無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






(写真あり)中国のマクドナルドでは既に無人機が導入されていて 新しいAI機械化の考え方が導入されている!

2016 10月 20 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



今日のお題:

(写真あり)中国のマクドナルドでは既に無人機が導入されていて
新しいAI機械化の考え方が導入されている!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どうもゆうです!


あなた、こんばんは!!



さて、私は今中国の上海に来ております。

以前にちょっと写真をお渡ししました。



(ゆう写真)中国上海の道路。明かりがヤバい。
http://fxgod.net/gazou/picture……icity1.JPG


(ゆう写真2)中国上海の道路。金色に輝きまくってます
http://fxgod.net/gazou/picture……icity2.JPG


(ゆう写真3)中国上海の道路。金色に輝きまくってます
http://fxgod.net/gazou/picture……icity3.JPG


(ゆう写真4)ワイタンの川前。色々な建物がすさまじい光を発してます
http://fxgod.net/gazou/picture……icity4.JPG




(ゆう写真5)ワイタン。高層ビル街がやばいです。
これが経済成長中の国の勢いだ。
http://fxgod.net/gazou/picture……icity5.JPG


(ゆう写真6)さらにもう一枚。あまりの豪華さにビビリました。
http://fxgod.net/gazou/picture……icity6.JPG





それでマクドナルドが中国にもありまして「おっマックだ」とか

思って昨日行って見ました。


ただびっくりしたのが中国上海のマクドナルドでは

既に「無人機」が導入されていました。


が、そこで同時にサービスがすごい向上していたので

そこがまずびっくりしました。

今日はそれを書きたいと思います!





それでまず上海にいると思うのが

とにかく色々なものが

自分には新しく、知識的にすごい刺激になります。


ちなみに昨日は私が宿泊している近くの駅に

モールを発見したのでモールに行ってみたのですが


もう完全に近代化されていました。


(写真)中国の駅前のモールの感じ
http://fxgod.net/gazou/picture……imall2.JPG


こんな風に日本のお寿司なんかも売っておりまして

値段が日本の3分の2くらいかな?という感じです。


(写真)お寿司も売っていますので日本食も簡単に食べられる
http://fxgod.net/gazou/picture……imall3.JPG




ちなみに中国ではグーグルとかフェイスブックとかLINEとか、

規制されていて使えないのですが


ただアップルは使えるんですね。だからアップルミュージックとかは

使えまして、


またIPHONEとかマックブックとかは結構人気みたいです。

アップルストアもこうやってモールの中にあります。



(写真)アップルストアがある。
http://fxgod.net/gazou/picture……imall1.JPG


アップルにはおそらくCあいAとか絡んでないのでしょうね。

だからアップルはOKみたいです。



ちなみにこの近くにマクドナルドがありましたので、私は

マクドナルドに行って見たのですが


そこでびっくりしたのが前にメルマガでも扱ったのですが

アメリカのマクドナルドでは無人機が導入されていて

一部日本の店舗でも導入されている、ってことだったのですが


中国上海でもマクドナルドでは無人機が導入されていました




ちょっと古いほうのIPHONEで撮ったので

写真ぶれちゃったかな、と思いますが

こんな感じです。


(写真)中国上海のマクドナルドの無人機
http://fxgod.net/gazou/picture……imall4.JPG



それでこの無人機ですが非常にありがたくて、

私なんかは中国語話せませんから、ただ英語は話せるのですが

この無人機で

「ENGLISH 、中国語」って選べるんですね。


それで外国人も簡単に注文できる仕様でした。



それでその無人機でレシートもらって、それをこのレジ

に持って行ってそこでお金だけ払う、というもので

非常に簡単に注文できるようになっています。


(写真)上海マクドナルドのレジの様子
http://fxgod.net/gazou/picture……imall5.JPG



それでこのレジの後ろがこんな感じなんですが、

店の中も結構きれいなんですよね。


(写真)上海マクドナルドの店内の様子
http://fxgod.net/gazou/picture……imall6.JPG


また、この上のレジとは別に、またひとつ

「マクドナルドカフェコーナー」ってのがあって


こういう感じでマックカフェのカフェコーナーで

コーヒーとか、お菓子も別に頼めるようになっていました。

こちらはこちらでまた別に会計というシステム。


(写真)上海マクドナルドでは普通のメニューとは別に
カフェコーナーが設けられていて、そこでスタバみたいに
コーヒーも楽しめる
http://fxgod.net/gazou/picture……imall8.JPG



ということでマクドナルド一つとっても

結構違いがあるからすごい面白いんですね!



ちなみに、上の写真のこの写真もう一度見てほしいのですが

なんかピンクの服きたお姉さんがいるじゃないですか?



(写真)上海マクドナルドの店内の様子
http://fxgod.net/gazou/picture……imall6.JPG




このお姉さんが実は「案内をしてくれる係りの人」

なんですけど

マクドナルドなのに、何か分からないこととかあったら

そのお姉さんが色々教えてくれるわけですね。


このお姉さんみたいな「サービス係りの方」ってのが

新しく出来ていてそれが印象的でした。


ちなみに私と彼女がこのセットとかを頼んだのですね。

上海のマクドナルドでは「丼ぶり」もありまして

右上のやつが鶏肉丼です。


ドリンクはコーラのように見えますが、なんか中国の

紅茶です。



(写真)中国のマクドナルドのメニューは丼ぶりもある。
http://fxgod.net/gazou/picture……imall7.JPG



んで、この注文したメニューが大体総額600円、とかだから

かなり安かったです。



ちなみに私も彼女もスーツケースとかひきづってるわけで

それでこのメニューを席まで持って行こうとするわけですね。


そうしたら上に書いた「案内係」のおじさんがいまして

黒い服でマクドナルドの中の案内係りをしているようなのですが


その方が

「荷物重いでしょう?私がメニューをあなたの代わりに

持って行くからご安心ください」


みたいにして上のメニューを席まで持って行ってくれるわけです。

英語ペラペラでした。


すごい助かります。


んで、私たちは手ぶら状態で席まで向かうのですが

そこで「この席がいいです」っていって

座るわけですが、そこまで上の注文品を一緒にお供して

持って来てくれるわけです。


私は「あなた親切ですね~本当に感動しました、ありがとう」

と伝えたのですが


「いえいえ、おいしく食べてください」ということで

そんな接客を「マクドナルドで」私は受けました。


これ、結構実は彼女とも感動しておりまして

「マクドナルドなのに、接客が一流ホテル並かもしくは

それ以上じゃん」


って話をしてました。


またそのおじさん、大体40歳くらいかな、かなりの紳士さが

対応一つ一つにあるわけですが


まあ笑顔が自然なんですよね。たぶん外国に行って

そういう接客受けたことある人は分かるけど


すごい自然な笑顔で、対等なコミュニケーションで人間と人間で

接してくれて、それで親切、みたいな感じです。


日本の接客でいわゆる「おもてなし」ってのがあるけど

なんか客が上で店主が下みたいな接客が増えているように

思うのですが


それって他の国では違ってあくまで顧客と店主は対等であって

そこで人間と人間として接しているわけでして


だからなんか人間的な温かみってのがあるわけです。


それを私は昨日「マクドナルド」で体験した、ってことなんです。


これが感動なんですね。安いマクドナルドで一流のホテルみたいな

接客されるわけですから。


んで、食べ終わったときに私はトレイをゴミ箱で

捨てようと行ったわけですが


「サー、私がやるから、大丈夫だよ、

そのトレイを僕に渡してくれ」とまた先ほどの紳士が

やってきて、トレイの食べ残しも捨ててくれて、


それで「よし出るか~」となったら

その案内係りの紳士がドアを開けて待ってくれてるわけです。


それで私も「おー本当にありがとうございます、シェーシェー」

とかいって挨拶するわけですが


そこで「GOOD BYE また来てね!」

って感じで手を振ってくれるわけですよ。


なんだろう、もう全てが自然で最高な気分でした。

私も日本の高いホテルは泊まるときが時々ありますが

そこで受けたサービスより、


正直上海のマクドナルドで受けたサービスのほうが

レベル高い、って思っちゃいました。



だから昨日それで私はすごい感動したわけです。


日本人の私たちにここまでしてくれるわけですから、

副島先生の「アジア人同士戦わず」ってのは本当に

自分の実体験として重要な考え方だと思うわけですよ。


本当に外国人に対して親切な人が多いです。

もちろんみんなじゃないとは思うんだけど

前もホテルで外国人の日本人の私たちに朝食ブッフェ無料に

してくれたって話書きましたけど


こんなことが立て続けに起こってるわけです。


実際はすごい親切な人が多いです。

だから私の彼女なんかは海外行ったことなかったから


最初「中国ってなんか怖い」とか言っていたのですが

今は 日本帰りたくないかも・・・とか言い出してるレベルです。


まあそれくらい人が温かいってのはありますね。

なんか変にマニュアル化していないんです。


それで、私が驚くのは


「安いマクドナルドで一流ホテル以上の
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
接客が提供されている」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ってことですよ。


これはなぜか??とその後考えたのですが

そう、それがおそらく「無人機の設置」にあるのだと思います。


日本のマクドナルドでは無人機の設置ってのは

「人件費削減のため」という考え方で一部店舗で導入されてる

わけですが


中国上海のマクドナルドの場合は無人機が導入されていたと

しても、そこで人件費削減という考え方ではなくて


「じゃあ無人機になって煩わしい注文業務がなくなったのだから

それ以上のサービスをお客に提供できないか??」


というそういう思考があると思うのですね。


だから上の「案内係り」を作ってるのだ、というのが

私には分かりました。


んで、この「案内係り」のお姉さんやおじさんたちが

いて、はっきりいって私には一流に映ったのですが


そこでお客さんのトラブルとか、困ってること

それを常に考えて、柔軟に動く、ってことをするわけですよ。


だからそこで


「無人機で業務が一つ減ったので

そこで一流ホテル並みの接客サービスを

付加価値として付け加える」


ってことを上海のマックが実現していたのが驚きでした。



これめちゃくちゃ私の中では勉強になったことなんですけど
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ようするに 無人機=人件費削減では「なくて」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「無人になって煩わしい業務なくなったのだから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新しい付加価値をそこで創造してもっと魅力的な店舗にしよう」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

って発想が、あるんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


もうこれはオーナーの発想の勝ちでして、

お客さんもマクドナルドでそういう接客が受けられるんだから

それはお客は増えますよね。売り上げもあがる。


これ、日本のマクドナルドの社長さんに私は教えてあげたく

なりました。

私が日本のマックの社長だったらこれするだろうな、って。


だから面白くてマクドナルドって西洋から来たものですが

その「無人機」も西洋の考え方だと

「無人機オートメーションで人件費削減」なんだけど


これからの世界帝国になるであろう中国にマックが入ってくると


「無人機オートメーションが出来るのだから

新しい付加価値を創造してそこで雇用も作って生産性をあげていこう」


となるわけです。


それが「案内係」の設置にあるのだと思いました。


西洋の合理主義の考え方だと「人件費削減」のために

機械を活用することしか考え付かないのだけど


彼ら中華の人たちってのはそこで

「仕事が楽になったのだから、その分新しい付加価値を

店舗に付け加えることができるよね」

と考えて


さらに収益を伸ばすわけです。


私はメルマガでマクドナルドの話は良く書くのですが

だから日本のマクドナルドは人件費削減とか効率化・

合理主義を重視する

方向性がどうしても時代にそぐわない点を感じるけど


中国のマクドナルドはあえてそこで近代化のオートメーションを

取り入れて、が、それは人件費削減のためではなく


そこに「接客で付加価値をつける」ということを

実践していて、


こっちのほうが商売としてのレベルは

老獪で、高いよな、って思いました。



だからこのすごさなんですよね。



だから私は日本で「AIが仕事を奪う」という話を

よく聞くし、また書いたりもするんだけど


中国の上海に来て分かったのは「そうじゃないんだ」と。

それが分かりました。


要するに人間は単純労働から解放されるわけですよ、

無人機とかAIで。


じゃあそこで「新しい付加価値を作ることに意識を向けられる」

わけであって


上海のマクドナルドではそれは

「目に見えないもの」なんだけど


「温かい接客サービスという付加価値」


を作ることをしているわけですね。


無人機で単純作業しなくていいから、じゃあ

「案内係り」を設置して彼女彼らに一流ホテル並の

接客をしてもらおう、って考え方です。



西洋の合理思想をうまーく取り入れつつもそこに

全て任せないで、中華の商売観を注入するわけです。


これがおそらく本当のAIとか無人機の使い方なんだろう

って思います。


これをしたら人々は職がなくなるってことはないですからね

いわゆる雇用の面でも問題が出ません。



さらにお客さんは私たちが体験したように素晴らしい体験を

手にいられるわけですから、(エクスピリエンス産業っていう)


それを一流ホテルやディズニーランドに行くわけでもなく

マクドナルドで受けられるわけですから


もうそれはファンが増えます。



いや~すごいな、と。それに昨日は感動してました。


だからAIとかの登場は実は脅威ではないんだと。

AIとか無人機は雇用を奪う側面が強調されるけど


人によってはそこで「新しい付加価値を作るチャンス」

になるわけで


それを上海のマクドナルドは実現していました。



だから、今私のメルマガを見てくれてる自営業者の方も

多いんですけど、それこそ従業員を減らすために

機械やAIを導入しようという「思考方法」をとってらっしゃる

方も多いと思うんですね。


が、それだとおそらく今の世界の流れでは売り上げを

長期計上できないのだろうというのが


正直日本マクドナルドの苦境で分かる点です。


が、ここで発想を変えてしまって

「単純労働はAIとか機械に任せてしまって

そこで浮く人材が現れるから彼らに接客とかの

目に見えない、インビジブルサービスを行ってもらって


商売や事業の付加価値をさらに高める」


という戦略があるわけで、


そっちの戦略のほうがおそらくこれからの時代に

フィットしていて

生き残るには強力な戦略である、ということです。


それだと雇用も新たに逆に生まれたりするわけです。



企業に投資する投資家も、「人件費カットのための

AI導入をしてる企業」はだから注意しなくてはいけなくて


それは効率化の罠であって、実際は

売り上げをダウンさせる可能性があるわけで


逆に、「AIや機械を導入して新付加価値を付け加えるという

発想の企業」については投資価値が高いということが

分かるわけです。


実際にその上海のマクドナルドは集客かなりしていました。


だから「人件費削減のためのAIとか機械化」となると

そこで反対論が出るわけですが


日本人もおそらくこの中国人の商売のやり方を真似できると

私は思っていて、


そこで西洋の合理化であるAIとか機械化を取り入れるんだけど

そこで「新たな付加価値創造」を考えていくわけです。


それが上海のマクドナルドの場合は

一流ホテル並みの接客だったけど


そういう付加価値を高められるチャンスとして

実はAIとか機械化が中国では進んでいるってのが私が

感じたところです。


これを自営業の人々は考えると

明らかに他の店舗と差別化されるから

より売り上げがアップするのではないか

というのは感じました。



だから、中国のマクドナルドで本当に勉強になったのですが

もう「AI化、機械化による答え」は見えたな、って感じです。


それは人件費削減とかの合理主義からちょっと逃れて考えて

「逆に」付加価値創造を新しくできるよね、という考え方に立てば


さらに社会はよくなるし、数十年間は雇用を新しく生むことができる

ってのが私が分かったことです。


日本だけにいるとどうしてもこういう発見って出来ないのですが

アジアにいると、それこそマクドナルドからでさえ、


こういう発見につながるので本当に面白いな~

って思います。


だからやはり経済成長率の高い国に滞在するのはとても

勉強になりますね。


色々な発想の違いを直接的に学べるのが本当に勉強になります。


ということでこの新しい中国式のAIとか無人機の考え方は

どうしても書きたかったので、今日は書きました。


これから商売される方の参考になれば、と思っています!




それでは!



ゆう



«  (写真あり)中国のマクドナルドでは既に無人機が導入されていて 新しいAI機械化の考え方が導入されている!  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください