無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【マレーシアにいて分かる「経済成長が治安を向上させるという法則」】

2016 10月 28 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

今日のお題:
【マレーシアにいて分かる「経済成長が治安を向上させるという法則」】






さてさて、私は今マレーシアにおります。

色々海外を自分で見て勉強したいな~ということで今までは

結構日本におったのですが


これからは基本的に海外メインになりそうです。

ちなみにマレーシアとかあとはドゥテルテが大統領になったフィリピン、

この辺は私は結構移住候補としては良いと思っていまして


特にマレーシアなんかはビザなんかも取得しているのですが

もう良い国だな~と感じます。


日本も日本で政治の部分では色々問題があるけども

四季がきれいで、地方なんかは海とか山がきれいですから

それはそれですごい良い国なんだろうとは思います。



ただ実は最近なんですが私が日本にいるときに感じる点として

「なんか成長スピードが弱まる気がする・・・」

ってのを強烈に感じるわけですね。


これは本当に不思議な感覚なんですが特に韓国とかいるときは

毎日自分が成長している実感ってのがあるわけです。


これは韓国語なんかが最初分からなかったのにどんどん

分かるようになってきて、そこで「新しいアンテナ」みたいなのが

脳みそに立ちだすんですね。


この「新しいアンテナ」が脳みそに立ちだすってのがすごい

重要なことで


日本だと既に私はアンテナが立ってしまってるわけです。

もう日本人だから当たり前で、電車の乗り方も知ってるし

日本語のしゃべり方も知ってるし、日本人の大体の考え方の傾向も

知ってるし・・・



自国のこと、もちろん知らないことはまだあるだろうけど

大方はやはり日本人だから知ってしまってるわけです。


が、他の国となるとやはり違って全然知らないことばかりなんですね。

私はおっさんですが、このマレーシアでは赤ちゃんみたいなものでして。


言葉も英語はしゃべれるけど、

マレーシア語は分からないわけですが


これからマレーシア語なんかもちょっとくらいはしゃべれるように

ならないとな、なんて思っています。


だからこの「日々学ばないといけないことがある」ってのが

すごい面白いわけなんです。


自分の脳みその中にまた「別の国のアンテナ」ってのが

立つわけなんです。


これが本当に楽しいんですね。



それで私は3年ぶりにマレーシアに来たのですけど

そこでずいぶん驚いたことがあって


「最早マレーシアってのは発展途上国ではなくて

先進国なんだな」ってことですよね。



もうクアラルンプールなんかはすごくてバンバン高層ビルが

立っていまして、中心街なんていくと


東京と比べても見劣りしないというか、下手したら

東京の新宿とかでも負けちゃうんじゃないかなというレベルで

綺麗なデザインの高層ビルがバンバン建っているわけですね。



実は私は彼女と「これ、東京負けてるよね、実際は」

なんて話していたくらいです。


ちなみに以前は地下鉄とかモノレールってのが結構物騒だった

わけですね。


スリとか強盗が結構この公共交通機関であったと。


今もちょっとはあるのかもしれないですし、

私は日本の電車でもスリにあったことがあるから

マレーでもまだあるだろうと思うのですけど


ただそれにしてもモノレールなんかは治安が改善していました。


マレーシアには日本人が結構多くて日本人会ってのもあるんですが

そこでおそらく10年位前に言われていたのが


「電車には乗るな、日本人はタクシーに乗れ」

ってことだったと思うのですが


私はマレーシアだと彼女と電車で最近移動しているんですよ。

節約生活なんです。


貧乏出身な人間なのでやっぱりタクシーはぜいたく品で

それになれるのは良くない、ってのが私が彼女なんかとよく

話すことで、


だからタクシーも本当はすごく安くて、

初乗り100円くらいなんだけど

それも乗らないで電車乗ってるんです。


私の場合、稼ぎが以前の何十倍にもなったけど

同時に税額もすごいことになっていて、

正直税金だけで大企業のサラリーマンの年収何人分か

とられてるので、


また国家にあらゆる税金を収奪されているので

だから何かあったときのために国家に対して裁判起こすための

弁護士費用や税金払うために贅沢はできないという状況です。


ちなみにこれは現実なんで書かないといけないんだけど

それこそ稼ぐようになると節税にも限界があるので

そこで毎月何百万円とか税金取られるんですね。

色々な名目で。


この「色々な名目で」ってのが重要でそれぞれ役所が違って

「こいつ稼いでるから奪いとってやれ」なんです。日本は。


となると稼ぐようになるとあらゆる税金が課せられるように

なる仕組みがあるんだけどそれは

一般にはあまり知られていないんですね。


要するに日本の役所ってのは税法に従わないで徴税が出来る状態

ってのがあるんですけど、


「形式」と「実質」を使い分けて税法を骨抜きにして

自営業から奪い取れる、っていう形になってるんです。



だから毎月何百万とか取られるわけなので、

また官僚や公務員から強盗にあってまた何か新しい請求が

来るかもしれないってのがありまして、


常にお金をストックしておかないといけないからお金使えない

となることが結構あるわけです。


これは後で役所が「難癖」をつけてまた重加算とかしてくるので

それも考慮するとほんと使えないんですね。


だから毎月何百万円とか官僚や公務員のために納税しながら、

一方、自分は電車移動とか歩き移動ってなることが往々にして

自営業の人はあるわけで、

やはり日本の問題ってのを私は肌で感じるわけです。



ちなみに副島先生の「税金官僚にやられた有名人たち」

みたいな書籍があるから、これは今利益上がってる人たちは

みんな読むべきだと思います。


あの本だけは自営業のほんとの世界を書いている、と私は

分かります。


あの本の中で色々な人がいるけど、中にはすごい稼ぐようになったけど

逆に税金で借金状態になった人というのもいて、


だから「稼げば稼ぐほど資産がマイナスになる」という仕組みが

日本にはあるんです。


これは重加算とかの話なんだけど、ほんと何かあれば

サラ金なみの加算金を取るわけですが、「国家なら合法」ということ

になっています。


んで、そこでかわいそうなのは磯貝さんだけど

彼の場合は相当FXで稼いだのに、逆にその後税金で借金状態に

なっていて、今はその税金を返すために工事現場とかで働いてらっしゃると。


日本のシステムってのは新興の

「貧乏から這い上がる金持ち」を潰す

システムであって


「伝統的な資産家」は残すシステムなんですね。


これ、日本人の思考傾向としては

「伝統的な金持ちは上品で品があってよいわ、

逆に成金の貧乏出身から稼いだ人はなんか品がなくていやだわ」


というものだと思うけど、


私の読者さんなら分かると思うけど金をゼロの、貧乏状態から

稼ぐってすごいエネルギーがいるわけです。


そこで上品、云々と言えない、そういうエネルギーが必要になる

わけでして、


それはやっぱり元から親やおじいちゃんが資産家だった人には

分からない話です。


そりゃー元から金持ちだったら、上品に振舞っとけば「無難」

だし敵作らないからいいでしょうけど、私だって母子家庭じゃなくて

2世の富裕層家庭ならそう振舞うでしょうが、


もし新興の富裕層が誕生しないなら、そんな国は滅びるんだと

私は思います。


んで、与沢さんなんかがそうだったけどあそこまで稼いだけど

税金で破産させられる、ってやっぱり日本だけなんです。

彼の場合は特殊でエネルギーがあったから復活したけど

例外的な事例ですよね。


やっぱりそういう新興富裕層っていって

貧乏人から這い上がってきたような人をつぶす国は

絶対的に衰退するのだ、というのが

私が今実感を持っていえることです。



んで、ちょっと愚痴っぽくなっちゃったけど、こういう

仮に稼いでも税金が重すぎて


自由にお金を使えない問題ってのが自営業者の人には

最近多いんですよ、って

話をちょっとはさみたかったんです。


私のメルマガも多くの自営業の友人が読んでくれていて

年収億とか数千万円あるけど結構質素な暮らしされているんですね。


もちろん普通よりは良い暮らしで経費でドイツ車乗ったりは

するし、食事も接待交際で落ちるものは落とせるけど、

他の国の同水準の年収の富裕層と比べるとかなり質素だと思います。



要するに「稼いだお金は全部お国のもの」になってる状態ってのが

日本の問題で、そこでは所有権の絶対性というのがないに等しいってのが

日本の経済が回らない大きな問題です。


こういうのに嫌気さして、


「公務員を養うためにオレは

生きてないぞ」

ってのがみんなあって、だから海外に

稼げる能力のある人が出て行ってる、って問題があると

思います。


最近は香港、シンガポールとかが多いですけど

あとはマレーシアなんかに引っ越す人もいると思います。


日本のマスコミはこの件について

「金持ちが海外逃避してる逃がすな!」という論説で書くけど

それは間違いです。


多くの海外に行く

若手の起業家や投資家の本音は


「官僚や公務員を養うためにオレは

生きてないぞ、君たちの民間の2倍以上の給与や福利厚生を

見直して民間と同じにして

また人数も下げるべきだ。


君たち官僚や公務員の論理を正当化するために

起業家や投資家が悪者扱いされる社会風潮には耐えられないよ」


であると思います。


この本音が不都合だから報道しない

日本のマスコミの欺瞞というのがあると

私は思います。



んで例えばマレーシアってのは私も色々調べるけど

例えば住民税がないわけです。


あなたも払ってると思うけど

住民税とか相続税とか贈与税、とか日本人たちが課せられている

こういう税金がないんです。


この点もすごい重要な点で、やはり日本と違う点ですよね。

だからといってじゃあ道路とかはボロボロか??


というと今度写真も出すけど道路も結構ちゃんと整備されてるし

例えば電車なんかだと警察官も配置されていて、

治安なんかもすごい良くなってきています。


効率的に、合理的に国家経営というのがされているから

そこで天下りとか官僚機構とかがないから

うまーく、民間が頑張ってそれを国家がサポートして

不必要に統制しすぎていない、という姿がまず印象的でした。


だから日本よりかなりうまく国の機能が回っています。



それで話はずれちゃったけど、

まあとりあえず私は

電車移動がマレーシアではメインなわけです。


時々タクシーも使うけど、贅沢に慣れたらよくないな

ってのもこれまたありまして、電車を使うのだけど


それこそ1人片道60円とか70円とかのレベルでして

かなり安いんですね。


んで、日本の私鉄なんかよりも最近はモノレールとか

きれいだったりするんです。


これが私がすごい驚いた点で公共交通機関ってのが

かなり綺麗になってきているんですね。


たぶん昔は絶対マレーシアではNG行為だったと思うんだけど

マレーシアの地下鉄の満員電車に乗ったわけですよ。

夜はクアラルンプール市内の電車は混むんです。


もちろん万が一のことがないように

IPHONEとかすられないように注意して乗ったんだけど

実際は全然問題なかったです。


これは3年前とかだと結構なんか怖い雰囲気あったんですよね。


けど最近はずいぶん雰囲気変わった??という感じでした。


だから彼女とも話していて、乗る前は

「これ治安悪いかもしれないから、要注意だ」

とかいって


ちょっと緊張しながら電車乗ったんですね。


一応パソコンとかいれてるかばんを盾の代わりにして

何かあったら防犯対処できるように、とかほんとギャグじゃなくて

考えて乗っていたのですが



乗ったらもう一発で「治安とくに問題ないな」って

分かるわけです。


IPHONEとか普通に電車内で使ってる人いるし、

あとはポケットに無造作にいれてるマレー人も結構いるし、


あとは私がすごい気にしていたのが純金のアクセとか

マレーだとつけちゃいけないだろうな、とか

そういうことだったんだけど


さっき乗った電車で前に乗ってたインド系のおっちゃんが

もろに純金の光輝くアクセ(70グラムくらいかな?すごい

ごつい金のネックレス)


をつけて普通に座っていたのが印象的でした。


一昔前だったら強盗からしたらそんなおっちゃん

一発でターゲットだったと思うんですけどね、


最近は違うみたいでした。


だからまず私が2013年に来たときと比べて

たった3年で感じたのは


「治安がずいぶん改善されてるな」ってところでした。


これは前から聞いてはいたのですが、実際に確かに

治安が改善されてるってのは感じました。


んで、海外の治安って、結構海外旅行行く際に

みんな怖いところだと思うんですね。


実際に外務省の海外渡航のアナウンス見るともう

「ここはこんなに怖い、あそこはあんなに怖い」ってのが

沢山あるんです。


これを真に受けると、海外なんか行かないで日本が一番

となりやすいんですが


これ、実は私の彼女でして、「海外は怖いところ」って

思っていたのですが


この前上海にいって一発で彼女は自分で感じ取ったらしく

「あれ、そんなに危険じゃないわ」ってことだったんです。


要するに治安って私は自分の体の感覚で理解するのですが


「経済成長すると勝手にその国の治安はよくなる」


んです、たぶん。



これ、池袋とかにいる中国のギャングの話なんだけど

彼らも昔は日本で結構無茶していたわけです。


けど最近彼らは「日本で悪いことするよりも

経済発展してる中国でまともに商売やったほうが儲かるぞ

本国でいっちょ勝負したるか」


ってことで結構帰国している人が増えてるんだそうです。


私も中国のギャングの立場だったら中国籍があるのであれば

色々商売もできるだろうし、本国に戻るだろうな、と。


それでそういう元々ギャングだったようなのが

商売人として頑張って豊かになって、それで富裕層になって、

そしてそいつらがまた下の人間育て上げて


彼らを商売人にして、それで治安ってよくなるんだ、

と思うんですね。


マレーシアなんかではそれを最近この数日だけで

強烈に感じたんだけど


3年前は結構危ない雰囲気だったのに・・・


今はまあ結構治安も改善してきたる感じなんですが

これはやっぱり昔すごい貧しい人たちってのがいたけど

もちろん今もいるけど


「商売やらちゃんと仕事すれば生活がよくなってくる」


っていう「希望」ですね、これがたぶんマレーシアの人々の

多くの人の潜在意識にあるのだと感じます。



そんな希望があったら犯罪するより頑張って

商売するか、となりますよね。


だから経済成長すると治安が改善するんです。

よくよく考えたら当たり前のことですけど。


んで、電車なんかに乗ったらそれもすごい改善されていたし


あとこの前はちょっと贅沢してタクシーに3回乗ったのですが


(この辺、私はあまり贅沢しないように今でも

戒めてます。がこれは真似を強制しないので、

稼いだらちゃんとお金を使うというのも大事ですよ。


私も昔散財してみたことがあります。それも一応経験として

やってみるのは大事だと思います。が、経験すると

意外にむなしいので、質素でいいや、となるもんです。

あと調子に乗ってると税金でやられます。)



そのタクシーなんかは昔はぼったくりが多かったわけです。


が、今はぼったくりどころか

GRABとかあとは読者さんが教えてくれたけど

UBERなんかはクレカも使えて便利だってことなんだけど


それらのアプリで呼ぶタクシー運転手とか結構しっかりしてるんですね。


お金をぼったくりで多くとるどころか

チップを私が渡そうとするのを何度か拒否されました。


「いいんだ、おれは 定額しかもらわない、チップなんて

いりません」


です。


これに私は驚いたわけですよ。


もう3年前はそんなのなかったから、

「たった3年でここまでタクシーの運ちゃんって変わるの?」

とちょっと驚きました。


まあもちろん、上の文章読んで油断して海外に行く人が

いたら危ないから、


これは日本にも良い人もいれば悪い人もいるように

海外も良い人もいれば悪い人も必ず一定比率でいるから


そこは注意なんだけど「全体の印象として」すごい治安も

改善されているようで、そこが驚きました。



それで「経済成長するとなぜ治安が改善するのか?」

というところを私は今日考えていたのですが


マレーシアにいって分かったことがあって

それはもちろん、人々が豊かになってくるから

犯罪行為しないでも普通に働けば稼げるし給料もあがってくる、


って希望があるってこともあるんだけど


同時に マレーシアなんかは富裕層を大事にしてるんです。

だから実はこれを言いたかったから税金の話も書いたのだけど


新興富裕層を大事にして、必要以上には税金をかけないのですね。

となると新興富裕層って人が社会にたくさん出てきて


そこで新しい雇用とかそういうのも生まれてきて

また民衆の中で「オレも頑張れば豊かになれる」ってのが

出来るわけなんです。


これが社会全体を包んでるんですね。


だから歩けばベンツとかBMWがよく走ってるけど

「オレもいっちょ商売頑張って豊かになるぞー」ってのが

国全体の雰囲気としてどうも日本より結構強烈にあるんですね。


んで、その新興富裕層たちってのが「おんぼろだった街」

に例えばモール作ったり、新しい綺麗な店舗オープンしたり

するんです。


それをやると「今まで真っ暗だった街」ってのがですね、

明るくなるんですね。


新興富裕層たちの商売による広告の明かりとか

店舗の明かりってのがあって、それが大きく治安改善に

貢献するわけです。


真っ暗な道ってのがなくなってくるわけです。



これがすごい安心感を呼ぶわけです。


ドヨーンと真っ暗なストリートってやっぱ怖いですよね。


そういうのがどんどん消滅してくる。

自営業の台頭で。韓国なんかはそれがかなり進んでいて

マレーシアはその途中って感じ。


んで、さらにこの自営業たちが儲けますから、そうなると

マレーシア政府とか各都市の財源が増えてくるんだけど


そうなると公共交通機関とかがかなり綺麗になるんですね。

暗かった駅にも電球をともせるようになるわけです。


ぼろいモノレールも新しいモノレールに替えられるわけです。


駅のホームもぼろいホームからしっかりしたホームに

換えられる。



たぶん、これが治安改善に貢献するっていうことなんです。


だから「マレーシアの治安がなんでどんどん改善しているのか」

ってのは結構深いテーマで政治学とか経済学のテーマにも

なってくるんですけど


やっぱし自営業とかを大事にするって姿勢が

その根底にあるのだろう、って私は日本から来たから

なお更思うのですね。



ここで日本のようにバンバン民衆に課税して

なんでもいいから保険料でも年金でもいいからどんどん

表向きの理由をつけて税かけて金奪い取って、

ってことを国家がやっていたならば


そういう徳のない運営を国家がやっていたならば


今のマレーシアは

なかったんだろう、と思います。


それでまた私がすごいなって思ったのはマレーシアなんかでは

マレー系と、中国系と、インド系の人がいるんです。


これ他の国だったらですね、対立状態になるじゃないですか。


日本だってそうですよね、金持ちと貧乏層が対立状態に

最近は「させられている」と思います。


日本の場合は肌の色もみんな一緒だし、見た目も大体一緒なのに

そこで対立してるわけですが


マレーの場合はこの3民族が仲良く暮らしているってのが

これまたすごいところなんです。


だからその政策とかについて私は勉強しないといけないんだけど

だから電車でもマレー系もインド系も中国系も色々いるんだけど

みんな別にそれぞれ混合して、なじんでひとつの国で


対立せずやってるところがえらいんです。


ここでももし対立をあおるような政策取っていたら

日本人が道歩いていたら中国系に見えるわけだから

襲われそうだけどそういうことはないわけです。


インド系の人も親切な人多いし、マレー系の人も親切な人多いし

中華系もこれまた親切な人が多いわけでして


みんなひとつの国で仲良くやってるってのがなんか

すごくいいんです。

感動的です。



だからネットウヨの人こそマレーシアに来るべきで

彼らは日本国の中でやれちょー、せんだ在日だ、韓国だ

中国だ、ってやってるんだけど


日本国内で民衆同士の対立あおるなよ、ってことなんです。


私は国家に対してはやはり収奪者であるからそれは

しっかり民衆と国家の対立軸で日本の場合は捉えないといけないと

思ってますが


日本の民衆はみーんな重税とかに苦しんでるけど

なんとかみんな生きてる人たちでして、


その民衆同士がそれこそ右翼だ左翼だ、在日だ、なんやかんやで

対立をするのはよくないんだな、っていうのは

マレーにいてすごい感じました。


だってこっちはみんな肌の色は違うし、言葉も違うけど

すごいみんななじんでうまくやってるわけで


政治のあり方としては日本より上です。


だからこの治安の改善ってのはおそらく私が論じてはいけないほど、

マレーシアの人々、上層の人たちってのがとにかく

検証して考えてきて、勉強して取り組んできたトピックなので



本当はもっと深い部分があるはずなので

軽々しく書いちゃいけないことだと思うんだけど



やっぱりここまで治安を改善させて、経済も先進国入りさせて

ってのをしてきたマレーシアってのはすごいな、

っていうのを感じました



私がいるスバンジャヤってところの奥の地域はまだ

ちょっと田舎っぽい感じもあるんですが


駅のホームはすごい綺麗だし、私の日本の地元の駅よりも

きれいだし、


まず熱海とか伊豆の駅の10倍は綺麗なんだけど・・・


まあこうやって経済成長すると治安も改善されていくのだ

というのがとても印象的でした。


ちなみに電車はすごいんですよ、運転手がいないで

もう無人なんです。


無人で電車が自動で動くわけです。驚きました。

日本でもゆりかもめとかありますが、

そういう電車のシステムになりつつあります。



だからもう頭を脳天でかち割られたようなそんな気分ですが

本当に驚くことばかりなんです。



だから経済成長するってのは本当に大事で

それは人々の心も豊かにするし、犯罪も減らすだろうし

あとは治安もよくなるだろうし、


人間の心のエネルギーを国全体で高めるんだろうな

ってことを衰退国家日本から来た私は強く感じ取りました。



母国の日本もこうやって経済成長できればいいのにな・・・


ってのは思いますよね、やっぱし。



それで治安ってのは経済成長と密接に結びつくんだな~

ってのをこの数日、中国とマレーシアにいて

感じました。



そして母国日本の経済成長率は最近は

ゼロパーセントか、もしくはマイナス、が続いておりますが


これをいかに年間経済成長率を4%とか5%に

持っていけるかという考え方が次のリーダーに

必要な考え方になるんだろうな、と思いますよね。



マレーの治安はシンガポールとかにはまだ及びませんが

いずれ近いうちに並ぶでしょう。


そういう意味では投資家として心踊る国でもあります。


この「心躍る」という言葉を私は久しぶりに

今無意識に使ったけど

この言葉が自然に出てくるのがアジアのよいところですね。


なので若い人は是非経済成長率が高いアジアの国に

行って見るとよいと思いました。


ネットもSIMフリーとか安いし、一泊5000円でも

出せば4つ星以上のホテルだし、

なかなか旅としても面白いと思います。



それではまた!


ゆう
















コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください