無料プレゼント

無料レポート「FXトレーダーが相場に臨む前に知っておくべき事」はFXの相場で生き残るために必要な考え方を提供しております 特に初心者の方には是非読んでいただきたい内容です。


FXの相場は大変厳しいものです

このレポートがそんな厳しい相場を生き残るために皆様の力になれれば大変幸せです。尚無料レポートと同時に 独自の為になる情報を受け取れるメールマガジンの「ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!」に登録されます。






【大変な状況を打開するには「運命を下僕(げぼく)」にすることである】

2016 8月 12 未分類 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin


【大変な状況を打開するには「運命を下僕(げぼく)」にすることである】




さてさて、ここ最近多くの読者さんからメールいただいております。

物理上全部返信できていないのですが全て読ませていただいてまして


それで「メルマガで情報を発信する」という意義を

すごい毎日よく感じます。


というのはすさまじくがんばってらっしゃる方ってのが

多いんですね。


中には結構大変な状況の方もいらっしゃって

そしてそれを「打開する」という強烈な意志を持って取り組んでる人も

いらっしゃって


これはもう人間的にただただ応援したくなります。


さて、それで私なんかも地方とか海外にいてのんびりして~

みたいに今でこそやっておりますが


実は独立した当初は結構苦難の連続でした。


ブラック会社との闘争もあったし、

あとは弟が就職活動で自殺して亡くなるという

事態もあって、精神的には最悪の状況で、私の場合は

独立をした、という経緯がありました。


また私の家は特にお金がある家でもなく母子家庭で金のない

家でありましたし、


そこから「這い上がる」ためにはやはり

「他とは違うアプローチ」が

必要だったわけですね。


大変な状況の中

今がんばってる読者さんも多いです。


そういう人らにちょっとでも道を示せたらな~とか思います。


それで、よく「人生を変える」とか言います。

けどこれは 言うは易し行うは難し であって

実際にそこで「人生を変えられる」という人は


やはり少数派になります。



一応私はその少数派に当時転じることは出来ただろうと

思うので参考になればな、と思います。


それで「人生を変える」手段として多くの人が

起業や投資を勉強するわけですね。


この資本主義ではお金の部分で人生を変えるためには

実はこの2つくらいしかどうも構造上ないと

言うのが冷酷な事実なのかもしれません。



それで、「自分で稼ごう」としたら

それはもう立派な社長であります。

投資だろうとビジネスだろうと、やってることは社長=経営者

ですから


それは社長でありますよね。


それで起業家、投資家、に求められる「資質」について

今日は書きたいと思います。


この感覚というか捉え方が極めて

「今の状況を打開するためには」大事って事なんです。



まず、私が独立当初持っていた考え方としては


「運命を下僕=げぼく にしていかないといけない」


という考え方なんですね。


よく巷の人というのは「運」とか言います。


が、私は当時から


この「運」をコントロールする、という考え方を当時
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しておりました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

それででしか、何も人脈も金も何もない男が

這い上がる方法はない、と当時から、いろいろ経験して

気づいていたからです。


実は、これは政治学の考え方でありまして、


「起業家や投資家」および「政治家」に求められる資質

というのがあるのですが


それは実は「一緒である」ということなんですね。


すなわち「運命を下僕にすること」です。


私の場合政治学でそれを学んでいたので有利に働いた

というのが大いにありました。


だからそれをあなたにも知ってほしいと。


まず政治家でも起業家でも投資家でも、この3つの職業というのは

特殊であって


「運命を下僕(げぼく)に出来る」


ということが求められます。



これらの3つの職業というのは運命を駆使するそういう

職業です。


常日ごろからの心構えとしてとても漠然としている


「運」


を育てていかないといけないということなんですね。



よく富豪の人が風水とか気にすると思いますが

あれは偶然でしょうか?

彼らは「運を育てる必要性」というのをよく理解しているんです。


これは労働者の人はオカルトだと思うかもしれませんが

おそらくある程度成功している人は私の言うことは一定程度

理解してくれる、と思います。



逆に言えば、運を育てて、養って自らの下僕に出来ない人ってのは

やはり「人生を変える」という所業は成し遂げられないという


そういうことなんです。


実は私が独立した当初は28歳とかそんなもので

結構遅かったのですが


その当時独立に力を発揮できたのは、おそらく上記のことが

出来たからなんですね。


そして今も、それを常に意識しています。



それで「運命を下僕にする」というのと対立的な職業の人がいて

それがサラリーマンだったり公務員という職業の人たちです。


公務員、すなわち役人の人というのはこの辺と全く逆の

職業の人たちで


彼らは「運命をつかいこなす」という視点がそもそもないわけです。


要するに「与えられた」状況下における権限を彼らは行使することは

できるんだけど



そこに「運命」が入り込む余地はないわけですね。


ただただ、「その状況に流されて」生きるのがこれが

役人の全体のあり方です。


変化する状況における多くの決断の集合体が

「運」を作り上げていくけども


役人やサラリーマンという職業はそもそもこの「決断」という

部分をほとんどしない職業であるから


やはり運命は使いこなせないとなるわけです。



これは社会学の話なんだけど

日本人は「運命受容型民族」と言われます。



これは「運命がそうなったらただただそれを受け入れる」

とう民族性。


「それがやってきてもその変化に対応して

なんとか結果を変化させてやる」


という意識があまりない民族である、ともいえます。



一方欧米なんかに顕著ですが彼らは


「運命変革型」と言われます。


彼らの多くは「与えられた状況」があったとして

「何をこんちくしょーそれを変えてやる」と考える習性が

ありまして


だから運命を変えていこうという習性があります。


私は当時この考え方を取っておりました。


私のような人脈もコネも金もない、という男は

その状況下で運命をただただ受け入れて


しかたないや、みたいな感じで生きていたら

腐ってしまうだけである、というのは当時分かっていたからです。


だからそこでは「運命を変革していく」という考え方を

持つ必要がありました。



上に書いた「運命を下僕にする」という考え方です。


これが実は政治家の考え方でもあり

そして起業家、投資家の考え方でもありまして


これ生きる真髄です。



それで私は20代くらいのころに気づいていたのですが


実は、「運」というのは操作できます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


はっきり言えばここに気づいている人だけが

自分の思ってる人生を手に入れられるし、そうじゃない人は

自分の思ってる人生をいつまでたっても手に入れられない


わけなんですね。



この「運命を味方に付ける」というのはオカルトのようですが

実は政治学ではひとつの研究対象であり


ナポレオンとかがまさにその人なんですが

あの人は旗から見たら「明らかにつぶれていく」はずだったのです。


けど運命に運命が味方してどんどん状況を打破していったのですが

それが「なんでだ」という研究もされているわけですね。


このナポレオンの話はすごい分かりやすいので事例として

今から書きますが


当時戦争において、「運を味方に付ける」という

考え方は薄かったのですが、


そこでナポレオンはこの考え方を取りました。


「運命を下僕にするものが優れた政治家である」


というのはこれはナポレオン伝なんかを読んだ人たちが

等しくもつ感覚なんですが


これは現代の武将である起業家、投資家にとっても

大事な感覚なんです。



ちなみにナポレオンの史実を見てみると

「奇跡に次ぐ奇跡」なわけです。


旗から見ると、ですね。



史実の説明からしますが、

1798年にナポレオンは48隻の軍艦と280隻の

輸送船からなる大艦隊を率いて、そして


ツーロン港を出発しております。


そして翌日にはマルセイユやアジャッキオなんかの

各港から発った船団を合流させて、


そしてシチリア島方向に進んだわけです。


そしてここで奇跡がどんどん起こるのですが

たとえば当時のプシャール大尉が


あのロゼッタストーンを発見します。


ロゼットストーンには古代エジプト語とギリシャ語で

碑文(ひぶん)が記されていました。



当時ナポレオンの天敵であった

イギリスのネルソンというのがいたのですが

もしナポレオンが遠征中にこのイギリスのネルソンに見つかっていたら


その遠征は失敗していたと言われます。


そしてその確率は非常に高かったのですね。


が、ナポレオンはもう奇跡としか呼べないほどだったのですが


当時そのナポレオンのフランス艦隊を追いかける

イギリスのネルソン艦隊を

彼らが封鎖しているツーロン港から追っ払ったわけです。


その隙にナポレオン艦隊は危機一髪でツーロン港を出発しています。



実はそのときに自然現象である「暴風」が吹いたのが

その要因だったと言われます。



これは実は奇跡的なことでして

当時のネルソンのイギリス艦隊ってのは


最強と言われておりまして

ナポレオンのフランス艦隊とネルソンのイギリス艦隊では

その力において


天地のほどの差があったわけです。


だから当時ナポレオンは

「ネルソンに見つかったら万事休す」状態だったわけです。



当時そのネルソンがナポレオンを追跡していたのだけど

そこでイギリス艦隊はナポレオンが使いたがっていた

ツーロン港を封鎖していたのですね。


ナポレオンはそこを突破することが出来ないと思われていたのですが


当時ネルソンのイギリス艦隊の封鎖を突破できるその確率は


「確率的にゼロ」と言われていたようです。



が、上記のように、


「突如として暴風」が吹いて

そしてその隙にナポレオンはネルソン艦隊を

ツーロン港から追い払い


沖でバラバラにして大損害を与えて、戦えないようにしてしまった

わけです。



この歴史の史実を持ってあなたは

「ナポレオンはただ 運 が良かっただけだ。


「たまたま」 暴風が吹いたんだ」


って思いますか?



実はこれが政治学の研究対象になっていて、

実は当時、ナポレオンはその遠征にすさまじく多くの職種の人を

率いていたのです。


これは当時異様であったのですが

ナポレオンが遠征に率いた人々は


38000人の軍人を含む54000人。


それで実は多くの人は軍人以外の人たちだったのですが

彼らはどういう人か?というと



1道路技師

2架橋技師

3哲学者

4美術家

5絵描き

6詩人

7東方学者

8経済学者

9天文学者

10地質学者

11化学者

12物理学者

13考古学者



などなど。

実は彼らを遠征に「意図的に」連れて行ったことが

ナポレオンの運命に変革をもたらした


という風に見られているのですが

たとえばロゼッタストーンを発見できたのは


このさまざまな職種の人たちの「知恵」が使われて

おそらくその発見につながったろうし、


また当時最強のネルソン艦隊を追い払えたのも

それこそ暴風が来る、というのはおそらく天文学者なんかの

知恵が入ってそれを「意図的に」「確率操作して」引き起こしたのでしょうし


それで当時「ネルソンのイギリス艦隊を突破できる確率はゼロ」

と言われていたのに


それをナポレオンは突破したわけです。



このナポレオンの姿勢がとても重要なわけですね。


ナポレオンこそ上に書いた「運命変革型」です。


「どうせ戦ってもしょうがない」とは言わないで

「突破できるためにその確率を引き上げる方策」として


上記のさまざまな職種の人の知恵を借りて

それを「運命コントロール」に使ったわけですね。




多くの人は「運」と言う言葉を言いますね。


が実はこの「運」ってのはかなりの部分コントロール可能

であるというのはこれはトレーダーが知ってるところで


トレードなんかでも

「ダウ理論」とか「プライスアクション」とか

「フィボナッチ」とか


「運命を操作するツールや知識」


というのがいくらかあります。



これを使いこなすと本来トレードって確率としては

上に行くにも下に行くにも1:1なはずなのに


その運命を使いこなすものにはお金が入ってくる仕組み

になっております。


その運命を操作するために勉強するわけです。

市場法則というのを理解して利用するために勉強するわけですね。




だからこの「運命を操作する=運命を下僕にする」

というのが


起業家、投資家、および投資家に求められる資質である

ってことです。


多くの人が気づいていないこととして

もちろん潜在的には気づいているけど言葉として

認識できていないところとして



「1日1日は連続している」という考え方がある。


これはどういうことか?というと


多くの人は 朝起きて仕事して夜寝てという行動を

繰り返しています。


そして朝起きたら「また同じ朝が来て、そして同じ仕事をして

同じように寝る」わけですが


おそらく彼らの頭の中での「1日」ってのは

分割されているんですね。


8月11日と12日はおそらく分割されて

脳みそで処理されているんです。


しかし重要なことは1日という単位は分割されていませんで

実際は寝ているときも


あなたの心臓は動いているし

生命活動を続けております。


たとえば前日にアルコールを大量摂取したら

翌日気持ち悪いですよね?


1日1日というのは実は連続しております。


今ある結果というのは過去の数百日、数千日の

集積(しゅうせき)の結果である、とういうことです。


「運命を下僕にする」考え方ではそういう考え方をします。


成果とか結果というのは「1日」では現れないわけですね。


「知識や経験の集積」ってのがそれこそ100日とか

200日続いていって


初めてそのあたりから「結果=マネー」ってのが

出てきます。



これは1日で出るもんではないっていうことです。



たとえばですが、


毎週セミナーに出て、知識や人脈広げて

平日はビジネスや投資の実践をして

トライ&エラーを繰り返してということを「毎週」やってる


Aさんがいたとします。



そしてセミナーに出て、平日はビジネスや投資の実践をして

トライ&エラーを「1週間=7日だけ」やる


Bさんがいたとします。



両者とも「結果が出やすい行動をしている」というのは一緒です。



が、1000日経過したとして、だから3年近く経過したとして


「結果」がついてくるのはAさんとBさんどちらでしょう?


と質問すると分かると思いますが


結果を出すのはAさんです。


Aさんは人生を変える。

Bさんは人生そのまんま。です。


ここの「感覚」の違いは何?というと

実は「運命を下僕にしようとしたかどうか?」です。



これはサイコロを思い出してほしいのですが

サイコロってのは12回振るだけでは1の出る確率は

6分の1になりませんね。



けど、サイコロを1200回転がしたら

1の出る確率は


「サイコロという立方体が意図した6分の1と言う確率」


にきわめて近づきます。



「毎週セミナーに出て、知識や人脈広げて

平日はビジネスや投資の実践をして

トライ&エラーを繰り返して」



これはひとつの「稼ぐための行動のひとつ」

だけど


その行動の集積が7日だけの人は


やはり「意図した結果」が得られづらいわけです。



逆にこれを1000日続けた人はやはり

「意図した結果」というのが得られていくわけですね。



「確率的に」です。



この「確率」だったり「運命」ってのを

操る、操作する、という感覚がやはり重要でして


私なんかは当時独立時にこのことばかり考えていました。



結局人生って確率論であってそれに気づくと

「運は操作できる」となるわけです。



それは時代は違うけどもナポレオンと考え方は一緒でありまして

ナポレオンもネルソンのイギリス艦隊を突破するために


さまざまな職業の人の「知識」を活用して


そして突破していったわけですね。



ここで当初確率は「ゼロ」だったものを

おそらくそれらの知識を活用して


「確率を60% 70%」と引き上げていったのだろう

と思います。


ナポレオンの感覚的に。


この自分の人生の「確率」をコントロールする

という考え方が非常に重要で


例えば「稼ぎやすい行動」というのがあったとしたら


例えばそれはFXであれば「検証する」とか

「強い講師の動画を沢山見る」というものでしょうが


それを何日間も「集積」する必要があるわけですね。


なぜか?


というのはサイコロと一緒で

サイコロは12回転がしても意図した6分の1の確率にならないけど


1200回転がしたら6分の1になりますでしょ?


立方体が意図した結果になるわけです。



人生も実はこれと一緒でありまして

人間ってのは冷酷に確率に支配されます。


が、その「確率をコントロールする」という大きな俯瞰した視点を

持ってる人が世の中にはごくごく一部いて、


そういう人たちが「運命を変革していく」ということなんです。



今号の話、たぶん分かる人、分からない人で

「きっぱり」分かれると思います。


分からない人はぜひサイコロを転がしてみてください。


12回転がしても1の出る目の確率は6分の1にならなかったり

するけど


1200回転がすと1の出る芽の確率は

「立方体が意図としている」6分の1になっていきます。



私たちの場合は時間が平等に与えられているんだけど

その「時間」ってのは1年ってのは1日の365回の「集積」だし


だからその1日で「稼げる行動」を365回繰り返していくと

それは100日~200日で結果に収束されていく性質がある


ってことです。



私は当時20代のころ、これを一応認識していたのですね。


だから多くの人は「自分が稼げるだろうか?」という

おそらく疑問を持っていたけど


私の場合はそこが少し違って


「運命は1日の集積で出来ているから

そしてそれが数百日集積したら

結果として集積させられるから


確率的にはその結果が収束される

数百日後には

ほぼ100%稼げるようになるであろう」


というのは20代のころ思っていました。


んで、やっぱりある程度は稼げるようになってきました。



私の場合はこの「確率をコントロールして生きていく」

ってのはいろいろ大変な時代を経験したから


「生きるために」身についた考え方なのですが


これは今でも役立っております。



それで重要なのは「時間」ですね。


私が言いたいのは、努力すれば稼げます、みたいな

「陳腐な」話じゃなくて



1日1日の「稼げる行動」というのがあって
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それを長期間で見て「集積」させることが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結果を生んでいく
~~~~~~~~~~~~~~~~~


という確率論の、運命を下僕にする
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という考え方です。



だから運命を下僕にするために

「継続して行動し、学び続けてください」なわけです。


継続しないとどうしても

確率的な

結果の収束は生み出せないという事実があるのです。


私はだから、この辺を大学の政治学で学んでいた

アドバンテージがあったのですが


それをこうメルマガで共有したい、と。



私は当時商学部ではなかったので、商業の知識は

全くありませんで、こういう知識しかなかったんですけど


だからそれを学びだしたのは20代後半からだから

結構遅いほうだと思いますが


それでもこの「運命を下僕にするという考え方が政治家の考え方だ」

と知っていたので


そしてそれは

「起業や投資も一緒」と当時気づいていたので


それはやっぱし優位に作用したな、って思います。


だから「私はがんばります!」とか「人生変えたいです!」


とか言うんだけど


それはあくまで上の話を踏まえると

「1日や7日レベルの決意」でしかないわけですね。



運命を下僕にする、「成功確率をコントロールする」

という考え方に立てば


「1年間はずっと継続して私は学んで行動や検証をして

トライ&エラーをし続けて 


「必然的に」


 結果を出していきます」


という言葉が出てきます。



あなたの人生はあなたの人生であって

だからそこに

「成功や幸せになるために 運 を介在させてはいけない」

わけです。


運、で貧乏になったり金持ちになったりしたら

いやじゃないですか?


「必然的に」お金稼ぎたいですよね。

「必然的に」自分の人生を自分の思ったように生きたいですよね。



あなたが成功する確率を

「必然的」なものにしないといけないわけです。




このために「運命を下僕(げぼく)にする」

という政治学の考え方


これは思想家マキャベリの考え方にも通じるのですが


そういう考え方を「自分で稼ぐ」という経済部分で

利用していく


ということになります。



多くの人は「運命をコントロールする」という考え方を

持っていませんが


実は私の周りでいわゆる成功者と言われる人たちは

同じようなことをいつも言うんですね。


だからみんな持ってる感覚としては同じなんです。



だから、「占い」とかやっちゃいけないわけですね。


「あなたは 幸せになります~不幸になります~」と


占い師は言うかもしれないけど


「じゃああなたがそういうならば僕は

その運命を操作してコントロールして違う方向に向かせてやりましょう」


というのがおそらく


起業家や投資家や政治家の考え方です。


だから人生を変えるじゃなくて


「人生を  強引に  変える」


です。


だから人生を変える、とか甘っちょろいと思ってます。


人生を 「強引に」 変えるんですね。



「強引に」変えるためにはナポレオンがやったように

さまざまな知識を「駆使」する必要性が出てきますし



例えば私は政治学の考え方を大いに人生で

活用しておりますけど


いろいろな知識を「強引に」使っていって

それで人生の方向性を変えるという考え方になります。


ミクロな話になると、例えばFXで

ダウ理論学んだりプライスアクション学んだり

フィボナッチ学んだり、資金管理学ぶのは


その「確率」をコントロールするためでありまして

それで「運命を支配下に置くため」であると言えます。



これが実は資本主義の市場というものでありまして

「運命を支配下に置けた人が果実を手にする」わけですね。



この「運命を下僕にするのが起業家投資家だ」

という考え方を持ってる人はどうもかなりの少数派です。


が、その少数が果実を手にしていくというのは

どうも世界の構造として間違いないと思います。


政治学でも証明されているのです。


運命を使いこなすためにはさまざまな知識が必要なんですけど

その結果やらに長期で左右するもの、知識、行動ってのを


知るために学ぶって行為が必要になってきます。


たとえば分かりやすいのは「ダウ理論」を理解している人なら

今売りで利益たぶん今日も伸ばしただろうし


このダウ理論なんかは「運命」に作用しますよね。

プライスアクションしかり。


そういういくつかの運命を下僕におくための

知識というのがあるのだけど


それがインフォ業界では「馬鹿にされていても」

多くの運命を下僕において成功した人たちから学べる


ってのがおそらくこの業界の本質的価値です。



これは自動車業界や、小売業界ではありえない価値です。


私は当時それに気づいていたので

それを活用させていただいて、人生変えさせていただいた

ということです。


が、まだまだこれからなので、これからさらに

前に進まないといけません。


すごい人は世界にはいっぱいいる。

だから彼らから優れたものを学び続けないといけないです。



それで自分の運命を「操作」していくわけですね。




それではまた!



ゆう








PS・・・・さらに分かりやすい事例を言いましょう。


「結婚できない」とか「彼女ができない」と言う人が

日本で多いです。


これはなぜか?も上の説明で全部説明できます。


まず私は不細工です、が、

女性の経験は結構多いほうだと思います。


よく「イケメンじゃないとなんちゃらかんちゃら」とか

言うけどあれは嘘ですよね。


私の大学の先輩でいろいろ問題ある人なのかもですが

乙武さんって人がいる。五体不満足の人。


個人的にはああいうハンディキャップあっても

あれだけ活躍されているのだからすごいな、って思います。


彼は私の大学の先輩でもあります。



んで彼は最近 いろいろな女性と不倫しまくって

問題になっているけど、


これは逆に「イケメンじゃなかったらなんちゃらかんちゃら」

という言い訳が出来なくしているわけですね。


だって彼は手も足もない。けど女性にはもてまくってる。


彼は女性関係において「運命を駆使している」と私は

見るわけです。


まあ批判的に見ることも出来ますが、私はそういう見方を取ります。


例えば彼女ができない、と嘆く人は

1日の集積が365日だとしたら


その1日のうちに何人女性の友達を作ったのか?ということ

になるんだけど

大体0人。 じゃあ0人の女性の友達ができて

365日経ってもそれはやっぱり彼女というのはできないわけですね、

原理的に。



逆に1日で2人の女友達を作る積極性を持って

声かけをする男性がいたとして


ずっとそれを続けた場合、365日で700人の女性友達が

出来るわけです。


その中には当然確率的に「イケメンとか気にしない」という人で

また自分にあった人がいますよね。確率的に。


これも「彼女を作る」という部分でもそれは

確率的な問題なわけです。


毎日女性と出会いを作り上げて、それで

3ヶ月すごせば、友達の数は90人ですよね。


そうすれば確率的にやはり彼女なりが出来る確率は

増やせるわけであります。


そして表面的な会話じゃなくて本質的な会話できる人が

ふえれば、自分も改善していけば

それは当然いつかは生涯パートナーみたいな

彼女が出来ていく確率が

高くなるわけですね。


私なんかは常にそういう考え方を持っていました。

恋愛面でも経済面でもこの辺はすごい

「運命を駆使する」という部分では似ていると思います。



あなたが求めている結果、というのがあったとして


「じゃあその結果を 必然的に 実現するためには

どうやって運命を操っていくか?」


みたいな考え方が出来ると長期で人生が前に進みますね。


元々、恵まれていない人ほど、

この考え方が現状打開のためにとても重要になります。

そしてそれは政治家だけじゃなくて

起業家投資家にも求められる資質でありますので


そういうのを理解してあなたの人生を構築していくと

良いと私は思います。



「運命を下僕に置く」これはすごい大事な考え方で

学校では教えてくれない考え方ですが


非常に重要な考え方なんで覚えておいてください。

今がんばってる人はそれを意識してみると

良いですね。


では!



ゆう







コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。



特別プレゼント

FXで長く成功するための秘匿性の高い情報を提供しています!

見るか見ないかでこれから先勝つか負けるか変わってくるかも?(笑)しれない情報です☆
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。
※メールアドレスを登録されますとメールマガジン『ゆうの月5万稼げるようにステップアップ!』に登録されます。
実際にFXで勝つために必要な情報を提供しています!

解除はいつでも出来ますのでご安心ください。

メールアドレス(必須)
名前
当サイトはFXをこれからされる方が
しっかり勝てるかどうかを基準に

商品を選んでます
是非参考にしてください