無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






ストラドルの手法はいつまで使えるのか?(コンドの部屋3)

2016 11月 19 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



さてさて、前号で

【大統領選後に急騰した米国債金利と米日金利差について考える!】

っていう号を流しました!


正直どの金融商品も国債、債券の動きがあって

その派生として動く部分があるので

この辺の「相関」ってのが見えてくるとやはり


勝率もあがるし、大負けしなくなるものなので

是非読んでおいてくださいね~



さて、それで今日は「コンドの部屋」シリーズの

近藤さんから新しい音声です!


前回「ストラドルとはなにか?」について話していただきましたが

今日はこのやり方がいつまで使えるのか?について

近藤さんからのお話です!



========================



ストラドルの手法はいつまで使えるのか?(コンドの部屋3)





こんにちは、近藤洋介です。


さあ、『コンドの部屋』の時間です!


今日は、第3回目となりますが、たくさんのお問い合わせと共に、
とてもたくさんの応援メールも届いております。


ありがとうございます!


今日のお題は2つあります。



「この投資方法で、老後の資金を貯めたいと思っているのですが、
この投資方法は何年位使えそうなものなのでしょうか?」

「いつクビになるのか分かりません。まだ住宅ローンが何年も
残っているので、何か安定した収入を稼げる方法を探しています」


この2つになります。


さっそく、こちらからお聞きください、
⇒  http://loss-limit.info/konhy/6/kon3.mp3



※上記音声を書き起こししたPDFファイル
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/ko……3-6-8n.pdf



ぜひ、ご参考ください。



『コンドの部屋』 近藤 洋介
infoアットマークsayatori.jp
(アットマークを@にかえてください)


=========================

以上です!


ちなみに近藤さんが言ってる

「数字上利益が出ることが分かってるやり方」

ってのがこれが「ストラドル」って言うんですね。



この動画で説明してくれています。



【動画】ストラドルとは何か?
⇒  http://loss-limit.info/movi2/jiko



それでこの案件ですが、やはり結構生徒さんが結果出てる人が多い

ってところですよね。


こちらASPのトップの人とも私人脈あるんで、というか友達なので

色々教材のことは聞いて

よい教材(CSが他より高い教材)の情報が

私は入る環境にあるんですが



このストラドルのやり方に関しては正直、最初は結構

初めてなので難しいという人もいるのですけど


ちゃんと近藤さんが言ってるような

「1日1時間とか2時間」かけられる人だったら

収益化してる人が結構な数いらっしゃるという状況です。




逆に「1日5分」とかではないので、一応このストラドルの

組み合わせとか探すやり方があるのですが

それである程度1日に時間は使うのですが


その辺でちゃんと労力取れる方は検討してほしいな~

というやり方です。


それで今はもう「ネットで稼ぐ」なんて言っても

そんなにすごいことでもなくなっていて


ネットで稼いでる人なんて数え切れないほど出ているし

昔は「月100万円稼ぎました」ってだけで相当すごかったんだけど

最近は結構それが普通になりつつありますよね。



それでこの傾向は私の考え方だともっと当たり前になってくる

と思います。



私の周りでも月何百万円、何千万円稼いでる人が

すごい多いんだけど


例えば誰かが「月500万円利益出た」とか言うと

普通はすげーとかなんだろうけど

「ふーん、まあまあだね」みたいな感じだったりします。



こういうコミュニティってのが結構あったりしまして、

それで大体の会話が税金のこととか、新しいビジネスや投資のこととか

そういう話だったりしますね。


ただ彼らも最初から月何百万円とか何千万円だったってわけじゃなくて

最初はその月10万円にすごい苦労しているんですね。


0の人が月10万円稼ぐ、


実はここが一番ハードルが高い部分でもあります。



逆に月100万円の人が月500万円稼ぐってのは

あまりハードルが高くないのだろうと思いますよね。



これはなんで?っていうと単純に

月10万円稼ぐ、みたいなところのほうがライバルが多いから

なんですね。


そこで競争にさらされることが多くて

だからここで差をつけるってのが一番大変だったりします。



ここを乗り越えた人がどんどんお金持ちになっているっていう

現状があるんだと思いますね。




それで近藤さんなんかも最初はあまり稼げなかったそうなんですが

色々検証して試して、最終的にはこの「ストラドル」っていう

裁定取引のやり方にたどり着いたってことです。





それで私が思うのが「なんでもかんでも新しい教材買う」

みたいな人がいますが、


これはよくないんだろうな、って思います。


ちゃんと一つの教材をみっちりやるんですね。

サポートも使って、実践して・・・


これを繰り返してまずその教材を徹底的に学ぶ。


これがすごい大事です。


それで学んでいくと大体どういう取引とかやり方が結果出るのか

分かってきますから、



それで結果も徐々に出てくるようになったりするんですが


実は大体の人は「最初の1ヶ月」だけとかしかやらなかったりします。


「継続」だけが実力をアップさせる秘訣なんだけど

その継続をしないで「また新しい教材に浮気」の人が結構いるんだけど


やはり一つの教材をみっちりやって、実力つけて、

それでその教材のやり方で稼いだお金でまた必要だったら

新しい教材買うってのが私のやってることだけど


やはりこれが一番大事ですね。



なので実は世間の多くの人が「継続できない人たち」だから

「継続できる人」にとってはこの自分で稼ぐって


実は結構ハードルが低いことだったりします。



一部の人にとっては自分で稼ぐのはすごいことだけど


一部の人にとっては自分で稼ぐのは例えがあれですけど


おしっこしたり

食事したりするのと一緒で日常のごくごく当たり前の行為


だったりするわけですね。


それでこれはマインド云々というよりはとりあえず

ちゃんと稼げる確率の高いアプローチをちゃんと把握して

それを先生に教えてもらいながらやり続けたか?


これだけだと思います。






音声
⇒  http://loss-limit.info/konhy/6/kon3.mp3



※上記音声を書き起こししたPDFファイル
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/ko……3-6-8n.pdf





特に私なんてメルマガ受信していて分かると思うんですが

もう6年くらいずーっと自分で色々やり続けていますからね。


それこそ海外に出たりもしているし、もうずーっと6年以上

稼ぐための行動を毎日取り続けているのですが


やはりそれが結果に収束されていく、ってのは自分の経験として

間違いないなってのは感じてます。


これは面白いことに、最初は「無知」なんですね。

その分野に対して。


けど継続してやり続けるとその分野のある種の相場、が分かりますし

「どういう人が稼いでどういう人が稼げないか」みたいな

部分が分かってくるし


また時間が経つと実力とかスキルってのがあがってくるわけです。


そうなると当然「視点とか見かた」も改善されてきますからですね、

当然結果につながる確率が増えてきまして、


ある種「時間のレバレッジ」ってのが効いてくるんですね。


この時間のレバレッジっていう考え方は

複利とかでお金が増えるときにも使われるんだけど


それ以外でも「自分で稼ぐための知識」これもレバレッジが

かかってくるんです。


最初は無知状態で参入するけどその業界で長く

実践とかやり続けたら「こういうのが稼げるんだな」みたいな

経験的な知識が「蓄積」してくるんですけど


そしてある一定段階にその知識が蓄積していくと

「仕掛け方」も分かってくるので


当然のごとく結果につながりやすくなる、ってことです。


だから簡単に言うと「成功するまであきらめない」

これがすごい大事なんですね。


途中であきらめるから失敗なんであって

成功するまでやり続けたら失敗なんて存在しなかったりします。



それで「自分で稼ぐのは才能か?」というと私はそれを

マレーシアですごい疑問に思っていたのですが


それこそメルマガで書いていたけどGRABのタクシードライバーの

一般の白タクの運転手。彼らも「自分で稼ぐ」をやってるんです。


GRABってアプリを彼らは使ってお客さん集客して

そんでタクシー業で利益出す、ってことを実践していて


それが普通・・・みたいな感じでして


マレーシア人のこういうたくましい姿を見ると

「自分で稼ぐって結構当たり前のことなんじゃ・・・」って思います。



逆を言うと「いつの時代から日本人は大企業やら組織に守られないと

自分の生活するカネさえ稼げなくなってしまったんだろう??」


というのはすごい感じますよね。



それでよく最近

「年金の不安」ってのが言われます。


これ年金GPIFは損失出すからみておいてください、みたいに

以前書いていて、それで実際に損失出して


これから年金受給70歳とか、支給額引き下げとか

出ていますよね?



ちなみに年金受給資格を10年に下げるなんてのも

出ていますが


もらえる額が「月16,433円」なんだそうです・・・(笑)



「月1万6千円で生活しろ、ってマレーシアでさえ

暮らせないよ!」



って私は思いますよね。




日本で月1万6000円で生活しろ、って

かなり難しいですよね。


漫画喫茶で暮らしても一日980円でも

3ヶ月で3万円かかりますし、


どう見ても月1万6000円で日本の高い物価だったら

暮らすのは不可能なんですが、

一応日本政府はこれで年金無受給者が減るから良いんだ!


っていうことみたいです。



だから面白いですよね。日本はどの国よりも

「みんな平等」をやり続けた国家だけど


しっかりと「みんな平等に貧乏」という国になりつつあります。


「格差が格差が~~」と沢山財務省がマスコミにあおらせて

それで世論をあおって


「稼いでるやつらから税金とれー」ってやって

稼いでる人たちもつぶしまくってきたわけですが


そうしたらあら不思議、であってみんな貧乏な国になっちゃったよ

という感じです。



だからこういう国作りしかできない、日本の官僚機構は

「無能である」と言えます。


誰もこれを言わないのだけど、それこそ

戦後の発展は官僚のおかげ?みたいな嘘をみんな軽信しているけど

そうじゃなくて、


彼らは日本の発展ってのがもっと出来たし、アメリカのGDPを

抜くこともできたけどそれを抑制する立場であったというのが

私の見かたでありますし、


さらに今は大不況であって、それを報道もさせない、報道統制

とやって「日本は景気がいいです~という嘘」を頻繁に流すのだけど


やはり年金のことは嘘つけないから「月16000円です」

みたいなことになります。


こんな政治しかできない官僚機構が優秀なはずはない

わけです。


私は中国上海に行きましたがあっちのほうがまだ優秀で

がんがん発展していて、人々は豊かになっていて

治安もずいぶんよくなっていました。



こういうのを見ないで中国はちゃんころだ~なんだかんだ~

とやって外を見ないで内向きで来たのが日本人だと思うけど


それがどんどん貧乏化しているってのは私は考えさせられるものが

あります。



それでそもそもの考え方として

「老後を国に見てもらう」という発想自体が気持ち悪いのだ

というのを誰かが言わないといけないですね。


実は、年金制度ってのは日本人は自分で知らないけど

そもそも「老後を国に見てもらう」というシステムで

始まったわけじゃないわけですね。


もともと私たちみたいな自営業の人たちってのがいて

「自分で稼ぐ」ってひとたちがいて、


その「自分で稼ぐのが前提」としてあって

そしてそれプラス年金で補助、みたいな位置づけだったと

思います。



これがいつの日か「国民全員で老後は年金で悠々自適」

みたいなそういうプロパガンダが国家によってされたんだと

思いますが


それで莫大な年金税の税収を国家はとれるようになったけど

そしてその年金税というのは例えば


グリーンピアに見られる官僚たちの利権の巣窟である

ハコモノに流れたり、


あとは最近はGPIFを使って政権の人気とりのために

日経平均に1500円くらい下駄をはかせるための

吊り上げに年金が使われてたりします。


だから

「国民全員で老後は年金で悠々自適生活」

みたいなところが既に嘘なんですね。



他人の官僚、公務員たちが 民衆を養うなんてことありませんし

そもそも彼らも自分で稼げない弱い人たちだから

そんなことできませんし


国家が民衆を養う、という発想自体に疑問を持たないといけないと

私は思います。



だから私の世代30代とかはおそらく多くの人が

年金なんてもらえないから、自分で稼いで死ぬまで商売でも投資でも

やって生きていくか、みたいな感じで考える人多いでしょうし


私なんかも年金なんてもらえない前提で人生は考えています。



だから国に老後頼るとか会社に生活の収入頼る、とか


依存した時点で大きな人生リスクが生まれるのだ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と思います。



依存こそ人生の、というか人類の大いなる敵だと、私は思ってます。


だから本当は一人ひとりが商売でも投資でもいいから

月15万円でも20万円でもいいから稼げるように訓練するべきだと

私は考えているし、


国がやることってのは本来はそういう人々が稼ぎやすい社会構造を

作ってあげることだけだ、とさえ思います。


ただ日本の場合商売の多くは規制されているし

警察など行政が強すぎるし


民衆は商売したいにも路上で商売したら逮捕されるし

マレーシアみたいに白タク行為したら逮捕されるし


って状況で、それで商売が出来ないんだけど


そこで「じゃあ老後は国に頼ってください。そして

年金は無駄使いしてもう原資なくなりつつあるから


月1万6000円で我慢してね」


となってきています。



この詐欺的国家構造に私は強烈な怒りがあるので

いつもついつい書いちゃうんだけど


けど不思議なことに日本のメディアを見ると世論調査で

安倍首相の支持率が50%超えてる?んだそうです。


これが本当かどうかは私には分かりませんが

本当だとしたら完全なるマゾ体質なんだろうな、と思います。



だから正直いって、別に自分で稼げるなら何でもいい

と私は思ってるんですね。


この

自分で稼げるなら何でもいい

っていう言葉は軽蔑されがちな言葉だけど


重要な言葉で人々の適性ってのはいろいろあって

それこそYOUTUBEで稼ぐ人もいるし、リアルの飲食業で稼ぐ人もいるだろうし

アフィリで稼ぐ人もいるだろうし

FXで稼ぐ人もいるだろうし、海外株で稼ぐ人もいるだろうし

エアビーで稼ぐ人もいるだろうし、せどりで稼ぐ人もいるだろうし、


それはもうその人の個性です。


重要な考え方があって、稼ぐ分野はその人が決めるんじゃない

んですね。


「市場が決める」んです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私はこの考え方を常に持っています。


だから市場が価値あると思ったらあなたに稼がせるし

もう適性分野ってのは市場が決めるんですね。


ある人はFXある人は海外株、ある人は芸術家、ある人は

営業マン ある人はプログラマー・・・


って感じでそれぞれの個性があって市場が価値判断を下すわけでして


だから実はそういう意味では稼げるなら分野は何でもいい

ってのは


稼げる分野は市場が決めるから色々挑戦するのもあり、なんです。


ただどの分野も上に書いたように継続しないと結果出せないから

その中で継続できる、頑張れるものを探す、という感じですね。



だから継続できて楽しめて、続けられる分野、それが

あなたの活躍できる市場かもしれません。



そういう稼げる分野をそれぞれの人が見つけていったらですね、

やはり稼げる人が社会全体で増えていくんですね。


そして、実はこれを目指してるのがトランプの後ろにいる

キッシンジャーの考え方です。


結局戦争ってのは社会が貧困化したら起こるものでありますから

だから実はこの「自分で稼げる人が増える」ってのは

戦争にいたらないためにも大事です。



私は日本政府ってのが社会をあえて貧困化させて

戦争にもってこう、みたいな野心があるのではないか

と思えてしょうがないのですが


やはりそんな中でとりあえず何の分野でもいいから

稼げる人が増えて、そういう人が後世の人に教えていくっていう

循環は必要だと思ってますね。



それでFXの上下に動く相場で為替差益を取る方法で

利益がなかなか出せないと言う人がいたとしても


そういう人は裁定取引であっさり利益が出ちゃう場合もありますから


もうこればかりはちゃんとある程度実践して継続して

やってみないと分からない点です。



音声
⇒  http://loss-limit.info/konhy/6/kon3.mp3



※上記音声を書き起こししたPDFファイル
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/ko……3-6-8n.pdf




それでこの裁定取引は地味~に継続できるタイプの人には

いいだろし、


その人の性格とかも選びますが


やはり何の分野でもいいから自分で稼ぐ、っていう

土台を作るのがとても大事ですね!




私が最近持ってる考え方があってそれは海外にいたりするから

思うのかもしれないんだけど


よく「人生を変えるために稼ぐ」とか言うじゃないですか。



私これ違うと思っていて


多くの人の人生が「会社組織に依存するとか国家に依存するとかの

マインド植えつけられて単純にひんまげられている」


だけだと思うんですね。


これ長い歴史の中で人間は狩猟をしてきて

立派に「自分で稼ぐ(動物刈って自分で家族養う)」

をやってきた


歴史があって私たちのDNAにそれが組み込まれているはずなんだけど

いつの日か人類に「所有概念」ってのが定住するようになって

生まれてきて


人々は国とか組織とか宗教に依存するように仕向けられたのだろう

と思います。


そこで当たり前だった自分で自分の糧を稼ぐって

当たり前の技術を奪い取られて


「会社で給料もらって定年後は国家に依存するのが普通です」


みたいな価値観が形成されたんだけど


実はそれは普通じゃないんですね。海外だと特に。


海外の普通は「自分でとりあえず稼いで行く」ですよ。

マレーシアのGRABの白タクタクシードライバーは

とても接客態度がいいけど


正規タクシードライバーと対立しながらも立派に

自分で稼いでいます。



彼らの中ではアプリでも「UBERのほうが稼げる」とか

「GRABのほうが稼げる」とか色々あるらしい。


そうやって当たり前のように稼いでいます。


だから人生変えるために自分で稼ぐ、って日本の感覚が

少しおかしい?のかなって最近思っていて


それよりは日本の「会社に60歳まで依存して、そんで

65歳までコンビニバイトして、65歳から

月4万円くらいの年金もらって生活」ってほうが


おそらく異常なんです。


だから人生変えるために自分で稼ぐ、っていうけど


本当は自分で稼ぐのが人間のベーシック、基礎であって


なぜかそれを国家為政者に色々洗脳されて


全く人間の自然に沿わない組織に従って給料もらう、そういうのが

当たり前、みたいな

価値観を日本人はいつの日からか持たされてしまった


のだと思いますね。


だから私の中では自分で稼ぐのがまず当然の考え方としてあって


非常に例外的な生き方として会社で給料もらって労働するとか

国に老後を依存する、

って考え方が存在しています。



だから人生変えるために自分で稼ぐ、っていうけど

おそらく会社や国家に依存するようにそもそも人生を

多くの日本人が変えられてしまったんだ


ってのが私の持ってる少数派の考え方です。



だからそれを「生き方を人類として自然な元の形に修正するために」

「自分で稼ぐ」ってのが私の考え方です。




これは不思議なことで、自分で稼ぐのがすごーい、って感じだと

稼げないんですね。


けど自分で稼ぐのが人類にとって当然であるって

理解していたら


稼ぐのが当たり前だし、稼げないのは何か異常だ、って

思うわけでして自己修正できるから稼げるようになってくるわけです。



韓国でも路上のおばちゃんが普通にトッポッキ売って


「自分で稼いでる」し、


あとはマレーシアでも20歳くらいの少年がタクシードライバーして

普通に

「自分で稼いでる」し、


それが私にとっては日常で当たり前だったりするから

稼げるのが当たり前で、稼げないってのはなんかおかしい、異常である


って考え方があるんですね。


あ、だから書いていて分かりましたが日本人ってのは

おそらく毎日会社労働している人たちに囲まれてるから

自分で稼ぐのがすごいこと、って考えるんだろうけど


海外に行くとそれが逆で会社労働しているスーツきた

サラリーマンがあんまいませんから

自分で稼ぐのが当たり前、みたくなってくるんです。


だからやっぱりある程度自己投資として海外に行ってみて

1週間でもいいから滞在してみるってのはすごい良い体験になると

思います。



「あのおばちゃんでもトッポッキ売って稼いでるんだから

オレでも何かしら稼げるでしょ」って思えます。



ということで年金に依存する、とか会社の給料に依存する、


このスタイルってのは非常に特殊な日本の経済発展期には

うまくいった考え方だったんでしょうが


それはあくまで異例で特殊な例なので


多くの人が back to normalでして普通に戻る、

要するに自分で稼ぐのが当たり前という感覚に戻る


ってのがこう大事かと思いました。


私は生きていてあまり不安ってのがないのですが

おそらく多くの不安ってのは依存してるから生まれるんですね。


依存していなければそもそも何かリスク材料があったら

自分で考えて、そんで自分の脳みそ使って

なんとかすればいいだけだから

あまり不安はないんです。


こういう何事にも依存しない生き方ってのも

最近はすごい大事だよな~って年金のニュースみても思いますね。


それで近藤さんのストラドルも合ってる人、合ってない人

いるだろうから、


まあその辺はあなた次第なんですけど

利益出している生徒さんは結構おりますので


爆益ってわけではないけど月利5%、10%とかを

安定的に取るという思想で考えると結構良いので


是非見てみてくださいね~





音声
⇒  http://loss-limit.info/konhy/6/kon3.mp3



※上記音声を書き起こししたPDFファイル
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/ko……3-6-8n.pdf






PS・・・ちな、マレーシアにいて分かったのが

例えば社会には「貧困層」ってのがいるのだけど

私の勝手な見かたではある、とは断っておきますが

日本の貧困層のほうがどうも大変そうだ、ってことです。


所得は日本の貧困層のほうがあるんだけど

切羽詰ってるように見えるのは日本のほうなんですね。

マレーの人は貧困であったとしても


これから学んで、勉強していけばとりあえず豊かになれるみたいな

希望が社会にはどうもあるし、


インド系の人たちでお金がない人でも一応カレーとか

鶏肉とか毎日のように食えてはいるようです。

だから現地にきて貧困の人たちの表情見てもわかるけど

もちろん苦しい状態はまだあるとはいえ、子供たちは


楽しく遊びまわってるし、大人たちも

「売り上げあがんねーなー」みたいにタバコふかしてはいるけど

仕事でブラック会社で自殺とかは

どうもなさそうです。



あとはカネ足りなければGRABとかのタクシーバイトしてもいいわけですし、

あとはイスラム教のコミュニティがあるから

私はそこまで入ってないけど、やはりそこでも助け合いとかが

あるんだと思う。


けど日本の貧困層って孤立していて、道が見えない、みたいに

なっていて、日本の課題がそこにあるってのは感じました。


だから商売の自由が確立されていない日本の社会主義性は

民衆を苦しめている、と思いますね。


商売や投資で貧乏からでも頑張れば這い上がれる、

みたいな社会的空気こそが

最大の社会の潤滑油になるのだろう、というのが

私が生活していて分かったことですね~


年金の報道とかもすごい考えさせられたけど

国というのは人々に依存させて支配することではなくて


人々を自立させて申し訳なく税金とる、くらいが

ちょうどいいと思います。


国家が肥大して強くなりすぎると民衆を隷属させて

依存させるのですが、そこで人々は本来の人間が持ってる活力を

失うので、そこで様々な問題が出てくるわけですので、


人々が商売や投資を覚えて自分の個性にあった稼ぎ方を

市場でみつけていって、


それで社会全体が円滑に回るというのが大事かな~と思いました。


それでは!



ゆう







コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXで長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

見るか見ないかでこれから先勝つか負けるか変わってくるかも?(笑)しれない情報です☆
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXで勝つために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

メールアドレス(必須)
名前
当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください