無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【「激動の時代の中で生き残る資金管理」方法について考える!】

2016 10月 08 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【今月のFX無料案件】

子育て専業主婦を「年収一億円」にしちゃった
衝撃FXツールが無料公開ということでかなりの人気です

⇒  http://japan-asp.com/r/a483d42……/1/af/2784


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   【こちらは日経225オプション】

【最新】勝率96%、22ヶ月間無敗の投資システム登場
⇒  http://f-1asp.com/lp/6652/38130


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【「激動の時代の中で生き残る資金管理」方法について考える!】
⇒メルマガ後半で

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






さて、今日はメルマガ後半にて「資金管理」について

また書きたいと思います。


昨日ポンドドルが31年ぶりの安値をつけまして

ポンド円なんかも3年10ヶ月ぶりの安値、


ということでかなり多くの個人投資家が犠牲になったという

話がどうもあるので、「資金管理」がめちゃくちゃ重要だと

思いますので、


後半に書きます!


投資ではリスクコントロールという考え方がありますので

参考にしてください。


それで昨日31年来でポンド円が安値、と書いてしまいましたが

ポンド円というクロス円は約4年ぶりの安値で

基軸通貨である米ドルに対してのポンド、ポンドドルが31年来の安値


の間違いでした。

昨日配信してその後気づきまして訂正記事流しましたが

すみませんでした。


それで、

ポンドドルは31年来安値、そしてポンド円は約4年ぶりの安値

なのですが、実はポンド円に関しても私の証券会社だと

一つの証券会社では2011年に、一つの証券会社では2012年に

116円台の安値をつけているんですね。


だから3年10ヶ月~5年ぶりの安値です。


んで、ポンド円に関しては私が生まれてない時代ですが

45年前の1971年は800円台後半

だったそうです。



これがどんどん下がっていって、今は歴史的に半世紀ぶりの安値付近に

ありましてたった1年で60円以上下がっていて

190円台⇒127円台に入ってるんですね。


それで歴史的な安値が11円だけ下の116円台にありますが、

これ、この勢いだといずれ超えてくる可能性もかなりありまして

そうなるとポンド円なんかは31年どころか45年ぶりの安値??


みたいにいずれ長期ではなるシナリオも大いに想定できます。


昨日色々調べていたのですがほんと激動の時代だな・・・

と思います。


英語圏でも

「pound slides to 31 year low」ってことでかなり大きなニュースに

なっております。


ちなみにこの女性なんかは8年連続で1億円達成しているわけですが

この人の場合2008年のリーマンショック時も利益あげてる

わけでして、そこが強いと思います。


⇒  http://japan-asp.com/r/a483d42……/1/af/2784


それで、私なんかもリーマンショックの相場やっていたのですが

当時は私、会社員だったわけですね。


んで、当時ポンド円なんかで一日で何千PIPSも木曜日に動いたことが

あって、一日で100万円以上儲かったことがあります。


が、逆を返せば1日で100万円損した可能性もあったわけですね。


なのでこれからもかなり激動の動きを数ヶ月に1回ペースで

すると思われますので


「資金管理」がめちゃくちゃ重要な時代になりますので

今日は後半にそれを書きます!!



さて、それで今日は年収1億円を8年継続している

「男より強い女の時代」の象徴である

フィナンシャルタイムズにも特集されたマユヒメさんですが


その件についてあなたにメッセージです!




========================


“子育て専業主婦”が片手間で『8年連続で一億円以上』!?




あなたがもし“女性”だとしたら、
このメールは『運命の出会い』にきっと違いありません。


・女性が“たった一人”で稼ぐ。

・「パソコン1台」で稼ぐ。

・自宅で【空いた時間】を使って稼ぐ。

・世間に一切バレることなく“人知れず”稼ぐ。


あなたが心の奥底から
秘かに待ち望んでいたモノの“答え”が
きっとここにあるはずです。


※子育て専業主婦が自宅で年収一億円稼いだ方法
⇒  http://japan-asp.com/r/a483d42……/1/af/2784




小学校低学年の子供を持つ専業主婦が
最近“FX”で稼ぎまくっているという情報があるのですが
あなたも聞いたことがありませんか?


つい先日も、
彼女はたったの4日間で
1000万円以上の利益を稼ぎました。


「ウソをつけ!
 本当だと言うなら証拠を見せろ!」


・・・と、
毎回多くの人にツッコマれるので

今回はキッチリ【証拠画像】と『証拠映像』を
同時に撮影しました。


▼専業主婦がFXで1000万円利食う瞬間
⇒  http://japan-asp.com/r/a483d42……/1/af/2784

どうでしたか?
さすがにこれは凄い画像でしたでしょう?汗


で、ですね、、、

彼女が1000万円利食ったこのツールを
今だけ無料で入手できるのですが、
あなたもコレ、欲しくないですか?


▼4日間で1000万円以上稼ぐFXの最新ツール
⇒  http://japan-asp.com/r/a483d42……/1/af/2784

【お詫び】───────────

当ツールは「期間限定」にて公開中ですが、
あまりに多くの人が希望した場合は
期間中であっても予告ナシで配布を終了いたします。

あらかじめご了承のほど
よろしくお願いいたします。
────────────────


==========================

以上です!



ちなみにツールの配布はそろそろ近日中に

終了されるそうですので


以前はこういうツールが数万円で売られていた時代もありましたので

それを今回無料でもらえる、ということなので


よかったら見てみてくださいね~


⇒  http://japan-asp.com/r/a483d42……/1/af/2784




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  激動の時代に重要な資金管理について考える!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さて、それでポンド円とかあとは基軸通貨に対するポンドドルの
動き。


まあ昨日すごかったです。


ちなみに昨日雇用統計後にドル円の1時間足のヘッドアンドショルダーも

無事崩れてストップ巻き込んで下落しましたね~


資金管理的にはプラスのポジションが出たら

ある程度のところで「建値にストップを引き上げる」ということを

毎回するのが大事で、これを私はポジションメンテナンスと

呼びますが



これ結構大事なやり方です。


それでマユヒメさんの場合はこの辺のポジションワークがうまくて


「つなぎ買い」「つなぎ売り」ということをするわけですね。


これは「何つなぐの??」というと

「トレンドをつなぐ」わけです。



というのはトレンドって流れとしては下落の場合だと


1 ひとつの方向にぐいーーと下がる。

2 その後 レンジしたり反発したりする

3 そしてある程度の期間してからまたそっちのトレンド方向に

またぐいーっと下がる。

(※ちなみに反発する場合もある。)


こういうのを繰り返すわけですね。


それで※に書きましたが

「ちなみに反発する場合もある」わけです。


ここがだから「利益確定の奥深さ」なのですが


うまいところで利益確定できればいいんですが

最初のうちは私もそうだったのですが


いいところで利益確定できないんです。


これでプライスアクションとかを基準に下落相場なら


「すごい長い下ひげピンバーが出た」とか


「反発上昇のエンゴルフィンバー出た」とか


「短い実体を形成する上昇ろうそく足が3本連続で出た」


とかだと反発上昇する可能性が高いので


通常は一度利益確定するんですね。



ただもちろん、一度下がったのならば

「相場はトレンドを長く継続する傾向がある」わけでして


そこからしばらくレンジして

下がったらもっと利益伸ばせるじゃないですか??


んで、そういう場合に下落相場なら

「レンジをはさんだそれぞれの下落トレンドをつなぐ」

という考え方があるわけですが


そこで一度下がって反発したところで

レンジに入りそうなところで


同量の買いポジを両建てでいれるんですね。


これやると一度利益確定したのと同じ状態になります。


んで相場が反発したら、利益額は決定されてる状態なので

そのままそれを保持して


両建ての両方ポジを決済して利益確定するわけですが


逆に、一度レンジしたり反発して戻るけど

相場の最安値が更新されてくる場合があるわけなんです。


そしたらですね、その両建てポジションの買いのほうは

「若干の」マイナスなんですが、それは経費として割り切って


そこで新しく最安値更新したちょっと下くらいに

両建て買いポジを決済しちゃうわけですね。


通常はその両建ての買いポジは、

トレンドの堅そうな最安値の下あたりに

逆指値おきます。



そうするとトレンドが再度発生した際に両建てポジションが解消されて


また

最初に入れた売りの利益が伸びていく

ということです。


その際に両建て買いポジの数十PIPSとかはマイナスが出てるのですが

最初の売りポジの利益が150PIPSとか200PIPS利益出てるので

全然プラスになる、って考え方です。


ここで1反発リスクをヘッジして

2なおかつトレンドが出たらさらに追従する


ってのがつなぎ買い、もしくはつなぎ売りなんです。


これを「一度一度利益確定する」ということをすると

トレーダーの精神状態で一度心理的な切断状態、が

起きるわけですね。


トレンドは長いのに、「とりあえず今日は終わり」みたいな。

上記つなぎ買い、つなぎ売りの両建ての場合はこの辺の

「トレンドをつなぐ」という意識が働くのでその辺が


よくトレーダーの思考として作用するわけです。

(ちょっと難しいこと書いてるかもしれません。分からなかったら

デモトレードやFOREX TESTERで検証してやってみてください。

なんとなく分かると思います。)


MAYUHIMEさんなんかはトレードイメージしっかり持つために

そういうポジションワークを使ってらっしゃるわけですよね。


有名な人なので賛否両論ある方だとは思いますが

その辺は私は勉強になりました

⇒  http://japan-asp.com/r/a483d42……/1/af/2784




それで、実は上のポジションワークも資金管理の一種なんですね。


こういうのを覚えていくとより利益が安定するってことです。


それで今日は資金管理についてより深く書いていきたいわけですが

基本的な考え方としては


「大きく負けない」という考え方があるわけであります。



というのは投資って「大きく負けなければいずれトータルプラスになる」

ってのがありまして


読者さんでもこれは実はすごいあって


「最近成績がトントンです」という人が結構いらっしゃるんですね。


プラスマイナスほぼゼロみたいな。


ただこの人たちってのは「勝てるトレーダー予備軍」でして

というのは資金管理しっかりされているわけです。


だから大きなマイナスは計上してないのですが

これはいずれかの段階で、相場の分析がうまくなると


勝率やリスクリワード比が伸ばせるので


特にリスクリワード比ってのは上のつなぎ買い、つなぎ売りって

ポジションワーク覚えるとかなり伸びるわけです。


あと昨日かずもさんの動画を無料でリンク貼ってますが

ああいうダウ理論分析覚えるとめちゃくちゃ成長して

伸びてきます。


ちなみにつなぎ買い、つなぎ売り、だけでも

私なりの考え方で無料で書いているけど


これだけでも「利益伸ばせない~」って人にはめちゃくちゃ

重要な情報かと思います。




それで資金管理でも重要なのがやはり

「損失のパーセンテージを設定する」ということです。



これ、実はFXの業界の「あるある」なんですが


これ、システムトレーダーがよく「PIPS」で表現するじゃないですか。


ピプスで。



一方裁量ができるトレーダーは

「パーセンテージ」で表現するわけなんです。



えっと、これはなんとなく分かると思いますが


PIPSってのはもう単純ですよね??


メタトレーダーとかの画面でただ数字の距離を測るだけです。


「直接的」です。



一方「損失がマイナス何パーセントだった

利益がプラス何パーセントだった」


ってのはそこに一度計算を加えているわけですね。


一度微分しているわけです。


これは同じく億トレーダーの根崎さんなんかがすごい

強調されていたことだったのですが



やはりこの考え方が大事なわけですね。



だから実は裁量トレーダーでも


損失1~2%で設定する人が多いわけですが



これは別に日足で損失100PIPSでも

15分足で損失20PIPSでも、


同じなんですね。



どういうこと??というと


例えば100万円で運用されてる方多いわけですが

この100万円を事例にとって見ると


損失2%なら2万円まで損失経費は許容するわけです。


んで、重要なのが


相場ってのは生き物である
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

って考え方があるわけです。


生き物であるから、毎回毎回、環境は変わるんですね。


例えば同じようなチャートパターンが出たとしても


それを取り巻く環境ってのがありまして、それは

全然過去の同じチャートパターンとは違うわけです。


これ、私は金泉株式投資家のあきらさんに教えてもらいました。



んで、相場は生き物だ、という前提に立つと


「毎回のストップが20PIPSとか100PIPS」


と固定的に設定するのは「違うよね」という話になるわけです。



だってチャート計上とか機能しているラインとか

全然過去のものとは違うわけで


ストップを設定するのも結構毎回場所が違ってくるわけですね。


あるときはストップまでの距離が20PIPSかもしれないし

あるときはストップまでの距離が50PIPSかもしれないです。



ただリスクリワード比ってのをあらかじめ考えておいて

1;5以上の損失:利益の比率で想定するのであれば


ストップが20PIPSなら100PIPS想定するし

ストップが50PIPSなら250PIPS想定するわけです。



こうやって毎回の相場ごとにストップまでの値は変わるわけですね。


そのストップまでの距離を測ってどれだけ

リワード、利益を伸ばせるのか??


って戦いがあるわけですよね。


それで毎回ポジションサイズが例えば100万円運用で

5万通貨だとしたら


毎回の損失額変わっちゃうわけです。


50PIPSマイナスなら1ドル100円ならば

2万5000円マイナスだし


25PIPSマイナスなら12500円くらいマイナスです。


損失額が毎回変動していたら「精神的に疲れちゃう」と思うのですね。


だからここで「ポジションサイジング」ってのがありまして


「ストップまでの距離によってポジションのサイズを変えて

損失を設定したパーセンテージ(2%とか)に設定する」


って考え方があるわけです。



だから裁量トレーダーってのは毎回のように

エントリーする前に損失までの距離を計算して


「損失を2%に抑えるためにはポジションサイズはどれくらいかな?」


って計算するんです。


それでポジションいれて、仮にマイナスの損失が出たとしても

それが2%とか1%になるようにポジションサイズ調整するんですね。



これを「ポジションサイジング」と、言います。


これで毎回の取引の損失を2%で設定しているならば


必ず1取引でマイナスが出ても2%になるわけでして

そこに「どきどき」がないわけです。


損失額があらかじめて「分かってる」のですから

精神的に安心するわけです。



なぜトレードで「どきどき」するのか?といえば

この「損失額のパーセンテージを決めていない」からですよね。


損失額を2%とかで決めていれば

どきどきしません。



ちなみに私の友人のファンド運営の方なんかは

損失額は運用金額が大きいので1%とかですね。



だからこの資金管理のことを理解すれば投資でもっとも

問題であって大きなテーマである


「投資家の心理状態」というのがあるのですが


少なくともこの辺で心理状態を平常に保てるわけです。


これが資金管理の重要な考え方としてあるんですね。


投資心理学と密接に結びついています。


ちなみに「なぜ損きりできないのか??」という問題があります。


昨日のポンド円の暴落劇で実はこの土日で

含み損を抱えてうなだれている人がたくさん日本の個人投資家に

いらっしゃるわけです。


サラリーマンの方が多いわけですが彼らの特徴として

「損きりできない」のですね。


なぜ??っていうと上の資金管理のパーセンテージで

微分する考え方を「知らない」からなんです。


私も昔そういう無謀なトレードしていたので、分かります。


だから実は資金管理を知ってるか知らないか、で

運命が大きく分かれちゃう・・・ってことです。


それでこれからの時代ですが、2014年~2015年までの

相場は結構レンジ気味でしたが


今年の相場は結構すごいですよね。


おそらく世界情勢的に2016年~2017年は

かなり混乱する相場になると思います。



トレンドフォローがすごい強い年になると思います。

だからこそ、ここで資金管理が出来ないってのが

もう「致命的に」なる可能性がある、ってことなんですね。


だから上のパーセンテージで管理して、それで

リスクヘッジするという考え方はもう強いトレーダーたちが

みんなやってることなので


意識するといいと思います。



ちなみに初心者の人は「なぜ10%じゃだめなの??

2%なの??」


って言うわけですが


それこそ彼らは経験がないから例えば勝率が70%なら


「勝率70%なら

10%の損失でもいいじゃん」と言っちゃうわけですが



例えば相場で4連敗したとします。


こういうのも可能性はゼロじゃなくて長くやってるとあるわけです。

確率的に。


そういうときに損失2%の人は


資金体力として98%の4乗で

0.98×0.98×0.98×0.98


で資金は92%まで減ってるのですがこれなら

「まあ仕方ない」と思える額です。


一方、10%なんかでやってるとこの時点で

その人はおそらく「負けて残ってる証拠金額に2%をかける」

ということもしていないから


まるまる40%とかなくなってるんだと思います。


としたら資金は60万円になってるわけで


ここで「正常な判断」を継続できるか??という

心理的な問題が生じるんですね。


もう博打の世界になります。


これで例えば10年、20年、30年、40年、

生き残るということが出来るだろうか??


って話になるわけですね。


一攫千金を目指すのではなくて10年、20年、30年、

40年、50年、の単位で稼ぎ「続け」たいわけですから



それを考えると10%とかありえない、となります。


ちなみにアメリカの投資学校でCFG投資スクールという根崎さんが

卒業した先生150人みんな億トレーダーっていうすごい学校が

あるけど


そこで教えられている資金管理が上の「2%」とかの設定なんです。


この「2%」とか「1%」の数字の「意味」は私も

トレードして数年してその重要な意味がようやく分かってきた

ということです。



投資心理学とかプロスペクト理論とか脳科学とか考慮した

すごい重要な深い数字なんですね。


プロスペクト理論というのがあって、それは

「人間は痛みを避けて後回しにして

気持ちいことは早くやりたがる」


っていう性質があるんだけど


それは損失確定遅く、利益確定早いという行動につながります。



これ、実は資金管理が出来ていないと、それこそ上の

「2%とか1%で設定する」ってのが出来ていないと


必ずこのプロスペクト理論通りの行動を人間の脳みそって

とっちゃうんです。


だからどんどん「自分で持ってるルールが破綻していく」

のですね。


そのために上のような微分した、パーセンテージでの

資金管理になるわけです。



ちなみに100万円で2%なら損失許容は2万円だけど

1000万円なら20万円だけど


じゃあ、「損失2万円で設定するのか」というと違う、んです。


例えば一度負けたら98万円です。


となると次の設定金額は98万円×0.02(2%)だから

損失許容は1万9600円まで、になります。


このようにして設定していくわけですね。


ここではだから足し算引き算の考え方ではなくて

掛け算の「乗数計算」を使うわけです。



これをやることで事実上、「口座破綻」はなくなるわけですね。

マイナスの乗数計算をいくらやっても0には近づくけど

0にはなれない、わけです。



だからすごい重要な考え方です。


こうやって乗数計算を使って資金を守るってことを

強いトレーダーたちはやってるわけですね!!



これはだからどんな手法であろうと、基本的な資金管理の考え方は

一緒だよ、ってことです。







んで、最後に書くと、


「システム運用」も一緒なのです。


たとえば システムインジケーターってのがありますが


こういう無料のやつも最近出てきてますが

⇒  http://japan-asp.com/r/a483d42……/1/af/2784



こういうのも「ストップは毎回20PIPS!」とかってのは

あくまで初心者のものであって


「ストップは毎回1%」とかに設定するわけです。


固定のPIPSで設定すると言うのはメタトレーダーのバックテストとか

そういうときに使ってるからそういう数値が出てくるのですが


実際のトレードだと損きりポイントって

チャートの形によっても

変わりますので(チャートは生き物だから)


例えば買いの場合「直近安値にストップ」とか言っても


その安値までの距離は毎回違うわけです。



そこで「一律20PIPS」ってのは合理的じゃないんですね。


それよりはストップまでのPIPSを出して、

そこでポジションサイズを2%損失になるように設定して


それで5%、6%、もしくは相場が伸びてこれば

10%、20%と狙うわけです。


ちなみに、私は損失設定のことばかり書いていますが

これも重要な考え方で


英語でrisk-reward「リスクリワード」と言いますでしょ。


なぜ「リスク」が先に表記されるか?というと

「投資家が決められるのはリスクだけだから」

ですよね。


利益のリワードは相場の伸び方によってまちまちなので

あるときは


500PIPS伸びる場合もあるし、


あるときは50PIPSしか伸びない場合もあるわけで


これは相場によって、大口がどう動くか?で変わってくるのです。


となると損失額は決められるけど

利益額は相場次第で決められない、となります。



一応エントリー後にOCO注文で利益を想定しちゃうやり方もあるけど

それだと利益取るときにロスが生まれるんですね。



こういう考え方ってのがトレンドフォローでありまして

だからMAYUHIMEさんは「つなぎ買い、つなぎ売り」って

ことをやるわけですね。


これも基本的にはダウ理論が前提です。



ただ損失額は決められるわけで「2%まで」って決めるわけで

利益は相場の動き次第、ですよね。


だから資金管理ってめちゃくちゃ奥が深いのですね。



それでシステムトレーダーで「PIPS」の表現を使うけど

一方裁量のトレーダーは「パーセンテージ」を使うわけですが


やはりより合理的な資金管理は後者の「パーセンテージ」

を使った損失設定なわけです。




私も最初システムだけで運用していたのですが

裁量学んで、この辺の重要性が理解できるようになった

ってことですね。



ということでこの資金管理、すごい重要なので

覚えておいてください!



では!



ゆう





PS・・・ちなみに転売でもアフィリでも、輸入でも

輸出でも実は本質的に資本主義の経済活動は投資なので


この辺の資金管理の考え方は一緒ですよね。


転売の場合は100万円の資金あって20万円で仕入れて

(損失最大20%)それで50万、50%稼ぐ、みたいな世界です。




ビジネスの場合はもう少し大胆に経費やパーセンテージを

とれるという

特徴がある、くらいです。


が、これも売り上げが上がってくればそれは保守的に

なっていくことが多いようでこの辺の資本原理というのは


FXでも輸入転売でも共通してますね。

だから実はあらゆる分野が投資なわけです。


リスクコントロールの仕方だけがそれぞれの分野で

ちょっと変わる、くらいです。



それで、FXに限って言えば株と違うのが

「ストップ安」「ストップ高」がないというのが重要で


トレンドが伸びたらずーっと伸びる傾向があるわけですね。


だから、例えば

スイスフランショックとかみたいな動きがあると


注文通らない、上記ストップかからない、という事態も

あるわけです。

リーマンショックのときはこういうのが報告されてました。


この場合のリスクヘッジも必要なのですが

そうすると「追証がない海外証券」になるのですね。


ゼロカット業者といいます。


例えば上記100万円の事例なら

10万円とかだけ証拠金に入れるわけですね。


んでストップは2%だから2万円で変わらないのだけど

何かスイスフランショックとか大きな動きがあった場合

ストップが機能しないこともあるのですが


ゼロカット業者の場合口座残高がマイナスになった場合

追証がないため


ゼロにしてくれるわけです。


ここで「何かの有事」例えば311震災みたいなことが

あっても


資金リスクは100万円ならば10万円だけで済む

ってことです。


その辺のリスクはゼロカット導入してる

証券会社が負ってくれるわけです。


日本の証券会社はこの辺がないというのが少し問題として

ありますがそれを認識してる金融庁が対策する気配は

ありません。


個人投資家の損失が色々流れる仕組みがある

日本的な、政治的なものです。


だからこの辺のリスクを個人投資家が背負わないように

という考え方が必要で


そのためにゼロカットなんかも重要と言うことですね。



日本の証券会社では「投資金のリスクを背負う場合があります」

とかかれますが、これ、もっと大きな文字で書かないといけない

と私は思います。



上記の資金管理とあとはゼロカット業者なんかを使えば

かなりの部分でリスクをコントロールできるわけなので


大事なお金ですから、この辺を考えるのも大事かと思います。



これは私はてっちん、っていう投資家さんに

教えてもらいました。


なのでこれからの時代、こういう資金管理がめちゃくちゃ

大事になりますから


意識したいところです。



それでは!



ゆう







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【今月のFX無料案件】

子育て専業主婦を「年収一億円」にしちゃった
衝撃FXツールが無料公開ということでかなりの人気です

⇒  http://japan-asp.com/r/a483d42……/1/af/2784


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   【こちらは日経225オプション】

【最新】勝率96%、22ヶ月間無敗の投資システム登場
⇒  http://f-1asp.com/lp/6652/38130


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







































コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXや株で長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

ブログにはメルマガの一部の記事を保存用に貼り付けてるだけです。
私ゆう自身は投資やビジネスを活用してネットを使って1億円以上稼いでおりますが
(2017年時点で2億円前後?)
そのための知識だったり視点とか政治経済の見かたとかそれらを無料であげてます。
早稲田で政治経済政治学科だったので独特の視点で2016年はトランプ大統領が大統領になるってことや
2014年のチャイナショックとか2013年にはアベノミクスはうまくいかず経済衰退しますとか大体あててきてます。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXや株で資産増やすために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

*メールアドレス
名前

当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください