無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【鳩山由紀夫元首相と副島先生のライブセミナーに 行って来て学んだこと!!】

2016 11月 20 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



【鳩山由紀夫元首相と副島先生のライブセミナーに
行って来て学んだこと!!】







さてさて、私は結構長い間中国の上海とマレーシアに

いたのですけど


先日帰国しました。


それで早速なんですが今日

鳩山由紀夫元首相と副島隆彦先生のライブ(セミナー)に

行って来ました!



こちら、鳩山元首相がゲストで登場するということで

大物ですからね、絶対いく価値あるだろうということで

マレーシアから日本にすっ飛んで戻って今日東京の大手町ってところ

まで行って聞きに行ったのですが、ほんと価値ある講演でした。



それで2009年に民主党政権が登場して

残念ながら敗れ去ったのだけど、それはもう日本人みんなが

知ってる話だけど、その「妨害」をしたのはどの勢力だったのか??


というのがやはり重要なんですね。


これ色々「うわさ」はされていたのですが、

今回の講演でそれが私は明確に分かったので

それだけでもすごい価値がありました。


そして同時に考えさせられました。


編集後記で!!








さてさて、前号で

【大統領選後に急騰した米国債金利と米日金利差について考える!】

っていう号を流しました!


正直どの金融商品も国債、債券の動きがあって

その派生として動く部分があるので

この辺の「相関」ってのが見えてくるとやはり


勝率もあがるし、大負けしなくなるものなので

是非読んでおいてくださいね~



さて、それで今日は「コンドの部屋」シリーズの

近藤さんから新しい音声です!


前回「ストラドルとはなにか?」について話していただきましたが

今日はこのやり方がいつまで使えるのか?について

近藤さんからのお話です!



========================



この手法はいつまで使えるのか?(コンドの部屋3)





こんにちは、近藤洋介です。


さあ、『コンドの部屋』の時間です!


今日は、第3回目となりますが、たくさんのお問い合わせと共に、
とてもたくさんの応援メールも届いております。


ありがとうございます!


今日のお題は2つあります。



「この投資方法で、老後の資金を貯めたいと思っているのですが、
この投資方法は何年位使えそうなものなのでしょうか?」

「いつクビになるのか分かりません。まだ住宅ローンが何年も
残っているので、何か安定した収入を稼げる方法を探しています」


この2つになります。


さっそく、こちらからお聞きください、
⇒  http://loss-limit.info/konhy/6/kon3.mp3



※上記音声を書き起こししたPDFファイル
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/ko……3-6-8n.pdf



ぜひ、ご参考ください。



『コンドの部屋』 近藤 洋介
infoアットマークsayatori.jp
(アットマークを@にかえてください)


=========================

以上です!


ちなみに近藤さんが言ってる

「数字上利益が出ることが分かってるやり方」

ってのがこれが「ストラドル」って言うんですね。



この動画で説明してくれています。



【動画】ストラドルとは何か?
⇒  http://loss-limit.info/movi2/jiko



それでこの案件ですが、やはり結構生徒さんが結果出てる人が多い

ってところですよね。


こちらASPのトップの人とも私人脈あるんで、というか友達なので

色々教材のことは聞いて

よい教材(CSが他より高い教材)の情報が

私は入る環境にあるんですが



このストラドルのやり方に関しては正直、最初は結構

初めてなので難しいという人もいるのですけど


ちゃんと近藤さんが言ってるような

「1日1時間とか2時間」かけられる人だったら

収益化してる人が結構な数いらっしゃるという状況です。




逆に「1日5分」とかではないので、一応このストラドルの

組み合わせとか探すやり方があるのですが

それである程度1日に時間は使うのですが


その辺でちゃんと労力取れる方は検討してほしいな~

というやり方です。


それで今はもう「ネットで稼ぐ」なんて言っても

そんなにすごいことでもなくなっていて


ネットで稼いでる人なんて数え切れないほど出ているし

昔は「月100万円稼ぎました」ってだけで相当すごかったんだけど

最近は結構それが普通になりつつありますよね。



それでこの傾向は私の考え方だともっと当たり前になってくる

と思います。



私の周りでも月何百万円、何千万円稼いでる人が

すごい多いんだけど


例えば誰かが「月500万円利益出た」とか言うと

普通はすげーとかなんだろうけど

「ふーん、まあまあだね」みたいな感じだったりします。



こういうコミュニティってのが結構あったりしまして、

それで大体の会話が税金のこととか、新しいビジネスや投資のこととか

そういう話だったりしますね。


ただ彼らも最初から月何百万円とか何千万円だったってわけじゃなくて

最初はその月10万円にすごい苦労しているんですね。


0の人が月10万円稼ぐ、


実はここが一番ハードルが高い部分でもあります。



逆に月100万円の人が月500万円稼ぐってのは

あまりハードルが高くないのだろうと思いますよね。



これはなんで?っていうと単純に

月10万円稼ぐ、みたいなところのほうがライバルが多いから

なんですね。


そこで競争にさらされることが多くて

だからここで差をつけるってのが一番大変だったりします。



ここを乗り越えた人がどんどんお金持ちになっているっていう

現状があるんだと思いますね。




それで近藤さんなんかも最初はあまり稼げなかったそうなんですが

色々検証して試して、最終的にはこの「ストラドル」っていう

裁定取引のやり方にたどり着いたってことです。





それで私が思うのが「なんでもかんでも新しい教材買う」

みたいな人がいますが、


これはよくないんだろうな、って思います。


ちゃんと一つの教材をみっちりやるんですね。

サポートも使って、実践して・・・


これを繰り返してまずその教材を徹底的に学ぶ。


これがすごい大事です。


それで学んでいくと大体どういう取引とかやり方が結果出るのか

分かってきますから、



それで結果も徐々に出てくるようになったりするんですが


実は大体の人は「最初の1ヶ月」だけとかしかやらなかったりします。


「継続」だけが実力をアップさせる秘訣なんだけど

その継続をしないで「また新しい教材に浮気」の人が結構いるんだけど


やはり一つの教材をみっちりやって、実力つけて、

それでその教材のやり方で稼いだお金でまた必要だったら

新しい教材買うってのが私のやってることだけど


やはりこれが一番大事ですね。



なので実は世間の多くの人が「継続できない人たち」だから

「継続できる人」にとってはこの自分で稼ぐって


実は結構ハードルが低いことだったりします。



一部の人にとっては自分で稼ぐのはすごいことだけど


一部の人にとっては自分で稼ぐのは例えがあれですけど


おしっこしたり

食事したりするのと一緒で日常のごくごく当たり前の行為


だったりするわけですね。


それでこれはマインド云々というよりはとりあえず

ちゃんと稼げる確率の高いアプローチをちゃんと把握して

それを先生に教えてもらいながらやり続けたか?


これだけだと思います。






音声
⇒  http://loss-limit.info/konhy/6/kon3.mp3



※上記音声を書き起こししたPDFファイル
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/ko……3-6-8n.pdf





特に私なんてメルマガ受信していて分かると思うんですが

もう6年くらいずーっと自分で色々やり続けていますからね。


それこそ海外に出たりもしているし、もうずーっと6年以上

稼ぐための行動を毎日取り続けているのですが


やはりそれが結果に収束されていく、ってのは自分の経験として

間違いないなってのは感じてます。


これは面白いことに、最初は「無知」なんですね。

その分野に対して。


けど継続してやり続けるとその分野のある種の相場、が分かりますし

「どういう人が稼いでどういう人が稼げないか」みたいな

部分が分かってくるし


また時間が経つと実力とかスキルってのがあがってくるわけです。


そうなると当然「視点とか見かた」も改善されてきますからですね、

当然結果につながる確率が増えてきまして、


ある種「時間のレバレッジ」ってのが効いてくるんですね。


この時間のレバレッジっていう考え方は

複利とかでお金が増えるときにも使われるんだけど


それ以外でも「自分で稼ぐための知識」これもレバレッジが

かかってくるんです。


最初は無知状態で参入するけどその業界で長く

実践とかやり続けたら「こういうのが稼げるんだな」みたいな

経験的な知識が「蓄積」してくるんですけど


そしてある一定段階にその知識が蓄積していくと

「仕掛け方」も分かってくるので


当然のごとく結果につながりやすくなる、ってことです。


だから簡単に言うと「成功するまであきらめない」

これがすごい大事なんですね。


途中であきらめるから失敗なんであって

成功するまでやり続けたら失敗なんて存在しなかったりします。



それで「自分で稼ぐのは才能か?」というと私はそれを

マレーシアですごい疑問に思っていたのですが


それこそメルマガで書いていたけどGRABのタクシードライバーの

一般の白タクの運転手。彼らも「自分で稼ぐ」をやってるんです。


GRABってアプリを彼らは使ってお客さん集客して

そんでタクシー業で利益出す、ってことを実践していて


それが普通・・・みたいな感じでして


マレーシア人のこういうたくましい姿を見ると

「自分で稼ぐって結構当たり前のことなんじゃ・・・」って思います。



逆を言うと「いつの時代から日本人は大企業やら組織に守られないと

自分の生活するカネさえ稼げなくなってしまったんだろう??」


というのはすごい感じますよね。



それでよく最近

「年金の不安」ってのが言われます。


これ年金GPIFは損失出すからみておいてください、みたいに

以前書いていて、それで実際に損失出して


これから年金受給70歳とか、支給額引き下げとか

出ていますよね?



ちなみに年金受給資格を10年に下げるなんてのも

出ていますが


もらえる額が「月16,433円」なんだそうです・・・(笑)



「月1万6千円で生活しろ、ってマレーシアでさえ

暮らせないよ!」



って私は思いますよね。




日本で月1万6000円で生活しろ、って

かなり難しいですよね。


漫画喫茶で暮らしても一日980円でも

3ヶ月で3万円かかりますし、


どう見ても月1万6000円で日本の高い物価だったら

暮らすのは不可能なんですが、

一応日本政府はこれで年金無受給者が減るから良いんだ!


っていうことみたいです。



だから面白いですよね。日本はどの国よりも

「みんな平等」をやり続けた国家だけど


しっかりと「みんな平等に貧乏」という国になりつつあります。


「格差が格差が~~」と沢山財務省がマスコミにあおらせて

それで世論をあおって


「稼いでるやつらから税金とれー」ってやって

稼いでる人たちもつぶしまくってきたわけですが


そうしたらあら不思議、であってみんな貧乏な国になっちゃったよ

という感じです。



だからこういう国作りしかできない、日本の官僚機構は

「無能である」と言えます。


誰もこれを言わないのだけど、それこそ

戦後の発展は官僚のおかげ?みたいな嘘をみんな軽信しているけど

そうじゃなくて、


彼らは日本の発展ってのがもっと出来たし、アメリカのGDPを

抜くこともできたけどそれを抑制する立場であったというのが

私の見かたでありますし、


さらに今は大不況であって、それを報道もさせない、報道統制

とやって「日本は景気がいいです~という嘘」を頻繁に流すのだけど


やはり年金のことは嘘つけないから「月16000円です」

みたいなことになります。


こんな政治しかできない官僚機構が優秀なはずはない

わけです。


私は中国上海に行きましたがあっちのほうがまだ優秀で

がんがん発展していて、人々は豊かになっていて

治安もずいぶんよくなっていました。



こういうのを見ないで中国はちゃんころだ~なんだかんだ~

とやって外を見ないで内向きで来たのが日本人だと思うけど


それがどんどん貧乏化しているってのは私は考えさせられるものが

あります。



それでそもそもの考え方として

「老後を国に見てもらう」という発想自体が気持ち悪いのだ

というのを誰かが言わないといけないですね。


実は、年金制度ってのは日本人は自分で知らないけど

そもそも「老後を国に見てもらう」というシステムで

始まったわけじゃないわけですね。


もともと私たちみたいな自営業の人たちってのがいて

「自分で稼ぐ」ってひとたちがいて、


その「自分で稼ぐのが前提」としてあって

そしてそれプラス年金で補助、みたいな位置づけだったと

思います。



これがいつの日か「国民全員で老後は年金で悠々自適」

みたいなそういうプロパガンダが国家によってされたんだと

思いますが


それで莫大な年金税の税収を国家はとれるようになったけど

そしてその年金税というのは例えば


グリーンピアに見られる官僚たちの利権の巣窟である

ハコモノに流れたり、


あとは最近はGPIFを使って政権の人気とりのために

日経平均に1500円くらい下駄をはかせるための

吊り上げに年金が使われてたりします。


だから

「国民全員で老後は年金で悠々自適生活」

みたいなところが既に嘘なんですね。



他人の官僚、公務員たちが 民衆を養うなんてことありませんし

そもそも彼らも自分で稼げない弱い人たちだから

そんなことできませんし


国家が民衆を養う、という発想自体に疑問を持たないといけないと

私は思います。



だから私の世代30代とかはおそらく多くの人が

年金なんてもらえないから、自分で稼いで死ぬまで商売でも投資でも

やって生きていくか、みたいな感じで考える人多いでしょうし


私なんかも年金なんてもらえない前提で人生は考えています。



だから国に老後頼るとか会社に生活の収入頼る、とか


依存した時点で大きな人生リスクが生まれるのだ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と思います。



依存こそ人生の、というか人類の大いなる敵だと、私は思ってます。


だから本当は一人ひとりが商売でも投資でもいいから

月15万円でも20万円でもいいから稼げるように訓練するべきだと

私は考えているし、


国がやることってのは本来はそういう人々が稼ぎやすい社会構造を

作ってあげることだけだ、とさえ思います。


ただ日本の場合商売の多くは規制されているし

警察など行政が強すぎるし


民衆は商売したいにも路上で商売したら逮捕されるし

マレーシアみたいに白タク行為したら逮捕されるし


って状況で、それで商売が出来ないんだけど


そこで「じゃあ老後は国に頼ってください。そして

年金は無駄使いしてもう原資なくなりつつあるから


月1万6000円で我慢してね」


となってきています。



この詐欺的国家構造に私は強烈な怒りがあるので

いつもついつい書いちゃうんだけど


けど不思議なことに日本のメディアを見ると世論調査で

安倍首相の支持率が50%超えてる?んだそうです。


これが本当かどうかは私には分かりませんが

本当だとしたら完全なるマゾ体質なんだろうな、と思います。



だから正直いって、別に自分で稼げるなら何でもいい

と私は思ってるんですね。


この

自分で稼げるなら何でもいい

っていう言葉は軽蔑されがちな言葉だけど


重要な言葉で人々の適性ってのはいろいろあって

それこそYOUTUBEで稼ぐ人もいるし、リアルの飲食業で稼ぐ人もいるだろうし

アフィリで稼ぐ人もいるだろうし

FXで稼ぐ人もいるだろうし、海外株で稼ぐ人もいるだろうし

エアビーで稼ぐ人もいるだろうし、せどりで稼ぐ人もいるだろうし、


それはもうその人の個性です。


重要な考え方があって、稼ぐ分野はその人が決めるんじゃない

んですね。


「市場が決める」んです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私はこの考え方を常に持っています。


だから市場が価値あると思ったらあなたに稼がせるし

もう適性分野ってのは市場が決めるんですね。


ある人はFXある人は海外株、ある人は芸術家、ある人は

営業マン ある人はプログラマー・・・


って感じでそれぞれの個性があって市場が価値判断を下すわけでして


だから実はそういう意味では稼げるなら分野は何でもいい

ってのは


稼げる分野は市場が決めるから色々挑戦するのもあり、なんです。


ただどの分野も上に書いたように継続しないと結果出せないから

その中で継続できる、頑張れるものを探す、という感じですね。



だから継続できて楽しめて、続けられる分野、それが

あなたの活躍できる市場かもしれません。



そういう稼げる分野をそれぞれの人が見つけていったらですね、

やはり稼げる人が社会全体で増えていくんですね。


そして、実はこれを目指してるのがトランプの後ろにいる

キッシンジャーの考え方です。


結局戦争ってのは社会が貧困化したら起こるものでありますから

だから実はこの「自分で稼げる人が増える」ってのは

戦争にいたらないためにも大事です。



私は日本政府ってのが社会をあえて貧困化させて

戦争にもってこう、みたいな野心があるのではないか

と思えてしょうがないのですが


やはりそんな中でとりあえず何の分野でもいいから

稼げる人が増えて、そういう人が後世の人に教えていくっていう

循環は必要だと思ってますね。



それでFXの上下に動く相場で為替差益を取る方法で

利益がなかなか出せないと言う人がいたとしても


そういう人は裁定取引であっさり利益が出ちゃう場合もありますから


もうこればかりはちゃんとある程度実践して継続して

やってみないと分からない点です。



音声
⇒  http://loss-limit.info/konhy/6/kon3.mp3



※上記音声を書き起こししたPDFファイル
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/ko……3-6-8n.pdf




それでこの裁定取引は地味~に継続できるタイプの人には

いいだろし、


その人の性格とかも選びますが


やはり何の分野でもいいから自分で稼ぐ、っていう

土台を作るのがとても大事ですね!




私が最近持ってる考え方があってそれは海外にいたりするから

思うのかもしれないんだけど


よく「人生を変えるために稼ぐ」とか言うじゃないですか。



私これ違うと思っていて


多くの人の人生が「会社組織に依存するとか国家に依存するとかの

マインド植えつけられて単純にひんまげられている」


だけだと思うんですね。


これ長い歴史の中で人間は狩猟をしてきて

立派に「自分で稼ぐ(動物刈って自分で家族養う)」

をやってきた


歴史があって私たちのDNAにそれが組み込まれているはずなんだけど

いつの日か人類に「所有概念」ってのが定住するようになって

生まれてきて


人々は国とか組織とか宗教に依存するように仕向けられたのだろう

と思います。


そこで当たり前だった自分で自分の糧を稼ぐって

当たり前の技術を奪い取られて


「会社で給料もらって定年後は国家に依存するのが普通です」


みたいな価値観が形成されたんだけど


実はそれは普通じゃないんですね。海外だと特に。


海外の普通は「自分でとりあえず稼いで行く」ですよ。

マレーシアのGRABの白タクタクシードライバーは

とても接客態度がいいけど


正規タクシードライバーと対立しながらも立派に

自分で稼いでいます。



彼らの中ではアプリでも「UBERのほうが稼げる」とか

「GRABのほうが稼げる」とか色々あるらしい。


そうやって当たり前のように稼いでいます。


だから人生変えるために自分で稼ぐ、って日本の感覚が

少しおかしい?のかなって最近思っていて


それよりは日本の「会社に60歳まで依存して、そんで

65歳までコンビニバイトして、65歳から

月4万円くらいの年金もらって生活」ってほうが


おそらく異常なんです。


だから人生変えるために自分で稼ぐ、っていうけど


本当は自分で稼ぐのが人間のベーシック、基礎であって


なぜかそれを国家為政者に色々洗脳されて


全く人間の自然に沿わない組織に従って給料もらう、そういうのが

当たり前、みたいな

価値観を日本人はいつの日からか持たされてしまった


のだと思いますね。


だから私の中では自分で稼ぐのがまず当然の考え方としてあって


非常に例外的な生き方として会社で給料もらって労働するとか

国に老後を依存する、

って考え方が存在しています。



だから人生変えるために自分で稼ぐ、っていうけど

おそらく会社や国家に依存するようにそもそも人生を

多くの日本人が変えられてしまったんだ


ってのが私の持ってる少数派の考え方です。



だからそれを「生き方を人類として自然な元の形に修正するために」

「自分で稼ぐ」ってのが私の考え方です。




これは不思議なことで、自分で稼ぐのがすごーい、って感じだと

稼げないんですね。


けど自分で稼ぐのが人類にとって当然であるって

理解していたら


稼ぐのが当たり前だし、稼げないのは何か異常だ、って

思うわけでして自己修正できるから稼げるようになってくるわけです。



韓国でも路上のおばちゃんが普通にトッポッキ売って


「自分で稼いでる」し、


あとはマレーシアでも20歳くらいの少年がタクシードライバーして

普通に

「自分で稼いでる」し、


それが私にとっては日常で当たり前だったりするから

稼げるのが当たり前で、稼げないってのはなんかおかしい、異常である


って考え方があるんですね。


あ、だから書いていて分かりましたが日本人ってのは

おそらく毎日会社労働している人たちに囲まれてるから

自分で稼ぐのがすごいこと、って考えるんだろうけど


海外に行くとそれが逆で会社労働しているスーツきた

サラリーマンがあんまいませんから

自分で稼ぐのが当たり前、みたくなってくるんです。


だからやっぱりある程度自己投資として海外に行ってみて

1週間でもいいから滞在してみるってのはすごい良い体験になると

思います。



「あのおばちゃんでもトッポッキ売って稼いでるんだから

オレでも何かしら稼げるでしょ」って思えます。



ということで年金に依存する、とか会社の給料に依存する、


このスタイルってのは非常に特殊な日本の経済発展期には

うまくいった考え方だったんでしょうが


それはあくまで異例で特殊な例なので


多くの人が back to normalでして普通に戻る、

要するに自分で稼ぐのが当たり前という感覚に戻る


ってのがこう大事かと思いました。


私は生きていてあまり不安ってのがないのですが

おそらく多くの不安ってのは依存してるから生まれるんですね。


依存していなければそもそも何かリスク材料があったら

自分で考えて、そんで自分の脳みそ使って

なんとかすればいいだけだから

あまり不安はないんです。


こういう何事にも依存しない生き方ってのも

最近はすごい大事だよな~って年金のニュースみても思いますね。


それで近藤さんのストラドルも合ってる人、合ってない人

いるだろうから、


まあその辺はあなた次第なんですけど

利益出している生徒さんは結構おりますので


爆益ってわけではないけど月利5%、10%とかを

安定的に取るという思想で考えると結構良いので


是非見てみてくださいね~





音声
⇒  http://loss-limit.info/konhy/6/kon3.mp3



※上記音声を書き起こししたPDFファイル
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/ko……3-6-8n.pdf









============編集後記==============

さてさて、私は先日マレーシアから日本に帰国しまして

それで 


鳩山元首相がゲストで出られていたあのトランプ勝利を

「断言」して予言していた副島隆彦先生の勉強会に出てきました。


これ、勉強会っていうより私にとってはライブですね。


私なんかは音楽だとスティービーワンダーとかの

ライブはかなりの確率で無理してでも言ったりするのですけど


今回の副島ライブは鳩山元首相が来るってことで

もうマレーシアから飛行機乗ってやってきましたよね。


ちなみにまず驚いたのが「なんで東京なのにこんな暗いの・・・」

という感じだったけど


日曜日だったから仕方ないのかもしれませんが本当に

店がどこも開いていない、夕方になればレストランもカフェも

なかなか見つからないというのにちょっと驚きました。


マレーシアにいたのでそのギャップにまず驚いた。


日本衰退しちゃってるな~なんてのを肌で感じながらでは

あったのですが


それで今日はお昼から鳩山元首相と副島隆彦ライブを

見てきました。



んで、これが本当にすごい内容ばかりで私は驚いたので

今日はメルマガで残しておこうかな~と。



それで私が今回海飛び越えても知りたかったことがあって

それが


「2009年の小沢鳩山政権は「具体的に」どのようにして

つぶされたのか」


ってところだったんですね。


たぶん今の20代後半から30代以上の人ならば


2009年の民衆が政権交代した鳩山小沢政権が

あまりにも無残に既得権益側、今で言うエスタブリッシュメントだけど

ここに残酷につぶされたのをしっかり記憶している、と思います。



それでネットで色々情報取ってる人だったら

この小沢鳩山政権がアメリカに楯突いたから

配下の東京地検特捜部なんかを使ってつぶされたんだ


くらいは知ってるはずなんですね。


ただ、実は私も政治学ってのは勉強してきた人間なので

ここですごい疑問があって


また別の説として「アメリカ側は実は譲歩する姿勢も

米軍基地において最低でも県外という鳩山のやり方については

対話はするつもりであったようだ、けども


内部の官僚機構がその利権のために小沢鳩山をつぶしたんだ」


みたいな説がありまして、実はネット上では


あの2009年の小沢鳩山総攻撃ってのは


アメリカ側の圧力が主だったのか、

もしくは国内の官僚機構が主だったのか、


という議論が錯綜していた状況だったんですね。


それでこれは色々な分析者によって

分析されていたことだったんですが


私も「2009年の小沢鳩山をつぶしにかかった主勢力は


アメリカなのか、もしくは官僚たちなのか」


というところで、色々調べていたのですが

一応結論としては「どうも日米安保マフィアの官僚たちが

主勢力として、

民衆から誕生した小沢鳩山政権をつぶした 「ようだ」」


という結論に至っていて、それをメルマガでも長く書いていました。


が、メルマガで書くくらいですから、やはり確証がほしくて

「ようだ」って言葉を使いたくないですから、断言口調で

話したほうがいいですからね、


だからこの辺をすごくすごく知りたくてマレーシアから

海を渡って

この東京TOKYOのセミナーに出てきたんです!


ちなみに東京は寒くて、最初私はシャツと短パン一丁で

帰国しましたからね、


「あれ、誰も短パンの人周りにいねーよ」とかいって

ブルブル震えていたんですが(笑)

ただそれでも東京の冬の寒さの中出た価値がすごいあった


という感じで、副島先生こんなセミナー主催してくれてありがとう

という感じでした。



ちなみに今日は鳩山元首相が最初に話して

そしてあとは鳩山元首相と副島先生とアルル君が話す形式だったんだけど


これがまあ面白かった。


ちなみに副島隆彦と言えば私のメルマガで勝手に私が

ファンなんで宣伝していますが

(この人のぶっとび具合と面白さをみんなに知らせたいってのもある)


この副島先生は日本で非常に数少ない

「トランプが大統領になる!」と「断言」してた人ですね。


これはもうマスコミが世界中「トランプは劣勢!

ヒラリーが勝つ」なんて報道したから


副島先生は日本ではっきりいって孤軍奮闘だったけど

最終的には副島先生が勝ったんです。


トランプが大逆転勝利で勝った。


これはやはり彼のダイナミズムを読む力の

すごいこととして評価しないといけないと

思いまして、


それでライブ冒頭で鳩山元首相も


「副島先生がトランプと言っていましたが本当にトランプになった

ほんとすごいと思う」


ということをおっしゃっていました。


鳩山元首相も確かヒラリーになるんじゃないか、みたいなことを

発言されていたから、なお更すごいと評価したのだろうと思います。


ただ鳩山元首相が話している最中副島先生が横に立ってらっしゃって

「副島さんが立って見ていらっしゃるとなんか私が

落ち着いて話せないですけど・・・笑」

なんて言っていてこれまた会場がドッと笑っていて、


まあ楽しいライブでした。


それで今回本当に貴重な内容が話されていたのですが

やはり多くの人が知りたかったのが

「なぜ2009年に小沢鳩山政権は負けた」のか


というところだったと思うんですね。


私も2009年はこの小沢鳩山に投票しましたから

それで「日本が自立して自分で物事を決められる国になるかもしれない」

と希望を持っていたけど


これはもう無残に官僚機構たちに小沢鳩山は打ち倒された

わけです。



だからこの部分においては民衆が選んだ政権だから

「どんな卑怯なことをしても民衆のために勝利しないといけない戦い」

であったから、私はだからこの辺では冷酷に小沢鳩山政権は負けたから

その責任はある、という立場も持っています。


個人的には応援しているけど負けたら行けない勝負だったわけです。


それで今 イギリスEU離脱、フィリピンドゥテルテ大統領誕生

アメリカでトランプ誕生という大きな世界の反グローバリズムの波

が起こってるんだけど


そうすると次は日本が焦点になると私は見ているんですね。

だから必ずここで日本でももう一度いつになるかは

民衆次第だけども


「エスタブリッシュメント」との戦いが政治的に起こる

というのは私が見ているシナリオなんです。


これは政治のダイナミズムとして日本はアメリカ、イギリス、

フィリピンと線を結ぶとはさまるような感じでありますから


そして言語でも日本語という障壁はあるものの

情報が伝達されているから、


この流れは必ずやってくる流れです。


だからこそ「2009年になぜ小沢鳩山は負けてしまったのか」

というのを検証するのが重要なんですね。


だから私は単なる投資とかビジネスやってる人だけど

その辺は早稲田時代からの政治学の専攻もあるし、


なんの権威もなにもない民間人だけど

もっと知りたい、と

思って参加してきました。


ちなみにこれは投資でもビジネスでも一緒ですよね。

何かお金を投資してよい結果が出なかった。


そしたらその敗因を検証して次に役立てて勝っていく。


これはどの世界でも一緒というのを付け加えておきたいです。


それで、これから日本でもまたおそらく

米国の属国状態や官僚機構との戦いが起こると思うんだけど


ここでやはり2009年の小沢鳩山の敗因を知る必要がある

んですね。


それでこれは鳩山元首相しか、知らないんです。


それで実はおそらく公にされたのが今日のセミナーが初めてではないか

と思ったんだけど


だから超重要情報だったんだけど、


鳩山元首相が「最低でも県外」か、もしくは残念な辺野古移設か

という話で日本のマスメディアが大騒ぎしていたとき


「ある極秘文書3枚」が鳩山元首相に渡されたんですね。


これ鳩山元首相が参加者に見せてくれました。


これ実はなぜ2016年の今公開されるか?というと

この「極秘文書」は極秘であったから平成27年までは

公開してはいけない、



ということだったみたいです。

いわゆる時効みたいのがあったと。




けどもうそれが過ぎたから大丈夫ということで

今日鳩山元首相がその3枚の極秘文書を参加者に見せてくれたんですね。


私は正直これが一番びっくりした。

たぶん会場の多くの人もそうだったと思います。





それでこの「3枚の極秘文書」を渡してきたのは


外務省の官僚たちだったようです。


それで私の聞き取りが正しければどうもこの「3枚の極秘文書」

を元にもう 2009年のあの沖縄の基地問題ってのが


「外務省官僚たちの決定事項のように進められた」


という動きがどうもあったんだと、それを鳩山元首相が

言っていました。


要するに当時 鳩山元首相は沖縄県民の意向を尊重して

「最低でも県外」ということを言っていたけど



その外務省の官僚、すなわち私がメルマガで書く

日米安保マフィアだけど、


彼らが出してきたのが


「基地が遠すぎたら駄目だ

基地は65海里内、110キロ内であるべき」


みたいな内容を外務官僚たちが持って来たんですと。



これは当時4月29日に持って来られたと。


ここが当時の2009年の小沢鳩山には致命傷になったのは

当時の報道を見ていた人は記憶していると思いますが、


それでこの文書というのが一人歩きして、

そして結局辺野古に戻らないといけない、ということになってしまい

「最低でも県外」というのが難しくなってしまった


ということでした。


ちなみに鳩山首相が今日言っていたのが

外務省にも「この文書はどこから出てきたのか」みたいな

そういうことを聞いたらしいですが


「いや~分からないです むにゃむにゃむにゃ~」

みたいな感じでの外務官僚たちの言い訳があったらしいです。


が、当時首相だった鳩山首相からしたら

「アメリカはそんなことはいわない」という状態だったらしくて


どう見ても外務省の官僚たちから出てきた、彼らが

「主導」したんだ、ということでした。


鳩山首相が言ってたのが

当時辺野古が解決策だなんてアメリカは思っていない

ということでして、


外務官僚たちがどうも勝手にやっていた、ということだったみたいです。



ちなみに反トランプ騒動がやらせである、ってことも

言ってましたね。



だから、今回の証言はとても大事で

まさに首相だった本人の証言だったから、


すごい重要な証言だったと思って私はこの鳩山元首相の

言葉に驚愕、しました。



だからいままでネット上でまことしやかに


一部の無視されているブロガーとかが言っていた


「2009年の小沢鳩山政権を実質的につぶしにかかった

主導した勢力は アメリカというよりはどうも

日本国内の外務官僚、日米安保マフィアである」


という分析、これはベンチャー革命のY先生もされていたけど


この分析は「正しい」とほぼ本人の口から今回立証されたような

形だったんですね。


この「3枚の極秘文書」ってのは、もしマスコミが今報道すれば

すさまじいスキャンダルではないか・・・


と私は咄嗟(とっさ)に感じ取りました。


「鳩山元首相ですがすごいの出してくるな・・・

マレーシアから戻ってきて副島ライブ来てよかったわ」

とほんと思いました。



だから、今日でもう確信したんだけど

2009年の小沢鳩山政権をつぶした「戦犯」というのは


アメリカももちろん、大きな枠組みをそこで作っただろうし

仕掛けただろうけど


もっとそこで実働隊として、民衆から出た小沢鳩山政権を

つぶしたのは外務省の官僚たち、いわゆる日米安保マフィアと

呼ばれる人らだったんだ、


ということが私はようやく7年経過して確証できた

ということです。



これは私は当時からずっと調べていて、決定的証拠はなかったから

「そっちの確率が高い」という風に見ていたんだけど


ただ確証は得られなかったことだったんですね。


だからなんと、日本国内から登場した民衆が政権交代を実現して

それをつぶしたのは


アメリカもあっただろうけど、主に外務官僚などの

官僚機構がそれをメインで扇動した、


ってことがほぼ確証的に今日分かったということでして

その証拠としてその3枚の極秘文書が平成27年の


公開禁止期限を過ぎて鳩山元首相から今日公開された

というのがすごいことだ、と思いました。



これをセミナーで鳩山元首相に公開させる

副島先生もすごいな・・・と思ったんですけど


これはすごい重要な証言が本人から3枚の文書の証拠付きで

飛び出したって思って見ていました。



それでこの日米安保マフィア問題と、アメリカと属国日本の

関係については


私は結構分かりやすいだろうなと思ってよくメルマガで

ドラえもんに例えますよね。



要するに ドラえもんではどら息子のスネオってのがいて

強烈な腕力を持つジャイアンを後ろ盾にして


このスネオがのび太をいじめるんです。



だからあのドラえもんってのはまさに

米国と日本の官僚機構と日本の民衆の風刺にも私には見えるんだけど


これジャイアンも嫌なやつで腕力で横柄なんですね。

けど憎めなかったりする。音痴なんだけど。


んでこのスネオがすごい嫌なやつに描かれているのですけど

このスネオってのはジャイアンを後ろ盾にして

その強烈な財力もありますから(官僚機構なら特別会計)


だからこのジャイアンを後ろ盾にして

のび太に絶大な力をふるっていじめるんです。


だからスネオ視点からするとジャイアンってのは

自分が利権を維持するための後ろ盾であって


このジャイアンがいるからスネオってのはのび太に

影響力を及ぼすことができる、わけですね。


ただスネオはジャイアンがいなくなったらどうなるのか??


と言う点でして


スネオはジャイアンがいなくなったら

ひょろひょろのボンボンだから



その力を振るうことはできないわけです。


だから日本の官僚機構はこのたとえでいうと

ジャイアンというアメリカ米軍ってのを後ろ盾にしている

スネオのようなもんであって


このスネオがジャイアンを後ろ盾にして権力を行使するように

官僚機構ってのは米軍を後ろ盾にして権力行使しているんだ


という見かたをよく私は書きます。


これは結構確信があったので書いていたのですが

今日その「3枚の極秘文書」を鳩山元首相が実際に

みんなに見せてくれていましたから



「やっぱりそうだったか」と。


これがすごかったんです。


だからアメリカが2009年の小沢鳩山をつぶした

というよりはどうも、日本国内の米軍に利権を持ってる

官僚機構たちがこの民衆政権をつぶしたんだ


ということがよく分かるわけで、それはもう確実である

と言えるんです。


私は「日本の民衆の本当の敵は国内にいる」という

某分析者の言葉を覚えていて


この言葉はどうもやたら説得力があって引っかかっていたんだけど

この言葉がどうも正しかった、ということが

今日はっきり分かったんですね。


だからやはり日本の「癌」は官僚機構であって

これが実は自国日本人の民衆を苦しめてる本当の真因ではないか


ということが分かってきました。



もっというとネットウヨという人たちがいるけど

彼らの言う言論はこの外務省官僚たちの声を代弁しております。


だから彼ら外務省官僚たちに不利な言動は一切しない特徴が

あるのだけど


だからどのように日本の政治工作とか世論誘導、扇動というのが

行われているのか、というのも見えてきました。



それで「日本属国論」というのがあって

これを言い出したのは副島先生でして、


今だと「日本はアメリカの属国だ」というのは政治に関心ある人なら

みんな理解していることです。


だからこれは副島先生の研究成果であると私は思います。


それで「なぜ日本はずーっとアメリカの属国状態を抜け出せないの?」

という疑問が多くの日本人が持つ素朴な疑問としてあるわけですね。


TPPだってそうだけど。


それで鳩山元首相が言っていたけど

「外務省たちが自分たちが属国でありたい、という意志があるんだ」

みたいな事を言っていました。


そう、だから上のドラえもんの例だとジャイアンがいなくなると

スネオは困っちゃう。


だからジャイアン(アメリカ)は最近は

トランプも登場したから


このトランプはAmerica First!だから

「アメリカ国内の問題解決を優先する主義」です。


このAmerica Firstを孤立主義とか訳すのは間違いだというのは

副島先生がよくおっしゃってる。


だからお金がアメリカはありませんから

海外に米軍駐留するのもカネがかかる。


だからどんどん撤退させてしまえ、それより自国問題を解決するのが

先だ、というのがトランプの考え方だけど


もうこれは以前からあった流れで私は韓国まで見に行ったけど

冬のソナタでヨンサマが活躍していた韓国の春川市なんかでも


米軍がもぬけの殻になっていました。


だから基地の周りには私は散策したんだけど

米軍跡地のだたっぴろい茶色い土だけの広大な敷地と、

あとは周りにある飲食店とかあとは米軍用の売春街


これらがその跡地周りにぽつぽつあるだけで、

もう米軍の跡はなくなっていました。


だからアメリカとしても世界に米軍駐留する金もない

というのが事情としてあって

トランプなんかは 国内問題をまず優先して解決したい

America Firstだから、


次は日本の米軍基地がどうなるか、という議論に

最近なってきていますよね。


トランプは安全保障が心配なら日本も核持つのを容認する

とまで選挙前に言っていました。



けどここに駐留してほしい人たちってのがいて

それがやはり2009年に小沢鳩山政権を

攻撃して追い落とした外務官僚たちなんだろう、と思います。


だから日本のヒラリー扇動、トランプ叩きをしていた

真犯人ってのはどうもかなりスポット的に分かってきて

この外務官僚の人らがメディアにも働きかけて

主導していたんだろうな、


というのは私が感じ取った点ですね。


だから日本政治や社会の問題点というのが明確に

今回の鳩山元首相のセミナーで暴露された3枚の紙から


私には分かってきました。



だから「なんで日本が属国のままで他国のように

自立して物事を決められない国なの??


そしてそういう国でなんで 国家に依存してばかりの

国民が大多数なの?」


って多くの読者さんの疑問があるんだけど


それは「日本が属国で、独立しないで、永久的に依存心マックスで

いてほしい勢力が日本国内にいるから」


なんだ、ってことですね。



ちなみに私のメルマガは「自分で稼ぐ」のメルマガだから

これも書くけど


私のメルマガ読者で塾や教材の講師さんも沢山いらっしゃいます。


それで彼らが不満を漏らすのが



「なぜ40代とか50代の僕らよりも年上の人たちが

こんなに依存心が高く、問題解決を自分でしようと

自分自身で考えないのだろう、


僕らはそれをサポートはするけど

自分で考えて進んでいくと言う人がすごく少ない。

なんでだろう」


ということです。


これは実は他国には見られない傾向であると私は

英語と韓国語も独学で話せるから思ってることなんだけど


どうも他国の人は時々間違ってるとはいえ、

全員じゃないにしろ、傾向としては

自分で一応考えようとはするんですよね。


そこで問題解決しようという思考回路が働いてる人が

民間でも結構多いです。


もちろん日本人でも多いんだけど、やはり

同時に依存心マックスの人もすごく、多いというのは

正直私が感じてしまう点です。



ちなみに情報教材業界でも「聖杯探し」する人が多いけど

なんで「聖杯」探そうとするか、というと


自分で考えて検証して成長するってのは強烈な自立心が必要だけど

それは面倒だ、と。


だから聖杯探ししてる人って少なからず存在してるんだけど

共通してるのが依存心が高くて・・・


そういう人が多いってのは実際に私はあると考えているんですね。


それで民衆全体にそういう自立しない傾向、

例えば年金に頼ろうとか(国家に老後を「診てもらう」んだから依存)


お金も自分で稼ぐんじゃなくて「組織」に給料としてもらうのが

当たり前とか(マレーシアとか韓国では自分で稼いでる人が多い)


こういう傾向が蔓延する正体ってのは

やはり社会構造の問題があって


それが日本全体が属国で自立できていない国になってしまっていて

もっと言うと属国のまま利権を得ようとする人たちが


強烈に暗躍している、という問題点があるんです。


ここで自立心を国全体が奪われるからそのマクロの動きってのは

当然ミクロの個人にも影響を及ぼすから

依存心が高い人が多いのは自然である、という見方を私は

してるんですね。


それでこの依存心高い人を増やして、国家も依存させて


そこで利権を維持しようとする勢力ってのが

やはり「日本国内の官僚機構」なんです。


アメリカもアメリカで日本を属国にしてそれは

悪いんだけど


おそらく上の例で言うとジャイアンよりスネオのほうが

悪どいんですな、どうも。


だから日本がもう何十年も米国債を買いまくっていますよね。


これもまた見方としてはアメリカに買わされているというのも

あるわけですが


同時に頼まれてもいないけど、それでも米国債買って

米ドル防衛をなんとかしていきたい、という官僚機構の思惑

があるんだろうな、というのも感じます。



だから今日の鳩山元首相と副島先生のライブはもう

すごい情報が公開されて私もびっくりしたんだけど


結局日本人の、民衆の思考が停止していたり

非常に依存心高いってのはこれはもう


大きくは支配するための国家政策なんですね。


そういう意味ではこの支配体制を作り出している

官僚機構が民衆より頭が良い、良かった、というのも

認めなくてはいけないところで


民衆は民衆でその「からくり」がもう今の時代

こうやって分かる時代だから


考えていく時代にあるのだろう、と私は思いました。



こういう本当の事を言うってことは色々な嫌がらせに

あったりするものなんだけど

それこそ副島先生は税金官僚から嫌がらせされて

植草さんなんかは以前に警察にはめられて

小沢さんは東京地検にはめられて、だけど、




それでも鳩山元首相が今日

「副島先生の今日来ている人々はみんなそこで知ったこととかを

拡散してください」みたいなことを言っていましてですね


やはり知ってる人が知ってることを書いて

人々に知らせるということは大事だと私は思いました。


というのは私はもう最近は海外にいるけど

やはりすごいアジア諸国ってのは発展してるんですね。


この前中国の写真撮ったけど


これ中国で、

(中国で3週間くらい前に撮った写真)
http://fxgod.net/gazou/picture……icity5.JPG


んでこれマレーシア

(これも2週間くらい前の写真)
http://fxgod.net/gazou/picture……16/kl7.JPG


もうこんな感じでバンバン高層ビル建って


発展を続けているのですよ。


それで夜になっても街が明るい。


けど日本も昔は、バブル期はそうだったのかもしれないけど

私はそのころはまだ子供だったからその時代を知らないんですけど


30代の私が知ってる日本はそれこそ今日セミナーライブ言ったけど

まだ土曜日の夕方5時とか6時なのに、


大手町付近は店がどこも閉まっていて

6時くらいになると夕日落ちて暗いんだけど


東京のど真ん中なのに「真っ暗~~」なんですよ・・・


これにまずビビるんです。


オフィス街だから仕方ないのかなとも思いましたが

それでも電灯も暗いし、レストランもやっていないし、


なんとかカフェが一軒見つかったけどそれでも

すごい街の明かりが暗いです。


だから私は日本人ですからやはりこれ毎回のように

危機感を感じるんですね。


電灯がついていない、ということは広告を出しても

自営業者たちが費用対効果が出ないということであって


また店を営業しても営業利益が出ないってことでありまして


利益でるなら店やりますからね、

日本は経済が本当にずーっと何十年も衰退したままである、


という状況です。これは当然東京でこんな感じなんだから

地方もひどいもんだし、


熱海なんてシャッター街結構すごかったし、


これで日本経済回復しています、なんて言われても・・・

って感じです。



んで、アジアで「1人負け」しているのが

経済成長率がだんとつ低い先進国が日本だけど


これを生み出す社会構造は何か?というと

やはり官僚機構なんですよ、マスコミが言わないだけであって。


この人たちがどうも大きくは

この国全体を属国状態にとどめておきたいというのがあって


そして官僚機構ってのが権力を振るうと

それは公的部門が私的企業を管轄する体制になりますから


それは社会主義って言うんだけど


ここでは他のアジア国のように資本主義モデルで

成長を遂げるということができなくなってしまうんです。


それが多くの日本の若い人とかを苦しめてるんではないか・・・

と私はやっぱり弟も自殺してるから

そういうのがあるから、深くいつも考え込むんですね。


だから人々はなんか元気がないですし、公共機関で

多くの日本人が「真顔」でいるのだけど


そこで笑顔で話す光景もアジア国と比べると非常に少ないように

思うのだけど


このような日本人全体のドヨーン、とした空気ニューマっていうけど

それを作り出している正体は何か??


ってところでして、


やはりここの戦犯としてどうも、2009年の小沢鳩山を

完全に潰した官僚機構というのがあるのだと、

今日はっきり分かりました。



だから2009年に政権交代で民衆から出た政権を

つぶした真犯人は、実は国内にいた、ということだから


これはすごい今日考えさせられた点です。



それで今回のこの話は推測とか分析と言う話ではなくて

直接鳩山元首相の口から聞いた話だから

(かなり近い距離でセミナー聞けました)


「本当にやはりそうだったか」と言う感じで

結構ショッキングでもありました。



だから副島先生がよく言いますけど

「自分で足を運んで直接見て、聞いて、感じて

ようやく真実が分かる」ってのは今日まさに


実感をしたのですが


日本の今抱える政治的な社会の仕組み的な問題は

はっきり分かりました。



だから私はよく自分で稼ぐための自立心、と軽く書くけど

この自立心、を人々が共有して持つためには


政治のあり方、社会構造まで入っていって考える話で

ございますから、


この「自立心」をもった人たちを社会全体で増やしていくには?

というのはすさまじく深いテーマなんだろうというのが

分かりました。


そして自分で稼ぐってのもこれ、自立心がある人は簡単だけど

依存心が高いとそうじゃないんですけど


実はこれ、人生のあらゆる分野の満足とか成功につながる話でして

だから社会全体の満足度、安定度に関わる話なんですね。


だから「自分で稼ぐ」てのもこれまた

すごい深いテーマだったりするわけです。



それで副島先生の言うとおり

日本はアメリカの属国でありますが、


が、「そうあり続けることを望んでる勢力」ってのが

同じ日本人の、東大出身とかだったりするけど


彼ら官僚の中に多くいるってのが大きな問題としてあります。

全員じゃないだろうけど、それが日本国内でマフィア化しているんです。


それで国や社会全体を人体に置き換えて見ると

この官僚機構というのが癌化してしまっておりまして


人体(社会や国)を侵食してしまって

日本全体が病気のようになっているんだけど


そうなるとそれを跳ね返す強烈な免疫機構が必要になるんですね。

英語だとimmune systemって言うのかな。


このimmune systemを人体は強化して、それで癌なり

ウイルスなりを退治したり、もしくは

ヘルペスウイルスというのが例えば頭痛とかの原因だったり

神経性の痛みの原因だったりするんだけど

(これも医学会はなかなか認めたくない事実だろうと思う。

だから抗ヘルペス剤だけは保険適用外でしょう)


これらを退治したりヘルペスなら神経節に閉じ込めるのが

immune systemであります。


国や社会を人体に例えるならば、ここでやはり

がん細胞を退治するための免疫機構というのが必要になるんだけど


それが民衆にとっての 情報、であったり

自立思考、だったりするんだけど


これが日本では育っていないから、なかなか

この数十年ずっと慢性病に侵された状態であるわけですね。


だから民族全体としてこの自立思考、抽象思考を鍛え上げるのが

大事であると私は考えておりまして


それが結果人々の強烈な感性を育て上げて

問題点を明確化して、この問題を解決していくのだろうと

思います。



そういう意味では国家や社会に依存せず自立して考える

これこそが成長できる強い国のための、活力ある国のための

免疫機構に当たる強烈な薬になるわけでして


それが多くの人々の間で共有されるようになると

日本も変われるのだろうな・・・(なかなか一朝一夕ではいかないけど)


と私は考えていました。



だからこれからそういう自分で考えられる、自立思考の若いやつらを

育てるのが大事だし、


それが後世で自殺とかそんな問題を解決する糸口になるでしょう。


ということで私は今日鳩山元首相のライブで

すごい考えさせられましたが

同時に色々見えてきたものがあったので


早速文章にして、後で自分が見るようにも残しておこうと

思った次第です。


こういう事実をもし多くの人が知ったら

いずれ十年、二十年したら暗い東京の夜の街も

また明かりを取り戻せるだろうに、と思いました。



ということで、2009年の実際にあったこの真実

あまり日本では知られていないけど知るのが重要な事実だと

思いました。


今日はマレーシアから日本戻ってきてそんでちょっとして

セミナーって感じでちょっと体力使いましたが、


それでも

やはり自分で色々動いて 学んでいくとほんと発見がありますね。

人生いつ終わるか分かりませんから

日々勉強です。


それではまた!



ゆう




PS・・・んで、この「自分で稼ぐ業界」ってのはだから

本当はすごい進んでる業界なんだと思いますから

私は本当はみんな誇りもって「自分で稼ぐ」に取り組むべきだと

思うんですね。


だってその自立心が将来的に集積して

社会の雰囲気変えていくんですから。



だから自分で稼ぐ、ってところは社会の最先端の

考え方だろうと思うから私は結構政治的なものであるとも

思います。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



ストラドルの手法はずっと使えるのか?
⇒  http://loss-limit.info/konhy/6/kon3.mp3



※上記音声を書き起こししたPDFファイル
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/ko……3-6-8n.pdf



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




«  【鳩山由紀夫元首相と副島先生のライブセミナーに 行って来て学んだこと!!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください