無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【民衆への増税⇒国家公務員様の給与アップ、という日本のあり方について考える!】

2016 8月 21 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin



さてさて、ここ最近私が言うまでもないですが

増税増税増税ばかりです。


あらゆる税金が地味~~に「ちょっとづつあげる作戦」

を取っております。


所得税なんかも最高税率が40%から45%になったし

また消費税なんかも5%から8%になったし

また年金の額なんかも昔は数百円だったものが

今は17000円くらいになってると思います。


また高速道路代も税金だけどこれもまた

首都高速道路の料金が930円から1300円になっています。


そんな各種税金の引き上げが相次いでるわけなんですが


その中、国家公務員の給与引き上げが3年連続で引き上げ勧告が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出ておりまして、このままいくと国家公務員の給料は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
年間5万円以上はあがるようです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんと3年連続で増額です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そしてその2日後に出たニュースが日経新聞の

「国の借金1053兆円、国民一人あたり830万円」

という記事です。


「いやいや、官僚や公務員様の借金だろ、

国民の借金じゃないから、

うそつくな」とか私は思ったけど


なんというかこの国の構造があからさまでした。


編集後記で!















さて、昨日なのですが

【無料レポートPDF】ヒラリークリントン逮捕シナリオを考える!

というのを流しました。


以下のリンクですね。


今の日本ではいろいろ報道規制がありまして報道されていない

内容なんだけど、

やはり大きな今の世界帝国アメリカの動きとして重要だと思います。


【無料レポートPDF】ヒラリークリントン逮捕シナリオを考える!
⇒  http://fxgod.net/pdf/mailmagaz……y_isis.pdf
(直リンクです。)



さて、それでメルマガでこの前からちょくちょく
扱っているFX仙人さんの案件がすごい人気です。

個人的にはかなり良い教材だと思ってまして私も
この土日に結構勉強する予定です。


さて、今日はこの「FX仙人」の動画を[[name1]]さんに

お送りします。


多くの人が山奥までやってきて教えを乞っている
FX仙人とはどんな人なのか??


動画結構いいので見てみてくださいね~


それではFX-JINさんより[[name1]]さんにメッセージです


=====================

こんにちは。
ナビゲーターのFX-Jinです。

「The Secret FX」無料講座を
ごらんいただきありがとうございます。

これからいくつかの映像を、
順番にお届けしていきますが、

[[name1]]様のFX人生を変える、
とても大切な内容になります。

相場の本質をとことんまで追求し、
鳥取の山奥で、
ひっそりとトレードを究めたFX仙人。

彼に会いに鳥取まで行き、
約2週間をかけ収録をしてきました。

この2週間は、
まさに驚きの連続でした。

常識では考えられないようなことが、
まるで「当たり前」かのように語られる。

この動画を収録したあと、
社内みんなで見てみたのですが、
みんな唖然としていました。

少しFXをやったことがある人なら、
彼がどれほどすごいのか、
痛いほどに分かると思います。

このFX仙人は、
けっして雄弁に語るタイプではありません。

すごく謙虚な方ですし、
自慢になるような話し方はしません。

しかし、その言葉1つ1つには、
長年の検証に裏付けられたものがあり、

「なるほど!」

と、ひざを打つ瞬間が、
何度もあるでしょう。

この動画をお伝えできることは、
日本に投資教育を普及していく上で、
歴史的な転換点になるかもしれません。

彼の手法は、
インジケーターを一切使いません。

「ローソク足の動きだけ」

を丹念に研究して、
相場の本質をとことんまで追求しています。

これは普通の人にはできないことです。

私は、「本質とはシンプルなもの」

ということを、これまで何度もお伝えしていますが、
まさに、彼の手法はその象徴的なもの。

この手法を学ぶことで、
多くの人の人生が、これから変わることでしょう。

事実、このFX仙人の元に訪れるお弟子さんの中には、
1ヶ月学んだだけで、

勝率9割、月利100%という、
驚くような成績を残していたり、

常識で考えられないような、
結果を叩き出したりもしているんです。

なぜ、彼から学んだお弟子さんたちが、
これほどまでに結果を出せるのか?

その一番のポイントは、

「わずか4つのパターン」

に集約された、手法にあると思います。

インジケーターも一切使わず、
ローソク足の4つのパターンを覚えるだけで、
驚くような利益を上げている事実。

一緒に行った金本くんも、
これには度肝を抜かれていました。

本当に、この投資教育の世界が、
一変するほどのインパクトがあると思います。

それだけに、この動画をお伝えできることは、
私にとって大きな喜びでもあるし、

もっと成長したい、もっとFXで稼ぎたい、
もっと早く夢を実現したい。

そう願う[[name1]]様にとって、
必ず役立つ内容になると確信しています。

本質を極めれば、
ここまでのことが実現できる。

[[name1]]様はFXの可能性に、
あらためて気付き、

「早くこの手法を使ってみたい!」

そう思うことは、間違いないと思います。

それでは、こちらの動画をご覧ください。

[[name1]]様の人生において、
最も大切な内容になるかもしれません。

「わずか4つのパターンで、相場の全てを攻略する!?」
http://cross-webmedia.com/fxhe……?id=1kfnes
(FX仙人の教材はこちら
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……6/1/ )

FX-Jin


————————————-
The Secret FX 無料動画講座
お問い合わせ: http://cross-service.jp/ct/?id=secret

対応時間: 平日10時~18時
受付時間: 24時間
※ご返信には約3営業日(土日祝除く)以内

クロスリテイリング株式会社
————————————-


===========================


以上です!


それで個人的にはこの

「インジケーターを利用しない取引方法」

って結構良いと思ってるのですね。



私もメルマガでよく書いていますがもともと

インジケーターって全然入れていなくて


時々フィボナッチは使いますけど

ほとんどインジケーターは使わないで


ろうそく足だけ見て、やってるのですね。


なぜか?というとそっちのほうが勝てるから、です。



実はこのスタイルってのは理由があって、

「強いトレーダーはインジケーター使わないスタイルの人が多い」

ってところを感じまして


強いトレーダーはその中で

「ろうそく足の集合体の相場の山と谷」

「ろうそく足数本の動き」

「マルチタイムフレーム分析(1時間足、4時間足、日足みたいな)」

「水平線やトレンドラインなどのライン」

「ダウ理論」


これらをあわせてトレードする人が多いのですが

こうなってくるとインジケーターという遅行指標はあまり

使わないわけです。




もちろん使ってる人もいるのですが

私が見る限りフィボナッチ使う人は本当に多いですね。


多くのインジケーターは遅行指標でちょっと反応が遅いわけですが

フィボナッチだけは先行指標に近い感じで使えるってのが利点です。



それでFX仙人さんってのは本当にろうそく足だけ

なんですが


この動画見たら分かりますが、生徒さんとかも

1ヶ月目から教えた人の履歴が動画に出てくるけど


100万円スタートで損失抑えた上で

トレード回数やって100万円増えてるっていう・・・



ちょっとすごい履歴出てきていますが

ろうそく足だけでこの生徒さんもやってるわけですね。



が、相場そのもの、を表すのがろうそく足でして

相場で「一番早い指標」はやっぱりろうそく足です。


ちなみにローソク足を考えたのは日本人なんですね。


その「ローソク足だけトレード」って最初は

怖いかもしれませんが、やってみたらかなりやりやすい

ってのが分かるかと思います。



すごくシンプルに相場が見えてくるって感じになります。

私なんかは証券会社のデフォルト画面で移動平均線とか

出してくるとこもあるのですが


それで時々見ると「目が曇る」錯覚に襲われることがあって

それで全部インジケーターを消す作業からするのですね。


それでろうそく足だけの画面にして、そんでトレード

ってのをやりますが、すこぶる利益は出てくるわけです。


このインジケーターを使わない取引の一番いいところ

っていうと「パソコンの前に座らなくていい」ってことでしょうか。

IPADだけでソファーにごろーんとしながらトレードしてもいいんです。


これはろうそく足だけ表示できればいいわけですから

何画面もマルチモニターで監視する、みたいな必要がないわけです。


要するに、インジケーターを使うのは目的ではなくて

インジケーターを使う目的は「確率を読む」ためなんだけど


「じゃあその確率を読む作業がローソク足で出来るなら
(そこにダウ理論や水平線トレード混ぜて出来るなら)

それでいいよね?」


って話なんです。


またローソク足トレード、すなわちプライスアクショントレード

でよいのは



「損失を小さくできる」ってことですね。


今まではそれこそ上昇トレンドで直近安値にストップいれてて

平均で30PIPSのストップだった人が


プライスアクションだと例えば直近のろうそく足の安値の下とかに

ストップ入れるからストップ10PIPSとかになるわけです。


それで得られる利益は一緒かもっと多いとなります。


リスクリワード的にも優れているわけですね。


「実はローソク足が一番優れている確率分析ツールだった」


ってのは私も数年して気づいたのですが


それを実践されているのがFX仙人です。



ぜひ動画も見てみてください。また贅沢しないで質素に

田舎に暮らしているのもおそらく理由があって

欲望にトレード行動を支配されないためですね。




自然いっぱいの風景なので癒されると思います。


ぜひこの 動画の番組見てみてくださいね!








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【動画】「わずか4つのパターンで、相場の全てを攻略する!?」
http://cross-webmedia.com/fxhe……?id=1kfnes
(FX仙人の教材はこちら
⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/……6/1/ )



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■







============編集後記============


さてさて、多くの国民が増税でどんどん可処分所得を圧迫されています。

今日本の若い人はほとんどお金がない、となっております。



この現状ってのは「稼ぐ系」をやってる発行者たちは

うすうす自分の体験として気づいております。


というのは若い人は全然お金がないわけですね。


これは読者の学生さんと会ったときに聞いたけど

最近の大学生なんかは夜の仕事している女の子がめちゃくちゃ多いし

(ただそれは公言するようなものじゃないから

世間ではあまり知られていない)


あとは男は毎日もやしとかを食べている友人も多いと。



ちなみに私が最近感じることとしては

韓国と日本を行き来していたりするのですが


最近の韓国の若い人は結構良い素材の服を着るように

なっているのですね。


これは実際にソウルにいって、若い男の子たちの

服を見ると分かると思います。


明らかに服の素材が経済の向上とともに良くなってる

ってのは感じるわけです。



それで「オシャレ=日本人」みたいのが私が大学生くらいの

ころは一応あったのですが


最近、確かに日本人は色使いとか、服のバランス

とかはかっこいいのが多いのですが


私は昔 服をネットで売ったりもしてたので「生地」も見るのですが

「生地」が若い人の着ている服は少しペラペラしている?


というのはちょっと感じるのですね。


これは昔私が大学生くらいのころ、中国人の団体なんかを見て

「服がペラペラだな~」とか思っていたのですけど


ちょっとそれに近くなってるような気がします。


最近は若い人はそれこそ

「結婚しない、家持たない、車持たない」


となっているのですが


これはその人の意思というよりは経済の大きな流れがあって

そういう意志を持って生きるしか生き延びる方法がない


というのを私は昔貧乏暮らしをしていたから分かります。


「車乗りてー」とか「結婚してーー」とか思って

生きてるとそれが出来ない自分がむなしく 感じられて


自尊心が保てないから

「車なんていらない、公共機関がしっかりしているから大丈夫」

とか

「結婚なんてしない、自由が拘束されるのがいやだ」


とか


じぶんに言い聞かせるみたいなことをするんです。



私なんかは今は車移動手段として利用していて

便利だな~とか思うけど


若いころは「車なんていらない!歩けばいいのだ」

とか言ってましたからすごいそれがよく自分の経験から分かります。


人間ってのは経済の情勢によって自分の

経済的価値観をコントロールする傾向があります。



んで、そんな中明らかに貧困化が進んでるこの日本において


8月に出たのが


「人事院が3年連続(25年ぶり)で国家公務員給与引き上げ

勧告!平均年間給与は5万1000円アップの672万6000円に」


というニュースであります。


私はもうこれ批判というかただただ

「すげえ国だな」と思ったのですが


地方なんかにいるともう日本の衰退具合は明らかで

人々も消費しないで暮らしている姿が身近にあるんだけど


そんな中税金はどんどんあがってるんですね。


んで役所に行くと必ず見る光景が


「民間の2倍以上の給与の公務員が

税金滞納している国民に


「いつ払えるんだ」と脅しあげている構図」


であります。


これ結構やみ金を彷彿とさせるのだけど

結構すごい口調で取り立てが役所で行われているのを

よく見るんですね。


おばあちゃんに敬語も使わない30代の公務員とかも

います。


んで私が「おい、お前調子乗って脅しあげてるんじゃない。

お前はこのばあちゃんの何倍の給料を税金でもらってるのだ。

このばあちゃんに敬語を使え。」


と横から割り込むのですが

彼らは弱い人には横柄に行くけど言ってくる人には

あまり言えない人なので 大体そこでテンパります。


ちなみにもっと本当のことを書くけど

彼らは税務調査で

人の良い起業家や投資家をつぶしたりするんだけど


けど彼らはや○ざにはほとんど税務調査入らないんですね。


なんか

「税で多くもってったったら「タダじゃ」おかない」

という姿勢のところには入らないという現実があるんですね。


こういうのはあまり世間では知られていません。


それで今民間の人たちは非常に大変な状況だけど

そこで出てくるニュースが



「人事院が3年連続(25年ぶり)で国家公務員給与引き上げ

勧告!平均年間給与は5万1000円アップの672万6000円に」


というニュースです。



ちなみい年間平均給与が672万円となっていて

今の民間の給与が平均だと400万円台だけど

中間値だと300万円台前半ですよね。



となると大方の民衆の2倍以上の給与を税金で計上しているのが

公務員もしくは官僚という職業であります。


ちなみにこの672万円という数字にだまされてはいけなくて

公務員というのはそれこそ労働時間は民間より短い傾向があるし

(若いのは残業させられたりしてますが)



また各種福利厚生なんかも含めるともう少し多いでしょう。



消費税増税してからどんどん公務員給与はあがっていて

3年連続ということですが


「消費税の全部は社会保障に使います」なんていってましたが、

そして私は「それは絶対ありえない、公務員の給与か

米国債購入に回される」


と書いていましたが



まあ自分で言うのもあれですが

そうなってると思うのですね。


公務員給与はどんどんあがるし、また米国債の購入額も

日本は中国越えて世界一になってました。



それでこの「3年連続で公務員給与アップか」

という記事の2日後に出てきたニュースが結構笑えて


日経新聞が報道していたのが

簡単に要約すると


「日本の借金額がどんどん増えている~~」


っていう報道です。


「国の借金1053兆円、国民一人当たり830万円」


というのがその2日後に報道されました。



それで、まずこの報道を日経新聞に流させているのが

財務省なんだけど、それは記者クラブ制度ってのがあって

その経由でこういう報道を流せ、といってメディアは流すのだけど


当然のつっこみとして


「この借金1053兆円をなんで国民一人当たりで割るの?

無駄遣いしてるのは国の公務員や官僚たちだから

こいつらの総数で割れよ」


と思うわけですが、こういう指摘は全然表にでない不思議さ

があるわけです。



まず「国の借金を国民で割り算するおかしさ」を考えなくては

いけなくて、


だから上の記事のタイトルってのはある種のプロパガンダなんだけど


それは国民一人あたりで割り算するのではなくて

公務員一人当たりで割り算しないといけないわけですね。



が、ここで国民一人当たり800万円超えてる借金です~


とか責任転嫁するわけです。


ここにだまされる

「お花畑脳みそ」の人が日本では大半なのだろうか??


と私は真剣に考える。



だからすごい分かりやすくて


8月8日に


「公務員の(全部税金から出る)給与を3年連続で引き上げするっぽい~~」


ってニュースが出て



そしてその2日後に


「国の借金がとんでもなくて、1053兆円になっちゃいました~

世界一の借金額です~~」


とやるわけです。


ちなみに日本の対GDPあたりの借金額は

世界一でして


2位のギリシャを越えていますが


そりゃーこんなに公務員や「準公務員」や「みなし公務員」

の数が多いわけですから


それは当然彼らの人件費を計上しないといけないから

借金額は世界一になるに決まってるわけです。



ちなみにあの経済で苦境に追い詰められているギリシャも

公務員の数が多かったところですね。



ちなみに私の親戚にも公務員がいるし

あとは私の大学時代の親友も今まで新聞記者をやっていたけど

なぜか最近公務員になっていた。



私の周りの公務員の数を数えると結構な比率なんですよね。


よく共産主義の、「格差是正」という言葉になびく人たちは

この格差是正って単語をマスコミに最初使わせたのが

財務省である、ってことも知らないのだけど



ここで「金持ちはもっと税金をはらえーそして平等な社会を!」

とか主張するわけです。



それは共産主義という。



が、彼らの主張は「金持ちがもっと税金を払えば

貧乏人の社会保障がよくなる」

というものだけど


これお花畑ですよね。


これは副島先生が書かれているけど

国家には「中間搾取」をする人たちがいまして

それが官僚や公務員というものなんだけど


日本の税収というのは大きくは彼らに回ってるわけでして

(あとは米国債)


その「残り」がようやく社会保障になってるわけですよね。



この辺を徹底調査するには特別会計を調べるしかなくて

その特別会計はブラックボックスだから


国政調査権というのを国会議員が使って調べるしか

方法がなかったので


当時石井こうき議員が調べてたら

途中で殺されました。


だから税金ってのは公務員や官僚たちに大きくは入っており


税金が 高額所得者⇒低給与の人々というストレートな

関係で配分されるとか信じている時点で

脳みそやばい、って私は思うわけです。



実際に私はこの前健康保険を払いに行ったわけです。


んで、稼ぐようになるとこの健康保険税ってのが

マックス年間100万円くらいになるんですね。



んで、だから私は


「なぜこんなに高いのか?

おれは所得税も住民税も消費税もいろいろ払って

年間8桁の税を払うけど


さらに君たちは「税」という 言い方をしないで


国民健康保険「料」という言い方をする。だから

これは納税の義務というのがあるけど納「料」の義務ではないはずだけど

そこで「絶対払ってください、払わないと差し押さえします」と

強制執行力を持ちながら税徴収をやる。


近代デモクラシー思想だと、国家が民衆に義務を課すと言う自体に

大きな矛盾がある。


が今回はそれは聞かないけど、まずこの年間100万円くらいの

お金がどう流れてるかそれを教えてほしい」


と言うわけです。


んでそこで若いのだと対応できないから後ろの

上司みたいのが出てくるのですが


そこで「この税金の流れがどう流れてるのか説明してくれ」

と言うわけです。


が、彼いわく「分からない」と。


「一応この税金は特別会計に入るのですが

その後は私どももよく分からないんです」


とそこは正直に言うわけです。


「お金がどう使われてるのか分からないで

税金(料金)を払うのが国民の義務です、って

筋通らないでしょうよ、


あんた自分がまるで脅しながら

徴収したみんなが苦しんで払ってる税金の使い道が

分からないのに、それを民衆に課してることに対して

おかしさを感じないのか?」


とか聞くのですが

彼らはうーん、と黙る。



だから面白いことに、公務員たちなんかも

税金が入ってきたとしてもそれがどう使われてるか?

ってのは当人たちもよく知らないわけですね。



具体的には特別会計に入って

「使い道が見えなくなる」からです。



明らかに「所得の再分配という論理」がそこで破綻している

わけでしてそこで分配なんかする前に

公務員やら官僚に「抜かれて」るわけですが


そこをどうも2009年以降は

マスコミも小沢がつぶされて言わなくなってしまいました。



それで8月の報道があからさまでしたが


「どんどんあがる公務員給与」

⇒「国家の借金が増えてます!大変です!」


って報道がされるわけです。


だからこれを見ながら私は

「日本ってすごい国だな~」と。


ちなみに私の友人の起業家がこの前なげていたのですが


「実力ある起業家や投資家がどんどん日本を出て行っちゃう」


と。


これ実際に起こってる状況でして、

どんどん実力ある起業家投資家が日本を出ています。



これ、財務省が報道させているのは

「税金逃れだ」というのがあるけど


本質は私はちょっと違うと思うわけです。


日本では「公務員様(お上)と起業家投資家という犯罪者」

みたいな感じ・印象で語られるけど


実際は経済を地道に作ってるのが

起業家や投資家と言う人たちであります。


が、ここで「悪者」にされて、それで公務員様が

やたら「指導」してくるわけです。


彼ら投資家や起業家はリスクをとってそれでなんとか

価値作って収益あげるのだけど



そこでリスクもなんもとらないで

「納税は国民の義務です」というところ「だけ」に立脚して

それでなんでもかんでも奪い取っていく官僚や公務員が


威張ってるこのような国にやはりみんな大きな疑問を

抱くわけですね。


成功する起業家や投資家は基本的に負けず嫌いで

闘争心がある人だから、なおさら疑問を強く感じる人種です。


「官僚や公務員(公的部門)がここまででかい顔をしてる

こんな国で生きていけない」


ってのが本当の、彼らの気持ちであります。


私はそれをいろいろな海外に出ている人に会って

理解しています。


ここをマスコミは絶対報道しないわけです。


それで、今の日本で起こってるのは



「稼ぐ能力のある人が

「公務員王国の日本に嫌気さして」

どんどん海外流出している」


という現象であるわけです。


それが私の埼玉の起業家の友人が言ってる

「実力ある人がどんどん日本からいなくなってる」

という言葉です。


最近は実力ある人たちどんどん

「公務員や官僚やそこと癒着した政商の

大企業が威張り腐ってる日本」

を出てるわけでして



これは当然新産業が育たない土壌になりますので

貧困化が進むのは当然なんですね。


ちなみに護憲派の共産主義を信奉する人たちが

「じゃあ富裕層を国外に出さないようにすればいいのだ!」

とか言うんだけど


これは


日本国憲法第22条第1項
何人も、公共の福祉に反しない限り、
居住、移転及び職業選択の自由を有する。


というのがあるのだけど居住移転の自由を非難するわけですから

彼らの本質的な思想は反憲法であって


感情論のものであります。



だから日本の右も左も実は共産主義である、と。


そこに富裕層は気づいているからだから外に出るわけだけど。


ちなみに日本の右が進めるグローバリズムってのは

共産主義と同意なんですけど

そこも日本では知られていないです。



だから安倍さんなんかは政策から見るとやってる事は保守ではなく

共産主義に分類できるわけですが

どうもこれは言ってはいけないらしい。



それで面白いのが検索エンジンもグルなんですね。

ネット自体も本質的には洗脳のために存在します。



例えば公務員給与引き上げと検索すると


「公務員の給与引き上げは正しい」


というBLOGSというプロパガンダ的なメディアの記事が

トップに来るようにSEOされています。



私なんかは個人のブログを探しているのですが

検索エンジンは「(公務員とくっついた)権威」の

記事ばかり上位表示させるわけですね。


検索エンジンもグルときたものです。


だから最近若い人たちは「なんか検索エンジンって

嘘ばかりというか国家側の意見ばかり出してくるから

使えない、ツイッター検索のほうが使える」


となっていて


ツイッター検索ばかり使うようになってます。


おっさんたちは検索エンジンを使うのですが

今の10代はツイッター検索をよく使うわけですね。



これは10代のほうがどうもこの情報空間のおかしさに

その若い勘で

気づいているから

そういう検索行動をとりだしているんですね。


これは若い人と接する人たちは知ってることだと思います。


それで今は30代~40代の働き盛りの実力ある人が

どんどん公務員国家日本に愛想尽かして


それで出て行ってしまってるわけですが


これは当然その国で新しい産業が育たず貧乏になる

ってのは誰が考えても分かる話ですから


考えさせられます。


ちなみに財務省のプロパガンダがうまいな、って

思うところがあって


それは日本の本質的問題として


「公的部門が私的企業を管理する」という体制にあるわけです。


これ、社会主義の体制。


一方資本主義というのは

「公的部門と私的企業が分離されている」ことであります。



日本の問題は


「公的部門が私的企業を管理する」という体制


ここに本質的問題があるわけですが


ここに目を向けさせない、気づかせないために


「金持ちVS貧乏人」の対立をマスメディアを使って

煽らせているわけですね。



が、そもそも私が派遣とか契約社員とかアルバイトで

働いていたとき、私が給与もらってたのは


「小金もちの経営者たち」からだったのですね。

彼らが実際給料払ってる。


それは当時から理解していましたから

金持ち憎しとはなりませんでした。


だって彼らが

金儲けしたいという衝動でビジネスモデル作ったから

そこで仕事生まれてたわけでして、


それは私は一労働者としては理解していました。


だから彼らに増税したらもっと自分の人件費が圧迫されて

貧しくなるってのは分かっていたので

金持ち増税は最終的に自分に来るって分かっていたので


奴隷みたいに扱われるのは抵抗しましたが

そこは同調はしなかったんですね。


だから日本の問題ってのはとても闇が深いわけでして

世間では金持ちVS貧乏人の対立をあおるけど


そこで「中間搾取者の国家の公務員や官僚」には

矛先が向かないようになるわけですね。



だからよく出来ています。



ここの本質に人々の意識が向かないように巧妙に

マスメディアだけではなく検索エンジンでさえも

情報がコントロールされている恐ろしさというのがあります。



国家財政がどんどん借金状態であって

そこで公務員給与はあがっていくわけですが



それは会社で言えば赤字決算を続けている会社の

従業員の給与がどんどんあがるようなものですよね。


民間の自由競争の中では絶対に起こらない状況というのが

公務員、官僚組織だけでは許されているという


この状況がまさに政治なんですね。



公務員というのは官僚のかわいい手下たちであるけど

やはり大きくは官僚機構の肥大化という大きな日本の問題が

あります。


日本の貧困化問題というのは

この官僚機構をどうかしないとやはり解決は出来ない問題だろう

というのを私は考えていました。



ちなみに大学生の就職したい業種ランキングってのが

あってそれの


1位が公的機関であるわけですね。


公務員。



2位がこれまた 


市場の自由競争にさらされていないのだから

準公務員と言えるでしょうが


銀行などの金融保険業。



3位がこれまた


市場の自由競争にさらされていないのだから

準公務員と言えるでしょうが


マスメディアや広告関連


です。




ただこれは学生を批判するわけではなくて

「彼らは日本で一番おいしいところを分かってる」

わけです。


要するに公的部門(公務員)が一番「おいしくて」


さらにその公的部門と癒着した政商が2番目か3番目に

「おいしい」


というのに気づいているわけですね。



がその税金を誰が払うのか?というと自営業やそこに

雇われてる人々であるわけで



「大半の人が(GDPに計上されるような価値生産できない)

公務員や

もしくは政商になりたがる国がどうなるか」


って話です。


当然だめになります。


みんなが税金や国との癒着で食べて生きたいと

考えるようになれば


当然その国の生産価値なんてなくなっていくわけですから

それは貧困化するのは当然と言えば当然です。



だからそれに気づいたフットワークがある実力ある人たちが

どんどん海外に出て行ってる


ってのが現状としてある光景ですよね。



こうなっていくと

「自分でリスクをとって稼ごうという人はどんどん

国内で消滅していって残るのは

税金で食べて生きたいと考える人たち」


なわけでして



こういう中出てきたのが

ニートという「働いたら負け」という価値観を

もってる人たちであって、これは一見馬鹿にされるけど


彼らの出現は


公的部門が私的企業を管理する

日本の社会主義と封建体制をひきづった社会体制から

出てきたものであり、
(資本主義のものではない)


必然的なものです。


オランダなんかではネットから

税金の使い方が見れるわけですが


日本の場合は税金の使い方はブラックボックスで

当の徴収している公務員本人たちでさえそれを知らないわけです。


というか知ろうとするとおそらく自分の職業肯定感が

なくなる、と潜在的に気づいていて、だから調べようとしない

のでしょう。



それでやはり重要なのが特別会計と一般会計なんですね。

この特別会計がブラックボックスである、というところに


大きな闇があるわけでして


ここが明らかにならないと何も議論は進まないのだろう

とも思います。


多くの公務員擁護者はこの「特別会計」と言う言葉が出てきて

それを無視して論理展開しようとするけど


それは特別会計ってのは200兆円規模であるから

そこには触れられないと分かってるのでしょう。



「みんなが公務員になりたい国」が

果たして発展するか?という話です。


これはもうギリシャの状況で良く分かるのですが

ギリシャなんかは



財政破綻が引き起こされたのは、

国の税収に見合わない公務員への高待遇な政策を、



他国から借りたお金によって賄い続けて

来たことが最も大きな要因と言えまして


さらに、その高待遇の恩恵を受けていた

ギリシャの公務員は「公務員天国」などと呼ばれてた

わけですね。


日本と似ていますね。



実は日本と財政破綻のギリシャの共通点はすごい多くて



上に日本の大学生の就職人気ランキングを書いたけど


ギリシャ国内での就職したい職業人気ランキングでも

常に公務員が1位を獲得してきたんですね。


んで財政破綻した。



ギリシャなんかではよく知られているのが


「表向きの基本給は月約2千ユーロ(約23万円)だが、

各種手当が加算されると月約7千ユーロ(約82万円)になる」



なんてことですが、これはギリシャの経済官庁の幹部が

匿名で話したことですが


日本とこれまたよく似ています。


またギリシャの場合4人のうち1人は公務員なんですが

これ、私の周りの起業家以外の人たちの感じと似ています。




またこれまたギリシャと日本の似すぎている部分なんですけど

日本でも公務員の数を正確に把握できていないのですね。


国家公務員となると分かるけどそれが

「みなし公務員」「準公務員」となると

もう分からなくなりまして「推定」でしか分からなくなります。


日本の場合はこの規模を計るために

「一般会計+特別会計の重複分を除いた純計」が大事ですが

どうもここが石井こうきさんの資料だと260兆円を超えているから

おそらくかなりの 各種公務員人件費が使われているでしょう。



ギリシャは今まで公務員が存在してきたにも関わらず、

今の日本と同じく

これまで正確な公務員の数を把握していませんでして


国内の公務員の数を正確に知ったのは

2010年のEUやIMFからの融資資金援助が決まってからだった

との説もあるくらいです。




ということで日本とギリシャってのはすごい似ている状況です。


8月の「国家公務員給与3年連続引き上げ」ニュース

⇒「財政がやばいです」ニュース


と来ているわけですが


ここに誰も怒らない体制というのが日本の怖いところで

役所でも「税金の使い道が分からないとはどういうことやねん

説明しろ」


と怒ってる人は私以外あまり見ないわけです。


それでマスメディアもそれを理解していて

平気で8月8日に「公務員給与引き上げしまーす」

というニュースを出して


そして8月10日に「財政赤字がやばいでーす」

とニュースを出してくるわけでして


もう完全に民衆はなめられているんだろう、とも思います。



個人的に非常に考えさせられました。


世界の財政赤字ランキング(対GDP比)というのがありまして

ここで各国の公的部門の腐敗具合がよく分かるのですが

2015年の時点だと、日本ではこのランキングは報道されないけど

以下のような内容。


(数字は対GDPを基準とした政府総債務残高のパーセント。)
=====================

1位 日本 248.06 アジア
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2位 ギリシャ 178.40 ヨーロッパ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3位 レバノン 139.08 中東

4位 イタリア 132.60 ヨーロッパ


5位 ポルトガル 128.79 ヨーロッパ


=====================



日本は立派な世界一でして、


最近は日本が最高、みたいなテレビ番組が多いから

日本の政府総債務残高は世界一だから


それをぜひ報道してほしい、と私は思いますが

これはきっと報道されないのでしょう。




社会保障がしっかりしている

オランダとかフィンランドなんかはそもそも

60%台ですから


このランキングを発表すると

「あれ、日本なんかおかしくね」と

みんな気づいちゃうからでしょう。



だから日本の問題はギリシャ以上に深いと思います。

考えさせられます。



それではまた!



ゆう











☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
   【ゆうおススメ】


稼げる人が続出している案件です。
私がよく書く「プライスアクション」といって相場を
ろうそく足から分析する方法があるのですが

それを学びたい方は見てみるといいと思います。


⇒  http://www.fxgod.net/a/groups/4295336/1/
(今日の夜で限定特典消滅ということです)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★













«  【民衆への増税⇒国家公務員様の給与アップ、という日本のあり方について考える!】  »

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXで長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

見るか見ないかでこれから先勝つか負けるか変わってくるかも?(笑)しれない情報です☆
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXで勝つために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

メールアドレス(必須)
名前
当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください