無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






トランプ新大統領の閣僚人事から 背後のキッシンジャー博士の思惑について考える!

2017 1月 07 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  【新案件です!】


ある「映画」を見ると
96.9999%で月収が3倍になると話題に…

【大ヒット上映中】
http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754

(※ついに「映画製作」の映像でビジネスを学べるように
なりました!めっちゃ面白いんで見てみてください

私ゆうもこの池田さんのサービスは色々使っている感じです。
http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754

 )


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
トランプ新大統領の閣僚人事から
背後のキッシンジャー博士の思惑について考える!
⇒編集後記で
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(※一部のフリーメール利用の読者さんでメール全文が表示されない、
という声が報告されてます。

こちらはメールの設定で「長いメールを表示する」というのが
あるからそれで設定すると見られるようになることが多いです。)






さてさて、今日は1月7日であります。

あと約2週間ほどでアメリカでトランプ大統領が誕生します。


それで世間ではトランプ大統領が誕生して

米日関係はどうなるのか?ということが色々議論されておりますが


やはり重要な知っておくべき点としては

トランプ大統領の後ろにはキッシンジャー博士がいる

ということですよね。



それでやはりキッシンジャー博士は安倍首相を

「バランスの破壊者」ということで嫌っているという情報が

ありますから、ここを知っておくべきだと思います。


それで私のメルマガでは

大統領選挙前にマスコミはヒラリー推しでありましたが

やはりトランプが選ばれるという副島言論などを色々扱っていましたが

やはり氏が判断基準に使っていたのが

「トランプがキッシンジャーに会ったから彼は大統領になる」

というものでした。


だからやはりキッシンジャーの考え方がこれから重要になっていく

と私は思います。トランプ人事にはキッシンジャー博士の

思想が反映されてる。


編集後記で!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 起業家として成功して映画を作った男


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さてさて、ロシア人の妻を持ち

13年で7億円を稼ぎ出した

池田さんの「映画」が大ヒット上映中です!



「映画を見ながら稼げる」というコンセプトで非常に

面白いと思います。


全編アメリカ、タイ、プーケット島ロケ敢行!です

http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754


ちなみに

今回のプロモーションは
今まで誰も実施した事が無い
前代未聞の「映画型プロモーション」になってます。


今までのプロモーションは

対談型の映像を使ってビジネス内容の

解説を進めていく方法が主流だったわけですが


この「映画型プロモーション」では、

対談型映像での解説はあるものの、


今回公開するビジネス手法の体験者に
完全密着取材を敢行し、

ノンフィクションのドキュメンタリー映像
として収録しています。

http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754



更には、圧倒的スケールの

臨場感あふれる再現ドラマも

収録されており、


成功までのサクセスストーリーを

視覚から脳内に訴えかけ、

あなたの成功を非常にイメージしやすいのが

特徴です。


海外の大富豪・起業家達が

一同に会するビジネスの祭典で、

池田さんがプレゼンしたこの映画が、


多くの外国人たちに

「全世界のプロダクトローンチの

歴史を塗り替えた

革命的ローンチムービーだ」


と大絶賛されたのもうなずけます。


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754



ちなみに


「全編アメリカ、タイ、プーケット島ロケ敢行!」

「しかも、ドローン空撮!」

「高解像度シネマスコープカメラ使用!」


更に、「総勢20名以上の役者」と


「映画セットをフル動員」して作り上げた

「圧倒的スケールの

再現ドラマチック映画!」


まるで本物の映画の様な圧巻の

サウンドトラック!


プロの映画制作スタッフを使い

14日間に渡って撮影したというのは

伊達ではありませんで、



映画とプロモーションが

見事に融合された素晴らしい

仕上がりになっています。



「観るだけで稼げる映画」と

強気とも思える発表をしているのも

絶対的な自信のあらわれです。


起業家でありながら、

「映画監督、映画プロデューサー」

という異質な顔を持つ【池田秀樹氏】



だからこそ実現できた、

誰にも真似できない

プロモーションであります


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754


映画をご覧になれば

あなた自身が稼げるイメージが

非常につきやすく、


仮に斜に構えて

ご覧になっていただいてもよいわけですが


そこでも
納得せざるを得ない説得力があります。


勿論、映像だけが凄いのではなく、

“稼げる根拠”と“裏付け”が

あるからこそ説得力がありますよね。


この映画では、

世界で立証済みのある法則に則った

【集客、マネタイズ、拡散】の仕組み、


そしてそれらを全自動で実行する
最新テクノロジー、


日本の10年先を行くアメリカで今、
現在進行形で稼ぎ続けている


最先端ビジネスノウハウを、
丸ごと全て収録しておりまして

他ではなかなかない内容になっておりまして

登録したらすぐに池田さんの映画型の動画が

ご覧いただけて 彼が13年で7億円を稼いだ方法を

学べます


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754



ちなみに今回すごいのはやはり

このインフォ業界で「映画」が出てきたということ

なんですね。


よくFXとか株系の案件も動画を使っているのですが

やはり私は色々な起業家さんと話していて


「次は映画だよ」って話をしていたのですが


池田さんが映画を勉強していた方なので

それを映像にしているんです。


ちなみに「映画を見ながら稼げる」ってのを

コンセプトにしているわけですね~


タイとアメリカ、そしてプーケット島での

海外ロケ撮影になってます!


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754






それで私なんかはこの池田さんのサービスは結構

個人的に利用させていただいて


経費で年間数百万は池田さんの提供サービス使ってるのですが

(だから、結構中身のよさは知ってます。)


池田さんのやつは


「キレイゴトは抜きにするけど稼げる」って内容が多いです。

依存心高い人は使いこなせないけど自立心ある人は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
かなり使える、って感じでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみに今回のやり方ってのは

「集客」部分でかなり強いビジネスのやり方です。


えっと、ビジネスの話もしますが、ビジネスで成功して

稼げてる人と稼げてない人の大きな差って何だと思いますか?


ずばり言いますがやっぱり結局、

「集客」なんだと思います。



どんなに良いもの売っていても、それが素晴らしくとも

集客できないと商売にならないってのが

商売の大原則だと思うのですね。


池田さんの集客は結構頭ずる賢い方法なのですが

彼の場合は投資が得意ではなかったので(大損した経験あり)


ただビジネスの適性はすごいある方なので

それでビジネスのほうで大きく稼ぎ出せたって方です。


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 タイにいる池田さんが感じる

 ここが変だよ、ニッポンジン


(反ホルホル。ホルホル番組は自惚れを生み

その国の民族の成長を奪う、と私も思う。


日本はどうも国策的にそういうのが2013年くらいから

されている。自分のいたらなさを反省して改善する

というプロセスがなくなった人が一体どのように成長できるのかという

話。


そして「テレビが煽ったとおり」アイドルの総選挙に熱狂して

「テレビが煽ったとおりに」ベッキーや清原やASKAを叩く。

この辺に疑問持ってる人は池田さんの言ってることが分かる。)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ちなみに池田さんについては私は結構個人的にファンでして

彼の書く内容が、結構考えさせられるんです。



私なんかは彼の言うことがすごい分かるのですね。

人によっては過激なんだけど池田さんが時々マジに書く

文章が私なんかは「分かるわーマジで」と思っちゃうんです。




(池田さんが書いている記事より抜粋)

=========================
この前、実家の家族の手伝いで
少しだけ日本に行ってきた。

実に2年半ぶりの日本だった。

美しく整った街並み
繊細な日本食の美味
きめ細かなホスピタリティ
機能性の高い日本製品の数々…

しばらく日本を離れていたせいか

海外には無い多くの日本の良さを感じ取ることができた。
さすが、ニッポンだ。

アジアで最も進んでいるこの高度先進国から
他国が見習うべきことはまだまだたくさんある。

しかしながら、その反面で
ニッポンって嫌だな

と残念に感じた瞬間もあった。

それは次の4つの瞬間だ。



【1.満員電車に乗った時】

一度だけ通勤時間帯に電車に少しだけ乗ることがあった。

それは、殺人的な15分間だった。

あの狭い車内でおしくら饅頭状態で
人間壁の中に埋もれて毎日会社に通勤することは

今の私にはもうできない。

日本の光インターネット通信と
Wifiの普及度は世界有数のレベルなんだから


もっとフレックスタイム制や在宅勤務の導入、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
脱東京、産業の地方への分散化が進んでもいいはずだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そうすれば、あの満員電車も過去の遺物となるだろう。

あの殺人的な電車に毎日、何年間も乗っていたら

健康と精神が確実に壊れる。


とても残念だ。



http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754


【2.元気の無いサラリーマンを見た時】

なぜみんな能面みたいな死人面をしているのだろうか?

電車に乗っている日本のサラリーマン達を見た時、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私には彼らがマネキンロボットのように感じられた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そういえば、

私はこれと同じ感覚を過去にも一度経験している。



それは20歳の時に2年振りにアメリカから日本に戻った時だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あの時も同じことを思った。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


感情を殺して生きる無表情な人々…
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

非常に不気味で仕方が無かった。

なぜ日本のサラリーマンは
あんなに元気が無いのだろうか?

みんな満員電車で疲れきっているからなのか?

それともサラリーマンという生き方が
人間から覇気を奪ってしまうのだろうか?

社会の閉塞感が彼らから元気を奪ってしまうのだろうか?

申し訳無いが、私は彼らの近くに一緒にいたくない。

なぜなら周りに負のエネルギーを持つ人がたくさんいると

その負のエネルギーはこっちにも伝染してしまうから。

とても残念だ。


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754


3.TVのワイドショーとバラエティ番組を見た時

私は18歳の時に渡米した時から
24年間日本のTV番組はまともに見たことが無い。

今タイに住んでいるが、タイでもTVはほとんど見ない。

今回の日本での滞在中、両親の家に寝泊まりしていたので

父と母がTVを見ている光景が
嫌でも時々目に入ってきた。

私はTVばかり見てると馬鹿になるからやめた方が良いと
両親に散々アドバイスしているのだが、彼らは聞く耳を持たない。

まあ、お年寄りの数少ない楽しみの一つなのだろう。

でも、特にTVのワイドショーと
バラエティ番組の映像と声が目と耳に入ってくると

私はイライラして3分もその場にいられなくなる。



こんな他人の不幸を何度も繰り返し放送したり
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それに対していちいち誰かがコメントする番組を、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つまらない人達がつまらないネタで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
勝手に盛り上がるから騒ぎな番組を、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヤラセばかりのドキュメンタリー映像の番組を、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いったい誰がこれらの番組を毎日観てるんだ?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


連続ドラマ…?


そんなものに毎週決まった時間を拘束されるなんて
ただの奴隷人生だろ?

TV局は

きっと子供と思考停止したお年寄りの為だけに

番組を作っているに違いない。


大の大人であんなものを楽しんで見ている人が

まともな神経な人だとは私には到底思えない。



アイドルの総選挙…?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おいおい、まさかそんなものに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リアルに投票してる大人なんて一人もいないよね?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本のTV番組のほとんどは馬鹿と貧乏人の養成プログラムだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とても残念だ。


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754


4.お役所でたらい回しにされた時

今回の帰国は

高齢な両親が老朽化した家を取り壊して
田舎の山に所有する農地に新居を建てたいということで
その土地の転用の許認可関係の手続きを手伝うことが目的だった。

その際にお役所に足を運ぶことになったのだが、

相変わらずというか
お役所でいくつもの部署をたらい回しにされた。

事の顛末は長くなるので割愛するが、

日本の農地にまつわる規制の数々は
とてもひどいシステムだと思った。
完全な村社会のシステムだよ、これは。


固定資産税や相続税などの税システムもそうだが、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本では自分の財産を持っていても
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それは決して自分の財産では無いのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お役人の仕事の多くは国民の生活や
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
企業活動を邪魔する為に存在している…
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バンザイ、規制大国。


ニッポンよ、とても残念だ。


(ゆう説明:固定資産税や相続税でそれは自分の財産ではない

という指摘はどういうことか?といえば

それは資本主義の大前提条件である

「私有財産権の絶対性」が確立されていない、ということ。


だからそんな国の資本主義を無視する

経済が発展するはずない、と言う風に

外国の知識人は判断するし、そのとおりだと思うし

だから彼らは日本株の長期保有は非効率的と考えるのだろう

と思う。)


=======================


以上です!



ちなみに私の読者さんでもある程度稼げるようになって

それで自分でパソコン持って海外で仕事してみる


とか試して、それに はまっちゃって色々なアジアの国とか

行ってる人結構いらっしゃるんですね。


時々メールくださるんですが。


んで、その中で


「タイに行ってきました。

けど日本にいたらなんか 強烈な違和感・・・


なんでこんなに人々は死んだような表情なの?

同じ服きて、同じ髪型で。なんか日本にいると当たり前だけど

戻ると異様でした」


みたいな内容をいただいたことがあるんですね。


この日本という島国の「異様な感じ」ってのは

やっぱり他の国の人は感じるらしくて


私のノルウェー人の友人も世界何十カ国で暮らして

たまたま日本に住んでいて友達になったのだけど


彼女いわく「他の国にいたときと 日本に今いるとき。

なんか違うわ・・・日本だけ 特殊 で違和感を感じる」


ってのは彼女も私に言っていたのです。

私も今この文章の編集とかさっきトレードして

終わったから時間あって書いているのですが


まあこれも韓国で書いているのですね。



最近は「日本は最高!ホルホルホル~」という番組が多いため

日本が世界から尊敬されているとか勘違いしている人も多いけど


実際はとてもインフラがきれいで、礼儀正しい人も多い反面、

特殊?な部分も結構あるんですよね。


なんか日本の民衆は世界的にも礼儀正しくて評価される部分が
確かにあるとは思うのですけど、

やはり池田さんが指摘されているようにお上、役人が
強すぎて、行動や思想体系がすべて統制されてしまってるような・・・

そんなことは日本に帰るたびに感じます。


池田さんなんかもそういう感性を持っている人で

「自由とは何か」と考えて、それで今はネットを使って

ビジネスやって、それでタイプーケットで


ロシア人の奥さんと子供さんたちと自由に暮らしている人

なんです。


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754



それで私なんかは今は韓国で、毎日韓国のりまきや

サムギョプサル食って、韓国人の友達と日韓で

語り合ったりしていて、


日本にいるときは伊豆とか熱海のほうにいるので

毎日海行って散歩して、近くのスーパーに港の新鮮な魚あるから

そこで新鮮な魚買って海鮮丼食べて、みたいな生活なのですが


時々東京の新宿とかに行くとやっぱり「うお!」と思っちゃう

わけです。


歩いてるとき、信号で止まって青になるのを待つわけですが

その反対側に「みんなグレーのスーツ着た、同じ髪型の

同じ表情の人」がズラーーと並んでるわけです。


これはやっぱり他の国では見ない光景でして、

韓国でも平日朝のカンナムとかだと、似たような人たちも

いないわけではないんだけど


それでも日本ほどではないな、と思います。


(新自由主義の大企業優遇主義の賜物。

韓国も悲しいことに新自由主義と国家社会主義が融合してきて

悪い部分での日本・アメリカ化が進んでる。

だから韓国人は最近怒ってて、アメリカが

トランプ誕生でそれから脱しようとしてるから

それに反応してデモが起こってる、という一面もあるかと。)




その「個性が許されない感じ」

というのが怖く思えるってのは

正直あります。


あとは上に「規制」のことが書かれているけど

新宿なんかだとどこ行っても

「○○監視員」みたいな人がいて

みんなを監視しているんですよ。


やたら警察が多いしこれを日本で見ると

「アー日本に帰ってきたな」とかいつも思うのですが


この映画で出てくるタイのプーケットの感じと

今の日本の生活、比べて見るのも面白いと思います。


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754




まあ私の親なんかそうですが、そういうのに疑問持たず

馴染む人も多いわけだから一概に悪いわけではないのかも

しれないけど


そこに私とか池田さんみたいに疑問持ってる人も多いのだと

思います。


それで「やりたくない仕事」やるよりも

「情熱持てる、人生マジになれる仕事」ってのを見つけて


そこでお金をネット通じて自立して稼げるってのは

すごい大事なことなわけです。


池田さんの場合はそれが「映画」だったんですが

だから今回映画が彼の「個性」を反映して


プロモーションに使われておりまして


タイのプーケットやアメリカでのロケで映画撮影が行われている

ってことですね~


http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754







=============編集後記============

さてさて、あと2週間もしないでトランプ大統領誕生になりますね。

私のメルマガとしては去年2016年からやはり

トランプ大統領誕生の意義、というのを書いてきたので


非常に彼が大統領になるのは楽しみでもあります。


悲しいかな自国日本の政治はいまだ変わらず・・・

ですけども。



それで・・・やはり重要なのがトランプの背後にキッシンジャーがいる

ということですよね。


ちなみに日本のマスメディアの弱い点として

それはこのキッシンジャーの政治影響力に触れていない

という点だと思います。


やはり大きくは今の世界政治とか経済ってのはキッシンジャーが

覇権デザインをしていると思うのですね。


たとえば、私の大統領選前のメルマガ見てほしいのだけど

「この雰囲気が非常にEU離脱前の状況に似ている」

ということを書きました。



相場なんかも非常に似ている動きをしたわけですが

やはりこれは人為があったとみなすべきでして


じゃあその人為のもっともトップは誰か?というと

どうも色々な情報を分析するとキッシンジャー博士と

またジェイRFあたりではないか、という話になるわけですね。



それでこの辺についてベンチャー革命のY先生が書いていますから

まず見てみましょう


======================

タイトル:トランプ米新政権下では、

安倍氏一派は隠れ核武装派とみなされて、

一転して弾圧されるかもしれない:


反戦平和主義者・天皇に逆らった天罰が下る



1.国民をだまして我が物顔の安倍氏一派:

反戦平和主義者・天皇に逆らうとは誠に不届き千万なり!

そのうち天罰が下るだろう



 本ブログでは、日本でデカい面をしている

安倍氏一派(日本会議含む)(注1)は、今、

反戦平和主義者の天皇の封じ込め工作に


血道を上げていると指摘しています(注2)。


右翼を自認しながら、天皇に逆らうとは

真に不届き千万な輩です。


 これで右翼を名乗り、靖国信奉主義を主張しているわけですから、

これほど倒錯した連中はいないでしょう。


情けないことに、このような連中に

今の安倍自民党は乗っ取られてしまったのです。

 

本ブログでは今の日本は、米国戦争屋に乗っ取られていると

観ていますから、彼らの傀儡・安倍氏が、

米戦争屋CIAの了解なく、


天皇への封じ込め工作ができるはずがないのです。


つまり、天皇に逆らう勢力の背後に控える元凶は、

日本を属国視している米戦争屋CIAと観てよいでしょう。


なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋

(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)および

そのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを

構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。



ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から

新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。


そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)

およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは

悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は


本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_……yblog.html


2.舞い上がっている今の安倍一派は最近、

遂に墓穴を掘った:もんじゅ続行を主張



 旧・米戦争屋CIAに完全に乗っ取られている安倍自民は、

2012年の総選挙にて、ムサシによる巧妙な選挙介入も手伝って、

圧倒的多数を確保し、今や、我が物顔でのさばっています。


そして、NHKを筆頭に全マスコミを制圧し、マスコミを通じて、

安倍ヨイショが連日、行われているせいか、真偽はともかく、

安倍内閣支持率は60%以上となっています

(ネット住民に限ると支持率は20%以下)(注3)。


 図に乗った安倍支援組織・日本会議は、

遂に核兵器用高純度燃料製造装置もんじゅ続行を

公に主張し始めたのです(注4)。



本ブログからみれば、日本会議は遂に墓穴を掘り始めたのです。

彼らは、米戦争屋に潜むネオコンが

日本のもんじゅ開発を強く警戒しているのを

知らないのでしょうか。


もんじゅのウラ目的は核兵器開発にあることは

常識ですから、日本会議がもんじゅ続行を主張するということは、

彼らは日本の隠れ核武装派一派であることを意味します。


 本ブログでは、3.11地震津波事件は偽装自然災害の

テロ事件と観ていますが、


その黒幕は米戦争屋ネオコン

(イスラエル・ネオコン含む)と疑っています。


 日本会議の連中は旧・米戦争屋CIAと

ジャパンハンドラーに牛耳られていると思われますが、


旧・米戦争屋ネオコンの存在には

気付いていないかもしれません。


なぜなら、もし、気付いていれば、

絶対にもんじゅ続行を公に主張できないはずだからです。


日本会議を含む安倍一派を直接コントロールしているのは、

旧・米戦争屋ジャパンハンドラーですが、

彼らとネオコンは全く異なります。



ただし、CIAの中にはネオコン系が潜んでいます。



 ちなみに、旧・米戦争屋CIAは東京地検特捜部を

配下においていますが、


安倍氏夫人の大麻合法化運動スキャンダルを握っており、

必要に応じていつでも安倍氏に対する失脚工作ができるよう

スタンバイしていると本ブログでは観ています(注4)。


3.次期米大統領トランプが暗殺されなかったのは、

選挙中にネオコンを抱き込んだから



 次期米大統領トランプは、

米国寡頭勢力(米戦争屋と欧米銀行屋)の傀儡候補では

なかったわけです、


なぜなら、米戦争屋配下の米マスコミは

ヒラリー支持だったからです。



そのことをトランプ陣営は十分、認識していました。


トランプが選挙中、最も警戒したのが、

偽装航空機事故などの暗殺テロでした。


9.11偽旗テロと同様に、こういうことを平気で

実行するのがネオコンです。


そこで、トランプはすでにネオコン・スポンサーである

カジノ王・アデルソンを抱き込んでいたのです(注5、注6)。


 ネオコンは対日原爆投下勢力の末裔であり、

日本が核武装することを何より恐れ、強く警戒しています。


にもかかわらず、安倍一派の日本会議は愚かにも、

もんじゅ続行を公に主張したのです、


したがって、ネオコンに闇支援されるトランプは、

安倍氏一派を隠れ核武装派として、

弾圧してくる可能性があります。


 なぜなら、トランプ政権がスタートすると、

旧・米戦争屋から新・米戦争屋に移行すると思われるからです。


安倍一派は、旧・米戦争屋の傀儡ですから、

新・米戦争屋の時代になったら、


一転して隠れ核武装派と危険視されてもおかしくありません。


========================


以上です!!



ということで今はトランプはまだ大統領にも就任しておりませんし

全く持ってその本音を隠している感じでして


「猫被ってる状態」に私には見えるのですが


おそらく今年2017年1月20日以降から

トランプの真意ってのが徐々に見えてくるだろうな

と私は見ています。



ちなみに重要なのは多くの日本人がマスコミのヒラリー優勢

プロパガンダに騙されてしまっていたという2016年の

状況でありますよね。


私なんかはトランプが支持される背景ばかり

メルマガで扱っていましたから

完全に少数派だったのだけど



「マスコミはヒラリーが優勢と言ってるけど

あなたのメルマガで言ってることは本当でしょうか、

信じられません」


みたいなメールもよく去年はいただいたけど


だからどうしようもない権威主義が日本人の目を曇らせている

というのを私は実感でよく分かっています。



去年日本のマスコミが書いていたことは中国は2016年に

崩壊する、とか、あとはヒラリーが優勢で勝利確実、という

内容でしたが


あれがまさに「デマ」である、と私は思いますよね。

ただ日本のマスコミの優れていた点としては

「あそこまで多くの日本人にヒラリー優勢という嘘を

信じ込ませた」

という点です。


そのプロパガンダ力がいまだ高いというのは

理解しないといけないところで


これは日本人がベッキー叩きに夢中になったり

ASKAが逮捕されたらすぐマスコミに乗せられて

ASKAは有罪だ、犯罪者だ、なんて言ってたりしてたわけですが


本質的に自立心がなく、自分で考えず権威の流した価値観に

乗っかるその根本的な弱さ、というのは


すべての事象で通じております。


それで去年の大統領選前から私のメルマガごらんになってる方は

ご存知のように、やはりトランプ大統領の後ろにいるのが

キッシンジャー博士なんです。



もう少し言うとキッシンジャー博士の後ろにやはり

ジェイRFなんかがいるかもしれない、というかその可能性は高い。


この大きな世界の政治ダイナミズム変化というのが

2016年に確定的になったというのが重要で


2017年はその変化の過程にあたる年でありますから

やはり激動の年になるわけでして

2014年、2015年ほど「おとなしい年」ではなくなる

と思います。


相場なんかもボラティリティが相当上がる可能性は高い

と私は見ておりますね。


となるとトレンドフォローで儲けるチャンスは多くなるだろうな

という話なんですけど。



それで、私はトランプ大統領がなぜあんなに

支持されるのか?ってのを去年のメルマガで扱ってきた

わけですが、それは大統領選の前に沢山書いたから


過去メルマガ参照してください。


それで、重要なのが上記キッシンジャーになるわけですが

今ある程度政権移行チームが動いて

トランプの人事が明らかになってきておりますが


これはトランプ人事というよりはキッシンジャー人事であると。


ちなみに私は今韓国におりますが、韓国でも

「韓国のトランプ」と言う人が出てるのだけど


大統領選挙スキームが非常に似ていまして、

トランプは一応表向きとしてはメキシコとの国境に壁を

ということで


隣国との対立をあえて扇動しながら、

国内に潜在的に溜まる新自由主義への反感を背景にして

選挙戦を進めてきましたが


韓国でも同じくこの韓国のトランプが対日本感情を利用して

これまた同じ選挙スキームを取りつつありますから


ああ、これはキッシンジャー博士が絡んでるだろうななんて

感じます。


EU離脱のときもそうだし、アメリカ大統領選挙もそうだし、

反官僚支配というのを表に出す選挙スキームってのが

非常に世界的に共通した動きで、これは偶然的に出るものではないから


やはり世界覇権デザインをしているキッシンジャー博士の

影というのがちらつくわけです。



それでだからアメリカの人事というのはトランプ人事というよりは

キッシンジャー人事で たとえばアメリカファーストという標語も

トランプというよりはキッシンジャーサイドが作ったものでしょう。


それでキッシンジャー博士はトランプが大統領選挙勝利後の

11月18日から20日までどうも

トランプと会って閣僚人事を協議しておりまして


だから閣僚人事にどうもキッシンジャーの思惑が反映されていると。


ちなみに「キッシンジャーがトランプの背後にいる」

という意味を多くの人は理解できないけど


たとえば以前米中の国交正常化の前に

1971年にキッシンジャーが訪中しております。



そして翌年に1972年

ニクソン大統領が中国訪問しまして、


そして7年間時を経て、ようやくカーター大統領が

「米中国交正常化」をしております。


だから私は米中が戦争状態になる、という分析には

すごい懐疑的でして、トランプのあの対中国発言も

表向きであって

長期では本質的には米中は仲良くしていくんだろうと

見ているのですが


(以前にアメリカは中国の台頭を「黙認する」っていう

内容メルマガで扱ってます)


やはりその背景としてトランプの背後にいる

キッシンジャーがもう90越えたおじいさんですが

彼がわざわざ根回しして成し遂げたのが


米中国交正常化ですから、

これを遭えて破壊する合理的意味をキッシンジャーは見出さない

と見ているんですね。


だからヒラリー優勢をずっとプロパガンダしてきた

産経も時事も、朝日も読売もだけど、


まあ米中の対立を煽りたくて仕方ないようですが

どうもそうはならなそうです。


それで閣僚人事として


大統領主席補佐官がラインスプリーバスで

大統領補佐官がマイケルフリン

国務長官がティラーソン

財務長官がスティーブン・ムニューチン

国防長官がジェームス マティス

NEC委員長がゲーリーコーン

国家通商会議がピーター・ナバロ

CIA長官がマイク・ポンペオ

国連大使ニッキー・ヘイリー

エネルギー長官 リックペリー

中小企業庁長官が リンダ・マクマホン

内務長官 ライアン・ジンキ・・・



と言う風に結構重要な人事がどんどん決まっておりますが

まさに「キッシンジャー人事」だろうと。



それでキッシンジャー博士と非常に血筋でつながってる

といううわさなのが、噂と書いておきますが


これがトランプ氏に立候補を促したポール・アルフレッド・

マナフォート氏ですね。


彼が選挙参謀としてトランプを大統領勝利に導いた

立役者なんだけど


まあたぶんキッシンジャー博士の息子さんですから、

相当頭良いのでしょう。


それで彼なんかが政権運営初心者と揶揄されるけども

素直さや、熱量や頭の回転の速さでは

誰にも負けなそうなトランプ氏の選挙政策を支援してきただろうし



「アメリカファースト」という標語は彼からの指南である

可能性が非常に高く、


また政権移行期がこの2ヶ月続いておりますが

やはりこのポール・アルフレッド・マナフォート氏が

キッシンジャーの代理的に閣僚人事決定に力を発揮したでしょう。



上記閣僚人事を一人づつ調べていくと

アメリカが「本気」であるということが分かりまして


これから今まで世界全体の警察官として自国経済の発展を

ないがしろにしてきた帝国としての宿命がありましたが


これを見直して 世界の警察官ではなくなるけども

自国の経済発展に本気で取り組むという姿勢が見えてきます。


債券市場の不安定さはやはり残っていますからこれは

なんら解決していないのでこの辺で課題が山積ですが


アメリカはアメリカで軍事経済という従来の

前期資本主義体制から抜け出して本気で純資本主義経済を

追求しようという姿勢ですね。


今までの国際経済対策面における金融工学という

実は何も生み出していないようなビジネスモデルがあって


そこでレバレッジかけまくってヘッジファンドたちが

大手を振って歩いていたアメリカという社会があって


それはやはりあまり尊敬されるものではありませんでして

たとえばそれに愛想を付かしたジムロジャースなんかは

シンガポール行っちゃったけど


いわゆる強欲な資本主義といわれますが、新自由主義

の慢性的病に苦しんでいて市場を破壊してしまったのが

アメリカという国でしたが


ここで市場改革なども本気でおそらく行うのでしょう。


トランプが言っていた事として

ドットフランク法⇒グラススティーガル法復活への

話がありましたが


あれって本質は何か?といったら


あれはベイルアウトかベイルインか?という話かと

思います。


要するに従来のドットフランク法はなんだかんだ

預金者に負担を課すベイルインの流れだったと思いますが


これを結果としてベイルアウトに近くなるグラススティーガル法に

変えようとしているというのが

トランプの真意ではないかな、と私なんかは見ています。


ベイルインの恐ろしいところというのが資本主義経済において

必須の「私有財産権の絶対性」が守られないところですよね。


だって銀行に預金下ろしていていきなり預金税かかりますとか

なったらこれでは経済発展などありえないわけでして。


そんな恐ろしい状況だったら誰も物を買わないし

経済が回りませんが、この辺を整備しようというのが一点あるのだと

思います。



それで大統領主席補佐官としてはラインス・フリーバス

が入っていまして、まだ若くて1972年生まれです。


彼が尊敬する大統領はレーガン大統領とリンカーン大統領ですね。


草の根保守運動のティーパーティー運動を支持する思想の人を

政権に引き込んでいますから

やはりここでトランプとキッシンジャーの良い意味での


「牙」が見えます。

だからリバータリアン思想ってのが人事に反映されているんだけど

リバータリアン思想とはなんぞや??


って人は以前にまた改めてまとめておいたから

こっちで見てみてください。



【12月にリバータリアン思想についてまとめたPDF】
⇒  http://fxgod.net/pdf/mailmagaz……_trump.pdf



ちなみにマイケルフリンについてもとても重要な人事で

まず最近トルコとロシアが以前は対立していたのですが

これがまあ融和してきました。



ここでついこの前ロシアの駐トルコ大使が殺害された事件が

ありましたが


これは以前のメルマガでやはりロシアとトルコの融和というのを

なんとしても阻止したい立場的にはトランプと対立する


戦争屋の影がちらついたわけです。


それでこのマイケルフリンというのはもうすでに2016年には

トランプの軍事顧問として雇われておりまして

色々情報をトランプサイドに渡していた人なんですね。


だから彼を戦争屋一味だ、と言う人がいるけど私は違うんではないかな

と今は見てまして


選挙戦でも軍事部門にてトランプに助言していたのが

マイケルフリンです。



日本の外務省たちもトランプの

「日本は自前で自分を守りなさい、アメリカは撤退する」

の発言にびびってましたが


おそらくここで日本の外務省官僚が揺れる、びびる、と

理解しているのがマイケルフリンでして


マイケルフリンとしてはこの戦争屋の利権というのが

極東アジアの在日米軍などに存在するというのを

よく理解してトランプにアドバイスしたもの、と思われます。


それで中東に関してはマイケルフリンというのは

世界中の顧客相手にコンサルティングをやっていたんですね。


そこで実は上記トルコのエルドアン大統領に強い

人脈を持つ人物とパイプ持ってるといわれますから


そうなると

マイケルフリンが

中東ラインでの ロシアプーチン  アメリカトランプ

そしてトルコのエルドアン をつなぐ役割を果たすわけでして


そうなると困るのがこれはベンチャー革命Y先生が書かれる

旧戦争屋です。


だから日本に巣食ってるのは戦争屋であって

彼らなんかが日本の危ない宗教勢力とタッグくんで

日本のメディア報道なんかも扇動道具として使っておりますが


これに対しての強力な楔をうつ戦略が

トランプ人事から読み取れますね。




またエクソンモービルの会長さんであるティラーソンですが

やはり私は人脈という部分で注目するのですが


彼の場合はロシアと太いパイプを保有していますから

やはり米ロ関係を非常に重視するキッシンジャーの思惑というのが

人事に反映されております。


だから完全に「脱冷戦構造の新世界体制」を意識した

人事です。



それで国務長官のジェームズ・マティスもこれまた

経歴としてはNATO改革連合軍の司令官とかやっていましたから

戦争屋系なのかな、と勘違いしてしまいがちですが


彼の場合は思想として


「なぜオバマはテロとの戦いとか

表向き言うのに、テロリストISISを「生かさず殺さず」してるんだ。

おかしいじゃないか。


(ヒラリーなどのCあいA系が作り出した)イスラム国殲滅せよ」


です。

だからこの姿勢の人間がアメリカの重要な閣僚人事に入ってる

という点で中東問題は今まで 


戦争屋に支援されたISISとかアルカイダが生かさず殺さずで

のうのうと生き延びていたわけですけど


そしてなぜか日本のメディアはこのISISを擁護するような

中東報道をしていましたが(なぜか?同じ戦争屋系勢力に

日本のメディアはバックアップされてるから。)


そして米軍が今まではロシアがテロリストISISを殲滅するために

攻撃するのを邪魔しておりましたが


これもいずれISIS殲滅という方向で動いていくシナリオが

見えてきます。


だからテロを各国に頻発させて、

軍事産業延命をしようとしてきた勢力、軍産勢力に対して

強烈なNO、を突きつける人事でありまして


その点では実はトランプはぶれてない、と見ています。


だからこことくっつくのが日本の日本会議とか統一とかですけどね

今の世界はやはりこの危ない紛争を煽る諜報機関にバックアップされた

勢力をつぶしていく、という流れで動いていると思います。


これをなんとなく感じ取ってるのが安倍首相でして

なんとなく安倍首相も「いやな感じだな~」と思ってることでしょう。




ちなみにトランプの人事の面白いところは

財務長官にスティーブン・ムニューチンの元ゴールドマンサックス

幹部を入れてるところで


この人も大統領選挙ではトランプを支持してきた人です。


トランプの攻撃する対象としてまさにゴールドマンサックスが

いたけども、これはトランプが取り込まれたという見方も

ありますが


「毒を持って毒を制す」という見方もあるわけでして

内部事情をよく知ってるものを人事に入れた

というのがこれまた面白い人事です。


スティーブン・ムニューチンは相当GSの内部の弱みも

握ってるでしょうから、ここで内部に精通する人物をあえて

財務長官に抜擢しているというのが注目ですね。



それで国家通商会議のピーターナバロに関しては

もうキッシンジャーさんでしょう、この人事は、と

間違いない人事だと私は見ていますが


彼はまさに「アメリカの中間層復活」を言うわけですから

ここでこの数十年で消滅してしまったアメリカの中間層を

復活させていく、という流れにやはりなりそうですが


これはそもそもキッシンジャーの思想です。



ということは世界の流れ的には

「中間層拡大政策」になりますから


今までの新自由主義の

「政治と癒着した超大金持ちと貧乏層」という構図ではなく


この貧乏層を中間層に引き上げていくという流れが

全世界的に進むようにキッシンジャーが「仕掛け」てるということが

分かりますから、


となると日本でも重要なのが億万長者ではなく

貧乏層を中間層に引き上げていくという教育の流れになる

わけですね。


そうなると国家が民衆を統制してスーパーエリートの

国家官僚たちと貧乏民衆という構図に持っていこうとしている


安倍首相や彼の背後にいる日本の官僚機構とは

本質的に経済思想でも対立するわけですから


やはり日本の官僚機構にこれから「揺さぶり」がかかるのは

どうも間違いない。


それでこれからキッシンジャー博士は2月初旬に

ロシアのプーチン大統領と会談をするでしょうが


そこで息子さんのトランプ側近のポール・

アルフレッド・マナフォートさんを

同行させるでしょうから


そこでどう危ない宗教勢力も絡む旧来の戦争屋に

「揺さぶり」をかけるか

という話になってきます。


そこで北朝鮮と米国の国交正常化を進められるか

という話でして、ここが注目になります。


北朝鮮と米国が国交正常化したならば今までのように

北朝鮮脅威を煽って PAC3交わせたりTHAADミサイル買わせたり

などのマーケティング手法を軍産勢力が取れなくなる


ということになりますから、


ここでその勢力と緊密な日本の日米安保マフィア外務官僚たちの

官僚機構も揺さぶられる可能性が見えてきます。



それでどうも、一説によると、

キッシンジャーの側近である

上記マイケルフリンの部下にロバート・アインホーンという人が

いるけども


彼がトランプ勝利後の11月17日から19日まで

スイスのジュネーブにて北朝鮮外務省の

チェ・ソンヒアメリカ州局長と、チャン・イルフン

国連次席大使と会談しているっぽいですよね。


だからマイケルフリンの部下が北朝鮮との根回しを進めていた

わけでして


このやり方は米中国交正常化させた当時のキッシンジャーの

国交正常化ノウハウと非常に似通っておりますから


トランプ政権時にアメリカと北朝鮮の国交正常化が進むかどうか

が注目になります。


ちなみにこの米朝国交正常化となれば

日本の対朝鮮脅威をあおって米戦争屋と利益供与関係を築いて

国内統治をしてきた

官僚機構にとっては悪夢のような事態ですね。


だからキッシンジャーは本気です。この大きな覇権デザインをする

キッシンジャーって人はやはりすごいんだと思う。


それでこのキッシンジャーの極東戦略を見るに、

まず小沢一郎さんが自由党に改名しておりますが


これもやはりキッシンジャー博士が絡んでおりまして

キッシンジャー博士としては小沢一郎が一番うまく

脱冷戦時代の今の世界構造に適しているという考え方ですから


(今の中国の李克強首相はもともと小沢さんの家で

書生していた中国人留学生だったんですよ。


その若い小沢を尊敬する中国人留学生が今中国の首相になってる

というすごい状況なんだけど。)


だからやはり小沢一郎さんの動きはこれからも見逃せないです。



それで韓国のトランプのイエジェミョン候補がいるけども

彼の選挙スキームがやはりトランプと似ていて


隣国の日本を槍玉にあげたりしてるわけですけども

「あれ?なぜ北朝鮮を槍玉にあげないのか?」となります。


これはキッシンジャーの米中国交正常化戦略というのが

あったとすれば、当然イエジェミョンに対北挑発はさせたくない

わけでして


そういう意味ではすべて

発言内容もキッシンジャーによって

よく考えられていると見えます。



それでまたトランプが対中発言をやたら強めてるけども

私はこれブラフではないかって見ていて


もう中国はこの前行ったけど、アメリカのソフトパワー戦略の

ハリウッド映画が大人気でしたよ・・・(笑)

表面での中国敵視の発言と実際の行動があまりにも乖離していて

行動がすべてですから


そうなるとやはり中国とアメリカは新しい外交関係を構築していく

という話でして、


そもそも本気で中国がアメリカと対立してるならば

米国債全力売りして債券市場崩壊させますが、それは

本格的にはしていないわけですから、


ちゃんと「調整」が行われてる。


すでに12月2日にキッシンジャー博士が中国北京で

習国家主席と会談してますからね、


だからトランプが1月20日に大統領に就任したら

トランプが中国電撃訪問するシナリオが考えられますよね。


ここで新しい外交関係と言う話になりまして

もしこのシナリオが実現したら


日本の米中対立をあおってるマスコミからしたら

「なんてこったい」ですから


たぶん日本国内の報道としてはトランプが中国電撃訪問したら

「トランプが中国に色々いちゃもんをつけた、という嘘」

を言うんじゃないですかね。そういう報道姿勢が考えられます。


が、敢えてキッシンジャーが12月2日に習と会談して

根回ししているんですから


やはり新しい外交関係を築きましょうって話になるわけですから


トランプが中国を電撃訪問する、となったら

これはこれで非常に面白い動きになりそうです。


それで・・・もし米中が和解、北朝鮮問題も融和、となったら

日本の「北朝鮮脅威!中国脅威!」を煽ってきた

官僚機構やマスコミとしては


「うわーやばい和解しちゃいそうだよどうしよう」ですよね。


私は今海外にいてよく分かるけど日本の

政治体制というのが「対外国感情を煽って国内問題を隠す」

政策に見えます。


これはかつて韓国でも行われたことだけど

皮肉にも日本で今それが行われてるようです。


日本国内の様々な問題があるけどもこれが

対中、対韓感情にて「怒りが外に向かうように」

しっかり誘導されてるのが海外から日本報道みたら


すごい良く分かるのだけど、


もしここでトランプが極東アジア情勢の対立を

融和する方向に動いてきたら、


その日本の戦争屋と癒着してきた

官僚機構のプロパガンダ戦略が

「利かなくなる」わけですね。


戦争を求める戦争勢力の暗躍というのが2013年から

日本で見られた点だけど、


どうも彼らの衰退期にこれから入っていく世界ダイナミズムの

動きがありますね。



だからアメリカ大統領選に見られるトランプ人事から

分かるキッシンジャーの根回し能力と、

覇権デザイン能力というのは非常に高く、


彼がこれから世界に「仕掛けていく」人になりますね。

それで世界のあり方として、


今まではアメリカが帝国として世界の警察官として

存在して管理していたわけですが


キッシンジャーとしてはおそらくこの世界経済発展のあり方というのは

「効率が悪い」という考え方でして、


その犠牲として発展途上国の発展が抑えられてきた

というのが見られますが(フィリピンなんかがそう)


それよりは多極的に世界経済を均一に発展させて

中間層を再生成していく、という考え方でしょうから、



長期的には海外株ってのもこれはまあ面白くなるのが

確定的です。

この世界の大きなダイナミズムを理解して

楽しんで生きていくってことですね。


この姿勢が今の世界情勢のダイナミズム変化を見ていて

私が強く感じる点です。


いや~今年は色々あるでしょうが、

ある意味すごい変化に富んだ年になるでしょうから


世界中で新自由主義に反発する政権が誕生しますからね、

やはりダイナミックに変化する年になるでしょう。


ということで、

年始に書かせていただきました

「変化を楽しむという哲学」が

重要になるわけですね!


それではまた!



ゆう









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  【新案件です!】


ちなみに起業家という人たちの面白いところは

こういう世界の変化というのをなんとなく

自分で感じ取って世界にヒョロッと出て行く感性の鋭さが

あるんです。


この池田さんもそれを感じ取っていてタイにいるんですね。

だから彼の知見は綺麗ごとないし、全員億万長者なんていわないけども

それでもロシア人の奥さんからロシアのことも学んでる彼だし

学ぶ価値はあるんです。



ある「映画」を見ると
96.9999%で月収が3倍になると話題に…
http://launchcenter.jp/r/c0a45……/1/af/3754


※ちなみにアメリカの大手検索エンジンGというのは

ロシアサーバーを異様に嫌うって裏話も私は知ってたりする。


Gのネット一極体制は独裁であって、

彼らはメールやWEBのある種の検閲行為を行ってる。


それについてトランプが

大批判を繰り広げていたのも去年のメルマガで扱ってました。


だからいずれそれもトランプが大統領になったら議論されるように

なるでしょう。そのGの独裁議論についてはドイツで起こっていたけど

日本では議論されなかったけど、トランプ大統領誕生によっておそらく

その動きも出てくるでしょうね、おそらく。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

























コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください