無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【IS(イスラム国)殲滅に動き出したトランプ次期大統領!】

2016 11月 28 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【IS(イスラム国)殲滅に動き出したトランプ次期大統領!】
⇒編集後記にて!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



どうもゆうです!!





さてさて、この前トランプ氏が大統領選で順当に勝利しましたが

今トランプ氏について色々言われていますが


どうもトランプ氏がイスラム国とISの殲滅(せんめつ)に

動き出しております。


これからいよいよ世界情勢は動いていきます。編集後記で!





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

人々に価値のある商品やサービスを生産販売して

頑張ってる企業たちを私たち投資家が応援してお金出して、


そして利益出した企業から配当金や株の値上がり差益を

得ていく、という考え方の案件です。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ヤンキーとオタクは出世する。そしてヤンキーとオタクの

素養をもつ優秀な経営者の株を買う、という考え方】




さてさて、前号、前前号で



【「最初から意図された年金減額」が決まりました】

【また増税】お酒の税金が上がるみたいです


という号を引き続き流しました。



ちなみに上記の号ってのは岸博幸さんが今回のみんかぶさんの案件で

ゲストコメンテーターとして出ているのですね。


岸さんの発言なんかはテレビでは比較的無難な、

世間の空気を読んだ発言が

色々編集されて使われることが多いと思うのですが



今回の動画では元経産官僚で政府の経済運営にも関わっていた

岸博幸さんが

「安倍首相の経済政策は確実に失敗します、

そしてみんなが不安に思ってること、年金がもらえないんじゃないか

税金があがって生活できないんじゃないか、それは 絶対に そうなります。

年金は破綻する」


とちゃんと断言してるのが私は画期的だと思ってそれも受けて

前号とか前前号で上記のことを扱ったってのもあります。




【ヤンキーとオタクは出世するという本質を述べてる動画】
⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms




それで今回上のLPには岸さんは出ていないのですが

一応私が見ている3話目で岸さん登場の予定ですからお楽しみに!


ちなみに今回の岸さんですが、ネット放送ということもあって

あまり制限とかがないですからね、もうすごい沢山テレビでは

言わせてもらえないことを言ってるから面白いんですね。


岸博幸さんは 太田総理とかたかじんのここまで言って委員会とか

まあ色々テレビ出てるから知ってる人多いと思うのだけど


比較的無難なコメントが多いと思うんですよね。


ただこの動画見たら「ああ、普段発言してる部分ってかなりカットされてるんだな」

ってのが分かるでしょう。


「日本の経済はどんどん悪くなります、年金は破綻していくでしょう」

というのを今回岸さんはおっしゃってるけど

テレビではカットされる場面だと思います。


⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms



それで今回の案件なんですが遠藤さんという株の講師さんがいて

すごい生徒にも実績ださせていて


沢山の生徒がかなり稼げるようになってるんですが


実際の声で


「・どういった銘柄が上がっていくのかが分かるようになった
・4時間で18万の利益を出した
・1日で260万稼いだ
・半日で60万稼いだ」


こういう人が結構いらっしゃるんでお金を稼ぐという部分でも

非常に面白い案件なんだけど


ただそれだけじゃなくて動画で色々面白い話がされているんですね。


それで面白かったのは件名に書いた



【ヤンキーとオタクは出世する】


っていう岸さんの話なんですね。


「これからの時代どういう人が出世すると思いますか?」



っていう質問が岸さんに投げかけられるんだけど


色々要素はあるそうなんですが


最近はもう



【ヤンキーとオタクは出世する】



この傾向がどの業界でも強いんだと、それをおっしゃっていました。



これ、本当に本質の一つだと思うんだけど

実際に「ネットで自分で稼ぐ業界」

見ても成功している人たちって


1ヤンキータイプ

2オタクタイプ


のどちらかですよね?




⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms



ちなみにヤンキータイプってのは岸さんいわく

サービス業系ですごい力を発揮している人が多くて


元ヤンキーみたいな人はその辺でパワーありますからね、

また仲間率いていけますから

そこでしっかり営業利益出せるようになってくると。


岸さんなんかはエイベックスの代表取締役なんで

色々な人に会うそうなんです。



メタルバンドのアイアンメイデンっていうすごいバンドがいて

知ってる人もいるだろうけど、彼らが日本に来たらいっつも

食事に連れてくんですと。


そういうエピソードも出てきます。



それで色々な成功している経営者にも会うそうなんですが

そこで「ヤンキータイプは出世する人が多い」というのは

ほんと感じるそうなんですね。


これは情報業界なんか見ても基本的に元ヤン、元アウトローみたいな

人が成功している傾向はあると思います。


インフォで有名な村上さんとかの場合元893ですが

今は相当ビジネスマンとして非常に良い

コンテンツを提供してたりしますよね。




それで一方、もうひとつ成功するタイプがあって

それが「オタクタイプ」なんですと。



これ投資系ではほんと良く見られることなんですけど

投資系で成功しているタイプは上のヤンキータイプとあとは

このオタク気質、これが混ざってる人が明らかに成功している人多いと

私も友人みて思います。



ちなみに「オタク」は出世するって話も私はすごい分かるのだけど

それこそこの前中国の上海に行ったんだけど


街に行けば日本の「味千ラーメン」ってのがかなりあるんですね。

これ元々池袋のラーメン屋なんだけど、今は中国で

「日本のラーメンうまい」ってことで結構人気でして


確か向こうでは吉野家とかより成功していると思います。


日本だと無名だけど中国で大成功している日本のラーメン屋さん。


それで日本のラーメンってのもすごくて

元々中国発祥ですよね、ラーメンって。


けどここで日本の「オタク気質」がかなり加わって

ラーメンに関してはもう色々なラーメンが日本で登場しておりまして


海外でも「日本のラーメンはうまい」ってのは、これはもう有名

なんです。


外国人たちと話ししても「日本のラーメン食べたい」という

話をする人が結構います。



んで、これも「オタク」が頑張って「掘り下げて掘り下げた結果」

なんですよね。

ラーメンはそこにヤンキー気質も加わっている人が参入していて


「ヤンキー+オタク気質が加わったのが日本のラーメン業界だ」


と言えそうです。


また日本のアニメなんかもそうでこれはオタク気質で

掘り下げて掘り下げて、それで面白くなっていった業界でしたが


この日本のアニメってのはですね、やはりすごいんです。


これは海外にいると感じることで、中国なんかでも

日本のアニメが翻訳されて放送されているし


韓国なんかではクレヨンしんちゃんとか、放送されていたりして

やはり日本のアニメって人気なんですよ。


それを見て育ってるのが今の中韓の若者ですからね、

政治の件では一応マスコミに合わせて呼応したりもする人も中には

いるだろうけど


今の中韓の若者の

本音では「政治の対立めんどくさいな~それより

NARUTO見よ」って感じだと思う。


だから私は韓国とか中国に滞在するけど現地の人は

もうなんかすごい優しいんだけど


それはこういう日本のアニメ文化ってのもすごい影響していると

思うんですね。


んで、このアニメを生んだのが「オタク気質」なんです。



⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms




だから岸さんが3つ目の動画で分析している


「これからの時代はヤンキータイプとオタクタイプが

出世する」


ってのはすごい本質的でして


これはもうあらゆる業界で見られる動きですね。


インフォの業界なんかそこがもう顕著で

成功している人はもう


ヤンキーかオタクなんですよ。


そう思いませんか?


私はメルマガ色々な人の見てるけど

「この人はオタクタイプだな~

この人はヤンキータイプだな~

この人は両者のハイブリッドだな~」


みたいのはほんと良く感じてるんですね。



だから成功するためには

「ヤンキー気質とオタク気質、両方を

引き上げていきましょう」


か、


「ヤンキー気質を引き上げましょう、

オタク気質引き上げましょう」


ということにもなるかと思います。



FXなんかは分析と統計の世界ですから

オタク気質が求められると思いますが、


同時にヘッジファンドとか大口を意識するポジション立てるときは

「なんやこのやろー」みたいなヤンキー気質も大事だと思います。



ネットビジネスなんかでも行動力発揮するのは

ヤンキータイプの人でして、この人らはなんでもかんでも言いますからね

そして行動するからやはり稼ぐ割合が高いって思います。



私も学生時代とかクラブでオーガナイズとかしていたから

周りにヤンキー気質系の人が多かったのだけど、

そして彼らは本音で話してくれるから実はコミュニケーションしやすくて


やっぱり今彼らは時々連絡すると自営業ですごい成功してたりします。


韓国の私の親友のD君ってのがいるんだけど

彼は元々粉関係で若いころ色々無茶して日本と韓国の刑務所いた

前科ありなんだけど


それでも更正して、今は日本語韓国語を自由自在に操って

ビジネスで成長を見せています。


ちなみにこのD君がすごくて、刑務所の中で韓国の経営者国家資格が

あるのだけど ソウル大学(日本でいう東大)なんかのやつらが

沢山受ける試験を刑務所内から受けて韓国1の成績で受かった人で


刑務所から試験受けて一位になったってことで

新聞にも載った人です。


私がよく紹介するベンチャー革命も日本語で読んでるんですよ。


語学力もハンパなくて

日本語で私と政治思想とか民主政とは何か、とか

討論できるんです。


彼なんかはヤンキー気質を持ち合わせていてそこから

オタク気質が目覚めた人だったんだけど


だからヤンキーのエネルギーがオタクのエネルギーに転嫁した

パターンなんだけど、すごい行動力と成長力を見せています。


だから岸さんが言う

「ヤンキーとオタクが出世する」

というのは今の時代、個性が非常に重要になってる時代だから


本質を突いた言葉ですね。


この言論だけでも価値があると思いました。


⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms



だから株なんかでも経営者がどっち側の気質を持つ人間なのか??

という見方が可能なんですね。


今の時代、価値生産をして、そして売り上げあげて

利益出すってのはやはり


この「ヤンキー気質、オタク気質」が必要でして


その素養がある人が成功して売り上げ立てていくんです。

だから投資する株式があったとして経営者がどのタイプか??


というのを見るのは大事で


この2つの素養がどのようなバランスで成り立ってる経営者なのか

というのは見る必要があると思います。


これを見れるようになると「ここは長期で売り上げ伸ばすぞ」ってのが

分かるんですね。株価もあがる確率が高いでしょう。



だからすごい3つ目の動画は色々と勉強になります。


⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms



だからよく女性が「将来出世する男をつかまえたいわ」

なんていうけど


これからの時代高確率で

出世する男ってのは、成功する男ってのは


このヤンキー気質とオタク気質の両方持ってる男ですからね、


私のメルマガでは女性読者さんも多いですけど


良い男を捕まえるならこの


「ヤンキー気質とオタク気質両方があるか」ってのを

見るといいと思う。


そういう人は長期的に見るとどうも何かしら突破口を探して

急成長することがほんと多い、と思います。



逆に一番駄目なのは中途半端な以前流行した言葉で

リア充ってタイプなんだけど


これは弱いんですね。


打たれ弱い。


売り上げや利益を成長させる、もしくは大変なとき維持するってことが

出来ない人が多いと私は見ていて


推進力が発揮できない人が多いです。なまじ空気読む癖がある分。


たぶん今でもそうだと思うけど日本の大企業って

リア充タイプを求めると思うんですね。



学歴があって明るくて、


「学生時代はサークルのリーダーで頑張ってきました!

友達もいっぱいです!」


みたいな・・・


日本の大企業が負けてるのはそこが理由だ、っていえます。

こんな人らはなんのイノベーションも生み出せないし

そのパワーもないから、結局利益出せないんだけど


そういう「無難な人材」は事務作業やマニュアル作業は

出来るんだけど

そんなのこれからの時代AIとかコンピューターに任せておけばいい

って話でして


だからそういうリア充タイプが集まってる日本の大企業が

どんどん世界影響力を失っているのは当然だ、と思います。


だからこの岸さんの言う

「ヤンキーとオタクは出世する論」というのはすごい大事で

今の経済ではすごい強烈に作用している因果法則だから


馬鹿にできません。


ちなみに最近は私のメルマガって企業の人事の方とか

謎に見てくれてるようですが


一度人事でも元ヤンキーとか元引きこもりのオタク、

とか取ってみたらいいんじゃないですかね。


我が強いためトラブルはあるでしょうが、

彼らの個性を理解したマネージングできるならば

生産性は長期で上げる可能性がある、と私は思います。


それで株なんかも経営者が「優等生タイプ、リア充タイプ」は

やはり今の時代競争力を発揮できませんから


何か大変なことあっても復帰できなかったりすると思うのですが


そこでヤンキー気質なのか、オタク気質なのかを見極めることは

とても企業成長力を図る上で実は重要な指針だと思います。



だからすごい気づきがある動画です。

⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms





それで岸さんが言っていたのが


「前例がないことにチャレンジできる人」


これが大事だと。


役人なんかはそれが出来ない典型で、

前例がないと動けないという人たちの塊なんだと


それを元官僚の視点で言っていました。


だから岸さんなんかは前例がないことをやりたい人だから

色々対立して、結局辞めたんでしょう。


だからこれは私が言ってることとも似ていて

「みんなと一緒じゃなだめなんだ」ということでもあるんですね。


「みんなと一緒=死」だと思ってもいいくらい。


それよりは前例がないものにどんどん挑戦できるそういう人材が

これから大事でして、


そういう企業が結局長期で伸びていく、という話ですね。



それで今回の株の案件ですが「みんかぶ株式会社」さんが

統括しているのだけど


この講師の遠藤さんってのがまあすごい生徒育てる実力がある

んですね。


色々勝ってる投資家なんかはみんかぶさんは会員が数十万人いますから

把握してるんだけど


その中でも「すごい実力とそして指導力」を発揮しているのが

遠藤講師だと。


それでこの遠藤講師の動画に岸さんがゲストで出てるんだけど


遠藤講師なんかは実はあまり「テクニカル分析だけ」とかそういう

取引はしないようなんですね。


けど年利600%とか出すんです。


「じゃあなぜ彼が年利600%出せるのか?」ってのは

動画を見てのお楽しみ、とちょっと引っ張りますけど


⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms



要するに「企業価値」を「数字」だけで計らないってのが

大事なんです。



例えばFXだとダウ理論とかフィボナッチとかですね、

チャートを分析して投機するんだけど


株の場合それぞれの企業の価値とか市場価値があって

そして時価総額ってのがあるのだけど


それが決定される「市場のプロセス」ってのがあるんですね。


実はその一つが上の「ヤンキーとオタクは出世する」というところにも

つながるんだけど



オタク的な要素で市場価値の高い商品を生み出して

ヤンキー的な要素でそれを広めていって

顧客感謝を得て利益出していく、


みたいなところですよね、これが出来るところってのは売り上げ伸ばして

そして結果として株価があがる、という

自由市場、フリーマーケットの流れがあるわけです。



彼はこういう市場価値とかそういう分析をして

そこにテクニカルも参考程度に加えるというタイプなんだけど


だから日本のヘッジファンドと似ているアプローチでもあるのですが


そこで彼も生徒も利益をあげている、んですね。


⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms




だから「株と言えばチャートにかじりついて

チャート分析して1日で決済のデイトレード」という


「テレビで宣伝されるトレーダー像」を想像している人は

ちょっと肩透かしを食らうかもしれません。



動画3では「時価総額はどう決定されていて、

市場規模はどの程度でその会社がどのような価値を作っていて


そこでどうエントリーして 出口戦略を立てていくか」


みたいな話がかなり具体的にされてるんですけど


これだけでもすごい価値あるんだけど


それだけでもすごいあなたの学びになるかと思います。


⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms




「企業の利益、売り上げ」に作用する因果関係や要因ってのは

実はチャートだけじゃなくて上の

「ヤンキーやオタクは出世する」のように


多くの人が見ていない因果関係がすごい作用するんですね。


遠藤講師はそれが「見えている」から稼げる、ってことなんです。



ということでこの3話目の動画だけでも1時間以上あるんですけど

すさまじく学びはある、と思います。



それで「ヤンキーとオタクは出世する」ってこの岸さんの

色々な成功者を見た分析はすごい大事で本質だと思いました。



ちなみに、私がよく扱う副島先生なんかも

この視点で言うとやはりヤンキータイプとオタク気質

これが合わさった人だと思うんですよ。


彼のエピソードで確か高校の教師と大喧嘩してそれで

高校辞めて大検で早稲田入ったとかそういうエピソードが

あったと記憶しているのですが


やはりそういう人がこの

混沌としている現代で

推進力得ているというのはあると思うのですね。


副島先生の書籍で

「税金官僚から逃がせ個人資産」って本があるんだけど

もうタイトルからしてヤンキー気質です。だから面白い。


それで副島先生がよく推薦する株とかを書籍で書かれているのだけど

ここではキレイゴトを言わないで


例えば鹿○とか

「経営者がヤンキーな会社」を

結構その理由で薦めてたのを見たけど今かなり株価上がってます。


だからそういう見方で会社の成長力を見極めるというのは

実はあまり多くの人がやっていないけど大事な見方なんだろう

とも思います。


そういう意味ではこの

「ヤンキーやオタクは出世する論」はすごい現実世界で


強烈に因果関係が発生してる論理ですから


馬鹿に出来ないんですね。



そういう点で、他の人が持っていない視点で色々

語られている動画ではあるのですが


だからこそあなたに色々学びはあると思いますので

是非動画も見てみてくださいね~~







【ヤンキーとオタクは出世するという本質を述べてる動画】
⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms









=============編集後記============

さてさて、ここ最近ですがトランプ氏が大統領になったということで

色々と報道されていますね。



それで、私が非常に注目していたのが

アメリカ大統領のトランプ誕生でイスラム国ISが殲滅されるシナリオ

だったのですが


これがどうもこれからしっかり進んでいく感じがあります。


この数日でかなり動き出しております。


ちなみにISを誕生させたのはこれはトランプの対立候補であった

ヒラリーでありました。これはウィキリークスが暴露している内容なんだけど

リビアのカダフィをヒラリーが惨殺しましてですね、

リビアの資産をアメリカが強奪して、2兆円超だけど


それを原資にISイスラム国を誕生させた、というのが本当の真相です。


これはもうメルマガで米大統領選挙の前に私が沢山扱っていた

ことです。


それでトランプが大統領になったら当然のごとく

ロシアと連携して、そしてISイスラム国を倒す、全滅させる

という動きになるわけですが


それがいよいよ、動き出しております。


ちなみに、このイスラム国ISの件は日本人は良く分からない

んですね、そう報道規制されてるから。


このイスラム国ISのテロってのを作り出してそれで軍産が

「戦争というビッグビジネスで儲ける」というのが今までの

形だったんですね。そのリベートってのをヒラリーがクリントン財団経由で

受け取ってたってのが本当のところで


これをアメリカ人たちは知ってるからトランプが勝ったわけでして

それはちゃんとトランプ勝利前に私はその胎動をメルマガで書いていましたが


今でも日本のメディアはこの辺の本質を報道していない

という現状だと思います。


それでトランプとしては軍産複合体military industrial complexとの

暗闘に入りますからね、これから大統領になって大変だと思いますが


ただこれからトランプはプーチンと連携して、ISを打倒していく

という動きになってきています。


ちなみにISイスラム国はテロリストだけど、なんで退治されないの?

というとこれは「お敵様」であってヒラリーなんかが作り出した

テロリストであったけど、これとアルカイダってのがくっついていたのですね。




だからロシアのプーチンとシリアのアサドがISアルカイダを

潰そうとしていたけど


それに対してなぜか今までは米軍が邪魔していた、というのが

分かりやすい簡単な構図になります。

米軍が邪魔してるのに「え?邪魔してませんよ~IS倒したいのにな~」

みたいなそういう状況だったんです。


これは以前に中東問題私が書いてるから参照してください。

けど簡単に言うと上の数行のような状況でした。


この簡単な構図を分かりづらーく、するのがマスコミの役割として

あります。


ただトランプとしてはこれから軍産の無力化を進めていくわけですから

「ISイスラム国を殲滅」という動きなんですね。



それでもうこの数日で急激にこの辺の政治の動きが

進んでおりまして、


トランプが大統領就任するのが

(トランプに軍産勢力から妨害が仕掛けられなければ)

1月20日の予定ですが



このトランプはまだ就任する前ですが、既に

シリアとかイラクでISとアルカイダを殲滅せんめつ するために


国際軍をアメリカとロシアで編成するということを


ロシアとトルコと協議しております。


だからトランプが大統領に就任すれば、そこで1月2月あたりかと

思うけど、


アメリカ軍とロシア軍とトルコ軍が晴れて連携して

(今まではこの中の対立があった。)


そしてシリアとイラクでISを殲滅する、退治する

軍事作戦が開始される、というシナリオ可能性が濃くなってきております。


それでトランプはあの日本の11月9日の大統領選勝利の後に

すでにロシアのプーチンと2回の電話会談をしておりまして、


アメリカとロシアで協調して中東問題を解決していくぞ

という話を進めておりますね。



それでこの中東問題の対立点としてはやはり上に書いた


ヒラリーなんかのCIA系列、あとは軍産のネオコン派の危ない

宗教も絡んだ勢力ってのがあるんだけど


それがやはりISにもっと頑張って欲しいという立場なんですね。


自分たちが作ったのがISやアルカイダであって

それはアメリカ人だったら大体の人は知ってるんです。


だからアメリカ人たちはISやアルカイダを作ったのは

自分たちの国の頭がクレイジーな人たちだ、て知ってる人が多い。



それでここに関わっているのが同じく軍産とパイプ持つ

CIAの好戦派の連中なんだけど


もうトランプはこの辺との対立を今明確にしてきているんですね。


これは田中宇氏が報道しておりましたが

CIAは次期大統領向けにいっつも


「次大統領になる前に私たちの情報をお伝えします」

みたいなことをやってるらしいんですね。


オバマもその「CIAの情報指導」それを受けたと。


ただ基本的にはCIAが出す情報ってのは軍産側の歪曲した情報ですから

これはトランプにとって害でしかないわけです。


それなので今回はトランプはこのCIAの諜報報告会議には

全然出ていないで無視している、と言います。



トランプはCIAの諜報報告会議に2回出たらしいんですが

そこでもう経営者ですから

「あ、こいつらこういう思想で

オレを誘導しようとしてるんだな」


とすぐ気づいたでしょう。


経営者とか自営業者はこういうのすぐ気づきます。

だから稼ぐわけでして。


それでトランプはもう早々とこのCIAの諜報報告会議に出なくなっていて

田中先生によると出席は2回だけ、残りはもう全部トランプ本人じゃなくて

側近たちだけ出席させている、ということです。


一方トランプはプーチンと親密でありますが、

プーチンとはもうこの短期間に2回、最低でも話していますから


もうこれから米国とロシアが共闘する時代になってきたということですね。


もうこの動きはあまりに大きな動きで

「画期的」であって、本来は新聞1面に載るネタなんですよ、

この重要性分かりますかね?


要するに今までって冷戦構造というのが冷戦が終わったといいつつも

残っていましたよね。


アメリカとロシアはずっと仲悪くしていました。


が、イギリスのEU離脱、および今回のトランプ誕生、を経て

ついにアメリカとロシアが協調しだした、という

歴史の転換点である、と言えまして


だから やらせ的でもあったんだけど冷戦構造ってのが

今まで残っていたけどこれがついに 秩序転換した

と言えます。


それでここ最近絶好調なのはキッシンジャー博士なんですね。


トランプの後ろにはキッシンジャー博士がいる、

というのはもうメルマガ読者のあなたならよくご存知のこと

と思いますが



このキッシンジャー博士の大きな世界覇権思想というのが

あってそれが今反映されている、と見ないといけないです。


それで私が聞いたのが

どうもキッシンジャー博士の「認識」としては

「アメリカでトランプ次期大統領が誕生したことで

本当の意味で、戦後冷戦構造が終結した」

というものだそうです。


だからトランプ大統領誕生の意味というのは実はすごい

歴史的な意味合いを持つのですが現代の人はそれに気づいていないのかも

しれません。


それでこのキッシンジャーという人はパワーオブバランスという

考え方を持っていて


それぞれの地域覇権国というのが存在するのだけど

そこでそれぞれ対立せずに世界全体的に発展を遂げていく

という考え方を持ってるでしょうが


彼が嫌気するのがやはり日本の安倍首相なんですね。


だからトランプは安倍首相と「あいつは友達だ~」みたいな

感じだったと報道されているようですが


実際の話はもう少し後ろでキッシンジャーとそしてその下で

大統領になってるのがトランプ氏ですが


この両氏は安倍氏が危険なやつである、という認識を共有している

と言います。


これはもう、思想面からしても当たり前といえば当たり前ですけど

トランプとしては安倍が当時対立候補であった

自分を無視してヒラリー「だけ」に会っていたのを良く知っていますから


やはりトランプはそういうところであえて友達だ、と言ってみたり

そういう駆け引きはするんですね。


ただ実際の本音としてはキッシンジャーも安倍の好戦的な姿勢を

かなり警戒しているようですから


そしてその安倍を持ち上げてきたジャパンハンドラーズたちの

リチャードアーミテージとか

ジョセフナイとかがいるんだけど


それに対してのアメリカの責任はある、という考え方のようです。


それで日本の自公なんかはまず自民支持母体の日本会議がありますが

これはキッシンジャーがとても嫌ってるわけですが


この日本会議なんかがなんとか今の大きな世界の自分たちを

追い出そうとする逆境があるんだけど


そこで

「トランプが大統領になる1月20日までに衆院解散して

総選挙して自公連立政権を大勝利させてやろう」


という思惑が今言われてるらしいですね。

1月3日公示15日投開票をもくろんでるという話もありますが


民衆にこの反エスタブリッシュメントという大きな

政治ダイナミズムが発生しておりまして、

それに日本人が「感化」されるまえに、選挙やってしまおう

という声がどうもあるらしいです。


日本の政治はこの狂った日本会議連中をキッシンジャーたちが

つぶせるか、という話になります。


だからもう明らかに

1イギリスEU離脱

2アメリカ大統領でトランプ勝利


で安倍首相や日本会議や日本の官僚機構に逆風が吹いてるのは

間違いなく、彼らがここまで今焦りだしているというのも

これまた日本政治では重要なポイントです。


この辺のいつ解散するのか、というのが日本政治のこれからの

焦点になりそうです。


そしてトランプの話になりますが、トランプがCIAの諜報報告会議に

全くほとんど出ていないというのがこれまた

面白い動きだけど


これ、実はCIAとの対立を明確にしたフィリピンのドゥテルテと

同じ動きですね。


フィリピンのドゥテルテが国際的に私刑を執行した

というのをフィリピン人たちがなぜ支持するのか?


という疑問があると思うけどどうも色々調べると

やはり麻薬ビジネスに絡んで私刑対象になってるのが

同じくCIAのエージェントであるって話があって


特にCIAってのは麻薬関係がっつり入ってまして

例えば日本のジャパンハンドラーズのリチャードアーミテージ

なんかも麻薬の取り締まり人ってのはよく知られてますが


そこをドゥテルテが私刑を執行したという事実がどうもある

と思います。


だからその後

「暗殺を警戒? ドゥテルテ比大統領、CIAを名指し挑発」

というのが朝日新聞で報道されているけど


それはドゥテルテとしても麻薬介してるCIAのエージェント

たちを私刑で殺しまくってますから

自分も暗殺対象になる可能性があるので


あえてCIAを名指しで挑発したんだ、というのが分かりますね。


これはCIAを名指し挑発することで彼に何かあればそれを仕掛けたのが

CIAである、とフィリピン人たちに理解させるためであり

それを事前に言うことで暗殺から免れるというドゥテルテの判断だったでしょう。


フィリピンを踏襲して、というとおかしいかもだけど

アメリカのトランプもまたCIAにはかなり挑発的な行動に出ておりまして

早くもこことの暗闘が開始されているということですね。



それでこの数日トランプはIS殲滅のために

ロシアのプーチンたちとも話しを進めていて


ロシアとトルコとの共闘体制を進めようとしております。


なので今回のIS殲滅作戦には


1アメリカ(トランプ大統領)

2ロシア(プーチン大統領)

3トルコ(エルドアン大統領)


の3か国の連携で当たろうという動きが今出てる動きですね。


アメリカではこの動きに反対するのがCIAとかネオコン派なんかの

好戦派連中ですから、


キッシンジャーやトランプとしてはここを一番警戒しているでしょう。


ちなみにエルドアン大統領は以前にロシアのプーチンに

電話で警告を受けて寸前で逃げ切って暗殺から逃れた

という過去がありますから、


やはりプーチンは命の恩人であるわけですね。


だからもう今はトルコなんかもこのアメリカトランプ

ロシアプーチンの輪の中に入ってきているというのも

面白い点です。



このトルコなんかは前は後ろでISを支援していると言われていた人です。


が、最近は

既にアメリカでトランプが大統領になってプーチンともくっついて


さらにはイギリスのEU離脱というのがありました。


そしてもうこの流れで大きくはアメリカの帝国としての覇権が低下して

中国やロシアなんかのBRICS諸国がおそらく田中先生の言い方だと

多極的に世界覇権国となっていく体制に代わりつつある流れですから


それを明確に察知して、エルドアンは今回完全に

鞍替えして、アメリカ、ロシア、と協調していく、という体制に

変わって行ってますね。



それでこのエルドアン大統領に関してはさらにもっと突っ込んで

最近は中国とロシアが主導する上海協力機構に加盟したい

と言い出しておりますから


もう完全に

「アメリカ帝国覇権⇒中国ロシア中心のBRICS中心の新世界覇権」

に対応する動きを見せております。



それでトランプとしては2017年のG7サミットがシチリアで

行われますが


ここでロシアのプーチンにG7に加わってもらって

それで以前のG8に戻そうとう動きですよね。


それでイギリスEU離脱の後ろにもやはりキッシンジャーがいる

構図は変わりませんからイギリスのメイ首相もトランププーチンサイド

ですから


そしてフランスではおそらくこちらもキッシンジャーがいるのでは

と思いますがルペンも加わったとして


完全に世界の体制としては地域覇権国が

それぞれの地域に存在してバランスをとっていく世界体制


そして中国がおそらく世界の超大国として位置する体制、


そういった体制に徐々に変わっていくだろうと思われます。

今回のアメリカトランプがロシアプーチンと共闘して

ISを殲滅させる、と言う動きはもう大きな世界のダイナミズム変化であって


キッシンジャーなんかは本当の意味での冷戦構造の消滅と

とらえるようですが


本当に大きな世界秩序の転換点であります。


それで世界でどんどん、


「脱軍産複合体、脱戦争屋」の流れが出来てきておりまして


軍産勢力はどんどん力を失っているというのが今の流れとして

あるわけですが


そこで唯一日本だけが取り残されているというのが

世界の抱える問題としてあるわけです。


この日本だけは強烈に官僚機構というのが戦後も

存続している地域でして


「エスタブリッシュメント」が非常に強い地域です。

支配勢力であるエスタブリッシュメントがいくら

2009年に日本の民衆が世界に先駆けて小沢鳩山政権を

誕生させても


「内部から」それを妨害してつぶすということをしてきたわけですね。


これは以前にも書きましたがアメリカの圧力というのも

当時あったろうけど、鳩山元首相および小沢幹事長を

当時追い詰めたのは


なんと、内部の外務官僚たちであった、というのが

最近鳩山元首相が時効が切れた3枚の極秘文書を出してくれましたが

それで証明されつつあります。


ちなみに安倍首相なんかは予算を決定できる権利は

ないんだそうですね。

これはまた別の自営業の友人が行政関係の

内閣関係の仕事受け持ってるので聞いたのですが


実際は決裁権は官僚にあるんですと。

安倍さんはなんも決められないってのはみんな知ってると。


となると安倍首相をうまい具合におだてて泳がせてるのが

官僚機構の東大法学部出身の方々であろうと

私の人脈などからは推測できるのですが


この官僚機構にとっては


今の冷戦構造が本当の意味で終結しそうな

アメリカ、ロシアが共闘してISを退治するなんて体制は

もう脅威でしかないですよね。



一応対米軍産従属をしている国としてはカナダなんかもあるけど

カナダはもう隣の国ですから

アメリカの反エスタブリッシュメントの動きが

そのまま伝染するでしょう。


だから残るは日本となりますが、ここでも

安倍首相なんかはもう衆院選を後にすればするほど

この世界的な反エスタブリッシュメントの流れで

不利になる流れだと理解してるから


なるべく早く解散してしまおう

みたいな動機もあるのかもしれません。


それでトランプとしては表では反中国みたいな動きを

するかもしれませんがやはり

後ろではキッシンジャーがバックですから

実質協調していくでしょうから


そうなると取り残されるのは本当に日本だけとなりそうです。


それで今回のIS殲滅においてアメリカとロシアが本当の意味で

共闘しだすというのは大きな動きだと思うのですが


そうなると上記のように取り残されるのが日本ですが

この日本の安倍首相はキッシンジャーに警戒されているという

話もあるわけですね。



キッシンジャーはトランプ大統領誕生において

ポール・アルフレッド・マナフォート氏を選挙参謀として

起用して選挙戦術においても綿密に教えて

トランプ氏を当選させたわけですが



まず選挙前の10月18日にポール・アルフレッド・マナフォート氏を

日本に派遣して天皇陛下に近い筋と面談させておりまして


そしてトランプが大統領勝利となって

日本の安倍首相が11月18日にトランプと会談してます。


そしてキッシンジャー博士はなんと翌日

19日、20日、21日に

同じくトランプ大統領と会談しておりますよね。


それで安倍首相が21日にアルゼンチンで

「TPPは米国抜きでは意味がない」なんて発言してるのですが


その安倍首相の発言のなんと1時間後、

動画サイトで



「私はTPPを離脱することを宣言します」


と表明しております。


だから時間経過で見ると分かるけど、明らかに

反安倍の動きをトランプは実態としてはしてるわけですね。


それでキッシンジャーの考え方としては

どうも安倍首相は戦前体制に戻そうとしている危険な人間だ

という認識でして、


そしてヒラリーが極東でまさにpivot to asiaでして

「アジアに軸足を」ということで極東での戦争を画策してきたけど


それに同調してきたのが安倍である、という当たり前の見方を

どうも取っているようです。


アメリカにとっては中国との関係修復が最優先であって

中国とは協力するという体制であって


中国北朝鮮と戦争はしてはいけない、という考えがあるようで

それでキッシンジャーがやはり表に立てたいのが

安倍首相ではなく小沢一郎さんでしょう。


中国との関係修復として動ける政治家といえば

福田康夫、河野洋平、村山富市、細川元首相、そして小沢一郎ですが

現職は小沢さんだけです。


そのような考え方をキッシンジャーがしている可能性はあります。


そしてまた言われているのがやはりキッシンジャーとしては

「America First!」なんです。アメリカの国内問題優先主義なんです。


これはだから私は分からないけどトランプの言葉ではなくて

キッシンジャーが作った標語なのかもしれない。


これは本人たちしか知らないからあくまで推測だけど。


それでAmerica Firstであってもう米国には他国に駐留して

他国を守るとかそんなカネはありませんから


自分の国は自分で守ってくれそういう考え方なんでしょう。

自衛隊においては本来の日本を守ることに限定した

そういう動きをしてもらわないといけない、という考え方が

キッシンジャーのそれで、


一方それに反するのが安倍首相のヒラリーと同じ考えですが

「世界に出て行って昔の陸軍のように世界中を守る」

みたいな考え方がどうもあるわけですね。


ちなみに私はマレーシアのマラッカにこの前いたのですが

日本軍の統治下だったんですよ、マラッカが。


それで色々調べたんだけど現地人の話とかそういうのも

調べたんだけど、日本軍の支配ってのは日本人が聞かされる様な

素晴らしいものじゃなくて結構怖いものだったようです。


これは今度書こうかなとも思うけど現地のバラエティー番組

やっていて日本軍を風刺したバラエティー番組やってましたからね

マジで。


マレーシア人の芸人が日本軍の格好して「ですです!」とか

言ってそれでへんなマレーシア人が登場する、っていう

変なコントだったんだけど、とりあえず日本軍が感謝されていたら


そんなコント流れないだろうな・・・と現地で感じてました。


それで当時のような考え方に支配されてるのが安倍首相だったりするんだと

思いますが、


これについてはどうもキッシンジャーはアメリカの責任もある

という考え方があるようで、それをどうも認めてるという話があって


特に上記のリチャードアーミテージやジョセフナイですね、

これが安倍を増長させてきたんです。


ちなみに、私のメルマガで2012年の3月にジョセフナイが

安倍を首相にすると決めたと書きましたでしょ。


そこから急に安倍首相が出てきて、急に自民党総裁になったんだけど

大きくはCSIS日本管理委員会で決められた首相が安倍首相だったけど


それに対してのキッシンジャーのアメリカとしての

反省というのがどうもあるのだと。


反省なんだから、これを正していかないといけない、という

考え方になりますから、


そのためにマイケルフリンを

国家安全保障補佐官に置いてるんですね。


それで、「マイケルフリン」ってネットで検索したら

分かりますが


米大統領選挙前に

「トランプ大嫌いヒラリー大好き!」って日本のマスコミは

やっていましたでしょ。


軍産複合体に迎合して。



このマスコミたちが一斉にマイケルフリンが

国家安全保障補佐官に任命されたら発狂しだしてる様子が

彼の名前で検索したら分かりますが


それはもう彼が軍産の好き勝手にさせない人だ、と

内部のヒラリー応援団であったマスコミたちは気づいているわけですね。


だから叩く。


このマイケルフリンはまさにキッシンジャーが助言して

国家安全保障補佐官に任命されたと思われますが


これがまさに上記キッシンジャーの「反省の人事」なんですね。

私はその辺を今日考えておりました。


要するに

「安倍首相が好き勝手できない世界体制」というのが着々と

構築されております。


それでロシアも米国も共闘するとなってきましたから

これはもう日本の官僚機構や安倍首相周りは「どうしようどうしよう」

となるわけです。


だから今解散をなるべく早くして選挙早くやって

日本人にこの流れが伝染する前にぱっぱと選挙やって

今までの独裁体制やってやる、みたいなところなんでしょうが


さあ、果たしてこの世界ダイナミズムの中でそれがうまく行くかな?

というところでもありますよね。



いくら安倍がトランプを選挙前に訪問しないで

同じエスタブリッシュメントのムーニー系統のヒラリーだけを

訪問した事実をなかったことのように振舞って


「トランプはいい人だった」なんて言ってもキッシンジャーも

そしてトランプも安倍の本性は理解しておりまして

すさまじく頭は切れる人たちだから


やはり日本の安倍首相および彼をかつぎあげて

権力維持する官僚機構も安泰とはならなそうです。



明治以来権力を拡大してきた日本の官僚機構が

ここまで世界政治ダイナミズム的に追い詰められてくる環境が

出てきたのは初めてと、言えるでしょう。


だから今号の本題としては

「イスラム国殲滅に動き出したトランプ次期大統領」としましたが

実はこの大きな胎動の中で一番注目なのが


日本だったりします。


この世界的な反エスタブリッシュメント支配という

流れにあって、


果たして日本の官僚機構だけが

「逃げ切れるか」ということですね。



ということで日本が一番これから政治的に揺れ動く可能性が

ありますので、その条件が整っておりますので

非常に注目です。



それではまた!!



ゆう





PS・・・ちなみに私はマスメディアのわずかな動きも

大事だと思ってるんだけど


今まで絶対に主流メディアとかその関連メディアで取り上げられなかったのが

警察の道路交通法利権のところですね。


総務省が警察が違反で捕まえたドライバーから取り上げる

反則金の「予算」を毎回720億円くらい最初に計上してるんです。


だから警察には実質ノルマってのがあって

それはノルマって名称じゃなくて努力目標と、言うんですけどね


それで720億円の「売り上げ達成」するために

日本の道路では警察が沢山ドライバーを監視してますでしょ。


それで一時停止違反とか、全く車走ってない道路で

車がちょっと早く走っただとかで違反ということでとっつかまえて

交通違反金納めさせるんだけど、そこで

「国家カツアゲ」しております。



この問題は私は時々メルマガで書くのだけど、主流メディアは

あまり書かなかったことです。


が、最近ほんとこの1ヶ月くらいからそれを批判する

結構大きなニュースサイトが出てきたんですね。


警察庁なんかは旧内務省系官庁であるけど、ここを批判するリスクってのは

安倍政権下ではあったのだろうけど


最近ここを公然と批判するメディアが出てきたと。

明らかに米大統領選の前後から「流れ」が変わってきています。


日本には今民衆のほうでうずまく不安不満ってのがあるのだけど

それが容器からあふれ出そうになってるのをなんとか

みんな各メディアが協調してるプロパガンダで洗脳して

蓋してる状態です。




この容器を ポンっと刺激して揺らすと

蓋がはずれてその蓋の隅から

それが漏れ出すんだけど


一度漏れ出したらもうそれはどんどんあふれ出して

大きな流れを作るんですね。



そういう流れがまさに日本で起こる可能性がありますから、



だから日本の今まで好き勝手してきた

エスタブリッシュメントってのが

どこまでこの逆境に耐えられるのか?ってのも注目ですね~



またこの動画でも元官僚の岸さんが今の日本の政治運営のおかしさを

公然と言ってるのだけど


それもやはりひとつの流れの一部なのかな?というのも

感じました。



⇒  http://academy.minkabu.biz/llp……542&cd=oms




では!

















«  【IS(イスラム国)殲滅に動き出したトランプ次期大統領!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください