごいものがあるというのは認めないといけない点でして。



だからビットコインの件でも分かると思いますが


「みんなと一緒は悪、みんなと違うのは正義」というのは


これは多くの分野で結果を出すのが希少価値を極めた人だから

すごい大事な考え方ですね。




ということなので今年2017年は

自分が「みんな」と同じになっていないか、

常に確認をする必要があって


人間ってのは生きてる限り同調圧力にさらされますから

その中で自分の価値観や行動がそれに呑まれていないか?


を厳しく自己チェックする必要があります。



儲かる人はやっぱり周りと違うことしてるし

儲からない人は周りと同じことをやってるものですね~



それで明日この自動売買を複数運用する方法の案件は

終了予定ですが、


それこそ「みんな」がやっていない

「自動売買を作る方法」なんかも無料で3本目の動画の

プレゼントで配布されるということなので


是非ご覧くださいね~




⇒  http://yourcheer3.com/lp/9531/204952/







===========編集後記==============


さてさて、この前トランプが日本のトヨタに対して

批判を開始しました。


私はメルマガでトランプになったのだから、もう

戦争屋バックにしている日本の官僚機構なんかは

揺さぶられていくのだ、という話を書いていましたが


このトランプのトヨタ批判というのはある意味「ジャブ」だと

思います。


就任後からトランプの日本というか日本に巣食う既得勢力への

批判がさらに増していく可能性がありますから

注目ですね。


それで・・・この背景には何があるのか?どういう外交の感情や

政治力学が

あるのか?を今日は考えます。


それで、まずはベンチャー革命Y先生がこの件について

分析されてますからまずは見てみましょう


======================

タイトル:トランプのトヨタ・バッシング始まる:

在米日本企業が撤退するチャンス到来、


トヨタが米国でぼろもうけしても

日本国民が貧乏化するのはなぜか、みんなよく考えるべき!



1.メキシコに工場をつくっている

トヨタへのトランプの批判は根が深いとみなすべき



 次期米大統領トランプは大統領就任式をこの1月20日に控えて、

ツィッターでの発言が増えています。



そしてその矛先が遂に、日本企業にも及びました。


早速、槍玉に挙がったのは、

米国にて日本を代表する企業・トヨタでした。


トヨタは今、メキシコに工場をつくっていますが、

トランプはトヨタに高い関税を掛けると脅し始めています。


これに対して、トヨタは米国の工場を閉鎖して

メキシコに工場を新設しているわけではないと

反論しています。



 このトヨタの反応は、トランプが米国の雇用減少を

問題にしているとトヨタが誤認している証拠ですが、

本ブログの見方では、


このトランプのトヨタ・バッシングは

もっと根が深いと観ています。


 トランプのトヨタ批判の背後には、

米国市場でおカネを稼いでいる在米日本企業の行動を

苦々しく思っている米国人の対日観が潜んでいると

本ブログでは観ています。


トランプを支持した米国人にとって、内心、

もっとも苦々しいのは、やはり、米国でやたら目につく

日本ブランド車でしょう。



米国に於ける車市場は巨大であり、

全米の至る所で日本車が走っていますから、

一般米国人には目障りなのでしょう。


おそらく、トランプ自身も同じ対日感情を

抱いていると思われます。



 したがって、トヨタを筆頭に、在米日本企業(成功企業)は

トランプ政権下で、今後、

次々に槍玉に挙げられる可能性が大です。



 もし、在米日本企業が対応を誤ると、

ほんとうに米国市場から追い出されてもおかしくないのです。



2.トヨタは米国でこれまでも様々な嫌がらせを受けている

 トヨタは米国市場で大儲けして、近年、

GMやフォードを抜いて販売台数で世界トップになっています(注1)。



 さて本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチを

メインテーマとしていますが、


彼らはゴールドマンサックスなど欧米銀行屋とともに

米国寡頭勢力を構成していると本ブログでは観ています。


なお、上記、日本を乗っ取ってきた

米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)

およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは

悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は


本ブログNo.816の注記をご覧ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_……64976.html


ちなみに、上記、米戦争屋は今、

旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると

本ブログでは観ています。



そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)

およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは

悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は

本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_……64976.html



 上記、米国寡頭勢力は、トヨタがGMやフォードを凌いで、

世界最大の自動車メーカーになっていることを内心、

不愉快に思っているのです。


彼らは常に、自分たちが世界トップでないと

気が済まない習性を持っています。


もし、何らかの外国勢力(日本勢も含む)が

米国寡頭勢力を凌駕したら、必ず、叩いてくるのです。


 この結果、トヨタは90年代末、

米司法省から2兆円訴訟を起こされています(注2)。


この訴訟はまさに、トヨタに対して

因縁をつけたものです。


また、トヨタの高級車ブランド・レクサスも、

トヨタ・ブランドとは別立てにしていますが、これは、

米国寡頭勢力からの要求でしょう。


トヨタは彼らに逆らうと、トヨタの米国資産をすべて、

差し押さえられてしまうのです。



3.日本企業の代表・トヨタは他人の庭でカネを稼ぐ

厚かましい企業とみられている



 80年代、日米貿易摩擦が激しかったころ、

日本の自動車は米国で大売れしていたのに、

米国車は日本でまったく売れませんでした。



そのため、当時の日本は米国寡頭勢力からの怒りを

買っていました。


せめて、トヨタの日本のディーラーに

米国車を売らせればよかったのですが、トヨタを筆頭に、

日本の自動車メーカーには、そのような発想がなく、


米国車が日本で売れないのは、

対日マーケティング努力が足りないからと

日本サイドはみていたのです。


そして、日本車が米国でよく売れるのは、日本メーカーの

対米マーケティング努力によるものと日本サイドは

考えていたのです。


しかしながら、日本にだけは負けたくない

米国サイドはいつか仕返ししてやると、

そのチャンスを窺ってきたのです。


 にもかかわらず、トヨタを筆頭に、在米日本企業の経営者には、

在米日本企業の米国での成功を苦々しく思っている

米国サイドに対する配慮がなかったのではないでしょうか。


 それでも、これまでは米国でも、グローバリズム信仰があって、

トヨタを含む在米日本企業に対して、

ハラにイチモツがあっても、抑えていたのです。


ところが、トランプ圧勝を受けて、

米国人の対日感情が一挙に噴出してきたということです。


 筆者は個人的に、在米日本企業は基本的に、

可能な限り三菱自動車のように、撤退すべきと思います。

なぜなら、米国寡頭勢力は、在米日本企業を人質にして、


すでに、われらの国富・最大950兆円規模を

合法的に奪取しているからです(注3)。


 簡単に言えば、トヨタなど、一部の成功している
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
在米日本企業を米国でもうけさせるため、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
われらの国富・最大950兆円規模が、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米国に事実上奪われているということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(ゆう:日本ではこの本質的な問題が論じられません。

それは米国債についての言論がタブー視されてるからですね。

が、そろそろ、トランプになったんだからこの辺の米国債を日本政府が

売却できないでバンバン買わされてるという

事実と向き合うべきかと思います。


日本人ほど比率的に税金を払ってる民族はどうも世界でいない。

というのを考えると必死に税金を払ってる日本という国が

何ゆえにここまで財政赤字が巨大化するのか、という素朴な疑問を

考えないといけませんね。)



 その結果、トヨタなど在米日本企業が米国でぼろもうけしても、

日本国民は貧乏化する一方なのです。


 その意味で、今回のトランプによるトヨタ・バッシングは、

在米日本企業が米国から撤退するチャンスなのです、


その代り、日本は保有する

米国債・最大950兆円規模を少しづつ売ればよいのです。



========================

以上です!!


ちなみにトランプとしても今回の発言で上記Y先生のような

言論が日本で出てくるのをおそらく期待している部分はあるだろうな

と思います。


というのはトランプ氏が大統領になる前の発言で私のメルマガで

書きましたが


彼は


「米国の景気が悪化すれば、債務の再交渉もありうる」


と、発言しています。


この債務の再交渉というのは債券市場では

「デフォルト」と同義です。


これは債権交渉したことある人は分かるだろうけど

相手に貸した金が返ってこない。相手の支払い能力問題あり。

じゃあそうなったら

「何%は返せますか?私はある程度の損は呑むから

あなたも必死こいて約束した分を返しなさい」という

交渉になるわけでして


この債務の再交渉が生じるのは要するにデフォルトと同義です。


だから簡単に言うとトランプは「米国の景気が悪くなったら

米国債やニューヨーク市債などもう数千兆円の借金が

アメリカにはあるけども、それはデフォルトするかもしれない」


という発言をしてるんです。


これに私は驚きましたから去年の5月くらいに記事にしたんだけど

ただ不思議と日本のマスコミは彼の発言を完全スルー決め込みました。


ちなみにトランプが大統領選挙に勝利して、

そこでサウジアラビアとか中国が米国債売却したのだけど


それは売却しますよね、だって、債務の再交渉する

って言ってる人が大統領になるんですから。


だから米国債の価格が暴落して金利が上がるってのはある意味

自然なんだけど、そこで米日金利差は開くから

日本の銀行とかが米国債買いますからね、そうすると

円安になるもんですが、


この辺の説明も日本ではぜんぜんないのが不思議では

ありました。


それでトランプとしてはやはり「じゃあ日本も

米国債売るぞいいのか」と来てほしいのかもしれません。


彼の閣僚人事について数日前に流しましたが

そこでティーパーティー系の人を結構入れてるんですね。



「ティーパーティー」という歴史用語を現代政治に

蘇らせたのはロン・ポール下院議員と言われますが


このロン・ポールは私は尊敬する人なんですけど

簡単に言うと


一度米国債はデフォルトさせてしまって


それでFRBなんかの民間銀行が実態はほとんどない

米ドルをジャブジャブに刷るのはおかしいから

それもなんとかしろ。


それで最初は大変でもそこから立て直せ、

ってことを言ってる人ですね。


んでこのティーパーティー、茶会党といいますが

この思想を次いでる人をトランプは閣僚人事に

結構組み込んでますから、やはりトランプはぶれてないですよ。


だからトランプの本音はやはり債務の再交渉、というところを

してそれで米国経済を立て直したいというのがやはり

あるのだと思いますが


それは債権者の中国との交渉になります。

(日本は属国ですから戦勝国の中国との交渉でしょう)



それでこのような米国債売却してしまえ、という動き

出れば債務の再交渉をしていたトランプからしたら


待ってました、という動きでもあるから、

それを煽りたいという部分はあるのかもしれません。



もう少し言いますとトランプがこのように日本の大企業トヨタ批判を

繰り広げることで日本でも

「アメリカの言いなりでいいのか」という言論を

増やせるわけでありまして、


そうなるとですね、困るのは誰か?というと対米従属で

権力を温存していた官僚機構になるんですね。


日本の官僚機構の権力の源泉はやはり在日米軍とかにあるわけですから

それがあるから日本の官僚機構は米国側が

「もうお金ないし出て行ってもいいんだけど」と

この数年なっていたけど、日本の官僚機構自体がそれを


とめていた構図がどうもあったんです。


これは鳩山元首相の数ヶ月前のセミナーで聞きました。

あの辺野古移設の件で小沢鳩山がつぶされたのは

米国というよりは その米国の権力のかさをきて国内権力維持をしたい


官僚機構の思惑が強かったと、鳩山元首相が色々

資料を見せてくれて説明してくれました。


ただ鳩山元首相もその資料は極秘だったらしくて

公開できるようになったのがようやく2015年後半からだった

そうで、ようやく日本人の一部がそういう資料を

セミナーで鳩山元首相に見せてもらえるということになってる

わけですね。


それでこのトランプの日本批判を出来ればトランプは

大々的に報道させたくて、

それで従米ではなく反米とまではいかなくても


日本で独立言論を登場させるのを狙ってる節もあります。


こういう言論が出てくるとですね、対米従属して

権力温存している官僚機構とか在日米軍利権に巣食う

戦争屋にとってはとても大きなダメージですから


やはりトランプは頭いいんですよ。おそらくキッシンジャーなんかも

アドバイスしてる。


それでこれはトランプとキッシンジャーが安倍首相に対してですね、

非常にリスキーな首相だ、と考えているというところも

影響しておりまして、


まあやはり今の世界の「反エスタブリッシュメント」と言いますでしょ。


あれは私は色々調べてみるけど結局

反官僚機構だったり、反 戦争遂行の宗教勢力っていう

流れだと思うんです。

やはりとーいつとか、海外だとムーニーって言うけど

やはりそれらの勢力への攻撃という視点だとすんなり

世界の流れが分かります。


だから結局インテリジェンスという学問があって

これは諜報機関とかそういう意味なんだけど


この今までの政治影響力を持ちすぎた諜報機関の

姿、ってのがあるんです。


ここが多くの新興宗教勢力と結びついて政治行ってきた

ってことでして、


だから「政教分離」って言いますでしょ。


政治と宗教は分離してないといけない。


これが出来てないから今の世界は苦しむ人が多いんだ

という話にもなるんだけど


この新興宗教勢力では政教分離は悪魔の所業と

教えられるのだそう。


まあただ政教分離していないのがやっぱし問題なんです。

だからフィリピンのドゥテルテ大統領がCIA敵視しまくって

トランプも諜報機関のCIA敵視して今暗闘状態なんだけど


やはり諜報機関っていうところを理解しないと

今の政治の状況って分からなくなっているんですね。


ちなみにWIKIPEDIAってのはとても便利なんですけど

あれはその諜報機関ってのがすごい大量の情報を集積してきた

んだけど、その一部で公開可能なものは公開してしまおう


ということでやってるのがWIKIなんだけど、

まあ一応民間人がやってることになってて

わざとらしく寄付をつのってるんだけど、


実際は英語の諜報機関の情報ってのをですね、

日本の電●とか共同●信が翻訳しているんだ、って話も

聞きますけどね、


あのWIKIってのが検索したら大体上に表示されるってのも

全部ネットプロパガンダとして考えられてるわけで

それはそれですごいわけです。



個人があんなWIKIみたいな情報を常に無報酬で

出来るわけないってのはブログ更新とかした人は分かりますでしょ。


あんなの無報酬で個人じゃできないんです。

ブロガーならよく分かると思います。


ただ私が恐ろしいのは日本人の多くがWIKIは本当に

寄付で民間人がやってるんだ、って信じ込んでるところですよ。


世間様を知ってればそんなのありえない、一体あそこまで

無料で書いてくれる外注さんなんているのか、っていうことを

私たち自営業者は分かるんだけど、


それでも寄付でWIKIは運営されてます~っていうのを

多くの人が信じ込んでしまうところがですね、

ある意味考えさせられることなんです。


素直といえば素直なのかもしれないけど。


だから検索エンジンもWIKI上に出すけどあれもグルって

やつでして、だからそれをトランプが批判した、ってのも

去年大統領選挙前に書きました。


だから洗脳工作としてのネットという部分で

諜報機関とかが世論誘導で暗躍しているんだけど


それもこう見破れる人が増えてくる必要があります。


んで、やはりトランプ新大統領とかから安倍首相ってのは

やはり馬鹿にされてるんだと思います。


一人で6兆円とかのお金稼いで来たトランプ氏であって

暗殺未遂も何度もあったでしょうがそれでも

なんとか生きて大統領になってるわけでして


これまたプーチンというのもそうでKGB時代から

何度も暗殺危機があってそれで大統領やってる。


フィリピンのドゥテルテ大統領もそうで

もう死ぬか死なないかの攻防で生きてきて大統領になってる

わけでして、



じゃあここで岸さんのお孫さんのおぼっちゃまの

安倍首相が相手にされるか?といえば相手にされないです。

やはり人が見られていると思う。


それで私は安倍首相ははめられたんだろうな、と

見ていまして、


とうのがまず安倍首相は大統領選挙前に

ヒラリークリントンが勝つってその宗教関係の情報で

言われてヒラリーに2016年9月19日に

会いに行ってます。



ここでまだ大統領選挙最中だからトランプにも

会っておけばよかったんだけど安倍首相は

「ヒラリーに賭けた」わけですよね。


んでヒラリー負けた。


ここで安倍首相はもう恥も外聞もなく、


「ヒラリーさんを応援してたけどトランプさんが勝ったので

トランプさんに会いたい」


ということでもうこれはどうしようもないと

世界では判断されるでしょうが、それでもトランプは会ってあげた

わけですね。


これが11月17日の話。


これはトランプの内心としては

「この安倍ってやつは選挙前にヒラリー応援していたくせに

俺が大統領になるとなったらノコノコやってくるのか」

ということだけどそれでも笑顔で対応するのが


トランプがビジネスマンであるというところでして。


ただ、トランプってのは今もだけどまだ大統領ではないわけです。

1月20日就任。それまではオバマ大統領なわけでして


オバマからしたら

「お前俺が一応敵対していたトランプに会いにいくとは何事だ」

って話になるわけです。


(ちなみに「一応敵対していた」ってのが大事なんだけど

これが政治の面白いところで後で説明します)


それでオバマとしては一応表向きプーチンとトランプと

敵対しているということにしていますからね、


しかしそれでまた2016年12月15日に安倍が

プーチンと会談したわけですね。


それでオバマは安倍首相がトランプ大統領と会った

11月17日以降に「失礼ではないか」と物言いをつけてきた

なんて話もあるんですけど


さらにその後に安倍がプーチンと会談したわけです。

といってもここでは何も成果はありませんで


プーチンとしては安倍がお金の配分ちゃんとやるかどうか

だけしか見ていませんから、北方領土交渉は安倍首相ではなく

トランプとならしますでしょうけど


安倍首相とはしませんからね、だから日本でも

安倍首相は大丈夫なのか、という声が増えてきましたよね。


んでオバマ大統領はその後安倍首相を

「ハワイに来ないか?」と言ったわけでして


それでここの狙いに安倍首相が気づいていればよかったのに

そこでも「はい行きます」ということで

これまたノコノコ出ていったわけでして


それが2016年の12月27日でした。


ここでもう安倍首相の背後の右翼勢力へのあてつけのように

真珠湾のアリゾナ記念館で安倍首相に慰霊させたんですね。


ここで安倍首相はオバマとトランプが背後で敵対関係のように

装ってつながってる、ってことを読めなかったんだろうな

と思います。


これはオバマのやり方がすごく面白くて詳しくは田中宇先生が

分析してるんだけど


たとえばオバマが応援した候補ってみんな落選する傾向が

高くなるんですね。


オバマもそれを知ってるんだけど

そこであえてヒラリーを大統領選前に支持したわけです。


政治を単純に、見ようとする人はここで

オバマがヒラリーサイドについた、けしからん、と

思うだろうけど


オバマはなんだかんだ言って中東で戦争屋が暗躍させるのを

自爆的に振舞って失敗させておりますから


やはりヒラリーサイドについてるのも

どうもオバマの思惑があるように私には見えます。


それで、どうも一部情報だと やはりな・・・

というのがあって


この安倍首相とオバマがハワイで12月26日に会った

わけですが、


そこで安倍首相に対して

「どうしてトランプに会ったのか?」と問い詰めたと言いまして

また「なぜプーチンを東京に招いて勝手に日露交渉を進めようなどと

したのか?」と相当な剣幕だったという情報があるんですね。


マスコミでは報道されていないけど。


安倍首相に同行した記者団の人たちもこれにはちょっと

驚いたみたいで、


オバマ大統領の発言を通訳した内容について記者団が

ブリーフィングを受けたらしいけど


そこで相当口汚く怒鳴られたというのが実際のところらしくて

これ、オバマ大統領の発言を記事にはできないよ、

ということだったそうです。


この情報知ってるとですね、ハワイでのオバマと安倍の

握手写真のオバマの「にやっ」としたあのつくり笑顔がですね、

なんとも「大人の笑顔」なんですね。


それがあの写真の面白いところでして。

安倍首相は満面の笑みで体乗り出してるんですけどね、

オバマは体乗り出さず安倍のほうに体重かけずに

握手して 作り笑顔しているのがこう面白い写真なんです。


実際はオバマ大統領は表向き、相当ぶちきれてたと。


ただここで面白いのがですね、どうもそのあとに

トランプ次期大統領が安倍首相に電話をかけてきたと。


それで「安倍首相、なぜオバマとハワイで会ったのか?

オバマと俺が敵対しているのは知ってるだろう??

おれは君を信頼するのが難しい」

という内容をどうも電話で発言したという話があって


これは本当だろうと思うのですが


オバマが敢えて安倍首相と会ってそれをトランプに知らせて

トランプに怒らせるというのがですね、


どうもトランプとオバマが敵対関係だけど後ろで

つながってるんではないか、という田中宇先生の分析に

沿うんですね。


だからオバマが「安倍と笑顔で11月17日会談した

トランプ大統領が怒るきっかけを与えてる」というのが

とても大事なんです。



んで、この流れがあってトランプのトヨタ批判発言がある

と言う風に私は見ています。



だからこういうの見ると日本の外務省官僚のシナリオの読めなさ

というのが露呈していて、

そこで安倍首相を止めることが出来ていないという無能さが

際立ってるんですが


これは暗記教育の東大の教育にも問題があるでしょうが

まあなんというか、米国のラインは非常に用意周到なシナリオを

立てて政治の流れを作るのに、


日本のほうは行き当たりばったりでひどいな、というのは

私が感じたところです。



それでこの流れを汲んでトランプが日本批判をしやすくなってる

わけですが


ここで日本の代表企業トヨタの批判に乗り出してきたと。


これには安倍を訪米させて、なんとか日本の官僚機構と

またそことくっつく大企業への攻撃をさせたくなかった

官僚機構としては「やられた」という感じでしょう。


それでトヨタ批判が出てきているということですね。


だからこれからトランプはこういう外交戦術を展開する

策士ですから、だからおそらく時価総額とかで

6兆円も資産持ってるとも噂されますが


やはりすごい人なんです。


トランプに関して外交の素人だ、とかいってる人がいるけど

その外交の素人があそこまでの選挙戦を

展開して勝利できるはずはなく、


やはりトランプを馬鹿にする人ってのは

やっぱり雇われてる記者さんだったりするけど

やはり格が違うんだと、私は見ています。


交渉技術がずば抜けて高くないとマフィアなんかも絡む

不動産なんかの部分であそこまで大成は出来ないです。


だからもうトランプってのはやはりちゃんと実力を評価する必要が

あって、それを私は去年からずっと書いてるんだけど


たとえばトランプとしては「アメリカファースト」ってのがありますでしょ。

外国に軍隊出さない。


それで反戦争屋です。そして戦争屋としての利権は中東、

および私たち日本の極東アジアであります。

世界に火薬庫は2つしかなくて中東と極東アジアです。


それで極東アジアの戦争屋の利権として在日米軍

在韓米軍があるんだけど


そこにそれぞれの国の官僚たちが利権を作り上げてるわけですね。


ここを攻撃していく「流れ」ってのをもう首相との

会談の部分からトランプは11月から作り上げてるわけでして


トヨタ批判まで展開できるように土壌を固める外交を出来てる

わけでして、これは外交素人ではできませんから、


おそらくこの部分でアドバイスしているのがキッシンジャーと

彼の隠し子と言われる

トランプ側近のポール アルフレッドマナフォートさん

でしょう、おそらく。



それでキッシンジャー人事というかトランプ人事を見ると

やはり思想としても茶会党の思想持ってる人事をねじ込んでますので


たとえば大統領首席補佐官のラインス・ブリーパスは

茶会党のティーパーティー運動の支持者です。


だからトランプを大統領に押し上げたキッシンジャー博士は

やはり頭がよくて、思想単位で閣僚人事を作り上げてるというのが

分かります。


ここでトランプをJFKの時のように

戦争屋勢力に暗殺させない、ということだけ

気をつける点になります。



だからこのトランプのトヨタ批判ってのはツイッターでの

トランプの思いつき発言ではありませんで

かなり綿密にシナリオ構築して発言した内容である


と言えます。


思いつきで言ってるなんて分析する人がいるけど

私からしたらこれは トランプが日本に巣食う軍産勢力

批判につなげるための「過程」として必然的に


シナリオ構築して計算されて

出てきている発言だ、と思いますね。



だから米日の外交能力の圧倒的差ってのが

この辺で出ていると言えまして、


日本側の官僚勢力にはそれに対して首相に進言できる能力のある

官僚たちがどうも存在していない、っていうところが

重要です。



このシナリオ思考の欠如というのは日本の大企業でも

見られる点なんですが


官僚機構でも同じでして、それはシナリオ思考して

戦ってくるトランプとかキッシンジャーにはどうもかなわない

となります。


それで安倍の頼みの綱はなんとか米国の諜報機関が

トランプを陥れてくれることだと思いますが


これもまた米国民たちが最近頭よくなっていてなかなか

騙されてくれないわけでして


ロシアが攻撃したんだ、なんて言っても米国民は

それに乗っかってくれないわけでして


だから今年中には日本の官僚機構や為政者に対して

外圧の強力な圧力がかかることになります。


が、日本の民衆の生活を圧迫しているのは

この官僚機構でありますから


これは実は日本の民衆にとっては悪いことではありませんから

やはり日本国内は 


戦争屋を権力の背景にする公的部門の人たちと


そうじゃない私的部門の

民衆の人たちというのは利益相反している


というのが事実としてありますから、


私はトランプというのが

「大日本帝国の亡霊たち

(大体は元から金持ちのおぼっちゃんから

おじいちゃんになった人たち)」と

戦ってくれることを期待してたりします。



それでその過程の段階で生じてるのがトランプのトヨタ批判である

という見方が今のところ有効な見方でありますので


いよいよ1月20日に就任しますから、どうなるか注目でも

ありますね。


11月12月とトランプは「猫」を被ってきたけど

いよいよ本性をあらわしてきたってことでもあります。



それではまた!



ゆう





PS・・・ちなみに日本のマスコミでは言われてませんが

私が注目するのはトランプが中国を電撃訪問するか、

というのとあとは米朝国交正常化が進むか、ですね。


これをやることで軍産が 日中韓北を対立状態において

支配して戦争ビジネスを遂行するという

戦争ビジネスモデルが破壊されます。


ちなみに昨日

「韓国では日本人メンバーがいるTWICEという

アイドルグループが大人気でして(ほんとすごい人気)

それでその中でも大人気なのが日本人メンバーでほぼ

センター化している」


っていう内容を書きました。


が、日本ではTWICEの日本人の活躍はあまり報道されていない。

おそらくこれは政治的には不都合な事実、になる。


これはやはり政治的な、極東アジア分断戦略というのが

日韓関係で作用しているから


文化面である音楽の分野でもそのような

現象が起きてるんです。


このような極東アジア国家たちが分断されている現状を

「基礎」として

極東アジアで戦争屋が暗躍できていたわけですが


その「基礎」をトランプの背後にいるキッシンジャーが

それぞれの国を和解させていけるかどうかでして、


だから当然のごとくその対立をあおる、戦争屋勢力の

政治家に冷淡な対応をする、ということになるわけですね。


安倍首相や日本の官僚は

これを感じ取ってるから怖いんだと思います。


だからトランプの発言に戦々恐々としているだろうけど

これが今年どうなるか注目ですね。


それではまた!


ゆう




















☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


2017年1月の新ビジネス系無料案件です!

私ゆうも使わせていただいていて

「きわどいけどちゃんと結果でるシステム」を提供しているのが

このイカツイ池田さんです。


【ある「映画」を見ると 96.9999%で月収が3倍になると話題に…】
⇒  http://launchcenter.jp/r/c0a45……/2/af/3754



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    【1月10日で無料募集終了です!】

 
3ヶ月で1500万円稼いだ自動売買トレード法とは??


※3つめの動画のコメントプレゼントでもらえる

「自動売買を自分で作る方法」というプレゼントがかなり好評です!

⇒  http://yourcheer3.com/lp/9531/204952/
(あと24時間で終了です)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXで長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

見るか見ないかでこれから先勝つか負けるか変わってくるかも?(笑)しれない情報です☆
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXで勝つために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

メールアドレス(必須)
名前
当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください