無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「場所」に支配されなくなる人類】

2016 10月 16 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


年収1億円を継続しているカルロス上杉さんが

導入している分散投資法です。


「世界に散らばってる実力あるトレーダーに

トレードをクラウドソーシングする」という新しい感じです

⇒  http://www.infocart.jp/u/63085/137542/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■








さてさて、私はこの号を空港で書いています。

このメールがあなたに届くころには

上海にいるのですが


また次回からは海外からメルマガを発信させていただく予定です。


さて、昨日なのですが

【意外に知られていない「自分で稼ぐ税」のことなどから考える!】

っていうのを流しました。


実際の話いわゆるこういう税金の話ってのが本当に最近は

厳しくなっているので


読者の自営業者1年生2年生の方は

副島隆彦先生の「税金官僚に痛みつけられた有名人たち」を読んだら

いいと思います。


あの本とか私は「よく発刊できたな・・・」と思う本です。

ちなみに私は海外にいても副島先生の本とか書籍は持って行ってて、

そこで海外でも副島先生の書籍から色々思想とか勉強してたりしますね。


たぶん自分で稼ぐ、で一番楽しい時期ってのが

「自分で稼ぐぞー」ってやって月50万とか、100万達成したときとか

なんですよね。


読者でもそこで頑張ってる人はほんと楽しそうだな、と正直思います。

まあさいしょは大変だけどそのときが一番楽しいかも。


ただその後稼いだら税金ってのが絶対に来るんで

これも書かないと後で困る人いるだろうな、と思って

昨日は記事かきました。




さてさて、それでせっかくなので今日は

【「場所」に支配されなくなる人類】

という話を書きたいと思います。



このメルマガなんかも空港とかで書かれていたりするのですが

まあなんというか最近の面白いところとして


「場所」なんて関係なくなってきている


というところがあるんですね。



これほんとすごいんです。世界が最近ネットワークで全部つながっていて、

それでもう世界には60億人も人材がいるわけですよ。


そこから自分の目的にあった人材をピックアップして

彼らの能力を活用させていただく、みたいな時代になっているんですね。


それでそこで利益を出す人たちはどこにいても

ネットさえあれば利益出せるし

っていう時代です。


ちなみに、これもう常識ですが海外証券とかは最近

すごい便利で基本、どの国でも使えるわけですね。


そもそもメタトレーダーとかってのもあれはロシアだと思いますが

そこでポジション入れたり決済したり、ってのは普通に

出来るんです。(海外だとやはり日足でやるのがとてもいい。)



それでこのカルロスさんの商品なんかも面白くて、


世界中どこにあなたがいても、いわゆるVPSってのを

使う人が多いけど、そこにつないで


世界のピックアップしたトレーダーたちが

あなたのお金増やすためにトレードしてくれる、という


ことなんですね。


またこの運用を代わりにやってくれるトレーダーたちも

また海外を色々移動したりして生活する、みたいなことを

やってる人たちでしょう




この「モノマネFX」はFXトレードをクラウドソーシングする

って感じですよね、イメージとしては。



⇒  http://www.infocart.jp/u/63085/137542/






ちなみに最近はもうトレードだけにあらず

例えばオンラインで秘書やってくれるサービスとかもありますよね。

もしくは誰かに仕事依頼するときはクラウドソーシングって

選択肢もありますし


あと私ゆうなんかは英語と韓国語しゃべれるんですけど

別に留学したわけじゃないんですね。


普通にスカイプ英会話ってのが10年くらい前からあって

それを使っていました。留学する金なんて母子家庭育ちの人間には

ありませんから・・・笑


今はかなりスカイプ英会話ってのが有名ですけど当時は

「そんなの可能なの?」みたいな感じだったんだけど


ただやってみたらすごい英語話せるようになった

ってのがありました。1ヶ月2万円は英会話能力に投資していました。



だから実は営業マン時代は外国人のお客さんを英語で営業して

落とすってのもやっていまして、


扱ってる商品はすごい大手の、あなたもたぶん

今使ってるかもしれないサービスなんで


すごい外国のお客さんも契約してくれたものです。


んで、その英語を身に着けたのはこれ、スカイプ英会話、でした。

ちなみにスカイプ英会話のコツってのがあって

あれは「テキスト使わないで全部フリートーク」が大事です。


あれでトーク力鍛えられました。



そこでフィリピンのドゥテルテ大統領で有名なダバオシティーの

フィリピン人たちに英語を2年くらい毎日のように

教えてもらっていたという過去がありまして


その後英語で営業できるくらいに英語が伸びたってのは

ありました。



最近だとトレードなんかも色々な塾でオンラインのSNSだとか

で学べますから、もうどんどん「場所」が関係なくなっていますよね。


それで最近だと業界の人に注目されてるのが

いわゆるコンシュルジェサービスなんだけど


このコンシェルジェサービスって従来は日本国内のことしか

メインで対応できなかったりしたのですが


最近はオンラインのコンシュルジェサービスとかがあって

例えば

「海外のホテル、中国語分からないから予約して」

とかもバイリンガルコンシュルジェにお願いできます。


そういうのもやってくれるサービスが出てきていて

いわゆる秘書業なんかも世界に外注でやってくれるように

なってきています。


川島さんなんかも紹介されていたけど

「KAORIさん」とか良いらしくて私検討してます、笑


んで、これからもうどんどん便利になるわけですね。


何か利益出したいと思ったらまず最初に考えること、それは


「世界に委託できないかな?」ってことですよね。


たぶん「何かあったら世界に委託しよう」

って考え方、マインドって日本だとあまり浸透していないんだけど


これからどんどん広がる考え方だと思います。


特にプログラムの世界だとそれは顕著で、

最近はインド人やベトナム人なんかにプログラム書いてもらって


それで日本向けに公開するってことがよくされています。


私なんかでも色々システムに不具合あったら

インド人の方がですね今年はすごい頑張ってくれて


システムの内部のコードでおかしいところがないか、

徹夜で色々調べてくれてました。

(本当に申し訳ないくらい朝晩ずっと色々調べてくれた)



それで最近考えることがあって、それが

これから日本国内だけの人材って結構きつくなるのかな??

ってことです。


正直いって日本人の仕事の質が高いって言われたのも

過去の話でして、


トレードなんかに限って言えば世界のトレーダーは

日本人よりうまい人がたくさんいるわけですよね。



製造業なんかも最近は日本はどんどん周辺アジア国に

差を埋められている状況で、一部はもう抜かれていると

思います。



それでこれからどんどん海外でクラウドソーシングみたいな

感じで仕事が広がっていくと思うのですが


そうなると日本国内の人たちは仕事がどんどん海外に移転してしまう

わけでして


そういった現象が徐々に顕著になっていくのかな??


とは思いました。



これは実際にリアルの飲食店で起こってることで

この前渋谷の回転寿司に行ったのですが


高度にオートメーション化されているわけです。


IPADみたいなやつで注文頼んだら、中で店員さんが握ってくれて

それで、自動のレールで「シュー」って寿司がやってきて


すぐ食べられる、みたいな。


従業員は席を案内する人しかいなくて厨房の人は一切見えない

ようになってるんですね。



んで、厨房の人たちが会話しているのを聞きましたが

どうもほとんどが東南アジアの人で出稼ぎの人です。

日本人ゼロ人。



もうだから日本国内の飲食店でも起こってる話として

「日本人は雇いません」ってことが起きているわけですね。


これは実際にあなたのような経営者さんだったら

分かる話だけど


最近の東南アジアの人なんてすごい優秀ですから

数カ国言語を操って、またプログラムも出来ます、

コミュ力マックスです

みたいな人結構いるわけです。


だから日本国内でも時給なんかは日本人と同じように出すけど

そこで日本人従業員とやる気とか比較して、


結局同じ時給でも能力ある東南アジアの人雇う、

みたいな飲食店がもう東京で

結構出てきているんですね。



それで最近だと、私はこのメルマガ届くころは中国の上海に

いるんですけど、日本いるときは地方が好きなんで地方にいるわけです。


海とか山に囲まれて生活してるわけです。


んで、時々すき家が近くにあるんで行ってみるんだけど

そこでは昔日本人の女の子とかが接客していたものですが


最近は全員インド人になっていました。


「コニチワ~コチラ オスワリクダサイ」

みたいな感じで接客してくれるんです。


いわゆるリーダー的な人もインド人でした。


すき家の場合なんかは労働訴訟とかが激しく起こっていますが

おそらく経営者が「じゃあいい、日本人から外国人にシフトする」

ってことだと思いますが


やっぱりこの辺の現実はあるんだと思います。


だから皮肉ですよね、労働者の権利向上、とやっても

経営者が「じゃあいい、外国人にするもん」といったら

そもそも仕事自体がなくなっちゃう、っていう強烈なジレンマが


労働者の権利向上の活動にもあるわけです。

「労働者」でいることが果たしてこれからの時代

日本人に適してるのか?という根本的な問題に行き着きます。


私は日本という国は頭いい人多いんだから


世界を股にかけて

中小自営業者などが多い経営者の国、みたいな感じに

作り上げていくことが大事だと

いう考え方です。


その考え方で国家運営をすればおそらく平均所得は

もっと伸びると考えます。


それで、すき家の外国人労働者に対して

感じることはとくにサービスが悪いか?というと

愛想はすごいいいですし、


また日本人のバイトの子ってつり銭なげて渡す人時々いますけど

そういうのはないんですよね。


異様なくらい自然な笑顔、で接客できます。


異国の日本でも自然と接客できてしまっていて

満足度も変わらないというか むしろいいかも、

と感じてしまった事実もあります。


だからこれからどんどん日本の人材が追い込まれていくだろう

みたいなのはすごい感じますよね。


今までは日本国内の人だけライバルってことで戦っていればよかったけど

これからはどうもそうはいかなくて世界のアジア圏とかの

優秀なやつらに負けないで生産性をあげる能力ってのが


どうも必要になってくるわけです。


製造業なんかは海外移転して久しいですが、

最近だと3Dプリンターってのがかなり普及してきて


「これ3Dプリンターで作りました」


っていう商品が市場に結構増えてきていると思うんですね。


この前金、ゴールドの工芸品とかどんなものがあるか?

色々見ていたのですが


純金の工芸品とかも「これ3Dプリンターで作りました」

みたいのが出てきてまして、


結構有名な金業者がそれを売っていました。



だから「副業」としてノウハウは出ていないにしても

3Dプリンターで製造業して、それでネットで売る

ってのも実はすごい利益でると思います。


んで、これは裏を返せばおそらくそこで今までの製造業の人の

仕事がなくなってきている、ってことだと思うんですね。


今は一応、そういう小さめの工芸品が3Dプリンターで

作られているけど、最近はアメリカなんかだと


3Dプリンターで車や銃作るやつも出てきていますから

これはもう単純に法規制だけの問題で


この辺がなければおそらく車も電気自動車くらいだったら

3Dプリンターで作れてしまう時代です。



それで3Dプリンターなんかはその「デザイン」が大事になる

わけですけども


その「デザイン」というのもこれまた言語としては

トレードをモノマネFXみたいなやり方で

してもらうのと一緒でして


⇒  http://www.infocart.jp/u/63085/137542/



この「デザイン」なんかも世界共通言語といえば共通言語だから

これはネット上でクラウドソーシングしてしまって


それで誰かブラジル人か、インド人かアメリカ人か中国人か

分からないけどそういう人に3Dプリンターのデザイン書いてもらって


それで製造は日本とかでやる、みたいになると思います。

そういう業態は競争力が高くなるので、そういう業態がいずれ

出てくるでしょう。



もうだから国境ってものがほんと関係なくなってきたな・・・


ってのが今の時代です。




それと同時に今まで日本国内だけで安泰であった

ビジネスってのもこれからどんどんその流れに巻き込まれていく

流れですから



これは


「インターネット全面禁止」とかを世界で一斉にしない限りは


おきてくる流れである、と思います。
(実際にはもうそんなの無理でしょうが)


だから大きくは世界でそういう流れがあって

インターネットってのがもう国境を希薄化している


というのが最近起こってきている事実ですよね。



それで、これに対して国家とかが規制をかけて

なんとかしたい、みたいのも実際存在するわけですが


それは色々憲法なんかの絡みで出来なくなっていまして


例えば1個人に「あなたは日本から出てはいけません」

とかはいえないわけです。


これは憲法で居住移転の自由ってのが日本でもあるけど

為政者は個人に対してそこまで強く独裁国家のように命令できなく

なってきているわけでして



この流れはどんどんこれから広がっていくだろうな~~

ってのは私が感じるところです。


もう日本だけでなんちゃらやる、という時代でも

なくなってきてしまっているのだろうと思います。



この辺に真っ先に気づいて動いてる人が利益を得ている

というのは確かにあって



それが香港にお住まいのカルロスさんだったりするわけですが

⇒  http://www.infocart.jp/u/63085/137542/



これからの時代個人が利益あげるために

非常に重要な考え方ってのが


「何かこれ、海外の人に委託できないかな?」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

って考え方だと思います。



実はこの


「何かこれ、海外の人に委託できないかな?」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


っていう考え方についてはこの数年多国籍企業の独占状態

であったわけです。


が、最近

「個人事業者や中小企業」ってのにも

この海外に委託するインフラってのが出てきておりまして


例えばこのモノマネFXってのがまさにそうだと私は思うのですが

⇒  http://www.infocart.jp/u/63085/137542/



こういう中小や個人事業者が使える海外アウトソースの

インフラが徐々に出来ているんですね。


となると逆にこれはグローバリズムで大企業たちが好き勝手やってるけど


そこで中小や個人事業者がそこに対抗していくことも

できるんではないか、というのは私が感じることです。


だから最近は中小や個人事業者が世界と色々つながって

それで利益をあげていく、ってスタイルがあって


それは実はあなたにも可能になってきているってことです。



あなたはあなた自身を過小評価しており

実際は今の時代の状態を理解すれば結構すごい時代なので


あなたの個人の力ってのは実はすごい大きいんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みんな、「鯨が自分が大きいのを知らない状態」になってる

わけでして、


これは日本の悪しき教育のせいだとも思います。

日本には「どうせおれは・・・」とか言う人結構いるんだけど

私の主張としては


「どうせおれはじゃなくてお前はもっとできるんだよ!

自分の可能性を勝手に自分の洗脳された観念で閉ざして

本来の自分の可能性に気づいていないだけ!」


というものです。



それで多くの労働者の人たちは「オレの仕事が海外にうばれちゃうよ~」

と、不安に思うのだけど


これ、視点を変えればいいんです。


神崎さんが言ってましたよね?すべては視点だ、と。


視点の変更だけがその状況の打開策になりえます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これ、だから単純に考えて



「自分で何かしら利益でる

経済活動をして、そこで部分部分で海外のアウトソースなんかを

活用していけばよくね??」


って話なんです。


これで実は個人はこの新しい時代を生き抜くどころか

大きく利益を計上することが出来るようになってるんです。




だから、経済ルールにこの10数年で

「大きな変更」が起こっているといわざるを得なくて


要するに今までは国内だけ見ていればよかったと。


ただここにインターネットってのが現れて

国境なくしちゃったんですね。


私のメルマガなんかもよく韓国から送ってるけど

これ一昔前だったらありえないわけです。



私のメルマガで書いている韓国情勢のほうが

おそらく日本にいるマスコミの遅れた韓国情報より

早かったりします。


んで最近はトレードなんかも分散作業を

私はどんどん進めていて


例えば海外のトレーダーにヘッジで運用してもらうとか

この収益インフラの強化をこの数ヶ月作ろうとしていて

それで結構動いていました。



自分でプレイヤーとしてやるのも大事だけど

そこに海外の能力ある人材を加えることも大事って

考え方になります。





例えばトレードでもトレンドフォローでコツコツ負けて

大きく勝つってスタイルの人はいるだろうけど、私なんかは

そのタイプなんですが、


ただ、そこで相場がレンジしているときは

儲け額が少なくなるので

「レンジに強いトレーダー」ってのもほしかったり

するわけです。


これ、実はネットで今の時代は実現可能なんです。



⇒  http://www.infocart.jp/u/63085/137542/


レンジに強くて1月2月のトレンド相場でもマイナスにしていない、

ってのが結構私がほしいトレーダーです



こうやってどんどん自分の収益ヘッジも出来るわけでして

この大きな世界の変化という波にサーファーのように

乗っていく、ってのがとても大事です。



波というのは自然のものであって、たぶん

同じ波というのは一つとしてないんですね。


が、その波にサーファーってのは乗るんだと思いますが

この波に逆らうんじゃなくて乗ること、


これが実はすごい大事な時代だと思います。


だからよく海外で、という話を書くと不安になる人がいて


「日本人の仕事がなくなっちゃう」という人がいるけど


それはあくまで労働者視点であって


視点かえれば、自営業者視点になれば


「自分で経済活動するならさ、海外にも委託できるし

すげえ面白い時代じゃん」


となります。


だから正直言うと私なんかは労働者でいるのに

嫌気がさしている人はこういう実は可能性のある時代だから


どんどん独立して、そんで、海外っていう言い方もあれですが

アジアとかもしくは中東で移動しながら


活動していけばいいのだ、と思います。



それであと、私に起こってる変化として、やはり

20代から色々な外国人たちと接してきたのですが


アイデンティティが少し違ってきているんですね。


一応国籍は日本だし、日本生まれ日本育ちの

日本パスポートだけど、


ただ私の中では「私はアジア人 I’m Asian」みたいな

アイデンティティが結構あるんです。


日本人も韓国人も中国人もマレーシア人もフィリピン人も

まあ住む国や慣習や思考の傾向などはそれぞれ違うけども


話したらなんというか特に変わらないなってのも

実は感じるんですね。


音楽好きで、遊ぶの好きで唄うの好きで、

お金稼ぎにも関心あって、恋人や家族大事にして

I love youとかお互い言い合うのに幸せ感じて~

殺し合いとか戦争はいやです、


みたいな根本的な部分って実は宗教違っても国が違っても

みんなあんま変わらなくて一緒なんですよね。


一部特殊な人たちがいて、そういう殺し合いとか戦争を

好む人がいるだけであって


大体のASIANは平和主義者です。


んで、私なんかはASIANだと思うので、

また、正直言って色々な欧米の国の友達とも話したけど


向こうが日本人より頭がいいか?というとたぶん違って

下手したら日本人のほうが頭いいやつ結構いるのかも


ってのも私は感じちゃうんですね。


例えば人権思想とか、そういうのって欧州は強いですよ。

政治学の発祥であったりするから。


ただそういう思想を昇華して独自にアレンジして

世界に適用する能力って日本人は結構高いと思うんですね。


これはおそらく日本の江戸時代の寺子屋時代からつながる

識字率の高さとか、そういうのがあるんだと思いますが


感性が柔らかい人は実は日本には結構います。



単純に英語しゃべれない、ってだけでして

そのほかの能力は実は高い人が結構日本にも多いのですね。


んで、私はこれも書くけど英語しゃべれるって特殊な能力ではなくて

最近はスカイプ英会話で一日2時間フリートーク、を

3ヶ月ぶっつづけですれば誰でもある程度しゃべれます。


本当ですよ、私は会社員のころに

「ゆうさんみたいにオレも英語で外国人に営業したい」

って後輩がいて


「じゃあスカイプのやつやんなよ、これで教科書一切使わず

フリートークだけでなんとか場をもたせる、ってのを

3ヶ月したら話せるようになるよ」


って教えて、彼26歳とかだったけど、

また学歴なんかも特にない人で高卒だったかでしたが

3ヶ月である程度

もう話せるようになっちゃいました。


英語で外国人顧客から受注もしていましたよね。


彼とはその後休憩時間に英語で話すってのをやっていました。


そんでマネージャーになりましたよね、その後。


だから実は英語話すってそんなにハードル高いものではなくて

簡単なことで


それは「ずっと聞き流す」とかやってると無理なんだけど(笑)


単純に色々な人とネットでつながって話せば誰でも

話せるようになるんですよね。


(人間の脳みそはアウトプットすることで言語習得できるように

作られてます)


だから日本人がこの辺だけ補強すれば

あとは持ち前の礼儀とか誠実さや頭の良さってのがあるから


それで世界でかなり強い新しい競争力はもてるのではないか

ってのが私が最近感じることです。



多くの個人がこの可能性に気づいてそれで立ち上がれば

そこで世界中の人材と協調して利益出せるわけであって


労働者という立場ではなくて「仕掛ける」立場として

考えればこの時代ほど恵まれた時代もないように思いますよね。



だから今の時代強くなるのが大事だと。


んで強くなるって言っても色々な世界の人材を使っていって

収益性を高めていくってことを考えていくだけでして


それでそういう「新自営業者」みたいな人が増えればいいな~

なんて私は思ってたりします。


最近は私も他の「新自営業者」の人から学ぶことが多くて

また彼らも時々私から学んでくれてるけど


そういう良い循環ってのが生まれるのですね。


色々な世界の情報とかを日本の「和僑」が取り入れて

それを「和僑」同士で情報交換するってのが結構

大事な流れになりつつあると思います。



時代の変化に恐れる人がいるけど、それはたぶん

今までそこでうまくやっていた管理職とかの人だろうけど


私なんかは逆に今の時代はすさまじいチャンスに恵まれている

と思っていて


アメリカンドリームならぬ

「エイジアンドリーム」があると

思ってます。


それで、実はここだけの話、日本人はそのための

インフラとして重要な「カネ」を持ってるんです。



例えば月3000円でトレーダー雇えるって日本人は安い

と思うだろうけど


フィリピン人からしたら月収3万円だから

それは日本人と比べて10倍近くのコストに見えるんです。


日本の場合、英語などの言語がしゃべれない人が多いけど

それ以外は特にスキルとして不足していないし


またお金という資源はあるわけですから、それを活用して

どんどん世界の優秀な人材にお手伝いしてもらって


資産構築するってのが個人として可能になってるんですね。


だからすげえ時代なんです、みんな気づいていないだけで。


またいずれ

「住む国を自分で選ぶ」という時代にもなってくるでしょう。



ちゃんと税金を資本主義に習って一律税率で課税して

そしてその課税した税金は民主主義に習って


民衆の監視下でしっかり無駄使いしないで

税金を使い国家運営できる政府、そういう政府のところに

優秀な人材が集まってきますので


そういう国が繁栄しそうです。


逆に能力ある人、投資家、起業家をバンバンつぶすような

国ってのは頭いかれてるんで、そんな国では経済回らなくなるため

これからもっと追い込まれていくだろうとも思います。


だからこれから数十年で個人に新しい選択肢が生まれてきて


「住む国や国籍を自分で選択する」というそういう選択肢も

生まれてきますよね。


今はそれはかなりの富裕層に許された選択肢だけど

例えば200万円ちょっと預金すれば

住める国も中にはあるわけでして


これから「住む国を自分で選択する」というそういう時代に

なってきそうです。



だから、実は視点を変えさえすればすごい

可能性のある時代である、ってことなんですね!!


だから・・・今のような可能性のある時代に自殺するなんて

ばかげていますし


ちょっと世界を見てみましょうってことです。


もうね、私は日本で自殺者が多いってことをいつもいつも

考えるけど、


こういう世界の大きな変化を知ってたら死なないですんだ人も

たっくさんいると思ってるんです。


こういう大きな世界とつるんで、利益出せるって

考え方はマスコミで一切報道されないから人々の知らないところ

になってるんだけど


マスコミは今年なんて

国内のベッキー問題やSMAP問題なんか

ばかり報道していましたでしょ?


正直どうでもいいよって話ばかりだけど、


だから人々の視点がどんどん狭くなって、追い込まれるという風に

誘導しているんです。


米日欧のマスコミの問題としては人々に追い込まれる観念しか

作っておらず、生き方の可能性を提示できていない、というところだと

私は思います。


それが私は我慢ならなくて、

それでその民衆をせまい観念で洗脳して

労働で酷使させて、税金収奪してやろう

みたいな意図を感じるので


私はやはりこういう世界の可能性なんかも考える必要がある

と思うわけです。


こういうのが見えてる人はおそらく何か大変なことがあっても

力強く生きていきますからね、


そういう力強さが大事だと思います。


ってことでこのメルマガが届くころ私は上海にいるんだけど

色々自分で見て勉強したいと思います。

また次回はその辺からお届けしたいと思います。


では!



ゆう









■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


年収1億円を継続しているカルロス上杉さんが

導入している分散投資法です。


「世界に散らばってる実力あるトレーダーに

トレードをクラウドソーシングする」という感じです

⇒  http://www.infocart.jp/u/63085/137542/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください