無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






『リスクヘッジをして、 コツコツと利益を積み重ねる安全な投資法』

2016 11月 07 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin









さてさて、昨日なのですが


【学校では教えてくれなかった
「資本主義で稼ぎ続ける人たちの思考方法」について考える!】


っていう号を流しました。


正直かなり反響がありました。

あれ、たぶん資本主義で稼ぐ人と稼げない人が分かれる本質なので

それを感じ取れる人が多かったってことだと思います。


ちなみによく「成功者」って人が

あらゆる分野で結果出しちゃうってことがあるんですけど

それで「なんであいつはどの分野でも稼ぐんだ、不公平だ」となるかも

なんだけど、


それは彼らは前号で書いた本質を押さえてるからなんですね。


この世の中って確率に支配されてるんですね。

オカルトでもなくて本当にそうなんです。


例えばですよ、

「オレは彼女できない、童貞です、不細工です、貧乏です、」

という人がいたとします。


よくネットでこういうことを自分で言う人いますよね。


けど、これはお金だけに限らず、異性の交際相手を見つけるのも

一緒でして、「1週間で4人の女性の友達を作るようにする」という

風に動いたとします。


これ、サイコロの原理と一緒でして、それが1ヶ月だと何も変わらないんだけど

3ヶ月、6ヶ月、1年とすると女性の友達が

何十人にもなりますよね。


したら確率的にどんどん彼女が出来る可能性はあがるわけです。

世の中の全ての女性がイケメン金持ち好きってわけでもないんです。

これまた、人の好みというのも確率的に世の中は分散しております。

そういう人と出会う確率が必然的にあがって成就するようになる。


だから世の中で大事な部分ってのは大体というか全部が

確率に支配されています。


例えば事故にあう確率というのも一緒で

信号を渡るときに右と左を確認して、それで信号を渡る、

という行動を365日取り続けた人と、


信号を渡るときにスマフォを見ながら右も左もみないで

ポケモンGOをやりながら365日渡り続けた人、


どっちが事故に必然的に遭うでしょう?となると

やっぱり後者なんです。


1日や2日だけだと変わりないんだけど、その1日ってのが

収束してくるとですね、結果の差として確率的に収束するように

世の中ってできてるんですね。



この辺が理解できると

「自分が望む結果が出やすい行動を

毎日取り続ける」重要性がわかるわけです。


ようするに 確率をコントロールするためなんですね。


政治の世界でこれをやり続けたのがナポレオンとかなんですけど

あの人は「奇跡」を起こしまくったわけですが


実は彼はこの辺を理解していて運命をコントロール下に置いた人

です。


だから他の人から見たら奇跡に見えるんだけど、

おそらくナポレオン自身からしたら彼の奇跡的な結果ってのは

必然性を帯びていたわけです。


オカルトみたいに聞こえるかもですが、オカルトじゃないんですね。

あくまでも確率で支配される、って数学の話です。



ちなみに、ホストのキャッチがなぜ「黒い服」なのか

知ってますか?



あれはですね、彼らの中の確率的な統計学ってのがあって

赤い服とか黄色の服とか白い服よりも


黒い服のほうが成功率があがるんです。


これは「なんでか?」は分からないけど、たぶん色彩学とかに

関係してくるんですけど、


人間の心理につながる話です。



んで彼らは「一番結果に出しやすい行動の一つとして

黒い服を見にまとう」ってことをしてるわけですね。


これは女性に声をかけるときも一緒で、黒い服のほうが

結果が出やすいのだけど、


その理由は?といわれたら推測するくらいしかできない。


けど確率的にそうなんです。


こうやってその人の意図した目的を達成するために

確率をコントロールしていく、という考え方があって

ここに気づいた人が勝ちあがるシステムに今の時代ってのは

なってるんですね~




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【新案件】


『リスクヘッジをして、
コツコツと利益を積み重ねる安全な投資法』


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


それで稼ぐために重要なのが

「必然的に稼ぐ行動を取り続ける」ことであります。



それで今回は今多くの生徒さんに月利10%前後の結果を

出させている近藤さんという方がいるのですが



こちらの近藤さんから、「必然的に稼ぐための話」

がありますので是非見てみてくださいね!


ずばり内容は

『リスクヘッジをして、コツコツと利益を積み重ねる安全な投資法』

になります。



↓↓

=========================

%%First Name%%様、はじめまして。


『リスクヘッジをして、コツコツと利益を積み重ねる安全な投資法』

の開発者であります近藤洋介と申します。



今回、お伝えしている

『リスクヘッジをして、コツコツと利益を積み重ねる安全な投資法』

の内容は、ゆうさんのメルマガ上で


『【近藤洋介の投資講座】』というメール形式で、
メールや動画を使ってお送りさせていただきます。


内容としましては、「相場を読む」ような、
『プロでも難しいこと』は、しない投資法です。


この投資法は、実際に私が利益を出してうまくいっている方法で
大きな利益を狙うのはもうやめて、リスクヘッジをして、
コツコツと利益を積み重ねる安全な投資法です。


この様な方法を使って、堅実的に資産を増やすための知識を
明かしたいと思います。



それでは早速ですが、出来るだけ分かりやすいように、
動画にしましたので、こちらからご覧ください、

⇒  http://loss-limit.info/konhy/1……edit2.html



※もし、動画が視聴できないという場合は、動画の音声を書き起こした
 内容をご用意しましたので、こちらをご覧ください、
 ⇒  http://loss-limit.info/repo/mo……movi-1.pdf



************************
サプライズ・プレゼント!
************************


私が実践している
『リスクヘッジをしてコツコツと利益を積み重ねる安全な投資法』
は、世界の金融商品の中で唯一、複利で運用できる投資手法です。


なお、この手法を実践する際には複利計算機が必要になります。


そこで、複利で運用した場合に、%%First Name%%様の投資金が何年で、
どのくらいまで増えるのか、以下の複利計算機で
デモンストレーションしてみてください。


初期設定:「投資金50万円」「利率月15%」「運用期間3年」

を例として、まずは計算してみてください。


そして、その素晴らしい結果に驚いたら、今度は、
実際に、今の%%First Name%%様の預金額で設定してみてください。

設定:「%%First Name%%様の預金額」「利率月15%」「運用期間3年」



結果が楽しみですね!


それでは、こちらから特典の『特別複利計算機』をてえに入れて、
さっそく、%%First Name%%様のシミュレーションをしてみてください、

⇒  http://unyou.net/fukuri/




=============================


以上です!



ちなみに今回のこの案件なのですが、

実は某ASPのトップがいるのですが、彼なんかが


「お客の満足度が高い商品かどうか」ってのを常にチェックしているんですね。


それで実はこの商品、あまり有名ではないものの

お客の満足度がかなり高く、それで結果出している人が多い

ということを色々聞いていまして、



それで今回メルマガで扱いたいな~と思いました。


ちなみに「月利100%、50%、60%を目指しましょう」とか

そういうものではない、

のですね・・・



あくまでも利率としては月利10%前後を狙う感じでして、


「あんましんどいことしないで、無理しないで、

利益出していく」


ということを考える感じになります。


要するに「一世一代の大勝負なんてしないで」


「コツコツとアリとキリギリスのアリのように

月利10%前後を積み重ねていって、複利をかけていく」



という考え方になります。



ちなみに近藤さんのおっしゃる


「世界の金融商品の中で   


唯一、


複利で運用できる投資手法」


という表現が大事で「唯一」って言葉が入ってるんですね。



これは重要で要するに


「普通は複利なんてかけていけない」


って前提がある言葉なんです。



普通投資を続けていると多くの人が

「成績のぶれ」というのがどうしても起こりがちなわけでして


ある月は月利30%、ある月は月利5%

ある月は月利マイナス20%・・・


みたいにすごい成績の不安定さに悩まされるわけですね。



こんな状況で複利ってかけられますでしょうか??


やはり複利ってのは「強烈な安定性」ってのがあって

そこでかけられるものです。



逆を言うと近藤さんのやり方は裁定取引ってやつなんだけど

ここで「安定性」はすごいあるんですね。



だから生徒も正直言うと月利50%とかそういう人は

他の塾と違ってあまりいないと思うのですけど


けど月利10%くらいの生徒はめちゃくちゃ多い、んです。



んで生徒さんも「とにかく継続していくことが大事」と

理解している人たちなので



どかーん、と儲けるわけではないのですが

徐々に徐々に、豊かになってきているという感じですね。



それを近藤さんがサポートしている感じです。



ちなみによくこの業界で使われる言葉があってそれが

「人生を変える!」ってやつですよね。


大体の人が人生を変えるに「!」マークをつけて

気合を入れます。


が、重要なのが多くの人が

「人生を変えるぞ  !!!!」と気合いれているわけです。


ここで気づかないといけないのは

すさまじい競争がその短期間決戦で発生している、ということです。


そこでは当然「能力が秀でた天才だけが」果実を得ます。



けど私の場合、天才じゃないんですね。

凡人です。



だから私はあえて多くの競争が発生しているところに飛び込むことは

しないのですね。


けど一方ブルーオーシャンってのが世の中にあって


「人生を 時間のレバレッジ使って 

確率をコントロール下において変えて行く」


この考え方を取ってる人ってのは全然世の中にいないんですね。



だから前の考え方に戻るわけですが、

やはり継続して確率をコントロールする、という考え方が

必須になるわけです。


自営業に求められること、それはおそらく

「不確実な世の中の情勢を理解しながらも

確率をコントロールし続けること」だと思います。


ちなみに税制ってのがあって、それも日本の場合累進だから

「1発で1年で1億円稼いだ人(その後は大体ゼロかマイナス)」よりも

「5年で1億円稼いだ人」



のほうが お金が残る仕組みになっております。


この「5年で1億円稼いだ人」の場合はその後ろに膨大な知識、経験が

蓄積されているから、そこにまた「複利」ってのがかかってくるから


10年、20年という長期になると資産としては

短期間で1億円稼いだ人より明らかに増えるように社会の仕組みとして

どうも出来ております。



それで多くの人は「一発逆転」を求めるから

「月利100%」を目指すんだけど、やっぱりそれは

無謀なんだと思います。


ヲーレンバフェットだって確か年利23%とかそんなものを

ずーっと繰り返してきたわけで


月利で言うと2%3%の世界です。


それを単なる素人が月利100%を継続していく、って

私はちょっとおかしいと思ってるんですね。



それよりは月利5%、10%でもいいから

まずはそれを「継続する」これが大事です。


だから人生を変える、というよりは


「時間をかけて 人生を  変えて行く」


です。


これがとても大事。


えっとこれは、英語の話になるんだけど

英語で現在完了形ってありますよね?



I have been there.(私はそこに行ったことがある。完了系)


ってのと


I went there(私はそこに行った。過去形。)



って言葉がありますけど、外国人たちって

「私はそこにいったことがあるよ」って言う場合、


GO行くの過去形のwentじゃなくて、

have beenっていう現在完了形を使います。



これ私も使うんだけど、使ってる本人からしたら

明らかな違いがあって、



例えば、2000年にあなたがアメリカに行ったと

します。


その2000年を点のように切り取って

「アメリカに行った、って事実だけ」を言う場合

Went(行った)っていう表現使うんだけど



今って2016年じゃないですか?


だから2000年にあなたはアメリカに行ったんだけど

それでその後も生き続けてるわけで、


そのアメリカに行ったって経験がある延長線上で

2016年のあなたが存在している、


って感覚があるんですね。


時系列で言えば2000年、ってのが「点」です。


一方「2000年~2016年」ってのは時系列でいえば

「線」ですよね??



この「時系列を線で捕らえる感覚」ってのが英語だとあるんですね。


だから現在完了形ってのが英語だとあるんです。



ちょっと分かりづらいかもしれないからもっと例をあげるけど


日本だとマクドナルドのレジのカウンターさんが


「注文はてりやきバーガーでよろし 「かった」ですか?」


と使いますよね?


ここで過去形と完了形の違いが分からない人は違和感があるんだけど


そのレジのカウンターの人がおそらくもっと言語感覚は進んでいて


その人が「かった」って過去形というか実は完了形なんだけど

その人がその言葉を使ってる「感覚」ってのは



「あなたは私のレジにきて、そしてメニューを見て、

そしてテリヤキバーガーを頼んだ。そして私はその注文を聞いたので

その「時系列の流れを包括して」あなたに


「てりやきバーガーでよろし 「かった」 ですか」と聞いた」


ということなんです。


一連の時系列の流れを含めて


よろし「かった」ですか?


っていう言葉を彼女らは使ってるわけですね。



だから日本語でも実は現在完了形っぽい使い方が使われてたりします。



だから「時系列を点で見るんじゃなくて線でみる」

わけですね。



んで、「カネ稼ぎ」も同じでして、


いきなり カネが稼げるわけじゃなくて


「コツコツした時系列の連続があって徐々に稼げるようになってくる」


わけなんです。



だから1年前、2年前と過去の行動があって、

それが今の結果につながってる、って当たり前の因果関係が

カネ稼ぎにも存在しているんです。



んで「人生を変えます!」って人の話になるけど

この人たちは 時系列を「点」で捉えているわけです。


いきなり人生なんて変わらないんですね。

ドラマじゃないんですから。



それよりは「人生を変えて 行く」って継続性があって、

それで徐々に人生って変わっていくわけなんです。



これ、私が生きていて分かった重要な教訓です。



「時間のレバレッジ」というのが世の中には存在していて、

それで時間をかけると「実力、資金、判断力、洞察力」が

成長するんですね。



だから人生を変えるというよりは

「時間をかけて 人生を変えて行く」

ってアプローチが正しいのだ、と私は思います。



それなのでやはり重要なのが「継続性」にあるわけです。



それで近藤さんの案件が私はいいな、って思ったのが

月利100%とかそんな数字出さないんです。


なぜか? そんなの続かないって分かってるから。



それよりは月利10%を目指していきましょう、

となるわけです。



「人生を変えて行く」。これは言葉で言うのは簡単だけど

実際にそれを実現できるのは少数なんですね。



ちなみに「人生を変えて行く」っていうと

おそらく「パソコンを使って月20万円」ってのがまず

目指すところになると思います。



月20万円とりあえず稼げるようになったら、生活は

出来ますよね。 海外に行ってしまえば余裕だとは思います。



なので月20万円ってのがまず最初私なんかははじめたばかりのころ

ありました。


んで、月利10%だとすると 仮に投資金が100万円だとすると

10万円です。


足りません。


けどそれを使わないで月利10%を継続したら大体

最初は攻撃的に毎月複利でいけば

8ヶ月くらいで2倍になります。



200万円くらいですね。


200万円の10%だと20万円くらいです。



ここで「人生を変える」ってのが現実的になってくるんですね。


夢ではなくて、見える目標になっていきます。


最初は複利をガンガンにかけるってことをやるでしょうが

ある程度節制して、安定してきたら複利も落ち着いてかけていくでしょうから


月20万円、30万円・・・と徐々に徐々に

時間かけて伸ばしていくわけですね。



こうやって「時間をかけていって」

「人生を変えて行く」

って考え方が大事だと思います。


時は金なり、Time is moneyってのが資本主義の原則で

時間がカネを生む、んです。



だから月利10%ってのは実はすごい数字で人生を

長期で変えて行く力はあるわけですね。


月利5%でもいいです。


ただ世の中の多くの人は「一時的な月利100%」を目指したがります。

そこには 時間のレバレッジという重要な考え方が欠如しています。


欲望があってそれに支配されるからでしょう。





一方それに支配されない人は「月利5~10%をずーっと継続して

そこに複利かけていって徐々に資産を増やしていく」


わけでして、



数年経つと完全に後者のコツコツ型が一発逆転狙いの人を

追い抜くように世の中って出来ています。



だから近藤さんの言う月利15%とか

月利10%、この数字はすごい大事な数字なんですね。


ある程度資産が出来てきたらもっとリスクをさげて

月利5%前後でもいいと思います。


そういう意味で時間のレバレッジという考え方がもてる人からしたら

月利10%とか5%とかとにかく

「負けないでプラスが続く」ってのはすごい強力なんです。



こうやって資産が形成されていくんだろうと

私は経験上思います。



月利5%でも10%でも15%でも良いですが

そこに「まず負けないプラスにできる強固な安定性」

が宿ってるときだけ、


唯一そのときに「複利」がかけられるんですね。



近藤さんの「唯一」ってのはそういう意味です。


それで近藤さんの生徒さんってのは

爆発的な人はあまりいないのですが


「コツコツしっかり損失抑えながら資産を増やしている人」

ってのは結構いるので



一発逆転大勝利を狙うのではなくて

コツコツ資産を形成することにあなたが興味あったら

見てみてくださいね~





⇒  http://loss-limit.info/konhy/1……edit2.html






















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXで長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

見るか見ないかでこれから先勝つか負けるか変わってくるかも?(笑)しれない情報です☆
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXで勝つために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

メールアドレス(必須)
名前
当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください